FC2ブログ
2019
10.27

スケートカナダ 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)126.43 PB
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)123.10
3 Lilah FEAR / Lewis GIBSON(イギリス)118.68 PB
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)115.25
5 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN(スペイン)107.87
6 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)107.03 PB
7 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)104.82
8 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)102.10
9 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)101.21 PB
10 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)100.19

アイスダンスリザルト
1 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)209.01 PB
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)206.31
3 Lilah FEAR / Lewis GIBSON(イギリス)195.35 PB
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)194.77 PB
5 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN(スペイン)180.64
6 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)177.53 PB
7 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)173.82 PB
8 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)173.54
9 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)167.39
10 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)164.27 PB

セールス&ワムスティーカー
髪形、編曲、エレメンツの配置がどう考えてもメリチャリのサムデリなのである。「メリチャリのことは全然頭に入ってなかったですう」と言えば、「んなわけねえだろ」と返されるレベルなのだ。ツイズルやコレオステップの位置は絶対に意識しているはず。

エフバジ
サーキュラーステップの最中は今日こそやってくれると思いました。セカンドツイズルでは女性がミスしています。ストレートラインリフトはリンクを対角線上に突っ切るのですが、目立った工夫がないので間延びして見えました。演技が半分を過ぎると男性の体力が露骨になくなり、ワンフットでレベルを取りこぼし、迫力のないコレオステップ、コレオスライディングで、ぼやけたフィニッシュになりました。

グリパー
イキりツイズル、コレオステップ、コレオスライディングのインパクトのあるエレメンツで引き込む作戦。とてもいいですね。かなり男性がグイグイ滑っていくので、ワンフットステップは女性が遅れないように滑るのがやっとでした。当然エッジがフラットになってレベルが取れなくなります。ストレートラインリフトはポジションチェンジまったりしすぎでしたね。

ポポモズ
ほとばしる思いに反比例するように女性のスケーティングスキルが悪くなり、どんどん大雑把な演技になっている。モズゴフ渾身の開脚コレオステップにも冷ややかな反応で悲しい。男性の腰に立つコレオリフトには盛り上がったけど、そのコレオリフトちょっとミスってるの悲しい。

ラジュラガ
エレメンツの質が悪いわけではないけれど、冒頭のステーショナリーリフトを除いて曲負けして調和していないのが問題だなあと思います。シニアデビューのシーズンなので名刺代わりのプログラムでよかったのかも。このプログラム最大の見どころであったコレオステップの腕立て振付が廃止されました。さようなら腕立て、さようなら僕の楽しみ。

ウルハリ
RDでもFDでも苦手な逆回転ツイズルは先に終える方式を採用です。今日の方がきれいにトラベリングできました。ワンフットステップは女性が停滞していました。アントニオ・ナハロ振付の一点ものプロなので楽しめました。滑り込みができていないので、熟成されるのを待ちます。

フィアギブ
オータムクラシックの演技よりも音の取り方がよくなって見栄えがするようになりました。前半部分がとてもよくなりました。コンビネーションリフトとコレオエレメンツの質の高さは前から変わらず、観客も乗せていました。カナダのご年配はマドンナは受け止められるのか。

ハベドノ
ツイズルの繋ぎの振付いいんですよね。文字通り男性に振り回されて翻弄されている様子がツイズルからでも分かります。全般かなり激しいけれど、カーブリフトで女性が穏やかな表情を浮かべるのと対照的に男性は苦悶の表情。ほんといいわ。堂上さんはどうして昨日からキスクラで「愛してるよ」って言ってるんだ。日本に浮気相手でもいるのか。

パイポー
女性のファーストツイズルがへなへなだったのでどうなることかと思いましたが、セカンドサードで挽回しました。ふわっと小さなリフトで持ち上げて入るダイアゴナルステップがよかったです。後半はふわっと感重視していましたね。全エレメンツふわふわでした。愛だ恋だ人生だについて思考しているときの人間は皆ふわふわしているんだから、ふわふわしているのが正解なんだな。スケカナだなーというスコアですけど、ハベドノに勝ちました。ハベドノは連戦の疲れもあったので、演技の完成度としてはパイポーが上だったから理解できる範囲の結果です。

ホワベイ
エレメンツの質はいいのに、脳からこぼれ落ちていきます。どこがハイライトなのか分からないまま4分間終わってしまうのがいけないのかな。ギターだけで通すのはなかなか難しそう。最終滑走で世界選手権一桁順位の実績がありながらも、PCSでフィアギブに負けたのは構成に問題ありというジャッジからのメッセージでしょう。

ポール・ポワリエさん、実に9年ぶりのグランプリシリーズ優勝です。パイポーとしては8年間グランプリシリーズに参戦してきて初優勝となりました。長かったです。
2019
10.20

スケートアメリカ 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)124.66
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)124.58
3 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(カナダ)118.36
4 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)114.39 PB
5 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)110.64
6 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)110.14
7 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)105.06
8 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)99.72
9 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)98.91
10 Hong CHEN / Zhuoming SUN(中国)98.20 PB

アイスダンスリザルト
1 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)209.55
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)206.57
3 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(カナダ)197.53
4 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)191.01 PB
5 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)181.82
6 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)180.55
7 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)173.03 PB
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)167.14
9 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)166.51
10 Hong CHEN / Zhuoming SUN(中国)159.94 PB

チェンコメンコ
男性は乳首を透けさせる衣装。女性はポニーテールを結んで軒先に吊るされたタマネギ風に。エレメンツをやってますよー!という演技に若さを感じました。淡々としていて表現に費やす余裕はなかったです。質の高いエレメンツが多いので今後に期待。カーブリフトは失敗かな?

チェンサン
大財閥に立ち向かう分家の末娘と大学の同級生の彼氏に見える。古臭い物語を思い浮かべずにはいられないルックスをしている。チェンコメンコの方が技術は上だけど、こちらの組の方がシニアっぽくて効果的な演技をしています。テンプレ気味ではありますが、中国の2番手をキープするには十分ですね。問題は連盟がきちんと大会に派遣し続けてくれるかどうかです。だって中国だもの。

グリパー
赤いパリパリバーと紺色のパリパリバー柄の衣装。パリパリバー界のロミジュリみたいなものか。男性が結構ガシガシ進んでいくのですが、女性は遅れることなく付いて行けています。女性はまだジュニアに出ていてもおかしくない年齢なのに。後半男女ともに疲労が見えましたが、膝を使って疲れていないように見せられていました。

マリロマ
今日は2人とも調子が良さそうでした。調子がいいからこそ女性が勢い余って転倒してしまったのかもしれません。エレメンツそれぞれの完成度であったり、スケーティングであったりを切り取れば印象的に映るのです。しかしながら最初のパートの表現あまりにも薄味だし、残る2つのパートの展開が急激で、非常に伝わりにくい。でもオータムクラシックのときのような壊滅的に理解不能というところからは抜け出した気はしました。

カレポノ
なんとツイズルが普通でした!!!!!おめでとうございます。このプログラムはスケーティングで魅せるものではなく、フラメンコっぽさを前面に押し出して世界観を楽しんでもらおうという趣向なのでしょう。実際、その戦略は功を奏していると思います。トゥステップを多用したトランジションであったり、コレオステップ等でインパクトを与えていますね。僕はすごく好きです。

スマディア
女性の顔がアップになった際のメイクの濃さに笑ってしまいました。衣装だけでなくメイクもお人形さん仕様だったとは。この衣装とメイクで日本人のジュニア選手が滑っていたら「かわいいね~」となるけど、もろ欧米人のスタイルのスマートさんだとイケないものを観ている気分に。おもしろプロはアイスダンスに必要だからこういう路線は悪くないです。ステップシークエンスでの中だるみは直してほしいけども。

赤ゲレ
FDの衣装も虫食いに遭ってしまったの?ムシューダあげるね。男性は遅れ気味でしたが、女性にリードしてもらいつつ、どうにかサバイブできていました。現代社会は必ずしも男性が優位に立つわけではない、そういった価値観を演技中に体現しているのかもしれないですね(してない)。

ハベドノ
男性はヒゲまでブラッドリー・クーパー仕様。女性は腰より上はよかったです。スカートが微妙かな。ザカリー・ダナヒューさんが現役生活中で初めて目立っていました。演技の前半部分は男性が女性を音楽の世界へ導くので男性主体です。徐々に男性が存在感を消して女性が目立つような構成へと変化させていくんですね。映画のプロットに忠実で、とてもいいプログラムだと思いました。あと3分ぐらい尺足してもらったら最高。時間が足りない。もっとこの演技を咀嚼したい。

フルソレ
このプログラムもマリーさん的に特別変わったプログラムではないけれど、普通のことをすごく美しく決めているから全然観られますね。そして女性から男性への熱を帯びた視線の色っぽさよ。これがアイスダンス、男女のコネクションを見せてこそのアイスダンスです。男性がスケスケ衣装なのは、フラメンコのFDで筋肉を見せることに味をしめたからだな。絶対そうだ!どうぞご堪能ください。

ステブキ
ステパノワさんの脚は驚くほど細いのに生命の危機を覚えないのは悲壮感が欠片も感じられないからか。ツイズルの2人の距離とタイミング、そしてエアリーさ、素晴らしい完成度でした。音源違いでフルソレと続けてCry Me a Riverを使いましたが、2組ともまったく違う路線なので気にならなかったです。フルソレは濃厚で、ステブキはクール。ダイアゴナルステップもうちょっと進んでほしいなーーー思ったけど、ジャッジ席前で美脚でドヤ散らかしてたから撤回しておきますね。

ハベドノはスケカナにも出場して世界最速GPF進出を確定させます。
2019
04.03

レイチェル・パーソンズ 引退

View this post on Instagram

I’ve written and rewritten this post so many times I’ve lost count. Sometimes feelings and thoughts are difficult to put into words, and this is definitely one of those times. 
I’ve decided to take a step back from skating.  It’s the most difficult choice I’ve ever had to make, but I have to focus on my health and happiness. I feel like people (including myself) often gloss over their problems to create this image of “perfection”, especially online, but it’s really important for me to be honest and open with you all about this. I’ve been struggling with an eating disorder for years now, and it’s not something I can keep ignoring or trying to manage on my own.

We all know figure skating is a sport where it’s hard to be successful without a certain physical appearance. I’ve struggled with my weight since I was thirteen years old, and it has fluctuated a lot throughout my career. It’s extremely difficult to wake up in the morning, look in a mirror, and hate what you see. Then imagine you have to put on a skintight dress and compete in front of a large crowd, on national television, in a sport that’s largely judged on appearance. It’s hard. Actually it’s terrifying. I’m proud of myself for pushing through for as long as I have. Now I’ve decided I need to put myself first and take the time to get the help I need. Skating has given me so much. I was able to travel all over the world, make so many unforgettable memories, meet the most incredible people, and compete proudly for my country. To experience all of this with my big brother by my side has been the best part. This sport has made me who I am today. I couldn’t be more grateful to everyone who has supported Michael and me through the years. I want to say a huge thank you to our friends, family, coaches, everyone at US Figure Skating, our sponsors who have made this dream possible and everyone else who helped us along the way, I feel so blessed.

I’m not sure what this new chapter of my life will bring, but I’m excited about the future. I’ll continue to cheer Michael on as he continues on this incredible journey for the both of us, I’ll just be rooting for him from the stands. 
Love always, Rachel

Rachel Marie Parsonsさん(@raemarie.parsons)がシェアした投稿 -

レイチェル・パーソンズが引退を発表しました。理由は健康を優先するためだそうです。13歳から体重の増減と戦い続け、この数年は摂食障害にも悩まされてきたそうです。引退声明で印象的だったのが「肌に密着した衣装を着て、大観衆の前で競技して、主に外見で判断されてしまうスポーツだって想像した時、とても辛かった」という言葉です。我々にはフィギュアスケートの輝かしい一面しか見えないけれど、その裏側では大変な苦労があるのだなと思いました。カップル競技に関しては、自分のみならずパートナーにも影響があるわけですし、その重圧は計り知れません。近年では摂食障害を明らかにするスケーターが後を絶ちません。この1年だけでも多くのスケーターがその苦しい胸の内を語ってきました。もちろんスケーターや周囲の人々の意識を変えることが大切ですが、スケートファンも成熟して彼らの心情を思って応援していかなければなりません。

これからのことは決まっていないそうですが、人生の新しいチャプターを楽しみにしているとのことです。また、兄のマイケルのこおを応援し続けるそうです。体調を整えていつまでも元気でいてほしいです。兄は実力のあるアイスダンサーなので、いいパートナーが見つかることを願うばかりです。小柄で才能ある女性どこかに余っていないですか・・・。

彼らの一番好きなプログラムは2015-2016シーズンのFDで滑ったタンゴです。この前のシーズンあまり成績が伸びなかったので、このまま埋もれてしまうのではないかと危惧していたところに現れた良プロでした。それまでものすごーーーく頼りないと思っていた兄の背中から漂う絶対的な信頼感。そして妹の美貌を極限まで活かしていました。ジュニアのきょうだいカップルにタンゴなんて踊れるはずない思っていましたが、これでその考え方が変わりましたし、彼らのアスレティックタンゴはきょうだいカップルがこれから進んでいくべきひとつの指針となったのではないかと考えるようにもなりました。小柄なカップルでしたが、すんなりとシニアにも馴染みました。もう彼らの演技を観られないことを悲しむよりも、兄の次のカップルでの演技を楽しみに待とうと思います。本当にお疲れさまでした。
2019
01.27

全米選手権 9日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスリザルト
1 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 215.88
2 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 211.52
3 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 196.95
4 Lorraine McNamara, Peninsula SC
Quinn Carpenter, Washington FSC 191.10
5 Christina Carreira, SC of New York
Anthony Ponomarenko, SC of San Francisco 190.01
6 Rachel Parsons, Washington FSC
Michael Parsons, Washington FSC 170.26
7 Karina Manta, Coyotes SC of Arizona
Joseph Johnson, Broadmoor SC 159.97
8 Lydia Erdman, Philadelphia SC & HS
Yuri Vlasenko, Arctic FSC 124.92
9 Elicia Reynolds, Ice Line FSC
Stephen Reynolds, Ice Line FSC 111.69
10 Nicole Takahashi, Skokie Valley SC
Oleg Altukhov, North County FSC 91.31
11 Alannah Binotto, Pittsburgh FSC
Shiloh Judd, University of Delaware FSC 90.64
12 Bailey Melton, Broadmoor SC
Ryan ODonnell, SC of Houston 88.53

パーソンズ
新しいFD披露です。ボヘミアンラプソディーでした。男性の衣装はタンクトップです。腕の太さや背中の広さが分かりました。兄って逞しいんですね。めちゃくちゃ滑り込み不足でした。ツイズルの転倒は痛かったです。

ブラセンコの新カップルのキスクラにイリヤ・トカチェンコがいました。髪形絶対それじゃない。絶対にそれじゃない。ズエワのアシスタントしてるのか?

マンジョン
いい振付です。ルールが変わってステップシークエンスの自由度とコレオエレメンツの増加で、従来とは異なるプログラムを滑れるようになりました。同じムーブメントを繰り返しながら滑るあたり、旧採点っぽくて、クリストファー・ディーンが生き生きして振付けた姿が浮かびます。回転しながらのコレオスライディングや、ヴォーギングをするコレオステップなども印象的でした。非常によかったです。

カレポノ
サードツイズルで男性が足を付いてしまったことだけが残念です。回転のタイミングは合っていたし、足を付いても4つ目のツイズルまで繋げて、美しく処理したので、PCSに影響はないと思います。そこまでTESが伸びなかったです。

マクカー
ご覧の通りの女性の美脚なので、それを活かさない手はないです。ゆったりとしたパートやリフトでは、それが発揮されています。素早くターンを踏むパートでも美しい四肢で魅せてくれると、一層素敵になりそうです。納得の逆転です。髭を蓄えた男性が、妻と娘と3人でペンション経営してます感を醸し出しています。

ハベドノ
ステーショナリーリフトのあまりの迫力に、ジャッジも+5以外出しようがなさそう。男性のセカンドツイズルが停滞したので、レベルを取りこぼしているかもしれません。回転のタイミングは揃っていました。ナショナルで異次元の点を付けられているのに、それを国際大会で超えられるパパシゼよ。

チョクベイ
これほどいい出来は全米選手権でのUnder Pressure以来ですかね。お色気クネクネパートと、はっちゃけロックンロールパートは、全く雰囲気が違うのに両パートともに欠かせません。リフトに乗るのも乗せるのも上手だな。

ホワベイ
GPSが滑り込み不足だったので、今回はスピードを出せて滑っていたのが分かりました。スピードがないと、ズドーーーンと重苦しいだけになってしまいますものね。最終滑走は転倒フラグ立つからハラハラしていました。意識が朦朧としていて具体的なことはほとんど覚えてないよ!ハッハッハー!

はいおやすみ!はいまともな睡眠!また朝に!

最終日の日程
欧州選手権エキシビション 21:00~23:30
全米選手権男子LP 4:10~7:52
全米選手権エキシビション 10:00~12:32
2018
11.25

フランス国際 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)132.65
2 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)122.47
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)114.49
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)111.62
5 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)105.70
6 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)103.03
7 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)99.54
8 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)97.53
9 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)93.50
10 Adelina GALYAVIEVA / Louis THAURON(フランス)90.84

アイスダンスリザルト
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)216.78
2 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)200.38
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)188.74
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)181.47
5 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)171.17
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)170.64
7 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)165.69
8 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)163.18
9 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)153.27
10 Adelina GALYAVIEVA / Louis THAURON(フランス)146.05

アデルイ
さあさルイルイダンス~ララステップ踏んで~。後半小さくなってしまったので、カップルとしての成長を見守る段階だと思います。

アリソン組
はい素敵でした。あとは男性のよっこらしょ感が消えて、演技がシームレスになればさらに素敵になるはず。現状は初めての給料日で調子に乗ってウィスキーバーにやってきた若造が、常連の女性に上手く言いくるめられている様なので。

ポポモズ
体反らせたローテーショナルリフトはあまり評価が高くありませんが僕はずっと好きで居続けます。このプログラムリフトに命懸けてますね。レベルのつくステップシークエンスは男女の技術差が目立ちます。女性にはもっと暴走してもらいたいです。昨シーズンのカルメンでは暴走してくれましたのに。コレオステップの2人が手を繋いで滑り続け、最後に離れたガオー!とジャンプするところ最高。コレオスライディングは最悪。氷に寝転がってくれなきゃやだやだやだやだ!

マリロマ
ゴキゲンなプログラムなんだから、女性はビビッドな色のドレス着ればいいんですよ。何で黒なの?何でこのチームはやたらと意味ありげな暗い色の衣装ばかり着させるの?明るくてかわいいのでもいいじゃない!!!ステップシークエンスでのスライディングさせてから引き揚げる振付大好き。これが入っていれば僕はいつでも喜びます。ダンススピン中の女性のレイバックスピンのアーチが美しかったです。シーズンが進むにつれて、エレメンツの完成度がどんどん上がっているのに、曲の繋ぎ方だけには慣れません。いつものように謎のオリジナル曲挟もうぜ。

パーソンズ
おい!!!!!もっとGOEでプラス付けてくれよ!結構好きですよ?これ結構好きだしエレメンツの質も高いのに。リフト効果的なのにいいいいいい(止まりそうなコレオリフト除く)!最も観客が沸いたのが、兄が妹を乗せながらイナバウアーするトランジションのムーブメントでした。あれは上がりますよね。分かる~。

ホワベイ
初のGPF進出が懸かりますがミスなく終えられました。ワンフットステップとかミッドラインステップとか、こういったゆったり滑る姿を2人には求めているのです。男性がまだ本調子ではないので、さらに完成された滑りは別の大会で。それでも、男性がサッと手を差し伸べるところは、妙に安心感があります。ジャンリュックに教えてもらえれば、僕もスケート上手く滑れそう・・・そう思えるぐらい。コレオスライディングが開脚でも下品に見えないのは、股を見せていないからか。よし、みんな前後開脚しよう!

スマディア
衣装を変えてしまった時点で僕は失望してしまったのだ。それでも2人が楽しく滑ってくれれば、いい演技をしてくれれば、そう思っていたのだ。しかしながら今日はミッドラインステップで男性が転倒してしまった。なんてことだ。OMGだ。これにメゲず、国内選手権とユーロでウルハリとやりあってほしい。

パイポー
ゴッホのプログラムなので、ファンからひまわりをもらいました。ファンのセンスが半端ない。後半3項目に対する前半項目の伸びが鈍いですね。全項目バランスよく出てこそのトップカップルですしね。静かな曲なだけに、一層男女のスケーティングを美しさを見せ付けなくてはならないです。難しいなあ。

パパシゼ
もうね・・・最初のステーショナリーリフトでレベルが違いますよ。何ですかね、もう反則じゃないですか?存在が反則。なんでこんなに美しいの?おかしくない?体に磁石付けて滑ってんの?え?何これ?何で氷とパートナーに吸い付くの?おかしくない?シゼロン怪我明けなんじゃないの?え?何これ?132点なんて誰も出せんわい!

シニカツ
今日もとてもよかったと思います。今シーズンは前代未聞の安定感。ツイズルがよく揃っていました。ステップシークエンスの女性の滑りはこれからの課題です。女性が滑らないカップルはたくさんありまして、それをカバーするのが男性の仕事のひとつです。このカップルは男性のスキルが高いので、単に滑るだけでなく、女性の欠点を隠すプログラム構成を目指してほしいです。そうすれば、世界選手権のメダルもグッと近づきます。安定していると、安心してルックスにうっとりできます。

パパシゼは初戦で10.00を19個もらいました。ルール変更してもルールの限界値出してくるじゃないですか。もう一度ルール変更します?

グランプリファイナル進出者
1 マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)1位+1位 30ポイント 401.58
2 アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン(ロシア)1位+1位 30ポイント 399.52
3 ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ(ロシア)2位+2位 26ポイント 395.55
4 シャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファブリ(イタリア)2位+2位 26ポイント 388.59
5 ケイトリン・ホワイエク&ジャン=リュック・ベイカー(アメリカ)1位+4位 24ポイント 366.10
6 ティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)3位+2位 24ポイント 364.43
---補欠---
7 サラ・ウルタド&キリル・ハリャーヴィン(スペイン)4位+2位 22ポイント 346.51
8 パイパー・ギルス&ポール・ポワリエ(カナダ)3位+3位 22ポイント 375.71
9 ロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター(アメリカ)4位+3位 20ポイント 357.23

ロシアは3組の出場となります。パイポーは派遣運がなかった、その一言に尽きます。チョクベイ欠場とパパシゼNHK杯に当たらなかったんです。シニカツもどちらも当たらなかったのですがGPF初出場。これは見事です。GPF初出場は5組。ベテランが多いからフレッシュというわけでもない。

今シーズンの表彰式では、星ではなくダサい六角形の盾をもらいました。メダル作って!表彰式はデジタル国旗!!!!!!!!やったー。
back-to-top