FC2ブログ
2016
06.18

ついに/////

中国のラブ~チン・パンジャン・トンがついに結婚しました。2011年に婚約して以来約5年、「これ付き合う期間長すぎて、結婚するタイミング逃しちゃったパターン?」と思っていたのですが、ついに夫婦となりました。今シーズンからはコーチとしての活動が本格化すると思います。この溢れ出るラブで、中国のスケーターを垢抜けさせまくってください。お幸せに。
Comment:2
2015
08.20

小ネタ×8 「結婚式で一番気になったこと」など

ジュニアグランプリシリーズ始まるよ!久しぶりの小ネタ。

*恋するバリスタ

ダニエル・オシェイさんに恋しているバリスタ君は、タラ・ケインさんの注文した飲み物のカップに自分の名前を書いたらしい。しかもオシェイさんがいないというのに。気持ちは本人に伝えましょうね。

*連続クワド

メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォードの練習映像。LPの曲かけの中でスロークワドサルコウとスロークワドルッツを連続で成功。これを試合でできたとしたら基礎点的に他を突き放すことができます。2本並べるとゴツいなー。

*シマウマ

ステファン・ランビエールさんのシマウマは今、ローザンヌのオリンピックミュージアムにあるらしい。

ジョアニー&ランビ

もしかしてこの当時(2010年)から置きっぱなし?照明で色褪せそう。

*ぶらりモスクワの旅

モスクワ合宿でぶらりをしていた小松原美里さんはダイドーの自販機を発見。すげーーー。でも僕は夜のモスクワをぶらりしていることの方が心配になる。警察も信頼できないと聞くし。

*結婚式で一番気になったこと

ヴォロトラ587

マキシム・トランコフさんが履いているのは双頭の鷲柄の靴。どこでお求めになったんです?

*エレーナ・イリニフさんがかわいい

イリニフ28

http://nevesta.moscow/Derzkijj-obraz-nevesty-dlya-figuristki-Eleny-Ilinykh/

ウェディングドレスのモデルニフさん。イリニフさんこういう仕事多いね。

*応援?

ただの応援なのにおもしろい樋口新葉さん。

*パントンのやつ

パントン401

http://news.xinhuanet.com/sports/2015-08/01/c_128079647.htm

他の競技の人がこういうことやってても単にアートだな、美しいなとしか思わないけど知っている選手がやってしまうと面白くてしょうがない。しかしまあトン兄はこの細さでよくパンちゃん持ち上げていたもんだ。
Comment:0
2015
03.26

偉大な記録

僕はISU公式がツイートしたこの内容が引っかかった

この"record"という言葉は「記録」と捉えればいいのか「記録的なぐらいだよ」と捉えればいいのか。じゃあ、じゃあ調べればいいじゃないか。ということで調べた。105回の世界選手権の中で誰が一番大会に出場したのか。Wikipedia英語版にある選手を1人1人チェックしていきました。

10回 24人
カール・シェーファー(オーストリア)1927-1936
リュドミラ・ベルソワ / オレグ・プロトポポフ(ソ連)1958, 1960, 1962-1969
オンドレイ・ネペラ(チェコスロバキア)1964-1973
リュドミラ・ポホモワ(ソ連)1966-1974, 1976
イリーナ・ロドニナ(ソ連)1969-1978
ジャン・ホフマン(東ドイツ)1970-1974, 1976-1980
ゲンナジー・カルポノソフ(ソ連)1970-1972, 1974-1980
ロイド・アイスラー(カナダ)1983-1994
ペギー・シュヴァルツ(東ドイツ→ドイツ)1989-1994, 1997-2000
コルネル・ゲオルゲ(ルーマニア)1990-1993, 1995-2000
ロクサーナ・ルカ(ルーマニア)1998, 2000-2003, 2005-2009
タチアナ・マリニナ(ウズベキスタン)1993-2002
シェイ=リーン・ボーン / ヴィクター・クラーツ(カナダ)1993-1999, 2001-2003
アレクセイ・ティホノフ(日本→ロシア)1994, 1999-2007
イリーナ・ロバチェワ / イリヤ・アベルブフ(ロシア)1994-2003
イゴール・ルカニン(アゼルバイジャン)2000-2009
ケビン・ヴァン・デル・ペレン(ベルギー)2000-2005, 2008-2012
フェデリカ・ファイエラ(イタリア)2000, 2002-2010
ジェナ・マッコーケル(イギリス)2003-2005, 2008-2014
タチアナ・ヴォロソジャル(ウクライナ→ロシア)2003-2009, 2011-2013
ロビン・ゾルコビー(ドイツ)2005-2014

11回 18人
アラン・カルマ(フランス)1954-1960, 1962-1965
グレゴル・フィリポウスキー(ポーランド)1980-1982, 1984-1990, 1992
ロバート・マッコール(カナダ)1978-1988
トッド・サンド(デンマーク→アメリカ)1981-1982, 1990-1998
エルヴィス・ストイコ(カナダ)1990-1997, 1999-2001
イザベル・デロベル / オリビエ・ショーンフェルダー(フランス)1998-2008
マルタ・アンドラーデ(スペイン)1991, 1993-2002
エレーナ・リアシェンコ(ウクライナ)1994-1996, 1998-2005
マリア・ペトロワ(ロシア)1994-1995, 1999-2007
エレーナ・グルシナ / ルスラン・ゴンチャロフ(ウクライナ)1994-1996, 1998-2005
セルゲイ・サフノフスキー(イスラエル)1996-2006
マキシム・スタビスキー(ブルガリア)1997-2007
アリオナ・サフチェンコ(ウクライナ→ドイツ)2001, 2005-2014
川口悠子(日本→ロシア)2001-2003, 2007-2013, 2015
ナタリー・ペシャラ / ファビアン・ブルザ(フランス)2004-2014

12回 12人
ソニア・ヘニー(ノルウェー)1924, 1926-1936
(5位, 2位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位)

ユリア・セベスチェン(ハンガリー)1998-2008, 2010
(19位, 19位, 7位, 18位, 8位, 14位, 6位, 12位, 22位, 12位, 11位, 15位)

マルガリータ・ドロビアツコ / ポヴィラス・ヴァナガス(リトアニア)1992-2002, 2006
(17位, 13位, 9位, 12位, 8位, 10位, 8位, 6位, 3位, 5位, 4位, 4位)

ミシェル・クワン(アメリカ)1994-2005
(8位, 4位, 1位, 2位, 1位, 2位, 1位, 1位, 2位, 1位, 3位, 4位)

シュエ・シェン / ホンボー・ツァオ(中国)1994, 1996-2005, 2007
(21位, 15位, 11位, 4位, 2位, 2位, 3位, 1位, 1位, 2位, 棄権, 1位)

ガリト・チャイト(イスラエル)1994, 1996-2006
(28位, 23位, 18位, 14位, 13位, 5位, 6位, 4位, 6位, 7位, 6位, 6位)

ブライアン・ジュベール(フランス)2002-2013
(13位, 6位, 2位, 6位, 2位, 1位, 2位, 3位, 3位, 8位, 4位, 9位)

トマシュ・ベルネル(チェコ)2002-2009, 2011-2014
(20位, 22位, 19位, QR16位, 13位, 4位, 15位, 4位, 12位, 16位, 21位, 10位)

ハオ・ジャン(中国)2002-2010, 2013-2015
(9位, 6位, 5位, 3位, 2位, 5位, 2位, 2位, 5位, 11位, 5位, ?位)

カロリーナ・コストナー(イタリア)2003-2014
(10位, 5位, 3位, 12位, 6位, 2位, 12位, 6位, 3位, 1位, 2位, 3位)

13回 3人
ウルリッヒ・サルコウ(スウェーデン)1897, 1899-1905, 1907-1911
(2位, 2位, 2位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位, 1位)

イワン・ディネフ(ブルガリア)1992-1993, 1996-2006
(28位, QR22位, QR13位, 23位, 21位, 14位, 18位, 12位, 17位, 14位, 15位, 13位, 19位)

ドロタ・シュデク(ポーランド)1995-2007
(16位, 13位, 8位, 5位, 3位, 5位, 6位, 6位, 7位, 6位, 7位, 9位, 棄権)

14回
ダニエル・マクグラス / スティーブン・カー(オーストラリア)1985-1998
(11位, 14位, 12位, 15位, 10位, 16位, 16位, 14位, 11位, 10位, 11位, 12位, 16位, 15位)

15回
アルベナ・デンコワ(ブルガリア)1992-1995, 1997-2007
(21位, 26位, 27位, 24位, 19位, 17位, 11位, 棄権, 10位, 5位, 3位, 2位, 5位, 1位, 1位)

デンスタ13


マリウス・シュデク(ポーランド)1993-2007
(17位, 22位, 16位, 13位, 8位, 5位, 3位, 5位, 6位, 6位, 7位, 6位, 7位, 9位, 棄権)

634149829893830000.jpg



16回
チン・パン / ジャン・トン(中国)1999-2013, 2015
(14位, 15位, 10位, 5位, 4位, 3位, 4位, 1位, 2位, 5位, 4位, 1位, 3位, 4位, 5位, ?位)

パントン337

ISUの言っていることは嘘ではなかったのです。105大会のうち16大会に出場しているパントン。世界選手権の歴史の15%に関わっていることになります。赤ん坊がオギャーと生まれてシニアの試合に出られるようになる年月なわけですよ。ISUが拠出して世界選手権で引退セレモニーやっていいぐらいの功績です。そりゃ今まで一番大会に出続けたんだからスケートファンに愛されているのも納得です。

長く続ける選手の特徴
戦前・・・世界選手権に出るだけの潤沢な資金がある選手
戦後・・・国策によるスポーツ振興。東側強くてとにかく長く続ける。アメリカも強かったがあっさり辞める。
冷戦終結・・・国が増え出場機会が増える。国内のライバルがいない。
現在・・・アイスショーで稼げる選手

長く続けるのに大切なこと
*怪我・病気なしに健康でいること
*スケートに必要な経費を差し引いても、生活ができるだけのアイスショーやメディアでの収入があること
*連盟の支援体制が強固であること
*シーズン半欠などをしても、連盟に推されるだけの力があること
*一番楽しい10代・20代を捧げる覚悟があること
*ミニマムスコアを取り続けていくこと

どれが抜けてもこれからは10回を超える出場は望めないでしょう。16回を超える可能性を論じられるのはハオ・ジャンだけ。これから連続出場してピョンチャンシーズンで15回。その次のオリンピックまで続けるとして19回。北京オリンピックが決まれば連盟に続けさせられるでしょうしね。もちろん後輩に抜かれなければの話。これからジャンプが跳べなくなることも十分あり得る。先のことは分からない。
Comment:0
2015
03.25

世界選手権 1日目 ペアSP

オープニングセレモニーで雪組が・・・・・歌っていた・・・・・口パクっぽいけど。生涯ネタに使えるレベルの面白さ。

ペアSP
1 Q Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)76.98
2 Q Qing PANG / Jian TONG(中国)72.59
3 Q Wenjing SUI / Cong HAN(中国)71.63
4 Q Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)71.59
5 Q Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)69.67
6 Q Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)67.71 PB
7 Q Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)65.56
8 Q Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)61.32 PB
9 Q Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)60.56 PB
10 Q Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU(カナダ)60.53
11 Q Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)60.32 PB
12 Q Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)58.28
13 Q Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)55.55
14 Q Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)54.48 PB
15 Q Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)47.76
16 Q Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)46.69
17 Maria PALIAKOVA / Nikita BOCHKOV(ベラルーシ)46.17
18 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)45.99
19 Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA(日本)44.54

イリモー
イリが3Sをクリーンに降りました。失敗したのはモスコビッチさんの方。イリがこんなにジャンプを降りられるようになったなんて本当に嬉しい。ツイストは四大陸よりもよくなったように見えました。イリがすっかり大人になりました。そしてカナダの色になりました。毎日楽しく過ごせているのだと思います。それだけで嬉しい。

アスロゴ
3Sはビューリホー。スローは転倒。リフトが曲の盛り上がりのピッタリのところで上がるから気持ちがいい。マルロゴ時代からリフトは上手だったので安心安定。まあ、ちょっと、今シーズン?落とした?けどね?それはパートナーの体型が随分違うからこれから慣れて行くでしょう。エロ素晴らしい大人の演技でした。

ファンシー&ボヤジ
このラヴィアンローズは、昔見たフランス映画の"世界でいちばん不運で幸せな私"ってやつが頭をよぎる。映画の中で何度も流れるんです。ステップでミラーの動きでホップすうるのが可愛い。とっても可愛い映画だったから、重なる部分がありまして。

ドイツのおじさんシャカシャカ音するクルクルのやつ持ってる。ドイツおじさんって世界中にいるのですね。嫁ウェンデさん素敵なヘアースタイルになっていますね。

マルホタ
安定の3S、スローも綺麗に。練習しているというトリプルツイストは入れてきませんでした。このうるさいボーカルにも全く負けないマルケイの存在感。ユーロで吼えたのはマルケイだったけど、今回はホタレックが吼えた。インタープリテーション7.50すげー。

成龍
3Sは転倒。初めてツイストをトリプルにしましたが大きくもたれかかっておりました。動きが大きくなってきたのはいいことだったと思います。今回の出来ではSP通過できないのもしゃーなしですね。成美がショートカットに。少年みたい。

セガビロ
可愛いプログラムもこれにて見納めです。3S危なかったり、スローもバランスを崩したけどしっかりと片足で立っておりました。映画がコミカルで、ビロドーさんが演じているホテルマンも小ふざけた感じだから、それがよく似合っています。

ヴァネシプ
ソロジャンプで女性が抜けてしまいました。ツイストはいつものやや停滞ツイスト。なんだろうなーパリッとしないんだよなー。パリで練習してるのになあ。

デラモデルは2人の力関係が完全に逆転。デラモニカさん全くジャンプ止められなくなってしまったなあ。

タラモロ
エレメンツの質がどれもよかったですが、プログラムに特徴がなさ過ぎて出がらしのようなコメントさえも出せない。来シーズンのプログラムはもっといい振付がもらえますように。

川スミ
ぶんだばああああああああああああああああああああああああああああ!!!よかった。単にジャンプを降りられただけの演技ではないです。リフトが素晴らしかった。そしてステップでの息の合い方も素晴らしかった。フリーレッグの角度も合わせてきて、これぞベテランの業・これぞベテランの味。んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんいいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

デニフレ
ソロジャンプのサルコウで女性がお手つき、男性が珍しく成功したように見えたけど足をタッチしておりました。だからおあいこです。コーチからジマーマンとフォンタナが抜けてインゴ一人になりました。ということ・・・あんなイロモノこんなイロモノ、イロモノばかりを滑ることにこれから相成るわけですね。

スイハン
中国の観客ノリノリで大手拍子。宴会みたいでした。ノーミスのクリーンプログラムでした。ステップでもずっと手拍子が続いていたので、テンションが上がったからかいつもよりかなりオーバーな体の使い方が見られました。この中でこの演技を出来るのは気持ちがいいでしょう。このプログラムの持ち味の小気味のいいオシャレさは少し打ち消されてしまったけども。

ペンジャン
不安定な女性のソロジャンプがクリーンに入りました。今日は男性の方が危なかったぐらいです。投げ技はいつものいい質、そしてスピンもいつものズレ具合でした。中国で中国伝統のスピンを見せ付けましたな。経験豊富なハオくんでも初めての地元ワールドは緊張したかな。

シメクニ
最初のガニマタの色気出してますポーズからして色気がないことが見えてしまうシメクニ。どうしてこうも情感が出ないのか。ステップの表現もどうしてこうも拙いのか。邦衛さんに全く色気がないのもそうだけど、シメカさんも健康的すぎるんだよなあ。妖しくもなんともないという。女性がサルコウシェイキーで男性がクリーンという珍しいパターンでした。だから平和なキスクラ

パントン
回転不足っぽいけどジャンプ降りたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!出遅れないで済んだ!!!だからそれでいいのだ。このスイッチャーはデススパイラルの女性の表情を映すのが好きなようだ。デススパイラルの表情でも魅せるパンちゃん。後半トン兄は辛そうだったけど、なんとか明日ももって欲しい。

デュハラド
パフォーマンスは本当に素晴らしかったので、それに引き上げられて、PCSがインフレ化するのは分からないではないのですが。ジャンプを成功させること以外の見所が欲しいです。その上でPCSボーン!ってなって欲しい。昨シーズンの練られたトランジション、一昨シーズンの溌剌とした表現、良作が続いていただけに今シーズンのセボーンではないセボーンプロの造りには首を傾げてしまう。僕が好きではないだけなので、好きな人もたくさんいらっしゃると思います。ネタとしては大好きなんだけどなあセボーン。衣装も好きだし。

上位勢はさすがのミスの少なさでした。
デュハラド→いい演技、ナショナルに次ぐ出来
パントン→エレメンツはこなしたけど、男性の技術力がかなり落ちている
スイハン→いい演技、いつものスイハン
川スミ→シーズン一番の出来
ペンジャン→男性が固い
タラモロ→シーズン一番の出来、プログラムはアレ

今シーズンのペア面白いし、組み替えが成功しているケースも多いんだけど、ほとんどのペアが選曲を外しているように思えてならない。挑戦のシーズンですので、それもいいのかもしれない。僕の視野が狭いんだ、きっとそうだ。うん。

優勝はデュハラドが2ミスしない限りは堅いでしょう。残りの2つにはどこが入ってくるのか全然分からない。とりあえず分からないと言っとけというやつではなくて、本当に分からないやつ。

学徒動員をかけているらしく水曜日なのに客席パンパン。北京五輪~Winter Version~に向けてのアピールのためなのですね。そりゃお金も使いますわな。
Comment:0
2015
03.24

小ネタ×10 「最新のゆかり」など

ワールド前だよ、小ネタだよ。

*ダニエル・イートンさんの新しいパートナー
パートナーを探していたダニエル・イートンの新しいパートナーは、同じリンクで練習していたことのある2014年全米選手権ノービスクラスピューターメダリストのダニエル・トーマスになりました。今と同じリンクでマリナ・ズエワの指導を受けていきます。新しいパートナーの身長は157cmぐらいだそうで、アルドリッジさんは165cmだったので、リフトは持ち上げやすくなるでしょうね。相性がよくありますように。

*【朗報】マルロゴの関係が良好

https://instagram.com/rogonov_alex/
アナスタシア・マルチュシェワさんの20歳の誕生日を祝うアレクセイ・ロゴノフさん。僕はてっきりロゴノフさんが引退するから解散したのに、なぜか新しくペアを結成したいわゆる険悪パターンだと思っていたので、仲良くしていて嬉しい。

*メンショフさんはやめへんでー
http://rsport.ru/figure_skating/20150316/815394486.html
この2月で御年32歳になったコンスタンティン・メンショフさんは来シーズンも現役を続けるべく、トレーニングに励んでいる模様。メンショフさんはまだピチピチのティーンのようやで!

*長身選手を見つけた

無題


パートナーサーチに登録しているフランスの12歳の女の子。8フィート2インチ=248cm。パートナーが見つかるのが楽しみです。

*募集中


https://instagram.com/sjcarriere/
スティーブン・キャリエールさんが真剣に添い寝の相手を募集していらっしゃいます。地味ボーイズ&ガールズ、直ちに立候補せよ。

*プログラム発表一番乗り

今シーズン出来のいいFDを披露してくれたアナスタシア・カヌーシオ&コリン・マクマヌスが早くも来シーズンのSDを発表。プロコフィエフのシンデレラを滑ります。ブリブリのお姫様ドレス着てくれるかな?

*キーラ・コルピさんが何かしています
https://fbcdn-video-e-a.akamaihd.net/hvideo-ak-xpa1/v/t42.1790-2/11058583_1414201748886161_1053586142_n.mp4?efg=eyJxZSI6ImZiY2RuX3ZpZGVvX3JhdGVsaW1pdF9yb2xsb3V0Mix2X3JvbGxvdXQifQ%3D%3D&oh=8eb143ca1c7ecdd99fec2756dc514993&oe=5510C2D9&__gda__=1427158709_56ff3ae826771049ac364852b3bebf50
フィンエアーのお仕事で、ヴァンターの空港にてローラーブレードでツルツル滑っているキーラ・コルピさん。フィンランディア杯に行く人はこれを見るっきゃないね!

*最新のゆかり

ゆかりん43

http://www.japantimes.co.jp/sports/2015/02/24/figure-skating/success-skating-nakanos-determination-rewarded/

年末にはバボちゃんの中身の人としても活躍した中野友加里さんがジャパンタイムズのインタビューに答えておりました。今はディレクター兼ジャーナリストとしてフジテレビにいるそうです。時々フジのインタビューに出ているのですけど、実は僕1回も彼女が出ているところを見たことがないんです。だから中野友加里っていうお化けなんじゃないかと思えてきました。今は全然練習もしていなくて、ショーのオファーも受けるけど昔みたいに出来ないしテレビ局の仕事に差し支えるから断っているとのこと。そりゃそうかー。でも元気そうだし、可愛いからそれでいい。インタビューされる業界人っぽいポーズ取ってる。ザギンでシースー食べるのかな?

*ラドフォードさんの気遣い全貌

テレビクルーが映しやすいようにと、わざわざメーガンの身長に合わせてくれているラドフォードさんの全貌が判明。すげー開いてる。清清しい笑顔で脚をパーンと開く、気のいい上品な変態のようだ。かっこいい。

*パントンがプログラムを変更

引退試合でまさかのプログラム変更に踏み切ったチン・パン&ジャン・トン。新しいプログラムはこの曲かな?こういう曲だと、2009-2010シーズンの2回だけ滑った「らああああああああああああああああああああああああああああああああ」のエキシビションを思い出します。


Comment:0
back-to-top