FC2ブログ
2016
09.21

小ネタ×12 「なるほど、だからか」など

秋も変わらず小ネタ。

*フィリップ・ハリスさん、めちゃすごい
http://artistika-2.instantmagazine.com/artistika-magazine/no-2/#!/philip-harris-interview
フィリップ・ハリスさん(26)が3Aを習得したのは2013年だそうです。つまり22歳か23歳ということになります。引退をしてもおかしくない年齢で習得なんですごすぎません?ハリスさんがスケートを始めた年齢が11歳とというかなり遅めな年齢なので、体への負担がゆっくりなのかもしれません。ハリスさんより6~7歳若いスケーターが同じ時期にスケートを始めているんですよね。ちなみにベテランに代表されるメンショフさんは6歳という普通の年齢で始め、33歳で引退・・・・・・ダメだこの人は参考にならない。プルシェンコは4歳でスケートを始め、33歳で現役・・・・・・この人もダメだ、ブレる。

ハリスさんすごいよーいぇーい!

*あたしバレてる?

Think the neighbours will notice? 🕵🏻😬 #LittleFreeLibrary #TessaAndScott #InStock

Tessa Virtueさん(@tessavirtue17)が投稿した写真 -

ご近所さんの設置しているLittle Free Library(無料の本貸し出しポスト)に自伝を発見したテッサ・ヴァーチュさん。近所の人にバレている疑惑。

*やめてへんでー!

最近「ミーシャ、スケート止めたの?」と聞かれることが多いらしいです。振付もやっているだけで、練習もやってるでー!とのこと。ミーシャ・ジーさんは現役スケーターです。

*偉大な夜

偉大な夜

Grigory Smirnovさん(@grigorysmi)が投稿した写真 -

このサングラス、わけの分からん雑誌モデルとかがよくやってるやつですね!さすがおしゃれピープル。

*アルドリッジ&ブラックマーが解散
http://www.ice-dance.com/site/aldridge-blackmer-announce-end-of-partnership/
アレクサンドラ・アルドリッジ&マシュー・ブラックマーが解散を発表しました。アルドリッジは現役を続行し、ブラックマーは引退します。ブラックマーがペアからの転向ということもあり、滑りは荒削りな面がありました。しかしながら昨シーズンのFDのタンゴで匂わせる色香はダンスカップルのそれで、陽気なイメージのあったブラックマーの新たな一面を垣間見ることができました。本当に努力を重ねたのだなと。アルドリッジは長身なので、パートナーを見つけることは難しいかもしれませんが、いい巡り会わせがあるといいです。

*オリンピック公式がヤバい

img_facility_G_m.jpg

ISUチャンピオンシップスのアナウンスメントが出たので読み進めていたら、四大陸の会場は新しく建設されるオリンピックの会場だということを知り、オリンピック公式ページに飛びました。そして出てきたのがこの画像。えええ・・・・・オリンピック関連で政治的主張するの止めてえ・・・・・。第一そこにあるのウルルンドですやん。

*レアな2ショット

#chillin with this guy on our new floating home away from home! #cruisin #cheezing

Andrei Rogozineさん(@andreirogozine)が投稿した写真 -

クルーズ船のアイスショーで活躍するブランドン・クワドルッツ・ムロズさんとアンドレイ・イーグル・トリプルアクセル・ロゴジンさん。これ乗りたーい。

*ユーリ・ラリオノフが結婚

ユーリ・ラリオノフさんが結婚いたしました。奥さんの名前はイリーナさん。トランコフ、ソロビエフ、メンショフ、リャザノワからはお祝いのコメントが書き込まれていました。ラリオノフさんはコーチになっちゃうの?結婚して落ち着いちゃうの?

ロシアのペア男子現役中に結婚しがち(トランコフ、ロゴノフ、スミルノフ、デプタト)。

*ターニャ・コルベが結婚

ターニャ・コルベさんが結婚。お相手のアレックスさんは何をしている方かは知りませんが、かっこいい人です。2人の間にはすでに子供がいて、出産から約1年後の結婚となりました。結婚式にはもちろんステファノ・カルーゾも出席しました。

*なるほど、だからか

今シーズンは休養を発表していたタチアナ・ヴォロソジャル&マキシム・トランコフ。理由は妊娠でした。なるほど、そりゃ休みますよ。体を大事にして、元気な赤ちゃん産んでください。トランコフさんみたいな男の子が産まれそう。

*クラウドファンディング
https://www.sponsorise.me/fr/projet-mae-berenice-meite?utm_source=fb&utm_medium=online&utm_campaign=po_share
マエ・ベレニス・メイテがクラウドファンディングで支援を募っております。お礼もあるので、興味のある方はぜひ。ミハル・ブレジナ、アンドリュー・トルガシェフ、ハビエル・ラヤなど把握しきれないほど多くのスケーターが支援を必要としています。「ああ、これはマイナーなアマチュアスポーツなんだな」と思わされる瞬間です。

*悩みがない
http://www.jsports.co.jp/press/article/N2016091411431106.html
JスポのKENJIの部屋に出演した島田高志郎さん。最近の悩みを問われたときに「ないです」と答える。悩みがない?悩みのない中3?中3って生きることに悩んで斜に構えて、暗黒期に突入しませんか?いいなーーー悩みがなくて。


Comment:0
2016
09.12

タチアナ・ヴォロソジャル&マキシム・トランコフ シーズン全欠

http://rsport.ru/figure_skating/20160911/1074761308.html

タチアナ・ヴォロソジャルマキシム・トランコフは2016-2017シーズンの試合を全て欠場するそうです。すでにグランプリシリーズのスキップを発表していますが、オリンピックプレシーズンの欠場を選ぶとは予想外でした。理由は語られていませんが、後ほど本人たちから発表されるようです。現在トランコフさんはジュニアペアのお手伝いをしているそうです。トランコフさんのお手伝いというと振付を思い出しますが、振付は・・・・・はい。技術の指導をたくさんしてください。

これで埋まっていた枠が1つ空きました。ロシアペアは層が厚いのにも関わらず、特別扱いの枠が多すぎて、あまりナショナルをやる意味がありませんでした。4番手以降のペアにはモチベーションになると思います。2人はオリンピックシーズンに再び競技の世界に戻ってくるのでしょうか。
Comment:4
2016
06.04

小ネタ×8 「こんにちは~」など

夏だよ。小ネタだよ。

*スペイン人初らしい

彼氏とのラブラブ写真をアップし、さりげなくもなくアツアツにカミングアウトしたハビエル・ラヤさん。どうやらスペイン人のオリンピアンとしては初めてのカミングアウトらしいです。ヨーロッパはカミングアウト多いけど、スペインはカトリックだからなのかな。

*ゆっくりスタート
http://rsport.ru/figure_skating/20160528/926819434.html
タチアナ・ヴォロソジャル&マキシム・トランコフは、来シーズンのグランプリシリーズをスキップしてロシア選手権から出場予定だそうです。今シーズン復帰はできたものの、歯切れが悪かったのでゆっくり調整するのもいいかもしれません。ペアはトップ勢がなかなか揃わないなあ。

*テッサのアキュラ

モントリオールへの引越し作業をするテッサ。テッサの車はアキュラらしい。アキュラはホンダの海外向けブランドらしく、どおりで知らない。

これはトヨタ。

*あやうく見逃すところ

THE ICEに出演するジェイソン・ブラウンさん。日本語でのメッセージをツイートしています。上達したせいで、日本人のツイートと思って見逃すところでした。

*こんにちは~

1ヶ月も前の映像なんですけど、あまりにもおもしろすぎて。ファンタジー・オン・アイスに出演するので、ファンに対してメッセージを送ったのですが、「こんにちは」の発音が日本人っぽすぎてリピートしまくりました。前掛けつけて、ビールの配達してきそうな挨拶。空き瓶を回収して「またお願いしまーす」と笑顔で帰っていく。

*ハンヤンとジジュンがアメリカへ
http://sports.sina.com.cn/others/winter/2016-05-25/doc-ifxsktkp9363751.shtml
ハン・ヤンジジュン・リーは、アメリカでミンジュー・リーさんに指導を受けるとのことです。ジジュンは2年ぶりに指導を受けることになります。そして2人のコーチにはチン・パンもつくとのことです。垢抜けない表現面を開花させてもらいたいです。

*M
https://www.instagram.com/sergeyvoronov/
バカンスをしているセルゲイ・ヴォロノフさん。おけけが正統派のMになっています。承認制アカウントなので、フォローしてご覧ください。ギリシャの太陽に照らされますます弱っていくM。いつも一緒にいたかった隣で笑ってたかったですね。

*支持者はいるらしい
http://www.francsjeux.com/2016/06/01/les-athletes-soutiennent-mon-projet/27109
もうすぐ始まるISU総会とISU会長選。フランス氷上競技連盟会長であらせられますディディエ・ゲヤゲ氏には、40人ものオリンピック・世界チャンピオンの支持者がいるらしいです。選挙の前にその名前を発表するそうです。誰だ誰だ。


Comment:2
2016
04.27

ベストコスチューム

続いてベストコスチューム。

10位 ペニー・クームス&ニコラス・バックランド SD 「こうもり」

超ミニのスカートが多いクームスさんではかなり珍しいチョイス。チューリップから生まれたようにかわいい衣装。きっと親指姫なんですね。隣の燕尾の人は王子様ですね。

9位 アレクサ・シメカ&クリス・クニエリム LP 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

エリザベス女王と、エリザベスの思いを寄せるワイルドな探険家の衣装です。映画の中の衣装をモチーフにしています。邦衛さんの衣装はもっとトーンが暗い方がよりリアルなんですけど、氷の上だということを考えると、これぐらいの明るさの方がいいのかも。あまり暗くしすぎると、縫い込んだ飾りも見えにくいでしょうし。

8位 ロリーヌ・ルカヴァリエ SP 「I Know You」

ファンタジーの世界の、得体の知れない植物を具現化したような衣装。編んだショートカットと、短いスカートでスッキリとしています。いい女感出てます。

7位 ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ SP 「I Put a Spell on You」

ヴァネッサの背中パッカーン、胸元バーーーン、際どいサイドスケスケーというヴァネッサにしか着られない衣装。いやらしく見えすぎず、スポーツとしてのラインは守っています。同じスタイルの白人選手がこれを着ても、こうはならないでしょう。黒い肌で黒いタイトなパンツ、黒スケ。まとまりがあるから、制服のように受け取れる。でもおしゃれ。

6位 鎌田英嗣 LP 「ドンファン」

ゴージャス過ぎて遠目からは何がほどこされているのか分からない衣装。鎌田にはこれからもおしゃれ番長として盛り上げて欲しいです。SPの衣装も好きでした。

5位 エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ SD 「仮面舞踏会、ロミオとジュリエット」

初代紫、3代目青がありますが、僕は2代目白が1番お気に入りです。なぜなら、このプログラムは男に遊ばれていた女が、最後には男を手玉に取るようになるというストーリーがあるからです。だからこそ、白がいいんです。FDと同じく、風を受けてパタパタとはためくように作られているスカートも素晴らしい。今シーズンはスカート女神の座をカッペちゃんから奪いにかかったんですね。

4位 タチアナ・ヴォロソジャル&マキシム・トランコフ SP 「Nagada Sang Dhol」

ヴォロトラの衣装というか、モナリザの衣装。鮮やかな緑に花!花!花!はいきれい。これは花嫁と花婿だろうって?いや、きっとトランコフさんはホテルの従業員でしょう。おもしろい髪型でも就職できるホテルの従業員。

3位 イワン・リギーニ SP 「You Raise Me Up」

なぜか僕のツボに入ったリギーニさんの衣装。屏風の一部分のような模様がきれい。僕的には、超おしゃれなこいのぼりの真鯉なんですけどね。高い真鯉はキンキラしているじゃないですか。

2位 山本草太 LP 「ピアノ協奏曲」

袖キラキラキラー首周りキラキラキラーとにかくキラキラキラー。隅っこまでキラキラキラー背中もキラキラキラー。単色ではなくて、一見関係ない赤やオレンジや青を入れることによって、キラキラ度を増幅させているんですね。いい衣装。

1位 カロリーナ・コストナー EX 「アルビノーニのアダージョ」

動いている姿が美しすぎる衣装です。足を引っこ抜いた後のストッキングのようなものがたくさん引っ付いていて、それがピヨンピヨンといろいろな方向にはためくのが美しいです。胸元こういう風にすれば、おかしくならないのかというお手本のような衣装です。胸元の処理に苦慮している女子は真似して欲しいです。

ゴージャスでカラフルな衣装が好きなので、そういう衣装は必然的に上にきます。刺繍も好きなんですけど、今シーズンはそんなに目立たなかったです。グラデ衣装もビビッとくるものはなかったです。代わりに花を使っているスケーターがたくさん上にきました。キラキラピカピカを見ると元気をもらえます。
Comment:4
2016
04.02

世界選手権 3日目 ペアSP

おまっとさんでした。4種目全部始まりました。

ペアSP
1 Q Wenjing SUI / Cong HAN(中国)80.85 PB
2 Q Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)78.18 PB
3 Q Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)77.13
4 Q Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)74.22
5 Q Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)73.98
6 Q Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)72.00
7 Q Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)71.37 PB
8 Q Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)68.17 PB
9 Q Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)66.69 PB
10 Q Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)66.06 PB
11 Q Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)65.32
12 Q Cheng PENG / Hao ZHANG(中国)60.01
13 Q Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)59.76
14 Q Tarah KAYNE / Daniel O SHEA(アメリカ)59.27
15 Q Xuehan WANG / Lei WANG(中国)57.32
16 Q Lola ESBRAT / Andrei NOVOSELOV(フランス)52.78 PB
17 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)51.65 PB
18 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER(スイス)49.32 PB
19 Adel TANKOVA / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)46.81 PB
20 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)45.56
21 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)45.31
22 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU AUDET(日本)38.50

ワンワン
ツイストを投げ上げる方向が、明後日ではなく5時間後ぐらいでした。キャッチには問題ありませんし、マイナスもつきませんが、プラスは多くはなさそうです。3Tで女性が転倒して、スローループで堪えました。ステップは振付がとてもいいです。さすがディーバ。ロマンティックプロを振付させて右に出るものはいない。

1doggie.jpg

イリモー
イリが3Sを降りました!!!完璧ではないにせよ、降りるのが大切。残りのエレメンツはすべてプラスです。しかも+2がほとんどという感じ。クリーンなスローに、ぶつかりそうに近いステップ。クリムキンイーグルからのデススパイラルは大歓声。シーズン1の演技でした。

マルホタ
スピードビュンビュン出してーーー3S。ツイストは抱えてしまいました。ホタレックは苦手なんだろーなと。前のSPは、変な曲でしたけど、ペアとしてのコンビネーションを見せるにはよかったです。今のプログラムは合っているけど、昨シーズンのマラゲーニャと同じで、個々の能力の高さで押し切る形。上位ペアとは、難易度として大きな差があります。マルケイの衣装は、血が滲んでいるイメージかなー。

モーマリ
モー子さん27歳ぐらいだと思ってたけど、実はまだぴちぴちの23歳。体を絞ったのか、いつもよりかなーーーーーーーーーーーり動きが軽くて、演技にそれが出まくっていました。まあ滑ること。まあいつもより滑ること。ツイストはいつもの質ですが、コケなければいいのです。フィルスの分もがんばっているだろうモー子さん。

タンクラ
後ろにアイプッタ&アイプッタが控える中で、アイプッタからプログラムを変えました。No more アイプッタ。ロマンティックな音楽に、あまり振付が合っていませんが、ミスが少なくてよかったです。ユーロより上向きでした。

ブトエル
3Sが両足になりましたが、ペア技は上手なので点数は出ます。ユーロよりよくなっていました。でも演技よりキスクラのスミルノフの髪型と青いスーツが衝撃的で。キャバレーの司会者?コメディアン?銀シャリかな?

2smirnof.jpg

ダニカミ
3Sで男性がお手つき。今日は男性の挙動が不審というか、緊張でガチガチなのか体が動いていなくわ、すべてがワチャワチャしていました。普通に上手なペアなので、これからが楽しみです。

すみオデ
3Sで転倒、デススパイラルが崩壊しました。ノーミスでギリギリSP通過できるかという試合なので、緊張もあったのでしょうね。動揺からなのか、ステップがバラバラでした。ミスしても最後まで揃えられるようになって欲しいです。

チェチェチニナ&シェラー
ツイストは抱えましたがトリプルでした。3Tも降りて、これはいい感じなのかな?と思ったら、スローが両足。デススパイラルは早めに切り上げまして、男性が何度もバランスを崩すステップへ。男性の技術力が足りないようです。クラスノポルスキーさんと髪型、色、衣装までかぶっている。

サフマソ
ツイストのあまりの高さに観客も「うは~」と唸っておりました。スローは両足、ソロジャンプではマッソーがよろけましたが、それでも完成度は高かったです。デススパイラルはバックアウトなのに、女性のポジションも男性のポジションもスピードもすごかった。素晴らしい。ノーミスなら77あたりまで出ていたでしょう。

3sahuko.jpg

4sahumaso.jpg

エスノボ
オープン参加ナショナルを見たときは、もっと完成度が低くて、SP落ちは確定的かなと思っていたんですけど、ミスはあれど、ペアとしてのコンビネーションは上がってきているなと思いました。この曲クロポーの2010-2011シーズンのSD以来聞きました。

白鳥組
SPはシーズン中にグングン完成度を上げて、LPはシーズン序盤から素敵な雰囲気があって、今シーズンはSP通過して欲しい気持ちが強かったのにああ。3Sが抜けてしまいました。ああ。抜けなかったら・・・いや抜けなくても厳しいのか。

タラダニ
無理やりトリプルツイスト、無理やりサルコウ、無理やりスローフリップ(お手つき)と、アメリカ開催の盛り上がりでなんとかマイナスをもらわないようにごまかしを効かせられていたんですけども。ステップの転倒はダメですね。素敵なプログラムだし好きなんですけど、派手なムーブメントの割りに、複雑なトランジションはないですよねえ。これはメガネプロブレムですけど。

デラモデル
うおおおおおおおおおおおお!!!3Sもスローループもステップアウトにならない!!!リアルガチに上達している。素晴らしい出来でした。この悲鳴のような歌以外は素晴らしかった。ペアスピンはスピードないけど、最後まで丁寧に表現していてよかった。もっと点数出てもいいような気がしますが、ワールドですしね。ユーロならパーソナルベストが出ていたはず。

タラモロ
得意のエレメンツはしっかりと。よく滑っていて調子はよさそうでした。ステップで1箇所モロゾフがつんのめってしまいましたが、ミスはそこだけでした。でもなんだろう、この煮え切らない感じ。手旗信号っぽいのかなー。あとポージングが戦隊ヒーローっぽいかもしれない。決めすぎて流れが足りない感じがしてしまう。

ヴァネシプ
3Tは少しタイミングがズレましたが、着氷後までかっこよくキメました。スローを堪えて、ユーロでズコーだったデススパイラルもクリアしました。シュデクがコーチに入ったので、その力も大きいのでしょうか。いやーヴァネッサ上手い。カナダ2組よりPCS出たのは強みになりますね。

ペンジャン
スロージャンプの転倒でフェンスに激突。ソロジャンプの配置がスローの成功ありきなので、男性が1人でソロジャンプを跳び、女性が遅れて2Tというとんでもない事故になりました。PCSでもガッツリ引かれるでしょう。ツイストがいつもより低く、ステップもこなせていませんでした。とても悪い出来です。スローが上手くいかないというのは、やっぱり男性の怪我の影響でしょうね。あとちうごくペアにはリンクが狭すぎる。さらに、直前のテストスケート。トリプルパンチ。それでも第2グループに入る点数でした。すごすぎ。

ヴォロトラ
スロージャンプの軸がいつもにも増しておかしかったです。あれは一体なんだろう。ゾルコビーに投げ方教えてもらいましょう。ペアスピンは得意ではないんですけど、今日はトラベリングがひどかったです。これでマイナスつかなかったら怒るでよ。滑りは圧倒的です。頭1つ抜けています。

5volotra.jpg

ストクリ
怪我の影響か、ツイストが上手くキャッチできていませんでした。スロージャンプと3Tは素晴らしかったです。特に3Tは+3がついてもおかしくないような完璧なシンクロでした。高さも十分です。このプログラム好きなので、万全な状態で見たかったです。サフマソよりは上のPCSでした。

6stolbova.jpg

スイハン
ぷわあああああああああああああああああああああ!!!他の優勝候補が軒並みそれぞれの苦手エレメンツでミスっていく中で、すべてをクリーンに成功させました。スローは一時期の幅はなくなったにせよ、それでも素晴らしい。そしてこの表現。2人がこんな風になるなんて。大人になって。貫禄がついちゃって。

7hankun.jpg

シメクニ
3S・・・やっぱり転倒。シメカさんがクリーンに降りたので、これは腹パンですね。でもでもでもでも?TES高い&初の70点超えじゃないですか。ということはコケてなかったらストクリの上じゃないですか。地元とはいえ、ロシア3番手より上のPCS取れるのはすごい。

デュハラド
3Lzを降りまして、スロールッツはフリーレッグが少しかすりました。スロールッツはあれだけ失敗が少なかったのに、ここのところほとんど失敗しています。クワドのせいでトリプルの回り方忘れちゃったのかな。すごく妥当なところに落ち着いたPCS。

8eric.jpg

スイハンは+2と3しかありません。パフォーマンスで10.00をつけたジャッジもいました。1項目とはいえ、ヴォロトラより高いPCSが出たのはLPを滑るのにプラスになります。デュハラドはスロールッツではなくフリップ扱いです。マイナスは1人のジャッジだけでした。ヴォロトラのペアスピンは+2がたくさんでした。理解できない。シメクニはオールレベル4が強かった。ペンジャンはソロジャンプに数秒のズレがあっても、2Tとして認定されていました。そういうものなのか。60点を出せたのはオールレベル4にできたからですね。大事だなーレベル。タラダニステップでコケたのにレベル4でした。コケたのにレベル4なんて見たことないかも。

優勝争いは上位3組でしょう。サフマソはPCSでまだ及ばないです。ストクリはツイストがきれいにキャッチできないですしね。3枠圏内がカナダ、ロシア。2枠圏内が中国、ドイツ、アメリカ、フランス、イタリアです。フランスはエスノボの順位を上げるのは、この面子を見ると無理なので、ヴァネシプが12位以内をキープするしかありません。中国はスイハンが順位を落とすことを考えると、8位以内には杯っておきたいところ。ペンジャンは寵愛と温情で選ばれたので、絶対に順位を上げることが求められます。もし、ドイツまで2枠に増えると、7カ国で17枠を占めてしまいます。すごいですね。他の国が入る隙ありません。サミット参加国-日本みたいな。
Comment:0
back-to-top