FC2ブログ
2016
07.12

新カップル結成 ミスリヴェチコヴァ&チェーレイ

http://www.teraz.sk/sport/krasokorculiar-csolley-vymenil-talians/206193-clanok.html

グランプリシリーズのアサインから名前が消え、その去就に注目が集まっていたフェデリカ・テスタルカーシュ・チェーレイの2人でしたが、スロバキアの記事にテスタの引退が報じられました。この解散はチェーレイにとっては驚きだったようです。テスタは恋人との2ショット画像をしきりにアップロードしていたので、結婚を意識しての引退なのかもしれません。せっかく伸びてきたところでもったいない気もしますが、中間シーズンというのも引退を決意するタイミングですし、テスタの幸せを願いたいです。

そしてチェーレイですが、チェコのルチエ・ミスリヴェチコヴァとのカップル結成が併せて発表されました。カスカはどうなったんだという話は置いておいて、ルチエちゃんはノヴァクが引退してしまって(結局戻ってきたけど)から、新しいパートナーは見つけたのだけれど、カップルバランスが非常に悪くて、こちらもパートナーの引退で解散しました。なかなかパートナーに恵まれなかったルチエちゃんが、こうして優秀なダンサーであるチェーレイと組めたのは、ダンスファンとしてはとても嬉しく思います。競技はスロバキア所属で行うということです。連盟との交渉も迅速にスムーズに成功しました。カップルのハイライトは2018年のピョンチャンになると発言しています。チェーレイはソチの予選会で出場が次点で終わってしまったので、今度こそという気持ちは大きいでしょう。テスチェレはテスタのイタリアンな空気のカップルでしたが、新しいカップルは怪しげな大人のカップルになって欲しいという希望があります。新カップルは落下リフトするかな?
Comment:0
2015
11.06

中国杯 1日目 アイスダンスSD

地上波は関東ローカルで男子早朝。日本人いないからしょうがない。月曜日に9時間ぶっ通しでBSってのは、気が触れました?

アイスダンスSD
1 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)66.39
2 Madison CHOCK / Evan BATEA(アメリカ)65.36
3 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)63.54
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)58.35
5 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)53.90
6 Yue ZHAO / Xun ZHENG(中国)51.02 PB
7 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)50.64
WD Yue CONG / Zhuoming SUN(中国)

1番滑走の謎のカップルが女の子が2001年の8月17日生まれなので、年齢規定アウトで出られません。なんでエントリーしたのよ。

ジャオジェン
きれいなツイズルが入りました。ピンクのドレスと、青ベストに抹茶ジャケット。この色の取り合わせの悪さよ。ジャオさんのドレスの色味はコレジャナイ。昨シーズンのグダグダ感から随分滑らかに滑られるようになっていました。やっぱ男性が上手いから。

ワンリウ
パターンパートのホールドにかなり無理が見えます。ここの上達はまだまだのようです。フィーバーの表現があまりにも健全すぎるから、もっとネトネトしていただきたい。健全すぎるからパフォーマンスがジャオジェンより下にされたんですね。

テスチェレ
雰囲気が変わったように見えるのはチェーレイさんが髪を伐採されたからか。燕尾とグレーのようなブルーのようなドレス。1番最後のマーチ?パートのところのくるくる回す振付かわいいので、軽やかにローテーショナルまで繋げられたらもっとかわいくなるかも。チェーレイさんの歩みが少し止まり気味だったので。

イリジガ
ワルツでもマーチでもない、とても楽しいクイーンメドレー。とても楽しいんですけど、パーシャルのところあんまり滑れてなかったような。特にイリニフたんのエッジがフラット気味で・・・だからスピードにも乗れなかったのかもしれない。

ホワベイ
イリジガの後に滑ると余計に正統派。ジャンリュックだけ異様に元気で、ホワイエクさんがずっと静かだったので、ひょっとしたら体調が悪いのかもしれません。

カペラノ
数え切れないほどのカッペちゃんの赤いドレスコレクションに加えられる、ニュー赤いドレス。カッペちゃんのエッジやや浅め。前半は漕ぎ漕ぎするよりも、ゆったりと滑ることを意識していたように見えました。ローテーショナルリフトは回転がそんなによくなかったので、スピードに乗って回せなかったから、時間オーバーしてしまいましたか。

チョクベイ
前は曲を聞いて「え?」となったので、演技に集中できませんでした。今回はチョックさんがツイズルでブレードを掴めなかったのでレベルを落としました。回転もズレておりました。アンチェインドメロディーは後半にかけて、スケールの大きさをアピールしたいという考えから選んだのだと思います。この音源もね。そういう意図なら十分に理解できる。でもでも・・・なんか・・・ね?プロトコル見たらツイズルに加点ついてら。これはいかんで。こーーーーれはいかんで。

ジャオジェンが上達していて、チョクベイがいつも通り、あとのカップルはシーズン始めモードか調子がよくないかという感じでした。お客はそれなりに入っているようです。

苦い思い出の残る中国杯でのリベンジなるかラノッテさん(会場は違う)。
Comment:2
2015
02.07

ユニバーシアード 3日目 アイスダンスSD・ペアリザルト

アイスダンスSD
1 GUIGNARD Charlene / FABBRI Marco(イタリア)64.44
2 HURTADO Sara / DIAZ Adria(スペイン)63.12
3 TESTA Federica / CSOLLEY Lukas(スロバキア)53.04
4 KOSIGINA Evgenia / MOROSHKIN Nikolai(ロシア)52.10
5 UZUROVA Karina / ALI Ilias(カザフスタン)46.86
6 CHEN Hong / ZHAO Yan(中国)45.98
7 URBAN Jennifer / LERCHE Sevan(ドイツ)44.76
8 ROBLEDO Celia / FENERO Luis(スペイン)44.16
9 YERMAK Lolita / SHUMSKI Alexei(ウクライナ)42.38
10 AUBRY Laureline / BELLINGARD Kevin(フランス)42.08
11 SONG Linshu / LIU Yu(中国)40.04
12 NISHIMURA Kei / SUZUKI Kentaro(日本)34.04
13 SUN Wenqian / WANG Kuo(中国)34.02

ギニャファブはSD60点台超え安定になりつつあります。今回は±0さえない綺麗なプロトコルになっています。ギニャファブってもう25歳と27歳でベテランに入りつつあるんですよね。昔ならひよっこの年齢ですけど、今のダンスだと十分にそうなります。ダンスだけが唯一高齢化の波に反している。ウルディアもここらのスコアが安定。後半の項目は強いなあ。今回はこの2組が抜けた力があります。ちっこいカップルだから表彰台がかわいくなりそう。

コシモロはなかなかスコアを伸ばせないでいます。女性が大きくなったからバランス取れなくなってきたんでしょうか。みんなコシギナちゃんのイメージはここら辺で止まっているだろう。

コシモロ10


ペアLP
1 YU Xiaoyu / JIN Yang(中国)117.17
2 ASTAKHOVA Kristina / ROGONOV Alexei(ロシア)114.99
3 JAMES Vanessa / CIPRES Morgan(フランス)110.91
4 BAZAROVA Vera / DEPUTAT Andrei(ロシア)104.79
5 WANG Wenting / ZHANG Yan(中国)82.81
6 PALIAKOVA Maria / BOCHKOV Nikita(ベラルーシ)81.57

ペアリザルト
1 YU Xiaoyu / JIN Yang(中国)181.92
2 ASTAKHOVA Kristina / ROGONOV Alexei(ロシア)174.87
3 JAMES Vanessa / CIPRES Morgan(フランス)168.19
4 BAZAROVA Vera / DEPUTAT Andrei(ロシア)163.86
5 WANG Wenting / ZHANG Yan(中国)137.40
6 PALIAKOVA Maria / BOCHKOV Nikita(ベラルーシ)131.19

ユージン、アスロゴは安定。そして3位に入ったのがヴァネシプでした。リフトでマイナスがついていたので映像で確認してみましたらスローの転倒で動きが悪くなって、リフトがピシッとポジションにハマっていなかったんですね。最後のリフト落とすんじゃないかとハラハラする。

ワンジャンはLPも・・・・・。

今大会そのホフロワの衣装着たアスロゴも出てるんだよなあ。どう思われたんだろう。国際大会に出るレベルのペアが両方パクりはNO。コーチは何を考えているの?

ホフノビ20


音のズレた映像での感想を書くのは僕にはできません。フィギュアスケートは音楽表現あってナンボなので。音ズレした超高画質より、音の合った低画質の方が感想書けます。
2015
01.29

ヨーロッパ選手権 1日目 アイスダンスSD

バイブで起きられた。わし見た。

アイスダンスSD
1 Q Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)71.06 PB
2 Q Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)69.94 PB
3 Q Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)69.63
4 Q Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)64.95 PB
5 Q Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)62.91 PB
6 Q Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)62.59 PB
7 Q Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)62.10
8 Q Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)61.98
9 Q Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)61.69 PB
10 Q Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)60.16
11 Q Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(ロシア)58.34
12 Q Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)54.66
13 Q Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)53.27 PB
14 Q Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)52.01
15 Q Natalia KALISZEK / Maksim SPODIREV(ポーランド)51.69 PB
16 Q Carolina MOSCHENI / Adam LUKACS(ハンガリー)51.44
17 Q Allison REED / Vasili ROGOV(イスラエル)49.74 PB
18 Q Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)49.27
19 Q Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)47.33
20 Q Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)46.98
21 Jennifer URBAN / Sevan LERCHE(ドイツ)43.07 PB
22 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)42.89
23 Misato KOMATSUBARA / Andrea FABBRI(イタリア)42.83
24 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)42.72 PB
25 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)42.40
26 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)40.40
27 Tatiana KOZMAVA / Aleksandr ZOLOTAREV(グルジア)40.20 PB
28 Cecile POSTIAUX / Richard POSTIAUX(ベルギー)37.37 PB
29 Katarina PAICE / Yuri EREMENKO(スイス)30.32 PB
WD Olivia SMART / Joseph BUCKLAND(イギリス)

イリジガ
いい演技でした。このグループにいるので動きが段違いです。この派手さは分かりやすいし、安定した演技を繰り返してとにかくミスが少ないのはデカいです。ソイヤソイヤパーシャルの長さは人によっては気になるかもしれません。フィギュアスケートとフラメンコなんて対極にあるから余計に難しい。レベル取りこぼしまくってたイリニフがステップのレベル取れるようになったのが感慨深い。解散してよかったんだ。

フルソレ
マラゲーニャ過労気味。パーシャルの最後のパートはタイミング違反が取られやすいけど、振付を入れるならキーポイント2と3の間のところだから、持って行かれやすいのであろうか。スムースに行けない組が多い。70年代歌謡みたいなマラゲーニャでした。

ウチャルさん
今日は特にちゃんと演技を見てみました。このカップル男性がシングル出身だけあって、どうも動きがシングルから抜けていないのですよね。相手がいるというところまで注意が行っていなくて、まるでソロでダンスをしているよう。パターンダンスもそれぞれが滑っている感じがする。そして唐突に「オレ!」とフィニッシュになっても、え???となってしまう。男女の表現が向いているカップルではないとも思える。

シュトラン
ナショナルの演技を見ていなかったので久しぶりの彼らの演技でした。フラメンコは彼らというか「彼」には最も懸念があるテーマです。ツイズルの前とパターンダンスの前の漕ぎがものすごく気になります。ジュニアのペアがリフト上げるような大きな間でした。フリーレッグにバラつきがあってそれも相当目に入りました。そしてこの音楽、ジュベの悲劇のフラメンコじゃないフラメンコ思い出す。

ウルディア
ここにきてハマってきた感じがするスパニッシュ。スペイン人なのに外国人振付ならその意味がないのでナハロさんに振付してもらってよかった。彼はダンスの振付には親和性高いからいいですわ。スピードがあってよかった。ウルディアの顔がそれぞれマリパトに似てきた。マリーさんは老けないけど、パトリスはちょっと老け出した。

モンハリ
ツイズルで女性が失敗していきなり失敗からの出だし。パーシャルでレベルもとれませんでした。男性の動きと表情がいつも以上にキレキレだったのと反対に、女性はよくなかったように見えました。点数がああ・・・。

テスチェレ
セカンドツイズルでズレかけたけどサードで美しくまとめました。カーブリフトはいつも以上に落としたように見えました。とうとう失敗がきたかと思ったけどあれは成功だったようで。前の2組に比べると少し滑らないかなあと。特に女性の滑りが。ディダクションはあったけど60点を大きく超えた!!!

ナザニキ
大人たちの中に入ると子供感が際立つ。ロシア人はどうして白いマタドールにしたがるのだろう。いっっっっっっつも黒い衣装ばかり着せるのに。実にスタンダードなパソドブレの音源を使用しておりました。普通っていいですね。

ステブキ
GPSでレベルを取りこぼし続けていたシットツイズルは今回レベル4の認定がもらえました。大衆受けも非常に良好でした。こんなに脚の長さと細さを見せ付けることに特化しまくったプログラムもそうはない。10箇所ぐらいアピールするところがあるんですよー。ミッドラインもう少し滑ってくれたらさらによくなりそう。

カペラノ
白ドレスは挑戦的でよかったけど、いつものカペラノの赤と黒になりました。十分これも素敵ではあるんですけどね。最初のツイズル仕様のゆったりテンポのスペイン奇想曲は気になりました。エレメンツが終わった後はファンダンゴなんですね。選んでいるカップルが全然いないので初めてバイオで見ました。ホールド組んでねっとりじゃなくて、男女で楽しくカスタネット鳴らして踊るものらしいです。

ギニャファブ
ギニャールさんの衣装の背中部分はお花がギラギラでとっても素敵なんです。しかも背中の部分がストール風デザインで浮くようになっていてそれがなんともエロい。前髪カールさせて垂らしているのが、100年前の田舎の名家のお嬢さんみたいで、ダンサーと恋に落ちるみたいな妄想ストーリーが構築しやすくてありがたい。キレキレで調子が良さそうでした。

パパシゼ
他のカップルがパターンダンスがおまけのように見えるのに対して、この組はメインに見えます。それぐらい柔らかなタッチで気持ちいい滑りを見せてくれました。前のカップルと同じ曲なのにそれが全然気にならない。ってこともないけど、やっぱり魅せますわ。スケーティングスキルに関してはカペラノ抜いた感はある。

ペニコラ
ミッドラインの後加速が気持ちいい。知らぬ間にギアを一段上に入れておりました。クラッチ上手に踏めるんだなあ。パターンダンスでのホールドはかなり無理があるように見えます。ユーロと抜群の相性をほこっている彼らですがちょっと出遅れ。

ジガガジ
ツイズルでレベル4を獲得しました。最近ほとんど失敗していたので獲得できて何よりです。ミッドラインはエッジが不安定に感じました。2人とも年齢的な要因が大きいのでしょうか。初日の最終種目最終滑走だったのは、子供たちにこのストーリーを見せないための見えざる力が働いたのだな。

メダル争いは上位3組に絞られました。どの順番になるのか分からない。この氷はクワド向きじゃなくてダンス向きだったのか。大抵の選手がいつもよりいい滑りでしたもの。



2014
10.25

スケートアメリカ 1日目 アイスダンスSD

グランプリシリーズかいまく。からだにやさしいじかん。

アイスダンスSD
1 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)68.96
2 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)64.14
3 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)56.37
4 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)55.63 PB
5 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)55.14 PB
6 Nicole ORFORD / Thomas WILLIAMS(カナダ)55.10
7 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)54.18
8 Elisabeth PARADIS / Francois-Xavier OUELLETTE(カナダ)52.11 PB

バッファバッファでパラディスさんのところの後半と、カヌーシオさんのところの大半見られなかった。パラディスさんはちょっと変えたけど、インパクトのあるピンクのジュディ・オング衣装。カヌーシオさんたちはかっこいいフィニッシュだけ見られた。

テスタ&チェーレイ
落下させたのかと見紛うカーブリフト。ここは女性がマントでも牛でもフラメンコダンサーでもなく闘牛士を演じているらしい。カッペちゃんのお下がりカルメン衣装かわいい。かわいすぎて頭をよぎる。

ステブキ
女性が公式練習で壁に激突して棄権も心配されましたが出てきました。演技を見る限りでは大きな影響はなさそう。シットツイズルはやはり変態的な存在感を誇っている。パーシャルで男性の腰がちょっと引けていたような気がする。リフトはたくさんポーズを変えますが、スパニッシュなのでピシッとポーズを決めた方がかっこいいと思うのです。流れるようなリフトはそれに適した音楽があります。

ギニャファブ
ツイズルで男性が失敗して、ミッドラインでは女性が失敗しました。黒赤が多い中で、紫をつけるってのは目立っていいですね。女性の迫力のあるルックスにも似合ってるし。よく見ると背中もすごい。想像していたよりも、演技が軽かったような気がするけど、シーズンはこれからだわ。ってことで。女性の前髪のピロピロいいね。エミリー・サミュエルソンがタンゴロマンチカでもっと変なやつやってましたねー。

ニコトマ
勢いがある演技でした。この組はワルツみたいな上品系の方が得意だと思っていたけれど、こういうのもイケるのか。むしろワルツよりもこっちの方がよかった。1試合目でエスパーニャカーニが被ってしまった。

シブタニズ
まず目に入るすごすぎるお乳。以外と悪くないんだよなーイメージはないけど。多分はるみに表現力あるからだ。パーシャルはバタついていたような印象。というか全組バタついていると思われる。1番手入れ替わってクソプロ充てられる覚悟をしてたけど、そんなことはなかった。

チョクベイ
最初のリフトはポーズを音にハメようとし過ぎて外してしまったように見えた。ベイツさんが声出しまくってるのが笑える。チョックさんのスカートプレイ素敵なんだけど、ただ持ってるだけのところはスカートの中身見せる痴女みたいだ。パーシャルステップは離れたらいかんのだけど、ポージング的に無理があるものでもずっと手を繋いでいるから違和感。これはルールのせいだな。

カメラに抜かれたメリチャリ。チャーリーが見る度に成長をしている。妊娠ではないだろうな。メリチャリにタニス、ファビアン、マッシモさん。アイスショーやってくれや。

初戦なのにみなさんそんなに取りこぼしていなかったです。マジもんの初戦って人はあんまりいないからかな。パターンやパーシャルでレベル1を取った人がいなかったのはかなり優秀。ステブキのツイズルがレベル1だったのは残念。加点はすごいんですけどね。3位からの点差が詰まっているのでメダル争いがおもしろくなりそうです。
Comment:0
back-to-top