FC2ブログ
2015
02.06

売れっ子振付師

アクセス100万人記念に出そうと思っていた恒例の「数えるやつ」なんですけど、途中で飽きてしまってほったらかしていました。そして1ヶ月経ちようやく完成。本当に売れている振付師は誰なのかというエントリーです。算出方法の説明。

*ISUのバイオのアーカイブを辿れる2008-2009シーズンから今シーズンのGPFまでのデータとする。
*各シーズンの男女シングルシーズンベストトップ30、ペア・アイスダンスのトップ20が対象。
*ショートとフリー種目の振付師が同じでも一票として扱う。
*シーズンを超えて使えば二票として扱う。
*シーズン終了時点のバイオを対象(今シーズンは1月初めの時点)を対象とする。
*プログラムの変更、振付師の変更は考慮しない。二次ソースではなくISUバイオに準拠する。
*データが存在しない場合は下位選手からの補填はしない。
*表記は2008なら2008-2009シーズン、2010なら2010-2011シーズン。

この結果、約670個分のデータが対象となりました。全部載せて文章がとてつもない長さになるので、少数意見は追記に閉じます。携帯電話から見る方はとんでもない長さになりますが、ただのデータなので無理して見るものではないので気楽にどうぞ。担当が10回以上あった振付師をピックアップします。

21位
フィリップ・ミルズ(アメリカ) ? 6組10回
2012, 2013, 2014 Tatsuki Machida
2014 Daisuke Murakami
2008, 2011, 2012 Ashley Wagner
2008 Becky Bereswill
2014 Riona Kato
2008 Rena Inoue / John Baldwin

マッシモ・スカリ(イタリア) 35歳 6組10回
2013 Akiko Suzuki
2011, 2012, 2013 Valentina Marchei
2011, 2012, 2013 Madison Hubbell / Zachary Donohue
2014 Anna Cappellini / Luca Lanotte
2013 Kaitlin Hawayek / Jean-Luc Baker
2014 Maia Shibutani / Alex Shibutani

すごく意外だったのがフィリップ・ミルズがれなちゃんずの振付をしていたこと。2008-2009シーズンのSPの振付を担当しておりました。シークレットガーデンのイルミネーションを使って、とても美しい滑りを見せてくれていて僕は好きなプログラムだったんです。ああ懐かしいな、もう一度みたいな。と思ったけれどYouTubeには映像がなかった。ニコニコ動画にはあった。ミルズさん会場に来ていたとは、当時は全然知らなかったです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5486760?ref=search_key_video

20位 アンジェリカ・クリロワ(ロシア) 41歳 8組10回
2011, 2012 Akiko Suzuki
2011 Valentina Marchei
2011, 2012 Stefania Berton / Ondrej Hotarek
2013 Maylin Wende / Daniel Wende
2013, 2014 Kaitlin Hawayek / Jean-Luc Baker
2012 Madison Hubbell / Zachary Donohue
2013 Alexandra Paul / Mitchell Islam
2012 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje

19位 佐藤有香(日本) 41歳 5組11回
2011, 2012, 2013, 2014 Jeremy Abbott
2008, 2009 Takahiko Kozuka
2011, 2012 Haruka Imai
2012, 2013 Valentina Marchei
2011 Alissa Czisny

17位
イリヤ・アベルブフ(ロシア) 41歳 6組11回
2013 Sergei Voronov
2012, 2013, 2014 Elena Radionova
2013, 2014 Julia Lipnitskaia
2011, 2012 Ksenia Makarova
2012, 2013 Nelli Zhiganshina / Alexander Gazsi
2014 Elena Ilinykh / Ruslan Zhiganshin

エレーナ・クスタロワ(ロシア) 38歳 6組11回
2011, 2012, 2013 Victoria Sinitsina / Ruslan Zhiganshin
2011, 2013, 2014 Anna Yanovskaya / Sergey Mozgov
2010, 2011 Ekaterina Bobrova / Dmitri Soloviev
2014 Elena Ilinykh / Ruslan Zhiganshin
2010 Ksenia Monko / Kirill Khaliavin
2008 Ekaterina Riazanova / Jonathan Guerreiro

クスタロワチームはコーチと振付が一体型でありますが生徒を見ての通り、クスタロワチームがロシアアイスダンスの礎を気付いていると言っていいです。ロシアだからジュニアの最終年にパッションプログラムを滑らせるのではなく、クスタロワ先生だからパッション系になり、黒い衣装になるのか。そうかそうか。

16位 ジェフリー・バトル(カナダ) 32歳 8組11回
2012, 2013, 2014 Yuzuru Hanyu
2012, 2013 Patrick Chan
2014 Javier Fernandez
2014 Nam Nguyen
2012 Nan Song
2014 Kiira Korpi
2010 Amelie Lacoste
2013 Elizaveta Tuktamysheva

担当したスケーターが垢抜ける率が半端ではないジェフリー・バトルさん。自分の現役時のモサさは何だったのでしょうか。

15位 セルゲイ・ペチュホフ(ロシア) 59歳 7組12回
2010, 2011 Vera Bazarova / Yuri Larionov
2012, 2013 Ekaterina Bobrova / Dmitri Soloviev
2012, 2014 Ksenia Monko / Kirill Khaliavin
2010, 2011 Ekaterina Riazanova / Ilia Tkachenko
2008, 2009 Anna Zadorozhniuk / Sergei Verbillo
2014 Alexandra Nazarova / Maxim Nikitin
2012 Julia Zlobina / Alexei Sitnikov

ゴルシコフチームからズーリンチームに移籍し、おかしなプログラムをたくさん作っているペチュホフさん。ロシア特有の変なプログラムの伝統をズーリンと共に引き継いでいるわけですね。

14位 イリーナ・タガエワ(ロシア) 47歳 6組13回
2012, 2013, 2014 Maxim Kovtun
2008, 2009 Artem Borodulin
2011 Artur Dmitriev
2008 Denis Ten
2011, 2012, 2013 Adelina Sotnikova
2012, 2013 Elena Radionova

13位 カタリナ・リンデン(スウェーデン) 51歳 10組13回
2012, 2013 Alexander Majorov
2008 Jeremy Abbott
2008 Ryan Bradley
2012 Ross Miner
2009 Brandon Mroz
2014 Adam Rippon
2012, 2013 Satoko Miyahara
2011, 2012 Viktoria Helgesson
2008 Alexe Gilles
2009 Agnes Zawadzki

12位 リュドミラ・ウラソワ(ロシア) 62歳 5組15組
2014 Vera Bazarova / Andrei Deputat
2013 Vera Bazarova / Yuri Larionov
2008, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014 Anna Cappellini / Luca Lanotte
2010, 2011, 2012, 2013 Elena Ilinykh / Nikita Katsalapov
2008, 2009, 2010 Federica Faiella / Massimo Scali

11位 宮本賢二(日本) 36歳 10組15回
2010, 2011 Tatsuki Machida
2009, 2013 Daisuke Takahashi
2014 Takahiko Kozuka
2011 Takahito Mura
2012 Kevin Reynolds
2008, 2009, 2010 Akiko Suzuki
2010, 2011 Risa Shoji
2008 Yukiko Fujisawa
2014 Rika Hongo
2011 Satoko Miyahara

ほぼ日本だけで11位に入るミヤケンすげえ。

10位 タチアナ・タラソワ(ロシア) 67歳 9組19回
2008, 2009 Denis Ten
2008 Artem Borodulin
2008 Evan Lysacek
2008 Kevin Reynolds
2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013 Mao Asada
2010, 2011, 2012, 2013 Adelina Sotnikova
2009 Alena Leonova
2008, 2009 Yuko Kavaguti / Alexander Smirnov
2012 Vera Bazarova / Yuri Larionov

9位 ジュリー・マルコット(カナダ) ? 10組21組
2008, 2009, 2010 Amelie Lacoste
2010, 2011 Myriane Samson
2011, 2012, 2013, 2014 Meagan Duhamel / Eric Radford
2009, 2010, 2011 Narumi Takahashi / Mervin Tran
2008, 2010 Mylene Brodeur / John Mattatall
2012, 2013 Marissa Castelli / Simon Shnapir
2008, 2009 Meagan Duhamel / Craig Buntin
2014 Madeline Aaron / Max Settlage
2013 Caydee Denney / John Coughlin
2014 Alexa Scimeca / Chris Knierim

8位 イゴール・シュピルバンド(ロシア) 50歳 11組24回
2008 Becky Bereswill
2008, 2009 Dan Zhang / Hao Zhang
2012 Vera Bazarova / Yuri Larionov
2011, 2012, 2013, 2014 Madison Chock / Evan Bates
2008, 2009, 2010, 2011 Meryl Davis / Charlie White
2008, 2009, 2010, 2011 Tessa Virtue / Scott Moir
2009, 2010, 2011 Maia Shibutani / Alex Shibutani
2008, 2009 Madison Chock / Greg Zuerlein
2011 Isabella Tobias / Deividas Stagniunas
2008 Alexandra Zaretsky / Roman Zaretsky
2013 Julia Zlobina / Alexei Sitnikov

7位 トム・ディクソン(アメリカ) 52歳 15組25回
2011, 2012, 2013, 2014 Takahito Mura
2011, 2012 Artur Gachinski
2008 Jeremy Abbott
2010 Ryan Bradley
2008 Vaughn Chipeur
2008 Andrei Lutai
2012 Ross Miner
2008 Brandon Mroz
2013 Adam Rippon
2011, 2012, 2013, 2014 Satoko Miyahara
2012, 2014 Angela Wang
2009, 2011 Agnes Zawadzki
2009, 2011 Caroline Zhang
2013 Christina Gao
2014 Mirai Nagasu

コロラドスプリングスと日本の選手の担当がほとんどのトム・ディクソン。この7年で一番担当してるのが宮原とむらむらとは。僕はてっきりディクソンは30代だと思っていて、若いのにいい仕事するわ~とか理論がしっかりしてるわ~となっていました。50代には到底見えない。ディクソンのプログラムは「きっちりしている」という言葉が似合います。でも決してつまらないというわけではない。元々持っているものに新たな魅力を増やしてをさらに美しく見せる力がある振付師であると感じます。

6位 シェイ=リーン・ボーン(カナダ) 39歳 14組31回
2009, 2010, 2011, 2012, 2013 Kevin Reynolds
2010, 2011, 2012 Andrei Rogozine
2010, 2012 Daisuke Takahashi
2009 Jeremy Abbott
2014 Yuzuru Hanyu
2013 Takahiko Kozuka
2011 Adam Rippon
2010, 2011, 2012, 2014 Kiira Korpi
2008, 2009 Joannie Rochette
2013, 2014 Ashley Wagner
2014 Yuka Nagai
2009 Akiko Suzuki
2009, 2013 Qing Pang / Jian Tong
2008, 2010, 2011, 2013, 2014 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje

驚異的なプログラムのオシャレ率。シェイリーンはそのプログラムの象徴としてパッと思いつく、もっと言えばその選手の象徴になるような動きを一つ加えることが多いような気がします。ダイスケさんマンボのウッとか、あっこちゃんのウエストサイドストーリーの指差しとか、キーラの虹の彼方への最後の虹を仰ぐような振りとか。すごく分かりやすいのに、簡単なプログラムでもないというのがいいです。

5位 ニコライ・モロゾフ(ロシア) 39歳 16組31回
2010, 2011, 2012 Florent Amodio
2009, 2010 Javier Fernandez
2009, 2012 Sergei Voronov
2013 Brian Joubert
2014 Michael Christian Martinez
2009 Nobunari Oda
2012 Daisuke Takahashi
2008, 2009, 2010 Miki Ando
2011, 2012, 2013 Alena Leonova
2011, 2012 Julia Lipnitskaia
2009 Elene Gedevanishvili
2010 Valentina Marchei
2008, 2009, 2013 Qing Pang / Jian Tong
2010, 2012 Tatiana Volosozhar / Maxim Trankov
2011, 2012, 2013 Elena Ilinykh / Nikita Katsalapov
2008, 2009 Anna Zadorozhniuk / Sergei Verbillo

ある程度技術は固まっているのに、停滞している選手を爆発させるのを抜群の手腕を発揮するニコライ・モロゾフさん。キャシーが盲目の女性を演じたフリーダンス http://www.nicovideo.jp/watch/sm12525950 これはとてもよかった。モロゾフは強い表現、コミカル路線や演劇ものが得意だけど、甘酸っぱさやもの悲しさをはらんだプログラムの方が魅力的だと感じます。

4位 マリナ・ズエワ(ロシア) 58歳 18組43回
2010, 2011, 2012, 2013 Takahiko Kozuka
2012, 2013 Kanako Murakami
2008, 2009 Yukari Nakano
2013 Gracie Gold
2011, 2012, 2013 Wenjing Sui / Cong Han
2009, 2010 Caitlin Yankowskas / John Coughlin
2011, 2013 Xiaoyu Yu / Yang Jin
2008, 2009 Dan Zhang / Hao Zhang
2012 Vera Bazarova / Yuri Larionov
2011 Caydee Denney / John Coughlin
2011 Jessica Dube / Sebastien Wolfe
2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013 Meryl Davis / Charlie White
2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014 Maia Shibutani / Alex Shibutani
2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013 Tessa Virtue / Scott Moir
2011 Madison Chock / Evan Bates
2010 Madison Chock / Greg Zuerlein
2014 Victoria Sinitsina / Nikita Katsalapov
2011 Isabella Tobias / Deividas Stagniunas

ほとんどが自分の生徒ですが、シングルもペアも振付を担当しています。時々地雷のようなプログラムであったり、箸にも棒にもひっかからないようなプログラムを作ることもありますが、全体を見て思えるのは彼女はスタンダード、正統派が好きなんだろうなということ。でも正統派じゃなくても素敵なやつあるんですよ。 http://v.youku.com/v_show/id_XMjg5NTcxNjE2.html 2009-2010シーズンのアリー・ハン=マッカーディ&マイケル・コレノの道。このシーズンはダイスケさんが滑っていたから目立ちはしなかったけど、すごく可愛いし、男性がイタリア系だからマッチします。この時期では珍しいエレメンツ以外でのスピンもプログラムにあります。アメリカペア史にそびえ立つ感動の良プロ、ヤンコフのアヴェマリア https://www.youtube.com/watch?v=incIOswvkv0 正統派中の正統派です。今現在でもアヴェマリアではカロリーナのSPと双璧を成すぐらいに素晴らしいと思います。4年前のコフリンさんは毛が今の倍ぐらいありますな。

3位 パスカーレ・カメレンゴ(イタリア) 48歳 24組49回
2010, 2011, 2012, 2013 Michal Brezina
2012, 2013, 2014 Max Aaron
2008, 2010, 2011 Samuel Contesti
2009, 2010, 2011 Daisuke Takahashi
2009 Jeremy Abbott
2010 Alban Preaubert
2011 Adam Rippon
2010 Tomas Verner
2010, 2011, 2012, 2013 Akiko Suzuki
2010, 2011 Alissa Czisny
2012, 2013 Kanako Murakami
2011 Gracie Gold
2013 Haruka Imai
2010 Alena Leonova
2011 Valentina Marchei
2010, 2011, 2012, 2013 Stefania Berton / Ondrej Hotarek
2010, 2013 Maylin Wende / Daniel Wende
2012 Caydee Denney / John Coughlin
2009 Jessica Dube / Bryce Davison
2010, 2011, 2012, 2013, 2014 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje
2011, 2013, 2014 Madison Hubbell / Zachary Donohue
2013, 2014 Kaitlin Hawayek / Jean-Luc Baker
2011 Alexandra Aldridge / Daniel Eaton
2013 Alexandra Paul / Mitchell Islam

コーチと兼務にも関わらず、振付のみの仕事もめちゃくちゃ多いカメレンゴ。トップの振付師の中では一番滑る選手の力が問われるといいますか、合わない選手はとことん合わないと思います。あくまで個人的な感想ですが、しっくり来ないままシーズンを終えてしまった選手の方が多いです。アボットくんのオルガン https://www.youtube.com/watch?v=ZPS7J9wyaFg アルバン様のイメージ刷新のシューベルト https://www.youtube.com/watch?v=q0Y5Ezf5jnM あっこちゃんのO https://www.youtube.com/watch?v=mOuaUMgFOcg シズニーの海のやつ https://www.youtube.com/watch?v=bXK3i98momk カメレンゴの好きなプログラムは、彼の得意な賑やかなものではなくクラシカル寄りが多いです。 https://www.youtube.com/watch?v=qL76QU4-no0 トラの雨に唄えばもカメレンゴだ。

2位 ローリー・ニコル(カナダと見せかけてアメリカ) ? 33組69回
2008, 2009, 2010, 2011 Patrick Chan
2011, 2012, 2013, 2014 Denis Ten
2008, 2009, 2011, 2013 Tomas Verner
2010, 2012, 2013 Peter Liebers
2008, 2012, 2013 Nobunari Oda
2008, 2009 Evan Lysacek
2008, 2009 Brandon Mroz
2013, 2014 Han Yan
2014 Takahiko Kozuka
2014 Ross Miner
2013 Nam Nguyen
2013 Kevin Reynolds
2013 Nan Song
2013 Daisuke Takahashi
2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013 Carolina Kostner
2008, 2010, 2011, 2012, 2013 Mao Asada
2008, 2009, 2010, 2011, 2012 Mirai Nagasu
2008, 2009, 2010 Rachael Flatt
2008, 2009 Alissa Czisny
2012, 2013 Zijun Li
2008, 2009 Joannie Rochette
2014 Gabrielle Daleman
2014 Gracie Gold
2012 Leah Keiser
2008 Susanna Poykio
2008 Fumie Suguri
2010 Agnes Zawadzki
2008 Caroline Zhang
2010, 2011 Qing Pang / Jian Tong
2013, 2014 Cheng Peng / Hao Zhang
2008 Jessica Dube / Bryce Davison
2009 Xue Shen / Hongbo Zhao
2011 Dan Zhang / Hao Zhang

プログラムで打線組もう。
1(中) トマシュ・ベルネル 「ジプシースイング」
2(左) 浅田真央 「So deep is the night」
3(二) カロリーナ・コストナー 「アヴェ・マリア」
4(一) パトリック・チャン 「オペラ座の怪人」
5(捕) シュエ・シェン&ホンボー・ツァオ 「タイスの瞑想曲」
6(遊) カロリーナ・コストナー 「牧神の午後への前奏曲」
7(三) デニス・テン 「アーティスト」
8(右) 村主章枝 「ピアノ協奏曲第2番」
9(投) ミライ・ナガス 「イーストウィックの魔女たち」

超重量打線。カロリーナのプログラムだけで打線組めるレベルですから。ローリーは特にスケーティングに厳しい振付師だとどの選手も言うのですが、その言葉に偽りなくスケートの美しい選手のプログラムはさらに素晴らしくなります。

1位 デヴィッド・ウィルソン(カナダ) 48歳 41組77回
2011, 2012, 2013, 2014 Javier Fernandez
2008, 2009, 2010 Adam Rippon
2012, 2013 Patrick Chan
2012, 2013 Yuzuru Hanyu
2011, 2012 Takahiko Kozuka
2013, 2014 Nam Nguyen
2008, 2009 Shawn Sawyer
2010 Jeremy Abbott
2012 Artur Gachinski
2011 Brian Joubert
2013 Nobunari Oda
2011 Daisuke Takahashi
2008 Jeremy Ten
2009 Johnny Weir
2008, 2009, 2010, 2012, 2013 Yuna Kim
2008, 2009, 2010 Cynthia Phaneuf
2008, 2009 Alissa Czisny
2010, 2011 Christina Gao
2011, 2012 Elene Gedevanishvili
2010, 2012 Kiira Korpi
2009, 2011 Caroline Zhang
2014 Alaine Chartrand
2008 Alexe Gilles
2014 So Youn Park
2012 Elizaveta Tuktamysheva
2014 Elizabet Turzynbaeva
2013 Ashley Wagner
2012 Agnes Zawadzki
2011 Kexin Zhang
2009, 2010, 2011, 2013 Qing Pang / Jian Tong
2008, 2009 Jessica Dube / Bryce Davison
2013 Aliona Savchenko / Robin Szolkowy
2013 Stefania Berton / Ondrej Hotarek
2010 Caydee Denney / Jeremy Barrett
2011 Jessica Dube / Sebastien Wolfe
2009 Anabelle Langlois / Cody Hay
2014 Wenjing Sui / Cong Han
2014 Xuehan Wang / Lei Wang
2014 Xiaoyu Yu / Yang Jin
2013, 2014 Sara Hurtado / Adria Diaz
2008 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje

一番担当が多い振付師はデヴィッド・ウィルソンでした。僕は彼の振付が一番好きなのですが、別にひねくれているわけではなくものすごーーーく普通だったわけです。だって見る機会が多いわけですから。ということでウィルソン振付好きのあなた!僕と一緒で普通の人です。ドラマティック&ロマンティックの帝王と言っていいでしょう。ストーリーのないプログラムにでもストーリーをつけてしまうような振付のところが好きです。http://youtu.be/WHYUpOUA7BE?t=2h1m49s 僕の好きなアナベル・ラングロワ&コディ・ヘイの2009-2010シーズンのLP。アシュリーのロミジュリ https://www.youtube.com/watch?v=eT1sVV7IASU キーラの亜麻色の髪の乙女 https://www.youtube.com/watch?v=uTn8-X0o2u4 死なないカルメン https://www.youtube.com/watch?v=vq2go1YXElM 柔らかいのもハードなのも好きなのがあります。

分かったこと
1 アメリカ・ロシア・カナダ
2 振付だけで食えるのは本当に一握り
3 ディクソン&リンデン夫妻儲けてる
4 カメレンゴ&クリロワ夫妻儲けてる
5 平均年齢若くも歳でもない

ふう、実がないけど時間かかった。続きを読む
2013
07.24

フローラン・アモディオ、モロゾフと決別

http://www.lequipe.fr/Patinage-artistique/Actualites/Amodio-sans-entraineur/387836
http://web.icenetwork.com/news/article.jsp?ymd=20130723&content_id=54470468&vkey=ice_news&tcid=tw_share

フローラン・アモディオニコライ・モロゾフとの師弟関係解消を発表しました。1ヶ月前にはすでに離れていたようです。アメリカの練習に行ったけれど、そこから離脱。他の選手に時間を取り過ぎることが問題だったようです。

彼はフランスに戻って、ジュベールのコーチであるカティ・クリエと4Tの練習をしているようです。しかし、本コーチになるわけではなく、新しいコーチは探している途中だそう。ヤグディンにもオファーをするそうです。ディディエ・ゲヤゲにも相談しているんですって。

おい、その会長・・・。

練習見てよ!問題はどこの売れっ子コーチにも付き物ではありますが、大輔さん来て、安藤さんが去った後の間なんて寵愛を一手に引き受けていましたから、それを考えると現状は不満が出てもしかたないでしょう。ましてや、彼女&ニック氏にも寵愛度数で言うとかないませんし。コフトゥンとかみたいに追い出されるぐらいなら、出て行って正解でしたよ。

すでにLPのプログラムを発表しています。振付師は書かれていなかったのですが、ラヴィアンローズということです。リヨンで振付けたと書いてあったので、ミュリエル先生かアグノエル?たかだか3分半の曲なので、残念ながら1曲で滑ることは無いかもしれませんが、2曲ぐらいで収めてくれることを祈ります。彼ももう若くは無いですし、年齢的にはここが技術のピーク。五輪でこの曲って勝負かけてきています。
Comment:2
2008
07.29

新プロ情報4

新たな新プロ情報を

アダム・リッポン
SP 四季より「夏」
LP Send in the Clowns、道化師

カロリーナ・コストナー
SP Tango
LP Swan Lake
(Duck Walkさんから情報をいただきました。)

モロゾフ氏は有名な曲をよく使いますよね。引き出しが少ないのだろうか・・・・

いただきもの情報ですが、カロリーナさんはSwan Lakeです。五輪シーズンじゃなくて、五輪前シーズンに有名プロをぶつけてくるんですね。五輪シーズンだと、かぶる恐れがあるからかな?
本人もずっとやりたがっていた曲なそうなので、どんなプログラムなのか楽しみ。
SPはタンゴ。今年はタンゴの年か?

ローリー振り付けの選手のプログラム発表が早いと感じるのは、僕だけだろうか?

Comment:0  Trackback:0
2008
06.27

恐れていたこと

26日放送のすぽるとで、ノブナリ特集だったんですけど、モロゾフがノブナリに顔撫でをやらせてました。ついにノブナリまでも顔撫できましたよ。もしかしたら、村主さんまで顔撫でするんじゃないかと、ハラハラです。
橋&安藤の2人があんだけ顔撫でしてるのにね。
もう日本人は顔撫でせずにはいられない。

なんか、夢見る少女じゃいられない。みたい(分かる人には分かる)
Comment:3  Trackback:0
2008
04.26

織田くん復帰

織田くんの復帰が5月の韓国のアイスショーに決まりました。
そして、6月にはドリームオンアイスにも出場するそうです。
コーチはリー・バーケルさんだったのですが、高橋くんと一緒にモロゾフから指導を受けるそうです。グランプリシリーズにも2戦とも出るようですし楽しみです。
来シーズンがますます楽しみになりますね。
織田くんがんばれ!
Comment:1  Trackback:0
back-to-top