FC2ブログ
2012
11.18

エリック・ボンパール杯 2日目 女子リザルト

クルッポー

女子LP
1 Ashley WAGNER(アメリカ)127.54
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)121.36 PB
3 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)115.76
4 Christina GAO(アメリカ)112.16
5 Mae Berenice MEITE(フランス)102.75 PB
6 Jenna MCCORKELL(イギリス)92.25
7 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)90.32
8 Joshi HELGESSON(スウェーデン)88.58
9 Elena GLEBOVA(エストニア)88.25
10 Lena MARROCCO(フランス)83.58 PB

女子リザルト
1 Ashley WAGNER(アメリカ)190.63
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)179.62
3 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)179.31
4 Christina GAO(アメリカ)164.71
5 Mae Berenice MEITE(フランス)157.58 PB
6 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)144.82
7 Elena GLEBOVA(エストニア)140.86
8 Jenna MCCORKELL(イギリス)135.40
9 Joshi HELGESSON(スウェーデン)133.77
10 Lena MARROCCO(フランス)132.44 PB

ガオーさん
3F-2T 2A 3Lz-2T 3F 3S 3Lo 3T-2T-2Lo
スケアメに引き続きジャンプにミスはありませんでした。いい演技でしたが、やはりエッジが浅いのでそこまで点数は伸びませんでしたね。それでも7.00もらえれば上出来だと思います。また全米で5位になるのかどうか。そろそろ表彰台に乗っておきたいですね。

グレボワ
1Lz 1Lo 3T-2T 3T 3S-2T 3S-2T-2T 2A
ヒッピーな雰囲気でした。レザーの衣装似合ってるなあ。得点源の2つのジャンプは失敗でしたが得意なジャンプはきっちり成功させました。素敵な雰囲気ではあるんですけど、ちょっと止まる所が気になりました。

コロベイニコワ
2F 2A-3T 3Lo-2T 3Lo so 3S fall 2S df 2A
中盤のジャンプで崩れてしまって、音楽に遅れてしまったのか、ステップでかなりバタついてしまっていました。そのせいでスタンブルもしていました。忙しい終盤になってしまいました。湖に身を投げる白鳥と言うよりも、追い詰められて蹴り飛ばされて溺れ死んじゃうみたいな。

メイテ
3F fall 3Lz 3Lo 2A-3T 3F-2T 3T-2T 2A
最初のジャンプで転倒したもののあとはまとめました。ユロスポ実況がお気に召していらっしゃる。今日もHUGEなジャンプでした。滑っていないと嫌な僕ですが、このプログラムは好きなので、これはこれでもう良いのです。今日はビールマンでグニャングニャンにならなかったのも良かった。地元で良い演技ができて良かったです。

タクタミシェワ
3Lz-3T 3Lz 3F 2A-3T 3S-2T-2Lo 3Lo 2A tano
その背中の開き具合もテンプレですね!衣装が変わりました。3Lz-3Tちゃんおかえりいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!他のジャンプちゃんたちもおかえりいいいいいいいいいいいいい!!!素晴らしいパフォーマンスでした。彼女は終わってないよ!これからがスタートだよ!ここがシニアのタクタミシェワのスタート地点なのです。ジャンプだけでなくインタープリテーションもスケーティングも素晴らしかった。もうちょっと出ても良い気はしましたが、高得点はユーロで出すんですよね。きっとそうだ。

アシュリー
3F-2T-2T tano 2A-2T 3S 3Lo 3Lz 3Lo+2A 3F
今日はドヤ顔じゃなくて笑顔!!!今日もノーミスのクリーンプログラムでした。スケアメの何倍も何倍も良い出来だったように感じました。もうジャンプを失敗する気がしない。そもそも、ジャンプなんて失敗するようなものではなく、歩くのと同じような物だと思わせてくれるような安定感。そして、巧みな音楽表現。ピッタリハマってんなー。トータルパッケージとして揃ってる。あと2A-3Tにすれば、もう130点行きますね。

リプニツカヤ
3Lz-3T 2A-1T 2A-3T-2T 3Lo 3Lz hd 3F td 2S
昨日よりも質のいい3Lz-3Tでスタート、その後3Tが1Tになりましたが即座にリカバリーをしました。すごいですね。後半はジャンプを降りることに力を注ぎすぎたのか硬くなっていました。くるみ割り人形じゃなくて、指を噛み千切られそうな勢いでしたよ。ちょっと怖いから、こんな可愛らしい曲なんだから、もっと柔らかい表現も欲しい。フィニッシュポーズは真似できるから楽しい。信号待ちとかでやってみましょう。

鬼パネルでスピンレベル4を揃えるリプかっけえ。レイバック全ジャッジ+3、コンボは1人が+2だからカットで結局満点。すごすぎる。

今回の結果でアシュリーとリプニツカヤはファイナル進出が決定しました。これでファイナル決定は3名です。真央は4位以内、あっこちゃんは3位以内で確定です。ザワツキーは2位ならファイナル、3位ならタクタミシェワが行きます。ミライは2位以内でなおかつ今回のタクタミシェワのスコア超えならというところですが、現状厳しいでしょうか。ジジュン、今井、ゲデ子の3人は優勝のみ可能性がありますがかなり厳しいでしょう。NHK杯楽しみになりました。

今シーズンは女子が一番面白いかもしれない。女子が一番おもしろいシーズン(あくまで個人のやつ)って4シーズン前が最後だったので久しぶりにきた。当たりプロも多いし。

06/07 女子
07/08 ダンス
08/09 女子
09/10 ペア
10/11 男子
11/12 男子
12/13 女子

自分の中ではこうなってます。
Comment:0
2012
11.17

エリック・ボンパール杯 1日目 女子SP

寝ていたので、順番グチャグチャでごめんなさい。
家のアンテナの接続がブッチーンいって、BSとCS映らなくなって今日は発狂していました。最低でも映るようにできるのが月曜ということで・・・・クッソめんどくさい。
今週末はエリック杯に加え、ワルシャワ杯、メラーノ杯、パベル・ロマンメモリアル、全日本ジュニアと10月初週に次ぐカツカツの週末になります。ストリーミングが無いだけど、助かったと言えば助かりました。あったら見るので。

なんで今日はこんなにストリーミングの画質が良いんだ。

女子SP
1 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)63.55
2 Ashley WAGNER(アメリカ)63.09
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)58.26
4 Mae Berenice MEITE(フランス)54.83 PB
5 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)54.50 PB
6 Elena GLEBOVA(エストニア)52.61
7 Christina GAO(アメリカ)52.55
8 Lena MARROCCO(フランス)48.86
9 Joshi HELGESSON(スウェーデン)45.19
10 Jenna MCCORKELL(イギリス)43.15

マッコーケル
2F<< 3T shaky 2A
今シーズン安定していた3Fで失敗。3Tもランディングがシェイキーでコンビネーションがつけられませんでした。体の動きはキレッキレで調子のよさは見せてくれていたのですが、残念ですね。この衣装ガオーさんのリベルタンゴみたい。

ガオーさん
3T so 2A 3Lo-2T
3-3は成功ならずでした。しかしきちんとリカバリーはしました。丁寧は丁寧ですが、丁寧過ぎてプログラムがもっさりしているのがもったいないなあとつくづく思います。

コロベイニコワ
3T-3T 3Lo 2A
コ ロ ベ イ ニ コ ワ が 初 め て S P で ノ ー ミ ス
彼女は滑りが良いのでジャンプさえ降りればプログラムがまとまりますね。だって、今までノーミスだったことが無いんですから、そりゃこんな間隔になるのは初めてですよね。スピン中の表現もいいなあ。この年齢だからこそ演じられるプログラムです。これを見ると、素敵は素敵だけどパントンのエキシのロミジュリはさすがに・・・って思っちゃいます。望むべくはおぱんつスッケスケスカートはやめて欲しいのと、メイクが歌舞伎みたいになっていることはやめて欲しい。濃いメイクは好きですけど、さすがにすごすぎますよ。

チンクワンタとゲヤゲの並びが確実にマフィアだわ。

リプニツカヤ
3Lz-3T 3F 2A
ジャンプどうなんでしょうね、全体的にクリーンとも言えない出来で自分がジャッジだったら全部0かなーというところ。元々ジャンプが低いので、少し軸が曲がってしまうと、すぐに加点がもらえない物になってしまいますよね。結局、今日も「スピンヌホホwwwwwやっぱすごいわwwwww」ってまま終わってしまいました。棄権の話もありましたが、それを考えると上々の出来ですね。3T-3Tに変えてくるかとも思っていましたけど、ちゃんと3Lzでしたし。

ヨシ子さん
3Lz tano 3S hd-1T 2A
3Lzそんなに無理しなくても・・・というまず回転不足なく降りることが大切ですよ。チャレンジ精神はかっこいいですけど。ただでさえセカンドジャンプが苦手なのに、難しすぎる空中姿勢で後ろに付けるのは彼女にとってはかなりの難題ですよ。この衣装、あっこちゃんと並んで一緒にふしぎなおどりやって欲しいなあ。プログラムとして難度を上げて、彼女としてはもっともっと上に行きたいところなんでしょうね。いろいろ入れたトランジションは曲想を反映していて良かったと思います。

タクタミシェワ
3T-3T so 3Lz 2A tano
ついに型紙からの脱却と思ったらプログラムが戻っていたでござる。ジャンプは3Loが3Lzになっていました。少し待ちがありましたが、マイナスは付かないかな?というレベルですね。プログラムとしては今シーズンのある愛の詩よりも、こちらの方が100倍ぐらい合ってはいると思うので、ジャンプが成功しないのであればこちらの方がPCSで稼げますし戦略としては間違ってない。結局ミーシン組はプルもがっちゃんもタクタミシェワもみーーーんな当初の予定と違うプログラムになりました。PCS辛いなー。トランジションはともかく、もうちょっと出るかと思いました。

メイテ
3T-3T 3F 2A
髪を下ろしたメイテ。初めて見ました。HUUUGEな3-3からスタートでした。ジャンプは全てデカかったです。相変わらずのレイバックスピンがあったものの、自分の得意なものはしっかり見せられた演技だったのではないかと。もっと上手になって!メダルとっちゃっていいのよ。

アシュリー
3F-2T tano 2A 3Lo
ドヤ顔いただきました。オレンジチームの便利なWE LOVE YOUバナーもいただきました。スケアメの時には全然分かりませんでしたが、すごいですねこのプログラム。今までの彼女には無い広いリンクの使い方。次の動きが予想できないような独特な動きですね。音楽はすごく分かりにくいですけど、何回も見ていくうちに魅力を増してきそうなプログラムです。スケアメの時はPCS出過ぎだよなーと感じましたが、今回のスコアぐらい&選手の中ではダントツのプログラムと滑りでした。
Comment:3
2012
11.10

ロステレコム杯 2日目 女子リザルト

財布を忘れたのにレジに並ぶという香ばしい行為に及んでしまった影響で、お腹空いてイライラ。

女子LP
1 Kiira KORPI(フィンランド)115.64 PB
2 Gracie GOLD(アメリカ)112.87
3 Kanako MURAKAMI(日本)109.56
4 Agnes ZAWADZKI(アメリカ)106.43
5 Valentina MARCHEI(イタリア)102.42
6 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)101.87
7 Adelina SOTNIKOVA(ロシア)100.87
8 Alena LEONOVA(ロシア)98.42
9 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)97.38
10 Caroline ZHANG(アメリカ)92.06

女子リザルト
1 Kiira KORPI(フィンランド)177.19 PB
2 Gracie GOLD(アメリカ)175.03 PB
3 Agnes ZAWADZKI(アメリカ)166.61 PB
4 Kanako MURAKAMI(日本)166.34
5 Adelina SOTNIKOVA(ロシア)157.98
6 Alena LEONOVA(ロシア)157.27
7 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)153.32
8 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)151.48
9 Valentina MARCHEI(イタリア)148.67
10 Caroline ZHANG(アメリカ)138.21

キャロライン
3F-2T 1Lz 2A 3Lo 3F-2T-2Lo 2A shaky 3Lo-2T
大きなミスは1つだけだったのですが、如何せん動きが悪い。リンクの使い方がとても小さいし滑ってないですね。トランジションも少ないです。この曲だから、この振付っていうものがあまり感じられません。この演技、このプログラムだと全項目6点台も厳しいのではないかなと感じます。今日はビールマンスピンを入れなかったです。

マルケイ
3Lz 2A-2T 3T 3S 3Lz-2T 2A ot 3S-1T
マルケイ史上でもかなりジャンプが成功した演技だったのではないでしょうか。最後の2つで失敗しましたけど、失ったとしても3点4点ぐらいでしょう。3Lzは2本入りましたし、後半のスパイラルからの3Lz綺麗に入りました。あれは+2をつけるジャッジがいるかもしれません。もう少し彼女の明るい性格を前面に出したような、悪い言い方になりますが荒々しさっていうのも少し見せて欲しかった。プログラムとしてまとまりすぎていて、何かは以来とが欲しいなーと思います。

コロベイニコワ
3F 2A-3T 3Lo-2T 3Lo 3S-2T-2T 2S 2A fall
前半から良い調子だったのに最後の2つで失敗でした。2Aは音楽の盛り上がりに合わせて転倒したので、余計に悲壮感が。タッチが綺麗な選手なので、滑っていれば美しくはあるのですが、止まっての動きが結構あるので、それほど良い所を生かせていないのかなーと思ったり。構成が構成なのでミス無く滑って欲しかったです。ロシアシニア2年目のジンクスすごいなあ。

ヴィッキー
3F-2T 3F 3Lo+2A ot 3T 2A 3Lo ot 2S
ジャンプはランディングできたのですが、全体的にジャンプの回転が怪しいです。彼女も若い頃に比べると少しジャンプの高さが無くなっているような。後半ではスピンの足換えでの乱れがありました。疲れてしまったのか、サルコウにコンボを入れずとも音楽から少し遅れていたので、少しずつ少しずつ音楽に置いていかれてしまったのかもしれませんね。

佳菜子
3Lz 3Lo 3F 3Lo-2Lo 3F shaky+A 3S-2Lo-2Lo 3T
本人がアクセルを忘れたらしい。一応ワルツジャンプ入れましたけど、あれじゃいかんのか。3Tがキックアウトですよね。3Fでのミスが多いので、いつでも最後のジャンプ2Aにできるように練習しておかないといけませんね。なんだろうこの前半のみの安定感。体力が切れているわけでもないのがなあ。なんとも。それでもミスの割りに結構点が出て良かった。

ソトニコワ
3Lz fall 3F-2T-2Lo 3S-2T 2A shaky 3F fall 3Lo fall 3S
良かったジャンプは3Fからの3連と最後の3Sぐらいでしょうか。最後の2Loが高すぎて3Lo入れたのかと思うほどでしたもん。これだけジャンプをミスするとポテンシャルとか、調子だとかでは無くてやっぱり年齢的にジャンプはだんんだん落ちてきているんだなーって思います。ジャンプは高いし、回転も足りているのに軸が悪いのか降りるときにいつも曲がってしまうんですよね。体が軽ければ耐えられたのでしょうか、体が大きくなると重さに耐え切れないんでしょう。本人もできていたことができなくなっていくのは歯がゆいでしょうね。

レオノワ
3T-3T 3Lo so 2Lz 3F shaky 2S<< 3F-2T 2A-2T
3T-3Tが入ってとりあえず一安心。ジャンプは身構え過ぎて助走を生かせないまま入るので回転につながらないのでしょうか。今日は引き締まった表情をしていたので期待をしていた&優勝しちゃえよって思っていたので残念。失敗はあったけど、やっぱりレオノワうめえなっていう。今日はメイクも髪型も決まりすぎ(編みこみならもっと良かったけど)で、すごい色っぽい表情で、これぞフラメンコっていう感じ。でもいつものレオノワじゃない女性らしい品の良さもありました。失敗してしまったけど、落ち込んだ表情も色っぽい。モロゾフはレオノワに力を入れていたんですね。だとしたら、他の選手のプログラムがあれなのも仕方無く・・・ないわ。

ザワツキー
3Lz 3T-3T df 3F 2A 3S 2Lz-2T 2A-2T-2Lo
2つほどミスがありましたが、ジャンプはほぼ綺麗にランディングできました。スピードを出すので降りさえすれば流れのあるジャンプになりますね。高いですし。USクラシックで優勝しましたし、今回もこの演技。なかなか調子が良いです。SP番長はついに卒業するんですね。おめでとうございます。今シーズンのクラールマジックが尋常じゃないレベル。もはや引くぐらい。NHK杯が楽しみ。

キーラ
3T-3T 3Lz 3F 2Lo-2T 3S-2T-2Lo 3Lo fall 2A
ひええええええええええええええええええええ の後の あああああああああああああああああああああ。超珍しく前半の3つが成功したのにやっぱりループを生贄に捧げてしまいました。自分でも成功すると思っていなかったのか分かりませんが、1つ目のループの前ガッチガチだったやないか。後半もかなり探り探りの滑りで、いつものような伸びやかさは少し見られなかったかなーと。それでも素敵ではありますが。前半の調子なら125点コースだったのになあ。引退までにキーラのノーミス見られるかなあ。

ゴールド
3Lz-3T 3F ot 2A 2Lo df 3F-2T 2Lz 2A-2T-1Lo
ゴールドはGGって呼ばれているみたい。それじゃG&GかGG佐藤みたいじゃないか。最初の3Lz-3Tが幅と高さありすぎて驚きました。でもジャンプの抜けが残念ですね。3F-1Lo-3Sってリスキーですよね。3Fでミスった時点でもう3Sが構成に入れられないわけですから。でも2Aを1つ3Sに変える練習とかできないんですかね?トゥジャンプなら難しいけど、エッジジャンプなら軌道的には大丈夫に思えますけど。前回よりも遥かに滑りも表現も良かった。それが何より。スーーーっと滑っていくのが気持ちいいなあ。ノーミスなら127~128コースですね。いつも笑顔なのもいい。その笑顔が何よりの金メダルだよ(真顔)

キーラは24歳にして、ついにグランプリファイナル初出場を決めました。JGPFにも出たことはありますが、あれは地元枠での出場だったので今回が実質最初ですね。失敗はありましたけど、他の選手も2ミスないし3ミスなので、彼女の力からすればこうなるでしょう。これでもっともっとフィンランドでフィギュアスケートが人気になって欲しいです。男子にもね。女子は有望な若手が2人いますし、きっとまだまだ盛り上がって行くはず。

黄金時代


このフィンランド黄金時代をもう一度見たいのですよ。



佳菜子のはやっぱりノーカンだったんですね。最後を2Aにできていれば、表彰台で、荒れたGPSなのでファイナルに望みを繋げたのですが3位4位では難しいでしょう。もっとURまみれになると思ったら1個しか付いていなかったのが意外でした。

麗しい表彰台だなあ。みんなブロンドて。僕は典型的な日本人なのでブロンド教信仰してるんですよね。
Comment:2
2012
11.09

ロステレコム杯 1日目 女子SP

もう4戦目もう4戦目なのです。

女子SP
1 Gracie GOLD(アメリカ)62.16 PB
2 Kiira KORPI(フィンランド)61.55
3 Agnes ZAWADZKI(アメリカ)60.18 PB
4 Alena LEONOVA(ロシア)58.85
5 Adelina SOTNIKOVA(ロシア)57.11
6 Kanako MURAKAMI(日本)56.78
7 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)54.10
8 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)51.45 PB
9 Valentina MARCHEI(イタリア)46.25
10 Caroline ZHANG(アメリカ)46.15

画質とアス比関係で、今日の選手みんなスケートが上手に見える。楽しんで見られるので、そこそこ画質センキュー。

ゴールド
3F-3T 3Lz 2A
スケカナの時より少し細く見えます。ジャンプは高くてクリーンでした。やっと本領発揮ですね。曲に合った歯切れの良い音楽表現も良かったと思います。終盤にスピンが2つあるところ、もう少しあそこで音楽表現ができていたら印象の良いまま追われるのかなと感じました。

キャロライン
3Lo-2T 1F 2A
今日のジャンプではプラスはもらえなさそうですね。ジャンプだけではなく、キャメルスピンも。上向きのポジションが素晴らしかったのに、そこからのドーナツでの減速が惜しすぎます。ビールマンもスピードがガクッと落ちてしまいました。とれるべきとこで今回はとり逃してしまったみたいですね。

コロベイニコワ
3T-3T 2Lo 2A
彼女のSPに関しては、今までクリーンに滑ったことが無いので、さほど悲観的には見ていません。むしろ50点台に初めて乗って良かったじゃないかと思います。ロミジュリらしい雰囲気は出せていたと思うのですが、雰囲気止まりで表現とまでには至っていないようにも思えました。もっと若さ可憐さを出してもいいのよ。

ザワツキー
3Lz 3T-3T 2A
とてもスピードを感じる演技でした。ジャンプをクリーンに成功。とても幅のある良いジャンプでした。恐らく全てのジャンプに加点はきちんともらえるでしょうね。SPは綺麗にまとめられる選手あので、LPさえね・・・・というところですが、なんとか得意な3Lzや3TがLPでもきちんと入れられるようになれば良いですね。

マルケイ
3Lz so 3S 2A
小奇麗にまとまり過ぎていた印象があったこのプログラムですけど、今回はなかなか良かったのでは無いかと思えるようになりました。得意の3Lzでの失敗。高さが出すぎてきちんとコントロールできていませんね。ジャンプ以外の所も上達している彼女ですから、点数をカバー・・・・できてないですね。すごい低いTESになってしまいました。スケーティングスキルと比べてインタープリテーションの点数の出方がさすがです。

ソトニコワ
3T-3T 1F 2A
今まで降りた3T-3Tの中で一番質が良かったと思いますが、テンプレのフリップ抜けがありました。キャメルスピンを上から映すな!ロシアまでこれ導入するなんて世界の終わり。これオリンピックでもやったらマジで死ぬる。フリップのミス以外は今日はとてもいい出来だったのでは無いかと思います。よく滑っていてプログラムに流れがありましたし、エレメンツでも魅せられましたから。やっぱりステップから3Fはしんどいですね。おばちゃんのことだから過剰に音楽に合わせようとしているのかもしれないですね。荒川さんのパガニーニの~プログラムも音楽にジャンプを合わせられないって理由で変えてましたよね。ちょっと気にせずいっちゃってもいいかもね。成功すれば1位だったでしょう。

佳菜子
2A 3T-3T 3F fall
衣装を変更して、海の中にただよう昆布みたいな衣装になりました。「私は利尻の海で漂う昆布ーーー」って感じで勝手に歌詞つけて楽しんでます。とても構成の優れたプログラムとても素敵ですね。このプログラムの構成は近年の女子のプログラムで最も優れていると言ってもいいのでは無いかと思います。6番ベストプログラムのトップ10有力候補であります。フリップはいつもより深く踏み込みすぎましたかね?傾いてしまったように思います。コレオグラフィーがきちんと評価を受けていて超うれC。

ヴィッキー
3T-3T 3Lo hd 2A
今回の3-3はいつもより良い感じでした。画質の問題では無いと思いたい。エッジにしっかり体重が乗せられているからこそ綺麗にカーブを描けますね。3Loに至るまでのリンクの端の方でキュッて曲がったカーブがすごく良かった。ステップは相変わらずのディープエッジ。倒れそうなディープエッジ。ステップは良いけど、つなぎの滑りでもっともっとそれを生かして欲しいと思っていましたが、今日はそれができていたような気がします。実に魅力的な滑り。やっとヴィッキーも演技に見合ったPCSをもらえるようになりましたか。でも後半項目の方が高いのは意外。コレオグラフィーは素晴らしいですけど。

キーラ
3T-2T 3Lo 2A
3-3は入りませんでした。少し勢いが足りなかったですね。でも大きなミスの無い演技でした。先週、荒川さんに「スピンに定評がある」と言われていたと思いますが、彼女がスピンに定評のある扱いされるようになったのだとしみじみ。これも先週LPの感想で彼女のイーグルにはなぜか惹かれないということを書きましたが、多分理由は足首がちょっと硬いからなんでしょうね。今日はその硬さをそれほど感じなかったので良かった。年々解消はされています。最後のレイバック→コンビネーションの間のトランジションの滑りいいなあ。ノーミスなら65点~66点ぐらいは出ますよね彼女も。それはぜひユーロで。

レオノワ
3T-3T 3F A
残念だったワルツジャンプになってしまったアクセルを除けば良かったですね。ロシアのベテランはアクセルの呪いにでもかかりました?(マカロワといい)ジャンプが成功したのでスケアメとは打って変わってノリノリに滑っていたので見ているこちらも嬉しくなりました。この衣装素敵は素敵なんですけど、ティアラ的な頭に何かが欲しいです。

ゴールドのフリップにはeが付きましたが、あのレベルのエッジでGOEがよく±0に収まったなあと思います。ジャンプの質が良かったからでしょうね。佳菜子はアンダーローテーションが2つでした。妥当な評価でしょう。マルケイは2Aが回転不足ですしレベルが全然とれていなかったですね。

今回のロステレコム杯良い滑り出しなのではないでしょうか。イベントの頭としてはすごく盛り上がりますね。良い演技がたくさんでしたし、ジャッジングもすごく僕の好み。出すべきところに出ていますし、ネームバリューや実績に因らずそれぞれのジャッジが点数を出しているところは非常に良いと思います。ぜひ全カテゴリーこんな感じで点数つけてください。

LPでは相当順位が動くでしょうね。ファイナルの可能性があるキーラ、ソトニコワ、佳菜子の3人はどこまで巻き返せるでしょうか。
Comment:4
2012
10.28

ニース杯 4日目 女子リザルト・ペアリザルト

逆転劇すごすぎんご。

女子LP
1 Polina KOROBENYKOVA(ロシア)105.34
2 Kristina ZASEEVA(ロシア)100.01
3 Polina AGAFONOVA(ロシア)94.23
4 Isabelle OLSSON(スウェーデン)91.94
5 Natalia POPOVA(ウクライナ)91.53
6 Léna MAROCCO(フランス)90.26
7 Lénaëlle GILLERON - GORY(フランス)88.95
8 Juuli TURKKILA(フィンランド)86.37
9 Katie POWELL(イギリス)83.88
10 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)81.68
11 Anita Anderberg MADSEN(デンマーク)81.52
12 Victoria HUBLER(オーストリア)76.06
13 Dasa GRM(スロベニア)74.69
14 Anna AFONKINA(ブルガリア)73.11
15 Patricia GLESCIC(スロベニア)73.06
16 Reyna HAMUI(メキシコ)70.77
17 Mimi Tanasorn CHINDASOO(タイ)68.17
18 Carol BRESSANUTTI(イタリア)62.96
19 Belinda SCHONBERGER(オーストリア)62.56
20 Tina STURZINGER(スイス)62.19
21 Nika CERIC(スロベニア)62.17
22 Alexandra KUNOVA(スロバキア)57.96
23 Chaochin LIU(中華民国)55.28
24 Angelika DUBINSKI(ドイツ)49.94

女子リザルト
1 Polina KOROBENYKOVA(ロシア)149.82
2 Isabelle OLSSON(スウェーデン)148.24
3 Kristina ZASEEVA(ロシア)146.87
4 Natalia POPOVA(ウクライナ)144.26
5 Léna MAROCCO(フランス)141.20
6 Polina AGAFONOVA(ロシア)139.94
7 Lénaëlle GILLERON - GORY(フランス)138.20
8 Juuli TURKKILA(フィンランド)136.14
9 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)133.46
10 Katie POWELL(イギリス)126.88
11 Anita Anderberg MADSEN(デンマーク)122.32
12 Dasa GRM(スロベニア)120.68
13 Anna AFONKINA(ブルガリア)118.81
14 Victoria HUBLER(オーストリア)118.67
15 Patricia GLESCIC(スロベニア)116.67
16 Reyna HAMUI(メキシコ)113.15
17 Mimi Tanasorn CHINDASOOK(タイ)107.12
18 Nika CERIC(スロベニア)104.97
19 Belinda SCHONBERGER(オーストリア)102.34
20 Tina STURZINGER(スイス)100.88
21 Carol BRESSANUTTI(イタリア)96.55
22 Alexandra KUNOVA(スロバキア)94.43
23 Chaochin LIU(中華民国)92.42
24 Angelika DUBINSKI(ドイツ)85.99

コロベイニコワ
3F ot 2A-3T 3Lo-2T 3Lo 3S-2T 3S 2A
3Lzは構成から抜いてきました。得意だったけど最近全然成功しない3Fは1本に。構成はかなり落としてきました。ロシア女子、シニア2年目になってみんな順調に構成が落ちてきました。誰一人例外なく落ちました。白鳥と黒鳥と混ざっていますけど、ジャンプを跳ぶために必死だったので、プログラムを表現できていたとはあまり思えませんでした。

アガフォノワ
3Lz fall 3S 3T-2T 2A so 2A-2T 3S-2T-2Lo 3T
ドンドンドンドンとビートを刻む、小やかましい死の舞踏。体が大きくなってジャンプが大変そうでした。自分のできることをしっかりやろうとした演技でした。

ザセーワ
3F 3Lo-2T tano 3S-2T 2A 3Lo df 3S td-2T 2A
良かったんじゃないでしょうか。今シーズンJGPSに出ているロシアのジュニア選手の中では彼女の演技が一番好みです。大味な感じがなくて、丁寧に丁寧に滑るところが好感が持てます。PCSはコロベイニコワより高い点数もらっていますが、今日の出来なら納得です。流れのある素敵な演技でした。

マロコ
3Lz-2T 3F hd 3Lo 3T-2T 2Lz 2A-2T 2A
ほぼ全てのジャンプのランディングがシェイキーでした。ジャンプの軸がすごすぎて、演技が頭に入ってきませんでした。

ポポワ
3F 3Lo so 3F fall 3T 3S-2T 3S ot 2A
ジャンプにちょろちょろとミスが。後半はスピードが無いのか、ジャンプの幅が無くなってストンと落ちて流れ無いジャンプになっていました。すごく疲れていました。なかなか安定しないなあ。

コロベイニコワ11位と1位で総合1位の大逆転wwwwwwwwwwwwwwwSUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE

ペアLP
1 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)106.72
2 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)96.99
3 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)92.95
4 Vasilisa DAVANKOVA / Andre DEPUTAT(ロシア)75.16
5 Julia LAVRENTIEVA / Yuriy RUDYK(ウクライナ)72.91
6 Stina MARTINI / Severin KIEFER(オーストリア)64.35
7 Ronja ROLL / Gustav FORSGREN(スウェーデン)53.92

ペアリザルト
1 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)156.00
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)155.04
3 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)137.47
4 Vasilisa DAVANKOVA / Andre DEPUTAT(ロシア)125.54
5 Julia LAVRENTIEVA / Yuriy RUDYK(ウクライナ)114.98
6 Stina MARTINI / Severin KIEFER(オーストリア)99.20
7 Ronja ROLL / Gustav FORSGREN(スウェーデン)83.45

ストクリ
ツイストはだいぶよくなりました。-1ぐらいで済みそうなツイストでした。SPのgdgdよりは良いですね安心しました。スロージャンプで両方とも転倒していましたが、昨シーズンまであったスローの幅がありませんでした。そもそも投げ方がおかしくて全然上がってないです。これじゃ転倒するのも仕方無い。彼らはプログラムにちょっとした工夫を入れてくるペアなので見ていて楽しいは楽しいです。でも、なぜSPもLPも同じようなテーマで被せてしまったのか。シリアスとコミカルではあるけれど、テーマ的にはそんなに変わらないですもん。でもテンくんに比べたら・・・・まあいいか。

ダワデュプ
技術的にかなり不安定です。ソロジャンプは2つとも失敗。デススパイラルで転倒。リフトは男性のポジションが不安定で、スローもおっかない。途中から失敗の疲れからか女性が全然動けなくなっていました。このペアは今シーズン終わったら解散しそうな気がしてならない。

シメカ&クニーリム
エキゾチックなプログラムを滑っていたようですが、エキゾチックに見えなかった演技。たぶんこれが他の曲でも違和感無かったです。スローはかすったように見えましたが両方降りましたし、高いツイストも見せてくれました。まだまだペアの技術的に不安定な所は多く見受けられます。アメリカは今、既存のペアが崩れすぎてわけの分からないことになっていますから上に行くチャンスです。

来週は中国杯とクリスタルスケートとNRW杯(ダンスのみ)です。
Comment:2
back-to-top