FC2ブログ
2010
02.13

オリンピック開会式

いや~長かったですね。
選手入場以外全部カットしました。

見つけた選手

オーストラリア
リーちゃん

ベルギー
ケビンさん。旗手かっこよかった。

中国
ヤン・リュウ

チェコ
ミハルとトラ。トラはちょっとだけ映りました。

エストニア
グレボフくんがいました。

フランス
イザベルは前の方に、オリビエは後ろの方にいました。アモディオがオリビエの横で跳ねまくってましたね。かわいいかわいい。

グルジア
アリソンがいました。
リュージュの選手が亡くなったということで表情は暗かったですね。
なんまいだ。

ドイツ
最前列にリンデマン発見。さらにサフ子も発見。
リンデマンは女性よりもちっちゃかったですね~。

イギリス
嫁がいました。

ハンガリー
セベスチェンが旗手でした。かわいかった~。
ホフマンは美しかった。ザヴォジンはカメラ係。

イスラエル
妹が旗手で、兄はぴょんぴょんしてました。
妹がかわいいと思ったのは気のせいなのか。

日本
ノブナリが何回も何回もカメラに抜かれてました。
リード姉弟もいましたね。織田母もいました。

スウェーデン
シュル太。手の振り方がぎこちなかった。

スイス
ランビが旗手でした。かわいいよ~。

トルコ
筑波ちゃんはカナダに住んでるから開会式出られてるんですね。
放送で旗手が筑波ちゃんって言ってましたけど、違ってるし。

アメリカ
結構出てたそうなんですけど、キャロルじいさんしか確認できませんでした。

ウズベキスタン
ギマ子さん、今回は黒髪になっていました。

カナダ
ジョアニーとPさんとお父さん。
ジョアニーは結構身長低いんですね。

他にも選手を見つけられたら教えてくださいね。

それにしても、青山アナの噛み倒しは勘弁してほしかった。

メリチャリ&アボットくん

リンデマン

はっけーん!
Comment:2  Trackback:0
2010
01.22

欧州選手権男子リザルト

LP
1 Evgeni PLUSHENKO(ロシア)164.09
2 Stephane LAMBIEL(スイス)160.79
3 Brian JOUBERT(フランス)147.90
4 Samuel CONTESTI(イタリア)145.43
5 Michal BREZINA(チェコ)145.14
6 Javier FERNANDEZ(スペイン)138.33 PB
7 Yannick PONSERO(フランス)137.12
8 Stefan LINDEMANN(ドイツ)133.76
9 Alban PREAUBERT(フランス)131.24
10 Tomas VERNER(チェコ)130.43

RESULT
1 Evgeni PLUSHENKO(ロシア)255.39
2 Stephane LAMBIEL(スイス)238.54
3 Brian JOUBERT(フランス)236.45
4 Michal BREZINA(チェコ)224.74 PB
5 Samuel CONTESTI(イタリア)221.33
6 Yannick PONSERO(フランス)219.52
7 Alban PREAUBERT(フランス)207.61
8 Javier FERNANDEZ(スペイン)204.83 PB
9 Stefan LINDEMANN(ドイツ)203.95 PB
10 Tomas VERNER(チェコ)203.18
11 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)195.48
12 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)188.79
13 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)186.84 PB
14 Sergei VORONOV(ロシア)185.38
15 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)183.10
16 Paolo BACCHINI(イタリア)181.42 PB
17 Viktor PFEIFER(オーストリア)178.41 PB
18 Gregor URBAS(スロベニア)163.84
19 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)161.10 PB
20 Jorik HENDRICKX(ベルギー)161.06 PB

ジョリヘン
衣装がたかはしくんのロクサーヌの完全にパクリです。デザインが95%同じです。
以上!

ゾルたん
名前は知っていたんですけど、初めて見る選手です。
もっとブサイクな顔を予想していたら爽やか男前くんでした。
アクセル入りました。

バッキーニ
いきなり顔芸からスタート。
アクセルの軸が外れて転倒がこわかったです。ちょっとジャンプの軸ブレが多いです。
イタリア臭ぷんぷんのマイムたっぷりの楽しいストレートライン。
結構歳くってるのでいつまで続けられるのか?イタリア男子25前後多い。

ボロノフ
クワドは入りましたがフリップなどでミスがでました。
上体の動きで押し切っちゃう感があるのが残念。
五輪が危ないですね・・・。

ウルバス
両足や回転不足のジャンプが多かったです。
スケーティングがちょっと弱いのがなんとも。
なんか目が潤んでる・・・・・(つД`)

ケビンさん
跳んだジャンプは全てきまりましたが2回ずつ入っているのがサルコウとトゥループっていうのがちょっと構成
的にキツいかなと思いました。
音楽に合わせて滑るというより、淡々と振り付けをこなしたという印象が強いです。
でもがんばったと思います。ヨーロピアンではなぜかいい演技しますね。

ファイファー
クワドに挑みましたが回転不足で転倒。後半のジャンプはがんばったと思います。
編曲が普通なのに、衣装が変。さすがヨーロピアンは期待を裏切らない。

小林くん
前半にシングルに満たないアクセルを跳び、ちょっとくずれかけましたが立て直しました。
どういうプログラムなのかよく分からないんですけど、銃を撃つ仕草があったり、変な動きがあったり、
変な動きがあったり、変な動きがあったりおもしろいプログラムでした。
豊が珍しくスケーティングを褒めました。

フェルナンデス
クワドに挑むもステップアウトでした。アクセルは2本入りました。
サーキュラーの前にお酒を飲んで酔っ払う振り付けがあるのがおもしろかった。でも彼は18歳だから
ホントはお酒飲んではダメです。よい子のみなさんは気をつけましょう。スペインは16歳でもおkなようですが。
後半のジャンプが高さが無いのがちょっと。スタミナが課題でしょうか。
モロゾフ風味満点ですけど、楽しいプログラムだと思います。
いい点が出ました。

シュル太
クワドは回避、アクセルでちょっともったいないミス、後半でジャンプが1つダブルになりました。
とにかく手の動き、表情、編曲、スピンのポジションなど気味が悪いです。
このプログラムで喜ぶのは地元のスウェーデンと日本人ぐらいですねw
ストレートラインの途中でまさかの回線死亡。
ああああああああああああああああああああを準備していたのに・゚・(ノД`;)・゚・

コンテ
ジャンプは3-3のセカンドで詰まってしまったもの以外はクリーンにきまっていました。
盛り上がるプログラムなんですけど、ちょっとスケーティングの粗が目立ちますね。ここのところが
点数が伸びきらない要因なのかもしれません。中堅から抜け出すにはやはりスケーティングですね。
でも、いい演技でホントによかった。嫁も嬉しそうです。

プレ男
クワドは失敗でした。ジャンプに加点が付きにくいものが多いです。
会場がここまでの選手で一番盛り上がっていたと思います。
ここまでの力があるのにワールドにも五輪にも出られないって難儀よのう。

リンデマン
クワドは失敗でしたが29歳でアクセルを2本入れるという根性。
ジャンプの高さが絶頂期から衰えていないというのもすごいです。
スピンもステップも彼を最後に見た東京ワールドからずいぶん上手くなっているように思いました。
それより何よりかわいい。

トラ
クワドは転倒と両足でした。
アクセルがシングル、ループもミスしました。コンボも1つですし、スタミナも・・・・・。
完全にブレジナと立場が逆転してしまったような気がしなくもないです。
・゚・(ノД`;)・゚・

べるるん
きまったジャンプはトゥループとループだけでした。
プログラムを終えたときの表情がとても悲しげで・・・律儀なお辞儀をしていました。
もう悲しくて悲しくて涙がとまりません。だって、べるるんこの4年間すごいがんばってたんですもん。

ポンちゃん
前半のクワドとアクセルは完璧でルッツがダブルに、アップライトも危なかったです。
ちょっと他の選手とはスケーティングの質が違いますね。するするーっと滑っていく感じです。
後半のジャンプがgdgdになってしまいました。これで見納めになってしまうのでしょうか・・・。

ジュベ
クワドトゥはオーバーターン、クワドサルコウはダブルになりました。あとサルコウで少しミスが出ました。
ジャンプを跳ぶ前にコーチか客か知らないんですけど、声を出してますね、やめてあげたほうがよいかと。
大会ごとにジャンプ構成が変わりますね。今回はルッツが2回の構成でした。
あまりできはよくありませんでしたが、怪我の影響が大きかったルッツをたくさん跳んでいるとのみると
心配はいらないでしょうね。
あとはジャンプジャンプジャンプ!!!

エフゲニーさん
ルッツがダブルになりましたが、他のジャンプはきめました。フリップ入れていないのはエッジでしょうか?
サーキュラーがちょっとまったりしすぎてあれですけど、やっぱり人を引き付ける力がすごすぎます。
圧倒的な存在感!髪形!鼻!オラオラ!変なフィニッシュ!
いや~おもしろい。LPの方がSPより密度が濃いという謎の選手。

ブレジナ
スケーティングがさらによくなったと思います。
サルコウとかフリップとか高さが半端なかったです。後半の2つ目のフリップも高さが十分だったのにオーバーターンで
残念でした。それでも3Tをつけられるっていうのはすごいです。
節々にコミカルな表情を入れたりしておもしろかったです。まだまだ表現力は若手といった感じなので徐々に力をつけていけば
いいんじゃないでしょうか。

ランビ
クワドは2本目が成功でした。ジャンプのランディングがとにかくきまらない・・・。
スピンの軸が定まらない・・・。ステップで転倒・・・。と悲しい内容でしたが、魅せる力っていうのは
他の選手と格の違うものを持っていますね。
このプログラムが完成されたとき、9点台が出てもなんらおかしくありません。
アクセルはクワドあるんだからいらないですね。日本人はアクセルへのこだわり強いな~。

結局順番が4年前のメンバーと同じになりました。
ランビとプルは戦友って感じで熱いハグ、そして台へエスコート。
ジュベは一点を見つめて無表情。こわいこわい。

ここで忘れがちなんですが枠のお話を。来シーズンもフィギュアスケートはありますから(笑)
3枠 スイス フランス
2枠 ロシア チェコ イタリア スペイン ドイツ スウェーデン
ということになりました。
ロシアとチェコは惜しかったです。
べるるんは最後にちゃんと役目を果たしました。

泣きつかれたのとランビの点数に笑って疲れました。
また今晩お会いしましょう。さようなら。おやすみなさい。おはようございます。
Comment:2  Trackback:0
2010
01.21

欧州選手権男子SP

1 Evgeni PLUSHENKO(ロシア)91.30 PB
2 Brian JOUBERT(フランス)88.55 PB
3 Yannick PONSERO(フランス)82.40 PB
4 Michal BREZINA(チェコ)79.60 PB
5 Stephane LAMBIEL(スイス)77.75
6 Alban PREAUBERT(フランス)76.37 PB
7 Samuel CONTESTI(イタリア)75.90
8 Tomas VERNER(チェコ)72.75
9 Stefan LINDEMANN(ドイツ)70.19 PB
10 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)69.20 PB
11 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)67.72
12 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)66.55
13 Javier FERNANDEZ(スペイン)66.50 PB
14 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)65.20
15 Viktor PFEIFER(オーストリア)63.42 PB
16 Paolo BACCHINI(イタリア)60.90 PB
17 Sergei VORONOV(ロシア)60.27
18 Zoltan KELEMEN(ロシア)59.40 PB
19 Jorik HENDRICKX(ベルギー)58.70 PB
20 Gregor URBAS(スロベニア)56.90

すごい大会だ。

プルがノーミスの演技で歴代最高得点です。
プレゼンテーションがランビやジュベより低いのはしょうがないですね。だってそれぐらいですから。
それにしてもこの歳で4-3跳べるっておかしいですよね。

ジュベは4T-2Tと難易度を抑えましたが本調子ではなくてもクリーンにクワドをきめるというのはさすがです。今回のプログラムを見てスケーティングがよくなったな~って思いました。足さばきは相変わらずヤグディンっぽいんですけど、エッジがぐっと伸びてるんですよね。デンスタについた効果は出ていると考えていんでしょうね。
そういえばスタビスキーの腹がヤバかった。巨大化した黒豆みたいな。

ポンちゃんの演技は映像がとまっていて見られなかったのですがすごい得点ですね。
LPが楽しみです。ランビに負けるな!台乗りだあああああ!
これが最後の演技になるかもしれませんしね。

ブレジナが唯一10代で後半2グループに残りました。演技はこれまた映像がとまっていたので分かりませんが、これからのヨーロッパを引っ張っていく選手ですね。ぜひクワドサルコウをプリーズ。

ランビがなんとか最終グループに。
2A、4Tステップアウト、3Fなんとかというすごい構成なのにここまで点を出せるのはすごいというかなんというか。

プレ男はノーミスで3年半ぶりにPBを更新しました。いい演技でしたし7点台も出てよかったです。

コンテもノーミスの演技でしたがフリップのエッジがアウトでした。なぜループを入れていたのにわざわざフリップに戻してきたんでしょうか。

トラはいつものトラだったんですけど、ちょっと痩せすぎですね。あの体型でLPを最後まで滑りきることができるのかとても心配です。

リンデマンも戻ってきて4年半ぶりのPB、べるるんはコンボで2-3になりましたが要素としては問題がないのでこちらもPBを更新しました。おじさんもがんばっています。べるるんはここであと順位を2つ上げないといけないので正念場ですね。滑走順は第3グループの1番最後と申し分ないところを引いたのでぜひぜひナショナルの演技をもう一度。

そしてボロノフですがなんと17位ということで、クワドが入らずアクセルも微妙、フリップはダブルということで。このままの成績でいくとボロデュリンに代表を取られてしまうらしいです。でもよくよく考えれば、どうしてここに出ていなくてナショナルでも下位の選手に代表取られなアカンの?って普通思いませんか?ロシアって変なの。
Comment:0  Trackback:0
2009
12.19

ナショナルリザルト祭り

分けて書くのがめんどくさいのでまとめます。

ドイツ
男子リザルト
1 Stefan LINDEMANN BSV92 BER 184.47
2 Peter LIEBERS SCB BER 182.75
3 Daniel DOTZAUER USGC SAS 168.89
4 Philipp TISCHENDORF SCB BER 166.74
5 Denis WIECZOREK ESCE THR 164.41
6 Michael BIONDI MEV BAY 154.60

リンデマン優勝おめ!アクセルまで戻ってきたようです。
3-3はトゥループしかできないようですけど、それでも戻ってきてくれたことが嬉しいです。
弟くんはSPでもLPでもクワドを入れてきましたが、それによって演技がgdgdになってしまいました。
でもそのガッツがステキです。
これでリンデマンがヨーロピアンということになるのでしょうが、五輪の基準を満たせますかね?

女子SP
1 Sarah HECKEN MERC B-W 56.64
2 Julia PFRENGLE MERC B-W 46.86
3 Shira WILLNER MERC B-W 45.82
4 Katharina GIEROK EVK NRW 45.04
5 Isabel DRESCHER TSCD NRW 44.54
6 Sandy HOFFMANN DREC SAS 40.86

ヘッケンがぶっちぎりのスコアで1位になっています。3-3がきまったんでしょうね。
テクニカルが33点越えってすごいですよね。
ドレッシャーとかホフマンもがんがれ!
つくづくディトルトの棄権が悲しい・・・・・。

スウェーデン
男子SP
1 Kristoffer BERNTSSON LaKK 68.86
2 Adrian SCHULTHEISS G?tKK 68.84
3 Alexander MAJOROV LulKK 65.53
4 Anton TRUVノ StoKK 51.02
5 Jimmy KARLSSON SteKK 48.34

あうあうかろうじてべるるん1位ですけど、0.02しか差がないです。
あああ怖いな・・・・・べるるん転倒あったのか。
もう胃が痛い。

女子SP
1 Viktoria HELGESSON TibKK 59.35
2 Joshi HELGESSON TibKK 48.42
3 Angelica OLSSON M?rKK 42.89
4 Linnea MELLGREN EnkSK 39.83
5 Lou LUNDBトCK TibKK 37.79

姉が1位、妹が2位です。姉が妹に11点ものを差をつけていますね。再下克上でしょうか。姉のテクニカルはなんと35.15です。国内選とはいえすごいですね。国際大会でもこれぐらいプリーズ。
15位にサラ・ヘルゲションという選手がいるのですが、この子は妹?他人?

イタリア
アイスダンスCD
1 Federica FAIELLA / Massimo SCALI ITA 40,01
2 Anna CAPPELLINI / Luca LA NOTTE ITA 37,22
3 Federica TESTA / Christopher MIOR ITA 28,79

こちらは順当な順位になりました。点数はナショナルって感じですね。

フランス
男子SP
1 Yannick PONSERO FRA 82.88
2 Florent AMODIO FRA 80.75
3 Alban PREAUBERT FRA 77.90
4 Morgan CIPRES FRA 58.75
5 Romain PONSART FRA 56.46
6 Mark VAILLANT FRA 55.15

ポンちゃん首位キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!ですけど、ステップで転倒があったそうで。
でもクワドは入ったんですね。よかったよかった。
アモディオはタイムバイオレーションとの話を聞きました。プレゼンテーションがプレ男を超えていますね。恐ろしい子。
プレ男はやっぱり加点がついてないんでしょうか・・・・・。
14位にいるBenjamin SIAO HIM FAって子の名前の読み方がすごく気になる。シャオ・ヒム・ファ?

アイスダンスOD
1 Pernelle CARRON / Lloyd JONES FRA 48.72
2 Zoe BLANC / Pierre-Loup BOUQUET FRA 46.27
3 Olga ORLOVA / Mathieu JOST 45.26

ペシャブルは出てないんですね~。イザオリはガラに登場するそうです。動画アップされないかな~。
ここはヨーロピアン派遣をめぐる戦いですね。ジョーンズは下手っぴたけど、キャロン上手ですよね。ジョーンズくんがんばって!

ペアSP
1 Adeline CANAC / Maximin COIA FRA 53.68
2 Vanessa JAMES / Yannick BONHEUR FRA 52.04
3 Melodie CHATAIGNIER / Medhi BOUZZINE FRA 32.09

去年はヴァネッサたちの方が勢いあったんですけど、今年はなんちゃって美男美女ペアの方が勢いありますよね。どっちになるか楽しみでもあり怖いです。

つうか今週末5つと思ってたら、6つもあったし。
どんだけクリスマス前に終わらしたいんだろう。
Comment:2  Trackback:0
2009
11.02

アイスチャレンジ リザルト

簡単にリザルトを

男子
1 Tomas VERNER(チェコ)201.80
2 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)197.88
3 Alban PREAUBERT(フランス)193.83
4 Chafik BESSEGHIER(フランス)193.31
5 Stefan LINDEMANN(ドイツ)192.72

12 Hirokazu KOBAYASHI(日本)164.84
15 Tomoyuki KORIYAMA(日本)140.96

トラが優勝ですが同門の小林くんにあやうく負けるところでした。危ない。クワドをミスし、後半もグデグデした。この大会はみんなグデグデなのでしょうがないですね。
リンデマン調子を戻してこられてよかったです。ポイントもつきますし良かった。

女子
1 Kanako MURAKAMI(日本)170.41
2 Valentina MARCHEI(イタリア)157.79
3 Amanda DOBBS(アメリカ)148.19
4 Elena GLEBOVA(エストニア)142.17
5 Haruka IMAI(日本)135.62

村上が優勝です。ここまでぶっちぎるとは思いませんでした。LPはなんと110点を越えています。ルッツでeマーク、フリップで少しの減点があったものの、ジャンプはシークエンス2つに2Lo-2Loのコンボとすごい構成でした。
マルケイが復活してきました。ルッツとサルコウを2つづつの構成です。跳べるジャンプはそれほどない選手ですが素敵な選手なので復活してくれて嬉しいです。ワールドも五輪も無理なんですけどね・・・・。でも、コストナーさんのスコアより高いや。
今井は3回の転倒、ループでもミスをし5位です。

ペアはヤンカウスカス&コフリンの優勝、アイスダンスはホフザボの優勝でした。ホフザボは解散してなかったんですね。
今回のペア、ステファニア・ベルトンとかマーティン・リーベルスとかこないだまでシングルに出てた選手が出てます。ベルトンは台乗りしてるし。
Comment:2  Trackback:0
back-to-top