FC2ブログ
2019
11.02

フランス国際 1日目 アイスダンスRD

アイスダンスRD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)88.69 PB
2 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)80.69
3 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)79.65
4 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)76.09
5 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)75.05
6 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)74.19
7 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)68.61
8 Julia WAGRET / Pierre SOUQUET-BASIEGE(フランス)63.55
9 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)61.48
10 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)58.10

アリソン組
ツイズルで男女の回転がズレました。フランス開催なのでフランス仕様にしたのですね。普通の大会であればこれぐらいなら加点してもらえそうなものですが、シビアにマイナス評価です。パターンダンスで男性がバランスを崩して大きく点数が引かれました。最後まで立て直せず、2人としては悪い出来でした。

ワグレ&スーケ
とても近い位置でツイズルしました。スケーティングがいいカップルではないのですが、大きなミスなく演技を進められただけに最後の最後で男性が尻もちついたのには驚きました。ウチャルさん先生大笑い。雨に唄えばだから脳内にニキータ・カツァラポフさんがチラつきます。脳内のお前、出番は来週だぞ。

赤ゲレ
スケアメの演技はバタバタしてあまり印象に残らなかったのですが、前回よりかなりまとまっていたと思います。なによりルックスが美しいので目立つミスがなければいい感じに見えるのです。演技終了と同時に衣装の一部が吹っ飛んで氷上に落下しました。

マリロマ
フランスカップル連続転倒。女性が最初のキーポイントで転倒しました。すぐに起き上がって再開したのでノーバリューにはなっていません。ただ再開してから動きがバラバラになっていました。フランスの大会でこの出来は悔しいでしょうね。

寿司酢組
男性が小意気な表情でパターンダンスを高速で滑っていくところに痺れました。レベルBですけども。ステップのエレメンツのレベルは壊滅的でした。楽曲の魅力を余すところなく伝えてくれたので、TESは出ずともPCSで評価してもらいたい。

カリスポ
キンキーブーツなので、女性がロングブーツ風のカバーをかけています。ドラァグクイーンを演じるのに黒衣装で地味なのは許せません。光沢のあるレザー風の生地を使っていますが、これでは足りません。もっとクドく見せびらかすような演技でいいと思うんですよね。パターンダンスパートの印象薄いかなあ。ツイズル間のステップでバランス崩したのに立て直してセカンド回ったのは見事でした。

スマディア
ミッドラインステップがとてもよかったです。こんなにスマディアってきれいに滑れたのか!と感動すら覚えました。女性の髪形が完全に馴染みました。

チョクベイ
女性が歌声に合わせてフリーレッグを見せ付ける振付やお尻を突き出す振付がハマっていました。男性がキーポイント4で詰まっていましたがそこはGOEには関係ないのだろうか。ネームバリューあるしパターンの最後だから目を瞑ったのか?フィンランディア杯ではインパクトのないプログラムに感じましたが、イロモノが続くと輝いて見えました。

ギニャファブ
ツイズルはバラバラになりました。パターンダンスはキーポイントより前に女性がフラついていました。猛スピードで入ってくるので、少しバランスを崩すだけでミスが分かります。レベルは大丈夫だったみたいです。男性が手を負傷しているようですが、それを感じさせなかったです。

パパシゼ
今シーズンのベストプログラム候補。公式練習の写真が上がってきて度肝抜かれました。しっとりプロはいい加減飽き飽きしていたので、新たなジャンルへの挑戦が嬉しいですし、トップカップルがコミカルプロを滑るのも嬉しいんです。初戦で歴代最高得点を出すのはアイスダンスのルール改正があった時点で分かりきっていたことなので驚きません。ステップシークエンスやツイズルはパパシゼ比で進んでいなかったので、徐々に調子を上げていく作戦なのだと思います。もしくは氷の状態がひどいか。

非常にミスの多いイベントになりました。スマディアだけはいつもよりよく感じました。今回のことをフィードバックして、皆さんさらにいいプログラム作りに邁進するでしょう。

この衣装で設計したパパシゼのフィギュアが欲しい。誰か作ってくれ。
2019
10.19

スケートアメリカ 1日目 アイスダンスRD

アイスダンスRD修正後
1 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)84.97 PB
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)81.91
3 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(カナダ)79.17
4 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)76.62 PB
5 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)71.18
6 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)70.41
7 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)68.23
8 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)67.97 PB
9 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)66.79
10 Hong CHEN / Zhuoming SUN(中国)61.74 PB

アイスダンスRD修正前
1 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)83.45 PB
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)80.46
3 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(カナダ)77.85
4 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)75.37
5 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)70.49
6 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)69.44
7 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)67.40
8 Caroline GREEN / Michael PARSONS(アメリカ)67.28 PB
9 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)66.10
10 Hong CHEN / Zhuoming SUN(中国)61.46 PB

グリパー
組み立ても組み立てのカップルなので、前の試合から1カ月違うだけでユニゾンがかなり変わります。起床後10分での演技だったから正直ほとんど覚えていない。

チェンサン
女性は美穂子先生似なので、もう少し派手な衣装にしてもらわないと。ピンクとかファーとか。男性の表情の使い方が豊かでした。驚く表情が得意ですね。農村から妹の住む都会に遊びに来たら、その発展ぶりに目を白黒されているようでしたよ。

赤ゲレ
衣装は虫に食われたのかな?パターンの取りこぼしなどありますが、目立って大きなミスはありません。ミッドラインステップの最後の方男性に余裕がなくてアップアップになっていたけれど、見なかったことにしておきましょう。

フルソレ
今週もボニーとクライドから逃れられません。この2人のボニーとクライドは清潔感があるから強盗にも殺人犯にも見えないです。ルパン三世ならよかったのに。パターンダンスは貫禄のレベル4でした。

チェンコメンコ
バーレスクはエロエロな映画なイメージがあるけど、案外そういうこともない健全な映画なので、若さをアピールするにはいい選曲なのかも。ただし、チェンコメンコにそういった路線が合うかどうかは疑問ですね。見た目が美しすぎて子供っぽいのが似合わないですもの。シニアへの移行で壁にぶつかっています。エフバジもシュピスミもこれを乗り越えましたから、チェンコメンコにも解散せずに乗り越えてほしい。スヴィニン組なのでツイズルはすごかった。

マリロマ
カナダで練習していてもツイズルのフレンチ魂は失っていませんでした。たまにミスしないと逆に心配になりますよね。パターンダンスからパターンダンスタイプステップのところはよくなかったと思います。クイックステップの楽しさが表現できておらず、覇気もなかったです。

スマディア
このグリースに寄せまくった見た目なので、観客もすぐに分かってくれます。なんてことのないムーブメントでもすごく盛り上がってくれました。選曲と戦略の勝利だと言えましょう。スマートさんはペットボトル押し潰して水を飲む男らしいタイプ。

ハベドノ
マリリン・モンローのような美女美女したテーマのプログラム滑れるのかな?という疑問がありましたが、まったく問題ございませんでした。むしろ似合っておりましたよ。マディソン銀幕のスターになっていました。マリリンのダイナマイトさは何で表現するかって?そんなもの滑りに決まっとろうが!ダイナマイトディープエッジじゃい!

カレポノ
男性の衣装は何か違う気が……レンコン農家っぽいんだよなあ。スタイルをよく見せるためにウエストの位置を上げた結果、農家になっているんだな。ツイズルはやはり不安定です。誰かシュピルチームにツイズルの魔法をかけてあげて。パターンダンスは全員同じぐらいのテンポで滑っているはずなのに、余裕がなくセカセカして見えました。とっ散らかった演技だなというのが正直なところ。

ステブキ
神衣装きたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああアメリカ人ひれ伏せええええええええええええええええ!!!道を開けろおおおおおおおおおおおおおおお!!!燃える赤ドレスと裏地が赤の燕尾。うぇええええええええええええええええい!!!途中でスカートの布落ちたように見えたけど減点ないや。落ちたんじゃなくて踏んだか、引っかかっただけかな?後半のエレキ入りYour songはちょっとひどいと思う!!!でも衣装が神!!!!!!!!!!!!!!!!!

総括:ステブキの衣装は神!!!!!

※追記
パターンダンスタイプステップシークエンスの点数の集計に誤りがあったため点数が修正されました。
2018
12.21

ロシア選手権 1日目 アイスダンスRD

TESカウンターにエレメンツを表示してくれないので、カウンターを見る意味がない。フジクラスの神カウンターよろ。

アイスダンスRD
1 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV MOS 84.01
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN MOS 81.95
3 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO MOS 73.37
4 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN SAM 69.87
5 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV MOS 69.62
6 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN MOS 69.00
7 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV MOS 68.00
8 Annabelle MOROZOV / Andrei BAGIN MOS 65.95
9 Ludmila SOSNITSKAIA / Pavel GOLOVISHNIKOV MOR 60.48
10 Olga BIBIHINA / Daniil ZVORYKIN SPB 50.50
11 Maria IGNATIEVA / Mikhail BRAGIN SVE 48.91
12 Ekaterina MIRONOVA / Evgenii USTENKO SPB 47.29
13 Valeriia DEMENTEVA / Aleksei NOVIKOV SAM 41.00
14 Anastasia ZHIRNOKLEEVA / Roman MESCHANKIN SVE 39.15

赤ゲレ
ゴージャスな演技でした。改めて長身のカップルっていいものですね。ミッドラインステップの途中で女性が珍しくバランスを崩しました。モホークのところですかね。脚が長いとコントロールが大変なのかな。短足民族にはワカラナイアル。ロシア選手権のアイスダンスのテクニカルパネルは、外国人(今回はガリト・チャイト)を入れていることもあっていつも厳しめなのですが、それでもTES40点には乗せたかったでしょう。赤ゲレの振付師はベネディクト・カンバーバッチ風だな。

エフバジ
カーブリフトの軌道の鋭利さいいわあ。めちゃくちゃな曲の組み合わせなのですが、これはいいの!実はこのプログラムは結構好きなんです。タンゴパートから後半のヒップホップパートを意識したシャープな動きを心がけているので、統一性を感じます。保守的な選曲・構成よりもおもしろい。

ステブキ
ミッドラインステップの最後の方で女性が膝をグッと沈み込ませる場面がありました。常に膝が固定されているような滑り方をするので、これには驚かされました。リフトは十分きれいなのですが、膝に乗せる1つ目のポジションのインパクトが薄いような気がします。頸動脈噛みちぎるぐらいのパワーがほしい。いいスコアが出て男性は笑顔でした。

ポポモズ
GPSではぶっちゃけ昨シーズンよりも下手になっているという印象でしたが、ここで猛烈に巻き返してきました。女性の大袈裟な表現が戻ってきました。ツイズルから、トランジションでピアノの細かい音に合わせた細かいトゥステップのギトギトねちっこい感じが最高。ミッドラインステップはもう少し滑ってほしいのですが、クオリティーをかなり上げてきました。リフトのポジションが下品じゃなくなっていて残念。加点が少なかったからしょうがないかな。点数が伸びずにブーイングブーブー。

シュピスミ
男性がゴツゴツしてきました。衣装をありふれた黒スケにせず、ストライプスケさせるところが、オシャレライフを送るスミルノフだな。サードツイズルが停滞しかけましたが、なんとかフォースまでおこなえました。4番手争いに僅差でつけています。

モロバギ形にはなってきたけど、PCSを7.75まで到達させるとはパンクなジャッジだな。

スコアレ
情熱爆発系の構成が多い中、しっとりとした色香を放っていました。ザッハトルテ~って感じ。女性の美しさが限界突破しています。スコップからパワーショベルに進化しました。そして舐めるような滑りも魅力的。リフトグラグラしなかったからよかったです。スコアレいいじゃないか!

マリア・イグナティエワさんの衣装の上半身危ない。そこは冒険しなくて大丈夫です。

シニカツ
心配なエレメンツは先に終わらせようの巻。ツイズル成功しました。足を蹴り上げてのヘリコプターでのパターンダンスの始まりかっけえ。演技冒頭の足を絡ませ合う振付と相まって、演技にストーリーが生まれます。ジャッジ席前でホールドを組んで何度も方向転換、再度手を離してのターンでは、女性が遅れを取ることなくシャープな滑りを見せました。はい、もう大変素晴らしい演技でした。2人の力を出しきれましたね。滑走順運が最悪の2人でしたけど、今回は最終滑走を引いて、1日の最後に今日の全カテゴリーの中で最高の演技をしていきました。

上位7カップルのツイズルとリフトはレベル4、ステップはレベル3でした。順位を分けたのはパターンダンスのレベルです。シニカツは2つともレベル4!ステブキは2つともレベル3でした。4位~7位のカップルは基礎点は全く同じで、GOEとPCSで順位が決まりました。

シニカツが逃げきるのか、ステブキが巻き返すのか。

いよいよ明日から全日本とロシア選手権のデスロード!大阪に行かれる方は、ロシアの方はほどほどにして寝てください。
2018
12.08

グランプリファイナル 2日目 アイスダンスRD

アイスダンスRD
1 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)80.53
2 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)78.30
3 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)77.33
4 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)77.20
5 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)72.98
6 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)71.33

シニカツ
まさかのローテーショナルリフトのレベル取りこぼしがありました。シニカツのリフトは危いライン上にありますな。今日はステップシークエンスのユニゾンと距離感がよかったです。2人って別々のスケーターが滑っているように見えるところがあったので、ユニゾンを感じられるようになったのはダンスカップルとしての大きな前進です。

ホワベイ
GPSよりも表現が上手く乗るようになりましたね。パターンダンスがプログラムにスッと馴染んでいていました。特に女性の艶めかしい表現が冴え渡っていました。ミッドラインステップでリンクの端まで滑って、枠外にはみ出るような強い感情の波を見せていました。始動が遅かったので、全米までにさらに滑り込んでくれることを期待。

赤ゲレ
それほどツイズルが得意な方ではないですが、今回のツイズルはファーストからよく揃っていました。カーブリフトはシャチホコのような女性のポジションに迫力があります。脚を見やがれ!というアピールだと思うので、遠慮なく美脚拝見しました。ミッドラインステップになると、男性が音楽に遅れないか危くなってきました。音楽のラストスパートを振り切ってのゴールインです。おめでとうございます。

ホワベイと赤ゲレはほぼ同じPCSです。真ん中3項目が同じ評価で、スケーティングスキルは赤ゲレ、インタープリテーションがホワベイが上位です。

ステブキ
演技が始まった途端にダイナミックな美脚アピール。そしてピッタリのツイズル、独創的な振付で紡いでいきます。そしてパターンダンスに入ると滑りがいきなり細切れになって、それまでの流れが止まります。最大の穴。でもリズムダンスを堪えて得意のFDに持ち込むのがステブキのスタイルですから、これぐらいの点差なら全く問題ありません。スケーティングスキルが、1番滑走のシニカツと同じ評価というのは興味深いです。

ハベドノ
納得の1位、納得の全項目1位です。やはりこの6組の中では技術力は抜けています。ロシアトップ2の女性のスケーティングに課題アリなので、パターンダンスの滑らかな滑りでは技術の差がモロに出ますね。マディソンってやっぱすごいわ。今日のマディソンはちょっとだけ色っぽかったぞ!

ギニャファブ
情熱的一辺倒な演技ではなく、パターンダンスでは寄りそい、包み込むような表現も見せました。同じパターンダンスでも、シニカツは脚を絡ませるように滑って、表現はハード寄りなので、対極にありますね。んでもってミッドラインでは、持ち味のビュンビュンスケーティングを見せて、見せ場も作ります。ハイスコア&順位に女性が大喜びしていました。万年国内2番手がGPF表彰台まであと一歩ですよ。

今日はパターンダンスのレベル4が3つも出ました。ギニャファブとシニカツが1、赤ゲレが2でレベル4を獲得しています。さすがはファイナル。

ロシアの1番手争いはシニカツが僅かにリードしています。ロシアジャッジは、ステブキのPCSを0.25だけ高く評価しました。FDで評価はひっくり返るでしょうか。

今日はここまでいい演技が多いです。いい流れに乗ってペアと男子も好演技が出ますように。
2018
11.10

NHK杯 2日目 アイスダンスRD

アイスダンスRD
1 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)75.49
2 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)70.71
3 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)69.07
4 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)66.27
5 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)66.01
6 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)64.53
7 Lilah FEAR / Lewis GIBSON(ドイツ)63.91
8 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)60.20
9 Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO(日本)59.40

ココ
ツイズルはよく決まりました。もう少し加点が付いてもいいと思うのですけど、ジャッジ様お厳しい。パターンとダイアゴナルステップの間のトランジションで女性がスタンブルしました。エレメンツには全くかすっていないので、GOEに影響はありません。PCSには影響あったかもしれません。このプログラムは頭から最後まで似たような雰囲気なのが穴でしょうか。盛り上がる部分がほしいです。

フィアギブ
とてもスピードのある演技でした。レベルは取れなかったのですけどね。スピードを出しつつ、ターンを飛ばさずに滑りきるの難しいです。ツイズルでは、女性がファーストの最後で足をついてしまいました。それでもセカンドではすぐに立て直して揃えています。ビールのCMソングだから、現地観戦者はホテルに戻る前にビール買うだろうな。

スコアレ
リフトのギリギリ感はともかく、ステップシークエンスは前回よりかなりよかったのではないでしょうか。パターンダンス1で、男性が足を引きずってしまって、女性を上手くリードできなかった部分がありました。2人がセパレートになっている部分では大丈夫ですが、ホールドを組まないといけないところでは依然として厳しそう。

ナザニキ
セルブロックタンゴはタンゴロマンチカのリズムに乗りにくいとミヤケンから指摘。暗に批判されている。僕もそう思います。ツイズルは入りこそズレましたが、きっちりと合わせてレベルは取ってきました。2人の一体感がなく、バラバラとした印象を受けました。

寿司酢組
男性の衣装はダサいジャージに見えますね。やはりこれはジムにやってきたお金持ちのマダムとバイトでトレーナーやってる体育大生だな。個人的にはこのプログラム結構よくなってきたんじゃないかな?って思います。後半は緩急が生まれて、かっこよく仕上がりましたしね。フィニッシュした時の女性の横顔色っぽかった。このままいきましょう。男性の衣装は変えましょう。

赤ゲレ
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおついにこのルックスが日本に上陸したぞおおおおおおお!パターンダンスレベル4を取ったのはさすがです。優勝候補の名に恥じない活躍です。ミッドラインステップもう少し滑ってくれればいいのですけどね。動きの小ささが気になります。

パーソンズ
スピードを出して切れ味鋭く滑りながら、ソフトさはきちんとキープし、コントロールされた演技です。足をスウィングさせても下ろしても、兄は爪先まで美しいです。ほんと兄いいわー兄推せるわー。見た目的には弟だけど、技術ではしっかり兄やってますわ。

ワンリウ
今日のマリーさんの髪形と服装は第二次大戦中にレジスタンス活動やってるフランスの歌手みたいだ。滑るカップルに囲まれてしまうと、進まないのが目立ちはしますが、トランジションは少し引いて、音楽をきちんと捉えようというのが分かるから好き。トゥイバクと同じ感想。

ホワベイ
ジャンリュックは脳震盪があったのか。これがシーズン最初の試合なので、まだまだこれからですよ。パターンダンス2で男性がスタンブルしました。ミヤケンが「あっ!」と言ったのワロタ。女性の表情は素晴らしかったと思います。ポジションチェンジが要素としてやらされている感がなく、自分たちの振付として落とし込めていると思います。PCSは赤ゲレの少し下なので、いい演技をすれば超えられるでしょう。早く本調子になるといいですね。

赤ゲレが少し差を付けて首位に立ちました。赤ゲレは1位であればGPF行きが確定します。来週はチョクベイが欠場するので、GPF争いするカップルはステブキだけです。

ハベドノ、ギニャファブ・・・決まり
ステブキ・・・大丈夫
赤ゲレ・・・失敗しまくらない限り大丈夫
シニカツ、パイポー、パーソンズ、ホワベイ・・・残り2枠
back-to-top