2016
12.23

ロシア選手権 1日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV MOS 81.40
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN MOS 76.47
3 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV MOS 73.78
4 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN MOS 73.22
5 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO MOS 69.01
6 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN SAM 60.85
7 Maria STAVITSKAYA / Andrey BAGIN MOS 56.28
8 Vasilisa DAVANKOVA / Anton SHIBNEV MOS 53.03
9 L. SOSNITSKAIA / P. GOLOVISHNIKOV MOS 52.58
10 Anastasia SAFRONOVA / Ilia ZIMIN SPB 45.18

赤ゲレ
エクスタティックツイズル・・・ではない?ちょいズレ気味でした。歌詞にまんま「セクシー」という言葉が入っているので、素直にセクシーな演技だと捉えましょう。女性が大柄なのでリーチがあり、移動距離が素晴らしいです。2人の動きがよくシンクロしていて気持ちいい。

ステブキ
ツイズルビッタシ決まりました。これは気持ちがいいやつ。髪刈り上げている途中に美容師が死んでしまったようなブキンの髪型は、もうこれ固定なんですね。76点という点数を見て笑顔になり、ブキンさんのセントバーナード度がアップ。仮眠挟んでも死ぬほど眠かったけど、ステブキのギンギンに冴える演技で目が覚めました。スパシーバ。

ボブソロ
演技開始直後から方向転換入れまくってスピードを出します。そこからツイズルに入るので失敗しないか心配になりますけど、ソロビエフがなんとか堪えてくれて一安心。セカンド怖かったー。ついについにこの編曲に慣れてしまいました。

イリヤ・ジミンさんゲルボルトみたいな顔してる。ゲル男。

シニカツ
自信満々にスタートのポジションを取る演技をするカツラさん。このわずか2秒でイラッとさせてくれるのがニックオリティーである。SDのカツラさんは、FDで暴走する人とは別人で、僕でもリードして滑らせてくれそうな包容力があります。ツイズルは徒競走のように移動距離合戦なるのをなんとかコントロールしました。チームズエワとの関係は切れたわけではなかったようだ。

エフバジ
フランスの某世界チャンピオンのSD風プログラムですが、GPSから相当滑り込んできたのか遂行度はかなり上がったのではないかと思います。後半は、バジン名物のスタミナメーターが切れる・・・というのがなかったわけではないですが。これはFDのカナダの某世界チャンピオンのFD風プログラムも期待できそう。

イリジガ
今日も冴え渡るエレーナ・イリニフさんの表情。1つの演技から切り取った表情だけで写真集作れそうなぐらい表情が入れ替わります。強い表情だけじゃなくて、可愛い表情もあります。指先の表情も豊かなので決して顔芸だけではないのです。アピール力のイリジガか、滑りのシニカツか。

スタバギ
スタヴィツカヤの脚が生えている位置がおかしいのですが、腸が太ももに入っているんですか?胴の容量足りないでしょ。ツイズルがバラけてしまったけれど、お守りするようなゆりかごストレートラインリフトが印象に残りました。バギンは渡邊純也くんにちょい似てる。

ダワシブ
これはさっき聴いた曲。分速で被る。ダワンコワがソチシーズンのイリニフみたいなんですが、これは夫の趣味なんでしょうかねえ。後半はCrazy in loveの楽しいバージョンの音源。ポポブラのドエロとは趣向がまったく異なります。まだまだ組んで日が浅いので、少しゆっくりでも確実にターンを認定してもらおうという戦法なのかもですね。トランジションで男性が転倒してモロゾフキョドる。転倒は残念だけどモロゾフはおもしろい。モロゾフという何年経ってもスケートファンを飽きさせないリンクサイドの魔術師。

三大魔術師
ニコライ・モロゾフ、恋は魔術師、イケメンまじゅちゅし

ナショナルでポポモズも見たかったぜ。解散せずに来年出てくれよ!

ボブソロは固く、ステブキもミスしない限りは安泰、さて3番手にどちらがくるかですね。FDの評価だとイリジガに分がありそうですが、イリジガもシニカツもミスが出る可能性はありますので読めないです。ステブキが国内2番手の座を固めつつあるとは予想できなかった。
2012年のぼく「ステブキは将来絶対世界選手権のメダリストになる逸材!」
2014年のぼく「なかなか伸びないぞ」
2015年のぼく「膝の使い方が・・・ね?」
2016年のぼく「昔の予想当たりそうじゃん!」
僕の予想以上の成長もっともっとしてください。
2016
11.04

ロステレコム杯 1日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)75.04
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)74.92 PB
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)69.81
4 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)67.72
5 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)64.28
6 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)62.93
7 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)62.82
8 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)59.31 PB
9 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)55.83
10 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)54.64

日本語の広告ちゃん、高須クリニックぐらいおとなしく載せられないだろうか。今週は公式が繋がらないのでユロスポで見ます。

エフバジ
某フランスの若き世界チャンピオンで見たような振付だけど、そんなことは気にしてはいけない。スタミナが恐ろしいほど早く切れるバジンさんですが、今回は最後まで動けていました。若いカップルなので勢いが大切ですもの。

ポグブノ
長身の上に長身が乗っかるカーブリフトはダイナミックですが、ポグレさんが内股なのが可愛らしかったりする。ツイズルは普通でした。チャーリーの呪い通じず。長身なだけに細かい動きは苦手そうです。リンクの真ん中でのダブルツイズルの後のオシャレっぽい細かい振付の動きがとても小さくて、何を見せたいかが明確ではなかったです。大きくやってしまうと次の振付に間に合わないし困ったもんだ。

フルソレ
国際大会すでに4戦目。ローカルでの演技も見たので今シーズンすでにこのプログラムを5回見ました。軽快なパターンダンスがとても美しかったです。ポグブノがプレスリーを滑って、フルソレもプレスリー。さすがプレスリー生誕1億万年記念。

ウィバポジェ
ケイトリンのアイシャドウと睫毛すげえ。泣き腫らしたみたい。ケイトリンの衣装はジャケット脱いだら裸でーーーすみたいな衣装。女版露出魔っぽい。ツイズルは回転速度が増しました。カペラノもモロゾフに移ってからツイズルが上手になったんですよねー。美しさはそれほどでしたけど。止まって踊るところはおもしろかった。もうちょっとポジェの踊りがキレキレならいいけど、滑りはキレキレだったからいいか。フィニッシュと同時にモロゾフのガッツポーズ。演技中は呪文。18歳の奥さんもらうと痩せるのかな。

キャプ翼組
無理やりアデルをブルースに。この曲が好きだったのかな?ミッドラインの最後の方は男性がスリップしていたのと、手繋ぐときにわちゃわちゃして・・・。これはどういうストーリーがあるんだろう。ゼッケンみたいな衣装。小学生のサッカー大会で線審のボランティアしてる大学生と露出度の高い服装のヤンママとの不倫物語?ツイズルを後ろの方に入れる並々ならぬこだわりを感じる。昨シーズンの序盤は成功してたけど、なかなか成功しなくなっておるな。

チョクベイ
Uptown funkになった瞬間のベイツさんの後ろから迫りくるような振付はちょっとキモいけど、それにしたってキモ成分が薄すぎるのがこのプログラムが物足りないなと思わせてしまう要因なのかもしれない。正統派に行かせたいのかもしれないけど、今まで散々正統派を滑ってきてハマらなかったし、ズーさんのときみたいに振り切ったものも大切ですよね。これはこれで嫌いじゃないですけども。最後のフィニッシュの名前は「あたしの肘でも舐めてな」フィニッシュね。振付のロヒーンも参上。ブラウンいないのにロヒーンもいるのはなぜ。

ボブソロ
今日も衣装以外かっこいいソロビエフ。袖まくりマジで止めてくれ。ねっとりとした雰囲気にジゴロっぽく誘うソロビエフ、それをカモーンと挑発するボブロワ・・・・・あれ?去年のSDと路線同じじゃない?ブルースのパート大好きです。インタープリテーションでチョクベイが上だったのは、Sing Sing Singのせいな気がします。なかなかいいスコア。

赤ゲレ
絵に描いたような美青年ことジョナサン・ゲレイロさんは、今シーズンより急激な生え際の後退が始まっています。ズーリンになる日も近いでしょう。取りこぼしが多くてTESは伸びなかったですが、スリットから伸びるガーターつきのおみ足をグーンと伸ばす姿はなんとも色っぽく、本当に素敵でした。ウィスキーバーで歌う売れないシンガーみたいでいいわ。7点台後半まで行ってるやんけ!わっしょーーーーい。

アリアル
今シーズンは矯正ギブス中っぽく思えるので、長い目で見守りたいです。ジャイブになった瞬間のウチャルさんのリードや弾けっぷりがちょっとなーーーというところなんです。ナンバーワーーーンはおもしろいけど。今日のカメレンゴはヒゲが多いけど、きれいに整えていい男感醸し出しまくってます。

ギニャファブ
ファブリさんの前髪チョロンと出てるのか!見えにくいところまで芸が細かい。キーポイント2のところで女性がスリップしたように見えたけど、ここは女性は関係ないから影響はないかな。スピードもありましたし、なかなかの迫力。PCSが評価されてきておるじゃないか!ここで中堅勢に追いつくぜと思いきや、ハベドノやパイポーが9点台に入ってきたから、なかなか上手くはいかないものです。巨人が多い大会で小さな2人は逆に目立ちます。

チョクベイはパーシャルとミッドラインがレベル3でした。振付違反を10人中5人のジャッジがつけていて、かろうじて減点は免れましたが危なかったです。腕をぶん回す振付が、空中に浮いていると判断された・・・のか?ウィバポジェはツイズルがレベル2、パターンがレベル3でした。ツイズル上達したと思ったんですけどタイミングズレてたかー。今シーズンはパターンでレベル4取って当たり前になっているので、取りこぼしのなきよう・・・。

チョクベイVSボブソロの優勝争い。ボブソロは優勝しないとパイポーに負ける可能性があります。もしボブソロ優勝、チョクベイ2位となれば、ハベドノやパイポーのファイナル進出が危なくなります。今シーズンは順位が読めなさ過ぎなので、1試合1試合で緊張です。ダンスで順位争いが読めないなんて、まーーーーー珍しい。
2016
10.09

フィンランディア杯 3日目 男子SP・アイスダンスSD

男子SP
1 Maxim KOVTUN(ロシア)88.26
2 Nathan CHEN(アメリカ)87.50 PB
3 Patrick CHAN(カナダ)84.59
4 Mikhail KOLYADA(ロシア)80.20
5 Jorik HENDRICKX(ベルギー)79.22 PB
6 Alexei BYCHENKO(イスラエル)74.17
7 Alexander PETROV(ロシア)69.71
8 Paul FENTZ(ドイツ)62.36
9 Ivan RIGHINI(イタリア)61.73
10 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)61.59
11 Daniel Albert NAURITS(エストニア)56.84 PB
12 Alexander MAJOROV(スウェーデン)56.06
13 Ryuju HINO(日本)55.91
14 Daniel SAMOHIN(イスラエル)52.03
15 Bela PAPP(フィンランド)47.18
16 Samuel KOPPEL(エストニア)46.38

ネイサン
4Lz-3T 4F fall 3A
4Lz-3Tきたああああああああああああああああああああ4Fこねええええええええええええええええええすげええええええええええええええええええ本当にやってくるとは思わなかったです。ステップはもっと伸びやかにやりたいんだろうという意図は伝わってくるのですが、手足を美しく使う前に次の振付に移りざるを得ないように見えました。大きくなった体に動きが対応できるようになるには、もう少し時間がかかりそうです。黒装束ですが、衣装が完成していないのか忘れたのか。それとも海賊のドス黒い欲望を具現化した衣装なのか。

nathanniisan.png

マヨロフ
2A 3Lz<< 3F shaky
マヨロフが体積的に大きくなりました。そして生え際が順調に後退しております。初音ミクがネギ振ってる動画の曲でした。フィンランド開催のワールドを意識しての選曲ですね。変な振付だったので絶対かーちゃん振付だろうと思ってバイオを見たらビンゴでした。かーちゃんええぞー。

サモヒン
4T fall 1A 4S fall
うおおおお・・・ジャンプ2つとフィニッシュで転倒。前も調子よくなかったのに試合が続いてしまったから余計に悪かったのかも。

ビチェンコ
3A 4T ot 3F-3T
ホテルのフロントのような衣装で腕まくり、そしてチャンバーメイドスウィング。分かりましたよ、このプログラムの意図がね。これはホテルの支配人になったけど、チェックイン時の忙しさで宿泊客を裁ききれていないんですよ。でも終盤の自信に満ち溢れた表情から察するに、色々な経験を経て一流のホテルマンへの成長を遂げたということが分かります。そういうプログラムですねーさすがビチェンコさん。

ジョリヘン
3A 3Lz-3T 3Lo
ネーベルホルンで見たときとプログラムが変わりました。ジョシュ・グローバンのやつですね。You raise me upと同じアルバムに入っているやつです。美しい曲を美しく滑って普通に美しい演技でした。

jorihen.png

ペトロフ
3A 2Lz-3T 3F
2Lzになっても落ち着いて3Tをつけ被害を最小限に留めました。やはりもう少しパキパキ感が欲しいです。前も言いましたけど前半部分がねえ。ステップはいいと思うのですけど、トランジションがなあ。いつものペトロフみたいなゆったり感が出てしまって。

Pさん
4T so 3A so 3Lz-3T
エキシビションをSPにしました。ブラックバードさんです。ジャンプは2つ同じようにステップアウトしました。3Lz-3Tに向かうところの助走ですら美しいという他の選手との格を見せ付けられました。PCSが年々インフレ傾向にあって、下の選手が点数を上げるのに、Pさんは年々も9点前後をウロウロしているだけ。個人個人の選手の過去の演技を相対的に評価していて、選手同士の点数がそうはなっていないんじゃないのかなーとか。

リギーニ
4T fall 2A 3Lz tano-3T fall
昨シーズンのYou raise me upを続けてきました。またジョシュ・グローバンだーーーーーうわーーーーーーーーーーー。You raise~なのに荒ぶるプログラムだったはずなのに、今日は荒ぶりきらず丁寧に滑っていました。荒ぶるほどまだ整っていないということでしょうか。早く荒ぶってくださいね。

コフトゥン
4S-3T 4T so 3A
ステップアウトがありました。でも小さくガッツポーズをしていのたで、コフトゥンとしてはいい出来だったのでしょう。テストスケートで2クワド決めてしまったからここで失敗したのかも。試合でヒッチハイクの振付見ると想像していた以上におもしろい。ネタプロとして・・・羽ばたかせなさい・・・。

hitchhiker.png

コリヤダ
4T 3A fall 3Lz-2T
昨シーズンと同じ、軍団の皆さんにバカヤローと笑顔で殴りかかるビートたけしプログラムです。衣装はメロンからボスニア・ヘルツェゴビナ国旗風に替わりました。大事なシニア参戦2シーズン目の滑り出しは、転倒があってもコフトゥンとほぼ同じPCSをもらえました。これは上々と言えますね。1シーズンは活躍できても、次のシーズンは・・・ってことよくありますもん。

リュージュ
4T fall 3A 2Lz fall
昨シーズンと同じプログラムでした。4Tはともかく謎軸3Lz-3Tは降りたかったところですね。まさか2Lzで転倒とは。でもPCSは3項目が6点台に乗ったので悪い評価ではありません。まだ順位上げられますよ。それにしてもすげえ男前だ。隣に女の子が並んでも男前+小顔で公開処刑されるレベル。

ryuju.png


アイスダンスSD
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)69.63 PB
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)65.31
3 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)62.27
4 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)60.62 PB
5 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)58.76
6 Olivia SMART / Adria DIAZ(スペイン)55.89
7 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)46.66
8 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)45.27
9 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)44.07
10 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)42.80

赤ゲレ
エクスタティックツイズルがセクシーに決まりました。キーポイント1のスリーターンのところで男女がホールド組まずに滑るのかっけえ。お互いに挑発し合うようで。と思ったら後半の音楽がすごいアホなので、お酒に酔ったか薬で飛んでしまったみたいな解釈をするのも楽しいかも。ゲレイロが上手くなったような。このカップルは応援はしていたけど、正直ここまで伸びるとは思っていませんでした。これからも予想を裏切り続けてください。

ハベドノ
中途半端に混ぜたら「クソ編曲!」と言います。でもここまで混ぜまくると一周回って楽しいので、これを貫いて欲しいです。いつもより元気はなかったかなと思います。ヒップホップのパートはもっとダンスを踊ってくれい。男性のくたびれた木こりみたいな衣装もどうにかしてくれい。

カリスポ
2人とも少し若返りました。昨シーズンは、ジュニア上がりなのに子持ちのような雰囲気を帯びていましたから。特にスポディレフは髪を伸ばしたのが功を奏したようです。30年前のディスコにタイムスリップしたようなミッドラインがよかったです。

えみマリ
ツイズルをクリアしました。パターンダンスはキーポイント以外のところに粗が見えました。ブルース部分はまだ改善の余地がありそうです。スウィング部分は元気に、スピードも出ていましたし、何よりえみちゃんが楽しそうなのがいいです。楽しくないスウィングなんて。サンジェルヴェでは薄着だったオリ爺がかなり厚着に。秋ですね。

スマディア
キーポイント3の女性のスケートがもっと伸びていけば音楽に合って一層かっこよくなるだろうなと思います。でもまだ組み立てなので。このプログラム大好きなので、早く完成したところが見たいんです。見るのは3回目、4回目とかなんですけど飽きる気がしません。スマートさんの古めのお顔立ちもこのプログラムに合ってるんです。衣装も髪型もメイクも好き。

フルソレ
これも好きなプログラム。今シーズンはマリーさんの力が炸裂しています。どの生徒もいいんですよ。全然ワルツじゃないワルツよりブルースの方がいいわ。パターンの導入とパーシャルへの移行が自然でかっこいいんです。今シーズンのフルニエボードリーさんはリンクに上がるとシャキッといい女になります。ただの美人じゃないですよ。

ステブキ
ブキンの体調が心配されましたが元気でした。シーズンオフはおかしなツーブロックでしたが・・・・刈り上げてるのか。でもこれなら大丈夫。代名詞のピストルツイズルをクビにして、クロスフットのような形でツイズル。ツイズルは4つ連続にしました。さすがロシアで唯一ツイズルに心配がないシニアのカップル。パーシャルの軌道が鋭くてすごく魅了されましたし、ステパノワのスピンっぽい動きの入ったステップは2人が接触しそうな距離で滑っていました。すごく上手になっていて、ブキンのガッツポーズにもうなずけました。ついに、ついに、ついに、ついにステブキ覚醒でしょうか。ジュニア時代からずっと待ってたんですからね。リーダーっぽく「待たせたな」って言ってくれよ。
2016
06.27

新プロ情報4

タラ・ケイン&ダニエル・オシェイ
SP:Will You Still Love Me Tomorrow、Back to Black

マリッサ・キャステリ&マーヴィン・トラン
SP:Fallin
LP:ジャーニーメドレー(続行)

ペニー・クームス&ニコラス・バックランド
SD:ローリングストーンズの曲

曲は何か分かりませんがインスタで発表しました。振付はディーンとのことでとても楽しみです。

ティファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ
SD:クリスティーナ・アギレラの曲

サラ・アーノルド&トーマス・ウィリアムズ
SD:As Time Goes By、String of Pearls
FD:ダウントンアビー

As Time Goes Byってカサブランカで使われた有名なやつですね。ボーカルはヴェラ・リンバージョンだそうです。海外ドラマは見ないからダウントンアビーは分からないです。スカパー見てたら時々CMでやるやつや。振付はマーク・ピレイです。

アレクサンダー・ジョンソン
SP: Intro by B-Tribe、Bamboleo by Gipsy Kings
LP:道

大学で勉強するために練習拠点を変えるそうですが、ディクソンとの仕事も続けるそうで安心しました。新しいプログラムはもちろんディクソンの振付です。ジョンソンさんはアメリカのスケーターには珍しく謎の曲を発掘してくるタイプですね。関係ないけどジプシーキングス見ると殿さまキングス連想しちゃいません?

浅田真央
SP:火祭りの踊り
LP:火祭りの踊り

2つのプログラムが繋がっているというのは聞いていたし、近年よくあることですけど、バージョン違いとはいえ、まさか同じ曲を滑るとは。SPはミステリアス静か系、LPは情熱フラメンコ系。こういうのこういうのこういうの!!!ファイナルがスペインじゃない年に選んでくれてありがとう。

マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー
SD:Feeling Good

おおおおおおおおおお・・・・・みんな大好きふぃーりんぐっど。今シーズンもたくさん聞きました。でもマイケル・ブーブレ版ではなく、ニーナ・シモン版です。

アンドリュー・トルガシェフ
SP:ノートルダムドパリ
LP:ボヘミアンラプソディー

復活のシーズンをこちらのプログラムで戦います。アメリカ人らしい普通の選曲でいいよー。振付はかーちゃんとスコット・ブラウンです。

ハビエル・フェルナンデス
SP:マラゲーニャ(続行)
LP:プレスリーメドレー

評判のいいマラゲーニャを続けて滑ります。LPはコミカルではなくて、かっこよさを前面に押し出したものになりますように。

メドベージェワのSPはダニイル・グレイヘンガウスとイリヤ・アベルブフになりました。何を滑るかは分かりませんが、アベさん普通の編曲でええよ。ラジオノワはシェイリーンと振付をしたようなので期待。

ポップスの選曲が多いです。SDはテーマからしてそうなりやすいですが、それ以外でも増えてきました。エキシビションと競技の境目が曖昧なってはいないだろうか。
Comment:8
2015
12.25

ロシア選手権 1日目 アイスダンスSD

テクニカルパネルにクリスティン・フレイザーがいました。テクニカルは他国に任せるのはロシアのお決まり。藤森さんに「腰が引けてる」と言われていたフレイザーがテクニカルにいるなんて感慨深いわ。

アイスダンスSD
1 ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ МОС 73.96
2 エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ МОС 70.21
3 アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン МОС 68.56
4 エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン МОС 66.75
5 ティファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ МОС 61.30
6 アンナ・ヤノフスカヤ&セルゲイ・モズゴフ МОС 57.92
7 リュドミラ・ソスニツカヤ&パヴェル・ゴロヴィシュニコフ МОС 53.55
8 アナスタシア・サフロノワ&イリヤ・ジミン СПБ 43.68
9 マルゲリータ・シェスタコワ&サヴェリー・ウグリュモフ КИР 36.57
10 アンゲリカ・カニヴェツ&アレクセイ・チジョフ ЕКА 35.46

アンナ・ヤノフスカヤ&セルゲイ・モズゴフ
赤いドレス。僕は白よりも赤の方が似合っていると思います。ジュニア時代と同じリフトやツイズルなんですけど、風格で・・・というのが無理なので、加点がつきづらそう。スピードが足りないかなと思います。

エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ
首にわーーーいと掴まる振付は最初は魅力的な男にハメられる女を演じていて、2回目に掴まるときは「私を落としてごらんなさいよ」という自身に満ちた女を演じる。だから表情も違う。ツイズルは2人の距離が離れていったけど、なんとか。1試合ごとに確実によくなっています。FDよりSDの方が好きだから、目に見えてよくなるのが嬉しい。でもエキシの方が好きですよ。

ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ
ツイズルでパートナーを追い抜こうとするカツラさん。回転は合っていないけど加点いただきました。衣装もプログラムもカツラの滑りとシニツィナの美貌を見るためだから、あまり関係ないのかもしれない。全項目で0.25ずつぐらいボブソロより上になりました。明確にシニカツを上としたようです。リンクサイドのカメラが舐めるようにシニツィナを撮影。う~~~んド変態ですねえ。

シニツィナ

リュドミラ・ソスニツカヤ&パヴェル・ゴロヴィシュニコフ
ロシアの名前長い組。長い。中途半端に最後戻る仮面舞踏会の編曲がいいね。

エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン
イリニフたんがホップしたときにジガンシンが引っ張りすぎて、そのままスコーンと転倒しました。アドレナリン出すぎで見えてなかったですね。でもロステレコム杯で転倒したツイズルは大丈夫です。転倒があったせいか、ズンズンチャが堪能できなかった。

ずんずんちゃ

ティファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ
空想上の美しい生き物たちこと赤ゲレ。ホールドを組むと2人の身長差が少なくて、髪型が似ているから余計に揃っているように見えます。デンスタ方式。ツイズルの2つ目で失敗はありましたが、まあまあという感じではないでしょうか。ゲレイロの滑りはもっと浅いイメージがあったのですが、ズーリン効果が出ているのかもしれません。

赤ゲレ2

アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン
ショットガンツイズルでブキンが詰まってトラベリングしなかったけど、レベル認定してもらえるのでしょうか。パーシャルは2人がつま先を揃えて滑ろうとしていたのが分かりました。前半は小気味もよくて楽しかった。後半までそれを持続させてくれると、なおいいと思います。スヴィニン先生のことを調べてたら58歳と出ていた。58歳であんなにかっこいいとは。

チューバッカ

マルゲリータ・シェスタコワ&サヴェリー・ウグリュモフ
モンハリの代わりに入った子供と子供のカップル。女の子はモンコのパダンパダンのODのドレスを着ているようです。男の子はサスペンダーだけハリャーヴィンから借りたのか・・・?自前?

モンハリはモンコの怪我がロステレコム杯から続いているために、今回は欠場となりました。FDの披露が少なすぎて本当にもったいない。アイスダンスはシーズン後半の国際Bが少ないし、ナショナルに出られないと、そこでシーズンほぼ終了になってしまう。

シニカツとボブソロの1位争い、ステブキとイリジガの3位争い。まずはユーロの3枠を争います。FDは暴走しないでね。最後に変な衣装で滑った美男美女のカップルは、FDでは2人とも軍服です。きちんと美しさを生かします。
back-to-top