FC2ブログ
2016
07.13

デニス・マルガリク 引退

"Don't cry because it's over, smile because it happened" - Dr. Suess I have to say that this has been one amazing ride! Never in my life would I have thought that I would accomplish the things I did. Winning a national title, coming 12th at Jr. Worlds, competing at the World Championships and even making history. I have travelled around the world to places I always dreamed of. Made so many friends and memories that I will cherish with me forever. But as the saying goes, "All good things must come to an end," as I am announcing my retirement from international skating. However I don't see this as just an "end," I see this as a new beginning, a new chapter, which holds an amazing, awaiting experience. This was not an easy decision for me, but one that I believe is best for me. As I hope you all support it as much as I do. I would also like to thank all of my family, coaches, friends and fans for helping and supporting me on this incredible journey I have been so grateful to be a part of. You have all inspired me to be the hard working, optimistic, happy and dedicated person I am today. Giving me the tools and skills that I can use for more success and greatness in the near future.  So I thank you all! ❤

Denis Margalikさん(@dmargalik)が投稿した写真 -

驚きの引退発表となりました。アルゼンチンのデニス・マルガリクの引退です。ジュニアから卒業したばかりの19歳という年齢でした。これから四大陸の風物詩になってくれる選手だと思っていたので、とても残念です。アルゼンチン所属として国際大会に出場し始めてわずか2シーズンでした。マルガリクフォルダが充実する前に引退を・・・。まだ若いので、これからの人生に対してのプランもあるのでしょう。素晴らしい人生を!
Comment:2
2015
08.22

JGP J&Tバンカ 3日目 アイスダンスリザルト・男子リザルト

アイスダンスFD
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)90.40 PB
2 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)86.90 PB
3 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)80.80 PB
4 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)77.48 PB
5 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)76.16 PB
6 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)75.56 PB
7 Audrey CROTEAU-VILLENEUVE / Jeff HOUGH(カナダ)73.92
8 Adelina GALAYAVIEVA / Laurent ABECASSIS(フランス)67.74 PB
9 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)63.32 PB
10 Valerie TAILLEFER / Jason CHAN(カナダ)61.52 PB
11 Anastasia TKACHEVA / Vadim DAVIDOVICH(ベラルーシ)60.70 PB
12 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)58.40 PB
13 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)55.30 PB
14 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)51.52 PB
15 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV(ブルガリア)45.68 PB

アイスダンスリザルト
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)149.42 PB
2 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)147.38 PB
3 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)138.84 PB
4 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)129.28 PB
5 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)129.00 PB
6 Audrey CROTEAU-VILLENEUVE / Jeff HOUGH(カナダ)123.16 PB
7 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)122.82 PB
8 Adelina GALAYAVIEVA / Laurent ABECASSIS(フランス)113.62 PB
9 Valerie TAILLEFER / Jason CHAN(カナダ)109.78 PB
10 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)107.22 PB
11 Anastasia TKACHEVA / Vadim DAVIDOVICH(ベラルーシ)99.34 PB
12 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)97.24 PB
13 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)88.80 PB
14 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)86.62 PB
15 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV(ブルガリア)69.34 PB

ゴルブツォワ&ベロブロフ
なぜかスーパーマリオ。両方マリオ。ドレスの柄がおかしい。面進んで水の中のシーンに入って、土管に潜ってゴールしました。技術的なとこうんぬんよりも笑ってしまう。

フランスのプリティウーマンさんの衣装ザ・センターマン。

オードレーさん&ジェフさん
キャロジョンも滑ったLa chanson dees vieux amantsっていうやつです。ツバメさんリスペクトが入っているのか男性が最後の方でフラついていました。うんうん、この曲を滑るにふさわしいですね。

パーソンズ
タンゴのプログラムでした。メジャー曲をやると見ている方が感情移入しすぎて兄妹でやることに疑問を覚えてしまいますが、使われない曲なのでさらっと見られるといいますか、やらしすぎないというか。兄の方が表現をがんばっていたように見えました。ローテーショナルリフトを降ろしてそのままストップする振付があるのですが、そこはもう少しやりようというか工夫ができそうな気がします。フリーレッグ揃っていたのがよかった。PCSがインフレを。前のグループでも各項目0.5点ずつぐらい高かった気がする。

シェフチェンコ&エレメンコ
ピンクパンサータンゴバージョン?謎い。男の子の衣装は作成途中に衣装屋が死んだんじゃないかっていうカットのされ方。表現力があるカップルでステップの表情とかよかったと思います。女子のロンド・カプリチオーソ、ダンスのピンクパンサー。今シーズンは早々に課題曲をクリア。

ジュリアさん&デイミアンさん
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおボヘミアンラプソディーいつものヴァイオリン音源きたああああああああああああああああ!サーキュラーステップの音に合わせた足クイクイッがよかった。ローテーショナルリフトで女性がスプリットになるごくごく普通のポジションなんですけど、上げ方が自然でよかった。デイミアンさんには60年代の音楽が合いそう。お顔が60年代。

韓国組
マートンはイージーリスニングだから。タンゴアモーレのテンポを遅くして使っていました。この曲のいいところである疾走感を殺すという。そしてタンゴデロスエクシラドス。まだまだ組んで浅い&転向から間もないということで滑りやすくリズムも取りやすい選曲にしたんでしょうね。トランジションもシンプルな感じでした。

ロボドロ
ピンクのドレスと燕尾で素敵に演じてくれるのかと思っていました。でもよく見たら男性はタイをせずに胸元パッカーン。そしてマートンの音楽になる。急に暴れ出す、理解できずに困惑するという。構成は難しいものをやろうとしているけど滑り込み不足なのか、2人の動きがちぐはぐで振付として成立しているようには見えなかったです。

ジュニアマートン多すぎる。

パーソンズはジュニア5シーズン目でついに初優勝です。今日の内容ではこの結果は当然と言えましょう。ロボドロは次がありますから全然大丈夫です。

男子LP
1 Roman SADOVSKY(カナダ)135.23 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)132.78 PB
3 Denis MARGALIK(アルゼンチン)127.89
4 Koshiro SHIMADA(日本)122.12 PB
5 Daniil BERNADINER(ロシア)118.59 PB
6 Alexander SAMARIN(ロシア)118.38
7 Daichi MIYATA(日本)112.01 PB
8 Ivan PAVLOV(ウクライナ)108.92
9 Kevin SHUM(アメリカ)104.80
10 Geon Hyeong AN(韓国)96.96 PB
11 Petr KOTLARIK(チェコ)95.33
12 Alessandro FADINI(イタリア)86.65 PB
13 Marco KLEPOCH(スロバキア)79.38 PB
14 Luc MAIERHOFER(オーストリア)79.12 PB
15 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)77.02
16 Nurullah SAHAKA(スイス)76.17 PB
17 Graham NEWBERRY(イギリス)75.15
18 Jakub KRSNAK(スロバキア)71.72

男子リザルト
1 Roman SADOVSKY(カナダ)203.72 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)200.85 PB
3 Denis MARGALIK(アルゼンチン)191.72
4 Alexander SAMARIN(ロシア)186.25
5 Daniil BERNADINER(ロシア)175.75 PB
6 Daichi MIYATA(日本)171.90 PB
7 Koshiro SHIMADA(日本)169.89 PB
8 Ivan PAVLOV(ウクライナ)165.83
9 Kevin SHUM(アメリカ)163.54
10 Petr KOTLARIK(チェコ)144.40
11 Geon Hyeong AN(韓国)142.92 PB
12 Alessandro FADINI(イタリア)136.05 PB
13 Graham NEWBERRY(イギリス)129.29
14 Marco KLEPOCH(スロバキア)125.09 PB
15 Nurullah SAHAKA(スイス)122.63 PB
16 Luc MAIERHOFER(オーストリア)114.65 PB
17 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)107.84
18 Jakub KRSNAK(スロバキア)107.67

ニューベリー
3A fall 2Lz ot-3T so 3Lo hd-2T-2Lo df 3F fall 3Lz fall 3Lo fall 3S 2A df
大いなる勘違いをしている布感たっぷりの鎧のラストサムライ。ジャンプ跳び上がった瞬間に軸が消滅する。大遭難。

パブロフ
1A 3Lz-3T 3S 3Lo 3F 3Lz-1Lo-2S 2A-2T 2A
冒頭の3A以外と3連の最後の3Sがダブルになった以外クリーンに入りました。ジャンプにそれほど高さがあるタイプではないので、3Aを安定して入れられるようになるまでは時間がかかるかもですね。滑りが端正で美しい。天使と悪魔で、悪魔を演じていると思うんですけど絶対天使の方だろ!って演技でした。

ベルナディネル
3S 3F 3Lz 2A 3Lz-3T 3Lo-2T-2T 3Lo 2A-2Lo shaky
雷や小鳥のさえずり入り四季。ロシア人は変な四季が大好き。ジャンプはほぼ全て成功。コレオシークエンスのような疾走感のあるステップが印象に残りました。でも本当にコレオシークエンスっぽかったのでちゃんとターン取ってもらえるのか心配になりました。衣装の感じも結構好き。SPの無個性な感じよりいいと思いました。

島田
3Lz-3T 2A 3Lo 3F 2A-2T-2Lo 3Lz 3S 3T-2T
子供であることを最大限に生かした世界中の女性の母性を刺激しそうなあざとさを秘めたかわいいチャップリン。SPの失敗からカムバックしてきました。手の振付もとってもいいし、本当に今日は何も言うことはないですね。5点台後半まで伸びました。よかったよかった。点数見て「あたしの給料低すぎっ?」ぐらい驚いてる。

サドフスキー
4S 2A 3Lo shaky 2A-3T 3Lz 3F 3Lz 3S-2T-2Lo shaky
3Aよりも先にクワドを成功させ族ですか。少しシェイキーなところもありましたけどジャンプがんばりました。淡白なロミオでした。やはり滑り込みはまだまだのようです。プログラムの展開が突発的だったのでシニアのプログラムの方がゆとりがありそう。

シャム
2A 3Lz-3T 3F 3Lo 3Lz to 1Lo 3S fall 2A-3T df
前半はいい調子でしたが後半スピードが落ちてしまってジャンプの勢いに繋げられなくなりました。SPのタンゴよりもこういう方が合ってます。前半の勢いのままいって欲しかった。

マルガリク
3A 3Lz-2T 2A-3T 3F-2T-2Lo 3Lz hd 3Lo 2A 3F
SPよりもきれいな3Aが入りました。男子で3本目のハンス・ジマー。新しいプログラムなので前半のジャンプが終わった辺りからは必死に音楽についていってジャンプを降りるという感じで表現はまだまだでした。

宮田
3Lz-2T 3F 3Lo so 2A-1Lo-2S 3Lz 3S 3F-1T 2A shaky
ジャンプはまとめました。トランジションの強弱のつけ方が上手でジャンプよりもそちらの方が個人的にはメインでした。ステップの真ん中らへんの大きく滑るところのスケールの大きさ、丁寧な表現はジュニア選手の中で滑っていると細やかさが光ります。衣装もいい。

サマリン
4T shaky 3A fall 3F 3S 1A 3Lz-3T 3Lz 2A+2A
パールハーバーで不思議な柄のシャツ。本日4本目のハンス・ジマー。天使と悪魔、ラストサムライ、グラディエーター。次から次へと。SPの演技の落ち着きのなさを考えれば今日はかなり落ち着いていました。ステップも衝動を抑えて滑っているような。思った以上にTESが出なかった。ランの多さが悪目立ちしている。

ヴィンセント
4S df 2A 3F 3Lz-1Lo-3S 2A 3Lo 3F-2T tano 3Lz tano-3T
アメリカでは期待のアジア人選手にゴッドファーザーを滑らせないといけない法令が発布されているのかな?4Sのジャンプ以外はきちんと入りました。役を演じきっていますね。今日の演技では後半3項目はサドフスキーより上が出るかと思ったんですけど意外とパリッと採点されてしまった。スケーティングがやはりサドフスキーの方が上ってところで差がついているのか。インタビューでの喋り口が30代みたい。

優勝はサドフスキーでした。昨シーズンも初戦は優勝でした。ヴィンセント2番十分にいい結果です。マルガリクはアルゼンチンにまたひとつ歴史を作りました。

ヴィンセントもサドフスキーも4Sはアンダーローテーション、サマリンの4Tはダウングレードでした。サマリンはレベル獲得の方もよろしくなかったです。

1戦目終えて単純に物事は進まないと改めて思わされました。本命が優勝するとは限らない。だからこそ試合をする意味があります。また来週が楽しみになります。来週はポポブラが出るから来週までは生きよう。ラトビアの時差は6時間。夕方から始まりますよー。
Comment:8
2015
08.22

JGP J&Tバンカ 2日目 男子SP・女子リザルト

USクラシックのエントリー締め切りが14日。どうして出ないエントリー。

男子SP
1 Roman SADOVSKY(カナダ)68.49 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)68.07 PB
3 Alexander SAMARIN(ロシア)67.87
4 Denis MARGALIK(アルゼンチン)63.83 PB
5 Daichi MIYATA(日本)59.89 PB
6 Kevin SHUM(アメリカ)58.74
7 Daniil BERNADINER(ロシア)57.16 PB
8 Ivan PAVLOV(ウクライナ)56.91
9 Graham NEWBERRY(イギリス)54.14
10 Alessandro FADINI(イタリア)49.40 PB
11 Petr KOTLARIK(チェコ)49.07
12 Koshiro SHIMADA(日本)47.77 PB
13 Nurullah SAHAKA(スイス)46.46 PB
14 Geon Hyeong AN(韓国)45.96 PB
15 Marco KLEPOCH(スロバキア)45.71
16 Jakub KRSNAK(スロバキア)35.95
17 Luc MAIERHOFER(オーストリア)35.53 PB
18 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)33.42 PB

オーストリアくんの衣装がなんですの変なマンボとアニメ曲の紫ジャケットと同じ。曲も後半は多分同じ。

島田
3Lz ot-3T fall 2F 2A
マートントスカ。フィギュアスケーターにとってマートンはイージーリスニングみたいなものなんですね。この音源だと自然にボブソロのメンヘラFDが流れるのでメンヘラ度合いが足りないって思えてきます。ジャンプはよくなかったですけど、勢いがあって決っして悪くはなかったです。4点台は辛いかな?でも2番滑走で実績なしだからカバーする要素がないか。

ベルナディネル
2A 3Lz-3T 3F so
名前の読み方をずっと覚えられないベルナディネルさん。すごく伸びやかに清潔感のあるラプソディーを滑ってくれました。スピンの最後のポジションはシットスピンの失敗?

マルガリク
3A 3Lz-3T df 3F
3A降りたああああああああああああついにいいいいいいいいい!!!からの3Lzきれいに降りられなくて3Tがダウングレードで両足に。プログラムは昨シーズンと同じお嬢さんとならず者でした。ミニマム足りた!!!!!!!!!!!!!これが3Aの威力!!!

ヴィンセント
2A 3F 3Lz tano-3T
タミーさんのチームにいたのにいつの間にかザクライチェクのところに移っていた。すごい子供のイメージだったのにいつの間にか身長が伸びて普通の子供に成長し、演技も年相応でした。なぜ七三分けなんだ。クリスマスプレゼントにマンションもらって喜んでる中国のお金持ちの子供のようだ。

サドフスキー
2A 3F 3Lz-3T shaky
3Tのセカンドが惜しかったですが非常にいい滑りでした。洗練された動きをしていました。脚が長くてフリーレッグもきれいに決まるからジュニアの中でも目立ちます。顔が次第にELTのもっちーからいっくんに変わってきた。一人ELT。

シャム
2A 3Lz-3T 3F
ボストンチームの生徒だからか品が良すぎてブエノスアイレスの冬感はなかったです。映画のサントラの壮大な感じのを当てた方が点数がもらえそう。でもきっと矯正ギプス的なものなのでしょう。

スロバキアのヤクブ・クルシュニャクさんの衣装がジェレミー・アボットさんのスウィングの衣装の丸パク・・・リスペクト?

宮田
3Lz-2T 2A 3F
ピアノ弾いてから指揮したシンドラーのリスト。謎解釈だ。ジャンプはまとめました。スピンがんばれ。癖のない演技で曲の美しさにぴったりでした。

パブロフ
2A 2Lz-3T 3F ot
髪型は植木屋のおっさんみたいだけど、フランス語ボーカルに合わせた若々しい表現は魅力的でした。ホップするときに体が軽くポーンと動くから、ボーカル効きすぎなところを軽減してくれたかも。スピン上手だと思うのでもっともっと丁寧にやって欲しいです。

サマリン
3A 3Lz-2T 3F shaky
足元が急ぎすぎて上半身がついて行っていないです。ステップは全部そうだし、3Fの前のステップも自然な流れを作っているのにせかせかとして軸がおかしなことに。落ち着いて!!!!!!!!!!!髪型は今の方がいいや。

ニューベリー
3A fall 3Lz-3T 3F
ジュベールの衣装パクったSPでした。ジャンプおしかった。3Fはとてもフリップを跳ぶとは思えないタイミングで踏み切りました。表現力は物足りないのに体はキレキレで、めちゃ動くところが昔のジュベールみたいでおもしろかったです。

宮田がヴィンセントよりもPCSが高いです。これはLPを滑るときもいい材料になりそう。ヴィンセントのノービス時代からの成長曲線の上での演技を想像していたので、本当にアメリカによくいそうな普通の選手だなあという印象で収まった自分に対して腑に落ちない。怪我からの復帰だしなってことで。

女子LP
1 Polina TSURSKAYA(ロシア)123.42 PB
2 Mai MIHARA(日本)118.55 PB
3 Vivian LE(アメリカ)114.85 PB
4 Rin NITAYA(日本)103.16 PB
5 Emily CHAN(アメリカ)89.28 PB
6 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)87.88 PB
7 Lucrezia GENNARO(イタリア)86.17 PB
8 So Hyun AN(韓国)85.78 PB
9 Hee Soo CHO(韓国)80.61 PB
10 Kim CHEREMSKY(ウクライナ)78.92 PB
11 Nicole SCHOTT(ドイツ)77.17
12 Marina POPOV(フランス)71.34 PB
13 Shaline RUEGGER(スイス)68.23 PB
14 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)67.85 PB
15 Shuran YU(シンガポール)65.29
16 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)60.99 PB
17 Kristen SPOURS(イギリス)60.93 PB
18 Natalie KLOTZ(オーストリア)60.53 PB
19 Aleksandra BUTKO(ラトビア)58.47 PB
20 Amanda STAN(ルーマニア)55.86 PB
21 Elzbieta KROPA(リトアニア)54.68 PB
22 Emma JANG(中華民国)53.06 PB
23 Anna GORDIENKO(モルドバ)52.57 PB
24 Nina LETENAYOVA(スロバキア)50.40 PB
25 Jana COUFALOVA(チェコ)48.72
26 Malika SHARSHENBAEVA(キルギス)48.08 PB
27 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)45.44 PB
28 Cindy Yu XIA(ノルウェー)41.94 PB
29 Shokhsanam TOKHIROVA(ウズベキスタン)40.27 PB
30 Louwee SHIBATA(フィリピン)36.09 PB

女子リザルト
1 Polina TSURSKAYA(ロシア)189.50 PB
2 Mai MIHARA(日本)179.36 PB
3 Vivian LE(アメリカ)176.30 PB
4 Rin NITAYA(日本)150.35
5 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)141.32 PB
6 Emily CHAN(アメリカ)138.88 PB
7 Lucrezia GENNARO(イタリア)129.47 PB
8 So Hyun AN(韓国)126.07 PB
9 Kim CHEREMSKY(ウクライナ)124.45 PB
10 Hee Soo CHO(韓国)124.24 PB
11 Nicole SCHOTT(ドイツ)115.56
12 Marina POPOV(フランス)109.39 PB
13 Shaline RUEGGER(スイス)108.29 PB
14 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)105.65 PB
15 Shuran YU(シンガポール)102.07
16 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)99.45 PB
17 Aleksandra BUTKO(ラトビア)96.73 PB
18 Elzbieta KROPA(リトアニア)92.11 PB
19 Natalie KLOTZ(オーストリア)90.08 PB
20 Amanda STAN(ルーマニア)89.11 PB
21 Kristen SPOURS(イギリス)89.06 PB
22 Nina LETENAYOVA(スロバキア)85.23 PB
23 Emma JANG(中華民国)84.96 PB
24 Jana COUFALOVA(チェコ)84.37
25 Anna GORDIENKO(モルドバ)83.43 PB
26 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)75.29 PB
27 Malika SHARSHENBAEVA(キルギス)74.81 PB
28 Cindy Yu XIA(ノルウェー)70.76 PB
29 Shokhsanam TOKHIROVA(ウズベキスタン)61.42 PB
30 Louwee SHIBATA(フィリピン)54.49 PB
WD Presiyana DIMITROVA(ブルガリア)
WD Miroslava MAGULOVA(スロバキア)

ミハイロワ
3Lz-3T 3Lo 2A-1Lo-3S 3F-2T 3Lz fall 3S fall 2A
アイスクイーンなのに緑色の衣装なのか。そしてなぜか中東系の振付が施されている。ここまで曲名と衣装と振付がバラバラなのも見たことがない気がするけど、僕には理解できない崇高なテーマが・・・。今回は回転不足が男子もそうだけど結構厳しめに見えます。ちょっと危ないぐらいならアンダーローテーションになって、アンダーローテーションだ!ってやつはダウングレードになる感じ。ガム食っててグパグパしてくれないダビダビ。

新田谷
3Lz-2T-2Lo 3F 3S fall 3Lo 1Lz 2A-3T 2A-3T
スタート位置に立ってから音鳴らすのはやっ。2A-3Tを2本後半に入れて点数の取れる構成にしています。そこはしっかりと点数をもらえました。3Sはタノにしたのにもったいなかった。PCSの評価がSPから微妙でしたがなんでしょうね。腕の使い方きれいでステップのときも目を引いたんですけど、メリハリがないのかなあと。だから中盤あたりからレイバックスピンの前までぬぬぬーと進んで、いきなりレイバックスピンで盛り上がってナイフで刺すという。黄緑衣装いいね。

エミリーちゃん
3F-3T fall 1F 3Lo fall 3S 1S 1A-2T-2Lo 2A-2T
安藤さんのミッションの型にリプニツカヤの愛はまごころのグラデーション足したみたいな衣装。そしてマートンのこの謎ショパン。リズムがはっきりしているから滑りやすいんだなー。彼女にそのまま原曲の遺作あてても、キビキビしすぎで違和感を覚えそう。コンビネーションスピンきれいでした。髪の色は20世紀末の日本の女の子みたいだ。ヴィヴィアンとコーチ同じだからキスクラで一人ぼっち。

ヴィヴィアン
3Lz tano-3T 3Lo fall 2A-3T 3Lz 3F 2Lz 2A-2T-2Lo
山にかかる雲を表現したプログラムっぽい?澄み渡るような青空を見せたかと思えば、吹雪で山肌を白く染める黒い雲が立ち込めるような。たぶんきっとそんな感じ。SPよりこのプログラムの方が数段よかった。こういう情景浮かぶ系プログラム大好きなので。フライングシットのフライングがめちゃきれいでした。高いというよりもきれい。ぶれない。僕なら+2あげちゃう!ルッツはタノなのかタノじゃないのか分からないぐらい一瞬手を上げていました。てかてかてかルッツ3回のプログラムなんですね。3Sが嫌いなんだきっと。衣装に描いてあるのはシソかと思いました。

三原
3Lz-3T 3F 2A-2T-2Lo 3Lo 3Lz 2A-3T 3S
3Fにアテンションがついて少しマイナスをもらった以外は0すらほとんどないプロトコルでした。ジャンプはしっかりと回っています。3Loの後のスローパートの表現はやっぱり好きだなーいいなー上手になってるなー。後半もっと振り切ってくれたらもっとPCSがもらえるようになりそう。SPから喜び方が素直でよろしいな。

ツルスカヤ
3Lz-3T-2T 3Lz-3T 3F-2T 2A 2A 3Lo 3S
ツイズルから入るコンビネーションスピン脚が長くて制御しきれてない。ウィンドミル迫力が半端ない。ステップの最後の脚上げたとこの殺傷力高そう。3Lz-3Tを2本という点数としては全く旨みのない構成いいよいいよー。2A苦手族かというとそういうわけでもなさそう。2Aの後のバレエジャンプでけえ。SPよりこれぐらいゴリゴリに凄みのある音楽の方が彼女の演技スタイルにもルックスにも合います。シニアの選手がチェス滑るよりもハマってるしスケールがあります。あ、それとこれすごい大事なんですけどエテリチームなのに編曲まともですよ。こちらにはエテリは関わってないのか?グレイケンガウスって元バリさんだかの友達の人ですね。最近振付の仕事増えてきたなあ。

無題

お兄さんたちの超普段着にじわじわ。


ヴィヴィアン・リーさんインタビュー「最初に跳んだダブルはサルコウ、トリプルはトゥループ。コーチは私が落ち込んでるときもモチベーションを上げてくれる。将来的にはもっとスピードを出したいし、曲の解釈も深めたい。3Aやクワドも降りたい」とのこと。テッドは「もうスピードあるで!」と。

エミリーちゃんインタビュー「ジャンプより表現の方が好きで強みとも言えるかな。プログラムの中でジャンプを降りられるようにするのが改善したいところ。アメリカチームはサポートが大きくて家族みたい。好きなスケーターは(アメリカ以外だと・・・?カナダだと・・・?)ジョアニー・ロシェット」だそう。

自分で言うのもなんだけど朝起きて感想書いた方が文章まとも。SPの感想中身がない。
Comment:4
back-to-top