FC2ブログ
2012
09.16

JGPオーストリア 3日目 男子リザルト・女子リザルト

ジュニアはホンマ、何が起こるか分からへんで。

男子LP
1 Nathan CHEN(アメリカ)146.85 PB
2 Jin Seo KIM(韓国)126.27 PB
3 Ryuju HINO(日本)125.44 PB
4 Petr COUFAL(チェコ)118.87 PB
5 Jay YOSTANTO(アメリカ)111.90 PB
6 Mitchell GORDON(カナダ)111.54 PB
7 Sei KAWAHARA(日本)108.68 PB
8 Andrei LAZUKIN(ロシア)105.63 PB
9 Feodosiy EFREMENKOV(ロシア)105.12
10 Niko ULANOVSKY(ドイツ)91.80
11 Viktor ROMANENKOV(エストニア)91.65
12 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)89.57 PB
13 Nicola TODESCHINI(スイス)89.09 PB
14 Matthias VERSLUIS (フィンランド)84.50
15 Jordan JU(中華民国)77.22
16 Marco KLEPOCH(スロバキア)66.06 PB
17 Suchet KONGCHIM(タイ)65.87
18 Giorgio SETTEMBRINI(イタリア)62.14 PB
19 Manuel DRECHSLER(オーストリア)61.36 PB
20 Simon-Gabriel IONIAN(オーストリア)58.14 PB
21 Kristof BREZAR(スロベニア)57.28 PB
22 Pavel STRAKACH(ベラルーシ)56.39

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)222.00 PB
2 Ryuju HINO(日本)185.85 PB
3 Jin Seo KIM(韓国)175.87 PB
4 Petr COUFAL(チェコ)175.72 PB
5 Sei KAWAHARA(日本)170.41 PB
6 Jay YOSTANTO(アメリカ)165.74 PB
7 Andrei LAZUKIN(ロシア)163.27 PB
8 Mitchell GORDON(カナダ)162.62 PB
9 Feodosiy EFREMENKOV(ロシア)158.57
10 Viktor ROMANENKOV(エストニア)144.00
11 Niko ULANOVSKY(ドイツ)139.19
12 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)134.88 PB
13 Matthias VERSLUIS (フィンランド)133.26
14 Nicola TODESCHINI(スイス)130.91 PB
15 Jordan JU(中華民国)120.55
16 Marco KLEPOCH(スロバキア)105.99 PB
17 Suchet KONGCHIM(タイ)98.31 PB
18 Giorgio SETTEMBRINI(イタリア)97.59 PB
19 Simon-Gabriel IONIAN(オーストリア)95.10 PB
20 Kristof BREZAR(スロベニア)85.93 PB
21 Pavel STRAKACH(ベラルーシ)85.62
22 Manuel DRECHSLER(オーストリア)84.99

上位勢は軒並みパーソナルベスト(初出場の選手もいますが)を出しています。ここまで出ると気分が良い。

優勝はSPからぶっちぎっていたネイサンがさらにぶっちぎりました。頭4つぐらい抜けてます。本来は3Aを2本入れる構成なのでしょうが今回は1本をきっちりと成功させました。すごいのが後半の6本連続でのジャンプエレメンツ、しかもコンビネーションも全て後半です。3Aでつけない代わりに全部入れてます。この小さい体のどこに体力を詰め込んでいるんだ?っていう程、後半までスピードが落ちずでした。ステップはまたレベル4を獲得していますね。
まさかここまでとは思いませんでしたね。222点言うたら、ジュニア記録で言うと歴代2位タイですから。1試合目でファリス、ブラウン、ドンブー超えて、りっぽんぽんと同じ点数ですよ。はあ怖い。今大会、全カテゴリーでちょっと出過ぎな感じはあるんですけど、それでもこの演技のすごさは揺るがない。もっと身長伸びた時の滑りが楽しみ。やっぱ伸びなきゃダメ。

リュージュ、今回も3Aのコンビネーション素晴らしい質でした。後半の3Lzも素晴らしかった。3Aに引き続き3Lzも得点源ですね。2Lzになった瞬間にとっさに3Tを付けたから失敗になったのでしょうか。計算できて偉いです。淡々とはしていますが滑りは目に見えて良くなっていますし、スローパートの取って付けた感がだいぶ無くなってきました。さすがに4点台ってことは無いです。そして何よりスピン3つともレベル4なんですよ!sugeeeeeeeΣ(゚д゚lll)ガーン
3位と2位だと丁度当落線上なんですよね。さてどうなりますか。

3位にはSP10位からLP2位という脅威の捲くりを見せたジンセオ・キムが表彰台に。また韓国の1番手変わるんですかね?16歳に11月でなりますからワールド出られますよ。SPのTESさえクリアできれば。
SPは3Aはすごかったけれど、他がメタメタでしたけど、3A以外のジャンプも高いですね。でも着氷が危なすぎます。あんなに前傾になって。膝壊しそう。韓国のボーン・チピアーと命名しましょう。おめでとう。

4位にはチェコのコウファル。いやはやデカくなりましたね。少年の面影は身長からも頭髪からも見る影を潜めています。体の厚みも一気に増していますし、下半身もスケーターっぽくなった。だからなのかチェコの先輩たちと同じように滑りも良くなっていますね。きっちりきっちりしています。カスカを抜かしてヨーロピアン出場もあるかもしれませんね。

川原はラストサムライのプログラム。衣装見て、「あれ?政府軍側の兵士?」って思っちゃいました。あれだなあ、選曲はこれで良かったのかなあ。偽和物音楽でも、和物って難しいですよ。彼も上手くはなっていますけど、PCSを見ると、今大会はやっぱり出過ぎたってなります。3Aは2本入れないのでしょうか。

全大会の表彰台が158だったので、今回はかなりレベルが高かったです。3Aもいっぱい見られました。
ジュニアのプロフェッショナルで在らせられる、ロマネンコフにはもうちょっと頑張って欲しかったです。
次週はブラウンの2戦目、ブラウンは良いとこ引いたなあ。

女子LP
1 Elena RADIONOVA(ロシア)120.15 PB
2 Samantha CESARIO(アメリカ)103.34 PB
3 Hannah MILLER(アメリカ)103.05 PB
4 Ziquan ZHAO(中国)92.35
5 Gabrielle DALEMAN(カナダ)91.22 PB
6 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)91.17 PB
7 Yuka NAGAI(日本)88.14 PB
8 Maria STAVITSKAIA(ロシア)88.06
9 Hae Jin KIM(韓国)86.83
10 Natalia POPOVA(ウクライナ)84.69
11 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)80.71
12 Risa SHOJI(日本)77.29
13 Laure NICODET(スイス)70.73 PB
14 Seidi RANTANEN(フィンランド)69.06 PB
15 Patricia GLESCIC(スロベニア)69.03
16 Kristine GAILE(ラトビア)65.56 PB
17 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)62.97
18 Gabriella JOSEFSSON(スウェーデン)62.27 PB
19 Agnese GARLISI(イタリア)61.59 PB
20 Eliska BREZINOVA(チェコ)59.45
21 Camilla GJERSEM(ノルウェー)58.99
22 Jasmine Alexandra COSTA(エストニア)57.98
23 Kristina Isabel YNTEMA(オーストリア)56.84
24 Valentina MIKAC(クロアチア)56.20 PB
25 Levana WU(中華民国)52.65 PB
26 Vala Run MAGNUSDOTTIR(アイスランド)50.95 PB
27 Nina Larissa WOLFSLAST(オーストリア)50.25
28 Simonn ERWEE(南アフリカ)48.68 PB
29 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)47.79 PB
30 Mila MORELISSEN(オランダ)47.01 PB
31 Sophie ALMASSY(オーストリア)44.75 PB

女子リザルト
1 Elena RADIONOVA(ロシア)182.86 PB
2 Hannah MILLER(アメリカ)158.52 PB
3 Samantha CESARIO(アメリカ)157.72 PB
4 Ziquan ZHAO(中国)146.22 PB
5 Hae Jin KIM(韓国)141.29
6 Gabrielle DALEMAN(カナダ)139.77 PB
7 Maria STAVITSKAIA(ロシア)136.71 PB
8 Yuka NAGAI(日本)135.80 PB
9 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)134.90 PB
10 Natalia POPOVA(ウクライナ)131.84
11 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)120.33
12 Risa SHOJI(日本)119.58
13 Laure NICODET(スイス)105.09 PB
14 Patricia GLESCIC(スロベニア)104.67
15 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)104.60 PB
16 Seidi RANTANEN(フィンランド)102.51 PB
17 Kristine GAILE(ラトビア)101.23 PB
18 Gabriella JOSEFSSON(スウェーデン)97.76 PB
19 Agnese GARLISI(イタリア)97.57
20 Eliska BREZINOVA(チェコ)95.62
21 Kristina Isabel YNTEMA(オーストリア)92.15
22 Camilla GJERSEM(ノルウェー)91.79
23 Jasmine Alexandra COSTA(エストニア)88.54
24 Valentina MIKAC(クロアチア)83.77 PB
25 Vala Run MAGNUSDOTTIR(アイスランド)83.15 PB
26 Levana WU(中華民国)82.01 PB
27 Nina Larissa WOLFSLAST(オーストリア)77.08
28 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)75.59 PB
29 Simonn ERWEE(南アフリカ)74.20 PB
30 Mila MORELISSEN(オランダ)72.84 PB
31 Sophie ALMASSY(オーストリア)66.60 PB
WD Anais CLAES(ベルギー)

アンドロイドとしか思えないようなラジオノワ。ロシアって怖いぐらいに技術が正確な選手が多いからファーストネームで呼ぶ気になれない。マイナスをつけたジャッジが1人もいない綺麗な演技でした。ジャンプも全て入り、スピンは全て4、ステップ3という素晴らしい内容。13歳になんでこないな暗い曲滑らすんだ!って思いますけどね、それこそ昨シーズンのリプニツカヤは分かりやすい曲で印象をググッと良くしましたから。でも、このテイストがロシアンなんですよね。笑顔でこの曲滑るからさらに怖いんですよ。暗い部屋に置いてある人形みたいで。早々にファイナル進出決定、よほどのことが無い限りファイナルの金も固いでしょう。また男子でも表彰台に乗れるスコアです。

ミラーはいかにもアメリカ女子。この低空ジャンプ、アメリカの伝統でもありますよね。体型変化のダメージをモロに受けそうです。ジャンプが低いので得意のループコンボも流れずに停滞してしまいますね。ただでさえループは幅出せないから流れないのに。見事にGOEと加点が相殺し合って、ちょっとプラスになっています。彼女の滑りいいなあ。

2年目のブラックスワンのセサリオ。昨シーズンから続いて3大会連続の銅メダルですね。サーシャ・コーエンのシルバーコレクター、チェコの指定席4位に続く、ブロンズコレクターくる?
彼女は年齢が年齢なので、もう体型変化で大きく揺らぐことはないでしょう。余裕のあるジャンプ素晴らしいです。3Lzは質が良すぎてeマークなのにプラマイゼロになりましたからね。このプログラムの問題点は点数にも表れているようにトランジション、スケーティングですよね。フロントスケーティングばかりでちょっと印象が悪い。漕いで漕いでジャンプ!イーグル挟むよ~~~みたいな。勢いはあるけれど、ブラックスワンなんだから、もっと陰のあるような雰囲気も見せて欲しかった。強強強でしたから。2年目ですし、もっと工夫は欲しかった。

ジークァンの前半、リプニツカヤの秘技を使いますか。必殺連続2A-3T。元祖って誰でしょうねグレボワ?彼女は連続ではないけれど。後半のジャンプで立て続けに転倒。でも前の大会よりはいいか。

カナダの彼女は気合入り過ぎで最初3T-3Tにしてしまったんでしょうか。だから3Sが3種類目のトリプルでキックアウトに。すごいもったいないです。最初のをセカンドにしていれば4位でしたもんね。

庄司は最初の3S-3T-2Tは良かったですけど、あとはほとんどダウングレードかアンダーローテーション。元々アンダーローテーションが多かったルッツフリップは完全に半回転足りていませんよね。グリ降りとかじゃなくて前向きになってしまって。この映画好きで何度も見ているんですけど、少女から大人へっていう今の彼女の年齢にはピッタリのプログラム、まあちょっと早いですけど。美しい音楽が似合う選手ですから。もう足りてなくても割り切って、プログラム滑りきるしかないですよね。

これにて、オーストリアおしまい!
Comment:5
2011
02.28

世界ジュニア選手権 1日目 男子予選

いよいよ始まりましたですよ。

男子予選
1 Keiji TANAKA(日本)128.56 PB
2 Ryuichi KIHARA(日本)123.07 PB
3 Artur DMITRIEV(ロシア)110.86
4 Liam FIRUS(カナダ)108.25 PB
5 Petr COUFAL(チェコ)102.93 PB
6 Viktor ROMANENKOV(エストニア)98.39
7 Dong-Won LEE(韓国)97.99
8 Bela PAPP(フィンランド)97.60 PB
9 Tomi PULKKINEN(スイス)96.19 PB
10 Saverio GIACOMELLI(イタリア)95.76
11 Ondrej SPIEGL(スウェーデン)92.01
12 Jordan JU(中華民国)87.85 PB
13 Vitali LUCHANOK(ベラルーシ)86.02 PB
14 Stanislav PERTSOV(ウクライナ)84.34
15 Boyito MULDER(オランダ)80.43 PB
16 Harry MATTICK(イギリス)79.32
17 Brendan KERRY(オーストラリア)76.62 PB
18 Vlad IONESCU(ルーマニア)75.71
19 Manol ATANASSOV(ブルガリア)72.14 PB
20 Harry Hau Yin LEE(香港)69.67 PB
21 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)68.49
22 Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)64.32
23 Ryan Zhi Jwen YEE(マレーシア)59.57 PB
24 Engin Ali ARTAN(トルコ)58.53
25 Suchet KONGCHIM(タイ)53.34 PB
26 Armen AGAIAN(グルジア)51.40 PB

というわけで、10時からスタートした男子予選。10時から14時半まで見ておりました。
男子の予選なんてはまだ序の口で、明日は最難関の女子予選ですからね((;゚Д゚)ガクガクブルブルナガスグル

映像がかなりカッツカツだったので、全部のジャンプは覚えていませんし、全体の内容もイマイチつかめませんでしたが、デカもルイージ(龍一がアナウンスでルイージに聞こえる)もすごくいい演技で、トップ通過という素晴らしい結果でした。

デカは3Aの1本目のランディングが悪かったですが、セカンドをきちんとつけました。2本目のアクセルはキスクラでコーチが褒められていたように素晴らしいものでした。演技に表情が無かったので、そこらへんは点数に影響してしまったのかな?と思いますが、6種8トリプルをルッツのeマーク以外はアクセルで1人だけ-1をつけたジャッジがいるだけでした。幸先いいですね。

ルイージはフリップにeマークがついています。しかも片方にだけでした。それ以外の要素ではミスはなく、仮面の男の音楽に負けない演技を見せてくれました。アクセルとループの間のつなぎで転倒はありましたが、コンポーネンツでは1位の評価を受けましたし、SPも楽しみです。仮面の男なのにあのぶっ飛んだ衣装っていうのも、男子らしくて114114。

ドミジュニアは3位につけています、演技内容はよくも悪くも無いなという感じでした。昨シーズンよりはずいぶんスケーティングが改善されていますが、それでもまだまだ荒いです。ジャンプのランディングは決してプラスを得られるようなものではありませんし、スピンでもイグジットが雑になっていました。日本勢よりもコンポーネンツで下につけられてもしょうがないかな?と思います。シーズン前の演技と比べても、あまり違いがないかな?とも思いますし・・・。

あと印象に残ったのは韓国のドンウォン・リーでした。演技ではなく、とにかく衣装がすごかった。
10位に入ったイタリアの選手は動きがキビキビしててかっこよかった。
11位のスウェーデンのスピーゲルはルッツとサルコウとトゥループを堂々と2回ずつ跳んでザヤってしまうという、わけのわからんザヤり方をしていました。なぜこうなったし。
四大陸選手権のアイドル、オーストラリアのブレンダン・ケリーは3回の転倒があり、残念ながらSPに進むことはできませんでした。非常に残念であります。

SPではアメリカ勢が登場します。なんといってもメダル候補はアメリカ勢。表彰台独占も無くはないですからね。それからロゴジンも楽しみですよね。日本の男前三銃士にも今日以上の演技を見せてもらいたいです。

そんなSPはひな祭りの13時30分からです。

女子の予選の抽選があって、大庭が第1グループに入りました。漬物石クル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !?
Comment:2
back-to-top