FC2ブログ
2013
04.05

いろいろ

http://web.icenetwork.com/news/article.jsp?ymd=20130404&content_id=43859796&vkey=ice_news
サラ&ドリューのこの記事から。

*韓国代表
アメリカの男子シングルのティム・コレトが韓国代表として、アイスダンスに転向だそうです。コーチはイゴール・シュピルバンド。そして記事のシュピルバンドのコーチングチームの中に「グレッグ・ズーライン」の名前が。ズーさんって吟遊詩人兼大学生じゃなかったの?さらに兼業?
今の目標は2015年の四大陸選手権(韓国)に出場することだそうです。四大陸サイドでカップルが増えるのは非常に喜ばしいことなので、ぜひがんばっていただきたい。ジュニアにもロシアの男の子と組んでいる女の子いますけど、あの組も続けてくれるでしょうか。韓国は兵役大丈夫なんでしょうか。途中でとった場合のこととか知らないんですけども。2年とか無理ゲー。

*バイス&ボールドウィン引退
アメリカのペア、ティファニー・バイスドン・ボールドウィンが引退。引退後はショースケーター、そしてコーチになるそうです。昨シーズンは年齢的なこともあり技術的にもかなり落ち込んでいたので、驚きはしないのですが、アメリカはペアがまたいなくなりますね。残念ですが、素敵な解散しないペアを育てていただきたいと思います。

*子供が出来た
アナベル・ラングロワコディ・ヘイに子供ができていたというニュース。そもそも2人が結婚していたのかという驚き。ヘイなんてランヘイ解散してパートナー探すとか言ってましたやん。女の子だそうです。おめでとうございます。
Comment:0
2012
11.10

ロステレコム杯 2日目 ペアリザルト

9時からだと思ってました。

ペアLP
1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)132.79
2 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)125.06
3 Caydee DENNEY / John COUGHLIN(アメリカ)120.19
4 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)102.30
5 Anastasia MARTIUSHEVA / Alexei ROGONOV(ロシア)99.25 PB
6 Tiffany VISE / Don BALDWIN(アメリカ)97.24
7 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)92.28 PB

ペアリザルト
1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)207.53
2 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)191.08
3 Caydee DENNEY / John COUGHLIN(アメリカ)179.21
4 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)154.16
5 Anastasia MARTIUSHEVA / Alexei ROGONOV(ロシア)150.15
6 Tiffany VISE / Don BALDWIN(アメリカ)143.15
7 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)142.53 PB

バイス&ボールドウィン
ドンは今年35歳なんですね。もうバイオで1970年代生まれを見ることがパントンと彼ぐらいしか無くなってしまいました。ミスが多かったのはもちろんですが、2つとも静かな曲なので、なんとなくそのままサラサラサラーっと流れてしまいます。ベテランだけど解散しないで!

デラモデル
今回は課題だったスローが両方入りました。昨日よりもデススパイラル良かったです。トランジションで転倒しましたけど、最後までがんばりました。力でリフトを無理矢理持ち上げていて怖いので、もっとスムースにタイミングを計って持ち上げられるようになるとプラスがもらえますね。がんばって!解散しないで!

マルロゴ
素敵プロだったのにスロー両方で失敗、ツイスト抱えて、アクセル転倒。リフトの降ろし方が全部すごいです。もうちょっとスムースになれば+2が狙えるのになーと。トランジションも凝られているし、ノーミスの所見たいよー!解散しないで!

ロースウィ
やっと見られたプログラムですけど、なんだかなあ全然分からないプログラムでした。男性の投げ方が悪いのか全然上がってないですねスロー。リフトですごいポジションしてますけど、こちらも持ち上げ方が悪いのかキャリーに移行する前のポジションが重いし、進まないしで音楽表現もどうなんだろう?って言ったところ。プログラムの出来では他のカナダの2組に大きく水をあけられている感があります。

デニコフ
最後のリフトで危なかったですが力技で持ち上げました。伊達にデカい体してないですね。ジャンプは全部降りました。プログラムが薄いというか、オペラ座だろうか去年のトゥーランドットだろうが、何の音楽で滑っても多分あんまり印象が変わらない振付なので、もっとプログラムの密度を上げて欲しい。その点で言うとデニバレの方が良かった。でも滑りはこっちなんだなあ。エレメンツも。

バザラリ
今回のプログラムは彼ら比で合っているプログラムだったかと。とりあえずセブンイヤーズインチベットとドクトルジバゴには勝った。ラリオノフはもっと表情出して!ふとしたときの表情死んでるよ!せっかくのバザロワちゃんの美貌なんだから引き立て倒して!

ヴォロトラ
スローとソロジャンプまさかの全滅。でもソロスピンが今回は両方綺麗にできたのが何より。これだけミスあっても勢いが全く落ちないのはすごいですが、さすがにパフォーマンスとかはもうちょっと下げて欲しかったなあ。8.00ぐらいには。

ヴォロトラはもちろん軽々とファイナル進出を決めております。サフゾル(まだ決まってないけど)とのガチンコ対決、今度こそ勝利できるでしょうか。
Comment:0
2012
10.28

スケートカナダ 2日目 ペアリザルト

女子と違って快適。やっぱりカップル競技はマイナーなままでいてもらった方が。

ペアLP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)129.10
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)126.00 PB
3 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)112.24 PB
4 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)105.45 PB
5 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)100.94 PB
6 Tiffany VISE / Don BALDWIN(アメリカ)94.74
7 Lindsay DAVIS / Mark LADWIG(アメリカ)75.21 PB

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)201.36
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)190.49 PB
3 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)172.03 PB
4 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)158.33
5 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)149.37 PB
6 Tiffany VISE / Don BALDWIN(アメリカ)141.21
7 Lindsay DAVIS / Mark LADWIG(アメリカ)122.26 PB

バイス&ボールドウィン
昨シーズンと同じだったような気がするプログラム。ソロジャンプで男性がダブルに。スローな投げ方がそれほど。途中に靴の上に手を置いて逆さになるダンスリフトがありましたが、形は素敵だったのに配置的にそれほど必然性を感じなかったのが残念なところ。ソロスピンは結構良かったと思います。お兄さんたちみたいに完璧なシンクロを目指して欲しいです。

デイヴィス&ラドウィッグ
クリーンなエレメンツがほとんどありませんでした。おそらくほとんど全てでマイナスがつけられると思います。うーん・・・・。

ポポマソ
ジャンプで失敗がありましたが他はそこそこ。ツイストは相変わらず高い。プログラムに結構隙間があって、コレオシークエンスなんかももう少し煮詰めて欲しいところです。見ていて物足りないです。

ロースウィ
戦火の馬見たこと無い。見たいけど。途切れ途切れだったのでよく見えませんでしたがジャンプが抜けたのとスローでコケたのは分かりました。あとスローサルコウは綺麗。ソロスピンも途中まで良かった。ソロスピン途中までペア多いんですよ。みんな足換え後のシット姿勢のディフィカルトポジションでズレてしまうから。

ベルホタ
途中で映像が止まってしまいました。3連が入って、3Sで転倒して、ツイストはいつもより良くて、全然美しくないキャリーリフトまでは見られたんですけども。スローは両方入ったようで良かった。

デュハラド
全然見られず仕舞いでした。でもすごいスコアでましたね。演技を見るのが楽しみです。

サフゾル
SPに引き続きすごい衣装で。どっちか忘れても試合に出られますね!曲はボレロのモダンアレンジということでしたが、これマヨロフの使ってたやつじゃないですか。SPに引き続き、またこれも衣装に目がとられて演技覚えていないパターンのやつですね。しかもそれ+曲ですから。ご年配には解せないでしょう。普通のボレロでいいのよ。普通に見たい。
Comment:0
2011
10.24

スケートアメリカ 3日目 ペアリザルト

見応えのあるイベントでした。


ペアLP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)124.53
2 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)117.83 PB
3 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)115.81
4 Caydee DENNEY / John COUGHLIN(アメリカ)115.78 PB
5 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)114.32
6 Tiffany VISE / Don BALDWIN(アメリカ)103.87 PB
7 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)92.60
8 Mary Beth MARLEY / Rockne BRUBAKER(アメリカ)88.64

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)183.98
2 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)178.66
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)177.43 PB
4 Caydee DENNEY / John COUGHLIN(アメリカ)175.40 PB
5 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)173.94
6 Tiffany VISE / Don BALDWIN(アメリカ)155.42 PB
7 Mary Beth MARLEY / Rockne BRUBAKER(アメリカ)144.80
8 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)141.54

ハウウェン
4年連続の鎧のプログラムでした。今回は男性ではなく女性が鎧でした。4年目の中で一番良いプログラムだったと思います。彼らはスロージャンプの確率がそれほど高くないので、これが上がってくればもっと上位に来られるんですよね。

バイス&ボールドウィン
音楽の間違い&開始位置に立ってもかけるのに時間がかかるという2回の音楽係のミスがありました。起こって良いレベルです。
コンボのセカンドの抜けと、スローサルコウでのお手つきがありましたが、それ以外は良かったです。特にリフトが上手でした。スピードがあって見応えがありました。降ろし方もスムースで良かった。レジェンド・オブ・フォールとTime to say goodbyeの組み合わせも好きです。清潔感があるプログラムでした。ミラーっていうのも良いですね。不思議な感じがします。

マーブル
スロージャンプもソロジャンプも全て失敗していました。女性が少し大きくなりました。2人のコンビネーションは良いんですけどね。リフトもツイストも上手になっていました。2年目ということで、表現よりもベタな曲で印象を良くする作戦だったと思うのですが、さすがにこれだけミスが出ると厳しいですよね・・・。

サフゾル
実は昨日のSPは実に5年ぶりの50点台だった彼らです。すごいですね。ずっと60点台70点台て。ソロジャンプでのミスはありましたが、安定したスロー、リフトの工夫がすごいです。降ろし方で女性が男性に絡みつくような振り付けがあって素敵でした。ツイストはダブルでしたが、空中遊泳みたいに足をうねうねさせるなど、工夫がたくさん。プログラムのレベルが違いすぎました。
男性の衣装は超普通に見えて、実は襟の位置が微妙にズレているという。衣装のデザインはサフ子だと場内アナウンスで言っていたと思います。

ムアモス
ヘンリー5世のプログラムでした。ソロの3Sでステップアウトがありましたが、シークエンスは昨シーズンよりも難度を上げて3T+3Tにして成功していますし、スローは女性の軸の作り方が上手いです。流れも素晴らしい。あとはツイストにもう少し高さが出れば穴がなくなります。こういう元気な組は好きです。

バザラリ
やっとホンモノ衣装でした。ラリオノフはこういう白シャツ衣装の方がつなぎより似合っています。体がムキムキの選手のつなぎはおかしく見えます。ソロジャンプでミスがありましたが、大きなミスではありませんでした。ネーベルホルンではスローすらgdgdだったのでGPSが始まるまでに調子を合わせて来られたので、良かったのではないでしょうか。まだまだエレメンツが粗いので、GOEで+を稼ぐ余地はたくさんあると思います。これからですね。

デニコフ
女性のアクセルがシングルになった以外はミスがありませんでした。衣装がとっても素敵なのではいつものデニーなんですけど、音が酷い。プログラムの後半、まさかのトゥーランドットエレキギターバージョン。これは興奮がそがれて笑ってしまいますw普通に滑ればよろしいのに、どうしてこうなった。

ジャンジャン
国内戦で見たときよりも、プログラムが板についてきているように思います。悪くないのかもしれません。スローで珍しくミスはありましたが、これだけ女性の身長が伸びて、男性も復帰したばかりですからしょうがないですよね。ゆっくりと整えていってほしいです。
女性のエッジが、すごくフラットなので、もっと滑りを磨かないと・・・。そのところどうなんですかビン・ヤオさん。

全体的にいいプログラムが多かったです。バイスのもムアモスも、ジャンジャンもサフゾルもハウウェンも良かった。仕上げられていくであろうシーズン後半が楽しみでしょうがないです。

ジャンジャンは優勝してもいいなと思ったんですけど、プロトコルを見るとしゃーないなって思います。リフトの加点がほとんどありませんし、デススパイラルはおなじみの取りこぼし、コンポーネンツも伸びきらないんですよね。修正点は明確なんですけども・・・・なかなかこの身長差だと修正しにくいですよね。滑りはコンパルソリーやるかなんかすれば良いと思いますが、そういうコーチがいるんでしょうか。

サフゾルはやはりレベルが違いますね。彼らはもっと上のところを目指しているのでしょう。3戦ありますし、滑り初めみたいな感じでしょうか。あまり本気で行っても疲れるでしょうし。

デニコフ、ムアモスは本当に楽しみ。勢いがあります。

ペアはやっぱおもしろいです。どんどん上手くなっているので、もう楽しくて楽しくて仕方ない。
Comment:0
back-to-top