FC2ブログ
2019
06.21

2019-2020シーズン グランプリシリーズ 男子シングルアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2019-20/grand-prix/series-files-27/entries-4/21486-entries-men-2019-20-all-6-events/file

GPSのピークってアサインが出た瞬間ですよね。

スケートアメリカ
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ロマン・ポンサール(フランス)
島田高志郎(日本)
友野一希(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
ニコラ・ナドー(カナダ)
ナム・ニューエン(カナダ)
ロマン・サドフスキー(カナダ)
パウル・フェンツ(ドイツ)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)

フランス国際
ニコラ・ナドー(カナダ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
ロマン・ポンサール(フランス)
TBD(フランス)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
宇野昌磨(日本)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
アントン・シュレポフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

中国杯
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ハン・ヤン(中国)
TBD(中国)
チーイー・ツァオ(台湾)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
田中刑事(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

ロステレコム杯
ウラジミール・リトヴィンツェフ(アゼルバイジャン)
ナム・ニューエン(カナダ)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
友野一希(日本)
宇野昌磨(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
TBD(ロシア)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

NHK杯
コンラッド・オーゼル(カナダ)
ロマン・サドフスキー(アメリカ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
山本草太(日本)
TBD(日本)
アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

男子の派遣は特に偏った感じもなくバランスがいいです。

スケアメにはもちろんネイサンが。ミハルもポンサールも出場するのでアルトゥニアン先生は大忙しです。ブラウンはついにアメリカ男子の最年長になりました。今年の12月で25歳になるのでベテランですね。ブラウンがベテランなんですよ。信じられます?男子の派遣はバランスいいですが、比較的ここがしんどいかな?と思います。ブラウンはトップ選手で派遣運が一番悪かったです。友野のミルズ振付プロがすごく楽しみです。TBDはクラスノジョンの2枠目か、うさぎさんのどちらかですかね。

スケカナには羽生が出場するので黄色い雨が降り注ぎます。今回はさすがにいけるだろーーーーーと思ってコリヤダが優勝したりするんですよね。フェンツさんがまだ現役を続けてくれるようで安心しました。

フランス国際はネイサンVS昌磨です。直接対決では昌磨が連敗しているのでそろそろ勝ってほしいぞ!普通にいけばロシア勢が3位に入ると思いますが、エイモズやサモヒンにもチャンスはあります。レオノワの夫シュレポフもエントリーがあります。フランスは3枠目を使うでしょうか。フランスだからなーーー返上するかなーーー。

中国杯にはハン・ヤン!!!!!!!!!本当に戻ってきました。コミカルではないプログラムを振付けてもらえますように。チーイーという意外なエントリーがありました。中国の試合だから客席で赤と青の国旗掲げたら怒られたり、しばかれたりするのだろうか。素朴な疑問。

ロステレコム杯には連戦でヴィンセントが出場。シニカツと宮原と4人でチーム中露連戦で記念撮影してください。昌磨はエテリのところに移ることになれば移動が少なくて済みますね。期待の若手リトヴィンツェフのエントリーもあります。ロシア勢よりもロシアスケーターっぽいイメージなんだよなあ。

コリヤダはシード選手なのに地元の大会ではなくNHK杯に。ロシア連盟のやることは毎度よく分からない。そして2大会とも羽生と当たってしまうという。みんな大好きなおじさんたちもいますよ!セルゲイ・ヴォロノフさんはNHK杯の頃には32歳!ビチェンコさん31歳!フォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!! 日本からは草太が出場します。表彰台あるぞ?あるぞあるぞ?TBDは島田なのかダイスケさんなのか。樋渡は、なんとかの部屋があれば絶対にインタビュー受けるでしょうね。そしてあのゴリゴリの関西弁が披露されるのだ。

北米勢は代替わりしました。ユーロ勢はおじさんたちががんばっています。若い子たちも早くおじさんになりましょう。おじさんスケーターは最高なんです。選手たちが4分間の演技に慣れて表現に費やす余裕が生まれてくると嬉しいです。Because I'm not a ジャンプ厨。
2019
03.23

世界選手権 4日目 男子リザルト

男子LP
1 Nathan CHEN(アメリカ)216.02
2 Yuzuru HANYU(日本)206.10
3 Vincent ZHOU(アメリカ)186.99
4 Shoma UNO(日本)178.92
5 Boyang JIN(中国)178.45
6 Mikhail KOLYADA(ロシア)178.21
7 Alexander SAMARIN(ロシア)167.95
8 Michal BREZINA(チェコ)167.32
9 Andrei LAZUKIN(ロシア)164.69
10 Matteo RIZZO(イタリア)164.29
11 Keiji TANAKA(日本)159.64
12 Kevin AYMOZ(フランス)159.23
13 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)158.07
14 Jason BROWN(アメリカ)157.34
15 Keegan MESSING(カナダ)155.26
16 Nam NGUYEN(カナダ)154.76
17 Alexander MAJOROV(スウェーデン)150.55
18 Junhwan CHA(韓国)150.09
19 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)149.38
20 Deniss VASILJEVS(ラトビア)143.78
21 Brendan KERRY(オーストラリア)143.76
22 Alexei BYCHENKO(イスラエル)138.93
23 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)132.34
24 Daniel SAMOHIN(イスラエル)123.28

男子リザルト
1. Nathan CHEN(アメリカ)323.42
2. Yuzuru HANYU(日本)300.97
3. Vincent ZHOU(アメリカ)281.16
4. Shoma UNO(日本)270.32
5. Boyang JIN(中国)262.71
6. Mikhail KOLYADA(ロシア)262.44
7. Matteo RIZZO(イタリア)257.66
8. Michal BREZINA(チェコ)254.28
9. Jason BROWN(アメリカ)254.15
10. Andrei LAZUKIN(ロシア)248.74
11. Kevin AYMOZ(フランス)247.47
12. Alexander SAMARIN(ロシア)246.33
13 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)240.74
14 Keiji TANAKA(日本)238.40
15 Keegan MESSING(カナダ)237.64
16 Nam NGUYEN(カナダ)237.27
17 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)230.84
18 Alexander MAJOROV(スウェーデン)229.72
19 Junhwan CHA(韓国)229.26
20 Brendan KERRY(オーストラリア)222.02
21 Deniss VASILJEVS(ラトビア)218.52
22 Alexei BYCHENKO(イスラエル)216.60
23 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)05.97
24 Daniel SAMOHIN(イスラエル)205.28

ビチェンコ
3T-3T 4T 3A-2T 3Lo shaky 3A fall 3Lz-1Eu-3S 3F
去年の4位が1番滑走というカオス。4Tが3Tに抜けたので、その分基礎点が低くなりました。

デカ
4S-2T 3S 3A-2T 3A hd 3F-1Eu-2S 3Lz 3Lo
2本目の4Sが3Sになったので、3Lzのコンボの後ろを2Sにしました。3Tが1つ余ったので3F-3Tにできれば理想的でした。ベストではありませんがベターな出来でした。第2滑走で159点は十分すごいですよ。ふた昔前なら世界選手権で優勝するスコアですから。

ヴァシリエフス
4T<< df 3A hd 3A shaky 3Lo 3Lz-1Eu-3S 3Lz-2T 3F
4Tは前向き着氷です。他の3回転ジャンプと同じ回転ピッチで回るのでどうしても回転が足りないまま降りてきます。後半の1本目の3Lzは理想的な完成度でした。+3~4が狙えるので、SPでは3Aまでで十分戦えると思います。3Aの回転に余裕がないので、日本からの3Aの輸入を考えた方がいいと思います。関税かかって輸入するの難しいのかな。

美青年ケリー
4T 3S 3A-2T 3T 3A 2Lz-2T 3Lo
クワドさんたちが不発になり、コンボも迷子に。トランジションを省いたプログラムで、高難度ジャンプとコレオシークエンスこの2点に精力を注いでいます。

ジュリアン爺
3A-2T 3A 2F-3T 3S-2T 3F shaky 3Lo (3Lz跳ぶ前に転倒) 3F
3A2本を着氷。最後のジャンプのはずの3Lzは助走の時点で転倒しました。ルッツを踏み切る体勢に入っていなかったので、Lzとしてボックスが埋まらず、跳び直した3Fが点数に入りました。あそこにコンボ付けるのは残り時間を考えると不可能です。

サマリン
4Lz-3T 4T fall 3A so 3Lo 3A-2T 3Lz-3T 3F
加点モリモリ4Lz-3Tからスタート。4Tで転倒・・・なんでそこでコケるんじゃーーーーーい。3連続予定の3Aでステップアウトし、ミス連鎖パターンが過りましたが、そこからは質のいいジャンプをひょいひょい降りてフィニッシュ。グレイテストなショーマンにはなれなかったですが、団員としては雇ってもらえそう。

メッシング
3Lz 3T 3A fall 3Lo 4T ot-2T 3S-3T 3A
メッシングさんの母国はアメリカだし、第ニの母国はカナダだと思うわ。3Aはダウングレードで転倒しました。2本目の3Aはきれいに降りられたのに+REP扱いで基礎点の70%しかもらえず。SPでもコンボのもったいないミスがありました。コンボ消費がんばれ。

リトヴィンツェフ
4T 3A-3T 3A fall 3F-3T 3Lz 3Lo 2A-1Eu-3S
ステップシークエンスあたりまでは彼の持ち味である美しい体の使い方を見せてくれました。3Lzに入るあたりから徐々に体力が落ち始めて、かなり苦しそうでした。まだジュニア選手ですね。鍛えていく時間はいくらでもあります。

マヨロフ
4T 3A-2T-2T 3Lz-3T so 3F so 3A shaky 2A-3T shaky 3S
最後の世界選手権でクリーンな4Tを着氷しました。着氷の荒れるジャンプがほとんどですが、それもまたマヨロフです。現役の最初から最後まで不思議なプログラムでした。マジおつやで。

サモヒン
2T 2S 3Lo so 3Lz-2T 3Kz shaky 3A-1Eu-3S shaky 3A shaky
クリーンなジャンプは3Lz-2Tのみ。いつものサモヒンに・・・ドンマイ。イスラエルは1枠に戻ります。

ニューエン
4S-3T 4S 3A so 3A shaky 2Lz 3F-1Eu-3S 3Lo-2T
4S2本が高い質で入りました。大して3Aは2本とも着氷が乱れ、コンボは付けられなかったです。比較的3Aが安定しているカナダ代表だっただけで、カナダはカナダなんだ。本来カナダと3Aは水と油。ロミオとジュリエット。最後コンビネーション付けたのは偉い!

ジュンファン
4T fall 4S shaky 3Lz-3Lo 3A 3A-2T 3F-1Eu-3S fall 3Lo
大技が決まりません。3連続で転倒してから「ジュリエエエエエエエエエット!」のセリフから3Lo。転倒しても愛するジュリエットの元へ駆けつける一途なロミオなんですね。テネルとハベドノがロミジュリの呪いを解いたので、ジュンファンは単純に調子が悪かったのか。

コリヤダ
4T-3T 4T so 3A-2T 3F 3A 3S-1Eu-2S 3Lz
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおついにいいカルメン!!!!!昨日ザギトワさんがカルメンの呪いを解いてくれたのが効きました。ミスというミスは4Tぐらいです。3Loではなく3Fを入れたんですね。5シーズンぶりに入れたようです。その頃はジュニア時代なので記憶になくて違和感が強いです。残念ながらe判定を受けていますが、3Loが抜けてしまうよりはいいです。

クヴィテラシヴィリ
4S-3T so 3A 3F-1Eu-3S 3Lo 4T-2T 4T fall 3F
本田武史さんクヴィテラシヴィリの4Tを4Sと見間違えるの巻。プロでも間違えるのだから我々が間違えるのは当然のことなのです。みなさん、堂々と間違えようではありませんか!こんなの分かるかー!エテリがキスクラに座ってるぅー!普通に会話してるぅー!手の出血にティッシュ出してあげてるぅー!ザギトゥルが活躍してご機嫌なのか。

ラズーキン
4T-3T 4T 3A shaky 3F 3F-2T-2Lo 3Lz+2A 3Lo
予定構成に3連続を2回書くアグレッシブなラズーキンさん。1本目の3Fに3連続付けなかったときは、体力という文字が脳裏を過りました。案の定後半のジャンプからギアを落としてゆっくり運転に。でもシーズンベスト出たからいいね。

コリヤダTES88点、サマリンTES87点、ラズーキンTES86点。階段になってる。かわいい。暫定トップ3もロシアロシアロシアでかわいい。マトリョーシカじゃん。

エイモズ
4T so 3Lz 3A 3Lo 3A fall 3Lz-3T so 3F-1Eu-3S
前半コンボなしで攻めましたのに。上手くいかなかったです。上位を目指すための前向きな失敗です。演技崩壊というほどではありません。コレオシークエンスでのスライディングは、コレオスライディング好きの僕へのプレゼント?でもシングルは体を氷に預けられないから限界がありますね。

ボーヤン
4Lz 4T-2T 3A-1Eu-3S 4T shaky 3A 3Lz-3T 3F
1年前は大惨事でした。今日はリベンジができました。ジャンプに助走を多く費やしているため、トランジションはガッツリ下げられました。個人的には音楽表現も相当犠牲にしていると感じました。特に後半、ポージング取って

ミハル
4S-2T 3A-2T 3F 3Lz 3A 3F fall 3Lo
予定では3A、3F、3Tを2本ずつ構成していました。かっこいい。もちろんそんなことはせずに跳び過ぎはなしです。足りないですけど。同じ種類のトリプルを両方成功させられなくなっています。ここのところ安定性を欠いていた2本目の3Aがクリーンに決まったのはよかった。3連続が入ったら180出ていたでしょうが、ジャンプを降りる度に熱を帯びてくる滑りがかっこよかったです。はい全盛期真っただ中~。

ヴィンセント
4Lz-3T 4S 3F 4T 3A-2T 3A 3Lz-1Eu-3F
去年はSPがよくてLPで崩れて辛酸なめ子でしたから、この出来は嬉しいでしょうね。4回転は種類を絞って完成度を上げてきました。終盤体力が切れても、ポイントとなる振付は音楽に合っていたので、PCSに対して大きなマイナスにはならないと思います。TESは速報から8点ほど下がりましたが、高いスコアが出ました。

昌磨
4S so 4F so 4T 4T shaky 3A 3A-1Eu-3F 3S-3T
4Sと4Fは回転不足でステップアウト。2本目の4Tはコンビネーションを付けられなかったです。静寂の中でソロジャンプをバシコーンと降りること自体がこのプログラムを彩る重要なピースになるので、ここで何度も止まってしまうと当然ながらPCS全項目に影響するでしょう。4回転失敗すると最後2つのコンボ降りられる法則発動。

リッツォ
4T fall 3A shaky 3Lz-3T 3Lo 3A-2T 3F-1Eu-3S 3Lz
4Tの連続成功が終わりました。またの挑戦お待ちしております。4Tが降りられるようになってから、低さに拍車が掛かっていた3Lzが安定しましたし、確率の低かった3Lz-3Tもよくなりました。クワド神の御加護ですか?来年はイタリア2枠だーーー!わーーーい!

羽生
4Lo 4S shaky 3Lo 4T 4T+3A 3F-3T 3A-1Eu-3S
4Loハイッタアアアアアアアアアアア!4Sは珍しく回転不足での着氷です。でもコケなかった。2本目の4Tの前からスピードが落ちていたので、いくら羽生といえどスピード不足で転倒するんじゃないかと思ったんですけど、いやーーーーーーー降りるわ。3F-3T危ないいいいいーーーーいやーーー降りるわ。3Aコンボこそ危ないいいいーーーーいやーーー降りるねえ。どんな足してんだ。すげープーの雨だった。笑った。プーの大雨洪水暴風波浪高潮警報。

ネイサン
4Lz 4F 4T-3T 3A 4T-3T 3Lz-3T 3F-1Eu-3S
最初のジャンプ4本だけでサモヒンの総TESより高い。練習でも4回転1回も失敗しないマンってどういうことなんだろう。何がどうなってるんだろう。ノーミスチケット何枚発行できるんだろう。FRBで発行してるのかな。FRBを掌握してるのかな。

ブラウン
4S fall 3A shaky 3S 3Lo 1A 3F-3T 3Lz-3T-2Lo
本田武史氏情報によると練習では4Sを成功させているそうですね。前半のエッジ系ジャンプが決まらなかったです。ラスト2本のコンビネーションがんばりました。今大会最終滑走の選手が全員いい演技をしたのでブラウンにも続いてほしかった。うーん残念。

ネイサン圧勝、羽生貫禄、急成長ヴィンセント。表彰台に乗った3人は素晴らしかった。あなたたちは国別には出るのかい?

来年の出場枠
3枠 アメリカ・日本
2枠 中国・ロシア・イタリア・チェコ

ロシア勢はSPの出遅れが響きました。カナダ勢はメッシングとニューエンで枠が取れないなら誰が出ても取れません。来年は1枠を巡った激しい戦いが繰り広げられることになります。それもまた一興。

フジテレビのスケートチームはゴールデンタイムに放送時間確保する引き換えに、変な番組作られる刑罰を科せられているのだろうか。司法取引ってやつね。

僕のメダル予想の答え合わせ
男子 はずれ はずれ はずれ
女子 はずれ はずれ はずれ
ペア はずれ あたり あたり
アイスダンス あたり はずれ はずれ
これはひどい。
2019
02.10

四大陸選手権 3日目 男子リザルト

男子LP
1 Shoma UNO(日本)197.36
2 Boyang JIN(中国)181.34
3 Keegan MESSING(カナダ)179.43
4 Jason BROWN(アメリカ)172.32
5 Vincent ZHOU(アメリカ)172.04
6 Keiji TANAKA(日本)167.61
7 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)159.84
8 Junhwan CHA(韓国)158.50
9 Brendan KERRY(オーストラリア)147.63
10 Nam NGUYEN(カナダ)136.94
11 Nicolas NADEAU(カナダ)135.21
12 Kazuki TOMONO(日本)132.25
13 Sihyeong LEE(韓国)127.95
14 June Hyoung LEE(韓国)123.91
15 Andrew DODDS(オーストラリア)119.49
16 Micah Kai LYNETTE(タイ)116.99
17 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)112.87
18 He ZHANG(中国)112.51
19 Micah TANG(台湾)111.64
20 Donovan CARRILLO(メキシコ)103.54
21 Leslie Man Cheuk IP(香港)96.20
22 Harrison Jon-Yen WONG(香港)92.27
23 Nikita MANKO(カザフスタン)87.25
24 Mark WEBSTER(オーストラリア)76.17

男子リザルト
1 Shoma UNO(日本)289.12
2 Boyang JIN(中国)273.51
3 Vincent ZHOU(アメリカ)272.22
4 Keegan MESSING(カナダ)267.61
5 Jason BROWN(アメリカ)258.89
6 Junhwan CHA(韓国)255.83
7 Keiji TANAKA(日本)251.54
8 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)236.79
9 Brendan KERRY(オーストラリア)224.44
10 Nam NGUYEN(カナダ)216.49
11 Nicolas NADEAU(カナダ)209.65
12 Kazuki TOMONO(日本)206.41
13 Andrew DODDS(オーストラリア)191.40
14 June Hyoung LEE(韓国)188.10
15 Sihyeong LEE(韓国)183.98
16 He ZHANG(中国)179.89
17 Donovan CARRILLO(メキシコ)174.70
18 Micah TANG(台湾)174.59
19 Micah Kai LYNETTE(タイ)174.44
20 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)174.10
21 Harrison Jon-Yen WONG(香港)148.54
22 Leslie Man Cheuk IP(香港)146.60
23 Nikita MANKO(カザフスタン)138.40
24 Mark WEBSTER(オーストラリア)126.41

ジュンヒョン
3A fall 2A 3F 3F-3T 3S 3Lz-2T-2Lo 3Lo
冒頭は3Aを連続で予定していました。この演技構成は、ジャンプの成功ありきで組まれているので、冒頭3Aを失敗すると、2本目に気持ちを立て直す時間がありません。だから2Aにしたのでしょう。次の3Fまでも時間がカツカツですしね。ランナーズハイなのか、演技が進むほどにスピードが出ていました。

ジュリアン爺
A 3A hd 3F hd 3S-2T 3F-1Lo-3T 3Lo 2Lz-2T
4Sは回避。3Aが半回転になりノーバリュー。ミスがいくつかあるのと、繰り返しのジャンプがエラー持ちの3Fだというのも痛いです。

ドッズ
3Lz 3F-2T 3F 1Lz 2A 3S hd 2A
体力面の不安が大きい上に、アイスダンスとの掛け持ちで試合は3日目です。2本目の3Fを降りてバテました。明日もドッズです。ドッズ!ドッズ!ドッズ!ドッズ!

カリーヨ
3A fall 3Lz fall 3F-1Eu-3S ot 2A 3Lz so 3F fall 3Lo so
成功した3回転が1本もありません。要素こなしている感は割とある方ですけど、しなやかさとラスト2本の質の高いスピンのおかげで、そこまで悲劇的な出来には感じなかったです。抜けがないのも大きいです。観客からソンブレロをもらっていました。マリアッチごっこができますね。

ふーちゃん
4S df 1A 3Lz-3T shaky 2A-1Eu-3S 3Lz so 2F 2A shaky
4Sは着氷というよりも着地。忍者のようにシュタッと両足着氷しました。国際大会に派遣もされず、スケート界から忍んでいるのでしょうか。ステップシークエンスがとてもよくて、ふーちゃんの表現力の向上を感じられましたが、1本目の2Aの助走からリズムを無視して滑りました。途中で人格が入れ替わったのでしょうか。

ナドー
3A-3T 3T 3Lo+2A 3A hd 2A-2T-2T 3F so 3S
4Tが3Tになったので、ジャンプの構成を変えました。2種クワドを入れられないと、トリプルを1種類クリーンに跳べないだけで構成が厳しくなります。

美青年ケリー
4T hd 4T hd-2T 2A 3A-2T 3A 2Lz-1Eu-3S shaky 3Lo hd
4Tは2本とも片手をタッチしました。リプレイ映像かと思いました。でも3A2本降りられましたね。4回転と3A2本ずつが抜け&転倒なしに両立させられるのは珍しいです。そして体力が尽きて残りのジャンプで失敗する・・・と。このミスの仕方はいつも通りでした。このプログラムの欠点は、グリースなのにダサくないというところです。グリースとダーティダンシングはダサくないとアカンのや。

友野
4S fall 2S 3A-1Eu-3S 3Lo 1A 3F-3T df 3Lz-2T
4Sは転倒と抜け。2本目の3Aも抜けました。リカバリーで3Fに3Tを付けたものの、これも失敗です。3Lzから2Tに繋げて、最後まで勝負を捨てなかったのは素晴らしいです。コレオシークエンスで魅力は発揮してくれました。少しでも世界ランキングのポイント取って、来シーズンに繋げることが大切です。

樋渡
4T-3T 3A-2T 3A shaky 3S 3Lz 3Lz-1Eu-3F 3Lo
全米から2週間の選手とは思えない出来。これが若さの回復力なのか?全米選手権に匹敵する素晴らしいパフォーマンスでした。回転不足はありますけど、魅せる力は申し分ないです。平成31年にこんなに堂々とした喜びのダブルピースを見るなんて。かわいらしい見た目ですが、もうジュニアラストイヤーなんです。だから、来シーズンのGPS派遣に向けて結果を残すことは重要でした。

ニューエン
4S-3T 4S fall 1A 3A 3Lz to 3F-1Eu-3S hd 1Lo
いいスタートだったのですけどね。ララランドでは、ジャンプを小気味よく成功させて「僕たちにはこんな幸せが訪れていたのかもしれない、こんな楽しいことがあったかもしれない」と受け手に想像させなくてはなりません。だから、ジャンプの停滞がリズムを崩していました。インタープリテーションはジャンプミス5本で7点台半ばまで出たので、評価としてはそれほど悪くなさそうです。ジャンプ降りれば必ず高評価に繋がると思います。

デカ
4S-2T 4S 3A-3T 3A 2F 3Lz-1Eu-1S 3Lo
4Sと3Aの成功に免じて、3Fと壁近すぎてリカバリー不可だった3連続のことは記憶から抹消しておきましょう。転倒ないとコレオシークエンスもガンガン進みますね。気持ちよかったーーーーー。確実にジャッジにプラスの印象を植え付けましたし、世界選手権へ向けての好材料になります。抜け2つありますし、3Aで加点を取りきれていませんから、170点台後半出せます。ったくヒヤヒヤさせやがって。

昌磨
4F 4T 3Lo 4T-2T 3A 3A-1Eu-3F df 3S-3T
動きがやけに軽くて、簡単にフリップを踏み切ったので「3Fで安全にいくのな、よすよす」と思って3Fと打ち込んだらTESカウンターに加点モリモリの4Fが表示されました。すっごいリラックスした演技に見えます。だから僕もまったく緊張せずに見られました。演技を終えて氷に膝をついたので、本人は緊張していたのかな?でもリラックスして見えたんだよなあ。速報からTESも動かずでした。世界選手権まで捻挫しませんように。過去の四大陸ではSPから順位を落としてばかりでしたが、今回は初めての順位アップなんですね。

メッシング
3Lz 4T 3A-2T 3Lo 4T shaky-2T 3S-3T 3A
アメリカ凱旋のアラスカ人がんばりました。1本目の4Tは元々単独ジャンプの予定だったのに、2Tを付けようとして踏み止まりました。ジャンプを降りられて大満足だったのでフィニッシュポーズが超雑に。今日はSPで持ってくるのを忘れた帽子を被っています。

ブラウン
4S so 3A-3T 3S 3Lo 3A shaky 3F-3T 3Lz-2Lo-2Lo
4Sはステップアウトですが、ようやく抜けないところを見られました。抜けないって素晴らしい。3Loの着氷でスパイラルに繋げることにより、詰まった着氷を見事に誤魔化してプラス評価にしました。2本目の3Aはタイミングが狂って危なかったです。ステップシークエンスでは珍しく小さなスタンブルがありました。GOEを1段階下げられてしまうかな?というぐらいですが。

ヴィンセント
4Lz-3T 4S 3F 4T 3A ot-2T 3A 3Lz-1Eu-3F
SPでは微妙なラインは認定されていたのですが、今日はかなりグサグサと刺されまして、TESが14点下がりました。SPや全米よりも動きが悪かったですね。体力的に後半は厳しそうでした。左上のTESカウンターがなぜか消されず、点数発表前に首位に立てないことが分かってしまい切ない。透明人間になって、着氷する寸前に空中でかかと回してあげたい。

ジュンファン
4T so 4S 3Lz-3Lo 3A-2T 3A 3F-1Eu-3S 3Lo
ジュリエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエット!でキャーーーーーと悲鳴を上げる、韓国人ファンと思われる人ワロタ。「キャーーーーーおもしろーーーい!」なら同調します。TESが速報から20点近く下がりました。回転不足の恐ろしさを思い知りました。まさかの暫定5位になり、3位力は発揮できませんでした。

ボーヤン
4Lz to 4T-2T 3A-1Eu-3S 4T 3A 3Lz-3T 3F
今シーズンのボーヤンではかなりいい出来でした。ミスは4Lzでバランスを崩しただけですね。パッション溢れるコレオシークエンスに魅せられました。ボーヤンも大人になったんですね(しみじみ)。世界選手権の表彰台争いに絡んでくる滑りでした。1ヶ月後が楽しみです。

ブラウンは4Sと3Aがアンダーローテーションでした。ブラウンは4Sアンダーローテーションでも2Aの点数ぐらいはもらえました。ヴィンセントは3T、4S、4Tがアンダーローテーション。ジュンファンは2本の4回転、2本の3A、オイラーと3Sがアンダーローテーションでした。心臓に悪い点数の下がり方でした。

宇野昌磨さんは5位4位3位2位1位と登りつめ、見事に優勝フラグ回収に成功しました。こんなにきれいに回収するなんて。シルバーコレクターと化していましたが、それからも卒業のようです。金ピカたくさん獲ってください。ボーヤンは復活の銀メダル、キスクラで悲しそうな顔をしていたヴィンセントが表彰台に踏み止まりました。
2019
02.08

四大陸選手権 1日目 男子SP

男子SP
1 Q Vincent ZHOU(アメリカ)100.18
2 Q Junhwan CHA(韓国)97.33
3 Q Boyang JIN(中国)92.17
4 Q Shoma UNO(日本)91.76
5 Q Keegan MESSING(カナダ)88.18
6 Q Jason BROWN(アメリカ)86.57
7 Q Keiji TANAKA(日本)83.93
8 Q Nam NGUYEN(カナダ)79.55
9 Q Tomoki HIWATASHI(アメリカ)76.95
10 Q Brendan KERRY(オーストラリア)76.81
11 Q Nicolas NADEAU(カナダ)74.44
12 Q Kazuki TOMONO(日本)74.16
13 Q Andrew DODDS(オーストラリア)71.91
14 Q Donovan CARRILLO(メキシコ)71.16
15 Q He ZHANG(中国)67.38
16 Q June Hyoung LEE(韓国)64.19
17 Q Micah TANG(台湾)62.95
18 Q Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)61.23
19 Q Micah Kai LYNETTE(タイ)57.45
20 Q Harrison Jon-Yen WONG(香港)56.27
21 Q Sihyeong LEE(韓国)56.03
22 Q Nikita MANKO(カザフスタン)51.15
23 Q Leslie Man Cheuk IP(香港)50.40
24 Q Mark WEBSTER(オーストラリア)50.24
25 Kai Xiang CHEW(マレーシア)46.38

ジュンヒョン
3A so 3Lz 3F-3T so
ジャンプさんがちょっとなあ・・・。単独ジャンプで3Lzを入れてきました。エッジの問題があるので3Loにすることが多いのですが珍しいですね。背中に付いたレースがおかしいだけで、演技はいたってスタンダードです。音楽表現は年々よくなっているのに、ジャンプの精度が年々落ちているという。

ふーちゃん
3A ot 3F-3T 3Lz fall
3Aは膝を柔らかく使ってオーバーターン。それはもう春風のように軽やかでした。ものすごーーーーーくまともに作ったハンヤンのプログラムという雰囲気のテイストでした。コミカル成分はなくて、いたって真面目な感じ。でもラヴィアンローズだから、これラヴィアンローズだから!微笑んで!!!!!

カリーヨ
3A 3Lz-3T 3F
カリフォルニアにヒスパニックが多いとはいえど、謎の大人気でありました。かわいいからしょうがないな。3Aは助走が長いものの着氷できました。彼自身が楽しんで滑っているのが観客にも伝わっていました。3Aを入れられると、出せる点数の上限が随分上がりますね。

タイのミカカイさんスローパートの表現素敵だなあ。ジャンプは覚えてないけど3本降りたぞ!

ドッズ・ザ・セカンド
3F-3T 3Lz 2A
おおおおおおおおおおおおおおおお!今大会唯一出場のドッズがノーミス!アイスダンスを初めて、一歩の移動距離がかなり出るようになりました。元々ドッズ家では一番上手かったのですけど、ここまで上手くなるとは思わなかったです。後半はスタミナの問題で動きがフニャフニャではありましたけど、スピンもよかった。いいドッズ。文句なしドッズ。

ジュリアン爺
4S hd 3A fall 3F-2T
本日2回目のお家を建てる曲です。スケーターの持ち家志向の高さ。クアラルンプールにはおいくらでお家が建つのでしょう。4Sで片手を付き、3Aで転倒。3F-3Tも入らなかったです。助走が長い方なので、ジャンプを決めないと締まらない感じになります。今シーズンはSPよくてLPが・・・というパターンが多かったので、今回は逆になってくれればいいですね。

樋渡
3A shaky 3F 3Lz-3T
何度も観たプログラムなので新しい感想は浮かばないです。今日も雄っぽくて大変よかったです。エレガントな雄。

ナドー
3A 3T so 3Lo-2T
3Aは元々得意なので、カナダ人でも騒ぐようなことではありません。問題は4Tですね。これがほとんど決まらないです。3Tになってしまったので、3Lo-3Tのセカンドを2回転にしてキックアウト回避しました。ここは偉かった。シットスピンとかステップシークエンスとかオシャレでいいものを持っているのに、ジャンプが足を引っ張ってPCSが伸びないです。高い点数をもらえる力はあるのですけどね。眉毛立派。

ニューエン
4S-2T 3A 3Lo
冒頭に無理にでもコンビネーションを付けたのは、ソロジャンプが3Loだったからでしょうか。3Fを入れると思っていたので驚きました。PCSは1番手だから出たというわけでもなさそうです。シンプルに動きがよくなっていますからね。PCSが低評価されていた停滞期は滑っても滑っても進んで行かなかったですから。

ジュンファン
4S 3Lz-3Lo 3A
国際大会の3位伝説継続を予想していたので、それをいい意味で裏切ってくれました。スロー再生で見る4Sはギリギリのところでしたが、回転不足は取られなかったです。世界選手権の3位も見えてくる出来でした。マジであるんじゃね?

友野
4S df 3F fall 3A
4Sは両足着氷、3Fはかかとに体重がかかって転倒してコンボなしに。1つでも高い順位、ハイスコアを出して来シーズンのGPSの出場枠を確保したいところでしたね。ミスしても74点もらえるようになったというのは成長の証です。85点ぐらいは全然出せるということですからね。雰囲気変わった気がしたのは髪が長いせい?

美青年ケリー
4T-3T 2S 3A ot
4Tは膝を使って堪え3Tまで持っていきました。ステップシークエンスは非常に荒々しく、打楽器の音色に合わせようとして演じていましたが、僕にはバタついていたように見えました。これは彼の能力ではなく、振付の問題だと思います。今日のモロゾフはやけに爽やか。滝にでも打たれてきましたか?

デカ
4S ot 3Lz-3T 3A
4Sさんとはなかなか仲良くできないのでありました。3Lz-3T着氷後のフリーレッグの使い方がセクシーです。氷に擦れるか擦れないかのところを撫でる感じがいいです。3Aは氷にタッチせずに堪えました。スリムになったので、体力的な不安もありましたけど、特にバテるということもなかったです。体分厚い系男子は今のルールでは戦えないのかなあ。

ブラウン
3F 3A so 3Lz-3T
3F降りて足を高く振り上げました。ちょうどカメラマン軍団の前だったので、さぞかし迫力のある写真が撮れたことでしょう。1人だけ動きの滑らかさが別次元です。体内に高性能のグラフィックボード搭載してるんですかね?ヌメヌメしてますよ。フランス国際の点数から3Aのミスと、それに伴うパフォーマンスの低下分点数引かれました。失敗してこれだけ出せるのはさすが。

昌磨
4T shaky 3S-3T so 3A
安全策の構成でしたが、うーん。3Aは大丈夫でした。レベル取りこぼしがちなステップシークエンスが今日はレベル4取れました。これで点数的に踏み止まれましたね。世界選手権に向けて無理をしてはいけないので、気張らずやってもらえれば。5位→4位→3位→2位→? この優勝フラグを回収できるでしょうか。

ヴィンセント
4Lz-3T 4S 3A
スロー映像を確認すると回転が足りなく見えてしまいますが、今日は許容範囲内に見えました。4Sはちょっと・・・うん?という感じでしたけどね。ジャンプをまとめたように見えても、TESがガクンと下がってキスクラでしょんぼりするシーンが多く見られたので、喜んでいるのを見られてよかったです。

メッシング
4T-3T 3A shaky 3Lz
メッシングさんのアメリカ凱旋試合。カナダ移籍後にアメリカ開催の国際大会に出場したことないんですね。USクラシックにも出ていません。着氷の乱れがあったので、その分TESが伸びなかったです。5項目同じような点数が出ました。珍しいですね。キスクラにテンガロンハットを持ってきておらず「あー忘れた」というジェスチャーをしていました。はい、かわいいので加点です。

ボーヤン
4Lz so 4T-2T 3A
とても歓声が大きいです。旧正月なので中国からの応援団も多いのでしょう。ステップシークエンスの荒ぶりは正しい荒ぶりです。(ニコライ・モロゾフさん聞こえますか?荒ぶるステップは、このように音楽とマッチさせなくてはバタついたように見えてしまいますよ。) しかしまあ、成人男性のスポーツ選手とは思えないほど細い。

アメリカ勢が男女ともにSP1位スタートです。男子はオールレベル4・ステップレベル4獲得者がわんさかいました。逆にここで取れていない選手は、危機感を持って取り組まなければならないということですね。

カップル競技はフジテレビがYouTubeで配信してくれるので、串探しに奔走する必要なしと。
2018
11.24

フランス国際 1日目 男子SP

リプレイ映像をアーティスティックに編集するがあまり、確認の役に立ちゃしねえ。演技中のカメラワークは気にならないぐらい。

男子SP
1 Jason BROWN(アメリカ)96.41
2 Alexander SAMARIN(ロシア)90.86
3 Nathan CHEN(アメリカ)86.94
4 Romain PONSART(フランス)84.97
5 Deniss VASILJEVS(ラトビア)82.30
6 Kevin AYMOZ(フランス)81.00
7 Boyang JIN(中国)79.41
8 Keiji TANAKA(日本)79.35
9 Dmitri ALIEV(ロシア)75.15
10 Daniel SAMOHIN(イスラエル)72.33
11 Nicolas NADEAU(カナダ)61.46

ナドー
3A hd 2T 3Lo-2T
4Tが2Tでノーバリュー、3Lo-3Tが3Lo-2Tで2Tがノーバリューとなりました。いくらケベック人が3Aが得意とはいえ、フランスに来てしまえば同じカナダ人。残念な出来となりました。

ポンサール
4T 3A 3Lz-3T
フランス男子がフランスのGPSで普通にいい演技してる・・・これは非常事態ですね。フランス男子は地元の大会でメッタメタだというのに。冒頭に4T-3Tを予定していましたが、後半にコンボを付けたので結果的には基礎点が上がりました。乱れのない演技でした。内省的な男性が自分への失望や絶望の念を増幅させていくような、パワーとメッセージ性のある演技でした。ポンサールさん26歳全盛期まっただ中。

エイモズ
4T 3Lz-3T so 3A
右肩を石でトゲトゲさせた衣装です。この衣装では悪の幹部にはなれません。一話完結でスーパー戦隊のロボットに倒されてしまうタイプ。フランスの観客にウケのいいアクロバティックで楽しい演技です。ステップシークエンスも側転に近い動きを入れていますけど、滑る際はエッジをきちんと倒しているので、全然フィギュアスケートの競技プロとしてありです。3A着氷後、両小指を立てて頭にくっつける振付は「うちの妻がおかんむりなんで、飲み会お先に失礼します」のポーズ。今日はジマーマンのコンディションが抜群です。超かっこいい。

デカ
4S so 3Lz-3T 3A shaky
抜け・転倒はなかったものの大技の安定性を欠いています。3Lz-3Tはクリーンです。ジャンプは仕方ないとして、チェンジシット~3A~ステップシークエンスの流れがいまひとつで中だるみしていたように思いました。勢い不足のスピンから、3Aの着氷が乱れ、音楽に追われるようにステップシークエンスを踏んだので、せわしなかったです。

サモヒン
4T fall 3A 3Lz-3T so
4Tは肩脱臼しなさそうな安心尻もちフォール。3Aはスリーターンからくるくるんと入りました。羽生もそうですけど、入りを工夫しても結局は着氷がきれいに流れないとGOEが伸びきらないのですよね。サモヒンの3Aは着氷さえ決めれば+3~4狙えるのではないかと思います。今日はやけに滑りの調子がよくてですね、エネルギーほとばしっておりました。回転速度がゆっくりで演技をぶつ切りしてしまうフライングキャメルも、今日はぶつ切りしない程度にコントロールされていました。

アリエフ
3Lz 3A 4T fall
冒頭は4Lzの予定でしたが、クリーンな3Lzを着氷。3Aは美しかった。ジャンプで表現できるようになりました。滑りながらキラキラキラーンっと星が出てました。4Tで転倒してコンボなしになりました。今シーズンはジャンプの転倒で、パフォーマンスの項目できっちり引かれるようになりました。よほど転倒後取り戻さない限りは、今シーズンは転倒が大ダメージです。本来こうあるべきだったのですけどね。

ヴァシリエフス
3F 3A 3Lz-3T
これだけの演技ができれば、マキシム・トランコフさんにイエローパンツの会に入れてもらえるでしょう。書類に記載の上、ユーロで提出しましょう。ジャンプには高さと迫力がありました。正直、イエローパンツで気が散るというか、目がチカチカしてスケーティング見辛いです。ジャンプの回転不足で、TESが速報から4点下がりました。

サマリン
4Lz ot 4T-2T 3A
4Lzはオーバーターンながらも高さで加点まで引き上げました。ルールが変わったので、オーバーターンぐらいだと、GPS表彰台レベルの選手は加点の範囲内ですね。男らしい荒々しい演技よかったと思います。細身で優雅な演技スタイルの選手が多いから、これぐらい厨二がいてくれた方が楽しい。

ネイサン
3A 4F fall 4T-3T
3Aと和解。カナダを除いた世界中で3Aとの和解が成立しているようです。4Fは回転不足で転倒しました。ネイサンは人間でした。4T-3Tでリカバリー完了です。ステップシークエンスは手足が全く止まることなく、次から次へと動きが繰り出されていきました。1人で2人分の振付をこなしているような濃密さです。実はスーパースロー再生してみると2人で演技していると判明するかも。

ブラウン
3F 3A 3Lz-3T
これは・・・これはすごいぞ・・・・・クワドレスの構成ではやれることの限界値までやりきった演技。ジュニア時代の彼のジャンプを見ていた立場からすると、カナダで練習を始めて、ルッツフリップにこれだけの幅と流れが出せるようになったのは感動レベル。昔は高さだけのジャンプでしたからね。+4以上が出るのも当然です。女子選手も彼ぐらいのルッツフリップ降りて+4もらおう。ステップシークエンスで足を垂直に振り上げてから、下ろすまでの美しさよ。あの滑らかさ何ですか?女性のロングヘアーをスッと撫でるような滑らかさ。エネルギーの収縮と解放が絶妙で、息を呑む2分40秒でした。

ボーヤン
4Lz fall 4T-2T 3A
4Lzは回転不足で転倒。4Tを堪えて2Tを付けました。3Aは配置がハマっていて、その後の演技の盛り上げに一役買っています。今から髪を伸ばすのは無理そうなので、もっと短くして精悍なイメージにしません?今の髪形かわいいお坊ちゃんですもの。

ネイサンは4Fにアテンション&アンダーローテーション。レベルの取りこぼしも多かったです。ヴァシリエフスは3Aがアンダーローテーションでした。

ブラウンが首位スタートとなりました。ブラウンはスケートカナダ6位なので、優勝してもGPF進出はできません。サマリンが3位以下になった場合、補欠1位になる可能性は残されています。サマリンは優勝で確定。2位でもアリエフ・ボーヤンが優勝しなければ大丈夫です。ネイサンは4位で確定、組み合わせによっては5位でも大丈夫です。
back-to-top