FC2ブログ
2021
01.17

全米選手権 3日目 男子SP・ペアリザルト・アイスダンスリザルト

男子SP
1 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating 113.92
2 Vincent Zhou, SC of San Francisco 107.79
3 Jason Brown, Skokie Valley SC 100.92
4 Yaroslav Paniot, All Year FSC 83.74
5 Maxim Naumov, SC of Boston 83.53
6 Jimmy Ma, SC of Boston 82.30
7 Camden Pulkinen, Broadmoor SC 80.08
8 Joseph Kang, University of Delaware FSC 79.30
9 Tomoki Hiwatashi, DuPage FSC 75.51
10 Dinh Tran, SC of San Francisco 74.03
11 Eric Sjoberg, Los Angeles FSC 74.01
12 Jordan Moeller, Northern Ice SC 71.09
13 Joonsoo Kim, Los Angeles FSC 69.04
14 Ryan Dunk, Baltimore FSC 65.60
15 Peter Liu, SC of Wilmington 56.92
16 Aleksei Krasnozhon, SC of Boston 54.53
17 Mitchell Friess, St. Paul FSC 48.88

感想書いたけど全然頭が回らない。

ショーベルグ
3A 3Lz 3F-3T
ジャンプはうまく決めたのですが、コンビネーションスピンを2回入れるという本当に意味の分からないミスをしていました。チェンジキャメルスピンをしなければならないのに。なんでこんなことになったのか。

ジョセフ
3A 3F-3T 3Lo
皆がレベルを取りこぼしていく中で、オールレベル4でした。3Aはとても高さがありました。ジャンプの着氷は膝を使って柔らかく着氷です。ロックの音楽を効果的に演じられていたというわけではないですが、ノーミスで演じられたのはデカいです。

パニオット
4F-3T 3A 3Lz
4F-3Tを含めジャンプはきっちり降りていきました。ほとんど踊れていないので、Swayのプログラムにしてはメリハリはなかったと思います。でも楽しそうだからいいか。

ヴィンセント
4Lz-3T 4S 3A
昨年はなんとか……というような形で全米を戦いましたので、今シーズンの充実ぶりには目を見張ります。すべてに余裕を感じられました。星空の下、屋根に上ってギターをつま弾く吟遊詩人ぐらいのクサさはありました。最後のコンビネーションスピンの回転がまったりになってしまったことを除けば素晴らしかった。

ナウモフ
3F-3T 3A 3Lz
大きなジャンプを跳びました。すんごいセカセカしているのがかわいかった。ジュニア上がりの選手でクワドレスでこのスコアを出せるのはなかなかのものです。

ジミー
4T hd 3A 3Lz-3T
予定構成に3Lz-4Tと書いてあったのは、ただの誤表記でしょう。4Tと3Lz-4Tを両方やるとノーバリューになりますから。トランジションとパフォーマンスの差が1点もあるのはジミーならではです。助走なんて細けえことはいいから楽しめ!って感じが気持ちいい。

クラスノジョン
4Lo fall 3A fall 3F-3Lo fall
ジャンプ3本とも転倒しました。コンビネーションスピンを終えてから、フライングキャメルスピンを予定していたのですが、フライングなしでコンビネーションスピンとまったく同じ入りで回転し始めてしまいました。当然ノーバリューになります。途中で気付いてもフライングエントリーしなかった時点で取り返しはつかないのです。こんな日もあるさ。

樋渡
2T 3A 3Lz-3T
4Tが抜けて2回転になりました。加点を考えると10点以上がなくなってしまいます。チェンジシットスピンの最後止まりそうになっているのを見ても、それほど調子はよくないのかもしれません。

ネイサン
4Lz 3A 4F-3T
ジャンプにミスはありません。ディープエッジを使ったステップシークエンスは見事ですが、いつもよりは緩急が足りなかった気がします。全体的にもおとなしい演技で、これでもネイサンの100%の力が発揮できたとは思えません。ネイサンはジャンプノーミスが基本になっているので、僕はちっとやそっとじゃ満足できない体になりました。責任取って神演技してください。衣装はマレーバクでした。ひょっとしたらコロナで参ってしまって、マレーバク業界に弱みを握られたのかもしれません。マレーバクって本当におそろしいですね。

プルキネン
2T 3A 3Lz-3T
親友の樋渡知樹さんとまったく同じジャンプになりました。4Tからすぐに跳ぶ3Aを成功させ、いつもの質のスピン2つを回りました。後半は見事に立て直し、3Lz-3T、躍動するステップシークエンス、コンビネーションスピンときっちり加点を積んでいきました。逆転での表彰台に望みを繋ぎました。

ブラウン
3F 3A 3Lz-3T
ノーミスのクリーンプログラムでした。3Aの着氷がもう少し伸びれば昨年のスコアを超えていました。いくら盛り盛りの国内大会とはいえ、クワドレスで100点超えは彼にしかできないです。ステップシークエンスの密度は世界一濃く、そこに込められた情報量も多いです。ただ滑っているだけの部分がありません。スピンも完璧でした。普段の彼とは異なった、ちょっとワルなイメージ。でもそんな悪いところがお洒落で、周囲は注目せずにはいられない。かっこよかった。

トップ3はワールドレベルです。観ていて何の心配もありません。ブラウンはすでに10.00を11個も獲得しました。トップ3は順位よりも作品の完成度を味わいたいと思います。4位争いに注目です!

ペアLP
1 Alexa Knierim, DuPage FSC
Brandon Frazier, All Year FSC 150.64
2 Ashley Cain-Gribble, SC of New York
Timothy LeDuc, Los Angeles FSC 134.71
3 Jessica Calalang, DuPage FSC
Brian Johnson, Detroit SC 133.99
4 Audrey Lu, SC of Boston
Misha Mitrofanov, SC of Boston 128.41
5 Emily Chan, SC of Boston
Spencer Howe, SC of Boston 116.65
6 Olivia Serafini, SC of New York
Mervin Tran, SC of New York 110.65
7 Katie McBeath, Winterhurst FSC
Nathan Bartholomay, Southwest Florida FSC 105.50
8 Laiken Lockley, DuPage FSC
Keenan Prochnow, DuPage FSC 99.90
9 Evelyn Grace Hanns, Broadmoor SC
Jim Garbutt, Champions Edge SC 92.95

ペアリザルト
1 Alexa Knierim, DuPage FSC
Brandon Frazier, All Year FSC 228.10
2 Jessica Calalang, DuPage FSC
Brian Johnson, Detroit SC 205.29
3 Ashley Cain-Gribble, SC of New York
Timothy LeDuc, Los Angeles FSC 200.52
4 Audrey Lu, SC of Boston
Misha Mitrofanov, SC of Boston 3197.97
5 Emily Chan, SC of Boston
Spencer Howe, SC of Boston 177.06
6 Olivia Serafini, SC of New York
Mervin Tran, SC of New York 169.88
7 Katie McBeath, Winterhurst FSC
Nathan Bartholomay, Southwest Florida FSC 163.73
8 Laiken Lockley, DuPage FSC
Keenan Prochnow, DuPage FSC 145.24
9 Evelyn Grace Hanns, Broadmoor SC
Jim Garbutt, Champions Edge SC 140.93

マクバー
3Tw 2T 3LzTh 2A so 3LoTh fall
リフト上手だったのにグループ3リフトでポジションチェンジした際に流れが止まってしまいました。力だけでキャリーリフトまで上げ続けられるのはさすがでした。ソロジャンプはどちらも男性のミスでした。デススパイラルは女性の腰の位置が高かったです。回転時の姿勢は個性的だったけど、肝心の回転もそんなに速くはないんだよなあ。

チャンハウ
3S 3T so 3Tw 3LoTh 2STh
最後の音楽の切り方雑うううううううう!女性が3Tでステップアウトして以降は大きなミスはありません。スローサルコウが2回転なのは、抜けたわけではなく2回転できれいにまとめる戦略だと捉えました。レベルは取れていないものの、雄大なボーカルに合わせた演技ができていました。

セラトラ
3Tw 3F so 3T hd-1Eu-2S 3LzTh 3STh
男性がソロジャンプそれぞれでミスしました。スロージャンプは2本ともはいりました。スローサルコウの方はほとんど投げられていないですが、女性のジャンプ力で乗り切りました。終盤まで体力が持たない。

ケイン髭
3Tw 3Lo fall 3LzTh 3S-2T-2Lo 3STh df
男性が3Loを転倒しました。スロールッツはとてもきれいに決まりました。お願いだからいつもこの完成度で降りてください……。花織の昨シーズンのジャンプと一緒で、失敗するときのスローは構えすぎている気がしなくもない。3連続は回転不足なくクリーンに流れました。いつもこの完成度で降りてください……。どちらも背が高いのでリフトは移動距離出せる方ではないですが、特に最初のリバースラッソーなんかはピアノの音色と出のタイミングを合わせて、効果的に見せていました。工夫次第でいくらでも戦いようはあります。いけいけ!

ルーミト
3Tw 3S-1Eu-2S 3LzTh 3T fall 3LoTh
ノーミスじゃないと勝てない位置でしたが、男性が3Tで転倒しました。ソロジャンプが安定している彼らでもこんなことが起こってしまうのですね。表彰台を意識し過ぎたが結果かもしれません。終盤1分半ほどの陽気な音楽との乖離は強烈でした。技術面では女性がリードしているので、表現面では男性が引っ張っていきましょう。

シメフレ
3Tw 3T-2T 3LoTh 3S 3FTh
ソロジャンプのタイミングや距離は合わないのですが、抜けない&コケないのがデカすぎます。まだリフトやコレオシークエンスなど、シームレスにおこなえていない部分がたくさんあるので、ペアとして完成度を高められる部分はたくさんあります。まだ上手くなるぜ。キスクラの背景映像でクニエリムさんとペットの猫さんも応援していました。ハイスコアが出て「ブーーーーーッwwwwwwwww」「HAHAHAHAHAHAHA」と壊れる人たち。点差的にこの時点で優勝が決定しました。

カラジョン
3Tw 3S hd 3T fall 3STh 3LzTh
女性のソロジャンプが決まらない。昔はとても上手だったのにカラジョンになった途端に決まらなくなりました。ジャンプコーチください。アクセルラッソーを途中で落としてしまったのは予想外でした。ソロジャンプの失点をペアエレメンツの加点で取り返せるのは大きな強みです。デススパイラルではレベルも加点も取れますしね。Who wants to live foreverだから、ノーミスだったら最後のリフトでフライングスタオベが始まるはずなのに。

シメフレは10点は盛られているので、こんなに高得点は出ないですが、ノーミスで世界選手権5位は現実的に狙えます。シメフレは今シーズンってよりも来シーズン、さらにそれ以降のシーズンでの活躍が期待されます。世界選手権でのロシアの表彰台独占を阻んでください。アメリカは3枠欲しい。女子3枠よりもいけそうな気がします。

アイスダンスFD
1 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 134.90
2 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 132.83
3 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 127.27
4 Caroline Green, Pavilion SC of Cleveland Heights
Michael Parsons, Washington FSC 112.29
5 Molly Cesanek, ION FSC
Yehor Yehorov, Peninsula SC 106.29
6 Lorraine McNamara, Peninsula SC
Anton Spiridonov, ION FSC 96.99
7 Eva Pate, Strongsville SC
Logan Bye, SC of New York 90.56
8 Livvy Shilling, Columbus FSC
Alexander Petrov, Hershey FSC 77.29
9 Hilary Asher, Skokie Valley SC
Ryan ODonnell, SC of Houston 71.30
10 Breelie Taylor, Atlanta FSC
Tyler Vollmer, Los Angeles FSC 61.36
11 Cara Murphy, Arctic FSC
Joshua Levitt, Pittsburgh FSC 60.29

アイスダンスリザルト
1 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 224.56
2 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 222.93
3 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 212.55
4 Caroline Green, Pavilion SC of Cleveland Heights
Michael Parsons, Washington FSC 192.39
5 Molly Cesanek, ION FSC
Yehor Yehorov, Peninsula SC 177.40
6 Lorraine McNamara, Peninsula SC
Anton Spiridonov, ION FSC 162.86
7 Eva Pate, Strongsville SC
Logan Bye, SC of New York 154.93
8 Livvy Shilling, Columbus FSC
Alexander Petrov, Hershey FSC 131.10
9 Hilary Asher, Skokie Valley SC
Ryan ODonnell, SC of Houston 122.68
10 Breelie Taylor, Atlanta FSC
Tyler Vollmer, Los Angeles FSC 100.76
11 Cara Murphy, Arctic FSC
Joshua Levitt, Pittsburgh FSC 96.91

マクスピ
こんなにレジでガチャガチャチャリーンいわせて。時代は電子決済なんですよね。それともこれは現金決済の方が小売店にはありがたいよ!というキャッシュレス社会へのアンチテーゼなのだろうか。そんなこと考える変態振付師いたら友達になりたい。コレオステップからのスタートで、女性がカメラに迫ってきました。ステップシークエンスはまだ余裕が感じられません。カーペンターさんがうまくリードできていたという証拠かもしれません。

ペイトバイ
女性はクリスティーナ・カレイラの古い靴を借りて滑っているそうです。友情が尊い。コレオスライディングには大変楽しませてもらいました。男性が背中からゴローーーンと氷にスライディングしました。コレオスライディングを選択したカップルには同じぐらいのインパクトを期待しています。ダンススピン以降の急激なスピード低下とリンキングフットワークの悪さは気になりました。リンクの同じような場所でリフト上げてコレオステップやって演技が終わりました。コレオステップで男性がスタンブルして、体力がさらに削られて終わりという。ロシア男子が体力問題克服しつつあるので、ローガン・バイさんも克服しましょう。

セサイェゴ
衣装が素敵でRDもFDも当たりだったのが大きいですが、ジュニア上がりなのにシニアに違和感なく溶け込めました。ステップシークエンスが続く終盤のパートでは、男性の優しいリードが嬉しい。

グリパー
コレオスライディングは派手であるほどいい派の僕でも、ダンス曲にマッチした彼らのコンパクトなニースライドは評価せざるを得ません。腰を振ってはいますが、健康的でかわいらしいので、いやらしさはありません。男性がセカンドツイズルでスタンブルしたこと以外は素敵でした。

チョクベイ
お久しぶりのヘビさん。大きな失点は男性のツイズルです。目立つスタンブルをしてしまいました。全米選手権なのでGOEはプラスで収まりましたが、優勝争いをしている彼らには痛かったです。コンビネーションリフトや印象的なコレオステップをはじめ、素敵なエレメンツ揃いなわけですが、ネットリ感やセクシーさは薄かったです。

ホワベイ
昨シーズンのFDがよくなかったので、今シーズンのプログラムが輝いて見えます。ワンフットステップでは、男性がジャッジサイドを滑ることにより、男性個人の滑りを印象に残してGOEの加算をする作戦でしょうね。見事に女性を覆っていました。コンビネーションリフトは、チョクベイと同じカーブリフトの連続です。男性の膝に乗る女性があまりにも自然でした。本棚の最上段の本を手に取るぐらいの軽い動きでリフトに入りました。すべてがシームレスでした。世界選手権のトップ10入りの争いが楽しみです。同門での争いですけどね。

ハベドノ
よーーーーーーーく滑りました。チョクベイがそこそこだった分、滑りが余計に際立って、PCSでは明確にハベドノの方が上だと評価されました。ミスありのチョクベイにトランジションとコンポジションで勝てないのは「ニュアンス汲み取ってくださいよー」という受け手任せの振付が多いからかもしれません。スピンとツイズルの間のトランジションとか素敵ではあるけど、ちょっと弱いしなー。ハベドノが優勝に値するパフォーマンスをしたことは間違いありません。これは100%そうです。

ハベドノがチョクベイに勝利するのは、2019年全米選手権以来2年ぶりのことだそうです。チョクベイが調子を上げれば再びひっくり返る可能性もあります。ヒリヒリする戦いだぜ。

共通一次おつかれ!!!!!!!!!!!!!
2020
11.19

2020-2021シーズン グランプリシリーズ ペアアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2020-21/grand-prix-1/series-files-33/entries-5/25028-pairs-assignments/file

11月19日更新

スケートアメリカ
アンナ・ベルニコフ&エフゲニー・クラスノポルスキー(イスラエル)
アシュリー・ケイン=グリブル&ティモシー・ルデュク(アメリカ)
ジェシカ・カララン&ブライアン・ジョンソン(アメリカ)
エミリー・チャン&スペンサー・ハウ(アメリカ)
タラ・ケイン&ダニー・オシェイ(アメリカ)
オードリー・ルー&ミーシャ・ミトロファノフ(アメリカ)
アレクサ・シメカ・クニエリム&ブランドン・フレイジャー(アメリカ)
オリヴィア・セラフィニ&マーヴィン・トラン(アメリカ)

スケートカナダ
開催中止

中国杯
チェン・ペン&ヤン・ジン(中国)
ユーチェン・ワン&イーハン・ファン(中国)
ダイジフェイ・ジュー&ユーハン・リウ(中国) NEW

フランス国際
開催中止

ロステレコム杯
ユリア・チェチェニーナ&マーク・マジャル(ハンガリー)
クセニア・アハンテワ&ヴァレリー・コレソフ(ロシア)
ユリア・アルテメワ&ミハイル・ナザリチェフ(ロシア)
アレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー(ロシア)
アナスタシア・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ(ロシア)
アポリナリア・パンフィロワ&ドミトリー・リロフ(ロシア)

NHK杯
開催なし

中国杯にはおなじみのペアがエントリー。シャオユー・ユーは、ワンワンのレイ・ワンとペアを組んだという話がありましたが、ここにはエントリーがありません。結成して日が浅いからなのか、連盟から冷遇されているからなのかは分かりません。前者だよな?

ルーベン・ブロマールトがアリサ・エフィモワとのペアを結成するとのことで、こちらはドイツ所属を目指している模様です。

クラスノポルスキーさんのペアがロステレコム杯からアウトになり、スケートアメリカに移動しました。例年ならありえないことなので、今年ならではの特例ですね。アメリカで練習しているのであれば、なぜ最初にロステレコム杯にアサインされたのだろうか。

ロシアのカップル競技だけコロナに狙い撃ちされている気がする。

欠場
10月9日発表分
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア) スケートアメリカ 準備不足のため欠場、ロシアカップ出場を目指す
アンナ・ベルニコフ&エフゲニー・クラスノポルスキー(イスラエル)
10月29日発表分
ウェンジン・スイ&ツォン・ハン(中国) 中国杯 男性が4月に股関節の手術を受けたため欠場、元々は四大陸選手権で復帰予定だった
フェイヤオ・タン&ヨンチャオ・ヤン(中国) 中国杯
11月13日発表分
ダリア・パブリュチェンコ&デニス・ホディキン(ロシア) ロステレコム杯
11月18日発表分
アリーナ・ペペレワ&ロマン・プレシュコフ(ロシア) ロステレコム杯 コーチにCOVID-19の陽性反応が出たため練習休止中
2020
02.08

四大陸選手権 3日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)144.34
2 Cheng PENG / Yang JIN(中国)137.33
3 Jessica CALALANG / Brian JOHNSON(アメリカ)128.39 PB
4 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)125.44
5 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)123.55
6 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)114.61 PB
7 Liubov ILYUSHECHKINA / Charlie BILODEAU(カナダ)113.45
8 Riku MIURA / Ryuichi KIHARA(日本)110.05
9 Isabella GAMEZ / David-Alexandre PARADIS(フィリピン)80.09

ペアリザルト
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)217.51
2 Cheng PENG / Yang JIN(中国)213.29
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)201.80
4 Jessica CALALANG / Brian JOHNSON(アメリカ)196.15 PB
5 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)186.20
6 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)177.58 PB
7 Liubov ILYUSHECHKINA / Charlie BILODEAU(カナダ)171.32
8 Riku MIURA / Ryuichi KIHARA(日本)167.50
9 Isabella GAMEZ / David-Alexandre PARADIS(フィリピン)127.43
WD Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)63.14

シメクニは棄権しました。理由はよく分からないです。コンディション不良でしょうか。世界選手権で会いましょう!

りくりゅー
3Tw 1T 3LzTh 3STh 3S ot
女性のソロジャンプが乱れました。3連続の最初が1回転になってもコンボ3つ目まで付ける根性は素晴らしい。グループ5は呼吸を整えてから持ち上げていますが、グループ4はすぐに上がりますね。演技を終えて女性が男性に笑顔で謝る和やかな雰囲気でした。

イリビロ
3Tw 3T-2T 2S fall 3FTh hd 2LoTh
男性のジャンプの方が不安定でした。スローフリップはお手付き、スローループは最初から2回転に落としたようです。スロージャンプが合わせられるまでの期間はペアによって様々です。イリビロは時間がかかるタイプなのでしょう。

タラダニ
3Tw 3S-1Eu-2S shaky 2A shaky 3STh 3LzTh ot
ツイストは普通だったので良かったです。多少の失点はあるものの、悪くない出来でした。終盤の急な曲の変化は、牛丼屋に入ったはずなのに満漢全席が出てきたぐらいの違和感があります。韓国人も1回転くるっとダンスリフトが好きなようです。世界のどこでもみんな好きなやつ。

イブトレ
3Tw 3T-2T shaky 2S 3LoTh shaky 3TTh
ツイストクリア。まあ……うんクリア。ジャンプのエレメンツでのミスありますけど、スロートゥループの成功で浄化されました。終わり良ければ総て良しってやつですね。これで世界選手権の代表に選ばれなかったら暴動を起こしてOKです。

スイハン
3Tw 3T-2T-2T 3STh 2S 3FTh
3連続は慎重に。3Sは2回転に抜けました。3Sのミスは珍しくないので驚きません。本人たちいわく、そんなに失敗することはないらしいのだけれど、試合で音楽をかけながらタイミングを合わせるのは難しいんですね。少々の停滞ぐらいだと、コレオシークエンスと2つのリフトで掻き消してしまいます。会場にいる韓国の観客は、あまりペアは観ないと思いますが、そんな人たちからも大歓声を浴びていました。魅力が通じたということですね。

カラジョン
3Tw 3T-2T 1S 3STh 3LzTh
みーーーーーんな3S失敗していますからカラジョンが失敗しても大丈夫です。ペアは3Tと3Sの基礎点の差をもう少しつけるべきですね。難易度に明らかな差があります。シングルに合わせる必要はまったくありません。バラード曲なので、エレメンツの成功で緩急を演出する必要があります。だからスロールッツは絶対に降りなければなりません。成功して一安心。

モーマリ
3Tw 2S-2T-2T 3LoTh 2T shaky 3STh
3回転が男女それぞれ1回ずつ抜け。そしてトランジションで男性が転倒して、演技の世界観が一気に崩れました。ノーミスだとスイハンにも勝てるかもしれなかったので、気合いが空回りしてしまったのかも。

ペンジン
3S 3T-2T 3Tw 3LoTh df 3STh
3S投入して成功させました。ここまでみんな3S失敗しているのに、シーズン前半抜いていたものをクリーンに降りるなんて。本来フィギュアスケートのシーズンってそういうものですよね。年明けに仕上げてくるものだった。スローループの両足着氷こそありますが、最後まで力強くて素敵でした。女性の自己主張が日に日に強くなっていて、最後は「光輝く私を見て!」と言わんばかりでしたよ。髪型もすっかり垢抜けて素敵になっちゃって。あたしゃ嬉しいったらありゃしないよ。

優勝者インタビューでは、スイちゃんが音頭を取って、中国へのエールを送っていました。コロナウィルス問題で会場に来られなかった中国のスケートファンも元気づけられたことでしょう。
2020
01.26

全米選手権 5日目 男子SP・ペアリザルト・アイスダンスリザルト

スポンサーが車屋、タイヤ屋、保険屋の大会。

男子SP
1 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating 114.13
2 Jason Brown, Skokie Valley SC 100.99
3 Andrew Torgashev, Broadmoor SC 97.87
4 Vincent Zhou, SC of San Francisco 94.82
5 Tomoki Hiwatashi, DuPage FSC 94.21
6 Aleksei Krasnozhon, Dallas FSC 80.71
7 Camden Pulkinen, Broadmoor SC 79.19
8 Sean Rabbitt, Glacier Falls FSC 77.71
9 Yaroslav Paniot, All Year FSC 77.10
10 Jordan Moeller, Northern Ice SC 71.87
11 Dinh Tran, SC of San Francisco 71.86
12 Jimmy Ma, SC of New York 71.54
13 William Hubbart, Individual Member 69.11
14 Ryan Dunk, Baltimore FSC 67.15
15 Joonsoo Kim, Los Angeles FSC 60.13
WD Emmanuel Savary, Broadmoor SC

杉田秀男さん御年85歳。深夜3時半に解説。

パニオット
4T-3T 3A hd 3Lz
ウクライナから移籍してきました。ウクライナどんだけお金ないんだ。演目がスウェイなので、もっと楽しそうに滑ってほしかったです。肝心のステップシークエンスを真顔で演じているんですもの。キスクラでふざけているときの表情の方がスウェイっぽかった。

トラン
3A 3Lz-2T 3F
ジャンプがとても高く上がりました。3Lz-3Tは回避して美しい演技を見せてくれました。シットスピンはええええええええ。

グリーン兄が成績優秀者として表彰されていました。頭が良いならスケートから離れても活躍できますね。兄以外の優秀者は全員アジア系でした。アジア系が頭良いのはマジなんだな。

ネイサン
4F 3A 4T-3T
ラスボスがこんな滑走順で出てきちゃいかんでしょ。ノーミスのクリーンプログラムを披露しました。引くところが全然ありませんね。4回転の加点が多いとかは、これは全米だから大丈夫です。全米だから満点でOKです。なぜかって?全米だからだよ。

クラスノジョン
3Lz shaky 3A 3F-3Lo
ババくさい花柄の衣装にもすっかり慣れました。3Aの質はしっかりとキープされています。最初だけだと最近ありがちな量産型しっとりプロだけど、終盤ピロピロさせるあたりは、ロシアイズムなんだろうなあ。明け方にはこういうプログラムの方がありがたい。

ラビット
3F-3T 2A 3Lz
非常に完成度の高い演技でした。3Lzのアテンション評価はありますが、流れのあるジャンプですし、美しいメロディーを盛り立ててくれました。コンビネーションスピンのキャメルポジションが安定していて、回転速度も申し分なかったです。国際大会の派遣ください。

ヴィンセント
4S 3Lz-3T 3A
4回転降りられるかどうか……という話でしたが、4Sしっかり成功させてきました。ここ一番に合わせられるのが一流選手ですね。絶好調ではないけれど、カントリーで中間年らしくちょっと得意路線から外して挑戦にも成功していますし、良かったのではないかと思いますね。全米はスケーティングが得意な選手が点数が出やすいので、ちょっとPCSが抑えられました。

トルガシェフ
4T 3A 3F-3T
一瞬坊主にしたかと。3Aの助走の雄大さがさらに緩和されました。フライングシットの入りから回転してトップスピードに入るまでがすごく速かったです。ステップシークエンスは踊りながら、移動距離が伸びた滑りで、これでもかというほどに魅せてくれました。トルガシェフ史上最高の出来です。

プルキネン
4T 3A so 3Lz-1T
4Tはクリーンに。着氷後ほとんど助走を入れずに3Aですが、これはステップアウトに。スピンに厳しい杉田さんからは、シットスピンの回転が遅くなったことを指摘されていました。杉田さん、これはデフォルトです!今シーズンはSP良くてLPで崩れていたから、今回はきっと逆になるんだな。

マーク・ミッチェル先生がそんじょそこらの50代には穿きこなせないチェックのパンツを身につけていらっしゃる。かっこいい。

モーラー
3A fall 3F-3T 3Lz
3Aは回転不足で転倒です。美少年時代は表現力ありそうで全然なかったんですよね。緩急もほぼなくて結構棒気味。今は振付師をやっているだけあって、スピンのポジション一つひとつにも意味を込めながら回るようになりました。ベテランはベテランで前進しています。

ブラウン
3F 3A 3Lz-3T
3Fとステップシークエンスは満点です。10.00もたくさん出ています。クワドレスで100点を出すなんて、国内選手権でも絶対に無理だと思っていました。世の中に絶対はありませんでした。3Aまでの構成としては、もうこれ以上できることがありません。最高です。ステップシークエンスのエッジコントロールが人間離れして「ほげーーーーー……」と呟いたら、携帯電話が「Ok google」と勘違いして反応してました。Googleアシスタントさんにんにも影響を及ぼす演技。

樋渡
4T 3A 3Lz-3T
チェンジシットのディフィカルトエントランスがあまりに軽妙で爽快で笑ってしまいました。曲の持つ疾走感を表現するのに最適です。表情を使って演じられるようにもなりましたね。これは樋渡史上最高の演技。史上最高連呼してますけど、言いすぎてないですよね?

ジミー
4T so 3A 3Lz fall
赤平さんがジミーが超絶陽キャであること理解した上で実況している。さすがにJスポの資料にも陽キャとは書いていないだろうし、SNSを日頃からチェックしているな?コンボ付けられなかったのは点数的に痛いです。ジャンプ降りられれば、最後までもっとノれていたはずです。ジミーの毛根の密度高い。

こんなにレベルの高い試合になるとは。LPはユーロと被らないのでじっくり観ます。

ペアリザルト
1 Alexa Knierim, DuPage FSC
Christopher Knierim, Broadmoor SC 216.15
2 Jessica Calalang, DuPage FSC
Brian Johnson, Detroit SC 213.57
3 Tarah Kayne, Broadmoor SC
Danny OShea, SC of New York 204.07
4 Ashley Cain-Gribble, SC of New York
Timothy LeDuc, Los Angeles FSC 197.12
5 Haven Denney, SC of New York
Brandon Frazier, All Year FSC 186.25
6 Audrey Lu, Dallas FSC
Misha Mitrofanov, Dallas FSC 181.49
7 Olivia Serafini, SC of New York
Mervin Tran, SC of New York 171.21
8 Jessica Pfund, Southwest Florida FSC
Joshua Santillan, All Year FSC 165.93
9 Nica Digerness, Broadmoor SC
Danny Neudecker, Seattle SC 164.12
10 Laiken Lockley, DuPage FSC
Keenan Prochnow, DuPage FSC 147.07
11 Maria Mokhova, Chelsea FSC
Ivan Mokhov, Chelsea FSC 143.29
12 Allison Timlen, Columbia FSC (MD)
Justin Highgate-Brutman, St. Clair Shores FSC 135.10

デニフレ
3Tw 3LoTh 2S so 2A-1Eu-2S 3STh fall
女性の3Sが2回転に、男性はステップアウトしました。スローサルコウは転倒です。リフトはいつも通り上手ですし、終盤に畳み掛けてきました。観客も見どころが分かっているので、大いに盛り上がっていました。演技を終え、女性が手を合わせてごめんなさいみたいな感じで話をしていました。

ルーミト
3Tw 3S-1Eu-3S 3LzTh 3T 3LoTh fall
男性がスロージャンプをほとんど投げていないので、当然3回転を余裕持って回れるわけでもなく転倒しました。リフトでワンフットもできず、最後は男性が女性に遅れないように必死について行くだけになりました。男女の技術差が開く一方です。

セラトラ
3Tw 3F fall 3T-1Eu-2S 3LzTh hd 3STh td
マーヴィン・トランさん29歳ペアスケーター。3Fを降りました。カストラのときずっとソロジャンプを失敗していたイメージだけど、3Fは降りられるんですね。スローの投げ方は相変わらずでした。おなじみの下手なカバー音源を使っていました。オリジナル使うとSnow Patrolにとんでもないお金請求されるのか?

ケイン髭
3Tw 3Lo shaky 3LzTh df 3S shaky-2T-2Lo shaky 3STh
致命的なミスはありませんが、ジャンプでは加点を得られません。リフトも危なかったので加点は望めません。ことあるごとにエレメンツで流れを切らしてしまったと思います。

カラジョン
3Tw 3T-2T 3S 3STh 3FTh
うっひょおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!全部入った!女性はソロジャンプ得意なので心配なかったですけど、不安定だった男性まで決めてくるとは。さすがにここは想像以上です。曲はYou are the reasonです。この結果のために、このパートナーに巡り合えたってことですね。

タラダニ
3Tw 3S-1Eu-2S 2A 3STh df 3LzTh hd
初速がいつもとまるで違っていました。ツイストは乱れなくキャッチができました。いつもこのツイストができるようになれば。トレードマークのダンスリフトからのスローサルコウは両足着氷でした。SPよりは間違いなく良かったです。去年のリフト落下の悔しさを晴らしにきたと思うので、100%満足ではないだろうけど、トップ3に入って自力で四大陸には出られます。

シメクニ
3Tw 3T fall 3LoTh 2S 3FTh
男性が3Tで転倒です。3Sは最初から2回転にしました。悪かった部分よりもむしろ、スロージャンプの着氷のゆるぎなさが戻ってきたこととか、リフトで苦労しなくなったこととか、妻のスケートに生命力が満ちていることとかプラスの面が入ってきます。病気をして2年以上ずっと調子が戻っていませんでしたから、やっと世界のトップ争いをするためのスタート位置にまで戻れた気がします。そのためには!ソロジャンプ降りてください!!!

ペア代表はすんなり上位2組に決まるでしょう。シメクニとタラダニの調子が戻ってきたことが嬉しいです。カラジョンはボイコズ、ミシガリ、ダリデニに並ぶ新星です。国際大会でも200点は苦労なく出せるペアだと思います。ケイン髭はスロージャンプの確率が低すぎます。国際大会で戦うのなら7割は降りないと厳しいです。降りなくても戦えるのはタラモロクラスだけです。

アイスダンスリザルト
1 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 221.86
2 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 217.19
3 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 201.16
4 Christina Carreira, SC of New York
Anthony Ponomarenko, SC of San Francisco 194.16
5 Caroline Green, Pavilion SC of Cleveland Heights
Michael Parsons, Washington FSC 180.25
6 Lorraine McNamara, Peninsula SC
Quinn Carpenter, Washington FSC 173.67
7 Eva Pate, Strongsville SC
Logan Bye, SC of New York 155.82
8 Livvy Shilling, Columbus FSC
Alexander Petrov, Hershey FSC 133.93
9 Bailey Melton, Broadmoor SC
Ryan ODonnell, SC of Houston 96.02

マクカー
スピンの後に2人とも転倒しました。エレメンツ内の転倒という厳しい判定を受けています。ステップシークエンスのレベルがまったく取れていないです。膝を使えないので、ペタペタと平面的に滑っていて、見栄えとしてもあまり良くありません。トランジションが多いので、それをこなすことに意識が行って、せっかくタンゴのプログラムに変更したのに直線的で単調な演技になっています。序盤のリフトとかは魅せ方上手なんですけども。チョクベイもハベドノも足踏みがあって世界のトップクラスまで到達したので、腐らないでがんばってほしい。

カレポノ
今日もツイズルに成功しました。絞った効果なのかもしれないけれど、ここは男女両方失敗するからシンプル上達かも。スピンとローテーショナルリフトの間にトランジションを長めに取りました。そこにワンフットステップを入れているので、サーキュラーステップっぽく見えました。構成が上手。コレオステップがノーバリューになった意味はさっぱり分かりません。点数が入った試合と見比べても違いが分からない。ショートバリアからショートバリアに移動していないと判定されたのでしょうか。これで点数入ってたらFD3位だったんですよね。こういう判定あると萎えて他の演技観る気が失せてしまう。

グリパー
しっとりとした音楽なので滑りやすいのか、RDよりも男女のバランスが取れた演技になっていました。トランジションのムーブメントを失敗して転倒扱いになり、その後のストレートラインリフトがガタガタに。ローテーショナルリフトも、気持ちゆったり回転でした。8点台が出せていたはずなので、ちょっと残念な出来になりました。

ハベドノ
出だしはすごく良かった気がするんですけど、ワンフットステップで男性が足をついてレベルを落としたことをきっかけに、ちょっと……勢いがなくなりましたかね。カーブリフトとコレオステップは、単にスローパートだからゆったり滑っているようには見えなかったんです。緩いなあという感じ。国内選手権のコレオステップで+3を付けるジャッジがいるってよっぽどのことだと思うんですよ。男女ともに足首を使ったエグさのある滑りが影を潜めていました。オールレベル4でも勝つことはできなかったです。強いハベドノ戻ってきて。

チョクベイ
5年ぶりの王座奪還です。本当に一番手が入れ替わりました。ハベドノに連勝ですから文句なしの一番手ですよ。サーキュラーステップだけはレベルを落とさないように慎重になりすぎていました。ターンが飛ばないようにするのとスピードの両立は大変です。他は素晴らしいの一言に尽きます。ツイズルも弱点ではなくなりました。ジャッジもユーロに対抗してがんばって良い点数を出しました。偉いね。

ホワベイ
カーブ+カーブのコンビネーションリフトは魅せるのが難しいです。大抵ステーショナリーと合わせてスピード感をアピールするわけですが、カーブ+カーブだと、音一つひとつに動きを充てないとダラダラして見えてしまいます。ワンフットもそうですね。ここがこのプログラムの穴だと思います。音楽の助けを借りられない難しいプログラムなので、好みも分かれそうです。カレポノのフラメンコが分かりやすいから比べられてしまいますしね。

今年も上位3組はマリー軍団でした。四大陸・世界選手権と楽しみですね。アイスダンスの表彰式ではメリチャリがプレゼンターを務めました。メリルかわいい。アンドレーエフの妻になってもかわいい。
2019
10.27

スケートカナダ 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)140.26
2 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)132.99
3 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)128.72
4 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)128.29
5 Liubov ILYUSHECHKINA / Charlie BILODEAU(カナダ)123.85
6 Jessica CALALANG / Brian JOHNSON(アメリカ)119.00
7 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)108.57
8 Feiyao TANG / Yongchao YANG(中国)108.22

ペアリザルト
1 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)216.71 PB
2 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)208.49
3 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)202.29
4 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)199.57
5 Liubov ILYUSHECHKINA / Charlie BILODEAU(カナダ)192.47
6 Jessica CALALANG / Brian JOHNSON(アメリカ)181.54 PB
7 Feiyao TANG / Yongchao YANG(中国)170.57
8 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)164.66

タンヤン
3Tw 3T 2A-2T 3LoTh 3STh
投げ技は決まりました。アクセルラッソーは上げたはいいものの、一度も腕を伸ばせないまま下ろしてノーバリューになりました。リバースラッソーも危なかったです。グループ3だけ平均以上に上手かったです。

イブトレ
3Tw 3T-2T 3S fall 3LoTh fall 3TTh
デススパイラルを最初に入れるペアは大抵苦手だからなのに、彼らは上手でした。3T-2Tは軸の傾き方がシンクロしていました。途中で2回転倒したのに、それがなかったかのように、すーーーっと次のエレメンツに移っているのがよかったです。

イリビロ
3Tw 2T so 3S hd 3FTh hd 3LoTh
3T-2Tは男性がステップアウト、女性がダブルに。3Sは男性が手をつきました。なかなか上手くいかない。スロージャンプはまだタイミングを掴めていません。グループ4の垂直リフトでは大歓声を浴びました。ノーミスならカナダ選手権でフライングスタオベが始まるやつです。

カラジョン
3Tw 3T-2T shaky 3S df 3STh hd 3LzTh
4本のジャンプ要素で加点の得られるものはなかったです。ジャンプ以外はとてもよかったのですがね。全米選手権では4強の一角を崩すと予想しています。

シメクニ
3Tw 3T-1T 3S hd 3FTh df 3LoTh df
今の流行りに乗ったはいいがめちゃくちゃ滑りこなせていないです。コーチがサフ子のままなら確実にものにできていたはずですが。ペアスピンなどの一部のエレメンツがいいだけで、正直いつもと同じなんです。シメクニはザ・アメリカ!な選曲でいいと思うし、それは決して悪いことではありません。みんなネオクラ使うから差別化になりますしね。今日の男性はソロジャンプがんばりました。

タラモロ
3Tw 2S 3T-2T-2T 3LoTh 3STh
長髪モロゾフは誰かに似てると思って引っ掛かっていたんですよ。最近の氷川きよしだ!スロージャンプは上手かったですが、リフトがよくありません。アクセルラッソーは崩壊してノーバリューですし、ネームバリュー加点を引いたらちょっと厳しい。元々ハイクオリティーのエレメンツを決めまくり、歩幅の揃ったスケーティングでハイスコアを稼いでいたペアです。その両方でアピールできない上に、印象に残らないプログラムなのですから、輪をかけて悪く見えます。

ボイコズ
3S 3T-2T-2T 3Tw 3LzTh 3LoTh
プログラムはひどいけれど、エレメンツの完成度でねじ伏せてくれました。何回も何回も曲が戻る必要性が分からない。振付師に苦情言いたい。2人はよくがんばりました。タラモロがストクリ以外のロシアペアに負けるのって2015-2016シーズンのロシア選手権以来なんです。時代は動いた。タマラがキュートなピンクのお洋服着てる。78歳とは思えないね。

モーマリ
3Tw 3S-1T 3LoTh 1T 3STh
モーマリ比でツイストがいい日でした。男性のソロジャンプが不発の日でした。得意のロマンティック路線ですが、爽やかすぎず、ペアとしての円熟味を見せてくれました。LPでも膝つきフィニッシュです。膝つくのマイブームなの?点数発表前に、何点なら2位になる~ってキスクラで計算してるのかわいかったです。2位になれて一安心といった様子でした。

モーマリ、イリビロ、カラジョンのプログラムはよかったですが、ペアによってはなかなかの問題作もありつつなペアイベントとなりました。優勝が確実と目されていたタラモロがまさかの3位。先週のフレッシュな表彰台に続き、ペア界に新風が吹き荒れています。
back-to-top