FC2ブログ
2020
02.06

四大陸選手権 1日目 アイスダンスRD・ペアSP・女子SP

ビビンバ食べたいうふふ~。

アイスダンスRD
1 Q Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)85.95 PB
2 Q Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)85.76 PB
3 Q Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)83.92 PB
4 Q Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)77.45 PB
5 Q Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)76.43 PB
6 Q Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)73.32 PB
7 Q Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)71.93
8 Q Yura MIN / Daniel EATON(韓国)64.38 PB
9 Q Hong CHEN / Zhuoming SUN(中国)63.22 PB
10 Q Holly HARRIS / Jason CHAN(オーストラリア)62.83 PB
11 Q Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO(日本)61.45 PB
12 Q Wanqi NING / Chao WANG(中国)59.18
13 Q Chantelle KERRY / Andrew DODDS(オーストラリア)58.30 PB
14 Q Rikako FUKASE / Eichu CHO(日本)58.13 PB
15 Q Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)55.80 PB
16 Q Maxine WEATHERBY / Temirlan YERZHANOV(カザフスタン)50.33 PB

りかえい
細かいミスがあったり、まだホールドが自然ではないなど、課題も多いですが、きちんと演技が成立させられていました。女性の笑顔はりかある時代と同じで、なんなら大人の気品が加わって素敵になっていました。男性の姿勢は背中に鉄板入れてるんじゃないかというぐらいにビシッとしています。めっちゃ頼りになりそう。ローテーショナルリフトは出のふんわり感が素敵でした。組み立てのカップルとしては良い出来だと思いますね。これからもがんばっておくれ。

チェンサン
田舎から兄貴が訪ねてきたので、街を案内してあげましたプロ。ということに勝手にしている。この解釈が一番しっくりきます。中国おなじみの、表現力いまいちそうで表現上手な男子。しかも組み立ての頃よりルックスが垢抜けています。人に見られると洗練されていくものですね。上手なカップルだから、中国にはこれからも派遣し続けてもらわなければ。中国はいきなり梯子外したりするからな。

ミンイー
コレト→ガメリン→イートン。ユラミンのパートナーはどんどん顔が濃くなるな。42番街でRDとしてはベタベタな選曲でした。組み立てなので分かりやすいプロで良いですね。男性がツイズルで失敗してこのスコアなので、かなり評価は高いと思います。世界選手権のRD通過に絡めるカップルになってほしいです。現状のままだとアジアからはワンリウしか進めません。

ラジュラガ
僕がいつも「最初のポーズで出オチ」とか「ピークは最初5秒」とか言うから、今日は全編に亘って爆走してくれたのかもしれません。最初あまりに飛ばしすぎてガチャついていたのだけれど、ジュニア上がりのカップルにはむしろこれぐらいが似合っていると思います。ウエストサイドですし、若い2人を演じているのですから。最後までまったくスピードがまったく落ちなかったです。文句なしのシーズン1の完成度でした。

ワンリウ
パンツ衣装は女性の足元の技術が露わになってしまうことをガブリエラ・パパダキスさんが教えてくれました。でもGPSよりはかなり良くなったのではないかと思います。男女ともに滑りが柔らかくなっていました。FDは良プロなのでさらにPCSも伸ばせると思います。

寿司酢組
会場の音響がひどくて音が二重に聞こえていました。滑っている当人はどう感じたのだろうか。パターンダンスは気持ち良くスピードを出して、気持ち良くレベルを取りこぼしていきました。いつもと同じですね。そろそろレベル取らねえか?

ココ
出来としてはかなり悪かったと思います。男性がミスを連発していました。パターンの最後ヘロヘロになっていたし、パターンダンスタイプの途中でも少しだけよろめいていました。ツイズルもミスしましたし、音楽から少しズレていたようにも感じました(音響が変なだけかもしれないけど)。

チョクベイ
本日も絶好調でした。全米から2週間しか経っていないから、アメリカ選手は調子落としていてもおかしくないのに。ツイズルが上手になりました。トップカップルではウィバポジェと最下位を争っていたのに、今ではシニカツより上手になりましたもの。昨シーズンののオフにどれだけクルクルしたんだろう。

ホワベイ
全米選手権ほどの元気はありませんでした。アメリカ選手としてはこれが普通なのだ。かなり点数がアゲ進行の試合なので、ミスをしてしまうととんでもない失点になります。リフトを下したときに女性の足がスリップして、男性の足元に当たってしまったようです。そして一緒に転倒。リフト中の失敗と判定されたので減点も大きいです。

パイポー
カナダ選手権ほどバキバキの仕上がりではなかったものの、パターンダンスセクション以外はよく滑れていたのではないかと思います。やはりローテーショナルリフトは変更後の方が圧倒的に見栄えがいいし盛り上がりますね。パイポーのPCSは四大陸で高い評価を受けます。これは毎年のことなんです。おそらくジャッジの中にパイポーファンがいるんですよーーー気持ち分かるーーー。創造性への飽くなき挑戦を続けているカップルですからね。

ハベドノ
男性の衣装がダサいです(直球)。全米選手権の衣装のままの方が野球選手に見えるしおもしろかったのに。今のパンツじゃ30年前の中学生の運動着だぜ。男女ともに動きが軽く、全米選手権よりもむしろ調子が上がっているような気がします。マリリン・モンローだからこの軽さが、男性を翻弄させているようで合っていますね。滑りはしっかりと重みがありました。TESの差で首位に立ちました。スケーティングスキルだけがチョクベイより上の評価でした。

プラトフ&ジョン門下が1組、キャロル・レーン門下が1組、シュピルバンド門下が1組、ケリー母門下が2組、中国3番手は中国で練習しているけど振付がパスカルだから合計11組がマリー帝国の民でした。独占禁止法違反で公正取引員会から怒られるぞ。

ペアSP
1 Q Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)76.36 PB
2 Q Cheng PENG / Yang JIN(中国)75.96 PB
3 Q Wenjing SUI / Cong HAN(中国)73.17
4 Q Jessica CALALANG / Brian JOHNSON(アメリカ)67.76
5 Q Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)63.14
6 Q Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)62.97 PB
7 Q Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)62.65
8 Q Liubov ILYUSHECHKINA / Charlie BILODEAU(カナダ)57.87
9 Q Riku MIURA / Ryuichi KIHARA(日本)57.45
10 Q Isabella GAMEZ / David-Alexandre PARADIS(フィリピン)47.34
WD Feiyao TANG / Yongchao YANG(中国)

ISU公式で解説者がマイクをオフにすると、音楽までオフなってしまう仕様になっていました。素人のニコ生じゃないんだから。

りくりゅー
3Tw 3LzTh 2T
3Tが抜けたことを除けばそんなに悪い出来ではなかったですが、公式の映像で音が流れていなかったので何とも言えません。多分そんなに悪くなかった。

イリビロ
3Tw 2T 2FTh
ツイストキャッチ失敗、女性のソロジャンプが抜け、スローは上手く投げられずにダブるになり、リフトは降ろすのを失敗しました。動きも悪いし、良いところがほとんどなかったです。

ここで音が直りました。

カラジョン
3S so 3Tw 3LzTh
3Sは女性がステップアウトです。ツイストは珍しく女性が着氷してから停滞がありました。本来ならもっとGOEを取れていたはずです。ステップシークエンスの同調性が素晴らしかったです。

イブトレ
3Tw 3T 3LoTh
カナダ選手権でツイストがきれいに決まったのはまぐれではなかったです。今回もツイストのキャッチが乱れていませんでした。3Tもスローループも着氷を堪えられました。プログラム後半にもう少し流れが出るといいなあ。

シメクニ
3Tw 2T fall 3FTh
女性の横に流した前髪とくるんくるんポニーテールがよく似合っています。とりあえず髪型を褒めておかないと。3Tは女性が転倒、男性が2回転になったので、跳ばない方が点数高かったという結果に。ソロスピンは男性が回転できなかったのでノーバリューになりました。昔の全米選手権でも同じことがあったようななかったような。NHK杯の後に引退を真剣に熟考したそうですが、全米選手権で復活しました。きっと今回は全米の疲れがあったんですよね。"熟考"を"じゅくこう"と打ったら変換されず、"じゅっこう"と読むことを今日知りました。

スイハン
3T 2FTh 3Tw
いつものスイハンではありませんでした。コロナウィルスの件で、あまり練習が積めていないのでしょうか。スロージャンプが2回転に抜けてしまうのは初めてみました。今シーズン2度目のスローの失敗です。1シーズンで2度も失敗するなんてなかなかありません。スロー絶不調。いつもより動きも悪く、ブルースの音楽に乗り切れていなかったです。緩急もあまりなかったです。

ペンジン
3T 3Tw 3LoTh
スイハンとは対照的に好調で動きも良かったです。エレメンツの入りも自然で、力が入っておらず、すべてがスルスルーっと流れていきました。足をキャッチして回転するデススパイラルは、シュエ・シェン会長から教えてもらったのでしょうか。入りから艶めかしくて美しい。

タラダニ
3Tw 2S so 3STh
男性が髪を剃ったことで意外とスタイルが良かったことを知る。3Sは男性が抜けてしまい、女性がステップアウトとなりました。女性がサルコウの後方確認が長いから、慎重に車庫入れしようとしているように見えます。ソロジャンプとスロージャンプの間に切り返ししたんだな。

モーマリ
3Tw 3LoTh 3T
別方向を向いて入る3Tはこれ以上ない完成度でした。これが彼らとしては理想のジャンプですね。バチコーン!と揃っていました。トランジション少し低めですけど、スケーティングスキルと同じぐらい出してもいいんじゃないかと思います。単に繋ぎを埋めているにとどまらず、表現しつつ効果的に滑りと調和させていますもの。最終滑走で素晴らしい演技。1位に異論はありません。サフゾル並みのズレまくり高速ソロスピンだけは改善させてください。それさえ適えばこのプログラム完成しちゃう。わーい。

女子SP
1 Q Rika KIHIRA(日本)81.18
2 Q Bradie TENNELL(アメリカ)75.93 PB
3 Q Young YOU(韓国)73.55
4 Q Kaori SAKAMOTO(日本)73.07
5 Q Wakaba HIGUCHI(日本)72.95 PB
6 Q Eunsoo LIM(韓国)68.40
7 Q Yelim KIM(韓国)68.10
8 Q Karen CHEN(アメリカ)67.28 PB
9 Q Amber GLENN(アメリカ)65.39
10 Q Alicia PINEAULT(カナダ)57.09
11 Q Hongyi CHEN(中国)56.81
12 Q Yi ZHU(中国)55.53 PB
13 Q Kailani CRAINE(オーストラリア)54.93
14 Q Emily BAUSBACK(カナダ)49.10
15 Q Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)47.40
16 Q Jenny SHYU(台湾)44.95 PB
17 Q Cheuk Ka Kahlen CHEUNG(香港)44.73
18 Q Alison SCHUMACHER(カナダ)42.55
19 Q Alisson Krystle PERTICHETO(フィリピン)40.67
20 Q Amy LIN(台湾)40.29
21 Q Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)37.91

バウスバック
3F-3T 1Lo 2A
3Fは決して良いジャンプではなかったのに、3Tまでよく繋げましたね。3Loの抜けは痛かったです。ミニマムスコアを取れる最後のチャンスだったでしょうしね。国内女王なのに自国開催の世界選手権に出られない異常事態です。開催国だけミニマムスコアの要件外してやれよ。

ピノー
3T-2T 3Lo 2A
3T-3Tのセカンドを2回転にしました。他のカナダ勢が失敗してしまったので十分3人の中では首位に立てます。やるべきことをやりました!という演技でした。

カレン
3Lz-3T 2A 3Lo
3Lz-3Tを投入してきました。慎重に入って慎重にセカンドジャンプを付けました。踏み切ってすぐに回転し始めたので回転が足りていました。逆に3Loは軸が曲がって回転も足りなくなってしまいました。クリーンに降りられれば70点いけそうです。終盤は全米選手権の方が元気だったかなあと。カレンはこんなものではないのだよ。

グレン
3F-3T 1A 3Lo
3F-3Tは決まりましたが、まさかまさかのアクセル抜け。でも速報からTESが動かなかったので良かった。3Fにエッジエラーもなかったですしね。ジャンプ以外の感情表現やスケーティングで進歩しているからこそPCSでカバーできるようになりました。今回の大会を来シーズン以降のチャンスに繋げてもらいたいです。

イェリム
3Lz-3T 2A 3F
3Lz-3Tの最後よく堪えました。ちょっとジャンプの助走が目立つかなーーー?という印象です。ブラックスワンのドラマティックな音楽なので、氷をガシガシ掴んで滑らないと曲負けします。湖で溺れる雛鳥の様でした。韓国女子はシニアに上がってもグングン上達していくので、あまり心配はしていません。想像していたPCSよりも0.4ぐらい高かった。韓国開催だからいっか。NHK杯もすげえ盛られるときあるし~。

テネル
3Lz-3T 2A 3F
今シーズン安定感のあるテネルとはいえ、さすがに全米選手権との連戦には疲れがあるのだと思います。ジャンプはさすがでした。特に3Fの力強さとそこからの振付への流れは痺れました。TESが下がらなければ76点に乗せられていました。日本の2番手3番手とは十分に戦えるし、ノーミスでぶつかっても勝てますね。ロシア女子ばかりに気を取られてるとテネルさんに負かされるぞ。フジはちゃんとテネル煽りもしとくのよ。世界選手権でもテネル煽りしておくのよ。OK?

ヨンユー
3A so 3Lz-3T 3F
3Aはステップアウトでした。でも2Aよりも点数もらえるので問題なし。どんどん挑戦していきましょう。3Aで失敗しても心を乱さず3Lz-3T成功させられるのはデカいです。スケーティングはまだ発展途上。まだまだ点数を伸ばせます。

紀平
3A 3F-3T 3Lz
3Lzおかえりいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい捜索願まで出して心配してたんですよ。出かけるときはちゃんと行き先と帰宅時間を教えておいてくださいね。年内の試合ほどの滑りや上体の動きの粘りがなくて、あっさりした印象でした。でも今回はジャンプに集中して良いと思います。はーーーーー良かった。はーーーーはーーーーーーー!!!

ウンス
3Lz-2T 3F 2A
3Lz-3Tの予定を3-2にしました。彼女の3Lz-3Tはセカンドが回転不足になったり転倒することが多くなってしまいました。3Lzの質は高いですから、着実に点数を確保することは決して悪くありません。今は耐える時期です。みんな麻痺しているけど3Lz-3Tって難しいジャンプですからね?

新葉
2A 3Lz-3T 3F
新葉さんのお団子……ブロッコリーみたい。男だからお団子事情については分からないけれど、何か違う気がする。3Lzはとても高さが出ていました。全日本のときのように高さ出しすぎてセカンドがーということもなかったです。3本目は3Loがくると思って油断していました。3Fなんですね。踏み切りのエッジは怪しいですが、3Fの方がバチッと締まる感じはします。逆転での表彰台圏内につけました。いいよいいよー。

坂本
3F-3T 2A 3Lo ot
3F-3Tは回転不足の取られようのない質でした。3Loは回転が足りていなかったと思いますが足りていたらしいです。判定が甘めなのかもしれません。国内選手権を終えて、ほとんどの選手が調子が上がりきっていないので、坂本のグングン伸びるスケーティングが一段と光っていました。テレビだとストリーミングの小さな画面よりもゆっくりに見えるのですが、テレビでもスピードがずば抜けていることが分かりました。グネグネカーブ描いているのに速えんだこれが。ミスありでもPCS1位は大納得ざます。

お疲れモードの選手が多かったです。四大陸だもの。
2020
01.18

カナダ選手権 女子SP・アイスダンスRD・ペアSP・男子SP

カナダ選手権の採点にマジレスしてはいけない。ロシア選手権と同じだぞ。

女子SP
1 Alicia Pineault QC 63.15
2 Madeline Schizas ON 60.66
3 Gabrielle Daleman ON 59.51
4 Emily Bausback ON 58.90
5 Véronik Mallet QC 57.94
6 Alison Schumacher ON 55.95
7 Kim Decelles QC 53.42
8 Hannah Dawson ON 50.73
9 Béatrice Lavoie-Léonard QC 49.70
10 Amanda Tobin ON 49.64
11 Amelia Orzel ON 49.60
12 Aurora Cotop ON 49.42
13 Michelle Long ON 49.11
14 Emma Bulawka BC/YK 48.49
15 Valerie Giroux QC 45.77
16 Viviane Fontaine-Maltais QC 44.83
17 Sarah Tamura BC/YK 44.51
18 Olivia Farrow ON 42.76

ピノー
3T-3T 3Lo 2A
妖艶な雰囲気の曲なのに、ズンドコビートで非常に健康的に滑ってくれました。これぞケベック女子の筋肉。3T-3Tの回転不足こそありますが、持ち味は発揮できたと思います。

デールマン
3T-2T 2A so 3Lz
今シーズンは途中で大会への参加を取りやめましたし、肺炎を患っていたそうなので、本調子とはいきませんでした。彼女らしさはほとんど出ていなかったと思います。スピンのトラベリングやポジションチェンジのミスもありました。スピードがほぼない状態で、よく3Lz堪えられたなと思います。国際大会なら55点出るかどうか……。

台乗りする選手が、ジュニアクラスで優勝したカイヤ・ライターさんの点数(174.83)を超えられるのだろうか。そして世界選手権代表に決まる2人はSPを通過できるのか。ちなみに世界選手権のミニマムスコアをクリアしているのはデールマン、マレ、ピノー、シューマッカーの4人です。

アイスダンスRD
1 Piper Gilles / Paul Poirier ON 88.86
2 Marjorie Lajoie / Zachary Lagha QC 77.26
3 Carolane Soucisse / Shane Firus QC 75.83
4 Alicia Fabbri / Paul Ayer QC 68.26
5 Molly Lanaghan / Dmitre Razgulajevs ON 67.63
6 Haley Sales / Nikolas Wamsteeker BC/YK 64.96
7 Elysia-Marie Campbell / Liam Fawcett QC 53.54
8 Rubie Diemer / Petr Paleev ON 49.06
9 Estelle LeBlanc / Alex Leger NB 29.84

ロランス・フルニエ・ボードリー&ニコライ・ソレンセンは男性が膝の手術をしたので欠場します。世界選手権は間に合うのだろうか。

ラジュラガ
ハンパない出オチプロだったのを、出オチガードできるようになりました。そもそもジュニア1年目なんて、女子シングルとは違って活躍できないのが当たり前ですから。男性のファーストツイズルが乱れた以外は良かったです。最後のトレードマークのローテーショナルリフトの評価がいまひとつなのですが、保守的なジャッジには、ポジションがお下品に見えてしまうのかも。曲さえ良ければ合うのですけどね。

寿司酢組
ツイズルはとても良かったです。キーポイントの最初の部分で女性がツイズルを失敗して足をついてしまいました。後ろのキーポイントは男女ともに認定されましたが、最初に小さな中断があったと判定されてレベル1に落ちました。爆走のおかげかGOEはまずまず。ミッドラインステップでは、男性が最初のロッカーで躓いていました。さすがに躓かれると、国内のテクニカルパネルでも盛れないのだ。ポルイスの轍を踏んでいる。

パイポー
演技の冒頭で女性の髪?ヘアピン?が男性の衣装の襟に引っかかってしまいました。エレメンツ外だったのが不幸中の幸いで、最初のエレメンツのツイズルはクリーンに決めました。GPSとは振付が少し変わっておりまして、途中に挟んでいたムーブメントをいくつか省いていました。その分スピードを出すことに精力を注いのだと思います。実際それは成功していて、ミッドラインステップとか、パターンダンスタイプステップの冒頭がスッキリして見栄えが良くなりました。ローテーショナルリフトもシンプルで見やすいですし、変更後の方がGOE稼ぎやすいと思います。女性がいつもより滑っていたし、冒頭のトラブルを除けばパイポー非常に良かったです。FDも盛り盛りで130点出しましょう。やっとテンション上がる演技が出た。みんな調子悪すぎやで。

ペアSP
1 Kirsten Moore-Towers / Michael Marinaro ON 73.73
2 Lubov Ilyushechkina / Charlie Bilodeau QC 71.23
3 Evelyn Walsh / Trennt Michaud ON 70.34
4 Lori-Ann Matte / Thierry Ferland QC 62.63
5 Justine Brasseur / Mark Bardei QC 62.29
6 Deanna Stellato / Maxime Deschamps QC 57.06
7 Natacha Purich / Bryce Chudak QC 55.33
8 Chloe Choinard / Shaquille Davis ON 46.89
9 Nadine Wang / Francis Boudreault-Audet QC 46.08

カミーユ・ルーエ&ドリュー・ウルフは怪我で欠場となりました。

マッテ&フェルラン
3Tw 3T 3LzTh shaky
ツイストはカナダ伝統の低さです。スロールッツは足が真っすぐ伸びた美しいダンスリフトから入りました。堪えきれずに足をついて着氷したものの、成功すれば確実にプラスがもらえます。ソロスピンのキャメルポジションのシンクロ度合いが高かったです。ステップシークエンスでは、男性が連続フラットエッジを見せていました。ペアの男性は絶対に女性より滑らないといけないので、すべりの特訓は必要になると思います。ズンドコビートのプログラムを滑りました。ジュリー・マルコット振付と聞いて納得。

ステデシ
3Tw 3T 3STh hd
新結成のペアです。ツイストはカナダ仕様でした。後半になると女性がバランスを崩しかけたり、足元が緩んできていたので、そこはこれからの課題ですね。New York State of Mindの味わいを表現できていたとも思えなかったです。どちらも経験のある選手ですし、2人で滑っていけばきっと良くなると思います。

ブラバル
3Tw 3T 3STh hd
ツイストはウクライナ仕様の高さ。カナダのツイストを向上させるには海外から男性を輸入するしかないのだろうか。スローサルコウは助走スピードが落ちていたので、コケなかっただけでもよかった。曲がBGMになりそうでならなかったです。女性の体の使い方きれい。

イリビロ
3Tw 3T 3FTh
ツイスト良かったです。3Tは女性が回転不足ですが、一応片足で降りられたので大丈夫。スローフリップはまずまず。ソロスピンの最後で回転を速めて出る工夫を見せてくれました。エレメンツ後もスピンを重ねる感じが、めっちゃシゼロンっぽい。イリが喜んでるから僕も嬉しい。

イブトレ
3Tw 3T 3LoTh
あれ???ツイスト大改善してるぞ。キャッチに余裕が出ていました。このまま良いツイスト上げ続けてください。身長差の少ないペアなので、しっとりとしたバラード曲で滑るステップシークエンスでホールドを組んでも違和感がありません。今日はすべてのピースが上手くハマっていました。予想外の上達だったぜ。

モーマリ
3Tw 3LoTh 3T so
サマリンSPと兄弟衣装。スローループは背中に乗せたダンスリフトから、あまり構えることなくポーンと投げます。本当に気持ちがいい。ソロスピンは猛スピードで回転してから、トゥで3回ジャンプしてから次の動きに移っていました。回転のタイミングさえ揃えば、GOE+5も出せると思います。このプログラムは最初から最後までトランジションが張り巡らされています。絶対に高い評価を受けるべきプログラムなのです。

ペアおもしろかった。一時は出場ペア数減りすぎていたけど、どうにか3グループ滑走できるまでに戻せました。

男子SP
1 Keegan Messing AB/NWT/NT 92.61
2 Nam Nguyen ON 88.04
3 Roman Sadovsky ON 85.02
4 Joseph Phan QC 82.74
5 Eric Liu AB/NWT/NT 77.30
6 Nicolas Nadeau QC 73.83
7 Bennet Toman ON 72.35
8 Conrad Orzel ON 69.26
9 Dawson Nodwell AB/NWT/NT 68.38
10 Alexander Lawrence BC/YK 68.09
11 Matthew Markell ON 64.27
12 Alistair Lam ON 62.57
13 Jack Dushenski ON 57.16
14 Max Denk ON 53.98
15 Marek Ramilison QC 53.52
16 Dominic Rondeau QC 48.71
17 Philipp Mulé-Mirochnitchenko QC 47.67

スティーブン・ゴゴレフは怪我で欠場です。カナダもロシアも日本も怪我人多すぎないか。

ジョセフ
4T shaky-2T 3A shaky 3Lz
2本のジャンプの着氷が僅かに乱れました。トップ選手ならプラスにしてもらえますが、ネームバリュー加点の領域にはまだ到達していません。厳しい道なのだ。3Lzは両手を上げて素晴らしい完成度でした。もうちょっとステップシークエンスで滑れる選手だと思うので、力を出し切れた印象はないです。

エリック
3Lz-3T 3A 3Lo
助走こそ長めですが、減点を受けないジャンプを降りていきました。僕のイメージするカナダ男子です。過去10年のカナダのトップ10の選手を平均するとこんな滑り。ミスがないって素晴らしい。

サドフスキー
4S hd 3A 3Lz-3T
ジュニアの頃苦労させられた3Aを降りて、3Lz-3Tはセカンドジャンプが回転不足となりました。元々得意ではないですが、単独の3Lzも含めて今シーズン一度も成功しておりません。やはり3Lzは世界で最も難しいジャンプなのだ。スピン3つの加点だけで3S1本分の点数稼げるのは強いです。コンビネーションスピンは満点でした。

ナドー
3A hd 4T fall 3Lo-3T shaky
!!!!!!!!!!!!!!眉毛が細くなってる!髭蓄えてる!髪型普通になってる!美意識上がってる!!!!!風貌の変化に驚いて演技に集中できなかったぜ。その赤スケ衣装には今の見た目の方が合いますわな。ジャンプがんばれ。

オーゼル
4T so 3S-3T so 3A
髪型が90年代のBSBのニックだな。もしくはディカプリオ。2020年代にセンター分けが許されるのはイケメンだけ。武器のジャンプが入らなかったので、点数が伸びません。スケートが得意じゃない選手は、カナダ国内ではまったく盛ってもらえないので、オーゼルだけ点数が国際大会と変わらないです。ケビン・レイノルズさんの後釜なのだ。ということは、国内でPCS出してもらえるようになるまであと4年ぐらいかかりそう。

メッシング
4T-3T 3A 3Lz hd
4Tでは膝がお仕事をしてくれたので、3Tまで繋げて加点を受けられました。3Lzでなぜかお手つき。やはり世界一難しいジャンプなのでしょう。ステップシークエンスでは笑顔が見られました。最後までコントロールされた、温かみのある演技でした。両親と奥さんも観戦しているので、良い出来でよかったですね。かーちゃん日本人の血めっちゃ強い。

ニューエン
4S-2T 3A 3F
壁が近かったので、4Sの後ろは2回転にしました。フライングシットスピンの最後で回転が遅くなってしまったこと以外、特に気になるようなことはありませんでした。安定感のある演技です。特別滑るわけでもなければ、めちゃくちゃジャンプの質が高いわけでもないけど、とにかく魅せ方・エレメンツの配置が上手です。自分の魅力も理解できていると思います。アシュリー・ワグナーと同じラインに乗っています。もうお前はアシュリー・ニューエンだよ。ナム・ワグナーでもいいぞ。

来年のカナダ選手権はバンクーバー開催に決定しました。全米選手権と被りますが、どうせ観られないので全米に集中できます。平和だね!
2019
12.07

グランプリファイナル 2日目 アイスダンスRD

アイスダンスRD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)83.83
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)82.72
3 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)81.67
4 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)81.51
5 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)81.14
6 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)79.53

ステブキ
本日は衣装や髪形のトラブルはありませんでした。その代わりにレベルはたくさん取りこぼしがあります。ステブキでもツイズル取りこぼすことはあるのです。ISUアワードの衣装部門にこのハイパーゴージャス神衣装がノミネートされなかったので、ISUの代わりに僕が愛でることにします。ISUのセンスのなさに笑っちまうぜ。

パイポー
ツイズルは揃っていたし移動距離が出たのでもう少しプラスが伸びると予想しましたが意外に出なかった。コミカルなミッドラインステップではしっかり楽しませてくれます。どうしたらもっと盛り上がるんだろうなーと思案したのですが、パターンダンスパートをごっそり削除するというルール無視の案しか思い浮かばなかったです。次に滑るチョクベイのパターンの動きが大きいから余計になあ、気になるなあ。

チョクベイ
6組中最も人類らしいプログラム。ダイアゴナルステップが素晴らしかったです。レベルは取れていませんが踊り狂っていました。レベルの付くステップではなくコレオステップっぽくて(軌道は別物だけど)、観ていて気持ちが高揚しました。ツイズルのネームバリュー加点はあったかもしれないけれど、前半3組での1位は当然です。

マディソンは5分練習にもふもふコートを着て登場。エテリも見習いましょう。

シニカツ
過去最高レベルのツイズルを回れたというのに、ミッドラインステップのツイズルで男性がバランスを崩しました。スタンブルではないので相殺してプラスのエレメンツになりますが、痛い失点でした。パフォーマンスは下げられてしまいましたね。

パパシゼ
男性の強烈な推進力でパターンダンスを駆け抜けていきました。誇張なしにちょっと空飛んでるもんなあ。パターンダンスタイプステップの頭で、男性が女性にまとわりつくようにイーグルするのがいい具合でキモくて好きです。ミッドラインステップでは女性がスタンブルしました。ツイズルは回転がゆるゆるでしたし、2人としてはかなり悪い出来でした。なおPCSはここまでで全項目1位なのであった。

ハベドノ
男性が公式練習で着ていたダサい野球のユニフォーム不採用になっている。パパシゼも公式練習で着ていた衣装じゃないしなあ。お遊び用だったのかな。女性がセカンドツイズルでバランスを崩しました。大事には至っていません。パターンダンスはパパシゼと同じ物を滑っているとは思えない重厚さでした。滑りにいい意味で重みがあり、エレガントな振付にも圧力を感じるので、これまでにないパワフルさで目が覚めました。夜中のポプラで唐揚げ弁当に白米パンパンに詰めてもらってきました~みたいな。パフォーマンスの点数は僅かですがパパシゼの上を行きました。

フランスジャッジはパパシゼに盛りまくりです。スタンブルありで10.00を3つはいかんわ。ミッドラインは+3ですしね。ちなみに全ジャッジミッドラインにマイナスは付けていません。

みんな仲良くステップシークエンスはレベル2でした。絆だね。

誰も転倒していないからトリノオリンピックよりはマシと言える。
2019
11.15

ロステレコム杯 1日目 アイスダンスRD

アイスダンスRD
1 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)86.09 PB
2 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)82.56
3 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN(スペイン)72.01
4 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)69.97
5 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)69.79
6 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)67.04
7 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)66.52
8 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)64.70
9 Adelina GALYAVIEVA / Louis THAURON(フランス)63.22
10 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI(イタリア)62.68

シュピスミ
最近男性のインスタの美意識高すぎる写真投稿が減ってきたから練習に専念しているんだろうなと思います。代わりに同門のイゴール・エレメンコさんの写真レベルが高いから、同じ病気に罹っているのだと思います。今シーズンすでに何試合か見ていますが、今日は勢いが足りなかったと思います。エレメンツに迫力がなくてサラッと流れていきました。

アデルイ
ダディクールでは男性がノリノリになって会場を温めてくれました。最初のパートはとてもいいと思います。中盤のパターンダンスパートのマイコーが別プログラムのようにぶつ切れになっていて中だるみ。そのまま盛り上げきれずに終了。言うなれば出落ちプロ。今回は曲違反のディダクションは受けませんでした。

テサフィオ
シニカツと同じ雨に唄えばです。滑走順が連ならなくてよかった。シニカツより若々しくキュートな面を前面に押し出しているようです。男女が別々に踊ると男性が手足の長さを持て余しているのが分かります。長すぎるのも考えものである。その点日本人のコンパクトな手足ときたら機能性十分ですよ。日本人でよかった。

スコアレ
男性が女性をリードできず、スピードを出せば出すほどその傾向が顕著になります。身長差が少ないのも影響しているかもしれません。女性のモデル並みのスタイルと悪女っぷりは物語に合うのですけどもね。難しいね。

アリソン組
男性が上手くなったような気がするが、やっぱり女性に引っ張ってもらっている。そんな感想が繰り返し出てくるカップル。フランス国勢では完全に引っ張ってもらっていたけれど、今日は男性も健闘していました。パターンダンス終えてのストップパートからパターンダンスステップに入るところの振付がかわいい。エレメンツの終わり方がどれも滑らかなので、まとまりがある演技に見えます。

ラジュラガ
パターンダンスの頭のホップするところで男性がスリップしてバランスを崩しました。ここはキーポイントではないのでレベルには関係ありませんが、レベル自体も取れていません。ミッドラインステップとローテーショナルリフトは音楽に追われながらおこなわれているように見えます。シニアの壁、今はとにかく耐えるのだ。

ウルハリ
「はい、プレゼントは私よ」ドレスから赤のシンプルなドレスになりました。ネタとしてはラッピングドレスの方が優秀でしたのに。とても苦手な逆回転ツイズル成功させました。ミッドラインの最初のトゥをツンツンさせる振付が素敵。ミラーの動きはやっぱりロマンティックでさらに素敵。素敵ポイントが多いです。パターンのキーポイントで女性がバランスを崩してから一気にエッジがフラットになって最後まで直らなかったです。パートナーがハリャーヴィンじゃなかったらパターンダンスのGOEはマイナスだったことでしょう。前半はとてもとてもよかったので後半はユーロでクリーンに滑ってください。

カリスポ
キンキーブーツなのに衣装からコレジャナイ感を出せるのがカリスポクオリティーです。女性のメイクだけはよくなっている。パターンダンスで男女が完全に腕を離す大きなミスがありました。他の部分ではプラスまで戻せないミスだと思います。ミスがなければ表彰台を争えるスコアを出せたのですけどね。ミスを別にしても今シーズンは練習不足が目立ちます。

パイポー
プログラムの密度が段違いです。これがトップカップルですよ。評価を伸ばすには女性のスケーティングを磨いて、パターンダンスパートでTESを伸ばすしかありません。スコアはTESもPCSもスケカナと同じぐらい出ています。敵地ロシアでスケカナと同じなのは大したもんです。

シニカツ
シニカツのツイズルはタイミングが合っていてもズレているように見える不思議なツイズル。ちょっとイキってるからかな。男性の存在感と振りの大きさはもちろん目立つのですが、女性も力いっぱい大きく演じようとしているのが分かるのでアンバランスさはなくなりました。文句なしの1位です。86点でパーソナルベストだけど来週パパシゼが89点出すんでしょうねー。

ウルハリはパータンダンスタイプのセパレーション違反がありました。カリスポはパターンダンスで4ビート以下の中断があり、Yが1つありますがレベルB判定となりました。アデルイはやはり曲違反の判定はなかったです。ロンバルディア杯から変わったところは分からん!
2019
10.27

スケートカナダ 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)126.43 PB
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)123.10
3 Lilah FEAR / Lewis GIBSON(イギリス)118.68 PB
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)115.25
5 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN(スペイン)107.87
6 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)107.03 PB
7 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)104.82
8 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)102.10
9 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)101.21 PB
10 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)100.19

アイスダンスリザルト
1 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)209.01 PB
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)206.31
3 Lilah FEAR / Lewis GIBSON(イギリス)195.35 PB
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)194.77 PB
5 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN(スペイン)180.64
6 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)177.53 PB
7 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)173.82 PB
8 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)173.54
9 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)167.39
10 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)164.27 PB

セールス&ワムスティーカー
髪形、編曲、エレメンツの配置がどう考えてもメリチャリのサムデリなのである。「メリチャリのことは全然頭に入ってなかったですう」と言えば、「んなわけねえだろ」と返されるレベルなのだ。ツイズルやコレオステップの位置は絶対に意識しているはず。

エフバジ
サーキュラーステップの最中は今日こそやってくれると思いました。セカンドツイズルでは女性がミスしています。ストレートラインリフトはリンクを対角線上に突っ切るのですが、目立った工夫がないので間延びして見えました。演技が半分を過ぎると男性の体力が露骨になくなり、ワンフットでレベルを取りこぼし、迫力のないコレオステップ、コレオスライディングで、ぼやけたフィニッシュになりました。

グリパー
イキりツイズル、コレオステップ、コレオスライディングのインパクトのあるエレメンツで引き込む作戦。とてもいいですね。かなり男性がグイグイ滑っていくので、ワンフットステップは女性が遅れないように滑るのがやっとでした。当然エッジがフラットになってレベルが取れなくなります。ストレートラインリフトはポジションチェンジまったりしすぎでしたね。

ポポモズ
ほとばしる思いに反比例するように女性のスケーティングスキルが悪くなり、どんどん大雑把な演技になっている。モズゴフ渾身の開脚コレオステップにも冷ややかな反応で悲しい。男性の腰に立つコレオリフトには盛り上がったけど、そのコレオリフトちょっとミスってるの悲しい。

ラジュラガ
エレメンツの質が悪いわけではないけれど、冒頭のステーショナリーリフトを除いて曲負けして調和していないのが問題だなあと思います。シニアデビューのシーズンなので名刺代わりのプログラムでよかったのかも。このプログラム最大の見どころであったコレオステップの腕立て振付が廃止されました。さようなら腕立て、さようなら僕の楽しみ。

ウルハリ
RDでもFDでも苦手な逆回転ツイズルは先に終える方式を採用です。今日の方がきれいにトラベリングできました。ワンフットステップは女性が停滞していました。アントニオ・ナハロ振付の一点ものプロなので楽しめました。滑り込みができていないので、熟成されるのを待ちます。

フィアギブ
オータムクラシックの演技よりも音の取り方がよくなって見栄えがするようになりました。前半部分がとてもよくなりました。コンビネーションリフトとコレオエレメンツの質の高さは前から変わらず、観客も乗せていました。カナダのご年配はマドンナは受け止められるのか。

ハベドノ
ツイズルの繋ぎの振付いいんですよね。文字通り男性に振り回されて翻弄されている様子がツイズルからでも分かります。全般かなり激しいけれど、カーブリフトで女性が穏やかな表情を浮かべるのと対照的に男性は苦悶の表情。ほんといいわ。堂上さんはどうして昨日からキスクラで「愛してるよ」って言ってるんだ。日本に浮気相手でもいるのか。

パイポー
女性のファーストツイズルがへなへなだったのでどうなることかと思いましたが、セカンドサードで挽回しました。ふわっと小さなリフトで持ち上げて入るダイアゴナルステップがよかったです。後半はふわっと感重視していましたね。全エレメンツふわふわでした。愛だ恋だ人生だについて思考しているときの人間は皆ふわふわしているんだから、ふわふわしているのが正解なんだな。スケカナだなーというスコアですけど、ハベドノに勝ちました。ハベドノは連戦の疲れもあったので、演技の完成度としてはパイポーが上だったから理解できる範囲の結果です。

ホワベイ
エレメンツの質はいいのに、脳からこぼれ落ちていきます。どこがハイライトなのか分からないまま4分間終わってしまうのがいけないのかな。ギターだけで通すのはなかなか難しそう。最終滑走で世界選手権一桁順位の実績がありながらも、PCSでフィアギブに負けたのは構成に問題ありというジャッジからのメッセージでしょう。

ポール・ポワリエさん、実に9年ぶりのグランプリシリーズ優勝です。パイポーとしては8年間グランプリシリーズに参戦してきて初優勝となりました。長かったです。
back-to-top