FC2ブログ
2012
04.24

ベストコスチューム

今シーズンもやります。

10位 アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテSD「Volveras, El Chupacapra」

肌出し制限が出ている中、カッペちゃんは背中は生では出していませんが良い襦袢で。その代わりに胸はザックリと開けています。素晴らしい。スカートはカッペちゃんおきまりのワイヤー。そして、この2人には黒と赤がよく合います。ラノッテは地味に見えて、実はレオパードなんです。黒豹です。

9位 髙橋大輔LP「Blues for klook」

曲調が曲調なだけに、あまりゴージャスな衣装は合わないので、これぐらい押さえ気味なのが良いです。てろてろしたベスト風の布が素敵です。

8位 テッサ・ヴァーチュ&スコット・モイアSD「ラテンダンス」

昨シーズンのFDから数えると合計5着、テッサの衣装があるわけですが、めーーーーーーーーーーーずらしくテッサに似合っていたのでランクインさせました。テッサって着る衣装着る衣装似合わないような気がして。地味な色の衣装の選手が多い中、目の覚めるようなピンク。フリンジがいっぱいでフィニッシュのくるくるが映えます。ピンクモップ!スコットは背景です。四大陸はゼブラっぽい、おっさんみたいな衣装でしたけどね。

7位 アルトゥール・ガチンスキーLP「Interview With A Vampire, Bram Stoker's Dracula」

すごく刺繍に凝られた衣装です。この写真を選んだのはライトが当てられて良く見えるからなんですけど、実はパンツの方にも刺繍が入っていて、サイドの所は上から下まで細かくあります。背中にも薄っすらと模様が見えます。肩の人工羽毛みたいなふわふわも好き。唯一、胸の襦袢だけが残念です。ここまで肌が隠れているなら、無くても変わらないような。

6位 ジェナ・マッコーケルLP「花はどこへ行った」

嫁に行く嫁と言われた素敵な衣装です。タイトルの通りに、全身に花が散らされて素敵です。襦袢もそれほど目立っていない感じはしますし。何よりプログラムにマッチングしているということが大切。プログラムあっての衣装ですからね。

5位 フローラン・アモディオSP「サマータイム」

ただ単に好きな色味。ピンク好き。

4位 エリザヴェータ・タクタミシェワLP「ベサメムーチョ」

3つある衣装の中の初代の衣装です。シーズンが進むうちにスタイルが変わっていって、合わなくなってしまったのでしょうか。目に鮮やかで若々しい赤色ですし、袖のところにボリュームを持たせているのも可愛らしい。何より襦袢レスですっきりしているのが良いです。

3位 トマシュ・ベルネルSP「カルミナ・ブラーナ」

今シーズンの悪の幹部枠です。悪の幹部枠スケーターは上位に来る傾向があります。僕が厨二病だからでしょうか。ちなみに手袋をつけていないバージョンもあります。この画像の手袋を見ると、爪の所にまで赤いストーンで飾りを付けていて凝っているのが分かります。

2位 ナタリー・ぺシャラ&ファビアン・ブルザSD「Carnival in Rio」

今シーズンのダンスの衣装の中でダントツに好きな衣装でした。初めて見たときにランクインが決定したぐらいです。真っ黒衣装が多すぎるなか男性も女性も明るいイエローグリーン。ライトグリーンになっていないあたり、ロシアではなくてフランスなセンスだなあと思います。ナタリーの肩と腰の青い花の飾りも素敵。木染めっぽい質感のファビアンの衣装も、南米と言うよりは東南アジアな雰囲気を感じることができていいな~と思います。

1位 アシュリー・ワグナーLP「ブラックスワン」

アメリカのオシャレ番長は今シーズンもランクイン。昨シーズンはSPのシンプルな黒の衣装がランクインしました。その前のシーズンは衣装レビューはしなかったのですが、スパルタカスの衣装は超好きでした。ワンショルダーがあまり好きではないんですけど、そこを羽にしたのが見事だなあと思います。そうですね。もうパーフェクトです。大好き!

これを書くにあたって、去年と一昨年のも見返してみました。僕、刺繍好きなんですね。
Comment:12
2012
04.19

国別対抗戦 1日目 アイスダンスSD

プロキシあれすれば日本や韓国からも見られるんだし、最初から見られるようにして欲しいの。
でも、それは大人の事情でダメだと言うのは分かる。でも、結局見られるんだから融通きかそうや。どうせ、日本人が金落としてんだから。

各国のキャプテン
日本→橋大輔
カナダ→スコット・モイア
アメリカ→チャーリー・ホワイト
イタリア→カロリーナ・コストナー
フランス→ナタリー・ペシャラ
ロシア→アリョーナ・レオノワ

たしかにヨーロッパチームは女の子の方がしっかりしてそう。そしてダンスから3人もキャプテンになって、あおりにくい。テレ朝m9(^Д^)プギャー

アイスダンスSD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)72.18
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)69.93
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)66.57
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)63.70
5 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)60.44
6 Cathy REED / Chris REED(日本)49.47

プロキシを通すのに時間がかかってダンスは見られませんでした。通ったことないなのに通って。今まで500回ぐらいやってきたのは何だったんだ。

1位にたったのはメリチャリ。レベルはそこそこ、パターンについてはワールドよりはマイナスはついていません。最終のGOEはプラスの範囲で収まっていますし。10.00が早くも出現しました。

2位にはテサモエメリチャリと比べてレベルがとれていないのと、パターンはマイナスをつけたジャッジもいます。ツイズルの加点の低さはきっとミスをしたんだろうなーと。だって上位勢ミスしても加点ですもん。

ペシャブルはファビアンが久しぶりにツイズルでかましてくれましたよ!これがワールドではなくて本当に良かった。

カペラノとイリカツはPCSで差が出ますね。でもTESの方でも基礎点以上の差がついています。パターンでもカペラノの方が点数は上ですし、この2組は競ってますね。カペラノは来季はヨーロピアンやワールドで勝てるようにね!カペラノの方が年上だけど、ヤンキーポルカは似合いそう。でもタンゴもパソドブレも何でも似合うしなあ。雰囲気は。

リード組は出てきてくれただけですごく嬉しいです。スコアは高くありませんでしたが、もうね。ホントね。国別は全員出ないとダメみたいなんですよね。五輪は3組で出られるのにおかしな話。

キスクラ見るのが楽しみ。
Comment:0
2012
01.26

ヨーロッパ選手権 3日目 アイスダンスSD

この気分の重い感じは、ベルアゴとドムシャバとデロションが引退して、ホフノビが棄権して、上位勢がミスりまくってお通夜気分になったトリノワールドODの気分と同じ。

アイスダンスSD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)65.06
2 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)64.89
3 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)61.34 PB
4 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)59.78 PB
5 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)59.66 PB
6 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)59.62
7 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)59.49
8 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)57.40
9 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)56.79
10 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)52.45 PB
11 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)49.66 PB
12 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)49.35 PB
13 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO(ドイツ)49.07 PB
14 Louise WALDEN / Owen EDWARDS(イギリス)48.36 PB
15 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)47.47 PB
16 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN(ウクライナ)46.71 PB
17 Gabriela KUBOVA / Dmitri KISELEV(チェコ)45.88
18 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES(ハンガリー)44.99 PB
19 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)44.97
20 Nadezhda FROLENKOVA / Mikhail KASALO(ウクライナ)42.60

ズロビナ&シトニコフ
彼らの演技を見るのは実は初めてなんです。
パターンは大きかったんですけど、チェックポイント以外がちょっと雑だったように見えてしまいました。最初の方は女性が足をついて大きくミスをしてしまったし、2つ目の方はチョクトーの後の動きがガサガサしていました。
サーキュラーも男性がかかとに体重をかけすぎて、滑ってしまったように見えたところがありました。全体的にせかせかしていたように思います。
ズーリンは今日もズーリンでした。オレグはかっこいい。

ルチエ&ニール
パターンはちょっとあっさりしすぎかなーと思います。美男美女で雰囲気たっぷりムンムンで素敵でしたけどね。ところどころ、ちょっと粗い感じが目についてしまったかなーと。

ランド弟組
ジュニアと掛け持ちなので、ノットタッチのサーキュラーでもルンバでもないのに出場してきました。音楽のテンポに指定があるので、テサモエの最後に使っている音楽のやつ、あれを猛烈にテンポ落としてパターンを滑っていました。曲の雰囲気壊しすぎて表現以前の問題で、振り付け側に問題があると思います。
フリーレッグも揃っていませんし、これはラテンというのに厳しいかな?と思う演技でした。エストニアも無理矢理出させないで、ジュニアに集中させれば良いのに・・・。

ボブソロとリトアニアはストリーミングのバッファが酷すぎて見られずでした。

ペシャブル
おっしゃあああああああああああああああああ
クリアあああああああああああああああああ
クリアにクリアしたああああああああああああ!!!
ダンスでこんなに胃が痛くなるのって彼らだけですよホントに。
でも点数どうした・・・・・。ナタリーのエッジが浅かったから?そうなの?
(´・ω・`)まだフリーがあるから・・・。

リャザトカ
ペシャブルスコアショックで演技が頭に入らない。
ミスは無かったですけどね。

ペニコラ
GPSに出ていたのに実は演技をきちんと見たのは初めてかもしれません。
男女の身長差がありますし、ノットタッチのステップは離れすぎだったかもしれませんが、ジェニファー・ロペスの音楽の時に、きちんと音に合わせてステップを踏んでいたのは良かったと思います。リフトが得意なカップルなので、追加のリフトは音楽表現に合っていました。レベルリフトは普通。

イリカツ
エレーナまで黒くなってしまいました。ニックは相変わらず黒いですけど、ちょっと変えましたかね?デザインはいいのに、こんなに明るい曲で真っ暗とか南国の葬式か。南国の葬式でももっと明るい格好しますよ。きっと。
スピードは出オチか!ってぐらい出してサーキュラーに行きますよね。そこは良いと思うんです。若いですし。曲の構成がムチャクチャなのはやっぱり慣れないです。
ツイズルではニックがエッジを掴み損ねたのでレベルとれない+GOEマイナスですね。
最終グループ入れませんでした。

フルタード&ディアス
エリック杯以来見ました。あの時は言ってしまえば酷い出来だったので、すごく良くなったと思います。gdgdだったツイズルはきちんと合わせていましたし、出方が雑だったリフトも良くなりましたし。
ただパターンはまだまだですよね。エッジが浅いですし、何よりフリーレッグがバラバラすぎて安定してないから散らかった印象を受けてしまいます。
次に期待!

ジガジ
ここまでのカップルとは毛色の違う演技でした。
元気元気を前面に押し出した組とは違い、大人の恋愛?みたいなものを表現していました。元来ルンバってそういうもんですよね。
エレメンツはしっかりしていました。ジガンシナがちょっと怪しいかな?とは思いましたがミス無く演技を終えられました。最後のバキューンも良かった。
点数低い。コンポーネンツが低い。

キャロジョン
がんばりましたジョーンズ。男性も女性も黒を全然使っていないところが素晴らしいです。+3点です。サーキュラーステップが楽しいですよね。糸まきまきみたいな振り付けがあって好きです。彼らに合ったプログラムだと思います。キャロンが男性を振り回すみたいな雰囲気で。

カペラノ
今日はラノッテではなくカッペちゃんがイマイチ。ツイズルは回転をきちんとせずに終えてしまいました。せっかく雰囲気にあったプログラムなのに音楽に乗り切れないまま演技を終えてしまいました。今シーズン一番悪い出来でした。とても悪いです。

上位勢は激しくレベルがとれていないんですよね。
それは分かりますけど、演技の出来と点数の乖離、特にペシャブルとかジガジとかがすごすぎて、点数発表の時に心が砕け散りました。パリーン。
コンポーネンツの付け方もなーと。思うところはいろいろあります。でも言ってもどうにもならないので。フリーダンスでドーンといってほしい。

特にペシャブル、イリカツ、カペラノの3組には頑張って欲しい。
カペラノはヨーロピアンでメダルを取って、名前をもっともっと売っていく、これが最後のシーズンかもしれません。とうが立ってると言われ始めて幾年か、もう抜け出してくれ。

そして、ヨーロピアンのプロトコル出るのが全ての種目において遅すぎることに、もうイッライラします。
Comment:2
2011
12.17

ナショナル攻め 12月16日

いよいよ始まりましたよ。
今週末、行われる主な国内選手権はイタリア、スウェーデン、フィンランド、フランス、三国(チェコ・スロバキア・ポーランド)、エストニア、オーストリアなどですね。
イタリアは毎年、リザルトが中途半端に出て大会終わってからザーっと出る形です。エストニアもリザルトページがよく分からないんですよね。去年も見ようと思ったら、すぐリンク切れになっていましたし。

というわけで早速
文字化けしていてもごめんなさいね。僕はエンコードして直してから貼っているので、それ以上はどうしようもないので。

フランス
男子SP
1 Brian JOUBERT 81.38
2 Florent AMODIO 79.23
3 Chafik BESSEGHIER 62.53
4 Noël-Antoine PIERRE 54.27
5 Charles TETAR 51.93
6 Simon HOCQUAUX 49.31
7 Aurélien ROBERT 47.74
8 Maxime PETRARU 43.04
9 Adrien TESSON 42.28
10 Timofei NOVAIKIN 41.85
11 Dimitri CHRISTODOULIDES 40.37
12 Gaylord LAVOISIER 39.15

ジュベール貫禄の首位でした。4T-3Tに成功。フリップはeがついても堂々と組み込んでいます。ルッツで転倒するよりは良いので、もうこれで良いんじゃないかと思いますね。レベルは取りこぼしがありますが、全部3であればいいのではないかと思います。というか、フランス男子は4位に入ったクリスマスみたいな名前の子以外、全員レベル4揃えられてないですからね。フランス男子ってレベルにこだわらない・・・・・かっこいい♥みたいなことはないですけども。

アモディオはジュベールよりも高いコンポーネンツをもらっています。国内ではアモディオとジュベールの評価はアモディオの方が上回っていますよね。フランスのジャッジって演技の出来で点数つけるので。彼もレベル3ばかりでした。彼は4とれるので、これは取りこぼしなのでしょう。ジャンプはミスが無かったようで何よりです。4Sは加点から見ても抜けてトリプルになったのではなくて、最初からきちんと入れにいった感じですね。

ベセギエは得意のクワドは入らず、ボロボロと取りこぼしもありますが4位ともだいぶ点差がありますね。実力差は明らかにあります。TEBに出ていた男前のポンサールが出場していないのですが、怪我でもしたのでしょうか。

LPも楽しみな優勝争いです。

女子SP
1 Yrétha SILETE 53.18
2 Maé-Bérénice MEITE 50.20
3 Léna MAROCCO 50.04
4 Anaïs VENTARD 47.18
5 Lénaëlle GILLERON - GORY 45.37
6 Bahia TALEB 40.18
7 Laurine LECAVELIER 39.52
8 Flora LEBLANC 38.37
9 Laurianne CIRILLI 36.69
10 Gabrielle SCALZO 34.02
11 Aline ZEROUROU 31.14
12 Sarah FERIAUX-RUBIN 24.88

シレーテが首位に立ちました。アクセルに少し-がありますが、3T-3Tもは行っていますし大きなミスがなかったようです。スケーティングスキルだけはメイテより少し下ですが、コンポーネンツでも1番の評価でした。

メイテはルッツで転倒でアンダーローテーションでこのスコアでした。スピンは全てレベル4でした。

3位のマロコもスピンは全てレベル4なのですが、この3人ともにスケーティングスキルには難有りですし、マロコはジャンプの軸が太すぎるんですよね。フランス連盟はこの3人に期待をしているそうですが、もう少しスケーティングスキルを鍛えられるように、北米に派遣するなどの方策とった方がいいと思うんですけども。それか、前のジュベールのコーチにジャン=クリストフ・シモンさんっていらっしゃいましたけど、あの方すごくコンパルソリーが上手な方なので、その方に教わるとか。そういうことしないと頑張ってもヨーロピアン10位止まりは続きます。

4位に入った選手はJGPSに出ていました。3Sもいけたと思うんですけど、なぜシニアの大会で2Lzを入れてきたんでしょう。-3されてしまうのに。スピンがとても上手ですし、滑りはまあ上位の選手よりは良いので、ジャンプだけが惜しいんですよね。

ペアSP
1 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES 53.84
2 Daria POPOVA / Bruno MASSOT 46.99
3 Anne-Laure LETSCHER / Artem PATLASOV 38.01

順当にジェームズ&シプレが1位でした。スロージャンプには成功したようですし、ステップもレベル4。ヴァネッサはジャンプがそれほど苦手とは思えなかった(むしろ前のパートナーの方が)ですし、男性はシングル出身なので、今回のミスはたまたまだと思いたい。

アイスダンスSD
1 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT 68.31
2 Pernelle CARRON / Loyd JONES 55.88
3 Tiffany ZAHORSKI / Alexis MIART 47.38
4 Charlène DENIZE / Quentin LANGLOIS 38.02
5 Harmonie LAFONT / Stanislas ETZOL 34.40
6 Elektra HETMAN / Benjamin ALLAIN 32.35

ペシャブルは68点。ファイナルとさほど点数が変わりませんね。ツイズルがレベル2になっていて、マイナスを大きくつけたジャッジもいます。どちらかがやらかしたんでしょうね。パターンはしっかりレベル4をとれていました。

キャロジョンはポロポロとレベルの取りこぼしが見られます。シーズン中盤でこれはちょっとあきませんね。

そして、怪我からの復帰戦。焦らし→焦らし→焦らしときて、やっとのザホルスキー&ミアート。ステップ関連には-がつけられていますし、コンポーネンツも5点台~6点ぐらいに留まっています。怪我明けというのと、やはりキャロジョンとはまだまだ差がありますね。


三国選手権(チェコ・スロバキア・ポーランド)
男子SP
1 Michal BREZINA(チェコ)72.12
2 Tomas VERNER(チェコ)70.45
3 Pavel KASKA(チェコ)64.10
4 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)53.52
5 Petr COUFAL(チェコ)53.11
6 Patryk MYZYK(ポーランド)51.80
7 Kamil BIALAS(ポーランド)51.61
8 Sebastian IWASAKI(ポーランド)51.30
9 Taras RAJEC(スロバキア)46.67
10 Kamil DYMOWSKI(ポーランド)43.66
11 Edwin SIWKOWSKI(ポーランド)40.71
12 Miroslav DVORAK(チェコ)39.54
13 Marco ZAKOURIL(チェコ)38.30
14 Jiri VASICEK(チェコ)36.29
15 Jakub ŠTRÓBL(スロバキア)35.23
16 Lukasz PAZDRO(ポーランド)33.97

三国選手権、プロトコル出てない・・・。チェコチェコチェコになりました。トラさんは転倒があってもこのスコアなので、ミハルにも何かミスがあったんでしょうか。点数からして、このままチェコりそうですね。

女子SP
1 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)49.64
2 Alexandra KAMIENIECKI(ポーランド)44.52
3 Nicole RAJICOVA(スロバキア)43.34
4 Alexandra KUNOVA(スロバキア)39.50
5 Aneta MICHALEK(ポーランド)37.82
6 Krystyna KLIMCZAK(ポーランド)36.82
7 Agata KRYGER(ポーランド)35.54
8 Eliska BREZINOVA(チェコ)35.02
9 Erika VITEKOVA(スロバキア)34.56
10 Klara SVETLIKOVA(チェコ)33.88
11 Nastasia LOBACHEVSKAYA(チェコ)32.96
12 Marcelina LECH(ポーランド)32.54
13 Ivana REITMAYEROVA(スロバキア)31.36
14 Karolina GUTOVA(スロバキア)19.86

女子はチェコってません。スロバキアのシマンチコワが1位でした。岩魚ちゃん出てないのかなと思っていましたが、まさかの13位でした。怪我してからジャンプ駄目になってしまったのかな。弟くん今回も出ていませんし、引退してしまったのでしょうか。

ペア
1 Magdalena KLATKA / Radoslaw CHRUŚCIŃSKI(ポーランド)43.76
2 Alexandra HERBRIKOVA / Rudy HALMAERT(チェコ)37.00
3 Aleksandra MALINKIEWICZ / Sebastian LOFEK(ポーランド)36.96
4 Magdalena JASKOLKA / Piotr SNOPEK(ポーランド)36.58

優勝候補だと思われていたチェコのカドレコワ&ビダージュは欠場でした。ただ、今の彼らの演技の出来で優勝が確実とも言えませんでしたけどね。

アイスダンス
1 Alexandra ZVORIGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)50.06
2 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)46.41
3 Federica TESTA / Lukáš CSÖLLEY(スロバキア)46.21
4 Gabriela KUBOVA / Dmitry KISELEV(チェコ)45.68
5 Karolina PROCHAZKOVA / Michal CESKA(チェコ)44.70
6 Natalia KALISZEK / Michal KALISZEK(ポーランド)40.66

1位のカップルは知らぬ存ぜぬ・・・。2位には新しいカップルが入りました。昨シーズン、ワールドでのまさかのSD落ちを喫して、解散したルチエちゃん。フランスのジュニア選手だったネイル・ブラウンと組んでいます。
3位にはこれを見て初めて知りました。同じく昨シーズン、ミオールとのパートナーを解散したイタリアのフェデリカ・テスタ。そして、ジュニアワールドで5位に入ったルーカス・ショレイ。なんで解散してますのん。意外すぎて意外すぎて。
よく分からんダンスでした。いろんな国の人だー。


スウェーデン
男子SP
1 Alexander MAJOROV Luleå KK 75.24
2 Mathias ANDERSSON Lerums KK 47.45
3 Michael NEUMAN Malmö KK 47.16
4 Daniel NEUMAN Malmö KK 40.62
5 Anton MARBERG Mölndals KK 39.03
6 Daniel CARLSWÄRD Linköpings KF 32.63
7 Lucas WICKSTRÖM Linköpings KF 29.40

スウェーデンは昨シーズンに引き続きストリーミングがありましたが、僕は見ていません。だって、ほら眠いじゃないですか。スウェーデン参加者がそんなにいないのにジャッジの人数が8人もいて、妙に気合が入っています。
ということで、首位はマヨロフ。フリップにeがついていますが、3-3やアクセルにたくさん加点がつきました。2位との差が28点もあるので、6回ぐらいこけない限りは順位がひっくり返ることはまず無いと思います。

そして出てないシュル太。ヨーロピアンには誰が出るのかが謎です。ワールドの前にはノルディクスがありますけど、今シーズンの成績からいって、マヨロフが出るでしょうね。

女子SP
1 Viktoria HELGESSON Tibro KK 55.95
2 Joshi HELGESSON Tibro KK 50.73
3 Linnea MELLGREN Enköpings KK 50.03
4 Isabelle OLSSON Mörrums KK 46.76
5 Angelica OLSSON Mörrums KK 37.41
6 Malin TALJEGÅRD Göteborgs KK 32.22
7 Susanna FRYDÉN Tibro KK 30.24
8 Fredrica LASOME Älta IF 30.23
9 Emelie FAGERLIND Skövde KK 30.02
10 Emma ERIKSSON Umeå IK 29.87
11 Cecilia FRYDÉN Tibro KK 29.77
12 Sofia WOLLERT Sörhaga Alingsås HK 26.80

ヴィッキーが1位でしたが、今回はステップがレベル4ではありませんでした。それにしても、3T-2Tなかなかクリーンに入らないですね。3T-3Tならまだしも、3F-2Tがいいのではないかと思うのですが。
2位にヨシ子さん、3位にメルグレンと順当に。
4位のオルソン姉か妹かどっちかは3Lz-3Tをダウングレードながら組み込んでいますね。

イタリア
男子SP
1 Paolo Bacchini 69.01
2 Samuel Contesti 68.98
3 Paul Parkinson 56.76

女子SP
1 Valentina Marchei 51.94
2 Roberta Rodeghiero 49.24
3 Francesca Rio 48.08

イタリアは適当。すごく適当。ニュース記事で適当(´・ω・`)だって本番がアイスクリスマス・ガラなんですもん。全然分からないやないですか。
カロリーナはファイナルとの間隔がアレだったので、欠場です。

バッキーニとコンテスティの差がかなり少ないので、よほどのことが無ければコンテスティが逆転をしそうですが、最近のコンテスティは安定感がイマイチなので、もしかしたら・・・・・ってこともありますね。その時はヨーロピアンの結果によってかもしれませんね。
Comment:3
2011
12.12

グランプリファイナル 4日目 アイスダンスリザルト

いよいよ最後

アイスダンスFD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)112.38 PB
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)112.33 PB
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)101.01 PB
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)99.83 PB
5 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)95.02
6 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)93.25

アイスダンスリザルト
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)188.55 PB
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)183.34 PB
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)169.69 PB
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)166.07 PB
5 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)160.55
6 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)157.30

最後なのに、クソカクカクでちゃんと見られない・・・。

ボブソロは、きちんと見ていませんが、男性がダイアゴナルの後、ちょっとやらかしましたか?

シブタニズ
すさまじいツイズル、今日も入りました。音楽が彼らの色なので表現は抜群ですが、昨シーズンと路線が似ているというか同じすぎて、もういいかな。というのが正直なところです。
女性のドレスの紫色の縁取りはいらないような気が。

ウィバポジェ
彼らが「いつもどおり」の素敵な演技が出来るようになったことがまずすごい。ミスの無い良い演技でした。カナダの観客の前で良い滑りが出来てよかったです。
心配したツイズルも良かったですし、よくスピードに乗ることができていていました。
今シーズンダンスでは、一番のプログラムです。個人的には。
100点近いスコアになってきましたね。すげー。

ペシャブル
ファビアンのツイズルの回転がちょっとズレました。でも転倒しないだけ良いですよ。立っていてくれれば。どんどんディープエッジが使えるようになっていますね。滑りはとっても良かったと思います。リフトの安易な通称出前ポーズはもうアレなんですけど、大きなミスは無かったので良かったです。イマイチ分かりにくくて、ネームバリューとスケーティングスキルに引っ張られて点数が出ている感は否めないので、がんばってー!ヨーロピアンでは良い演技見せてください。

テサモエ
最初のカーブリフトで男性の足がグラグラで中途半端に下ろしてきました。加点が付かなさそうですけど、付いてそうですね。だってなんでも加点付くんですもん。スコットの滑りが怖くて怖くて、スタンブルするんじゃないかとずっとスコット見ていました。
ツイズルは+3でもいいな~っていうぐらいの。ネームバリュー+3じゃなくて、本当の+3で。最後のリフトも好き。
112点にはさすがに笑ってしまいましたw

メリチャリ
今日もかっ飛ばしておりました。チャーリーもですが、メリルもかっ飛ばしていましたね。普通の舞踏会っていう設定は無理がありすぎるほど跳ねまくって、ぶっ飛ばしていたので、変な設定とかつければいいんですけどね。例えば酔っ払って入ったお屋敷の中でパーティーしてたから、混じって踊ってしまったとかね。

10点がテサモエで10個、メリチャリ12個出ていますねー。1番あれだと思ったのはメリチャリのSSの10点でした。本当にあれだなーと。あれだわ・・・。
テサモエは全てのエレメンツでレベル4出したの、2009年から数えて初めて・・・ですよね?たぶん。それでもFD上にいけないって、そんなバナナパパイヤマンゴー。

ということで、良い形でイベントを締めくくられたのではないでしょうか。

またナショナルやって、それから四大陸やヨーロピアンですね。レベルとれていないところを見直して、良い演技を見せて欲しいです。テサモエのFDはトランジション低くされてしまうので、不公平ないようにもうちょっと詰めてほすぃー。チャーリーは絞る&髪どうにかしてほすぃー。ボブソロはとにかくがんばってほすぃー・・・。
Comment:2
back-to-top