2014
03.29

世界選手権 4日目 アイスダンスリザルト

ブログのアクセス見て分かるのが、一般人気は女子・ファン人気は男子。はっきりわかんだね。

アイスダンスFD
1 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)108.71
2 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)107.17 PB
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)106.21 PB
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)105.73 PB
5 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)99.88 PB
6 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)95.02
7 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)94.44
8 Victoria SINITSINA / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)93.24 PB
9 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)92.45
10 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)91.08 PB
11 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)88.23
12 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)86.79 PB
13 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)86.38 PB
14 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)86.10
15 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)85.35
16 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON(アメリカ)84.03
17 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)82.41
18 Cathy REED / Chris REED(日本)80.95
19 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)77.35
20 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)70.95

アイスダンスリザルト
1 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)175.43 PB
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)175.41 PB
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)175.37
4 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)174.38
5 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)167.59 PB
6 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)158.57
7 Victoria SINITSINA / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)155.35 PB
8 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)153.86
9 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)153.66
10 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)148.76 PB
11 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)148.37
12 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)145.24
13 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)141.49
14 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)140.77
15 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)140.72
16 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)137.47
17 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON(アメリカ)137.37
18 Cathy REED / Chris REED(日本)136.13
19 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)130.38
20 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)124.02

ウルディア
男性がセカンド、女性がサードツイズルで失敗でした。失敗はそこぐらいで評価は高まってきています。オリンピックはハイパーインフレだったのでこれぐらいが妥当なところだと思います。今日も減点ストレートラインリフトは減点されませんでした。パトリスが五輪でのスペインジャケット着てる。シャツとパンツの組み合わせによっては日常使いできそう。ほしい。

アルイー
試合の度に良くなっているような気がするアルイー。体がデカいから慣らすまでに時間がかかるのかしら。細かい動きをするのに何回も練習してスムースにこなせるようにならないといけないから。このボリウッドはこれでいいやって結論に至りました。来シーズンは同門2組との潰し合い!

アリアル
ストリーミング死亡。トルコ応援団すごいみたいですね。国旗配ったのか。

シュトラン
衣装の配色がテサモエをパクじゃなくてインスパイアされているんですねきっと。ツイズルは女性が失敗でした。いつも男性が失敗すると思わないことね!ローテーショナルリフトは柔らかい感じで曲の雰囲気を壊さないものになっていました。後半になると男性の体力がみるみるうちに落ちてきて、映画とは別の方向にお別れみたいになりそうでした。ランドがヒゲ生やしてる。大人ニナッテルナー。

ギニャファブ
この組のロングリフト素晴らしいですねえ移動距離もそうですけどポジションチェンジのスムースさもいいです。僕ならGOE+2あげちゃう!昨シーズンの四季がとてもスピードがあって流れが止まらない良いプログラムだったので、どうしてもそれと比べてしまっていたのですが、今回の演技は本当に良い演技だったと思います。シーズン一番だったと言っても良いです。

パパシゼ
レベル取りこぼしパラダイスのパパシゼですが今日は彼ら比でしっかりレベルを取れていました。ステップはレベル3取れたみたいですし、ツイズルはレベル取れていないんですけど、回転はしっかり揃っていたのでGOEでプラスはもらえます。男女ともにスケーティングはまだまだのカップルなのでこれからに期待です。枠とかは関係ない位置にありますし、しっかりと滑れてとりあえずOKということで。

トビスタ
このプログラムは彼らのハマりプロですねホントにねえ。スピードがしっかりと出ていたので爽快感がありました。ロングリフトの前にペアのリフトでもやるんか?っていうぐらいに助走つけていたのは笑ってしまいました。後半項目はパパシゼより上だけどスケーティングスキルやトランジションは下。これは納得できますね。ちょっとシンプルでランも多かったですから。パパシゼは変なこといっぱいしますもん。

ズロシト
このプログラムはもうちょっとこうステップに変なことをしてくれたらなーと思うんですよね。ステップの時腕の動きプラプラしてるのもちょっともったいないなーって。もっと力込めてより一層変なプログラムにしていって欲しいわけですよ。演技終わってTES3点上がったー。

リード組
ツイズルはキャシーがブレてレベルが2になりました。ステップ1つレベル2になってしまったのでここだけで4点ぐらい失ってしまいました。スピードはあったので、そこは良かったと思います。現役を続けていくそうなのでまた来シーズン。今はゆっくり休んでくれー。怪我ある中ネーベルホルンからフルシーズン本当にがんばった。

ポルイス
こちらの演技もオリンピックとは別人のように良い滑りでした。ツイズルの2本目の入りで少し停滞しましたけど、きちんと流れていきました。すごくスピードがあって滑らかな滑りでした。映画のテーマには全く合っていないんですけどね。女性には既婚女性の雰囲気ないし、男性は王って言うにはおぼこすぎる雰囲気だし。というか王やるならボサボサ髪じゃなくて髪セットした方が良かったんじゃないのか・・・いいのか?

シブタニズ
最初のストレートラインリフトのひでおの頷きがすごく気になる。あれはリズムを取っているのだろうか。Man in the mirrorのところがやっぱ気になる。あそこはあまり好きじゃない。スリラーは好きなんですよね、あの導入部のサイドバイサイドの振り付け好き。もう少しスリラーに入ってからスピードを出してさらに迫力を出して欲しいのです。スタミナ的な問題なのかなんなのか。ひでおよ、ここはコロラドスプリングスじゃないぞ。

ジガガジ
ツイズルでガジさんがミスって、ローテーショナルも回し損ねて・・・・・全体的にミスが多かったです。スピードも少し足りなかったですしね。こういう時は日程とホテルのせいにすればいい。そもそも男女を夜の放送に合わせてカップル競技の日程適当にしすぎ。

ペニコラ
エレメンツの失敗は無かったです。このカップルの評価が高い理由はきちんとエレメンツを決めるところと、ぬめぬめきちんと滑られるところ。評価が突っ切れない理由は伸びるスケーティングではないところ、どうしてもペアっぽすぎるところに。これからも上がったり下がったりを繰り返しそうな。でもトップ10に入れてよかった。

パイポー
加点の嵐でした。これが僕が待っていたパイポーのプログラムの評価なのですよ。この独創性は今シーズンの全プログラムを見ても唯一無二でありますから。ツイズルの2つ目で男性が乱れましたが、きちんとレベルはとれています。0ぐらいの質で済むものだと思いますし。本当にあっという間に終わってしまいました。7点代後半の評価をもらえました。いいねー。

シニジガ
ツイズルみんな失敗しまくりの中で綺麗にスタートしました。このプログラムはペアっぽくはあるんですけど、若々しい迫力と爽快感があって僕は好きなんですよ。リフトはちょっと重そうですけど、これはこれでいいのです。解散しないでね。

ペシャブル
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああよかったあああああああああああああああああああああ失敗しなかったあああああああああああああああああああああちょっと慎重だし、加点出しすぎだけど最後だからああああああああああああああああああああ許してええええええええええええええええええええ
んんんんんんんんんんんんん出しすぎwwwwwwwwwwwwwwwwでも許してえええええええええええええええええええ今日だけはあああああああああああああああああ

チョクベイ
最初からクライマックスのプログラムもクライマックスを迎えました。今大会は女性の滑りがいつもに比べると悪かったので、いつもにもまして曲の壮大さにかき消されてしまっていたような感じがしました。結果は残してきましたが少し戦略ミスという感じはするので来シーズンのはそろそろイロモノください。ドクトルジバコにレミゼに・・・イロモノ無いと死んじゃう。

イリカツ
昨日の失敗から一夜とても良い演技でした。ステップのレベル1つ上でもギリギリ届きませんでした。これが果たして最後になるのかどうか。モロゾフの反応の方が演技よりおもしろかった。

カペラノ
あまりにもスピードが足りなさ過ぎました。エレメンツが慎重すぎて、エレメンツやるよーな演技になっていてトランジションのスカスカやリンキングフットワークもイリカツに比べるととても目立ちました。この2組が連なって滑走すると差が見えすぎてしまうんですよね。レベル4ステップとっておきたかった。と思ったら1位きた。0.06の差。これが勝負の世界。

ウィバポジェ
最終グループで一番元気だったウィバポジェ。途中までTESがすごいことになっていて絶対優勝するっていうところだったのですが惜しかったです。ツイズルで失敗してもいました。このプログラム最後に良い形で締められました。PCSはカペラノと0.01差でした。本当に僅差でした。

長年頑張ってきた&辛酸なめ子だったカペラノと、ハイパー人格者できちんとここに照準を合わせたウィバポジェが結果を出せて良かったです。イリカツマジでどうすんだよ・・・。ペシャブルを勝たせたいというのはジャッジ側もそう思っていたとは思うのですが、こればかりはしょうがない。

点数は全組に言えますけど出過ぎも出過ぎでした。みんなへろへろなのに・・・。ボタン1つ押し違えるだけで順位の変わる点差なので順位に対しては素直におめでとう!と言いたいです。みんな4年間続けてね。ナタリーめっちゃ悲しそう。

来シーズンの枠は
3枠 カナダ・ロシア・アメリカ
2枠 イタリア・フランス・イギリス
となりました。ドイツは残念ながら枠を減らしましたが3枠の国はキープでした安心しました。
2014
03.09

ペシャラ&ブルザは世界選手権に出ます

http://sport24.lefigaro.fr/sports-d-hiver/actualites/derniere-danse-pour-pechalat-bourzat-683527

どうせ連盟が言ってるだけだろ、鼻くそホジホジ状態だったけれど


ちゃんと公式ツイッターでもきたあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!

ナタリー・ペシャラファビアン・ブルザは世界選手権を最後に舞台に選びました。こ!れ!は!金メダル!!!金メダル!!!!!ううううううううううううううううううううう!!!女子の前にダンスのFDがあるので、ダンスファンはここで力を使い果たすわけですね。熾烈な金メダル、メダル争い。熱い、熱いぜ。

今の気持ちは

デニバレ36

こんな感じで


ソトニコワ373

こんな感じで


ジュベ85

こんな感じ


楽しみです。

当分コメント欄閉じます。
2014
02.18

ナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザ 引退

http://www.francetvsport.fr/les-jeux-olympiques/pechalat-et-bourzat-s-arretent-la-207627

ナタリー・ペシャラファビアン・ブルザも引退を発表しました。ダンサーの中では跳びぬけてキャリアが長く、2人共に30代の選手は残っていません。同世代の選手が皆怪我でリンクを去っていく中、1組だけよく頑張ってくれました。2011年の世界選手権での思わぬ転倒、2012年の鼻骨骨折からの地元世界選手権でのメダル、2013年の筋肉の部分断裂からの世界選手権の失速、そしてメダルには手が届かなかったけれど、これがキャリアハイとも言えるような今回の2つの素晴らしい演技。ジェットコースターのようでした。
衣装は趣向を凝らし、プログラムはフロアダンサーと組み他のカップルが滑らないようなプログラムをいつも滑っていました。ミュリエル先生、ズーリン、カメレンゴ、シュピルバンドとダンス界の主要なコーチからエッセンスを受け継いで、彼らにしか出来ない事をたくさんしてくれました。引退後はナタリーはフランスに戻り普通の暮らしを楽しみたいとのこと(ジャッジの資格取得にも興味あり)。ファビアンは来シーズンにもシュピルバンドの元でコーチ業を始めていきたいそう。世界選手権での金メダル獲得は叶うことはありませんでしたが、日本で最後の瞬間を迎えてくれて嬉しく思いました。
Comment:4
2014
02.17

ソチオリンピック アイスダンスSD

詩ちゃんの「ツイズルよく揃いました」を疑念の目で見つめる会。

アイスダンスSD
1 DAVIS Meryl / WHITE Charlie(アメリカ)78.89 PB
2 VIRTUE Tessa / MOIR Scott(カナダ)76.33
3 ILINYKH Elena / KATSALAPOV Nikita(ロシア)73.04 PB
4 PECHALAT Nathalie / BOURZAT Fabian(フランス)72.78 PB
5 BOBROVA Ekaterina / SOLOVIEV Dmitri(ロシア)69.97
6 CAPPELLINI Anna / LANOTTE Luca(イタリア)67.58
7 WEAVER Kaitlyn / POJE Andrew(カナダ)65.93
8 CHOCK Madison / BATES Evan(アメリカ)65.46
9 SHIBUTANI Maia / SHIBUTANI Alex(アメリカ)64.47
10 ZHIGANSHINA Nelli / GAZSI Alexander(ドイツ)60.91 PB
11 COOMES Penny / BUCKLAND Nicholas(イギリス)59.33
12 HURTADO Sara / DIAZ Adria(スペイン)58.58 PB
13 CARRON Pernelle / JONES Lloyd(フランス)58.25
14 ZLOBINA Julia / SITNIKOV Alexei(アゼルバイジャン)58.15
15 GUIGNARD Charlene / FABBRI Marco(イタリア)58.14
16 SINITSINA Victoria / ZHIGANSHIN Ruslan(ロシア)58.01
17 TOBIAS Isabella / STAGNIUNAS Deividas(リトアニア)56.40
18 PAUL Alexandra / ISLAM Mitchell(カナダ)55.91
19 KOLBE Tanja / CARUSO Stefano(ドイツ)54.43
20 OBRIEN Danielle / MERRIMAN Gregory(オーストラリア)52.68 PB
21 REED Cathy / REED Chris(日本)52.29
22 AGAFONOVA Alisa / UCAR Alper(トルコ)49.84
23 HUANG Xintong / ZHENG Xun(中国)48.96
24 HEEKIN-CANEDY Siobhan / DUN Dmitri(ウクライナ)41.90

リード組
パターンダンスの第2セクションから見られました。最後のところが怪しかった?ミッドラインは団体戦でとても良かったですけど、今日の出来はあまり良くなかったと思います。2人の距離が少しあったし、キャシーのエッジが浅くて、グラついていました。リプレイでツイズル見たら、かつてない程に揃っていました。ミッドラインやっぱりレベル2か・・・。

キャロジョン
エッジが浅いもののよく動きは揃っていたサーキュラーでした。ツイズルはすごくズレました。パターンの2つ目の最初の動きがかなりシェイキーだったと思います。音楽が変わっても男性のスタミナが無いからか滑り分けが不明瞭でした。バテバテで最後の方クイックじゃなかった。これでスケーティングスキル6.93、あの盛大なズレでたった-0.14とは。わしには分からん。

シニジガ
ツイズルは回転速度がもう少しあればなーと、ローテーショナルは今日も回転速度が遅い、トランジションの動きが少し重い、ミッドラインは位置は近いけど距離が伸びない。地元のプレッシャーからか、どのエレメンツ、トランジションも動きがゆっくりでジガンシンさんの動きもやり切れていない感がありました。

コルカル
オリジナルフィンステップのボルサリーノ。フィンステップを作った先生の生徒なので、滑って欲しいという事だったのでしょうか。やっぱりステップとのマッチングは素晴らしいな。ミッドラインはいつものように男性の滑りが怪しかったです。こちらの男性やはり、少し技術力に問題があるかと。ツイズルはよく揃っていたと思います。

ウルディア
ツイズル成功しました。とてもスピードあって良かったと思います。上背が無いので彼らは細かい動きをたくさん入れて見せるようにしていますね。ファブリさんがミッドラインの中ごろでスタンブル、さらにその後にもう一回シェイキーになりました。このミスさえ無ければクリーンな演技でした。

ヒキドゥニ
これはアカン・・・・なレベルでした。全エレメンツがいかんかったです。今シーズンどうした?

ちんとんしゃん
ツイズルで盛大にズレて、パターンのエッジが浅い・・・ネーベルホルンの演技はどこに行っちゃったんだ?という出来でした。

オブメリ
エレメンツはきちんとこなしました。ミッドラインは近くて良かったと思います。この組は年々エレメンツの質は向上してきていますが、トランジションの上達が見えにくいですね。エレメンツ以外になると途端に動きと姿勢とホールドが悪くなります。ナチュラルにそれを行えていないんですよねー、初めての恋人とジュニアプロムに出た高校生カップルみたいな。

トルコさん
アガフォノワさんデカい。171もあるんですよねー。ミッドライン滑ってる時迫力ありすぎて怖かったです。体型の影響からか少しリフトは苦手ではあるんですけど。ってえええええええええええええええええええええええええええええ全然レベル取れてねええええええええええええええええ・・・・・アカン。

ウルディア
ツイズルはクリア、パターンはそつなくこなしました。サーキュラーは少し物足りないボリュームだなーと思いますが失敗はしなかったので良かったと思います。レベルをしっかりと取ってきてパーソナルベストを更新!素晴らしい演技でした。

トビスタ
ツイズルは2つともシェイキーになりました。ミッドラインはもう少しフリーレッグ揃えて欲しいなーとも。このプログラムは彼らというか、女性の華やかな雰囲気にピッタリなんですよね。最後のローテーショナルリフト大好きなんですよ。エレメンツがそれほど良くは無かっただけで、全体的な滑りは良かったと思います。

NHKがここで放送中断しレジェンド氏の表彰式。この表彰システム誰も得しない。

ポルイス
映像がほぼ死んでおられたのですが、国内選手権で見られたようなキレとグライドのある滑りが影を潜めておりました。どうしてこうなっちゃったの?状態。なんだろうな、カメレンゴチーム特有のプログラムの作りの若干の甘さが見えてしまったのが・・・オブメリは技術的な問題もあるんでしょうけど、共通してトランジションで音楽性を反映させる振付を作るのが上手じゃないなーと。スケカナの時は良く滑っていたのに、今日は緊張があったのでしょうか。

ズロシト
ホールドを組んだステップから、音楽が少し変化してミッドライン。とても音楽をきちんと反映させていて素敵だと思いました。ピンクパンサーにシングシングシングを付ける意味はちょっと分からないけど。でもペシャブルのシング~よりはいいな。やっぱりメロディーラインが無いと違和感しか残らないフィンステップ。シトニコフさん髪切って、絆創膏に似てきた。

シブタニズ
冒頭のツイズルは完璧でした。とても軽快で良い滑りだったと思います。パターンダンスのイメージにもピッタリなんですけど、少しエッジが浅いなーというところ。フラットでは無いですけど浅いんですよね。単に流れがあって美しいというだけでっプログラムが終わってしまっているのも、なんというか物足りないというか。65点の壁からずっと抜け出せないのは、こういう足りないところが多いからなんだろうなとも。

チョクベイ
とてもクリーンな演技でした。パターンに入るまでにたっぷりと2人がホールドを組んでスケーティングをしていました。2人の身長差があるのでホールドは美しいとまでは言えないですが、それでもここまでダンスらしさを出してくるのはすごいなーと思います。ここまでのカップルの中で一番上手にパターンを滑っていたと思います。ツイズルの後にベイツさん小ガッツポーズ。ツイズルレベル3は痛かったですね。

カペラノ
ツイズルはラノッテさんの方が2つ目で停滞がありました、回転はよく揃っていました。音楽とちょっと合っていないサーキュラーステップですが、やはり今日もレベルを取りに来ていました。ただラノッテさんが終わりの方でエッジを滑らせてしまいました。滑り出しからラノッテさんプルプルとしていたので、そうだろうねーという出来でした。やはりサーキュラーレベル2。これが3なら69点、4なら71点ぐらいでしたか。

ジガガジ
ジガンシンジガンシンやかましい。ジガンシナじゃ!ロシア人じゃ!ツイズルは男性がバランスを崩しましたが、どうにか。団体戦の時もそうだったんですけど、動きは割りと合っているのに2人の距離が空き過ぎているんですよ。パターンの後のストップするところで男性が女性の胸の谷間を見る振付は団体の時に気が付きました。前の緑のドレスよりはこちらの方が振り付けが映えます。彼らはトランジションのステップもディープエッジできちんと滑っているのが好感を持てます。楽しいプログラムなので、もう少し動きが合っていけばなーと思う次第であります。

テサモエ
あああああああああああああああああああ完璧やでえええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!団体戦の時の滑りがクソに思えるぐらいのキレッキレ!!!テッサの調子が超超超絶好調。ミッドライン+3で良いでしょう。もう完璧。このエッジの深さ滑らかさ、誰も敵わない。これぞテサモエの真骨頂の滑り。うわーPCS抑えられてる。滑走順悪かった。セクション1がレベル3かー。

ボブソロ
ボブソロのワルツホールドは腕だけ組んで体が引っ付いてなくて、腰が引け気味から、なんだかスクラムを組んでいるように見えてしまう。ツイズルの失敗が痛かったですね。ツイズル成功と聞いたとき日本中のダンスファンは「んなわけねえよ」と盛大に突っ込みを入れたことでしょう。パターンダンスで手拍子はアカンよ、パターン2でタイミング違反取られてる。この演技で9点台3つとはいかに。パフォーマンス/エクセキューションですよ、遂行度ですよ?勢いで押し切ったようにしか・・・。

イリカツ
完璧と言っていいのではないでしょうか。ボブソロに続きパターンダンスの手拍子は勘弁してくれやと思いましたが、それでも綺麗な滑りだったと思います。ミッドラインは2人の距離がとても近かったです。2011年の世界選手権のSDのミッドライン超えました。ツイズルで失敗しなかった!失敗さえしなければすごいツイズルなんですよね。+2がたくさん付きそうな演技でした。ここまでSDを完璧に滑りきると、FDでズッコケないか心配で心配で。ミッドラインがレベル3で、あとはレベル4。9点台4つですか。ボブソロよりPCS出るのは納得です。

ペニコラ
最終グループという魔界に迷い込んだ御伽の国の住人のよう。来シーズンそういうプログラムやってくれないかなー。サーキュラーステップで離れ過ぎという問題がありましたが、今日はいつもより近くで滑っていたように感じました。サーキュラーで近くで滑るのって難しいんですよね。エクステンディッドリフトが無くても最終には届かずですか。パターンが両方2ね。

ペシャブル
基礎点はイリカツと同じで、PCSで差がつきました。ただ彼らもPCS4項目が9点台と踏ん張りました。エッジがとても深いわけではないけれど、今日はものすごい気迫で失敗はゼロ。エッジがグラグラというところも無かったです。彼らとしては出来ることは全て出し切った演技だったのでは無いでしょうか。このままの調子でFDもやりきって欲しい。観客の反応wwwwwライフゼロ。4年前と同じだな。

ウィバポジェ
ツイズル1本目はウィバポジェ比ですごくスピードを出して入っていました。1本目で勢いを出し過ぎたからか、2本目は女性が少しバランスを崩しました。ツイズルはレベル3、パターン1つ目がレベル2という取りこぼしでした。PCSがカペラノよりも高くもらえたのは・・・滑走順の恵ですね。隣合っていたら、あちらの方が上だったと思います。

メリチャリ
今日も袖ある。ズエワ絶許。ラスボスはラスボスたる役割を果たしました。日本なら場内総立ちでしょう。プログラムの密度がすごくて、エレメンツの前に構えができないのに全く失敗をしない。いやはや素晴らしかった。この密度はフィギュアスケートの理想系と言っても良いかと。

明日はメリチャリのパフォーマンスに10.00が出る事を楽しみにしておこう。史上初の10.00、歴史の目撃者になるぞ。

優勝争いよりもイリカツとペシャブルの3位争いの方が気になりますね。ペシャブルは今回メダルを取れなければ世界選手権に出場をするということですが、非常に複雑な気持ちです。だって世界選手権に出たとしてもメダルを取れる保証も無いですもん。

リード組は残念でした。世界選手権ではFDを滑る姿を見たいです。

ちんとんしゃんは恐らく今日で引退となるのですよね?また一組ベテランがリンクを去ることになります。
Comment:5
2013
12.07

グランプリファイナル 3日目 ペアリザルト・アイスダンスリザルト・女子リザルト



ジャージが見たい。

ペアLP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)147.57 PB
2 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)141.18
3 Qing PANG / Jian TONG(中国)138.58
4 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)128.50 PB
5 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)120.34
6 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)120.31

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)227.03 PB
2 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)223.83
3 Qing PANG / Jian TONG(中国)213.98 PB
4 Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)197.37 PB
5 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)193.38
6 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)189.11

モーモー
衣装を真っ黒くろすけからピンクと黒ベストに変えてきました。さすがに黒はオリンピックに向けては地味すぎるのでこれで良いと思います。今更言っても仕方無いことですが、前半と後半の選曲のバランス、あんまり合ってなくないか???っていう。ソロジャンプ両方失敗でしたけど、上手くまとめました。

ペンジャン
3Tと2Sだったジャンプを2Aに変更してきました。転倒はしましたが、良いチャレンジでした。あとはミスなかったです。すさまじい飛距離のスロー、キャリーリフトは男性のフリーレッグぷるぷるしていましたけど、もうそれぐらいですね。雄大な曲にピッタリのエレメンツと雰囲気でした。1人の男と少女の物語~って妄想しながら見るととっても楽しいです。いや、なんだったら泣ける。

デュハラド
ツイストが今日は低空でした。ソロジャンプは両方とも女性が失敗しました。この組はエレメンツ決まってナンボで、エレメンツ成功して乗って行って、完成度と印象でPCSを上げて行くタイプなので成功しないとどうしようもない・・・・・失敗しても点数もらえるようなペアにならないとなーって思います。プログラムもよく分からないなあ。フィニッシュのリフトでコケるという・・・。やっぱり表現的な問題で今日はPCSがモーモーより下になっていますね。

パントン
あああああああああああああああああああああああああああああああああコケなかったあああああああああああああああああああソロスピンなんかどうでもいいわああああああああああああああああああああ!!!!!ちょっとスピードはなかったかもしれないけれど、本当に良い演技だった。スパイラルの時のエッジの乗り具合とかすごかった。本当に素敵だった。

サフゾル
3T+3Tミスらなかった!デススパイラルの出方好き。そしてゾルコビーがソロジャンプに失敗しないというミラクル。中国杯の時はもっさり感のあった後半ですが、調子がよくてするする滑っていくのでエレメンツの連続でも全然気になりませんでした。スローはサルコウにして綺麗に締めました。やっぱりミスが無いって気持ち良いなあ。

ヴォロトラ
ほげげげげげげええええええええええええええええええええええええええええええええええモナリザさんが3S転倒で3Tでコンボ繋げられず。その後はいつものヴォロトラらしくまとめました。リフトはNHK杯より良かったと思います。あの時ぷるぷるでスピードなかったので。きっとジャンプの失敗で吹っ切れてすっぱぱぱーーーん!!!ってなったのね。黄色の紙みたいなバナーがたくさん、どうやらヴォロトラファンが配ったらしい。

ということでさすがにジャンプ2ミスだとノーミスのサフゾルには勝てませんでした。これで俄然五輪がおもしろくなってきました。パントンも良い調子だし、やっぱりスケーティングはこの3組が圧倒的と言って良いですね。あー楽しみ。ヴォロトラはナショナルもユーロもスキップで、次はいきなり五輪となります。反対にサフゾルはどちらも出てくると思われます。これがどう運命を分けるのか。ロシアはプルシェンコが代表じゃないと出ないと言っているヴォロトラ。一方サフゾルは最初から団体には出ません。これもどうなるか。楽しみ&怖い。

アイスダンスFD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)113.69 PB
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)112.41 PB
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)102.48
4 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)97.82
5 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)97.36
6 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)95.01

アイスダンスリザルト
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)191.35 PB
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)190.00 PB
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)169.11
4 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)166.72
5 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)165.04
6 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)156.58

カペラノ
頭を打った怪我の影響があったのか、時差の影響なのか調子が良くありませんでした。SDの時もそうですが今シーズンあったような滑りの余裕が無いんですよね。バタバタして必死に遅れないようにがんばっているような滑り。ファイナルは事実上のトップ6、五輪の前哨戦と言っても過言では無いので手を抜くはずもなく。ナショナルで心を整えてユーロで今年こそ開花を!!!

ペシャブル
ナタリーのタイツがバラの茎色になっている。ばっちい。昨日ミスったツイズルは綺麗にできました。今シーズンかなり不安定なので、これがベストだったと思います。昨日のように浅くてうわーーーとなるような滑りではなく安定していましたが、ファビアンの滑りはやはり2年前を頂点にかなり落ちてきてはいますね・・・ハッとするようなディープエッジが見られない。最後から2つ目のレベルのあるローテーショナルリフトは持ち上げ方がいかにもシュピルで、これはファビアンにはこなせないと思うので変えるべきかと。GOEが取れないし、多分落とすんじゃないかと。何しろ美しくない。プログラムは癖になってきた。

ウィバポジェ
スピン終わったあとのマリアうんたらって歌い始めるところの足裁きかっこよかった。何でもない振付だけど。その後のローテーショナルからのトランジションの振付自然でゾクゾクする素敵。3回目か4回目にして個人的にやっとしっくりくるようになりました。もっとメリハリあったらなあ後半。

ボブソロ
前半見られなかったのですがソロビエフが2年ぶり2度目のファイナル転倒を・・・ここにはプーチンはいないのに。後半はきちんとこなせていただけに残念でした。せっかくのチャンスだったのに。でもコケてないボブロワが悔しがってあーあーあーって胸に抱きつく。可愛い。さすがにPCSはドン下がり。

テサモエ
最初の足そろえストレートラインをやっとまともにこなせました。反対に途中のローテーショナル1つ目はまた失敗していた。回転綺麗に入れなかった。一応レベルはとれたみたいだけれど。ミスしがちだったツイズルは今日は綺麗に収めました。2つ目のステップはスピード無かったです、サーキュラーとの対比がちょっと悲しくなった。でもまあまあそつなく。途中まではすごく良かったと思いますよ。テッサはこのピンクでいいや。これにしよう。

メリチャリ
チャーリーがツイズルの最後で怪しかったですけど問題はありませんでした。いやはや安定しまくってますね。粗いは粗いんですけど、前のテサモエが最後バテ気味だったのを見ると今日のPCSは納得かなー。でも何でパフォーマンス勝って無いのか分からん。

メリチャリは史上初の5連覇を飾りました。5連覇wwwwwwwwwwwwwテサモエはあれだな、来年出ればいいね。ねえ?ペシャブルは最後の日本の試合でメダルが取れました。嬉しい。

女子LP
1 Mao ASADA(日本)131.66
2 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)125.45
3 Ashley WAGNER(アメリカ)119.47
4 Elena RADIONOVA(ロシア)118.64
5 Anna POGORILAYA(ロシア)112.07
6 Adelina SOTNIKOVA(ロシア)104.92

女子リザルト
1 Mao ASADA(日本)204.02
2 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)192.07
3 Ashley WAGNER(アメリカ)187.61
4 Elena RADIONOVA(ロシア)183.02
5 Adelina SOTNIKOVA(ロシア)173.30
6 Anna POGORILAYA(ロシア)171.88

日本生命の拝啓浅田真央様サブイボが立つ。拝啓ルフィ様には負けるけど。テレ朝の放送は見るのを止めました。生理的に無理だった。つべに上がってたの見たらまたわけの分からんスタオベしててワロタ。

ということでBS見て、今更感想。

ポゴリラヤはいつもよりもジャンプの質が芳しくなかったです。ステップ終わった辺りから急激に滑りが悪くなってきて、1つ目の2Aの前に構えて止めてもう一度構えるという仕草がありました。3Fの転倒は疲れから来たものだったのでしょうか。合わないフィニッシュ=インタープリテーションから引かれるということなので、レベルを取るか減点とPCS引かれるのを取るか悩ましい。

ラジオノワは転倒が1つでした。3Fのeマークと3Lzの転倒以外ミスは無かったですが、大人に混ざると大人の動きをしても子供が目立ちます。スピンはレベルは取れているんですけど、今日はそこまで良くは無かったのではないかと。スピンの+1と+2を分けるところにスピン配置とポジションの必然性は大きく関係していると思います。それが今回のラジオノワからは感じませんでした。リプニツカヤもスピンはすごかったけど、昨シーズンはそれが無くて、ただの飛び道具のジュニア上がりのジャンプ跳べる子ぐらいの扱いだったのを今シーズン上手に構成を組んで、あそこまで点数が取れるようになったので、ラジオノワも改良が必要だと思います。

ジュリアでいいのかユリアじゃないのか。福岡→チェッカーズでジュリアなのか。eマークと3Sと回転不足以外はミスありませんでした。ルッツのeに付いてはついちゃうよなーという質の物がずっと続いているので、3F2本にしてもいいのかもしれません。彼女元々3Fを2本入れていた選手でしたし。ステップはレベル2に留まったものの非常に丁寧な滑りでした。スピンが今大会とても良かったです。スケカナのように力のある演技とまでは行かないものの、今大会丁寧さが随所に見られました。きっちりきっちり。後半に5つジャンプ入れてたってこと今日初めて気が付きました。気にならないぐらい作りこまれている。んだきっと・・・。

アシュリー、リップの色と衣装の色を合わせていますよね。ジュリエットは強い女の子ではあるんですけど、可憐で純粋なところもあるので、このメイクはちょっと迫力があり過ぎて怖くもあります。朱色だったりこのワインレッドだったり色が極端過ぎる気も。中間ぐらいでよろしくです。衣装単体で見るとどっちも大好きです。後半体力が切れてしまったのか、タッチ癖が復活して3Loと3Fでタッチがありました。全体的なパフォーマンスが後半にかなり落ちてしまったので、その辺りは点数に反映して欲しかったですが、思ったより点数高かったです。僕はサムデリがそんなに好きなプログラムでは無かったので、不評なこのプログラムそれほど嫌いではありません。
1.ジェラシー
2.スパルタカス
3.だったん人の踊り
4.ブラックスワン
5.ロミオとジュリエット
6.マラゲーニャ
7.サムソンとデリラ
この順番かな。こう見ると普通の曲しか滑って無い、さすがアメリカ人。

ソトニコワさん、なぜか3Lz-3Loと2A-3Tは着氷。-3Loに関しては回転充足と判断されています。eマークがついてもさすがにこれが認定されると点数はデカいです。成功はこの2つだけで後は全て失敗でした。転倒の連続で体力が削がれて、レイバックスピンからのエレメンツはかなりボロボロでエッジも浅かったです。好調だったエリック杯ですら、ステップはそこまでエッジを深く完璧に、というわけでも無かったので失敗は痛すぎました。

去年の冬、ストナ買ってスポンサー様に貢献したんだった。

インタビューでノクターンの事を愛の夢と。この間違いNHK杯か何かの時もあったような気がする。そんな浅田真央さん、3A2本ともに失敗でした。全日本でもこの構成でもあっこちゃんが全てジャンプ降りない限りは優勝はできると思いますが、どういう構成で来るのか。3Sは回転を止めるのにいつも苦労して着氷がゆらゆらしている印象がありますが、今回はベストでした。スピンがあまり良くなくてポジションが中途半端でした。コレオシークエンスも・・・うーん。あまりこのコレオシークエンス、距離も時間も取って無いので、完璧な状態では無いと辛いと思います。7点台ってのは無いと思いますが、9点台でも無いです。
Comment:19
back-to-top