FC2ブログ
2015
05.31

小ネタ×11 「怪しい葉っぱ」など

夏は小ネタの季節だよ。

*ゴキゲン

話の内容よりもエリック・ラドフォードさんとのブランコ映像なにこれ。あざとさのギリギリのラインをラドフォードさんは攻めている。

*アガフォノワの引退発表の報
http://www.team-russia2014.ru/article/figur/22053.html

ファンの間では既知の情報であるアガフォノワの引退がようやく文章として出てまいりました。引退の要因となったのは鼠径ヘルニアだったんですね。脱腸だ脱腸。ショーのオファーをいくつかもらったけど、学業の方に専念をしているそうです。シェレペンーーーアガフォノワーーーオフチャロワーーー。あと4年したらカルテット(メドサハソツプロ)の中から引退出ていそう。女子は難しいなあ。

*ルクセンブルクの金持ちが怪しい葉っぱを買いました

So happy my stash finally arrived :-) #getinmybelly #notWhatYouThink #kalechips #beingstupid @fixerofspine

Fleur Maxwellさん(@fleurla)が投稿した写真 -

リアル金持ちフルール・マクスウェルさんがジャクソン大統領を机に並べて、葉っぱを購入。ついに現役ジャンキースケーターが出たかと思ったら、これはケールチップスというものらしい。外国では青汁ではなくてケールは普通に食べられているようだ。

*スロークワドルッツ

メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォードが練習でスロークワドルッツを成功です。基礎点が9.0なので入れるメリットは少ないですが、これからどうしてくるでしょうか。ペアは後半ボーナスが消滅して、大技化が進んできたので基礎点・GOE幅の見直しは必要となってくるのかもしれない。

*この人コーチ?

New Team! New Coach&choreographer! New Life! New Start! #NewYork #NYC

Romain Ponsartさん(@romainponsart)が投稿した写真 -

ロマン・ポンサールさんの新しいコーチはモロゾフとジュベール???ジュベールがコーチ?マジ?

*美青年さんの滑り

Steppin' it up today =P

Brendan Kerryさん(@br3ndan_)が投稿した動画 -

ブレンダン・美青年・ケリーさんの滑りにスピードが出て深みが出ている。確変くる?

*よくわからないことをしているよ
http://itsfoxen.bandcamp.com/

ギルス姉妹の兄、フィギュアスケートコーチでもあり趣味登山のドットワロスことトッド・ギルスさんがバンドを始めました。リードボーカルだよ!!!Fishbowlという歌は現役時代を振り返ったものらしいです。歌唱力は普通だよ!iTunesでは1曲200円で買えます。

*Youは何しに日本へ?がまたスケート選手を捕まえた

僕の3番目にぐらいに好きなテレビ番組である、テレ東のYouは何しに日本へ?。プルシェンコ、古賀オデ、ランビエールに続きスケート選手が登場。ブラウンはピョンピョンと跳ねていましたとさ。プルシェンコへの密着まだー?

*テッサのおしごと

ショップチャンネルで謎のネックレスとイヤリングを売るテッサ・ヴァーチュさん。白い。

*すげー結婚するみたい
http://www.ifsmagazine.com/articles/32785-news-briefs-from-around-the-globe

インターナショナルフィギュアスケーティングに結婚情報載りすぎ。サフ子はイギリス人の恋人からプロポーズを受けたそう。最近サフ子のインスタ承認してもらったんですけど、載ってるのは彼氏との写真まみれでした。そしてサフ子のパートナー、ブルーノ・マソさんは9年間お付き合いしている恋人にプロポーズ。オーストラリア代表でバンクーバーに出たチェルツィー・リーもプロポーズをされました。トリノのアメリカ代表ジェイミー・シルバースタインは4月に結婚。この6月にはベルトンとブルーベイカーがシカゴで、全く同じ日にメーガンとブルーノがバミューダで、20日にはカッペちゃんとホタレックがカッペちゃんの地元で挙式予定。ホタレックのベストマンは親友のミハル・ブレジナさんが務めるそうで、そのミハルもこの間ダニエル・モンタルバーノさんと婚約したばかりです。ラドフォードさんもバミューダ行くの?

ったく幸せになりやがれバカ野郎。

*犬が犬だった

黒い毛のやつが犬ということは知っていたけど、茶色の毛のやつも犬だった。僕はぬいぐるみだと思っていましたこのぬいぐるみみたいな犬。ひょっとしたら真ん中も犬かもしれない。
Comment:2
2013
12.09

NRW杯リザルト

BJのシーズンイン。ブラックジャックじゃないよ。

男子リザルト
1 Alexander MAJOROV(スウェーデン)217.95
2 Brian JOUBERT(フランス)206.50
3 Jorik HENDRICKX(ベルギー)190.84
4 Sergey BORODULIN(ロシア)188.09
5 Franz STREUBEL(ドイツ)187.23
6 Paul FENTZ(ドイツ)186.27
7 Martin RAPPE(ドイツ)175.66
8 Christopher BERNECK(ドイツ)172.73
9 Anton SHULEPOV(ロシア)161.73
10 Manol ATANASOV(ブルガリア)161.53
11 Valtter VIRTANEN(フィンランド)159.69
12 Lewis GIBSON(イギリス)143.17
13 Harry MATTICK(イギリス)139.83
14 Matthias HECHLER(ドイツ)124.81
15 Luis HERNANDES(メキシコ)121.30
16 Bertil SKEPPAR(スウェーデン)120.93
17 Balam LABARRIOS(メキシコ)98.41
WD Petr COUFAL(チェコ)

マヨロフはLPだけ見ました。4Tが入り、3Lzが一つシングルになった以外全てのジャンプを降りました。ジャンプを降りさえすれば不思議とプログラムが引き締まって見え、あのおかしなプログラムがとても良く思えてくるわけです。興奮したのか、フィニッシュでフードを被り忘れていました。心なしか、いや痩せました。確実に痩せましたね。両親ともに太ってないのになぜ太るのか。ミステリー。

ジュベールSPはピアソラメドレー。黒のベストにタトゥーのついた襦袢というおかしな衣装でした。20年前のポルノ男優みたいな。もしくはクオリティー低めのゲイパレード参加者。ジュベールのすごいところはその腕の一振り一振り、フリーレッグの一蹴り一蹴りから全く色気を感じないところ。元気なあんちゃん!
コロコロ変わるLPのジャンプ構成、今シーズンは再び3Loを入れています。3Aが1本になり、3Lzが2本になりました。アランフェスの「チャララー」でするイーグルを見ること240回。みんなここでイーグルだな。そんなに悪いプログラムでは無いと思いますが、良くもなくごくごく普通のアランフェスでした。ジュベール的生き様を乗せれば、ジュベールファンからは五輪等で滑れば感動しそうではありますが、演技そのものをフラットな気持ちで見た時は、うーーーーん。衣装は好きです。遠くからは黒のスケスケですが、近寄ったらオレンジっぽいのが衣装全体についていて素敵です。ジュベールって時々すごい良い衣装着ますよね。すごい良いか、珍妙かの二択。

ジョリヘンは3A2本を入れるアグレッシブな構成でした。残念ながら両方とも失敗ではありました。ラプソディーインブルーとヘ長の協奏曲を行ったり来たりする、原曲が分かる人にはイライラというより、やかましい編曲でした。とてもドーナツスピンが美しかったのが印象に残っています。三角ドーナツとかはダメだなやっぱり。おにぎり山みたいだもん。ドーナツは丸くないと。この衣装遠目には真っ黒。近くに寄ると青いストーンでラインを作っていてとっても素敵なんです。ブルーは「ブルーな気持ち」のブルーなので何でもかんでも青にする必要はありません。素敵衣装でした。

第1滑走のイギリスのギブソンさんが追憶、第2滑走のメキシコのエルナンデスさんがニューシネマパラダイスという安眠導入コンボを繰り出してきて、心がくじけました。ボロデュリン弟は滑りは悪く無いですが、ジャンプの助走がどれも雄大で雰囲気を壊し気味だったのは否めない。スウェーデンのスケッパー?さんは頭が小さくて身長が高いので人間とは思えなかった。ドイツのベルネックさんのキスクラにはトゥーバ・カラデミルが座っていました。変わらず見目麗しかったです。

女子リザルト
1 Elena GLEBOVA(エストニア)150.80
2 Polina AGAFONOVA(ロシア)141.34
3 Nicole RAJICOVA(スロバキア)139.23
4 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)136.71
5 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)132.01
6 Sandy HOFFMANN(ドイツ)128.90
7 Kaat VAN DAELE(ベルギー)126.69
8 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)120.40
9 Camilla GJERSEM(ノルウェー)120.03
10 Michelle COUWENBERG(オランダ)119.93
11 Anne ZETZSCHE(ドイツ)115.34
12 Jennifer URBAN(ドイツ)108.07
13 Eva LIM(オランダ)107.52
14 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)106.06
15 Ilaria NOGARO(イタリア)105.75
16 Ami PAREKH(インド)104.07
17 Kim BELL(オランダ)98.25
18 Jana COUFALOVA(チェコ)96.48
19 Caterina ANDERMARCHER(イタリア)91.31
20 Minami DOBASHI(ドイツ)91.12
21 Maria del Rocio REYES QUINTERO(メキシコ)88.39
22 Nadia GELDENHUYA(南アフリカ)83.99
23 Priscila ALAVEZ(メキシコ)77.63

グレボワ、マクスウェル、アガフォノワ、ドイツの土橋さんもコレオシークエンスがノーカウントになっていました。鬼?

グレボワは低難度構成ではありますが、ミスを2つに抑えてさすがの優勝でした。振付師がリー=アン・ミラーということもあり、曲も同じでオリンピックシーズンで、某安藤さんっぽかったですけど。

アガフォノワは回転不足だと思われたジャンプには、思った通りについていました。すごく回転不足が分かりやすい。3Lzや3Fを降りてはいますし、得意な3Sは良かったです。個人的にはそれほど悪く無いと思いました。

マクスウェルは全体で1番のPCSをもらう好印象の演技でした。最後の2つのジャンプがステップアウトと抜けになりましたが、後半の3Sまでは見た目は完璧だったんです。彼女はジャンプの回転不足がデフォルトなので、今回の演技は彼女比でとても良かったのでは無いかと思います。スピンのレベルの取りこぼしも得意なのに取りこぼしが同上ということで。でも今回は加点をたくさんもらえていました。ポジション美しいですし、トラベリングを今回しなかったことが大きかったです。

スロバキアは1番手が入れ替わって今シーズンはラジコワですね。シマンチコワは浮上する気配が・・・。このままだと五輪はどうなるでしょう。ラジコワはアメリカ出身ですし、シマンチコワをこのまま出しても、ここまでの演技を見ると失礼ながら確実にLPを滑ることは無理でしょうし。

ペアリザルト
1 Vera BAZAROVA / Yuriy LARIONOV(ロシア)178.75
2 Maylin WENDE / Daniel WENDE(ドイツ)167.81
3 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)157.58
4 Elizaveta MAKAROVA / Leri KENCHADZE(ブルガリア)118.19

バザラリはSPではPCS1位では無いまさかの結果でした。点数見た時には驚きましたよ。LPでもそれほどもらえていません。マリタイはやはり今回もジャンプ系エレメンツは全滅。今解散しても全然驚かないぐらいにまで来ている。

FC2ブログは使用された記事のタグ上位10個が、作成画面に表示される仕様になっているのですが。そのうち8個が選手で浅田真央、小塚崇彦、パトリック・チャン、カロリーナ・コストナー、鈴木明子、安藤美姫、ブライアン・ジュベール、ジェレミー・アボットになっています。こづ以外引退しちゃう。寂しい。
Comment:0
2013
03.31

トリグラフ杯 リザルト

日本人に優しい日程となっているトリグラフ杯

男子リザルト
1 Artur GACHINSKIY(ロシア)210.15
2 Abzal RAKIMGALIYEV(カザフスタン)182.20
3 Daisuke MURAKAMI(日本)177.43
4 Akio SASAKI(日本)172.45
5 Osman AKGÜN(トルコ)151.33
6 Maurizio ZANDRON(イタリア)147.81
7 Severin KIEFER(オーストリア)139.84
8 Kevin ALVES(ブラジル)134.28
9 Manuel KOLL(オーストリア)126.14
10 Josip GLUHAK(クロアチア)114.40
11 Fabriczio CARRILLO(メキシコ)110.35

がっちゃん久しぶりに4Tを成功させています。プログラムにも久しぶりに3Fを入れています。良い方向ではないでしょうか。ただSPのTESがジュニアで優勝したラジオノワより低いという。というかみんなラジオノワより低い。

ダイスは怪我からの復帰戦でしたが、LPでは3Sしか成功させることができませんでした。彼のジャンプは低いので、調子が悪いと回転不足になりがちなんですよね・・・ぜひ来シーズンに向けてしっかりと調子を整えて欲しいと思います。

1年2ヶ月ぶりの試合に出場となったアルベスは、いつもと同じようなスコアを出していたので、調子が悪いというわけではないのかもしれません。

女子リザルト
1 Nikol GOSVIIANY(ロシア)156.72
2 Miyabi OBA(日本)150.65
3 Polina AGAFONOVA(ロシア)145.04
4 Francesca RIO(イタリア)123.96
5 Lejeanne MARAIS(南アフリカ)116.26
6 Birce ATABEY(トルコ)109.46
7 Ilaria NOGARO(イタリア)108.50
8 Eliska BREZINOVA(チェコ)102.51
9 Clara PETERS(アイルランド)97.32
10 Alexandra KUNOVA(スロバキア)87.55

ゴスヴィアニの優勝。大庭、アガフォノワと続きます。

大庭はSPで3Lo-3T、3Fという強い構成なりました。スピンの加点の無さは相変わらずなんですけど、ジャンプ構成がどんどん上がっていますよね。始めたのが遅いだけあって、この年齢になってもまだまだ伸びるんですね。

ジュニアではラジオノワが優勝、松田は心配されていた回転不足は2つで済み100点台に乗せました。

そしてノービスでは真凛ちゃんが男子よりも高いスコアで優勝。すごいですねえ。2位の坂本も6トリプルですし。

国際Bは残すところガルデナスプリング杯だけとなりました。こづはここでシーズンの締めくくりとなります。アメリカ勢の派遣が毎年この大会だけ本気を出しており、楽しみにしています。期待のポリーナ・エドモンズ、ヴィンセント・ゾウも出場します。
Comment:2
2011
10.31

ニース杯 5日目 女子リザルト・ペアリザルト

女子リザルト
1 Polina AGAFONOVA(ロシア)154.27
2 Natalia POPOVA(ウクライナ)137.50
3 Anna OVCHAROVA(ロシア)136.43
4 Maé Bérénice MEITE(フランス)135.45
5 Jasmine Alexandra COSTA(エストニア)129.72
6 Victoria MUNIZ(フランス)127.56
7 Lénaëlle GILLERON - GORY(フランス)125.78
8 Jenna McCORKELL(ドイツ)119.01
9 Yrétha SILETE(フランス)118.81
10 Victoria HUBLER(オーストリア)118.37
11 Karly ROBERTSON(イギリス)117.60
12 Roberta RODEGHIERO(イタリア)117.17
13 Minna PARVIAINEN(フィンランド)116.36
14 Alice GARLISI(イタリア)115.40
15 Francesca RIO(イタリア)114.23
16 Tina STURZINGER(スイス)111.34
17 Linnea MELLGREN(スウェーデン)110.70
18 Reeta ROMPPANEN(フィンランド)107.42
19 Myriam LEUENBERGER(スイス)105.30
20 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)105.04
21 Isabelle PIEMAN(ベルギー)102.07
22 Clara PETERS(アイルランド)100.92
23 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)98.06
24 Birce ATABEY(トルコ)87.46
25 Eva LIM(オランダ)33.40
26 Isabel DRESCHER(ドイツ)32.02
27 Joyce DEN HOLLANDER(オランダ)31.88
28 Sandy HOFFMANN(ドイツ)31.62
29 Kaat VAN DAELE(ベルギー)30.46
30 Viktoria KAFOL(オーストリア)26.34

アガフォノワがぶっちぎり優勝でした。コレオスパイラルがノーカンですが、これがカウントされていれば100点に乗ったんですね。ステップレベル2、スピンは全てレベル3と、すでに試合にたくさん出ているので、これは単なる取りこぼし。こういうの直さないと・・・ジュニアワールドは厳しいのでシニアのワールド狙うしかないですからねぇ・・・。でもユース五輪もあるのか。

メイテは2A-3Tを成功させているものの、得意なはずのルッツさんが迷子になっています。最近全然ルッツ入りません。

フルール・マクスウェルが2Aを3回入れているという。一度引退というかお休みしたときからルール変わってますよ。というか、マクスウェル昨シーズンも試合出てましたよね。どうしてこういう、イージーもイージーな根本的なミスをしてしまったの?


ペアリザルト
1 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)167.86
2 Katarina GERBOLDT / Aleksander ENBERT(ロシア)167.84
3 Mary Beth MARLEY / Rockne BRUBAKER(アメリカ)159.08
4 Ashley CAIN / Joshua REAGAN(アメリカ)154.00
5 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)143.87
6 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)139.74
7 Evgenia TARASOVA / Egor CHUDIN(ロシア)130.80
8 Klara KADLECOVA / Petr BIDAR(チェコ)129.84
9 Stacey KEMP / David KING(イギリス)123.61
10 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)119.47
11 Danielle MONTALBANO / Evgeni KRASNOPOLSKY(イスラエル)113.90
12 Yuliya LAVRENTYEVA / Yuriy RUDIK(ウクライナ)112.51
13 Ronja ROLL / Gustav FORSGREN(スウェーデン)95.01

優勝はベルホタでした。コンボの最後がシングル、スローがダブルになっていますが、それ以外はミスは無かったようです。
2位はゲルエン。スローとソロのサルコウでミスが出ています。
2組ともLPではダブルツイストでした。トリプルが出来るのにどうしてダブルに戻してしまったんでしょう。優勝狙い・・・?と言っても、正直狙うようなところでも無いような。

マーブルはソロジャンプとスローでミスがありました。この組は男性の高い技術力に女性が付いていけていないですよね。男女の年齢差がかなりありますし、2年以内に解散する確率がかなり高そう。アメリカは組む時に、どうして年齢差を考慮しないのか。

ジェームズ&シプレはスローサルコウ成功していました。次は2本とも成功するといいなー。

ケンプキングはトリプルツイストの減点がだいぶ少なくなっています。昨シーズンはスケカナだったかヨーロピアンだったか、すごいツイストしてましたもんね。SBSの2Aは2人とも転倒してしまったのでしょうか。彼らはよく解散しないなーと前まで思っていたのですが、プライベートでもカップルだそうで。愛なんですね。これは愛なんですね。

というわけでニース杯終わりました。
明後日からはアイスチャレンジですね。


今日BSの放送見ていたら、テレ朝恒例のダサいオープニングで鳥肌立ちました。
CGの使い方が目に余るダサさ。なんであんなにダサいの?専門学校生でもあれよりもええやつ作りそう。

あとねいろいろ間違いすぎね。
アクセルにコンボつけろ言うたりとか。
Comment:0
2011
10.30

ニース杯 4日目 女子SP・男子リザルト・アイスダンスリザルト

出場者多いわ。
ニース杯とアイスチャレンジは大会が大規模化しすぎのような。

女子SP
1 Polina AGAFONOVA(ロシア)54.60
2 Anna OVCHAROVA(ロシア)53.44
3 Lénaëlle GILLERON - GORY(フランス)48.44
4 Victoria MUNIZ(プエルトリコ)46.64
5 Jasmine Alexandra COSTA(エストニア)46.34
6 Francesca RIO(イタリア)46.04
7 Natalia POPOVA(ウクライナ)45.74
8 Yrétha SILETE(フランス)45.74
9 Maé Bérénice MEITE(フランス)45.08
10 Victoria HUBLER(オーストリア)44.42
11 Linnea MELLGREN(スウェーデン)44.10
12 Alice GARLISI(イタリア)43.48
13 Minna PARVIAINEN(フィンランド)42.84
14 Roberta RODEGHIERO(イタリア)42.70
15 Reeta ROMPPANEN(フィンランド)41.66
16 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)41.56
17 Tina STURZINGER(スイス)40.82
18 Karly ROBERTSON(イギリス)40.10
19 Jenna McCORKELL(イギリス)39.84
20 Myriam LEUENBERGER(スイス)38.80
21 Isabelle PIEMAN(ベルギー)36.22
22 Birce ATABEY(トルコ)34.64
23 Clara PETERS(アイルランド)34.10
24 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)33.76
25 Eva LIM(オランダ)33.40
26 Isabel DRESCHER(ドイツ)32.02
27 Joyce DEN HOLLANDER(オランダ)31.88
28 Sandy HOFFMANN(ドイツ)31.62
29 Kaat VAN DAELE(ベルギー)30.46
30 Viktoria KAFOL(オーストリア)26.34

女子の1位はアガフォノワ、2位はオフチャロワとジュニアとシニアに板ばさみの2人でした。アガフォノワは3-3が入っているのにさほど点数が伸びませんでした。
3-3を他に入れているのはシレーテとメイテのフランス2人。メイテはプラス、シレーテはマイナス評価でした。
エストニアの選手がステップでレベル4を獲得していました。
マッコーケルはルッツもトゥループも失敗で19位・・・・。

男子リザルト
1 Keegan MESSING(アメリカ)203.42
2 Chafik BESSEGHIER(フランス)199.35
3 Konstantin MENSHOV(ロシア)198.69
4 Jorik HENDRIX(ベルギー)185.25
5 Romain PONSART(フランス)182.86
6 Zhan BUSH(ロシア)181.89
7 Artur DMITRIEV(ロシア)181.14
8 Misha GE(ウズベキスタン)177.78
9 Yvan TRETYAKOV(ロシア)169.69
10 Paul FENTZ(ドイツ)168.48
11 Abzal RAKIMGALIYEV(カザフスタン)161.83
12 Laurent ALVAREZ(スイス)150.84
13 Patryk MYZYK(ポーランド)143.12
14 Javier RAYA(スペイン)142.09
15 Franz STREUBEL(ドイツ)139.12
16 Vitaly LUCHANOV(ベラルーシ)136.58
17 Valtter VIRTANEN(フィンランド)132.05
18 Phillip HARRIS(イギリス)131.39
19 Ali DEMIRBOGA(トルコ)129.74
20 David RICHARDSON(イギリス)127.24
21 Jono PARTRIDGE(イギリス)120.13
22 Ondrej SPIGEL(スウェーデン)116.78
23 Andrew DODDS(オーストラリア)114.31
24 Boyito MULDER(オランダ)31.71
WD Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)

男子では4回転を挑んだ選手が5人(ジャンブッシュは抜けて2Tだと思われるので6人)ですが全員失敗でした。
メッシングはやはりというか、なんというかLPで大崩れしました。それでもSPの圧倒的なアドバンテージで1位に踏みとどまっています。
ジョリヘンは3Aを入れているんですね。他にも高難度のジャンプに挑んでくる選手が増えています。下位選手にとって2Aの制限というものは大きいので、苦手なトリプルを果敢に挑んできていますよね。技術の底上げ底上げ。
男子は放送がありましたので、また動画がアップされでもしたら、見たいと思います。

んで、シュル太・・・・・。

アイスダンスリザルト
1 Valeria STARYGINA / Ivan VOLOBUEV(ロシア)126.09
2 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)121.60
3 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)112.30
4 Tanja KOLBE / CARUSO STEFANO(ドイツ)111.05
5 Louise WALDEN / EDWARDS OWEN(イギリス)102.46
6 Carolina HERMANN / Daniel HERMANN(ドイツ)102.10
7 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitry DUN(ウクライナ)101.70
8 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)100.72
9 Anastasia ZVORYGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)97.67
10 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)94.68
11 Barbara SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)91.67
12 Lesia VOLODENKOVA / Vitaly VAKUNOV(ベラルーシ)78.74
13 Katherine FIRKIN / Henri DUPONT(オーストラリア)47.94

キャロジョン、テクニカルが20点台・・・。レベルは全然とれていませんし、ノーカンはありますし内容は悪かったようですね。
うっかりしていましたが、今回の試合でヘルマンズが復帰していたんですね。結果は6位とまずまずでした。ヨーロピアンに出てきてくれればいいんですけども。今、どんな感じになっているんでしょう。
Comment:2
back-to-top