FC2ブログ
2017
01.11

マリ・ヴァルトマン&ルーベン・ブロマールト 解散

http://www.donaukurier.de/sport/weiterer/wintersport/sp-Eiskunstlauf-Berlin-Trennung-Paarlauf-Meldung-Paarlaufmeister-Vartmann-Blommaert-gehen-getrennte-Wege;art155362,3311381

マリ・ヴァルトマンルーベン・ブロマールトが解散となります。コーチのダニエル・ウェンデは「ピョンチャンオリンピックに出場できる安全な位置にいるというのに、そのチャンスをふいにするなんて考えられない」と言っています。解散は「個人的な理由」だそうで、女性は2018年まで続ける気でいたのに、コーチ、連盟からの慰留を受けても男性は解散を決めました。カップル競技の難しさですね。

マリちゃんは新しいパートナーを見つけることを諦めていない!と述べているので、素晴らしいパートナーにめぐり合えることを祈ります。オリンピックまで1年ちょっとしかないタイミングで、ドイツは国籍取得が難しいので外国人選手は自然と無理になりますし、選手層の薄さを考えるとパートナー候補も絞られます。うううううううううううう。

オリンピックプレシーズンにこんなエントリー書きたくないですよ・・・。
2016
11.25

NHK杯 1日目 ペアSP・女子SP

快適。テレビ放映があるって素晴らしいいいいいい。

ペアSP
1 Cheng PENG / Yang JIN(中国)73.33 PB
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)72.95
3 Xuehan WANG / Lei WANG(中国)65.66
4 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)61.23
5 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)57.02
6 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)52.65
7 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)52.19

白鳥組
3Lzで女性が転倒。スロールッツかフリップか分からないものも転倒しました。でも転倒があってもエレメンツのレベルも表現としても上のものを組んできたので、それなりにスコアは出るようになりました。ちょいと女性のエッジがフラットになってしまったのが残念。

デュハラド
3Lzを堪えました。スローアクセルは回転はよかったですが、残念ながら転倒。アクセルラッソーのラドフォードさんの体のブレなさがすごい。今日はラドフォードさんの動きがあまりよくなかったです。本来ならもっと滑る選手ですのに。

マリブロ
ツイストの着氷が詰まりました。ここはかなり苦労しています。3TはOKで、スローはフリップからサルコウに変えて成功です。フラつく、グラつく箇所があったので、体力的に厳しいのかな?と思いました。海外を連戦するのも体力的に厳しいのでしょう。

ペンジン
ヤンジンの毛根をしばき上げるスタート。スローループも3Tも美しかったです。ペンちゃんの表現力に引っ張られて、ヤンジンのそれも大きく向上したと思います。そんでもってヤンジンの足裁きの上手さよ。そんなに上手だったのか!ペンちゃんだけじゃなくてヤンジンも跳ねちゃったぜ。納得の1位。このコミカルプロはペンジャンでもユージンでもやれないから、このペアに組み替えたからこそ見られるやーつです。

すみオデ
ツイストは高さが出るようになりました。リチャードチームでこんなに高さが出せるようになるとは思いもしなかったです。着氷が詰まりましたけどこれは成功の日も近いでしょう。3Sを堪えましたが、スローサルコウは転倒。ステップの最後の最後で女性がスタンブルしたのはもったいなかったです。全体的な雰囲気はとてもよかったです。オデが演技が終わってウィンク。絵になる。

ワンワン
スローループの着氷がきれいでした。シュエハンの10代とは思えない完成された表現に魅せられます。あっち行ってこっち行ってという、振り回すように滑る感じがたまらなくかわいい。ミラーでフィニッシュするステップ素敵。思ったより点数低い&PCSもそんなに出なかった。

タラダニ
3Sで2人とも転倒。スロールッツは着氷で乱れました。ダンスリフトからの入りが難しすぎるのかもしれませんけど、前から難しい入りはやっていますしね。何ででしょうね最近決まらないの。このプログラム結構好きなので、全米以来のノーミスが見たいです。オシェイさんの衣装は、絶妙に乳首の上部分が出る仕様。隠せし。

ペンジンはGOEで0が3つあるだけでプラスまみれでした。ワンワンは3Tがアンダーローテーションだったので点数が伸び悩みました。女性がグリンとしていたように見えたのでそこなんでしょうね。すみオデはツイストでレベル3を取れたので、あとはきれいに着氷できればです。

女子SP
1 Anna POGORILAYA(ロシア)71.56
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)69.96 PB
3 Satoko MIYAHARA(日本)64.20
4 Mirai NAGASU(アメリカ)63.49
5 Wakaba HIGUCHI(日本)62.58
6 Yura MATSUDA(日本)60.98
7 Karen CHEN(アメリカ)58.76
8 Alaine CHARTRAND(カナダ)58.72
9 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)55.66
10 Nicole RAJICOVA(スロバキア)53.43
11 Dabin CHOI(韓国)51.06

シャルトラン
3Lz hd 3Lo-2T 2A
3Lzは上がりすぎたのでバランスを崩してしまったようです。ジャンプとは難しいものですね。動きがおざなりになる箇所がかなり減ってきて、演技としてはかなりよくなったと思います。意外にもスケーティングスキルが後半項目より低いんですね。むしろこっちが高いと思っていました。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo 2A
去年のNHK杯ではヒュンッ・・・となるような演技だったので、今回はいい出来でリベンジ。ステップは意味不明リミックスなのに、ここまで滑りこなせるようになるとは思いませんでした。リミックスを征服しました。これぐらい変なものを征服できないようでは、ロシアの表彰台には立てないのかも。ビールマンだけ惜しかった。

ソツコワ
3Lz-3T 3F 2A
3Lzの軸が少し曲がったのに問題なく降りてきました。ステップに時間を割いているのですが、音楽の雰囲気がそれほど変わるわけではないので、雄大な動きが多すぎると間延びした印象を人によっては受けてしまうかもしれません。リーチが大きい分、細かい動きができないので、緩急を出すのが難しいですよね。それはこれからシニアで戦っていく上で強化していって欲しいです。ロシアの二大巨頭が続けての滑走でした。

ライチョヴァー
2T-3T 3Lz 2A
3-3は入らずでしたが、3Loを3Lzにして構成を上げました。でも回転が足りなさげです。ステップから3Lzというのは難しいので、回転が足りなくなってしまいがちなのかもしれません。あとはいつも通り素敵な演技でした。

宮原
2A 3Lz fall 3Lo-2T
うわあああああああああああああああ3Lzでおかしなトゥの突き方になって転倒。その前のステップでもスタンブルがあったので緊張があったのかもしれません。50点台も覚悟したけど結構出た。まだ大丈夫大丈夫。気持ち切り替えていこうぜ。緊張があっても、柔らかくて明るい演技ができていたので、それがなかったら素晴らしい作品に仕上がるはずです。

カレン
3Lz-3T 1Lo 2A
青衣装が白衣装に・・・白変種のクジャク?3-3のセカンドの回転は今回も足りなさそうです。3Loはスリーターンからスピードに乗っていたのですが残念ながら抜けました。成功すれば+2は確実に狙えるでしょうね。

ダビン
3Lz-3T 3F 2A
3-3の回転が両方足りません。でも軸があれだけ曲がって転倒せずにコンビネーションに繋げる根性を見せました。3Fあたりまでは硬さも見られましたけど、徐々にリラックスして滑られるようになったように感じました。愛の遍歴という邦題にされると、何か違う曲のように感じます。キオスクで売ってる官能小説のタイトルっぽい。

松田
2A 3Lo-3Lo 3F
ジャンプは降りて当然!との如く、自信を持って降りてきます。でも回転がギリギリです。3-3よりも3Fの回転の方が怖かったです。フライングキャメルの前に雰囲気が柔らかくなる様は、愛を知る映画の主人公の心情を表しているようで素敵でした。日本の大会とはいえ、シャルトランよりPCSが高いとは評価されています。

新葉
2A 3Lz so 3F-2T
スピードに乗っていても、調子乗っちゃって!という具合にグングンギアを上げるのではなく、コントロールされた演技だったと思います。3-3はスピードがなかったので成功できず、3Fに2Tをつけました。冷静です。

ミライ
3F-3T shaky 3Lo 2A
セカンド3Tが足りなかったです。フライングキャメルの入りがもう少しスムースになって、回転速度が上がるといいのですが。残りのエレメンツの質は高く、鳥海さんの地震情報に気を取られがちでしたが、いい滑り出しだったと思います。あまりNHK杯でいい演技をできていないので、明日はいい滑りをして欲しいです。調子はよさそうです。

トゥルシンバエワ
1Lz 3S-3T 2A
3Lz-3Tが抜けたので、3Loを3Sに変更する優秀バエワ。表情がかなり大人になってきました。身長はないのに演技は大人。大人のお子様ランチみたいな、神戸牛使ったハンバーグみたいな。

ポゴリラヤはセカンド3Tがアンダーローテーション、レイバックスピンはレベル2でした。宮原は3Lz、マツダはファースト3Loと3Fでアンダーローテーションです。見ていて回転足りないんだろうなーというところは漏れなくズバババッと刺さっていました。

二大巨頭が1位2位となりました。現在次点のアシュリーが1位6位で20ポイントなので、2位以内でファイナル確定です。知子新葉が3位になっても、ソツコワがフランス杯で2位なので今回4位ならソツコワ優先でファイナル進出はできません。知子新葉は表彰台が最低条件で、片方に絶対勝たなければいけません。
2016
09.21

新プロ情報10

羽生結弦
SP:Let's Go Crazy
LP:Hope & Legacy

LPはView of Silence、Asian Dream Songの2曲を使って、今シーズンもプログラムにタイトルをつけました。で、4Loのランディングめっちゃきれいになっとるやんけ!3Loみたい。4クワドになるということは、4Lo 4S 4T 4T-3T 3A-2T 3A-1Lo-3S 3F 3Lzこんな感じですか?4クワドも当たり前になるんですか?こわいいいいい時代こわいいいいい。

クセニア・ストルボワヒョードル・クリモフ
SP:月の光

LPは昨シーズンと同じ路線のプログラムになるそうです。わーーーい暗いぞー!

マイア・シブタニアレックス・シブタニ
FD:Evolution

エレーナ・イリニフルスラン・ジガンシン
FD:ボリウッド

アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ
SD:Cry For Me、Choo Choo Boogie
FD:チャップリンメドレー

アイスダンスのトップ勢もバババババンと発表。カッペちゃんの街の灯の花売りの女の子役とか絶対かわいいやつじゃないですか。はい、インタープリテーション9.25差し上げます。いや待てよ、トップ勢でワールドのメダルを狙ってチャップリンのFD・・・・・うっ頭痛が。

ナタリー1

マリ・ヴァルトマンルーベン・ブロマールト
SP:They Don't Care About Us
LP:Second Law

カロリーナはまだ曲を選ぶ段階。振付はローリーになるそうです。シーズン後半から出るとして、次のシーズンに新しいプログラムをすぐに作るとも思えませんし、オリンピックシーズンを戦うプログラムになる可能性は高そうです。

今からインタビューを新規に取ることは少ないでしょうし、これ以上の新プロ情報はシーズンインを待った方が早そうです。ロシア勢の発表があったので、喉の奥に刺さっていた魚の骨が取れたような爽快感。来シーズンはもったいぶらずに教えてください。
Comment:8
2016
01.30

ヨーロッパ選手権 3日目 ペアSP

おばんどす。

ペアSP
1 Q Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)79.77
2 Q Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)75.54
3 Q Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)70.17
4 Q Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)62.90
5 Q Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)62.10
6 Q Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)61.51
7 Q Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)60.63
8 Q Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)58.47
9 Q Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)52.96 PB
10 Q Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)48.72
11 Q Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)46.85
12 Q Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)44.71
13 Q Marcelina LECH / Aritz MAESTU(スペイン)40.46 PB
14 Q Adel TANKOVA / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)37.81
15 Q Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET(スイス)36.38
16 Q Anna Marie PEARCE / Mark MAGYAR(ハンガリー)36.00

イギリスのアマニ・ファンシー&クリストファー・ボヤジが解散して16組の出場となりました。まーーーた解散かよとなるところですが、フェイスブックのアカウントを削除しているので今度は本当。

サフマソ
ぎっくり腰をやってしまったサフ子の棄権が心配されましたし、棄権すると思っていたので出てきてびっくりしました。んでもってすげえスコアですし。3Tはサフ子の軸がおかしかったのによく降りました。マッソーの衣装のシャツは中に入れた方がかっこいいような。もしくは裾をもっとヘニャヘニャにした方がいいような。チャレンジャーシリーズのままのPCS出てワロティッティティティー。

サフマソはサフゾルじゃなくてサフマソと間違えずに書けます。でもイリジガは10回に1回イリカツ。イリカツの言いやすさはトップクラスでした。

マリブロ
ンマーーー安定したもんですよ。投げ技ジャンプをちょちょいという間に成功させました。こんなのマリタイ時代やプロブロ後期には考えられなかったです。マリちゃんは男子に負けないぐらいにエッジ深いから、そういうのもペアバランスの印象のよさを上げているのかもしれないです。

マルホタ
サルコウは大丈夫でした。ツイストはトリプルでしたが抱えました。でもすっげえ悪いわけではないので、これから改善して欲しいです。スローは転倒。正直ボーカルのない普通の月光でいいと思います。何を表現したいのか全く見えてこない。LPはネタにできるけど、これは感想が浮んでこない。技術は高いですけどね。

アスロゴ
3Sの回転が途中で開いてしまったので3S<<となります。スローはふわっときれいでした。急遽出場することになったので、準備不足がジャンプに出てしまったのかもしれませんが、それを除けば悪い出来ではありませんでした。

白鳥組
GPSで見ていたときはLPに比べてこのしーしープロは中身がないかな・・・と思っていたんですけど、今日はとてもよくなっていました。特に女性のキレが素晴らしかったです。男性はもうちょっとがんばれ。ツィーグラーさん見守り隊みたいになっている。スローもソロジャンプもきれいに入りまして、こんないい2人の演技は今まで見たことがなかったです。

ヴァネシプ
ツイストOK、トゥループOK、スローOK、デススパイラル・・・・・。こう言ってはあれですけど、この大会がユーロでメダルを取ることのできる最初で最後のチャンスだと思うし、本人たちも当然狙っているだろからそれだけに残念。PCSの評価は高かったです。

タラモロ
ソロジャンプで女性がフリーレッグをタッチ?スローはお手つきでした。モロゾフがやや音楽に追われ気味かな?と思いました。ジャンプの少々のミスはあっても非常に安定しております。

ヴォロトラ
スローの着氷でタッチしましたがマイナスはつかないでしょう。ネームバリュー加点やめてー。圧倒的なエレメンツの質の高さです。バックアウトであんなに沈み込んでなんでコケないんだろうトランコフさん。スピードもあるし。ふしぎ。

デラモデル
ソロジャンプは女性がステップアウト。スローはお手つきですが転倒ではないからオッケー。今日はデラモニカさんの滑りがいまひとつで、逆にモデルさんは絶好調。モデルさん筋肉つけすぎな気もしますけど、これで滑られるんですね。7点台をもらっても何の疑問も抱かないペアになりました。昨シーズン終了の時点で、こんな成長するなんて思わなかったです。

ヴォロトラのスローは6人のジャッジが+2でした。はい。ヴァネシプはもしデススパイラルが成立してレベル4でもとれていようものなら68ぐらいまで出ていました。もったいない。

ヴォロトラはPCSでサフマソに1項目0.3~0.5の差があります。順位が入れ替わるのはミスありきですね。サフマソはもちろん上手いんですけど、ヴォロトラはペアとしての完成度が現役のペアの中ではズバ抜けているので、ミスがあろうが変なプログラムだろうがPCSが出るのは当然かなと。僕はSPもLPも好きですけどね。

ユーロが始まる前はペアが1番楽しみで、どんなレベルの高いやり合いがあるんだろうかと思っておりました。そこから川スミ、ストクリと続けてアウトになり気持ちが完全に萎れていました。でも演技を見るとおもしろくて、マリちゃん、ヴァネッサ、デラモデルなんかのベテランになってきた選手が今までになかった魅力を見せてくれるのが嬉しかった。明日はミスが少ないといいなー。
2015
11.07

中国杯 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)74.40
2 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)72.45
3 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)70.06 PB
4 Xuehan WANG / Lei WANG(中国)69.36 PB
5 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)63.45 PB
6 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)59.17
7 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)55.42
8 Vanessa GRENIER / Maxime DESCHAMPS(カナダ)52.41 PB

マリブロ
もう見すぎてプログラムへの感想は尽き果てたけど、今回はツイストのキャッチがなかなかだったし、ソロジャンプもスローもきちんと成功したクリーンな演技でした。自己ベスト出てよかった。

イリモー
挑発するようなイリの表情いいなあ。ソロジャンプの転倒はあったけど、元々あったイリの表現の明るさが、2シーズン目にして技術の慣れと共にじわじわと溢れてきた感じがする。楽しんで滑っているのが分かるから嬉しい。クリムキンイーグルからのデススパイラルは、お客さん超沸きました。こういう派手なの好きだなあ。

グレデシャ
色気の足りないポルウナカベサ2週連続。1週間の間にさすがに大幅に改善されるというようなことは。拠点のモントリオールに戻って、んでもってここだからあまり時間がないでしょうし。

わんわん
地味で静かな曲だけど、淀みのない爽やかだけど甘酸っぱいプログラム。ああああああああああああいいわああああああああああああああああああああああ今週こそはLPで崩れないでねええええええええええええええええ!!!

アスロゴ
3Sでアスタホワがコケそうになったけどなんとか堪えました。スローの後にポーズ決めて立ち止まったら、そのままロゴノフがコケる。でもこの程度ではトランコフさんは超えられない。やっぱりスローのランディング中にコケてくれないと。

ユージン
わんわんと同じく両方同じプログラム。LPはともかくSPはそんなに合っているわけではなかったので、うん・・・。新しいのが見たかったけど、まあいいか。TESはわんわんとほとんど同じ、PCSはちょっとだけ高いです。

川スミ
悠子ちゃんの衣装はそれでいいのだろうか。頭についているのはいらないような気がする。大きなミスはなかったけど、ステップはもうちょっと丁寧にできそう。ちょっとシェイキーだったように見えます。

スイハン
スイちゃんがすっかりマダムのようになってしまって。3Tでお手つきがありましたが、あとはしっかりと。前ノーカンになったスピンを今回も入れておりました。別に抜いてもいいのよ。キスクラにビン・ヤオさんいらっしゃっていた。心なしかやつれたように見えます。

中国選手権に参加している川スミは踏ん張れるでしょうか。明日はいくつのクワドが飛び交うのでしょう。
Comment:4
back-to-top