2017
06.28

ジューンブライド・改

ジューンブライド。スケート界にも愛の旋風吹き荒れております。

*クセニア・モンコキリル・ハリャーヴィン

カップル解散後も交際を続けていた2人がゴールイン。モンコは現役時代よりも少しふっくらとして女性らしくなりました。

*イザベラ・トビアス

Rehearsal ✔️ My heart is so full ☺️💛 #IzziLitesUpTheFox

Isabella Tobias Litesさん(@mrslightsoutlites)がシェアした投稿 -



今週末挙式のイザベラ・トビアスはツイッターの名前とアカウント名をイザベラ・トビアス・ライツに変更。こちらの結婚式にはリンクメイトが複数出席している模様。

*ミハル・ブレジナダニエル・モンタルバーノ

こちらは交際歴長めの2人。2年前に婚約し、事前予告通りオリンピック前に結婚しました。

Ready for The Marriage Celebration! ❤ ------------------------------------------ #figureskatingfamily #wedding #friends #love #ceremony #figureskating

ʙᴇʟɢɪᴀɴ ᴏʟʏᴍᴘɪᴄ ғɪɢᴜʀᴇ sᴋᴀᴛᴇʀさん(@jorikhendrickx)がシェアした投稿 -


モンタルバーノさんがユダヤ人なので、そんな感じの結婚式。ドイツでのスケーター仲間多めの結婚式です。

*エリオット・ハルバーソン&モリー・オーバースター

Love is love is love ❤️❤️ #mollysignsherleis

Douglas Razzanoさん(@douglasrazzano)がシェアした投稿 -


全米選手権やジュニアグランプリで活躍した2人が結婚。同時代に現役だったりっぽんぽん、ジョンソン、ラザーノが挙式に出席。

*エリック・ラドフォードルイス・フェネロ

こちらは婚約。旅行先のスペインでラドフォードさんがプロポーズしました。答えはイエスだったそうな。カミングアウトが当たり前になったとはいえ、スケーター同士というのはあまりなかったです。ラドフォードさんはコーチを替え、フィアンセもいて、気持ちを新たにオリンピックの頂へと突き進むのですね。

追記
*小松原美里&ティモシー・コレト

さる1月23日、私小松原美里とティモシー・コレトは、入籍致しましたことをご報告させて頂きます。 兼ねてより、良きパートナーであり良き相談相手であった彼と二人で、益々協力し、同じ目標に向かえる事は、この上ない幸せです。 これまで以上に、選手として、また一人の人間として、優しいティムと一緒に更に成長していけるよう、努力を重ねて参ります。 これからもご指導、ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 From the moment we met, we knew we had a special connection. We are happy and humbled to announce to you our marriage in January of this year. We love every moment together and can't wait for all that life has ahead of us. Thanks for continuing on alongside us and supporting us on this journey. みさと&ティム❤️

Tim Koletoさん(@timkoleto)がシェアした投稿 -

ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお見落としていました。まさか結婚とは!めでたい!めでたい&めでたい!日本のカップル競技で夫婦カップルなんて。これはますます応援しがいがあるってもんですよ。

*ロマン・アグノエル&ジャマル・オスマン

「この人とこの人付き合ってる」というのは、噂レベルで伝わってくるものなのですが、これは何も知らなかったパターン!アグノエルとオスマン。会う機会はたくさんあったでしょうけど、まさかの組み合わせでした。

*ブライス・デイヴィソン&ミシェル・ムーア

I am speechless..... what a magical day ✨💛 • #onemooredavison #wifey #bestdayever #kleinfeldcanada #daniellecaprese @kleinfeldcanada @hernderdotcom

Michele Davison (Moore)さん(@michele_davison)がシェアした投稿 -



http://www.onemooredavison.com/
15年来の知人でしたが、引退後から交際を始めたそうです。奥さんはナショナルレベルで試合に出場していました。12歳のときから奥さんが片想いしていたという、むず痒くなるエピソードが書いてありました。プロポーズは2015年で、そこでデイヴィソンが初めて「I love you」とい言葉を発したそうです。日本男児かな?結婚式のサイトに痒い写真がいっぱい掲載されているのでどうぞ。ベストマンはモスコビッチさんが努めました。

*タラ・リピンスキー

タラ・リピンスキーさんはタラ・カポスタシーさんになりました。旦那さんのトッド氏はSports Feature Producerという職業らしいです。謎職業。

みなさん末永くイチャイチャしてください。
2015
09.18

小ネタ×10 「Bold Predictions」など

ジュニアグランプリシリーズがないのでいろいろ消化タイム。

*AOIがんばる

ART ON ICE 2016 !!!! #aoi2016 #bestshowsever #soexcited

Florent Amodioさん(@moment4life1990)が投稿した写真 -


来年のアートオンアイスのゲストはジェシーJ。現在進行形で売れている歌手を呼べるなんて、超儲かってますやん。潤ってますやん。ジェシーJ僕も見たい。金持ちのスイス人さん、招待してください。

*ダニエル・モンタルバーノが引退

As the Jewish New Year gets closer I feel that this is the time to say that every great story must come to an end. . but...

Posted by Danielle Montalbano on 2015年9月10日

イスラエルのダニエル・モンタルバーノが引退です。アメリカの選手とペアを組んだけどすぐに解散し、ドイツで練習していたけど新しくパートナーを見つけたかと思えば試合には出ずすぐに解散し、試合に出ることはありませんでした。スケート以外のところでの幸せを見つけていくのでしょう。お疲れ様でした。

*ヤンコウスカス&ゲイマンが引退
http://www.yankowskasgaman.com/news/2015/9/10/the-end-of-a-journey
イギリスのケイトリン・ヤンコウスカスハミッシュ・ゲイマンが引退となりました。資金難により寄付を募っていましたが、それでも賄うことはできなかったのか引退を選ぶことになりました。資金難による引退はもう・・・・・おおおう・・・としか。ヤンコウスカスはパートナー選びに苦労してきて、やっとイギリスでチャンスを掴むことができたのに。幸せになって欲しい。

*趣味


ポール・ポワリエさんの趣味。「まばたきすること、椅子に腰掛けること、水を飲むこと、靴下を履くこと」これを通したカナダのスケ連がクレイジー。JSFだったら叩かれるからできないよなあ。

*一流タレントから一流芸能人へ

internet_img01.jpg

http://kokusei2015.stat.go.jp/index.html
藤原紀香、高田純次とともに国勢調査のイメージキャラクターに選ばれた織田信成さん。JOYSOUNDのCMキャラクターにも選ばれました。売れすぎて怖い。みなさん、インターネットでも国勢調査の回答はできるんですよ?ご存知でした?

*モスルカ解散の理由
http://www.artonice.it/?q=it/node/18720
カロリーナ・モスケーニさんが、アダム・ルカッチさんとの解散の理由をインタビューで答えました。2人の間には衝突があったというのが理由らしいです。ハンガリー代表でやるかどうかはパートナー次第だということです。

*久保みねヒャダこじらせナイト
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00560/v12643/v1000000000000007343/
久保ミツロウ先生が、FOIの舞台裏でこづと話した詳細を語っていました。由香里に会ったのか由香里に。ファンとしてはショックなのだろうなー。3日間行くなんてガチファンじゃないですか。こづには久保先生の書く、結婚式のウェルカムボードをインスタにアップしてもらわねばな。

*すごくよろしいインタビュー
http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201508050007-spnavi
1ヶ月以上前のだけどこのキャシー・リードのインタビューはすごくいいです。噛み締めるように言葉を発しているのが伝わってきます。これはよろしいですね。引退までの経緯を読むと胸がきゅっとする。

*デュハラドのリフト講座
https://www.youtube.com/watch?v=C2Oi_iHu8Kw
TSLで今シーズンのリフトのレベル獲得要件を説明してくれるデュハラド。超分かりやすいから見るよろしよー。寄ったカメラの映像で見ると、ずっと脚ピーーーンできてるのすごいなと思う。演技中にはそんなこと気が及ばないけれど。

*Bold Predictions
http://web.icenetwork.com/news/2015/09/15/137019920
icenetwork寄稿ライター7人に今シーズンの大胆予測を聞く記事。僕も大胆予測ごっこ。
男子:ネイサン・チェンが全米2位以内・世界選手権代表、イスラエルがユーロ3枠に
女子:世界選手権でロシアのメダルなし、新規の3A成功者なし、全日本で三原舞依がジュニア最上位
ペア:ヴォロトラがシーズンのうち2敗以上する、マルホタがユーロで銅メダル
アイスダンス:イリジガがロシアの1番手になる(ついにノーミスのFDを滑る)
全体:アメリカが世界選手権でメダル3つ、日本が2つ、ロシアが2つ
希望ではなくて現実的な予想をしてみた。希望は2つだけ。日本男子3枠!ロシアダンス3枠!

北関東や宮城で水害に遭われた方にお見舞い申し上げます。ブログのアホな文章をリフレッシュに使ってください。
Comment:2
2012
10.20

スケートアメリカ 1日目 ペアSP

んんんんんんんんんwwwwwww
パーティーの始まりだぜえええええええええええ

ペアSP
1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)65.78
2 Qing PANG / Jian TONG(中国)61.96
3 Caydee DENNEY / John COUGHLIN(アメリカ)60.75
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)55.76 PB
5 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR(アメリカ)55.67
6 Danielle MONTALBANO / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)40.66
7 Gretchen DONLAN / Andrew SPEROFF(アメリカ)40.54 PB

ンスペ
ISUの大会初参加の全米4位のペアです。この曲がラ・カリファだということを初めて知りました。「ジョニーのやつ」っていう認識だったので。思いっきりの良い滑りだったんですけど、ステップで女性が転倒したりと、良い出来ではありませんでした。良い物は持っているので、ぜひぜひがんばっていただきたい。

モンクラ
キャシーの恋人の組。GPS初出場です。禁止曲レクイエム・フォー・ドリームにおかしな効果音&ビートを加えています。チャイトのやること、わて分かりません。

キャステリ&シュナパー
身長差がかなりあるだけに、やっぱりスローは高いです。今シーズンこそクリーンなスロートリプルアクセルを見たいものです。高さと幅はいつも十分すぎるほどあるんですけど、どうしても軸がズコーーーって外れてしまうんですよね。何気にアメリカのペアでは彼らが一番長く組んでるんじゃないですかね?そのアドバンテージを生かして今シーズンは飛躍して欲しいです。

ヴァネッサ&シプレ
マスターズで覚醒したペア。今までよりも遥かにスピードに乗っていて、エレメンツに安定感が出てきました。特にリフト良かったと思います。男性の動きが安定して移動距離も出たので迫力があります。でもマンボとサフリデュオっていう組み合わせは違うと思いますよ!

デニコフ
妹もこんな感じの衣装でしたよね。元々はプログラムがアランフェスでは無かったんですけども、まあ賞味どっちでも良いです。とってもアメリカでアメリカなド真ん中のプログラム。型紙が古臭い感じはしましたけど、デニーのビジューの使い方はやっぱり素敵。デニーがふっくらしたのか、コフリンが少し痩せたのか。

パントン
怪我でボロボロのトン兄が3Tで転倒、スローはフリーレッグをかすってしまいました。トン兄は滑り自体勢いが無くて不安定でした。よくこの状態で出てきたなあという感じです。トン兄に背中と首と膝を献上したいレベル。滑り込めばたぶん素敵になると思います。本来はもっと滑らかな滑りができるペアですから。衣装素敵でした。これで8点台というのは出すぎかと。7点台真ん中ぐらいかと思っていました。

ヴォロトラ
これ前も見たはずなのにゴッドファーザーって気がつきませんでした。アレンジがジャズでした。ツイストはいつもと比べるとやや高さが無くランディングが微妙、ソロジャンプは珍しくオーバーターンでした。それでも今回出たペアの中では圧倒的な滑り。モロゾフせっかくワールドの時痩せてたのに、冬に向かってまた大きくなって。トランコフは朝からパチ屋に並んでいそうな雰囲気。

デススパイラルノーカンの組いませんでした。ホッとしました。それだけでもうこのプロトコルちゃんは成仏できるでしょう。
ケンプキングが直前に怪我で出られなくなりました。せっかく2戦もらえたのに。スケカナが来週に控えているというのに・・・・・。やっぱり8組エントリーはあきませんよね。必ず欠場は出るんですから、10組エントリーで8組、9組ぐらい見越さないと。アメリカのペアと、カナダとイタリアとかロシアとか、ヨーロッパの組とか埋めていったらあと12くらい簡単に埋まりますがな。

タニス・ベルビンさん(振付師)は今回インタビュアーとしても活躍。パントンへのインタの英語すごく聞きやすかった。
Comment:0
back-to-top