2017
10.28

スケートカナダ 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)77.34
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)73.53
3 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)73.04
4 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)69.00
5 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)64.06
6 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)63.26
7 Cheng PENG / Yang JIN(中国)61.58
8 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS(カナダ)59.06 PB

新デシャン組
3Tw 3S 3LoTh
女性の名前はポーランド系。ポーランド系の名前は読めない!パートナーが変わってデシャンも若干若返りました。ヒゲのせいだけではないでしょう。ツイストはリチャードチームの例の質でした。

ペンジン
3T hd 3LoTh 3Tw
3Tでペンちゃんが手をつきました。スローもツイストも難なく成功ですが、TESの伸びが鈍かったです。夫婦で殺し合う緊迫した空気張り詰めたタンゴなのに、ゆったりのんびりした雰囲気。振付は悪くはないと思うのですがメリハリが少ないかと。ツイズルでペンちゃん失敗しました。衣装は似合っていますが、茶髪は止めようペンちゃん。

デニフレ
3Tw 3LoTh 3S
ツイストの高さとスローの飛距離がペンジンに負けていないです。3Sは女性の回転がギリギリでした。All of meのプログラムですが、そのままの音源ではなく、全米選手権でスタオベのしやすいドラマティックアレンジです。リフトの2つ目のポジションではピュイピュイ指笛が鳴らされそう。見える・・・全米が見える。

ザビエン
3Tw 3T 3LoTh
ザビエン比でそうでもない高さのツイストと2人の距離が開きすぎた3Tでした。前回もSPではそうでもないツイストで、LPでは元に戻ったんでした。そうでもない仕様?ジャンプだけでなく、ステップももっと近い距離で滑れると心情表現を伝えやすくなると思います。技術は高いからそれほど心配はしていませんけどね。

イリモー
3Tw 3T df 3LzTh
高橋由美子風ショートカットのイリ。3T・・・ああ。クール系のプログラムはイリモーが最もしっくりくるジャンルだと思います。次々と方向転換して、2人が近い距離でSBSの動きをとるのがかっこいい。それでリフトでバシッとフィニッシュ。

ヴァネシプ
3Tw 3S 3FTh
ツイストはまあまあ。失敗するよりはまあまあのままで進めていくのかな。デッカい3Sは迫力がありました。ペアスピンでは男性が女性の頭上をハイキックするデンジェラスエントリーを見せました。ステップ中に女性が男性の頭上をキックするのでそのお返しの振付かな。衣装が黒でなくて何よりだけど、シプレの胸元のお乳隠しの青バンドはいらないとおもふ。

サフマソ
3Tw 3ATh so 3S shaky
ツイストの高さに会場がどよめく。他のペアのツイストが前座に思えますレベルです。3Sはかろうじて片足で降りられました。ステップは2人が離れてからぶつかりそうなまでに急激に近づき、ホールド組んでクルクルと移動。このハラハラさせるけど失敗しない技術力がタマランチ会長。片手上げグループ3かっけえ。メラメラ炎の衣装とサフ子のメイクいいなー。マッソーはいい額縁。

デュハラド
3Tw 2Lz 3LzTh
いつもと雰囲気が違うのはコーチが変わったのと振付がジョン・カーだから。ツイストは高さはそれほどではありませんがキャッチが改善されています。3Lzはメーガンがダブル、ラドフォードさんは両足着氷でした。メーガンがエレガントな空気を発している。地平線の向こうまで・・・あなたと一緒に・・・って感じなおしとやかメーガン。ラドフォードさん担当だったのにダブルエレガントになるなんて。勝負のシーズンにいいプロもらいました。LPはエレメンツ成功させて押せ押せドンドンじゃないと。

サフマソはオールレベル4でした。3SはGOEがプラスになっています。サフマソのジャンプのGOEは治外法権?ちゃんと引こうよ!!!デニフレの3Sはアンダーローテーションがつけられました。これは仕方がない。ペンジンはレベル4がリフトのみ。ステップでは±0か+1で収まっています。オリンピックの最終2組に入るにはこれではいけない。メリハリ!八木沼さんの分も言っておく、メリハリ!

明日に備えてスヤスヤ。
2017
02.16

四大陸選手権 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)80.75
2 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)75.20
3 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)74.31
4 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)73.04 PB
5 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)70.89 PB
6 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)69.10
7 Cheng PENG / Yang JIN(中国)66.44
8 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)63.39
9 Ashley CAIN / Timothy LEDUC(アメリカ)62.58 PB
10 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)58.14 PB
11 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)56.10
12 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA(日本)50.48 PB
13 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM(韓国)49.88 PB
14 Minji JI / Themistocles LEFTHERIS(韓国)45.81
15 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)41.06

アレウィン
スロールッツかフリップかで転倒でした。シーズン初めは淡々とこなすだけだったのが、だいぶ緩和されてきたんじゃないかと思います。チャレンジャーに出ているとジュニアっぽさが目立っていたけど、今日はそうでもなかったですし。まだまだ上手くなるでしょう。とりあえず解散しないで!お願いだから解散しないで!エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ!フルネームで呼ばないと落ち着かない。

韓国のキムさんの右膝のサポーター痛々しい。バレー選手のサポーターみたいに大きい。

ケイン&ルデュク
長身ペアなのでデススパイラルを回すのは大変そうですが、出方がかっこいいです。3Loを決め、スローフリップは手をつきましたがこらえました。ステップ中にサイドバイサイドでウィンドミルなどをしますが、男性もすごくしなやかで雰囲気があります。エレガントでありクールです。

海龍
今大会でも男性の左手にはサポーターが巻かれています。3Tは安定。スローサルコウはステップアウトでした。女性の衣装の腕の部分はすべて襦袢だったことに今日初めて気がつきました。優秀な襦袢チョイス力。

ペンジン
3T、スローループがきれいに決まり、ヤンジンの動きも超キレキレでした。表現が完全に音楽に溶け込んでいて、素晴らしい出来だっただけに、ペンちゃんがソロスピンでバランスを崩して転倒したのが惜しまれます。中国5000年の歴史のズピンが発生せず、普通にこなせられればパーソナルベストだったかもしれません。

すみオデ
3Sが両足&着氷が詰まるような形になりました。ソロスピンは最初からズレてしまって、足換えで揃いかかりましたがやはりズレが出ました。でも相当滑り込みができたのか、ステップからは軽快さが増し増しで見ていて爽快です。アメリカ3番手とスケーティングスキルが同じぐらいもらえているのはいいですね。

モーマリ
このペアはエレメンツの確実性と女性のかわいらしさで突き進む、モーもー路線踏襲で行っているのかな?という面がありました。しかしながらこのプログラムは珍しく男性主体になっているのではないかと思います。男性のポージングであったり表情であったりを女性が補うような形。イーグルをキメキメでポージングするところなんて、めっちゃかっこいいんですよ。マリナロってこんなにかっこよかったの?って思いました。

デニフレ
3Sで女性が転倒。それを除けばエレメンツはしっかりとしていました。ところが、今日は女性の元気が少し足りないのかな?と感じました。モーマリがスピードをギュンギュン出すタイプなので、それと比較すると勢いの足りなさが目立っていました。まだサポーターグルグル巻きですし、戻っているとは言えないのかなあ。

ユージャン
ミス・・・らない!投げ技&ジャンプを降りた後も、ペンジンのソロスピン転倒があって心配しておりました。男性がフライングで少しグラつきかけたのを戻したのは、さすがだなと思いました。シャオユーのトランジションでの表情が、水墨画の美人のような儚さを秘めていました。歴史絵巻を見ているみたいでした。胸元いつも際どいから気をつけて。

スイハン
これはすごいよ。マジすごいよ。復帰戦なのに自己最高のTESだよ。アイスダンサーたちがブルース滑ってるのに、その印象を吹っ飛ばす勢い。エレメンツが表現で、表現がエレメンツで。とにかくすごいの。別々の動きをしていても、川と川が合流するように1つの流れを作り出すんです。ほんとすごい。世界選手権ではもっとすごいのかな。髪型はおもしろくなったけど、喜び方は変わってない。85歳ぐらいの控えめな拍手。

シメクニ
夫人が怪我から戻ってきての復帰戦。3Sやツイストの着氷、滑りを見る限り全てにおいて戻りきっていない状態だと思います。でも今できることを力いっぱいに氷の上で表現してくれました。夫が妻を支える様子がね「Come what may」の歌詞に重なりますよね。理由がよく分からない中、本当に頑張ったんだろうな・・・って思うと感情移入しすぎちゃって涙腺がねえ。

イリモー
イリのジャンプが抜けなかった!着氷はワチャワチャーっとなったものの0点になってしまうよりいいんです。後は得意なゾーンなので、いつものように滑らかにスルスルーっと最後まで。でもシーズン序盤ってそんなにねっとりしてなかった感じなんですけど、滑り込むにつれて情熱度上がってきているような。

デュハラド
ラドフォードさんが3Lzを転倒するという結構珍しいパターンです。でもそこから乱れることなく、トランジションからきれいなスロールッツを降り、スピンもきっちり揃え、表現に一切の影響がありません。さすがのメンタルです。

ダンスと違ってペアのプロトコル出るの早い。スイハンはスピンだけレベル3でした。イリモーはジャンプの回転不足取られずでした。イリモーのジャンプは3Tなのか・・・僕カナダペアの3Sと3Tの見分けつかない病に罹患してます。スロールッツとフリップも時々間違えるけど、基礎点同じだし、エッジによって時々変わってることあるので「どちらか」ってことで。

復帰ありーの、いい演技ありーのでいいイベントになっています。去年は怪我人と病人ばかりだったから、今年は何事もなく終わって欲しい。
2016
10.29

スケートカナダ 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)78.39 PB
2 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)69.43 PB
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)67.53
4 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)66.50
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)64.40
6 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)59.25
7 Brittany JONES / Joshua REAGAN(カナダ)54.23

デラモデル
3Sは2人ともシェイキーランディング。ツイストは普通。スローループは着氷!からの尻餅でした。成功したと思ったのにいいいいい。ステップとソロスピンはよく揃っていました。似た衣装なので、揃っている動きが一層際立ちます。ズレても目立ちます。モデルさんの背中に文字が書いてありました。何と書いてあるのでしょう。宇宙人へのメッセージとか?

デュハラド
ツイストをキャッチしてすぐにラドフォードさんがバックで滑る。エレメンツやってる感を出さずに、すぐに3Lzの助走に移ります。3Lzはどうしても助走が必要なので、だからっていうのもあるんでしょうね。スローアクセルは氷スレスレのところでしたが、片足で着氷しました。いや擦った?いや片足?擦った?分からない。ちょっとハードでメーガンらしいプログラム。演技終わっても相変わらずよう喋る。

duharado.png

ユージャン
3Tもスローループも入りました。着実にエレメンツを成功させていくのに拭いきれない違和感。男性のパワーのある表現と女性のクールな表現が、攪拌されておらず、どういう方向性のプログラムなのかが分かりにくかったです。結成半年でこれだけできるのは素晴らしいことなのですけどね。ユージャンの表現が確立されることを祈ろう。

イリモー
イリの3Tがダブルになりました。今シーズンは抜けるミスが多発しております。他のエレメンツは質が高かったです。手を離して繋いでを繰り返して、男女の関係を表しているステップが素敵でした。アクセルラッソーの仰向けポジションは、あーーーーーああああーーーーあーーーーっていう感じ。移動距離もあるから、あーーーーーああああーーーーあーーーーっていう感じなんです。後ろから抱きつきたいけど、ためらっているようなあーーーーーって感情。だからステップで抱きついちゃうんです。

川スミ
プログラムだけではなく、髪型も昔に戻ったスミルノフさん。この数シーズンの髪型の迷走が嘘のようです。3Tで転倒、ツイストのキャッチを抱えてしまいました。得意のソロスピンが珍しくズレ、フィニッシュが曲余りという内容。ソロスピンまで影響が出るのは、不調が続いているのかなというのを思わせます。滑りの質、ステップではシャープな動きを見せていました。でもまだまだ川スミの力はこんなものではないです。

yukosama.png

デニフレ
幅跳びスローループでカメラを困らせるデニフレ。ほら、もっと引きで撮っておくんだよ!全米が涙に包まれそうな選曲となっておりますが、やはりこれは全米選手権のための・・・!さすがアメリカの観客を知り尽くしたズエワ。男性が3Sでステップアウトをしたので、演技後すぐに悔しそうな表情を浮かべました。上を目指す気持ちええぞー。

denihureyade.png

ジョンレー
6分練習のときに俺たちはやるぜやるぜっぽかったので、すごく期待を持っておりました。でもジャンプやツイストにはミスが出ました。やるぜやるぜ感があったのは滑りで、ビュンビュンスピードに乗って、かっ飛ばしていました。失敗しても元気に滑るのはいいことです。

デュハラドのスローアクセルは-0.43でマイナス評価でした。れなちゃんず以来のプラス評価ならずでした。82点ぐらい出したことあると思っていて、このスコアがパーソナルベストだと知って驚きました。ユージャンはデビュー戦でオールレベル4ですって。すげえ。

前週のフレッシュな表彰台から、今週はベテラン奮起。

ペア界を牽引するオーバー30の皆さん。落ち着く顔ぶれ。
2016
10.22

スケートアメリカ 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)75.24 PB
2 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)67.29 PB
3 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)66.49
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)65.78
5 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)64.34
6 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)62.49 PB
7 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)61.17
8 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)57.93

マルホタ
ステップの前でサスペンダーを外し、フィニッシュでサスペンダーを戻し、挨拶でサスペンダーをビロビロさせるサスペンダー師匠オンドレイ・ホタレック氏。サイドバイサイドお手つき3Lzになりました。両方お手つきだったからきれいにシンクロしているように見えました。ツイストは抱えて、スロールッツはきれいに降りました。マルケイは手を繋いで滑るよりも、ソロで滑る方が生きるよなーと。ペアとしてのスケーティングを向上させていかないと、これから上に行けない。どうすればいいんだろう。

タラモロ
ダサいポロシャツ、なんかよく分かんない衣装に続き、早くも3着目の衣装。普通のスウィングの衣装に近づいてきました。悪い画質で見ているときは気がつかなかったけど、すっごい表情作って現状打破しようとがんばっているんですね。投げ技の質はいつも通り素晴らしいです。ゾルコビーの髪型は海苔の佃煮みたいだ。ご飯が進みそうですね。すげえ・・・・・8.58も出てる。ジャッジが変なプログラム好きなのか!

tarasova.png

タラダニ
エイミー・ワインハウスのプログラムはどこに行った。昨シーズンのプログラムではありませんか。3Sは女性がなんとか堪えましたが、ダンスリフトから入るスロールッツで転倒。確実に成功を狙いに行ってもいいですが、これぐらいのリスクを冒して加点を狙わないと、今のペアでは勝てないのでしょう。大変な時代ですわ。がっくりなキスクラでした。

ヴァネシプ
コーチがジマーマンだということをバイオを見て知る。アメリカってここのことだったのか。ジマーマンって、技術的に何か足りないペアの一押しをしてくれるいいコーチだなあ。助けて股の下くぐり出のツイスト、チョックさんばりに乗るのが上手なダンスリフトからのスロータノフリップなど工夫がありました。リフトも上手になって、女性が変なポジションを取ってもまったくブレなくなりました。シプレが超上達したので、PCSが伸びるのも頷けます。結成6年にしてペアとして完成されてきましたよ。どうやら客席にヴァネッサの両親とおじさんがいるらしい。

セガビロ
3Loはビロドーの軸がぶるるーーーんと迷子になってしまい抜けました。直後のスローフリップは落ち着いてきれいに。僕が思っていたよりPCSが低かった。チョコマカ動くよりも、雄大に滑る方が好かれるのかもしれないですね。僕は好きですけど。

tamago.png

デニフレ
右ひざからふくらはぎまで全てテーピングで覆っている痛々しいデニーさん。今でもこんなのしないといけないんですね。スローループは幅があってきれいに。3Sは女性が足をつきましたけど、回転が足りていて転倒もしなかったからよかったです。その前に男性がミスらなくて安心した。コテコテのドンファンやると思ったら、衣装の感じと演技が違った。

rockbro.png

カストラ
トランの3Sの離氷の沈み込みがすごいから怖かったけど、なんとか2人とも降りられました。トランジションで低い位置でダンスリフトを入れたのよかったですけど、そこからエレメンツに入るわけではなかった。流れの中には入っているけれど、なんか・・・なんか・・・もうちょっと・・・できそうな気が。いや、素敵なんですけどね。リバースラッソー落としてしまったのがもったいなかったです。あああああああああもったいねえええええええええええええええ。

アスロゴ
ツイストでのスタートはよかったですが、3Sの着氷が2人とも乱れました。スローは堪えて足のタッチはありませんでした。テストスケートでオネーギンがぶっ飛ばされて急造したプログラムでしょうに、よくここまで振付がたくさん入っているのを滑れるなと思います。滑り込んで、こなし感がなくなってくると印象が変わるのかもしれません。ステップとかかっこよくなりそうなんだよなー。

同格のペアが集まりすぎてしまったせいで、このように点差が近接した展開となりました。タラモロはマイナスが1つもないクリーンな演技でした。デススパイラルだけレベル3ですが、残りはレベル4という内容。セガビロは3Loが2回転になったものの、オールレベル4で踏みとどまりました。カストラはリバースラッソーがレベルBになってマイナス3が並びました。成功していればヴァネシプの上に行って、後半グループで滑走できていたでしょう。

今シーズンからGPSは世界ランキングによる滑走順ではなくなりました。フリーはSPの順位ごとにグループ分けし、そのグループを半分にして順位ごとに抽選するので、今まで以上にショートが大事になりそうです。例えばシングルでショート3位で終えてフリー最終滑走になるのと、ショート4位で終えてフリーが最終グループの1番滑走になるのとでは違いますもん。名目上はどの滑走順でも同じですけど、後ろの方が点数出やすいのは自明の理。後ろに行けば行くほどいい。

2種目だけだと瞬きする間に終わってしまうような感覚です。明日は深夜3時に男子SPからです。テンくんとダイスがいないから寂しい。
2016
07.24

デニフレごっつい華麗なるカムバック

スケートデトロイトではペアの開催もありまして、ヘイヴン・デニーブランドン・フレイジャーが競技復帰を果たしました。デニーは、2箇所の靭帯と半月板断裂という考えるのも恐ろしい怪我をして1シーズンを休養。フレイジャーはズエワの元で練習をしていました。そして、コーチをインゴからブルーベイカーとベルトンに変更。心機一転をしての初戦です。

SPには出場せず、LPの披露となりました。LPを先に作っていたので、SPはこれから完成させていくのだと思います。まず驚いたのはフレイジャーの動き。健康体操のような動きが解消され、滑らかさ爆発です。コンビニの濃厚なカスタードプリン(マダガスカル産バニラビーンズ入り)ぐらい滑らかです。デニーは怪我をしていたとは思えないほどに体が仕上がっています。休む前より細いぐらいです。ペアのプログラムでのダンスリフトの入れすぎ注意報を発令したくなるコレオシークエンスなのですが、このダンスリフトの使い方はとても上手いです。ダンスリフトの名前のまんま、まるでローテーショナルリフトのごとくポジションが入れ替わっていって、「はい音楽の隙間埋めますよー」感は微塵も出ていません。スロージャンプを投げた後の腕の開き、アクセルラッソーを降ろす時の足先の揃い方、柔らかい着氷。素晴らしい。ソロスピンの後のドラマティックな振付もいい。スターリフトの脚のラインを見せ着氷もスムースに、直後のトランジションもいいです。バックアウトのデススパイラルはいただけませんが、衝撃の上達を見せてもらいました。男女ともにこれだけ上手くなるというのは、まーーーーーなかなか、まーーーーーなかなかありませんものでね。ソロジャンプが戻ってくれば、全米チャンピオンも見えます。昨シーズンのアメリカ2強のプログラムと比較すると、このプログラムの方が密度が上な気がしますしね。おいおいおいおい全米超楽しみじゃねーかよーおいおいおい。

このプログラムに対する過剰な高評価は、僕が「ある日どこかで」好きすぎ問題に起因するかもしれないのは否定しかねますが。だっていい曲なんですもん。

ブルーベイカーとベルトン・・・優秀なのか?ということはですよ、成美と柴田にも期待してOK?ブルーベイカー夫妻がアメリカペア第三勢力になるの?メガネ=サッペンフィールド=ブルーベイカー体制なの?

何はともあれおかえりなさい。
Comment:10
back-to-top