FC2ブログ
2015
02.02

マリタイとジガガジとサフマソと

http://www.sport.de/medien/wintermix/451ec-21882e-5372-59/vartmann-van-cleave-komplettieren-gutes-em-ergebnis.html

ペーター・リーベルスさんがFacebookにアップしていてくれた記事にマリタイとジガガジのことについて書いてありました。

まずマリ・ヴァルトマンアーロン・ヴァン・クリーブの方は今シーズン終了後に解散を予定していて、マリ・ヴァルトマンはルーベン・ブロマールトと組むことが既に決定しているそうな。またネッリ・ジガンシナアレキサンダー・ガジの方は女性は新しいパートナーを探して現役続行し、引退はガジさんだけだそう。またサフマソについてフランス連盟と話あった結果、ブルーノ・マソはドイツ所属で来シーズンから競技をスタートできる見通しのようです。

サフマソが活動できるのはドイツのみならず、ペア界にとって明るいニュースであります。ベテランが多いドイツですので、みなさん第2の人生を選んで行くところですが、こうやって続けてくれる選手がいるのは嬉しいし、ドイツの女性はガッツがありま・・・・・あ、ウクライナ人とロシア人だ。ドイツに行ったらガッツが湧くんですね!!!
2014
09.29

サフチェンコ&マソはドイツ所属に決定

http://www.saarbruecker-zeitung.de/sport/wintersport/wintersport/news/Eiskunstlauf-Deutschland-Savchenko-Finanzierungen-Karriere-Paarlauf-Savchenko-Massot-treten-fuer-Deutschland-an;art7554,5452368

アリオナ・サフチェンコブルーノ・マソの所属先はドイツに決定しました。ドイツスケート連盟との間で署名が完了しました。ドイツだと連盟の支援もこれまでと変わらず受けることができるので、ドイツに決まってよかったです。今シーズンは試合に出場することは出来ないけれど、2015-2016シーズンからは出場が許されるだろうとのこと。楽しみにしたいです。ドイツ国籍を取得するために、マソにはドイツ語の習得も同じように頑張って欲しいです。サフ子5大会連続オリンピック出場へ。
2013
11.02

中国杯 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)132.14
2 Qing PANG / Jian TONG(中国)124.00
3 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)122.95 PB
4 Xuehan WANG / Lei WANG(中国)115.19 PB
5 Felicia ZHANG / Nathan BARTHOLOMAY(アメリカ)105.19
6 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)103.73
7 Anastasia MARTIUSHEVA / Alexei ROGONOV(ロシア)94.17
8 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)89.51

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)201.21
2 Qing PANG / Jian TONG(中国)194.38
3 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)187.19 PB
4 Xuehan WANG / Lei WANG(中国)172.35 PB
5 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)161.72
6 Felicia ZHANG / Nathan BARTHOLOMAY(アメリカ)155.52
7 Anastasia MARTIUSHEVA / Alexei ROGONOV(ロシア)147.19
8 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)141.33

ジャンバー
スロールッツで転倒しましたが、いつも失敗しているソロジャンプでの失敗が今日はありませんでした。出来としてはかなり良い方だったのでは無いかと思います。この組はプライベートでも仲良しそうなので、解散せずに行って欲しいです。仲良しのペアが解散するのは悲しい。仲良しじゃないペアは「さよか」ってなりますけど。

ポポマソ
3Sを2Sにしました。3Tは女性が転倒。投げ技系統はすごく高さがありますが、少し淡々としすぎな気もしなくはない。この組の男性、まだ五輪に出てないのにすでに五輪のタトゥーをしている気合の入れよう。女性が国籍とれなかったらどうするんだよー。

マルロゴ
ジャンプ系統がいつも通りなことに。さらにリフトも落としてしまうという。あるいに枯葉に合った寒いキスクラの雰囲気。

わんわんお
少し離れすぎなソロジャンプではありますが降りました。スローもツイストも綺麗に入っていますし、リフトも基礎点の高い物を入れています。組んで2シーズンとは思えないぐらいに仕上がっていますね、前のパートナーよりもよっぽどしっくり来ています。この女性、とても表現力豊かで笑顔が素敵でした。これから伸びていって欲しい。

シメクニ
プログラム戻していませんでした、エバーアフターのままです。頭のスローフリップが高くて綺麗だったので今日は大丈夫だと思いましたが、ソロジャンプで男性が両方とも失敗して、後半のスローループで転倒。アカンかったー。

ペンジャン
ソロジャンプは3-1になって、サルコウはダブルにしましたが、とても高いクワドツイストにすさまじい飛距離のスロー2本は圧巻でした。2人の息がかなり合ってきて、男性に付いて行っている感じがなくなりました。「ペア」ですね。黄河なのに黄緑と緑という謎の衣装でした。120点!!!!!中国の枠争い鬼熱。

サフゾル
サフゾルなのに正統派、サフゾルなのに普通に素敵な衣装という一大事。最後の最後にスロートリプルアクセルを入れていて、今回は転倒でした。ちゃんと転倒しても良いように、時間はきちんととってるのね。これカロリーナも見習おう。

パントン
ソロジャンプはいつもの感じの失敗でした。年齢的にコゼットはキツいですけど、2人の雰囲気はやっぱり良いですね。リアルカップルでもここまでロマンティックな空気感を作り出せるのかというほど。昨シーズンのワールドのLPのような完璧にシンクロした滑りをまた今シーズンも見せて欲しいです。レベルを取り切れなかったり、スローで足がついたりしました。次戦は良くなるはず!

サフゾルは今回の優勝でGPS6戦を全て優勝しました。おめでとうございます。ペアでは3組目、全体では4組目です。
Comment:2
2013
02.25

チャレンジカップ 4日目 ペアリザルト

ペアリザルト
1 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)189.82
2 Tarah KAYNE / Daniel O'SHEA(アメリカ)167.82
3 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)156.30
4 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)149.09
5 DeeDee LENG / Timothy LEDUC(アメリカ)148.56
6 Kiri BAGA / Taylor TOTH(アメリカ)146.50
7 Camille FOUCHER / Mark MAGYAR(ハンガリー)105.01
WD Stina MARTINI / Severin KIEFER(オーストリア)

優勝はヴァネッサとシプレでした。どんどんスコア上がってきます。ミスはユーロと同じ3Tでコンボをつけられなかったところ。

2位のケイン&オシェイは今シーズンからのペアで、全米7位。男性は今シーズンからペアを始めた・・・・・ぽい?にしては仕上がっている感じ。男の子は91年生まれなのにすでに生え際が仕上がっていて、これは大成する匂い。女の子はめちゃくちゃ美人の93年生まれ。年齢差の小ささ、そしてコーチはメガネコーチ。これは期待せざるを得ない。

マリタイはソロジャンプを降りられなかったのですが、ユーロでどちらも失敗だったスローは2本とも降りられたので良かったです。ユーロは痛そうで痛そうで見ていて心が痛みました。

ノービスに参加した日本の2人もお疲れ様でした。樋口ってもう5種トリプル構成なんですね。日本女子にしては珍しいフリップにeが付く子だ。

水曜日からは世界ジュニアですよー。
Comment:0
2013
02.24

チャレンジカップ 3日目 ペアSP・男子リザルト

ミニマムスコアちゃんやっつけ第2ラウンドでありんす。

ペアSP
1 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)65.41
2 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)56.63
3 Tarah KAYNE / Daniel O'SHEA(アメリカ)54.11
4 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)51.82
5 DeeDee LENG / Timothy LEDUC(アメリカ)51.79
6 Kiri BAGA / Taylor TOTH(アメリカ)43.75
7 Stina MARTINI / Severin KIEFER(オーストリア)39.71
8 Camille FOUCHER / Mark MAGYAR(ハンガリー)33.35

ジェームズ&シプレはスローで少し擦ってしまいましたが、良い演技だったようです。今シーズン試合で滑る度に安定感を増していますよね。この調子で行くと、フランスも五輪で2枠行けそうな勢いです。ぜひそうなって欲しいです。ポポワさんフランス国籍とれるか分かりませんけど。フランスなら大丈夫?

そしてミニマムスコアですけど、残念ながらオーストリアもハンガリー、どちらのペアもSPのミニマムスコアを満たすことができませんでした。ペアはSPのミニマムスコアが壁になっています。LPはどのペアもさほどエレメンツの構成に差が無くて、リフトが点数の大半を占めているので、割と満たしていることが多いのですが。

あとワールドに出られる可能性があるのは、ジュニアワールドに出場するウクライナのラウレンティエワ&ルディクです。LPではすでにクリアしているので、あとはSPだけですが。ジュニアはSPのエレメンツが固定なので、厳しいかもしれませんですね。

男子リザルト
1 Brian JOUBERT(フランス)228.66
2 Alexander JOHNSON(アメリカ)228.54
3 Chafik BESSEGHIER(フランス)194.29
4 Denis WIECZOREK(ドイツ)191.07
5 Paul Bonifacio PARKINSON(イタリア)188.99
6 Justus STRID(デンマーク)183.48
7 Valtter VIRTANEN(フィンランド)176.92
8 Phillip HARRIS(イギリス)176.34
9 Stéphane WALKER(スイス)163.81
10 Maurizio ZANDRON(イタリア)151.18
11 Ali DEMIRBOGA(トルコ)143.03
12 Harry MATTICK(イギリス)135.44
13 Florian GOSTELIE(オランダ)125.76

待てどもプロトコル上がってこないからいいや。いずれ出る。

ジュベールが優勝でしたが辛勝でした。TESで負けたのかと思えば、PCSで負けとるやないの。ジョンソンはこれが来シーズンに繋がるといいですね。このスコアだと、シーズンベストでは今のところ18番なので、GPSの枠こないかなあ。欲しいなあ。

当然ベセギエがワールドと頭の中でなっていたので、よくよくエントリーを見返すと、ワールドがポンサールになっていてビックリ。どういうアレでポンサールなんだろう・・・。

ミニマムスコアに関しては対象だったパーキンソン、ストリードの両方がクリア!!!!!!!YES!!!!!イタリアの枠ロス無くなった!!!ユーロでは残念な出来だったので、ワールドではがんばって欲しいです。ストリードはキスクラが楽しみ。デンマークチームとしても男女1人ずつ出せてよかった。

スペインはワールド2枠目使わなかったのですが、ラヤは怪我だそうですね。非常に残念です。

これで男子も36名。Jスポがんばれ。

プロトコルよりも先に映像が出ました。ジュベールは4Tと4Sに成功しました。ミスといえば3Aと3Lz-3Tのステップアウトぐらいなのですが、3Loが入っていないのは構成的に大した問題ではないにしろ、コンビネーションが入れられそうなジャンプばかりなのに、2Tつけないというのはいかがかと。3つの2Tが後半に入ればえらい点数の違いになりますよ。後半の単独3Tは、4Tにするものなのか、それとも単独かというところなんですけど、後者でしょうか。だとしたら3Aにしてくれい。

ジョンソンは3-1-3の最後と2A-3Tの3Tがステップアウトでした。でも全体的に良かったと思います。Jスポの音声被せて見たのでだいたいしか分からないんですけどね。

パーキンソンはザクライチェクチームなんですけど、たしかにそんな感じ。ツイッターで見ると、練習場所は同じだけどチームの違うファリス、ザワツキー、アンジェラとも仲良さそうにしていました。彼は控えめな脚の長さで、非常に好感の持てる選手です。時計回りの選手はリンクの使い方が不思議に見えることが多いのですが、彼はいたって普通の反時計回りの選手なのに、ジャンプの軌道が変わっているなあと思います。楽しそうに滑るのもいいですね。
Comment:0
back-to-top