FC2ブログ
2015
12.25

ロシア選手権 1日目 ペアSP

ストクリはクリモフの怪我で欠場になりました。3組での頂上決戦見たかったのに。

ペアSP
1 タチアナ・ヴォロソジャル&マキシム・トランコフ М/С 83.65
2 川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ С/Т 77.26
3 エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ МОС 77.21
4 クリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ МОС 71.89
5 ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト СОЧ 70.60
6 ベラ・バザロワ&アンドレイ・デプタト С/М 67.30
7 ソフィア・ビリュコワ&アンドレイ・フィロノフ СОЧ 62.60
8 アナスタシア・グバノワ&アレクセイ・シンツォフ ПРМ 56.55
9 アレクサンドラ・シェフチェンコ&イワン・ビッチ МОС 55.36
10 アナスタシア・ポルヤノワ&ステパン・コロトコフ ПРМ 54.45
11 アリサ・エフィモワ&アレクサンドル・コロヴィン МОС 54.34
12 タチアナ・クズネツォワ&セメン・ステパノフ ПРМ 50.40

ベラ・バザロワ&アンドレイ・デプタト
ソロジャンプはいつものだけど、回転不足転倒じゃないからこれでいいのです。スロージャンプの着氷でウィーーーーーーンて流れるところですさまじいドヤ顔をするバザロワさん。こんなドヤ顔ができるようになったんですね。

あたしやったわ

ソフィア・ビリュコワ&アンドレイ・フィロノフ
ストクリの代打出場。ちょっと見ない間に丸くなったビリュコワ。丸くても動けている。男そんなに大きくないのに、ツイストトリプル回して、スロー投げて、リフト上げられるなんてやるな。リフトはフリーレッグがだらんと落ちないように、気張ってていいよー。ステップのホールドはとても無理があったからがんばってー。

アナスタシア・ポルヤノワ&ステパン・コロトコフ
JGPFに出場した2人が今回も出てきました。紫モップスカートが宙を舞う。コロトコフがステップでスタンブルしました。スタミナ問題ありのお方だからなあ。振付がおもしろいから、リンクサイドの子供たちにマネされまくる。ポルヤノワさんはシャーリー・マクレーンっぽいかも。

アレクサンドラ・シェフチェンコ&イワン・ビッチ
ツイストはお抱え。スローは両足でした。ペアスピンで男性が女性の腰を掴んで、バックアウトで入っているのかな?ビッチさんは3Loソロジャンプで入れてたぐらいだから、3Tぐらいだと高さもあって楽勝。部屋着ピンクパンサーでした。スキャットが耳にくる。小っちゃいペアかわいい。

小顔ペア

アナスタシア・グバノワ&アレクセイ・シンツォフ
まだ若いのにこんなに険悪なペアがいただろうかという。ソロジャンプが跳べないだけで失敗しているわけではないのに、漂う空気が怖すぎる。

クリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ
本当に素晴らしい演技を見せてくれました。ロゴノフの今までの演技の中で1番よかったと言っていいと思います。エレメンツがきれいに入ったのはもちろんよかったですけど、全てがきれいに流れていきました。リフトで少しスピードが落ちたけれど、ロゴノフが着氷後の振付をきれいに入れたから気にならなかったです。これまでステップは踊りすぎでどうなんだろう?とも思っていましたけど、今日はよかった。全部よかった。ハイスコアにも納得です。パンツの側面がフィルムになっているの今日初めて気がついた。

アスロゴ

ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト
エンベルトが髪短くして菅直人っぽくなくなりました。エレメンツはノーミスでした。ステップは2人とも丁寧に滑っていて、シェイキーさのかけらもなかったです。ザビアコの腕きれい。顔はもっときれい。スケーティングスキルとトランジションはアスロゴより上でした。ザビエンは国内ジャッジに好かれているみたい。

ザビエン

アリサ・エフィモワ&アレクサンドル・コロヴィン
初見のペアでした。知っている情報は男がアナスタシア・マルちゃんとトライアウトした男ってことだけです。デススパイラルきれーい、ツイストたかーい、リフトのポジションきれい&出がスムースという、ペアとしてなかなかの完成度でした。ペアスピンがグデグデになったところ意外はとてもよかった。これからが楽しみ。解散すんなよ!これぐらいのミスで世界が終わったような顔すんな!

タチアナ・ヴォロソジャル&マキシム・トランコフ
こんなやつらに勝てるかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい。強すぎるわーーーーーーーーーーーーーーい。怪我どこ行ったんじゃーーーーーーーーい。舌禍おじさんすごいわ。LPは10点出そうで。

こんなやつに勝てるわけない

エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ
3Tこらえて、スローループでこらえて。大きな過失に繋がらないようにこらえた演技でした。リバーダンスなのにずっと下を向いて、険しい表情で滑るから、なんか・・・なんか・・・なんか・・・って感じ。アイルランドとイギリスの戦争を描いたプログラムです!なら納得できるかも。

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ
ジャンプ系統はこらえました。大会を経るごとに動きが大きくなって見栄えがしてきます。結局このプログラムってのは最初、ボーカル様に完膚なきまでに叩きのめされていたから悪いプログラムに見えていたんですよね。んでボーカルに勝つようになったから、まとまりがでてきたと。悠子ちゃんが足を思いっきり上げる振付がとってもいいです。僅差で2位に入りました。

MVPはアスロゴでした。個人的には3位でもいいぐらい好きでした。ストクリが欠場でも事実上のユーロ内定、ヴォロトラもどう転ぼうと内定は出るでしょうから、熾烈なヴォロトラを除いた1番の座争い。こんなハイスコアでもユーロに出られないなんてねえ・・・世界にはすごいところがあるのですね。
2014
06.09

ソフィア・ビリュコワ ペア転向

http://rsport.ru/figure_skating/20140606/750572760.html

ソフィア・ビリュコワのペア転向がニーナ・モーザー先生の口から発表となりました。気になるパートナーはアレクサンドル・ステパノフだそうで、彼もシングルからの転向組みたいです。ステパノフは23歳、ビリュコワは意外なことに19歳とまだまだ若いです。ビリュコワが160cmでかなり身長があるので、どうなるか気がかりではあります。ニーナ先生は6年前に彼女を見た時に「ペアに合うわー」と思っていたらしいです。そんなビリュコワ、これからどんな姿を見せてくれるのか楽しみにしています。

ニーナ・モーザーチームは現在
タチアナ・ヴォロソジャル&マキシム・トランコフ
クセニア・ストルボワ&フェドール・クリモフ
ワシリーサ・ダワンコワ&アレクサンドル・エンベルト
ナタリア・ザビアコ&ユーリ・ラリオノフ

同じチーム
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(コーチはスタニスラフ・モロゾフ)
リーナ・フェードロワ&マキシム・ミロシキン(コーチはウラジスラフ・ゾフニルスキー)
というペアまみれの状態であります。新ペアもいるのであちらは経験者ですが、切磋琢磨しながら、いいお手本のオリンピックメダリストたちを見ながら成長していって欲しいです。それにしても集まり過ぎじゃねえかな。

アレクサンドル・ステパノフ。アレクサンドラ・ステパノワって打ってしまいそうです。
Comment:2
2013
12.16

ユニバーシアード 女子リザルト

レイシストがレイシズムを批判など寡廉鮮恥甚だしいわ。

女子リザルト
1 BIRYUKOVA Sofia(ロシア)161.91
2 MARCHEI Valentina(イタリア)160.18
3 MISHINA Sofia(ロシア)154.89
4 GLEBOVA Elena(エストニア)152.92
5 UENO Saya(日本)146.21
6 SUZUKI Mari(日本)136.47
7 ARTEMIEVA Maria(ロシア)133.08
8 RODEGHIERO Roberta(イタリア)132.68
9 KHNYCHENKOVA Anna(ウクライナ)128.72
10 RIO Francesca(イタリア)128.32
11 GRM Dasa(スロベニア)124.21
12 DIDIER Candice(フランス)120.84
13 GRAF Nicole(スイス)116.91
14 KUNOVA Alexandra(スロバキア)108.63
15 LAFUENTE Sonia(スペイン)104.30
16 JIAO Yunya(中国)102.24
17 KIANG Crystal(中華民国)99.07
18 CERIC Nika(スロベニア)98.15
19 YALOVAIA Anastasia(ウクライナ)96.62
20 ATABEY Birce(トルコ)92.24
21 UMEK Pina(スロベニア)91.38
22 REYES Mary Ro(メキシコ)86.23
23 LIBRIC Mirna(クロアチア)81.49
24 ALAVEZ Priscila(メキシコ)71.87
25 FALCONER Kim(南アフリカ)
26 GRILL Christina(オーストリア)

男子より女子の方が出場者が少ないという珍しい大会。

優勝はビリュコワでした。ものすごーーーーーーーい久しぶりに見た感がありますが、去年のナショナルに出ているので1年ぶりというところです。久しぶりでも無い。美味しいスムージーを作ってくれそうな顔してる。今まで幾度と無く彼女の演技を見てきましたが、昨日からの真面目モードを引きずっているので、かつてないほどきちんと見ました。すると今更、ジャンプで腕をぶんと振って前傾気味になっていると判明しました。SPはステップ良かったですけど、LPのステップは転倒がありました。-1を付けたジャッジがいますが、他の要素で-3から+2分帳消しになる質とは思えませんでした。ステップの後半の方は音楽から遅れてもいましたし。圧倒的にSPの方が滑りが良かったので、LPでPCS0.35~0.40も一気に上がったのはどうなんだろう。本人は満足そうなので良かったです。SPの衣装はマカロワのフラメンコの色違いみたい。

マルケイはSPでジャンプを2つ失敗。3Sの方はアンダーローテーションとオーバーターンとの複合エラーで-2は全員がつけてもおかしくはないかと。NHK杯のSPが本当に素晴らしい改心の出来だったので、それと比べると今回の出来は随分落ちてしまいます。キレが無くて、ダララララーンと流れていくような雰囲気。それでも6点台は出る演技でしょうに。J3が3点台と4点台、J4が5点台しかつけていません。J3は演技中死んでたのかな?LPはジャンプが2つ入らなかったものの、そこそこまとめました。こちらもやはり調子万全というわけではなかったです。跳んで濃いで跳んでという印象でした。それでもこれだけできるのでナショナルにも期待しましょう。カロリーナが出ないので、ぜひその分マルケイさんに点数出していただいて。8.00ぐらいね。

ミーシナはほぼノーミスの演技で3位に入りました。名前は知っているけれど、演技を見るのは恐らく初めてだと思います。彼女、トゥループを跳ぶ前にかかとが氷にひっかかるような動きが見えました。1本目は失敗しかけたのを綺麗に処理しただけだと思いましたが、2本目もそうなのでこういう仕様なんでしょう。ジャンプを前半に5つ集めています。ジャンプ3つ、スピン、ジャンプ2つなのにです。なかなか詰め込んでますねえ。上位2名に比べる一蹴りが随分小さくて、死の舞踏の躍動感のある音楽には合っていませんでした。何の項目なら高いんだろうって考えた時、パフォーマンスと言ったらそうではあるんですが、それでもそんなに付かないかな?と思いました。

グレボワさんの逆回転2A詐欺3Loは今回も決まらず。昨シーズンは1本しか降りられていなくて、今シーズンは成功が無くなりました。グレボワもキャリアが長くなりましたけど、第1次PCSインフレのバンクーバーの時も、第2次PCSインフレの昨シーズンのワールドの時もブレることなく、PCSは低いままだというのがすごいなーって思います。地元のユーロでもそれほど出してもらえず、年々上手くなっていた時もやっぱりそんなに出してもらえず。そういえば2010-2011シーズンから僕毎年彼女に対して「今年は彼女上手くなった、スケーティングが滑らかになった」って言ってましたね。今年はそれを感じないです。もう3戦&アメリカのローカル大会も見て、それでも上達は感じとれませんでした。6年ぐらい前の浅いエッジで淡々と滑って、2A-3Tを降りまくっていた頃の印象だなあ。ステップでスタンブルがあったけれど、+2を出したジャッジは一体・・・。

今シーズンは残念ながら全日本出場が叶わなかった鈴木の演技もしかと見届けました。彼女は今年22歳なので4年生?今年で引退?もしそうだとしたら寂しくなりますね。SPレミゼえええええええええええええああああああああああああああああああああ今年11組目出現んんんんんんんんんんんんんんんんんん。SPのJ1日本だな。すごいスコア出してる。とってもステップが上手な選手なので、ジャンプは今トリプル2種類になっていますが、それでも魅せられます。すごくクリアですよね。特にLPのアダージェットのステップはすごかった。静かでリズムが取りにくい曲なのに。スパイラルもディープエッジで滑る選手ですけど、僕はファンスパイラルが見たかったのやで。ファンスパイラルくれくれ。ななみん先生、兵頭ゆきみたいやで。

枠取り確実と思われ、悪夢のネーベルホルンから今シーズン2戦目。トロントへ移籍してスペインチームがカナダに勢揃いし、安定を期待しましたが、SPLPを通じてジャンプが1つも成功しませんでした。5種トリプルにするという、アグレッシブさをここで出してきたのはなぜだ。ううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう。怪人の素顔に驚いてそのまま死んじゃいそうなクリスティーヌだ。

ついでに、今週末開催のウクライナオープンのエントリーが出ていたので。
Women
1. Armenia Anastasia Galustian
2. Taiwan Hsikh GiaGen
3. Ireland Peters Clara
4. Latvia Alina Fedorova
5. Luxemburg Maxwell Fler
6. Russia Svetlana Lebedeva
7. Russia Elizaveta Milovanova
8. Russia Sophia Mishina
9. South African Republic Kim Falconer
10. Ukraine Alina Beletskaya
11. Ukraine Maria Gavrilova
12. Ukraine Anastasia Kononenko
13. Ukraine Alina Milevskaya
14. Ukraine Natalia Popova
15. Ukraine Ana Khnytchenkova
16. UKraine Anastasia Yalovaya

Men
1. Netherlands Florian Gosteli
2. Russia Vladislav Smirnov
3. Ukraine Yakov Godorozha
4. Ukraine Dmitriy Ignatenko
5. Ukraine Oganes Mkrtchan
6. Ukraine Ivan Pavlov
7. Ukraine Yaroslav Paniot
8. Ukraine Igor Reznichenko

Pairs
1. Belarus Maria Palyakova / Nikita Bochkov
2. Russia Alexandra Minina / Semen Stepanov
3. Russia Arina Voevodina / Mikhail Akulov
4. Ukraine Yulia Lavrentyeva / Yuri Rudyk
5. Ukraine Elizaveta Usmantseva / Roman Talan

Ice-dancing
1. Azerbaijan Yulia Zlobina / Alexey Sytnikov
2. Azerbaijan Emanuela Porter / Bruce Porter
3. Estonia Irina Schtork / Rand Taavi
4. Georgia Angelina Telegina / Otar Djaparidze
5. Israel Reed Alison / Vasiliy Rogov
6. Korea Min Yura / Koleto Timati Williams
7. Ukraine Valeria Gaystruk / Alexey Oleynik
8. Ukraine Anastasia Galeta / Brown Avidan
9. Ukraine Lolita Ermak / Alexey Shumskiy
10. Ukraine Nadezhda Frolenkova / Vitaliy Nikiforov
11. Ukraine Shivon Hickin-Kennedy / Dmitriy Dun
12. Uzbekistan Elizaveta Tretyakova / Viktor Kovalenko

なんだかアルファベット表記が適当だけれど、ウクライナ語からアルファベットに直すとこうなのか。ウクライナ選手権も兼ねているので大半がウクライナ選手です。ロシア選手は国内選手権に出られない選手がここに出てくるんですね。もっと出せばいいのに。韓国の組は男の子がアメリカ人の組ですね、ついにデビューですか。ここはシュピル帝国の配下だった。シュピル帝国は世界中で試合だ。ガリエタ&シュムスキーの元パートナー対決にも注目。
Comment:2
2012
11.23

NHK杯 1日目 女子SP

冒頭ブチったらキレる所でした。

女子SP
1 Mao ASADA(日本)67.95
2 Mirai NAGASU(アメリカ)61.18
3 Zijun LI(中国)59.62 PB
4 Ksenia MAKAROVA(ロシア)58.93
5 Akiko SUZUKI(日本)58.60
6 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)57.50
7 Agnes ZAWADZKI(アメリカ)55.02
8 Sofia BIRYUKOVA(ロシア)49.31
9 Haruka IMAI(日本)48.10

ビリュコワ
3T so 3Lo ot-2T 2A
3Lz-3Tを入れてくる構成はやめました。でも回避して失敗というのは残念です。スピンは丁寧にこなしていました。チームボルチコワは滑りは綺麗なんですけど、ジャンプが決まればね・・・です。ボルチコワの魔女度が上がってきました。

ジジュン
3T-3T 3F 2A
ジャンプの間にきちんとトランジションが入っているので好印象なのですが、2つ入れたスパイラル、もう少しゆとりを持たせて綺麗に体を使ってくれるとメリハリが効いてポイントになるんですけどね。3Fの回転がギリギリなので、中国杯の時のように回転不足のまま転倒ということもありますから、注意して欲しいところです。

今井
2A fall 3T 3Lo-2T
スパイラルからの2A成功すれば綺麗だったんでしょうけどね。今回もコンビネーション予定のところで結局繋げられないという同じようなミスになりました。この音源、少し滑りにくそうなのと見ている方もあまりリズムを感じるところが無いので失敗があるとのっていけないです。アレンジを効かせた音源に変えた方が良いと思うのですが。もちろんエレキはダメですけど。

ザワツキー
3Lz 3T so 2A
コンビネーションは入りませんでしたが、動きは良かったです。レイバックスピンでのベーシックポジションは、いただけなかったです。もうちょっと品良く。安定のアメ女のレイバックからは離れてます。2Aランディング後からの流れ、そこから音楽の変化で一気に滑りの雰囲気が変わるのが素晴らしい。体の使い方が大きくてすごく良かったです。この演技ならインタープリテーション7.00が出てもいい!っていう演技。

マカロワ
3T-3T 3Lo 2A
マカロワさんはヴァイオリンなんや。もう、マカロワさん自体がヴァイオリンになってしもうたんやで!氷がマカロワさんという音楽を奏でていくんやで!それはそれは素敵だったんやで!3Loの回転不足は残念だったけど、まだ明日があるで!

ミライ
3T-3T ho 3Lo 2A
セカンドトリプルの着氷でグッとこらえました。19歳のアメリカ人に対して、大人っぽさっていう言葉は適さないです。大人です。コンビネーションスピンでスピードが落ちてしまったのですが、なんとか最後のポジションでは持ち直しました。手拍子が表拍の人と裏拍の人とで気持ち悪いことになっていました。やめようよ。

ゲデ子
3Lz df-2T 3S 2A
3-3は入りませんでした。美しいシットスピンなのにクソ天井カメラで全然見えなかったので、さすがにムカついたので苦情メール送りました。天井カメラってテレビ局のオナニープレイに過ぎませんから。最後のスピンのミスは前の彼女の悪いちょいミス癖が出てしまいました。ミスがあっても最後まで丁寧にっていうことを忘れずにですよ!

真央
2A 3F-2Lo 3Lo
2Aにはわーーーーーい2Aと名づけましょう。地蔵みたいに表情が同じだったのに、ここまで表情使えるようになったのは嬉しい。今だからこそのこの路線ですね。大人のスケーターがここまで突き抜けた明るいプログラムを滑るからこそ、魅力を余計に感じられます。レイバックでもう少しスピードが欲しかったですが、全体的には中国杯よりもよく動けていていました。素晴らしかったです。

あっこちゃん
3T-3T 1Lz 2A
課題のルッツが抜けてしまいました。失敗はありましたが彼女も前大会よりも動きは良かったです。中盤の悲哀を感じさせるようなスローパートも女性的で魅力的な雰囲気を感じ取られます。正直、スケカナの時は微妙だなーと思っていたので、良い仕上がりになっているようで何よりです。

7位まではかなり順位が動きそうな結果となりました。もちろんみんな応援していますけど、ごめんですが明日はゲデ子が表彰台に乗れるように祈っておりますゆえ。3Lzの軸曲がるな!

それではまた明日。今日現地観戦された方お疲れ様です。明日ご覧になる方いってらっしゃい。ジャッジに花ぶつけたりしちゃだめですよ。
Comment:9
2012
11.02

中国杯 1日目 女子SP

テレ朝、さすがの放送の頭だった。ブレない。

女子SP
1 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)63.06
2 Mao ASADA(日本)62.89
3 Mirai NAGASU(アメリカ)59.76
4 Kiira KORPI(フィンランド)59.69
5 Zijun LI(中国)59.21 PB
6 Amelie LACOSTE(カナダ)57.43 PB
7 Joshi HELGESSON(スウェーデン)49.67
8 Sofia BIRYUKOVA(ロシア)44.39
9 Ying ZHANG(中国)43.38
10 Bingwa GENG(中国)36.53

リプニツカヤ、ジャンプは安定していましたが惜しくも3Fでeマークをとられました。格段良いという滑りではありませんが、悪い滑りでも無いので、試合でコツコツと力を見せ付けていって評価を上げて行くしか無いですね。ベストは出ると思ったんですけどねえ。

真央は3Fにアンダーローテーション。まあ足りないっちゃ足りないですかね?3Loの流れの停滞が解消されていたのは何よりでした。フライングキャメルですし、オールレベル4なのでジャンプ意外での基礎点は完璧にとれるところまでとれています。もう少し速ければなおよかったです。ステップは文句のつけ様が無いほど体が動いていて、加点にも納得ですが、それ以外のトランジション、もう少し欲しいです。音楽とも合っていないです。そこらへんがキーラとの点差でしょう。よく動けていたので、心配は無さそうです。

ミライはセカンドの回転不足はデフォルトという感じですけど、3Lzを入れてもeを受けて結局減点ですし、この選択でも大丈夫だと思います。ただその髪は・・・。

キーラは3-3でミスがありました。別に彼女の3-3って成功率が良い訳では無いのでね。ノーミスであれば65点~は出るでしょう。問題のLP、3T、3S、3Loの3種はせめてミスなく入れられるように願っています。ルッツフリップは3回転回れたら御の字ということで。

ジジュンはベストの演技でした。プログラムは黒い瞳で特筆するほど変わったところも無いですけど、素敵衣装で素敵な演技を見せてくれました。なかなか体が大きくならないですが、なんとかキープしていくか、いきなり巨大化しないようにと願うばかりです。クーシンがちょっと練習をしていなかったみたいで出ていないので、ダブルエースではなくて、彼女1人で背負っていかなければならないかもしれないですね。

ラコステはジャンプはノーミス。2戦連続でしたがコンディションは良さそう。むしろカナダのプレッシャーが無いから滑りやすそうでした。とても良い演技、課題の3Fも成功したのでLPでも成功させて、あの素敵なプログラムをさらに素敵に仕上げて欲しいです。カナダのベテランは彼女だけになってしまったので、なんとしても意地を見せて欲しいところです。


Comment:4
back-to-top