FC2ブログ
2018
01.05

全米選手権 7日目 ペアSP

今大会は15組エントリー。2011年以降では最多です。今大会は、各カテゴリーの滑走順抽選で前年のトップ5が後ろ2グループに入るようにされています。でもチャンピオン経験者のタラダニは棄権、シメクニは欠場だったのでペアカテゴリーにおいては、有力ペアを後ろに集める効果はそれほどなかったです。

ペアSP
1 Alexa Scimeca-Knierim, DuPage FSC
Christopher Knierim, Broadmoor SC 71.10
2 Tarah Kayne, Southwest Florida FSC
Danny O'Shea, Southwest Florida FSC 68.93
3 Deanna Stellato-Dudek, Southwest Florida FSC
Nathan Bartholomay, Southwest Florida FSC 67.84
4 Haven Denney, SC of New York
Brandon Frazier, All Year FSC 63.63
5 Chelsea Liu, Orange County FSC
Brian Johnson, Detroit SC 62.35
6 Marissa Castelli, SC of Boston
Mervin Tran, SC of Boston 60.75
7 Jessica Pfund, Southwest Florida FSC
Joshua Santillan, All Year FSC 60.52
8 Ashley Cain, SC of New York
Timothy LeDuc, Los Angeles FSC 60.03
9 Nica Digerness, Broadmoor SC
Danny Neudecker, Seattle SC 53.78
10 Winter Deardorff, Northern Kentucky SC
Max Settlage, Broadmoor SC 51.15
11 Erika Choi Smith, SC of New York
AJ Reiss, Los Angeles FSC 50.95
12 Jessica Calalang, DuPage FSC
Zack Sidhu, Las Vegas FSC 50.43
13 Caitlin Fields, Indiana World Sk Acad FSC
Ernie Utah Stevens, Indiana World Sk Acad FSC 45.49
14 Allison Timlen, Columbia FSC (MD)
Justin Highgate-Brutman, St. Clair Shores FSC 41.70
15 Alexandria Yao, Peninsula SC
Jacob Simon, Skokie Valley SC 40.97

シメクニ
3Tw 3S so 3FTh
名前をコールされてからはいつものにこやかな表情を作るけど、その直前。一世一代の大勝負に向かう決意を秘めた表情。3Sは抜けなかったのでセーフ。スローフリップは軸がかなり曲がりましたけど、シメカが力技で片足着氷してプラスのエレメンツに。ステップを経て、リフトでは手をバーン!と出してリフトを見よアピール。シメカの気合いがすごい。4年前逃していますから、何としてもというところですね。

スミスリース
3Tw 3S fall 2STh
3Sで男性が転倒。スローはずらしい抜けのミスです。ステップ中の男性のスタンブルはもったいなかった。女性の右手にテーピングがしてあるので、影響はあったかもしれません。愛のペアが続く滑走順でした。エリカ・スミスさんの韓国の名字はチョイ(チェ)さん。なのか。

6分練習でザック・シドゥーが壁際で転倒してフェンスにクラッシュ。練習は普通に行っています。

チェルブラ
3S so 3Tw 3STh
!?チェルシーのスタイルが大人の女性に。こんな大人になるなんて怖い。時の流れ怖い。3Sこそステップアウトでしたが、タノツイストは上手く決まり、スローは上体屈めて収めました。すごく上達しました。ジュニア最後あたりはジャンプが全く決まらず、いつ解散してもおかしくない状態でしたけど、続ければ変わる時が来るものですね。今回の全米って何か変だと思ったけど、結成してから長いペアが多いんですよ。上手くいかないと大人のコメント出してすぐに解散する、そんな時代は終わったのかな。

タラダニ
3Tw 3S 3STh
元々ツイストは得意ではないですが、高さは全く出せていませんでした。ケインのスケーティングが戻っていないので、伸びがなくターンもグラグラとしています。でも、この舞台でそんな事言っていられませんから。いやあ強い。こういう時は女性の方が強い。万全でないと支える男性側も怖いけど、オシェイも頑張った。さすがスタバの店員(男性)に好意を寄せられるだけありますね。

カラシ組
3Tw 3S fall 3FTh fall
フェンス衝突の影響があったのか、男性の3Sの転倒がありました。ステップの入りでシェイキーな滑りになる部分もありました。うううん・・・。出来に女性はガックリときていました。プログラムはエド・シーランの曲でしっとり。2人はベタ中のベタ選曲でドラマティックに滑るも、男女の関係性を表現出来ていない部分が多かったので、歌詞ありのポップソングを使い直球で演じるのは合っていると思います。

アリソンなんとかさんとジャスティンなんとかさんはSBSの3F!すげえ。でもシンクロナイズドフォールしちゃった。フィギュアスケート感皆無なルックスなペアいいな。

エミー・マーが学業優秀者として表彰を受けていました。表彰されるにはGPAが3.4以上か93/100の成績でなければいけないのだそう。高校で93点なんて得意科目以外で取れます?無理無理。

ステバー
3Tw 3T 3LoTh
スローループを降りて、メガネコーチのイ゙エ゙ッ゙エ゙エ゙エ゙エ゙!がリンクに響き渡る。本日最初のクリーンプログラムです。う~~~んカタルシス。気持ちが澄んでいきます。いいハレルヤでした。ステラーとは新進気鋭の若手ではなく、10年以上のブランクがあった34歳の大ベテランですから。それでこの演技ですよ。

フィールズ&スティーブンス
3Tw 2S fall 3LoTh fall
女性は普通に美人だけど、この男性には並々ならぬ美意識を前々から感じておりました。アンバランスなレベルでフリーレッグビーーーーンと伸ばしております。

ファンド&サンティラン
3Tw 3STh 3S
ツイストこそ抱えてしまいましたが、ダンスリフトからのスローサルコウは見事。3Sは2人の踏み切り位置が近くて素晴らしいです。この2人はソロジャンプ上手ですね。ステップはキレには課題があるものの、こちらも距離感が素晴らしい。爪先、指先まで伸びろっ!クワッ!

セットレージのペアは雰囲気がとてもいい。ペアとしてはアーロンの方がよかったかもしれないけれど、楽しんで滑れているのならOK。

デニフレ
3Tw 3LoTh 2S
スローループはきれいに決まったのにカメラ位置が悪いから堪能出来ませんでした。デニフレのスローループは飛距離が素晴らしいから横から撮影しないと!これは法律で定めましょう。3Sは男性が2回転に。PCSが伸びませんでした。シビアでござるなあ。

カストラ
3Tw 3T fall 3STh
3Tはアンダーローテーションで転倒。2人の距離が近いので、これを決められればかっこよかったのですが。一時不安定になったスローサルコウは今シーズン安定感を取り戻しています。ダンスリフトから入るので、決まると緊迫した大人の恋愛プロがピシッと締まります。ここもPCSがあまり・・・でした。

ニカダニ
3Tw 2A 3TTh
昨シーズンまではジュニアだったペアです。ジュニア上がり解散という壁を乗り越えるとは。男の子の体つきはシニア4年目ぐらい。21歳っぽくない。女の子の表情にはあどけなさが残ります。シニアのSPでスロートゥループを見る機会はほとんどないので、少しテンション上がりました。

髭の組
3Tw 3LzTh hd 3Lo fall
安全策なんてとっていられるか!な3Loチャレンジでした。PCSでシメクニに絶対的なアドバンテージがある以上、TESで上回るしかありません。だって1枠しかないから。これはナイスなガッツ。感情を爆発させたステップで、長身ペアの2人が細かな動きを重ねていくのは、これまたかっこいい。起伏を感じられるプログラムでよかった。ケインの眉毛はこころなしか太めで濃い。

オリンピックは1枠、世界選手権は2枠。オリンピック出場となると、団体戦のメダリストになれるのが濃厚。出場したい選手は多いでしょう。3組のチャンピオン経験者はいずれも最終グループ入りで、まさに頂上決戦。3組とも女性の病気や怪我を経験しての頂上決戦。
2017
10.21

ロステレコム杯 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)76.88
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)71.39
3 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)68.48
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)67.14
5 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)67.06
6 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)59.35
7 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)54.37
8 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)48.93


すみオデ
ソロジャンプで女性が2Sになりました。スローはシェイキーですが着氷。スローの確率が上がってきたのは何よりです。リフトのディフィカルトで移動距離を出せるといいのですが。

カストラ
キャステリのソロジャンプが1Sになりました。こんな時に限ってトランが3Sをクリーンに着氷するという。噛み合わない2人。再び安定し始めていたスローサルコウで転倒。これは痛い。

白鳥組
スローフリップで手はつきましたが、それを除くとクリーンな出来でした。僅かではありますがカストラのPCSを抜くようになるとは。世界選手権で連続SP落ちをしていた頃は、苦肉の策で3Lzを入れ共倒れになっていましたが、今はそれを抜いてもエレメンツの加点できっちりTESがもらえるようになりました。

アスロゴ
3Sはクリーン。スロールッツもなんとか降りました。有名な曲詰め込んでみましたメドレーズンチャカビートリミックスですが、やっぱり合ってる!

マルホタ
幅のある3Sを降りました。ツイストはいつもの凭れかかる物に。ステップはシングル時代の貯金が生き、マルケイが生き生きと動いていました。ですがやはりシングル×2の演技。前半項目より後半項目が評価されるのは、ペアとして完成度が高かったという判断ではないのかも。

セガビロ
片方のソロジャンプが失敗しがちでしたが、今回は美しい3Sが入りました。彼らのステップは必須要素感が薄く、ミステリアスな雰囲気を出しているので魅せられます。

ストクリ
ツイストは抱え込んだキャッチになりました。ここ2シーズンはツイストのキャッチが壊滅的な状況で、-3が並ぶ物でしたから-2が並ぶぐらいの抱え込みキャッチになっただけでも進歩です。スローフリップはスーパーランディングが復活し、飛距離もありました。さすがのPCSで点数をカバーしました。

タラモロ
ストクリとのツイストの質の差が・・・-2の組から+3の組という滑走順。3Tはモロゾフがステップアウトです。ステップシークエンスは2人の動きがビターーン!と揃っていました。ミラーの動きで、しかもかなりのスピードを出しているのに揃っているんですよ。パントンからのシンクロバトンを受け継いだのはこの組ですね。この足元の技術があるから、少々変なプログラムだろうが個性が薄かろうが点数が出るわけですよ。

ストクリのツイストに±0をつけたジャッジが4人もいました。いやいや・・・これはちょっと。ストクリを破ればファイナルが近づくチャンスの大会でしたが、ストクリの壁は高いですね。
2016
11.12

フランス杯 1日目 ペアSP

さようならエリック・ボンパール、さようなら青色フェンス。また会う日まで。

ペアSP
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)77.55 PB
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)76.24 PB
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)71.36 PB
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)66.05
5 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)59.26
6 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)52.06

白鳥組
3Lzは男性がダブルになりました。スローフリップは降りたと思ったのに惜しくも転倒。ソロスピンは合っていたし、ソロスピンもきれいだったんですけどね。ツイストを上達させるのは難しいのでしょうか。

カストラ
情熱的にフォーリンする人たち。クロスしまくって滑るから、カップルの痴話喧嘩を見せられているようなプログラム。でもこれはきっと情熱的なやつなんですよ。ツイストは堪えて、エッジを倒しまくってギュンギュン滑っていたのですごく調子がよく見えました。が、3Sで男性がステップアウト、鉄板のはずのスローサルコウも転倒でした。ここのところスローサルコウの精度が落ちているのが気になります。得意なエレメンツとは言えない状況に。

ヴァネシプ
スロータノフリップは両足着氷。これはひょっとして普通に決めた方がいいパターン?でも、シングルと違ってスロータノはやっている選手がいないからトレードマークになるしなー。こだまするyou you you you.....から始まるステップオシャレ。

なんかすごいかっこいい人が映った。

jouberttamu.png

ザビエン
3Tがんばった、スローループ美しい。リフトに向かうところの女性が男性に手を差し出す感じはよかったかも。演技をふわっと見てみると、男性が女性を見ているところは割とあるんですけど、女性が男性を見て演技できていないのかなと。おいそこの美人!見てください!エンベルトの胸のところ名簿にしたい。ニーナチームの生徒の名前書いておくんです。

タラモロ
女性の衣装がシルバーで髪色も薄いから、ツイストリフトの鋭い回転が何かに似てるなって思ったんですよ。それでやっとピンとくるのが思い浮かびました、畑に刺さってるペットボトルで作った鳥よけの風車!あれにそっくり。3Tのタイミングピッタリで、スローの着氷も動かずビッタシ。スケアメで見逃した⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンの振付も見られて、僕は大変満足しております。ソロスピンだけズレてしまいましたけど、これはいいネタプロ。飽きる予感がしないです。

サフマソ
カメラの位置が悪くてツイストの高さが分かりにくい。もったいない。3Sがきれいに入りました。スローアクセルは両足でした。練習では片足できれいなものを降りたので、スロークワドより成功の可能性はあると思います。2人のコンタクトがとても多く、ステップが楽しすぎます。マッソーの姿勢はちょっとあれですけど、身長差がありますし、ダンサーではないのでね。前屈みな感じもおちゃらけた感じに変換できます。イェーーーーーーーーーーーーーーーイゲヤゲ見てるぅーーーーーーーーーーーーーーーー?サフ子は終わってません!始まりかけです!

今年はグランプリファイナルがフランスなので、スペインのオレンジチームがフランス杯に参戦。熱心よなー。

サフマソに10.00をつけたジャッジがいました。もちろんドイツのジャッジです。両足のスローに±0をつけたジャッジもいました。このままの順位で最終順位が決まりますと、上位3組のファイナル進出確定します。なぜならば24ポイントが4組以上出る組み合わせは、あと2戦で存在しないからです。6組だからあっという間に終わってしまいました。寂しい。
2016
10.22

スケートアメリカ 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)75.24 PB
2 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)67.29 PB
3 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)66.49
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)65.78
5 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)64.34
6 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)62.49 PB
7 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)61.17
8 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)57.93

マルホタ
ステップの前でサスペンダーを外し、フィニッシュでサスペンダーを戻し、挨拶でサスペンダーをビロビロさせるサスペンダー師匠オンドレイ・ホタレック氏。サイドバイサイドお手つき3Lzになりました。両方お手つきだったからきれいにシンクロしているように見えました。ツイストは抱えて、スロールッツはきれいに降りました。マルケイは手を繋いで滑るよりも、ソロで滑る方が生きるよなーと。ペアとしてのスケーティングを向上させていかないと、これから上に行けない。どうすればいいんだろう。

タラモロ
ダサいポロシャツ、なんかよく分かんない衣装に続き、早くも3着目の衣装。普通のスウィングの衣装に近づいてきました。悪い画質で見ているときは気がつかなかったけど、すっごい表情作って現状打破しようとがんばっているんですね。投げ技の質はいつも通り素晴らしいです。ゾルコビーの髪型は海苔の佃煮みたいだ。ご飯が進みそうですね。すげえ・・・・・8.58も出てる。ジャッジが変なプログラム好きなのか!

tarasova.png

タラダニ
エイミー・ワインハウスのプログラムはどこに行った。昨シーズンのプログラムではありませんか。3Sは女性がなんとか堪えましたが、ダンスリフトから入るスロールッツで転倒。確実に成功を狙いに行ってもいいですが、これぐらいのリスクを冒して加点を狙わないと、今のペアでは勝てないのでしょう。大変な時代ですわ。がっくりなキスクラでした。

ヴァネシプ
コーチがジマーマンだということをバイオを見て知る。アメリカってここのことだったのか。ジマーマンって、技術的に何か足りないペアの一押しをしてくれるいいコーチだなあ。助けて股の下くぐり出のツイスト、チョックさんばりに乗るのが上手なダンスリフトからのスロータノフリップなど工夫がありました。リフトも上手になって、女性が変なポジションを取ってもまったくブレなくなりました。シプレが超上達したので、PCSが伸びるのも頷けます。結成6年にしてペアとして完成されてきましたよ。どうやら客席にヴァネッサの両親とおじさんがいるらしい。

セガビロ
3Loはビロドーの軸がぶるるーーーんと迷子になってしまい抜けました。直後のスローフリップは落ち着いてきれいに。僕が思っていたよりPCSが低かった。チョコマカ動くよりも、雄大に滑る方が好かれるのかもしれないですね。僕は好きですけど。

tamago.png

デニフレ
右ひざからふくらはぎまで全てテーピングで覆っている痛々しいデニーさん。今でもこんなのしないといけないんですね。スローループは幅があってきれいに。3Sは女性が足をつきましたけど、回転が足りていて転倒もしなかったからよかったです。その前に男性がミスらなくて安心した。コテコテのドンファンやると思ったら、衣装の感じと演技が違った。

rockbro.png

カストラ
トランの3Sの離氷の沈み込みがすごいから怖かったけど、なんとか2人とも降りられました。トランジションで低い位置でダンスリフトを入れたのよかったですけど、そこからエレメンツに入るわけではなかった。流れの中には入っているけれど、なんか・・・なんか・・・もうちょっと・・・できそうな気が。いや、素敵なんですけどね。リバースラッソー落としてしまったのがもったいなかったです。あああああああああもったいねえええええええええええええええ。

アスロゴ
ツイストでのスタートはよかったですが、3Sの着氷が2人とも乱れました。スローは堪えて足のタッチはありませんでした。テストスケートでオネーギンがぶっ飛ばされて急造したプログラムでしょうに、よくここまで振付がたくさん入っているのを滑れるなと思います。滑り込んで、こなし感がなくなってくると印象が変わるのかもしれません。ステップとかかっこよくなりそうなんだよなー。

同格のペアが集まりすぎてしまったせいで、このように点差が近接した展開となりました。タラモロはマイナスが1つもないクリーンな演技でした。デススパイラルだけレベル3ですが、残りはレベル4という内容。セガビロは3Loが2回転になったものの、オールレベル4で踏みとどまりました。カストラはリバースラッソーがレベルBになってマイナス3が並びました。成功していればヴァネシプの上に行って、後半グループで滑走できていたでしょう。

今シーズンからGPSは世界ランキングによる滑走順ではなくなりました。フリーはSPの順位ごとにグループ分けし、そのグループを半分にして順位ごとに抽選するので、今まで以上にショートが大事になりそうです。例えばシングルでショート3位で終えてフリー最終滑走になるのと、ショート4位で終えてフリーが最終グループの1番滑走になるのとでは違いますもん。名目上はどの滑走順でも同じですけど、後ろの方が点数出やすいのは自明の理。後ろに行けば行くほどいい。

2種目だけだと瞬きする間に終わってしまうような感覚です。明日は深夜3時に男子SPからです。テンくんとダイスがいないから寂しい。
2016
06.27

新プロ情報4

タラ・ケイン&ダニエル・オシェイ
SP:Will You Still Love Me Tomorrow、Back to Black

マリッサ・キャステリ&マーヴィン・トラン
SP:Fallin
LP:ジャーニーメドレー(続行)

ペニー・クームス&ニコラス・バックランド
SD:ローリングストーンズの曲

曲は何か分かりませんがインスタで発表しました。振付はディーンとのことでとても楽しみです。

ティファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ
SD:クリスティーナ・アギレラの曲

サラ・アーノルド&トーマス・ウィリアムズ
SD:As Time Goes By、String of Pearls
FD:ダウントンアビー

As Time Goes Byってカサブランカで使われた有名なやつですね。ボーカルはヴェラ・リンバージョンだそうです。海外ドラマは見ないからダウントンアビーは分からないです。スカパー見てたら時々CMでやるやつや。振付はマーク・ピレイです。

アレクサンダー・ジョンソン
SP: Intro by B-Tribe、Bamboleo by Gipsy Kings
LP:道

大学で勉強するために練習拠点を変えるそうですが、ディクソンとの仕事も続けるそうで安心しました。新しいプログラムはもちろんディクソンの振付です。ジョンソンさんはアメリカのスケーターには珍しく謎の曲を発掘してくるタイプですね。関係ないけどジプシーキングス見ると殿さまキングス連想しちゃいません?

浅田真央
SP:火祭りの踊り
LP:火祭りの踊り

2つのプログラムが繋がっているというのは聞いていたし、近年よくあることですけど、バージョン違いとはいえ、まさか同じ曲を滑るとは。SPはミステリアス静か系、LPは情熱フラメンコ系。こういうのこういうのこういうの!!!ファイナルがスペインじゃない年に選んでくれてありがとう。

マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー
SD:Feeling Good

おおおおおおおおおお・・・・・みんな大好きふぃーりんぐっど。今シーズンもたくさん聞きました。でもマイケル・ブーブレ版ではなく、ニーナ・シモン版です。

アンドリュー・トルガシェフ
SP:ノートルダムドパリ
LP:ボヘミアンラプソディー

復活のシーズンをこちらのプログラムで戦います。アメリカ人らしい普通の選曲でいいよー。振付はかーちゃんとスコット・ブラウンです。

ハビエル・フェルナンデス
SP:マラゲーニャ(続行)
LP:プレスリーメドレー

評判のいいマラゲーニャを続けて滑ります。LPはコミカルではなくて、かっこよさを前面に押し出したものになりますように。

メドベージェワのSPはダニイル・グレイヘンガウスとイリヤ・アベルブフになりました。何を滑るかは分かりませんが、アベさん普通の編曲でええよ。ラジオノワはシェイリーンと振付をしたようなので期待。

ポップスの選曲が多いです。SDはテーマからしてそうなりやすいですが、それ以外でも増えてきました。エキシビションと競技の境目が曖昧なってはいないだろうか。
Comment:8
back-to-top