2016
11.13

フランス杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)188.81
2 Adam RIPPON(アメリカ)182.28 PB
3 Denis TEN(カザフスタン)180.05
4 Nathan CHEN(アメリカ)171.95 PB
5 Takahito MURA(日本)170.04
6 Misha GE(ウズベキスタン)156.57
7 Artur DMITRIEV(ロシア)154.22
8 Jorik HENDRICKX(ベルギー)150.13
9 Chafik BESSEGHIER(フランス)148.02 PB
10 Brendan KERRY(オーストラリア)128.73
11 Ivan RIGHINI(イタリア)117.39

男子リザルト
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)285.38
2 Denis TEN(カザフスタン)269.26
3 Adam RIPPON(アメリカ)267.53 PB
4 Nathan CHEN(アメリカ)264.80 PB
5 Takahito MURA(日本)248.42
6 Jorik HENDRICKX(ベルギー)230.47
7 Misha GE(ウズベキスタン)229.06
8 Chafik BESSEGHIER(フランス)225.02 PB
9 Artur DMITRIEV(ロシア)218.70
10 Brendan KERRY(オーストラリア)199.40
11 Ivan RIGHINI(イタリア)185.81

ドミトリエフ
4T 3Lz-3T shaky 3A-2T-2Lo 3A 3Lo 3F shaky 3Lz 3S+2A
1番滑走つえええええええええええええええええ。ジャンプは高さがあって素晴らしいので、あとはステップとコレオシークエンスを徹底的に滑り込むことですね。ジャンプを全て成功してもスタミナが切れているので、そちらの改善も必要そうです。

リギーニ
4T fall 3Lo 2A 2A-3T 2Lz tano 2A-1Lo 3Lz shaky
3本目の2Aの直後に演技を中断して足をかばうようでしたが、右足を痛めてしまったでしょうか。ジャンプを1本飛ばすことになりました。お大事に。

ベセギエ
4T shaky 3T-2T-1Lo 3A 3A-2T 3Lz 3F 2A 3S
フランス男子はクワドが抜けるときにダブルじゃなくてトリプルになりますよね?これって何かの伝統なんでしょうか。フリップにeマークがつく伝統も継承しております。怪しいとかではなくて、しっかりとアウトエッジに乗った-3をもらいそうなロングエッジ。俺たちフランス人のフリップはルッツだ!勇ましいコレオシークエンスでもしっかりと力が残っていて最後まで見ごたえがありました。この衣装心電図だったんですね。ハートが書いてあります。厨二心をくすぐるデザイン。

美青年ケリー
3T so 3S 3A hd 3Lz-2T 1A 3F so 3Lz-2T 3Lo
さてはこの海賊デップさんじゃなくてブルームさんだな?ここまで崩れることは多くなかったんですけども。クワドが入らなかったせいか体力が残って最後のスピンもきれいに回っていました。いつの間にコーチがキャロルに?代理?

ミーシャ
3A 4T fall 3F-1Lo-3S 3Lz-3T 3Lz 3Lo-2T 3F 2A
ステップがとても丁寧でした。丁寧すぎるほど丁寧で、はいカウンター!はいブラケット!見て?僕ちゃんとやったからレベル取ってね!とパネルに語りかけるように丁寧。でも丁寧なだけじゃなく、パッと花を咲かせるようにきれいなんですよ。ステップで花が一輪ずつ開いて、コレオシークエンスで花畑が満開になるような。非常に華のある演技でした。ミーシャさんは魔法使いや。丁寧なので、上位勢の早すぎて何やってるか脳みそがついていかないステップより教材にいいかも。

りっぽんぽん
4T 3F-3T 3S 3A-2T 3A 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3Lz tano
Finally!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ついにやったぞおおおおおおおおおおお!!!4回転に挑み続けて実に6シーズン、ついに回転の足りた片足着氷のクリーンなやつ成功した!27歳1日で成功きたああああああああああああああああああああああああああああすげええええええええええええええええ!んでもって他のジャンプも全てクリーンに降りました。鳥さんは飛び立てるんや。無理なことなんてないんや。惜しむらくはカメラワークがなかなかのものだったこと。今シーズンは割とよかったから今大会のひどさが際立ちます。

むらむら
4T-2T 4T 3A 3S 3A-3T 3Lo 3F-1Lo-2S 3Lz fall
衣装変えたと思ったら手袋ないだけですか、これだけでもすごく印象が変わります。黒い衣装の前を通るのときに、手が出ている方が振付の美しさが分かりやすいです。4Sは回避して4T2本きました。3Fはステップアウト風3連続でした。3Lzはもったいなかった。もったいないマンが出る。

ジョリヘン
3A-2T tano 3A fall 3S 3Lz-3T-2Lo 2Lz 3F 3Lo-2T tano 2A
ヨリック応援団がいる。ベルギー隣だからお友達が来てると思ったけど、ジョリヘンが練習してるところも出身もベルギーの北部で、オランダまですぐ行けるぜって場所でした。チャリでは来られないな。最初の3Aの質がとてもよくて、いつものジョリヘンじゃない。よいしょーじゃなくて、スルルルン・・・揖保の糸・・・スルルルンってぐらいきれいな軸と流れでした。2つミスは出ましたけど、昨日から続く滑りのヌメヌメもありました。The Battle of Life and Deathのプログラム名に出ているように、顔を真っ赤にしながら命を削るような演技でした。あの赤さは、少女漫画に出てくるクラスで1番かっこいい男子に声をかけられた普段は目立たない文芸部の女子の赤面に相当します。

ネイサン
4Lz-3T 4F 4S fall 4T fall 4T hd 2A 3F-3T-2Lo so 3Lz
3Aが苦手なら5クワドをやればいいじゃない。これが現代のマリー・アントワネットか。5クワドをやって2回コケたのに、どうして最後まで元気なままなのか。こういうときの最後のスピンは力を振り絞りながら回るんですよ?もう1本クワド跳べそうな勢いでした。胸にメダルかけてるのかと思いました。衣装か。スカスカだったフィンランディア杯と比較すると、後半に見ごたえがありました。よかった修正されて。

テンくん
4T 3A-2T 3S 3F 3A 3Lz-3T 3F-2T 3Lo
ユロスポ解説にニコライ・モロゾフスタイルステップシークエンス言われてワロティンヌ。記号はNmStSq。4Tはやや前のめりでした。着氷の流れが詰まる箇所がいくつかありましたが、マイナスはつかないかなーーーというようなものでした。テンくんの初戦とは思えないぐらいまとめていて、これがモロゾフ効果ってやつですね。このプログラムの編曲も振付もベタ中のベタ。ベタだけど上手い人がやると遂行度が高くて気持ちがいい。ジャッジが安心してPCSを出せるやつです。昨日は戸惑いがすごかった。

なんですくん
4T 4S-2T 3A-2T 4S 3A fall 3Lz 2F-1Lo-3S 3Lo
失敗しそうになりながらも3クワドは決めるマン。3Aに3Tはつけにくいでしょうか。リカバリーできたらよかったんですけどね。3Aコケたところは水でビチャビチャゾーンですけど、失敗には関係あるのでしょうか。さすがの安定感でした。危なげなく優勝。

りっぽんぽんの4Tは全ジャッジが0以上の評価の文句なしの成功です。演技でマイナスのGOEをは1つもありませんでした。テンくんもGOEにマイナスがありません。ネイサンは転倒しても回転不足を取られていません。回転は全て認定です。エレメンツの最後から4つがスピンステップスピンスピンって、プロトコルで見るとすげく偏ってる。

昌磨に続き、なんですくんもファイナル進出が確定です。22ポイントでも確定は出ませんが可能性は残されます。ただし3位3位ではなく1位5位か2位4位です。まだパターンが多すぎて、この選手が何位なら・・・というのは分かりません。
2016
11.12

フランス杯 1日目 男子SP

テクニカルスペシャリストにセベスチェン。偉い人!

男子SP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)96.57
2 Nathan CHEN(アメリカ)92.85 PB
3 Denis TEN(カザフスタン)89.21
4 Adam RIPPON(アメリカ)85.25
5 Jorik HENDRICKX(ベルギー)80.34 PB
6 Takahito MURA(日本)78.38
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)77.00
8 Misha GE(ウズベキスタン)72.49
9 Brendan KERRY(オーストラリア)70.67
10 Ivan RIGHINI(イタリア)68.42
11 Artur DMITRIEV(ロシア)64.48

りっぽんぽん
3F-3T 3A 3Lz tano
11日は27歳の誕生日です。おめでとうございます。誕生日をいい演技で彩りました。このプログラムは見る度に好きになっていきます。彼いわく、立ち上がって何を見てるか分からないぐらいに楽しんで欲しいようなので、彼のこのプログラムを見る機会がありましたら、ぜひキャーキャーワーワーピューピュー言ってきてください。スケアメの奇声があるぐらいが心地よい。

美青年ケリー
4T fall 3Lz-2T 3A so
ジャンプは3本とも失敗でしたが、まずまずまとめられた演技だったのではないでしょうか。ジャンプの後のステップは動揺がなく、スタミナの消費もなく、丁寧に品よくおこなえていました。こんな日もあるわなアロワナ。

ベセギエ
4T hd-2T shaky 3A 3Lz
4Tで手をついてセカンドがダブルになったのに、なかなかの高得点をもらえました。きちんと降りられていたら、ベストに到達していたかもしれません。スピンがそれほど得意ではないので、キャメルスピンであっ・・・となることがあります。世紀末スラム街風の世界に入り浸らせてください。

むらむら
4T fall 3A 3Lz-3T so
3Lz-3Tの前にジャカジャンジャン ジャカジャンジャンってギターを鳴らすところで片足ずつ滑って、タップ音でダダダダダンって踏むところかっこいい。ステップで手をパーンと鳴らすところがありますが、あれのあるなしでは印象が大きく変わりそうです。ステップを細かく踏み続けるだけだと、おうおうおうおうってなって・・・それで終わりか!ってなってしまうと思うんですよね。パーン!で1回リセットというか、はい一息、観客も集中し直して見て。という風に落ち着けます。始まりは動きが軽そうだったので、4Tいけると思ったんですけどね。僕には理解もできないようなタイミングとかがあるんだろうなー。スケーティングスキルと比較して他の項目が低め。厳しい。

ドミトリエフ
4T 2Lz-1T 3A hd
クリーンな4Tでしたが、ステップが足りないのでプラスは望めません。ステップの途中まですごくよかったです。でも、ステップと3Lz-3Tの助走の切れ目がボヤけていて、モヤッとしたまま演技が終わりました。切れ目が曖昧なのと自然なのとはまた別の話なので。

なんですくん
4T fall 4S-3T 3A
4Tで転倒してコンビネーションをつけられなかったので、4Sにつけました。質は完璧とは言えませんが、4Sの質がいいのでマイナスはつかないでしょう。シットスピンの中のジャンプにすら意味合いを持たせるぐらいの表現力があります。衣装もやたらと黒は嫌いですけど、このプログラムは黒がいい。赤より黒が合っていると思います。でもステップはストレートラインの方が好きです。サーキュラー風だとスケールの大きさが見えにくいから。

ミーシャ
3A shaky 4T fall 3Lz-3T
昨シーズンはビザ取得が間に合わずに出場できなかった大会にやってきました。4Tは回転が足らずに転倒しました。スケカナLPで降りたような勢いはなかったです。僕は演技に集中しきっていたので、3Lz-3Tを跳んだことに気が付きませんでした。それぐらい魅せられる力があるってことですね。

テンくん
4T shaky 3Lz-3T 3A
ロミオとジュリエットとくるみ割り人形。やべえ・・・ニューアレンジメントと書いてあるけど、突発的で頭がついていかない。SDの課題がヒップホップだからなのか、シングルにまで選曲が引っ張られている。ロミジュリヒプホプバージョン。これは昨シーズンのロミジュリとはまったくの別物。でも滑りこなしている感を出しているテンくん。イカれたプロだぜモロゾフよ。SNSもあまり更新しないわ記事も出ないわなので、久しぶりに見ました。風格は30歳の大ベテランの域に到達しました。コンポジションがインタープリテーションより少し低いところにジャッジの戸惑いを感じます。でもきっとジャッジも慣れていくはず。

リギーニ
3A so 3F tano 3Lz ot-3T
ジャンプが終わるととても元気になりました。ジャンプのあるところはBGMのようになっていました。樋口先生風に言うとバックグラウンドミューズィックのようです。ここで大会終了の勢い、このまま眠ってしまったくなるYou raise me up.

ネイサン
4Lz-3T 4F 2A
布裁断中に衣装屋が死んだのかと思うほど短いチョッキ。ベストでもジレでもなくチョッキ。4Lz-3Tううううううううううううううう4Fううううううううううううううう2Aうううううううううええええええええええええ?バレエっぽい動きはとてもきれいでした。ズエワはただの振付師だと思っていたんですけど、コーチになったんですね。LPでもジャンプパート以外で今日ぐらい動ければ見ごたえも出ます。今日は8点台が4つですが、明日はどうなるか楽しみです。トランジションワクワクさん。

ジョリヘン
3A ot 3Lz-3T shaky 3Lo
ジョリヘンが3Aでオーバーターン・・・なんて珍しい。体が持っていかれる系ステップアウトじゃないなんて、いつものジョリヘンじゃない。滑りのヌメヌメ度がいつもより高いことと関係あるかも。スケアメより全然よかったと思います。PCSがすごく伸びました。ヌメヌメ度の高さがきのせいではなかったことが点数により証明されました。

元バリさんのYou raise me upの影響でパソコン切ろうとしていました。危ない。まだ女子があります。ネイサンの2本の4回転は回転不足なしで認定を受け、GOEもプラスとなりました。テンくんの謎プログラムのステップは加点が満点です。スケアメ欠場で1戦だけになったテンくんが2位以上になると、ファイナル争いが一段とカオスになりそう。
2016
10.19

2016-2017シーズングランプリシリーズ 男子アサイン

GPS直前エントリー更新。

http://static.isu.org/media/1002/gp_men_16-10-20.pdf

スケートアメリカ
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
ナム・ニューエン(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
宇野昌磨(日本)
マキシム・コフトゥン(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ティモシー・ドレンスキー(アメリカ)
アダム・リッポン(アメリカ)

スケートカナダ
パトリック・チャン(カナダ)
リアム・フィルス(カナダ)
ケビン・レイノルズ(カナダ)
ハン・ヤン(中国)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
羽生結弦(日本)
無良崇人(日本)
アレクサンドル・ペトロフ(ロシア)
グラント・ホックスタイン(アメリカ)
ロス・マイナー(アメリカ)
ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)

ロステレコム杯
エラッジ・バルデ(カナダ)
シャフィク・ベセギエ(フランス)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
田中刑事(日本)
宇野昌磨(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
ゴルデイ・ゴルシコフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)
マックス・アーロン(アメリカ)

フランス杯
ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
シャフィク・ベセギエ(フランス)
ロマン・ポンサール(フランス)
イワン・リギーニ(イタリア)
無良崇人(日本)
山本草太(日本)
デニス・テン(カザフスタン)
アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
ネイサン・チェン(アメリカ)
アダム・リッポン(アメリカ)
ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)

中国杯
パトリック・チャン(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ハン・ヤン(中国)
フー・ジャン(中国)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
村上大介(日本)
マキシム・コフトゥン(ロシア)
アレクサンドル・ペトロフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
マックス・アーロン(アメリカ)
ロス・マイナー(アメリカ)

NHK杯
エラッジ・バルデ(カナダ)
ナム・ニューエン(カナダ)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
山本草太(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)
グラント・ホックスタイン(アメリカ)

辞退組
デニス・テン(カザフスタン) スケートアメリカ
アディアン・ピトキーエフ(ロシア) フランス杯・NHK杯
村上大介(日本) スケートアメリカ

スケートアメリカはテンくんがアウトになりました。怪我なのか調整不足なのか、次の試合で見られることを楽しみにしています。振付がローリーじゃなくてモロゾフになっているのは「このままじゃいかん」という危機意識の現われ?昌磨VSおっさんの英語対決は楽しみですが果たしてどうなるでしょう。母「いい加減出てきて・・・・・」と覚醒した俺のコピペみたいに、ペラペラにならないかなあ。昨年はアーロンが優勝したので、きちんとスケアメとして成立しましたが、スケアメといえば日本男子の植民地。ダイスか昌磨が観客ヒエヒエにしていいんよ。

羽生VSPさんスケカナ第3ラウンド。4Loさらっと降りるマン羽生と、3A跳び方変えたらいい感じマンPさん。スケカナのTBA枠にはレイノルズさんが入りました。オンドレイネペラではLPを4クワド構成にしておりましたが、ここでもやってくるでしょうか。GPSは1戦しかないので攻めの気持ちでいって欲しい。マイナーさんは昨シーズンとプログラムが同じなので、今シーズンもセルフエンドロールやろっと。

ロステレコム杯はロシア圏の選手がとても多いエントリー。ゴルゴルさんはTBAからエントリーが入って、一旦消されて、もう一度入るという今までに見たことのないパターンで出場します。こんなのありですか?ひそかにファイナル進出の予想に上げているアーロンに期待をしておこう。ライオンキングの編曲は、日本人なら100人中90人はおかしいと言うものになっております。ネタプロとして優秀なので絶対に変えてはいけない。もう・・・・・ブラックスワンの悲劇を繰り返してはならないのだから。悲劇のことはアーロンが引退するまで言い続けますからね。

フランス杯のピトキーエフ辞退の枠にはジョリヘンが入りました。たしか彼はTEBで骨折してシーズンの半分が飛んでしまったんですよね。それからもう4年ですってよ。なんですくんは第1シードなのに連戦にしたのは、夏休みの最後に宿題をまとめて終わらす方式で、試合をまとめてやってしまいたいからなのか?草太戻ってこいー。

中国杯のTBAにはふーちゃんが入りました。そりゃふーちゃんですよねー。

日本のお茶の間にピトキーエフが映ることがなくなりましたが、ヴァシリエフスが映ることになりました。そしてヴァシリエフスが来るということは、またスイスの彼が来日するということですね。日本人ダナー。

男子は辞退組がとても少なかったです。2人出てしまったのは残念ですが、去年は9人もいましたのでそれに比べる・・・というところであります。最初のエントリーが出たときはファリスが進退の明言をしていなかったので、スケアメで復帰することを期待しておりましたが、復帰はなりませんでした。3ヵ月半も経つといろいろあります。
2015
11.14

エリック・ボンパール杯 1日目 男子SP

男子SP
1 Shoma UNO(日本)89.56
2 Maxim KOVTUN(ロシア)86.82
3 Daisuke MURAKAMI(日本)80.24
4 Denis TEN(カザフスタン)80.10
5 Patrick CHAN(カナダ)76.10
6 Alexander PETROV(ロシア)74.64
7 Max AARON(アメリカ)72.91
8 Yi WANG(中国)72.08
9 Jin Seo KIM(韓国)71.24
10 Chafik BESSEGHIER(フランス)68.36
11 Romain PONSART(フランス)62.86

ポンサール
3A so 3F-3T 3Lz fall
コーチジュベール、振付モロゾフというなんかとっても顔面偏差値の高い布陣。みんな大好きJe Suis Maladeでした。ジュベールがコーチになったせいか、ノーブルだった雰囲気が壊され、見事にジュベールのような体操の体の動かし方になっていました。おいおいおい・・・。

イーワン
3A 3F-3T 3Lo
あんまり3Aが得意ではないイーワンさんがクリーンに成功させました。タイトルだけバイオに書いてあったので、一体何を滑るのかと思っておりましたが、華麗なるギャツビーですね。衣装の模様で西日を遮断できそう。何かよく分からないけど、華麗なるギャツビーを滑るスケーターの大半より、いいプログラムだからこのまま着実に上手になって欲しい。ちうごくは四大陸出るだけで大変な時代になったのだなあ。ファンからすると喜ばしい。

ジンソ
3Lz-3T 3A 3Lo
ジャンプを全て膝で堪えたのにステップで転倒するという。これがなければパーソナルベストいけたかもしれないのに。月光なのに暗闇衣装で星がちょっとだけキラキラしているのは、自分の顔が月だということですか?

ベセギエ
3T-3T 3A shaky 3Lz
4-3入らず。フランスでエリック杯を開催してはならない。フランスとフランス人の相性が悪すぎるから。ルクセンブルクでやりましょう。

Pさん
2T-2T 3A hd 3Lz
ぎょばああああああああああああああああああああああああああああああああああ4T-3Tが2T-2Tにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい。2Tが1つノーカンでGOE-3だからほぼ0点。本来ならここで16点ぐらい取れるのに。でも滑りはもうすごいね。ステップなんて+3以外つけようがあるんだろうかというやつ。リンクの使い方が、他のトップ選手とも比べられないぐらいのレベル。段違い。クリスマスのお父さんみたい。プレゼント開けてごらんって、コーヒー飲みながら言ってそう。

ダイス
4S 3A 3Lz-1T
4Sおっしゃああああああああああああああああああああ3Aおっしゃああああああああああああ3Lz・・・とりああああああああああああああああああああああ。3Lzが前のめりになってしまったから、あれではループはつけられない。かといって2Tも多分無理だったし、これは仕方ない。前回よりさらに伸びやかになっていて、それが最後まで持続したのがよかった。コンボを除けばとてもいい演技でした。キャロルの帽子ないからつまらない。オシャレ帽子求ム!コンボ抜けなければ88点ぐらい出るってことですね。

ペトロフ
3A 3Lz-3T 3F
3Aの質がとてもよかったです。前いい演技だと思って点数が伸びなかったので、シットスピンちゃんと回れようぉううぉううぉうううううううう3Fのe気をつけろようぉううぉううぉううううううううと念じながら見ておりました。シットスピン普通に認定、フリップに何にもマークなしでした。

アーロン
4S hd-2T 3A fall 3Lz
スケアメで自身をつけた感じ。失敗はしたんですけど、風格も出てきたように思います。この衣装僕好きなんです。80年代のサマーニットみたいな感じがして、なんかいいじゃないですか。レトロなかほり。2つミスが出ても3Lzまで引っ張らなくてよかった。でもPCSはジャンプありきか・・・。

昌磨
3A 4T 3F-3T
きたああああああああああああああああああああああああああああああまっさかさまに落ちてデザイアアアアアアアアアアアアはーどっこいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!3Aの助走に行くところにトゥでツンツンってやる振付あったなんて、今日気がつきました。このプログラムにはテーマがないそうなので、自分で解釈していいんですね。これは何百年も前にネイティブアメリカンが住んでいた土地に、入植者がやってきて故郷を奪われ、高層ビルが立ち並ぶ大都会になるけど、そこにある魂は常に行き続ける系プログラムですね。うん、そういうことにしよう。

テンくん
4T fall 3A 3Lz-2T df
欠場するかと思っていたのですけど、出場してきました。3Lzの後は3Tできそうになかったので2Tに収めたんですけどね。TEDの人今年もいらっしゃいました。クオリティーたけえ。

コフトゥン
4S-3T 4T hd 3A
変な効果音が入っていることに気がつきました。2クワドが入ったので悪い出来ではないですが、加点がもらえないというのがもったいない。ステップはめちゃくちゃ踊っていました。いつものコフトゥンじゃないってぐらいに、体を使って踊っていました。でもこれは滑っているのではなくて、踊っているから曲に合わないように見えてしまうのかも。しかも踊りっぱなし。滑るところと踊るところを明確に分けるのがいいかも。会場がシーーーーーンとしていて、いたたまれなくなりました。もっと盛り上がってよ!!!コフトゥンがんばってんだから!!!!!これはボストンで盛り上がる?

熾烈なファイナル争い。順位が動きそうです。テレ朝煽りがいあるよー。
2015
10.24

スケートアメリカ 1日目 男子SP

テレ朝の放送に1位の人いなかったんですけど。

男子SP
1 Max AARON(アメリカ)86.67 PB
2 Han YAN(中国)86.53
3 Konstantin MENSHOV(ロシア)86.15
4 Shoma UNO(日本)80.78
5 Adian PITKEEV(ロシア)79.90 PB
6 Denis TEN(カザフスタン)79.02
7 Ross MINER(アメリカ)78.96
8 Jason BROWN(アメリカ)78.64
9 Florent AMODIO(フランス)71.96
10 Takahito MURA(日本)71.66
11 Brendan KERRY(オーストラリア)65.41
12 Alexei BYCHENKO(イスラエル)50.68

美青年
4T 3A 3Lz so
スピンのジャンプで足換えするときに失敗して、足換え後の姿勢が取れずノーバリューに。高難度ジャンプがよくて失敗するというのは、いつもの流れなので・・・はい。そろそろいつものやつから抜け出してくれー。

マイナー
3F 3A 3Lz-3T shaky
こっちのビリー・ジョエルは権利関係で無音になっていない。いつものマイナーさんの、いつものプログラムの、いつものスケーティングの、いつもの演技でした。でも昨シーズンはそれが出来ていなかったから、いつものマイナーさんに戻って何よりだと思います。焦ったようなバレエジャンプ、急かされるように回るクロスフットスピンもいつも通り。でも顔真っ赤っかマンになっていないから、もっと上の演技が出来るはずです。

アモディオ
3S 3A 3Lz-2T
トランジションが分かりやすく下げやすいので、狙い撃ちにされています。よく滑るからリンクは広く使えるんですけど、振付が自分だからそんなに複雑なリンクの使い方もせず。なんやかんやで下げられる。明日はジャンプをいくつ跳ぶでしょうか。

ビチェンコ
3A fall 4T to 2F-1T
ジャンプは全て失敗。フライングキャメルの入りで失敗。レベル4が1つもないという、相当ヤバい内容。TESが20点を切りました。調子悪いですか?USクラシックのときに悲劇的な生え際が露になっておりましたが、髪型を変えることにより解決した模様。

アーロン
4S-3T 3A 3Lz
アーロンの今までのSPで1番よかったです。ホッケー選手のようなダイナミックだけど、走るような癖がとれて丸くなりました。爆走しすぎないことがジャンプの安定に繋がったのかもしれません。ジャンプの軸がきれいになりました。ステップでは常に姿勢を正そうと心がけているのか、最後まで曲の雰囲気を損なわないようにしておりました。この演技は文句のつけどころのない素晴らしいものでした。進化も見えましたし、ミルズ振付になって一時はどうなることかと思ったけれど、大正解だったわけですね。眉毛の形もよくなってます。眉毛は誰しもが処理の過ちを経験して大人になるものだから。前は変に眉尻まで細くしすぎてたんですよ。

ピトキーエフ
4T 3A 3Lz-3T
リプと同じく顔が大人になっている。子供の頃は鋭い目だったのに、顔立ちが優しい男前に。ステップのツイズルなのかクイックスリーターンなのか判断しかねるところ少しシェイキーになったけれど、実にいいステップであります。このステップとても好きなんですけど、思ったより加点が少なかったです。シェイキーなところで引かれた?

ハンヤン
4T 3A 3Lz-3T hd
キャメルスピンの後の頭ポーンへなへなへなームカかわいい。むかわいい。ステップの腕上下してヘラヘラ、ジャッジを指さしもいい。指さされたおじさんジャッジ(多分)は何を思うか。スタートの時点で振りがコミカルで軽いんです。ジャンプの軸が跳ばないようにアーロンと同じように、コントロールしながら滑っているのでしょう。でももう少し前半にかっ飛ばしがないと、全体が軽すぎるように感じます。ステップでは本来のスピードのある滑りなんですけどね。振りばかりになるとスケートの競技プログラムとしてどうなのだろうか、バランスが悪いのではないかと思えてきます。滑り込みでよくなるでしょう。ハンヤンもハンくんと同じ拍手の仕方。女子会でエッグベネディクトが運ばれてきたときの拍手。

昌磨
3A 4T fall 3F-3T
プログラムの日本語での説明を読んでも、テーマが理解できない。ネイティブアメリカンのどうたらこうたらも含まれているらしいので、ボストンワールドを意識した選曲なのでしょうが。概念的な不可視の意識の表現なのか?時代が移り変わろうとも、命が朽ち果てようとも、先人意志はその土地に根付き続けるのだよ!みたいな感じ?だから一定のリズムで同じ音楽がずっと続いていて、体も動かし続けているのかなと。そういうことにしておこう。頭よくないからこれが思考の限界。ジャンプのためにクロスが多いのは気になりますが、でも降りるのが大事なので。シニアの中に入っても個性があるから埋もれないのは強い。

メンショフ
4T-3T 4S 3A shaky
2クワドがクリーンに入りました。メンショフさんの問題はスタミナ低下もありますが、スケーティングがだんだんと伸びなくなっていることが1番大きいかも。スケーティングが伸びないから、漕ぐ必要が出てきて余計にスタミナを使ったり、ジャンプで疲弊してしまう。SPなのに今日もかなりバテていました。2013年の棄権した国別あたりをピークに、ちょっとずつちょっとずつ・・・。ジャンプを重視するがあまり、根本を蔑ろにすると、足元を掬われかねない。ナショナルやユーロではそれでもスコアをもらえるのでしょうけど、北米・日本・テンくん・ハンヤンと競うとなると、差はつけられるので。スケーティングがんばれメンショフさん。2クワドは見事でした。

むらむら
4T df 3A 3Lz-3T
よかった、ショーで使った真っ黒な衣装ではない。あんな真っ黒は衣装として認められない!4Tのダウングレードは分かるけど、3Tのアンダーローテーションは厳しすぎるんじゃないかと。ギリギリですらなく、普通に回転が足りていたように見えました。見返しすぎて目がおかしくなっただけかもしれませんが。ステップが速過ぎて後半はついて行けずに音楽から遅れています。振付けたチャーリー自身はこれを滑れるの?と思うぐらいに速い。昨シーズンまでの無良なら、もっとガタガタだったと思うので、元のフットワーク自体を改善させたのでしょう。

ブラウン
3A 3F-1T 3Lz
テンくんですら7点台を出しているジャッジがいるのに、ブラウンは全ジャッジが8.00以上を出しています。PCS1位はブラウンでした。毎シーズン、トランジションが多いだけで代わり映えがしないという意見も分かりますけど、この溢れんばかりのトランジションと振付がブラウンの個性ですから貫いて欲しいです。ロヒーンアクセサリーつけすぎやで、オシャレは引き算って聞いたことあるで。

テンくん
4T fall 3A 3Lz-3T
ミサタンゴその1。シーズン序盤で万全ではないながらも、圧倒的な伸びのあるスケーティング。いくら他の選手が上達しているとはいえ、クロスがなくてもすぐにスピードが出るのは格の違いです。テンくんのスケーティングは他の選手よりも、ギュッとしています。食べ物で例えると高野豆腐です。柔らかいけど硬くて、噛むとジュワーと出てきます。ステップが長々としていなくて30秒強で終わるから、すっきりとしていました。

意外な順位となりましたが、所詮だけど女子も男子も「うわっ・・・スケアメ」みたいな凄惨な失敗大会とはなりませんでした。大会数が増え、チャレンジャーシリーズもできて、シーズンインが速くなっているからですねきっと。ここに出ていた中にチャレンジャーシリーズがボロボロだった人いますもの。

最近来てくださる方が増えたので改めて。僕の意見は絶対じゃないですよ!正しいわけでもないです。あくまでも一意見、ただの感想として捉えてください。僕の目は節穴です。他のブログやツイッターやっている方と比べてみるのもいいですよ。
Comment:10
back-to-top