FC2ブログ
2015
10.20

ニース杯リザルト

お前がチャレンジャーシリーズになれ大会。

ペアリザルト
1 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)165.40
2 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)141.02
3 Camille MENDOZA / Pavel KOVALEV(フランス)127.00
4 Minerva-Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)118.62
5 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER(スイス)111.78
6 Anna Marie PEARCE / Mark MAGYAR(ハンガリー)98.74

マリブロ
SPもLPもツイスト→スローサルコウの間の助走を短くしています。特にSPでは、エレメンツとエレメンツの繋ぎ目を目立たせなくするような構成にしているのではないかと思います。元々2人ともそれほど表現力があるタイプではないので、ゆったりした曲の方が演技がしやすいのでしょう。でも、ポーズをとってダンスリフトやムーブメントを行っているときに、それがやりきれていないことがあるように見えます。表情も乏しいので、Somewhereなんて曲が曲なのでもっと朗らかに演じて欲しい。

ツィーグラー&キーファー
SPはビョークのシーシープログラムでカップルを演じていると思うのですけど、キーファーさんが親戚の結婚式にきた高校生のようで、あまりカップルという感じはしない。LPはSPよりもさらにカップル、ただただイチャイチャしているカップル。アクセルラッソーのキャリーがとても好きです。

女子リザルト
1 Elizaveta TUKTAMISHEVA(ロシア)179.23
2 Alena LEONOVA(ロシア)178.59
3 Laurine LECAVELIER(フランス)155.78
4 Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ)150.74
5 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)130.74
6 Giana RUSSO(イタリア)130.73
7 Loena HENDRICKS(ベルギー)130.10
8 Karly ROBERTSON(イギリス)127.35
9 Nadjma MAHAMOUD(フランス)126.72
10 Nicole SCHOTT(ドイツ)124.31
11 Helery HALVIN(エストニア)117.89
12 Katie POWELL(イギリス)108.00
13 Laure NICODET(スイス)106.50
14 Linnea MELLGREN(スウェーデン)105.63
15 Elin HALLBERG(スウェーデン)99.66
16 Jeromie REPOND(スイス)99.31
17 Elizaveta LEONOVA(エストニア)95.75
18 Julia SAUTER(ルーマニア)91.63
19 Lara Nicola ROTH(オーストリア)79.44

リーザ
3A fall 2Lz 3T-3T hd
今シーズンの衣装も占い師。大五郎ヘアーではないけれど。ジャンプはgdgdだったけれど他が悪いわけではないです。ステップの表現がとてもよかったです。バレエジャンプからランジ、そこからのコンビネーションの流れもすごくよくて、魔王参上!って感じで。魔女というよりも魔王。魔王プログラムその1です。

2A 3Lz-2T-2Lo 3F shaky 3T ot-3T 2Lz 3S ot-2T 2A tano
魔王プログラムその2。衣装も魔王っぽい。3T-3Tはターンが入ったけれど、どのジャッジもマイナスをつけませんでした。絶対マイナスにしなければならないというわけではないのですけどもね。後半はジャンプさえも雰囲気を変えてきていて、表現が乗っています。クラシック嫌いなんて嘘じゃないの?ってぐらい。コレオシークエンスで上向いて咆哮するところもいいなー。今シーズンのプログラムは両方言うことないです。ズンズンチャチャチャズンチャチャチャッチャも楽しかったけど。ジャンプはいずれ上昇してくるでしょう。

レオノワ
3T-3T 3F 2A
安定したSPです。3T-3Tの質は全盛期と同じです。昨シーズンとは最後2つのスピンを入れ替えているわけですけど、コンビネーションスピンは時間が長いから、最後の最後で間延びして見えました。レイバックが後の方がスッキリ終われそう。

3T-3T 3Lz fall 2A 3F-2T hd 3F 3S ot-2T 2A
このプログラムの監獄ロックの振付が好きなんです。レオノワでしかこういうのは滑ることができないですね。ロシアもアメリカも日本も出来る人はいないです。SPをクリーンにやって崩れるというのが多くなっています。フリップが得意なはずなのに決まらなかったり。ループはそんなに下手ではなかったのに外してしまっています。

ルカヴァリエ
3T-3T df 3Lz 2A
彼女はいかにもフランスなイメージの、わけの分からん曲を選んでくるのですね今シーズンも。髪を下ろしてすっかりとイメージが変わりました。今回は相当動きがシャープになりました。3Lzの後の体をよじるような振付素敵、2Aの前のスパイラルはマスターズでは入れていなかったのですが加えてきました。生まれ変わった感じ?

3T-3T 3Lz 2A-1Lo-2S 3F ot 3Lo 3Lz fall 2A
SPの衣装も素敵でしたけど、LPの衣装もいいです。蛍光色でなかなか素敵にするのは難しいですが、ラテンに合わせてスカートの丈を短くしているから蛍光でもしつこくないです。ステップはポーズや首の位置が決まっていて歯切れがよくて気持ちがいい。後半のジャンプが乱れたものの、実に洗練されました。21、2だと思っていたけど、まだ19でした。フランスチャンピオンあるで!

フニチェンコワ
2A 3T-3T 3Lz
3Lo 3F 2A-1Lo-3S 3Lz hd 3Lz-2T 2S 2A-2T
SPはキーラのI got rythemが追いはぎにあったような衣装でした。5種エラーなしで跳べる選手がペアに行っていたのってすごいなー。ペア時代も含めて彼女の感想は書いたことがないです。LPはエクソジェネシスでしたけど、そうしてそんな編曲にしたの?という繰り返しをするものでした。普通に滑っても構わないのですよ。20歳なのに体が細っこい。

ヴァインツィアール
1A 3T-2T 2Lz
金太郎の前掛けみたいに見えるから、四肢の長くなさが目立ってしまうイカン衣装だ。後半に3つのジャンプを入れて貪欲に点数を取りに行くガッツは買いたい。

LP映像なかったぜ。

ルッソ
3F 3S-2T 2A
2A 3F 3T fall 3S df 3S hd 2F-2Lo-2Lo 2A-2T tano
降りようとすれば回転が足りなくなるし、回転充足させようとすれば降りられない。ジャンプの難度や精度ではロデギエーロさんが圧倒しているけど、構成の複雑さやステップ・表現ではルッソさんの方がかなり上。どうなるんでしょうね今年のイタリアチャンピオンは。と言ってもユーロ代表2枠を決めるためで、カロリーナが仕上がったらワールド代表はカロリーナなんでしょうけど。

アイスダンスリザルト
1 Cecilia TORN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)135.04
2 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET-BASIEGE(フランス)127.44
3 Carolane SOUCISSE / Simon TANGUAY(カナダ)125.40
4 Valeriya GAYSTRUK / Alexei OLEYNIK(ウクライナ)119.96
5 Laureline AUBRY / Kevin BELLINGARD(フランス)107.38
6 Cecile POSTIAUX / Richard POSTIAUX(ベルギー)95.84
7 Katarina PAICE / Iourii IEREMENKO(スイス)86.68

パルタネンさんはフィンランディアでいっぱい見たからお休みしよう。

アレッサンドリーニはすっかりフランスに染められてしまいました。パートナーは4つ年下らしいから、余計に男のこども感が出てしまっていたのか。エロ家庭教師と高校生みたいなFDだ。ホールドの形がいまひとつな感じもする。

カナダのソシースさんのところもマリパトのチームなんですねーーーはーーー多いわーーー。何のしっとりした音楽で滑っているんだろうと思ったら、今年50周年を迎えたスコーピオンズ様じゃないですか。ついにダンス界にまで勢力を伸ばしたんですね。サモーヒンのよりもテンポが相当ゆっくりだからモヤモヤする。このカップルはJGPSに1度出たことがあるらしい・・・覚えていない。

ウクライナのお礼肉さんはSDで昨シーズンの衣装を使いまわしておりました。お礼肉!お礼肉!

男子リザルト
1 Chafik BESSEGHIER(フランス)231.11
2 Alexander MAJOROV(スウェーデン)220.10
3 Dmitry ALIEV(ロシア)217.86
4 Michal BREZINA(チェコ)215.55
5 Jorik HENDRIX(ベルギー)212.10
6 Alexander PETROV(ロシア)208.99
7 Ivan PAVLOV(ウクライナ)194.56
8 Simon HOCQUAUX(フランス)178.69
9 Paul FENTZ(ドイツ)170.46
10 Adrien TESSON(フランス)168.72
11 Andrey LAZUKIN(ロシア)155.00
12 Thomas KENNES(オランダ)153.75
13 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)152.70
14 Nicola TODESCHINI(スイス)152.30
15 Valtter VIRTANEN(フィンランド)151.76
16 Trevor BERGOVIST(スウェーデン)148.56
17 Jamie WRIGHT(イギリス)146.94
18 Manuel KOLL(オーストリア)141.76
19 Murad KURBANOV(ロシア)133.17
20 Alexander BJELDE(ドイツ)132.01
21 Vincent CUEREL(スイス)130.74
22 Paul ARRATEIG(フランス)126.63
23 Florian GOSTELIE(オランダ)105.09
WD Yvan RIGHINI(イタリア)

ベセギエ
4T-3T 3A ot 3Lz
SPの曲はルドヴィコ・エイナウディ作曲なんですね。今シーズンこれで5か6組目です。それぞれ曲が被らずに同じ作曲家とは。スケートのタッチが柔らかくなったように見えました。

4T so 4T fall 3A 3A-2T-2Lo 3Lz-3T 3F 2A-2T 3S
着まわしていた衣装から新しい衣装になりました。おしゃれな部屋着(手袋つき)。ベセギエさんはフリップeつき、ループなしなので、クワドを成功しないと大きな大会では点数が出ないかも。このところというか、ベセギエさんの存在を認知してから、ひたすらこういう系統のプログラムを滑っているので、そろそろ新しいものも見てみたい。ずっと同じ系統を滑るってところはフランス男子っぽいですけども。変えても戻すんだろうし。

マヨロフ
3Lz-3T 3F 3A fall
マヨロフがヒゲなんか生やして、子供なのに生意気と思っているあなた。もう24歳なんですよ、ベテラン選手なんですよ。いつまでも 若いと思うな ユーロ男子。3Fの着氷で気功波撃ちそう。彼はこんなにスピンをきちんと回る選手でしたっけね。すごくよくなっている気がする。

3Lz-3T 3A-2T 3F 3Lo ot 3A hd 3T-2T-2Lo 3S 2A
ワチャワチャあたふた動き回るマヨロフは可愛らしかったのだけれど、無駄な動きがなくて洗練された姿を見られるのは嬉しい。このオフの間に何があったか、本当にシャープで美しい動きをするようになりました。昨シーズンまでのような後半の大幅な減速と、死にそうなコレオシークエンスも解消。おじさんに片足を突っ込んだマヨロフ、ただいま上達中。

アリエフ
4T-3T 3A 3Lz
4Tがアンダーローテーションの判定でした。3Aの軸が曲がっていましたし、高難度ジャンプの調子がそれほどよくはないのでしょうか。スピンなどもあまりよくなかったなー。動きは大きかった。

4T fall 3A df 3A-1Lo-2S 3Lz 3F 3Lz-3T 3Lo 2A-2T
4Tは1本、2本入れた3Aは軸が曲がっていました。やはり高難度ジャンプの調子が悪い。JGPSと比較すると動けていないです。膝くるフリップの膝くるを失敗するという、格好のつかない失敗。ジャンプそのものは成功。コンビネーションスピンは、足換え後の回転数足りないのでノーバリューです。後半はスタミナ切れの上にシニアのコレオシークエンスがありました。そしてしつこいボーカル。演技の出来にしてはPCSは高めに出たでしょうか。彼の本番はファイナルだから、気にしない気にしない。

インスタのURLはっとこ。
https://instagram.com/dimaaliev/

ミハル
3A 2S 3F-3T
ミハルの地獄の4連戦もこれにて終了。フィンランディアとの間に髪の毛が短くなりました。生え際が露になると、剃り込みがよく見えます。アップになると結構キテるということが分かります。このプログラムはこなせるようになってきたのではないでしょうか。

3A 3T 4S fall 4S fall 1A-2T 3Lz 3Lo 3F-1Lo-2S so
滑れるようになったSPに比べて、持て余しているLP。消化不良率70%ですね。ランビ振付は方向転換が多いから、普通の状態で滑るのもしんどそうなのに、ジャンプのせいでスタミナがすり減らされているときに振付を入れられるからさらにしんどい。でもフィンランディアとネーベルホルンよりはいいな。

ジョリヘン
3A ot 3Lz-3T 3Lo
サントリーのビルの上にある、うんこオブジェのような髪型になりました。ジョリヘンアクセルの失敗ではよくあるオーバーターン。ジョリヘンって苦手だけどアクセルが抜けるのはそれほど多くない気がします。抜けはコケより・・・なので大切です。解説は岡部由紀子さんでした。岡部さんどうもありがとうございました。ありがとうございました。by 千鶴 これを演技を見る度に部屋でやる。

3A fall 3Lo-2T-2Lo 3Lz-3T 3F-2T tano 3Lz 3Lo so 3S 2A so
ケイト・ウィンスレットことヨリック・ヘンドリックスさん。とてもセリフのうるさいプログラムです。ジョリヘンって元々タッチが柔らかいスケーターでしたけど、演技がもっさりしていてメリハリがなかったんですよ。それがこの演技で一新されたなと思います。腕が背中からグオンッと使えるようになったから体も大きく見えるし、というか体がデカくなったし。超進化ですね。心配されていたミニマムもここで両方クリアしました。妹もワールドのミニマムを持っているので、兄妹での出場は確定でしょう。

ペトロフ
3A 3Lz-3T 3F
この衣装はおばちゃんの服レベルを超えた、おばあちゃんが着る色とデザインです。アレクサンドラ・ペトロワばあちゃん。渋い色のカバンに黒飴とか花のくちづけ入れてる。刺すような視線でした。ステップの足裁きいいですねー。

3A fall 3A-2T 3Lz fall 3F-1Lo-3S 3Lz-3T fall 3T ot 3Lo 2A
ピチッとした衣装になるとジャンパーケツに成長していることが分かります。ステップかっこいいけど、ジャンプの転倒で疲れてしまったからか、そんなに迫力が出てはいなかったかも。3A2本、3Lz2本、3T2本・・・どうして単独で3T入れたのか。意味が分からないよ。

ラズーキンさんは今回もジャンプが決まらなかったのです。ボディラインがすごくきれいだし、スケーティングに元々定評があった選手なので、この辛いところを耐えて欲しいです。

ビエルデさんは演技は振るわなかったけれど、美しい滑りをしていました。点数以上に印象がよかったです。

元バリさんはインスタにブレードにヒビが入っている写真をアップしていました。SPの6分練習ですでに異変があったそうですね。怪我の方はよくなっているそうです。

時間がかかった。
Comment:6
2015
10.01

オータムクラシック&ニース杯エントリー

10月第3週の国際Bさんたち。

スケートカナダオータムクラシック
http://skatecanada.ca/event/2015-autumn-classic-international/

まずはド平日の火曜から木曜に開催する、意味不明なオータムクラシック。チャレンジャーシリーズから降りる意味はあったのだろうか。

男子
ARG Denis MARGALIK
CAN Nam NGUYEN
CAN Bennet TOMAN
CAN Mitchell GORDON
HKG Leslie IP
ITA Maurizio ZANDRON
JPN Yuzuru HANYU
KAZ Denis TEN
POL Patrick MYZYK
ESP Javier RAYA
TPE Meng-Ju LEE
USA Sean RABBITT
USA Alexander JOHNSON

羽生とテンくんが出てきます。テンくんが新しいプログラムについて、まどろっこしい投稿の仕方でヒントを出してくれました。ルイス・バカロフの音楽をSP・LPの両方で使うということです。どれになるのかは未だに不明です。テンくんはガチ賢いんだろうなーと思います。会話したらIQの差で頭痛くなりそう。ショーン・ラビットさんはここが国際大会デビューです。25歳まで続けていてよかったなあ。ラビットさんはマンゴーアレルギーなんだなあ。

女子
BRA Isadora Marie WILLIAMS
CAN Roxanne RHEAULT
CAN Kim DEGUISE-LEVEILLÉE
ISR Netta SCHREIBER
JPN Haruka IMAI
KAZ Elizabet TURSYNBAYEVA
MEX Aislin ROSADO
PHI Frances Clare UNTALAN
ESP Sonia LAFUENTE
RSA Michaela DU TOIT
TPE Lena WU
TPE Levana WU
UKR Anastasia KONONENKO
UKR Alina MILEVSKAYA
USA Amber GLENN
USA Angela WANG
USA Tyler PIERCE

アナウンスメントにはMax12人と競技者を規定してあったのに、余裕でオーバーしている女子。外国所属のアメリカ人パラダイスです。トゥルシンバエワは試合に出まくっています。

ペア
CAN Meaghan DUHAMEL/Eric RADFORD
CAN Hayleigh BELL/Rudi SWEIGERS
CAN Brittany JONES/Joshua REAGAN
USA Marissa CASTELLI/Mervin TRAN
USA Jessica PFUND/Joshua SANTILLAN

国際大会デビューを飾るスウィガースの新しいペア。どのぐらいまでエレメンツが出来上がっているのか、ソロジャンプは降りられるのか。ちなみにこのペアでもロースウィ時代に続き、男女ともに右回りになります。デュハラドはこの間披露したプログラムがまともで、「やれやれ今シーズンのLPも手抜きの振付だわ・・・・・」っていうのが言えなくて寂しい。

アイスダンス
AUS Emily PIKE/Patrick ADDERLEY
CAN Nicole ORFORD/Asher HILL
CAN Andréanne POULIN/Marc-André SERVANT
CZE Cortney MANSOUR/Michal CESKA
LTU Taylor TRAN/Saulius AMBRULEVICIUS
ESP Celia ROBLEDO/Luis FENERO
USA Danielle THOMAS/Daniel EATON
USA Karina MANTA/Joseph JOHNSON

ニコヒルは早くも国際大会デビューです。アメリカの名前を存じ上げないカップルは昨シーズン全米の予選に出ていたカップルらしい。全米の予選は今週末から3週間かけてリージョナルが始まります。

ニース杯
http://nice-baie-des-anges.fr/files/CIVDN-entries-list2015.pdf

チャレンジャーシリーズになればいいのに(2年連続2回目)

男子
1. Vincent CUEREL Switzerland
2. Nicolas TODESCHINI "
3. Oddvoll Boe SONDRE Norway
4. Alexander PETROV Russia SP
5. Dmitry ALIEV Russia SP
6. Murad KURBANOV Russia M
7. Jorik HENDRICKS Belgium
8. Chafik BESSEGHIER France
9. Adrien TESSON “
10. Alexandre ZAHRADNICEK "
11. Kevin AYMOZ "
12. Simon HOCQUAUX "
13. Paul ARRATEIG "
14. Trevor BERGQVIST Sweden
15. Alexander MAJOROV “
16. Ivan PAVLOV Ukraina
17. Thomas KENNES Netherland
18. Florian GOSTELIE "
19. Michal BREZINA Czech Republik
20. Jamie WRIGHT Great Britain
21. Paul FENTZ Germany
22. Niko ULANOVSKY "
23. Valtter VIRTANEN Finland
24. Manuel KOLL Austria
25. Yvan RIGHINI Italy

ユーロの大会っぽくていい顔ぶれだわー。ペトロワとアリエフはSPのみ?ジェイミー・ライトはモー子さんのお友達と記憶しています。モー子さんが遊ぶのはライトさんかフィルスさんのどちらか。北米から撤退したっぽい?みんなのヴィルタネンさんもいるよ。

女子
1. Laure NICODET Switzerland
2. Jeromie REPOND "
3. Elizaveta TUKTAMISHEVA Russia SP
4. Alena LEONOVA Russia SP
5. Loena HENDRICKS Belgium
6. Laurine LECAVELIER France
7. Lea SERNA "
8. Helery HALVIN Estonia
9. Elizaveta LEONOVA Estonia
10. Elin HALLBERG Sweden
11. Linnea MELLGREN "
12. Anna KHNYCHENKOVA Ukraina
13. Olga BELINSKAYA "
14. Karly ROBERTSON Great Britain
15. Katie POWELL " "
16. Dasa GRM Slovenia
17. Nathalie WEINZIERL Germany
18. Nicole SCHOTT “
19. Lara Nicola ROTH Austria
20. Belinda SCHÖNBERGER "
21. Giada RUSSO Italy
22. Julia SAUTER Romania

週間リーザは今シーズンどこまで刊行数を伸ばすのか。リーザとレオノワはSPだけ?ジョリヘン妹がシニアデビューをするようだ。

ペア
1. Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET Switzerland
2. Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER Switzerland
3. Anna Marie PEARCE / Mark MAGYAR Hungary
4. Camille MENDOZA / Pavel KOVALEV France
5. Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT Germany
6. Minerva-Fabienne HASE / Nolan SEEGERT "
7. Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER Austria

スイスは今シーズン積極的にペア派遣をしているようだ。形になって欲しい。マリブロが出てきます。未だにマリタイ or プロブロって打ってます。

アイスダンス
1. Katarina PAICE / Iourii IEREMENKO Switzerland
2. Carolane SOUCISSE / Simon TANGUAY Canada
3. Cécile POSTIAUX / Richard POSTIAUX Belgium
4. Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON France
5. Peroline OJARDIAS /Michaël BRAMANTE "
6. Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET "
7. Laureline AUBRY / Kevin BELLINGARD "
8. Sara HURTADO / Adrian DIAZ Spain
9. Valeriya GAYSTRUK / Alexeï OLEYNIK Ukraina
10. Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN Finland

ニース杯までカナダが選手送ってる。パパシゼがエントリーしていますが出る可能性は低そう。脳震盪はエリック杯までによくなっているといいのですけど、いつ出てくるか分からないと聞きますし。

今週末の2大会はペアがないけど開始時間が深いです。ジャパンオープンやブロック大会行かれる方は死なない程度に楽しみましょう。デンスタ杯のエントリーまだかなー。
Comment:0
2014
10.05

ニース杯エントリー

http://www.nice-baie-des-anges.fr/files/SKATERS19thCIVDN.pdf

チャレンジャーシリーズの11戦には入れられていないけど、開催人数・国と共に条件は満たしている大会です。多分レフリーとかパネルの条件が満たせてないんじゃないかなーと。事前に発表されているレフリーの名前検索したけど、ヒットしなかったので。チャレンジャーシリーズは3大会までの出場制限があるから、出場者が集まらないと踏んだのかもしれません。そんな感じで。

男子
1. Romain PONSART France
2. Conor STAKELUM Ireland
3. Harry MATTICK Great Britain
4. Phillip HARRIS Great Britain
5. Marcus BJÖRK Sweden
6. Keiji TANAKA Japan
7. Yoji TSUBOI Japan
8. Jui Shu CHEN Chinese Taïpei
9. Ivan RIGHINI Italy
10. Justus STRID Denmark
11. Martin RAPPE Germany
12. Mario Rafaël IONAN Austria
13. Javier RAYA Spain
14. Felipe MONTOYA Spain
15. Murad KURBANOV Russia
16. Artur DMITRIEV Russia
17. Alexander PETROV Russia

デカと坪井がここに。坪井は今シーズンで引退ですので悔いの無い試合を重ねていって欲しいです。ストリードさんも出るよ!クルバノフも出るよ!ラヤさんもモントーヤさんも出るよ!

女子
1. Lénaelle GILLERON-GORY France
2. Laurine LECAVELIER France
3. Yretha SILETE France
4. Anaïs VENTARD France
5. Natalia POPOVA Ukraine
6. Alina BELETSKAYA Ukraine
7. Karly ROBERTSON Great Britain
8. Linnea MELLGREN Sweden
9. Isabelle OLSSON Sweden
10. Miyabi OBA Japan
11. Gerli LIINAMÄE Estonia
12. Ilaria NOGARO Italy
13. Dasa GRM Slovenia
14. Nika CERIC Slovenia
15. Pina UMEK Slovenia
16. Anita ANDERBERG MADSEN Denmark
17. Pernille SORENSEN Denmark
18. Sarah HECKEN Germany
19. Sandy HOFFMANN Germany
20. Victoria HUEBLER Austria
21. Tina STUERZINGER Switzerland
22. Tanja ODERMATT Switzerland
23. Eveline BRUNNER Switzerland
24. Elizaveta TUKTAMISHEVA Russia
25. Maria STAVITSKAYA Russia
26. Reyna HAMUI Mexico

リーザはここにもエントリー。出まくるんですね今シーズンは。ロシアは国際大会にとにかく選手を出して出して出して出して出しまくります。こういうところは素晴らしい。シレーテはマスターズにも出てなかったので、期待は薄め。

アイスダンス
1. Valentina RUDCHENKO / Benjamin ALLAIN France
2. Laureline AUBRY / Kevin BELLINGARD France
3. Lolita YERMAK / Alexeï SHUMSKIY Ukraine
4. Cécile POSTIAUX / Richard POSTIAUX Belgium
5. Olivia SMART / Joseph BUCKLAND Great Britain
6. Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND Great Britain
7. Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION Japan
8. Mélanie ALTINAKISOVA / Jan BACA Czech Republik
9. Sofia SFORZA / Leoluca SFORZA Italy
10. Victoria MANNI / Benjamin NAGGIAR Italy
11. Federica TESTA / Lukas CSOLLEY Slovakia
12. Yura MIN / Timothy KOLETO Korea
13. Cecilia TÖRN / Jussiville PARTAÏNEN Finland

イタリアはシングルからの転向の女子の組です。男の方検索したらハンサムが出てきた。えみマリは今シーズンもニース杯に出場。韓国のミンコレがライバルになりますが、ここに勝てれば表彰台も見えます。楽しみです。

ジュニアにはトゥルシンバエワやラズーキンが出場予定です。
2013
10.28

ニース杯 リザルト

イギリスのiTunesカードをネットで買って封筒を開けた途端にお煙草のかほりが。煙草って改めてすごい。別に嫌煙家じゃないからいいけれど。

男子リザルト
1 Tomas VERNER(チェコ)249.79
2 Konstantin MENSHOV(ロシア)228.77
3 Zhan BUSH(ロシア)226.31
4 Peter LIEBERS(ドイツ)211.59
5 Vladislav SEZGANOV(ロシア)202.12
6 Liam FIRUS(カナダ)194.93
7 Sergey BORODULIN(ロシア)184.24
8 Paul Bonifacio PARKINSON(イタリア)183.25
9 Dmitriy IGNATENKO(ウクライナ)180.83
10 Phillip HARRIS(イギリス)180.39
11 Igor REZNICHENKO(ウクライナ)179.67
12 Stephane WALKER(スイス)172.63
13 Valtter VIRTANEN(フィンランド)165.27
14 Paul FENTZ(ドイツ)161.10
15 Matthew PARR(イギリス)156.32
16 Tomi PULKKINEN(フィンランド)153.75
17 Saverio GIACOMELLI(イタリア)137.39
18 Andrew DODDS(オーストラリア)134.63
19 Jordan DODDS(オーストラリア)128.95
20 Iassen PETKOV(ブルガリア)115.50
21 Conor STAKELUM(アイルランド)101.75
22 Florian GOSTELIE(オランダ)101.49

昨シーズンは霞のような存在感で、NHK杯のステップで転んだこととジャンプ抜けまくったことしか覚えていないトマシュ・ベルネルさん(27) SPは昔のアメリカなプログラムでした。前回転倒したステップは今回は綺麗に滑りきってレベル4獲得。嗚呼これがトラのステップなんですよ、滑りいいのにアホみたいに止まり腐ったステップはいらないんです。縦横無尽に動き回って、アクセントにカウボーイっぽい足の動き。はあ、かっこいい。
LPのタンゴメドレーは転倒でノーカウントになってしまいました。こちらは少し動きが詰まっているようなところがあったので、きっとジャンプ成功でガクガクってなってしまったんですよね。これから慣れてきますから!!!そしてみなさん小ネタでも紹介した、彼の忌忌しきコンビネーション入れない率。なんと今回コンビネーションを3本入れたんですよ!!!彼がコンビネーションジャンプを3つ入れたのは2011年のユーロ以来、実に3シーズンぶりのことになります。プログラムとしてはスカスカで物足りないので、ぜひもっと振付を増やしていただきたい。ちなみに彼がSPとLPで計3本の4回転を成功したのは今回が初めてとなります!!!!!ついに全盛期きたああああああああああああああああああああああああああああああああああ

SPでは全てのジャンプが前半、LPでは5つ目までのエレメンツが全てジャンプという一切ボーナスに執着していないプログラム構成のメンショフさん。男らしい。SPは謎の音楽、LPは去年と同じルネ・オーブリーの謎音楽でした。SPの3Aは見た時に2Aかと見まがう程でした。LPはジャンプの固め打ちではありますが、トランジションはしっかりと入れているのでそれほど偏っている印象はありません。固め打ちロシアンはこういう構成を見習うべきです。メンショフさんの謎プロの良い所は、独りよがりの謎じゃなくて世俗的というか大衆的というか「あ、これは謎なんだ」って分かるところ。テストスケート出られなかった時はどうなるのか心配でしたが、大丈夫そうで何よりでした。

お馴染みベートーヴェンの5つの秘密と、カロリーナでおなじみヴィヴァルディのチェロ協奏曲。ベートーヴェンの方でヴィヴァルディを挟んでいますが、ヴィヴァルディから変わる時が大雑把だわー。ヴィヴァルディでステップを踏んでいましたが、曲よりも雰囲気が重そうでした。音源も少し重いんですけど、やり過ぎ感が漂うような、十分質は良かったし評価されていますけどね。3-1-3のコンボは着氷でゴチャゴチャっとなったけれど、ほとんどのジャッジが+1でした。あれはあれでいいのか。

一時の前髪が激しく抜け始めた時期の技術の停滞が嘘かのような進化っぷりを遂げているリーベルスさん。意外なことに彼は今回が4Tの初成功だったんです。いつも転倒転倒ばかりでした。後半で2つミスが出ましたが、それでも良い演技でした。SPのネジみたいな衣装は時計だったんですね。

女子リザルト
1 Maria ARTEMYEVA(ロシア)169.16
2 Kiri BAGA(アメリカ)150.48
3 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)144.56
4 Polina AGAFONOVA(ロシア)141.66
5 Anaïs VENTARD(フランス)140.63
6 Jenna McCORKELL(イギリス)140.12
7 Candice DIDIER(フランス)139.34
8 Isabelle OLSSON(スウェーデン)133.44
9 Rachael FLATT(アメリカ)130.18
10 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)129.72
11 Sarah HECKEN(ドイツ)128.98
12 Alexandra NAJARRO(カナダ)126.69
13 Alisson PERTICHETO(フィリピン)124.24
14 Rosaliina KUPARINEN(フィンランド)124.19
15 Léna MARROCCO(フランス)122.79
16 Anna OVCHAROVA(スイス)122.68
17 Lénaëlle GILLERON - GORY(フランス)121.07
18 Michelle COUWENBERG(オランダ)116.73
19 Tae Kyung KIM(韓国)115.40
20 Anna AFONKINA(ブルガリア)110.85
21 Juulia TURKKILA(フィンランド)109.81
22 Briley PIZZELANTI(イタリア)109.80
23 Sandy HOFFMANN(ドイツ)105.43
WD Anne Line GJERSEM(ノルウェー)
FNR Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)
FNR Ilaria NOGARO(イタリア)
FNR Elisaveta UKOLOVA(チェコ)
FNR Kim BELL(オランダ)
FNR Katie POWELL(イギリス)
FNR Myriam LEUENBERGER(スイス)
FNR Linnea MELLGREN(スウェーデン)
FNR Sabina SCHULZ(オーストリア)

女子の優勝はメンショフさん(30)のステディーのアルテミエワさん(20)でした。SPで3Lz-3Tと3Fを降りてぶっちぎりの優勝でした。オールレベル4で素晴らしい内容でしたが、SPのJ1が8.50-9.00というとんでもないスコアを出していました。それはねーよwww

レイチェルは体のサイズ感に迫力がありまして、ジャンプの回転不足&レベルがとれていません。スピンの回転速度がかなり落ちています、特にレイバックは止まりそうでした。

アガフォノワにオフチャロワ。聞くだけで懐かしいと思ってしまう2人ですが、アガフォノワの方は縦だけでもなく横にも少しサイズがアップしておりました。ジャンプが低い・・・。オフチャロワは2A以外のジャンプを成功していません。果たしてユーロに出場できるのでありましょうか。

ペアリザルト
1 Annabelle PROLSS / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)160.25
2 Jessica-Noëlle CALALANG / Zach SIDHU(アメリカ)157.28
3 Maylin WENDE / Daniel WENDE(ドイツ)153.09
4 Yulia ANTIPOVA / Nodari MAISURADZE(ロシア)149.54
5 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)141.53
6 Deedee LENG / Timothy LEDUC(アメリカ)141.01
7 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)137.79
8 Juliya LAVRENTYEVA / Yuriy RUDIK(ウクライナ)113.86
9 Ronja ROLL / Gustav FORSGREN(スウェーデン)107.52
10 Paris STEPHENS / Matthew DODDS(オーストラリア)92.79

マイスウィートであるプロブロがシニアの大会初優勝しています。と言いましても演技内容は前よりも悪かったので手放しでは喜べません。プローレスは女子の試合にも出ていたのできっと疲れていたんでしょう。そういうことにしておきましょう。

犯罪級に体と顔の大きさが違うアンチポワ&マイスラーゼは4位でした。すごく高いツイストを入れているペアなので加点の方は見事でした。2人の略称はなんだろう。アンマイ?ユリノダ?ユリノダだとレズビアンの野田元首相的な。おうふ。

デラモデルがLPでスローを2本とも成功するという珍しい演技でもありました。

アイスダンスリザルト
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)147.93
2 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)137.59
3 Ksenia MONKO / Kirill KHALYAVIN(ロシア)134.24
4 Kharis RALPH / Asher HILL(カナダ)131.91
5 Elisabeth PARADIS / François Xavier OUELLETTE(カナダ)127.40
6 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)119.70
7 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)113.89
8 Dora TUROCZI / Balazs MAJOR(ハンガリー)110.65
9 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)110.46
10 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)105.28
11 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)101.51
12 Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)100.18
13 Kira GEIL / Tobias EISNEBAUER(オーストリア)97.42
14 Valentina RUDCHENKO / Benjamin ALLAIN(フランス)95.49

パパシゼがシニアの大会初参加で初優勝でした。SDは男性の衣装のカマーバンドがおかしい。長過ぎじゃないか?女性のドレスは長さがアシンメトリーでゴールドで素敵。アシメの女王と呼ぼう。フランスはペシャブル、キャロジョン3組ともにSDのプログラムが良く無い。お洒落な拘束具みたいな衣装のFDはコンテンポラリー路線。なお襦袢が雑。動きの独創性やスピード感なんかは良いけど、よく分からないプログラム&台詞がうるさい。評判ほど駄プロとは思わないですけど、去年が良すぎたからですね。

ラルヒルのFDはドムシャバの悲劇思い出す入りだからやめい。

クリスタルスケートも開催されました。開催されたことは間違いないです。シニアの出場者は一応分かっていますし、ジョリヘンがルーマニア行っているので。一体いつ結果が出るのか、これから毎日ISUのページに行って確認です。今週末は中国杯とNRW杯です。楽だ平和だ。
Comment:2
2013
10.01

ニース杯エントリー

4日間スケート見たく無いって言ってたのに、早くも昨日エキシビション見たという。目は復活。

男子
1 Misha GE Uzbekistan
2 Conor STAKELUM Ireland
3 Liam FIRUS Canada
5 Stephane WALKER Switzerland
6 Igor REZNICHENKO Ukraine
6 Dmitriy IGNATENKO Ukraine
7 Andrew DODDS Australia
8 Jordan DODDS Australia
9 Tomas VERNER Czech Republik
10 Marco ZAKOURIL Czech Republik
11 Walter VIRTANEN Finland
12 Tom PUKKINEN Finland
13 Ondrej SPIEGL Sweden
14 Patrick MYZYK Poland
15 Peter LIEBERS Germany
16 Paul FENTZ Germany
17 Christopher BERNECK Germany
18 SaverioGIACOMELLI Italy
19 Paul Bonifacio PARKINSON Italy
20 Phillip HARRIS United Kingdom
21 Matthew PARR United Kingdom
22 Romain PONSART France
23 Konstantin MENSHOV Russia
24 Vladislav SEZGANOV Russia
25 Lassen PETKOV Bulgaria
26 Zhan BUSH Russia
27 Sergey BORODULIN Russia
28 Pavel IGNATENKO Belarus
29 FlorianGOSTELIE Netherlands

どうしてロシアの間にブルガリアを挟んでいるのか。今年はロシアの国際B派遣が例年よりも相当活発に行われております。毎年これぐらいやればいいのである。トラさんはこれがシーズン2戦目。それよりも心配な初戦。

女子
1 Clara PETERS Ireland
2 Alexandra NAJARRO Canada
3 Myriam LEUENBERGER Switzerland
4 Anna OVCHAROVA Switzerland
5 Tina STÜRZINGER Switzerland
6 Natalia POPOVA Ukraine
7 Anna KHNYCHENKOVA Ukraine
8 Anastasiya KONONENKO Ukraine
9 anne LiseGJERSEM Norway
10 Ami PAREKH India
11 Melissa BULANHAGUI Les Philippines
12 Alisson PERTICHETO Les Philippines
13 Dasa GRM Slovenia
14 Nika CERIC Slovenia
15 Kim BELL Netherlands
16 Michelle COUWENBERG Nederlands
17 Tae Kyung KIM Korea
18 Kiri BAGA USA
19 Rachel FLATT USA
20 Monika SIMANCIKOVA Slovakia
21 Nicole RAJICOVA Slovakia
22 ElizavetaUKOLOVA Czech Republik
23 Juulia TURKKILA Finland
24 Rosalina KUPARINEN Finland
25 Linnea MELLGREN Sweden
26 IsabelleOLSSON Sweden
27 SarahHECKEN Germany
28 SandyHOFFMANN Germany
29 NathalieWEINZERL Germany
30 Jessica FUSSINGER Germany
31 Briley PIZZELANTI Italy
32 IlariaNOGARO Italy
33 Jenna MCCORKELL United Kingdom
34 Katie POWELL United Kingdom
35 Isabelle PIEMAN Belgium
36 Fleur MAXWELL Luxemburg
37 Lénaelle‐GILLERON–GORY France
38 LénaMARROCCO France
39 Anaïs VENTARD France
40 PolinaAGAFANOVA Russia
41 Maria ARTEMYEVA Russia
42 ReynaHAMUI Mexico
43 AnnaAFONKINA Bulgaria
44 Kristina ZASEEVA Russia
45 VictoriaHUEBLER Austria
46 Sabrina SCHULZ Austria

46人???世界選手権より多いじゃないですか。ロシアの間にメキシコとブルガリアをサンドしてあります。アガフォノワ、アルテミエワ、ザシーワ。もはやロシアの中堅扱い。オフチャロワがついにスイス代表で出てまいりますよ。レイチェルも国際大会に参加いたします。どれだけトリプルジャンプが入れられるのでしょうか。んでもってスウェーデンからメルグレンが出ます。試合に出ていなかったのでもう引退したと思っていました。ニース杯はSPで足きりがあるので、全員が滑られるわけはありません。

ペア
1 Julia LAVRENTIEVA/ Yuriy RUDYK Ukraine
2 Yelizaveta USMANTSEVA / Roman TALAN Ukraine
3 Paris STEPHENS / Matthew DODDS Australia
4 Jessica‐Noëlle CALALANG/ Zach SIDHU USA
5 Deedee LENG/ Timothy LEDUC USA
6 Ronja ROLL /Gustav FORSGREN Sweden
7 Annabelle PROLSS / Ruben BLOMMAERT Germany
8 MaylinWENDE /Daniel WENDE Germany
9 NicoleDELLA MONICA/ MatteoGUARISE Italy
10 Daria POPOVA/ Bruno MASSOT France
11 KatarinaGERBOLT /Aleksandr Enbert Russia
12 YuliaANTIPOVA /Nodari MAISURADZE Russia
13 Maria VIGALOVA/ Egor ZAKROEV Russia
14 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER Austria

ペアは8組でワールドスタンディングのポイントがつくので今回は満たせます。五輪シーズンだからか、ガンガン派遣があるので満たしたおしております。オーストラリアがここに持ってきたのは偶然か何なのか。五輪で3カテゴリーが枠をとったのでミニマム満たしたいということでしょうか。そんなことは無いですね、もっと前にエントリーしていたでしょうから。プロブロまた出ますよー、もう3試合目ですよ。今回こそ表彰台に。

アイスダンス
1 Kharis RALPH/Asher HILL Canada
2 Elisabeth PARADIS / François Xavier OULETTE Canada
3 Nadezhda FROLENKOVA / VitaliyNIKIFOROV Ukraine
4 Lucie MYSLIVECKOVA /Neil BROWN Czech Republik
5 Olesia KARMI / Max LINDHOLM Finland
6 Cecilia TORN/ Jussiville PARTANEN Finland
7 Federica TESTA/ Lukas CSOLLEY Slovakia
8 Ramona ELSENER / Florian ROOST Switzerland
9 Celia ROBLEDO/ Luis FENERO Spain
10 Dora TUROCZI / Balazs MAJOR Hungary
11 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO Germany
12 LorenzaALESSANDRINI / Simone VATURI Italy
13 Federica BERNARDI / Christopher MIOR Italy
14 Gabriella PAPADAKIS /Guillaume CIZERON France
15 Sarah ROBERT‐SIFAOUI /Oleksandr LIUBCHENKO France
16 Ksenia MONKO / Kirill KHALYAVIN Russia
17 KiraGEIL / Tobias EISNEBAUER Austria
18 Barbora SILNA/ Juri KURAKIN Austria
19 Ksenia KOROBKOVA/Daryn ZHUNUSSOV Kazakhstan

カナダの?番手のナショナルで良い演技したパラディスさん、フィンランドの3番手の新結成、スペインの新しいカップル、カザフのカップル、フランスのGPSに出る以外の唯一のカップル。これぐらいの選手もガンガン派遣してくるのですね、良き事です。モンハリはFDの衣装が変わっていますように。

全てのカテゴリーで前年より派遣が増えました。わーい。
Comment:0
back-to-top