FC2ブログ
2013
11.23

ロステレコム杯 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)133.08
2 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)131.89 PB
3 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)130.90 PB
4 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)123.08
5 Julia ANTIPOVA / Nodari MAISURADZE(ロシア)118.63 PB
6 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)114.14
7 Lindsay DAVIS / Rockne BRUBAKER(アメリカ)100.31
8 Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA(日本)92.77 PB

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)206.33
2 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)201.61 PB
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)188.73
4 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)188.10 PB
5 Julia ANTIPOVA / Nodari MAISURADZE(ロシア)181.50 PB
6 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)173.70 PB
7 Lindsay DAVIS / Rockne BRUBAKER(アメリカ)151.90
8 Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA(日本)141.41 PB


成龍
3T-2Tを綺麗に成功させました。ツイストはSPの方が良かったです。あとは両足やステップアウトでした。ベストが86点だったので、92点は上出来ですね。今大会のペアはPCS高めに出ているのでその影響もあるでしょうが、また一つ階段を上りました。

デビブル
男性も女性も1つずつジャンプを失敗。スローはこらえました。シェルブールの雨傘は合っていないと思いますが、悪魔のトリルは合っているので、いっそのことシェルブールの雨傘抜きませんか?

ストクリ
今日は彼らの演技史上もっとも良い出来でした。SPのことは忘れました。1つダンスリフトからのリフトがグラついて落としそうだったんですけど、堪えて最後のすさまじい飛距離のスローで綺麗に締めました。うーん、素晴らしい。この疾走感と、彼らの正統派的な滑りながらも、少し横道に行くような表現力や振付ってすごく魅力的。こういうプログラム極めて欲しい。

シメクニ
演技終了後口と口でチュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウあああああああああああああああああああああああああああああ?????????????????うらやましいです・・・。男性の課題の3Sを堪えました。2Aは失敗でしたけど、1本入ればそれでいい。スローは2本ともクリーンでした。このプログラムとてもロマンティックな雰囲気出せていますが、少し振付が寂しすぎるように思います。昨シーズンのLPもそうでしたよね。動きはちょっともっさり。

アンマイ
すさまじいクワドツイストでした。あまりに高すぎて引きました。史上最高峰ツイストです、それは間違いない。ミスなく最後まで演技をやりきりました。ニース杯は結構ミスがあったんですけど、そこからは別人のような出来。ピンクフロイドとAC/DCという謎の組み合わせ。ものすごい大味ですけど、まだ組んで浅いですし、女の子は元々シングルなのでこれだけできれば上出来です。

モーモー
いつもよりツイストが低空で心配なスタートでした。3Sで女性が転倒。スローは堪えました。彼らのトレードマークの長距離移動キャリーからのスターリフトで下ろす時に女性がお腹から落ちました。すごい高さから落ちたわけでは無いので大丈夫だとは思いますが、次のスピンで女性は足を上げられませんでした。それでも回転を揃えてスローサルコウ堪えたのはすごい根性。御見それしました。これが無かったらファイナル無理だったわけですからね。

バザラリ
苦手なソロジャンプをズレながらもなんとか収めて、危なかったリフトも含めエレメンツはかなり良かったです。スケーティングはすごい滑らかで滑ります。0.01パーソナルベスト更新!

サフゾル
ジャンプが抜けて、スローアクセル回避のサルコウでも足ついたりと、エレメンツは完璧ではありませんでしたが、中国杯よりもやっぱり調子良いですね。滑りの合い方っていうのはパントンと双璧を成す美しさがあります。単に上手いからだけではなくて、長年組んでいるからこそできるものなんだと思います。ド正統派、これはこれでいい。

グランプリファイナルは
ヴォロトラ、サフゾル、パントン、モーモー、デュハラド、ペンジャンの6組となりました。男子で一番若いのが28歳。おっさんがいっぱいだー!おっさんおっさんおっさん!!!補欠はスイハン、ベルホタ、バザラリとなっています。

マリア・ペトロワがロシアのテレビでいっぱい喋ってくれている。さっぱり分からん。
Comment:0
back-to-top