FC2ブログ
2016
08.29

小ネタ×13 「いいのわるいの?」など

ただの小ネタ。

*サラ・マイアーさん復帰(10ヶ月ぶり3回目)

プロスケーターからも引退し、ジャーナリストに転身したはずのサラ・マイアーさんですが、2017年のアート・オン・アイスへの出演が決定しました。2015年の引退以降、2016年にもAOIに出演、アイスレジェンドにも出演。2015年のAOIのテレビ放映を惜別の思いで見守っていたあの頃の僕の気持ち。

*Pさんのコーチが
http://www.icenetwork.com/news/2016/08/24/197397578/johnson-steps-down-as-chans-coach

パトリック・チャンのコーチであるキャシー・ジョンソンが辞職というびっくりなニュースでした。これからのプランについては8月31日にPさん自身から発表があるそうです。ジャンプを体得するには、フィギュアスケートのコーチではなかったジョンソンでは不十分だったということでしょうか。今シーズンを左右する意味でも注目の発表です。

*引退

やけに引退が続いていて、絶対に小ネタに入れないとと思っていて、すっかり忘れてしまっていたロゴジンさん。すでに引退発表から1月が経過していましました。アンドレイ・ロゴジンさん引退してしまいました。ナショナルの予選落ちもあり、薄々皆感づいていたことではあると思いますけどね。引退後はプロスケーターになるそうで、クルーズ船に乗船してショーをしているそうです。小さなリンクでもイーグルからアクセルを跳んでいるのでしょうか。クルーズ番組が大好きな僕としては、ロゴジンさんの登場を心待ちにしておりますよ。Harmony of the Seasっていう超デカいファミリー向けの客船なんですよーいいなー。

*アーロン&セットレージが解散
http://usfigureskating.org/story?id=89869&type=media

マデリーン・アーロン&マックス・セットレージ。つまりマックス・アーロンが解散となりました。女性は地元に戻ってブレークを取り、男性はコロラドに留まりパートナーを探すそうです。リフトやスロージャンプには相当な苦労が見えましたので、これはがんばった末の解散ですよね。いいパートナーが見つかりますように。

*羽生、ギネスマンになる(2年ぶり2回目)
http://news.mynavi.jp/news/2016/08/22/221/

グランプリファイナルでの銀河の向こう側点を出した羽生結弦さん。そのスコアがギネス世界記録に認定されました。このギネス記録っちゅうのは、点数を更新した時点で記録になるのではなく「ギネスだよー」と言われて初めてギネスになるみたいですね。プログラムに関してちょっとだけヒントもあり、SPはテンポの速いかっこいい曲だそうです。とりあえず、オースティンパワーズでもピンクパンサーでもないな。

*同じお財布

自分と同じお財布の人を見つけた荒川静香さん。日本に来るたび両替するから、札ばかり使って小銭が溜まる方式ね。すみません、うちの国100円札は廃止したので。守りたいこの笑顔。

*ランビ、コーチになる

デニス・ヴァシリエフスさんがコーチ変更を発表しましたが、そのコーチがステファン・ランビエールでした。これはまさかの展開。ヴァシリエフスがジョウネツテキの継承者になるんですね。目指している4回転の習得も達成して、上に来て欲しいです。ランビもコーチかーーーーーこの世代の選手はスケート界にステイしてるから、ファンとしては嬉しい。みんなじいさんになってもい続けてね。

*人妻サフ子

サフ子5

アリオナ・サフチェンコは、かねてから交際をしていた軍で働いているリアム・クロスさんと結婚しました。おめでとう!きれいだよサフ子。おもしろくない格好だと普通にきれいだよ。

*人妻サーシャ

サーシャ167

婚約を1年前に発表しましたサーシャ・コーエンは、投資ファンドのお金持ちさんと結婚しました。ふー!金持ちー!サーシャきれいだよサーシャ。お胸注入しててもしてなくてもきれいだよ。

*ドミトリエフ、挑発

Когда не спешишь утром

Artur Dmitrievさん(@dmitrich_no1)が投稿した写真 -

これは誘っていますね・・・。

*いいのわるいの?

人に「君、ハリー・ポッターに出てくるルーナみたいな話し方するね」と言われたパイパー・ギルスさん。しかも複数回。ルーナは不思議キャラであります。それを「これはいいことなの?悪いことなの?」とパイパーさん。つまらんこと話すよりいいです。でも大人は「grow the fuck up」って言うんですよ。僕はパイパー・ルーナ・ギルスさん支持します。おもしろパイパーさんだから、おもしろいプログラムのアイディアが出るんでしょうし。

*就職先
http://www.cnbc.com/2016/08/22/from-the-olympics-to-wall-street-the-athletes-who-become-brokers.html?_source=facebook

エミリー・サミュエルソンさんは、現在バンクオブアメリカ・メリルリンチでファイナンシャルアドバイザーの仕事をしているそうです。僕でも知ってる会社ってことは有名なやつだ。スケートをするのに、彼女の両親は年5万ドルを捻出しており、子供の頃から節約に励んでいて、14歳から投資もしていたそう。500万~600万となりますと、共働きでかなりの収入がないといけませんよね。改めて大変なスポーツだ。競技をがんばってきた元選手のセカンドキャリアの記事を見られると安心します。

*アレクサンドラ・ナザロワさん、かわいい

Happy Friday everyone 😋

Aleksandra Nazarovaさん(@aleksandralfs)が投稿した写真 -

尋常じゃない細さで健康状態を心配してしまうスケータランキング第1位アレクサンドラ・ナザロワさんがとにかくかわいいです。こんなにペロペロキャンディーが似合う19歳が地球上に存在するだろうか?いや存在しない。
Comment:0
2016
03.11

小ネタ×11 「心配なことはただひとつ」など

最近ポケモンをはじめました。主人公の名前はギヨームにしました。

*ラリオノフはまだ止めてないよ
http://www.fsrussia.ru/intervyu/1936-yurij-larionov-armiya-nauchila-menya-nichego-ne-boyatsya.html
ラリオノフはまだ止めていないのお知らせ。試合に出ていない間は、兵役についたり、アリーナ・ウシャコワと一緒にコーチをしていたそう。来シーズンも続けるようです。練習にはゆっくりと戻ろうとしている旨を述べていました。またラリオノフのリフトが見たいです。

*ニーナパワー?
http://www.goldenskate.com/2016/03/nicole-della-monica-matteo-guarise/
今シーズンはジャンプの安定感が超絶向上したニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ。今シーズンはボディと同じようにメンタルも磨き上げたこと、そしてニーナ・モーゼルのチームで練習していることが大きかったようです。ニーナ先生のチームでスローが安定するレアケース。どの生徒も元から上手かったから。

*マイケル・ブラマンテが引退

Après, deux belles saisons qui nous ont permis d'atteindre le niveau européen, c'est avec regret que nous vous annonçons...

Péroline Ojardias & Michael Bramanteさんの投稿 2016年3月2日

フランス所属で競技していたマイケル・ブラマンテが、ペロリンヌ・オジャルディアスとのカップルを解消して引退することになりました。引退後はコーチの道へ進みます。移籍して2年での引退は残念に思いますが、これが最良の選択になって欲しいです。どこでコーチやるのかなーデトロイトかなー。
http://icepartnersearch.com/showbio.php?i=5499
オジャルディアスは現役を続ける気持ちがあるそうです。パートナーサーチに登録しています。小っちゃいから持ち上げやすいぞー。いい男子こいこーい。

*さらばエテリ
http://rsport.ru/figure_skating/20160310/902929038.html
http://rsport.ru/figure_skating/20160310/902927583.html
衝撃の連続グッバイ。セルゲイ・ヴォロノフアディアン・ピトキーエフが立て続けにエテリのチームから去る報道がなされました。ピトキーエフは、ソトニコワやコフトゥンと同じブイアノワのチームに移ります。ヴォロノフは現時点で記述がありません。リプもいなくなりましたし、何かあったんでしょうか。もふもふコートを見る機会が減ります。

追記
http://rsport.ru/figure_skating/20160310/902956103.html
ヴォロノフはラジオノワのコーチのゴンチャレンコ門下になりました。

*モンハリ
http://www.pokemon.co.jp/info/2016/03/160310_pc01.html
ポケモンコマスターというボードゲームのニュースです。フィギュアスケートに無関係に見えることです。そうです、無関係です。でもキリル・ハリャーヴィンさんといえばポケモン、ポケモンといえばキリル・ハリャーヴィンさん。そしてポケモンコですよ。モンコですよ。モンハリという名前に改名すべきですね。

モンハリ156



*餃子も滑るよ!

目玉焼きと餃子になる織田信成さん。このフライパン5点セットでなんと・・・・・14800円!!!うわあ。僕はいいので、みなさんどうぞ。僕は大丈夫です。はい。

*男臭い
http://www.fantasy-on-ice.com/
今年は幕張、札幌、長野、神戸で興行をするファンタジーオンアイス。今年も男臭い男子たくさんの顔ぶれです。幕張と札幌、長野と神戸が同じ顔ぶれが出演予定です。去年テレビで見た神戸公演が25000円の価値のある、非常に質の高いものだったので、今年もテレ朝放送よろしくお願いします。神戸どうしよう神戸。暖かくなってから考えよう。

*こっちの顔ぶれもいい

スイスでやるランビプロデュースのアイスレジェンズ。これも見たい。
http://www.swissinfo.ch/jpn
前回開催時のランビのインタビューを日本語で読むと、アハンアハンの中で何を考えているか分かります。いや、分かりません。人生で考えたことのない状況がたくさん出てくるから分からない。今回は真央と大輔さんがこの世界に足を踏み入れるんですね。そうだ、真央はついでにランビにエキシを作ってもらおう。

*来シーズンのGPSの順番
10月21日-23日 スケートアメリカ
10月28日-30日 スケートカナダ
11月4日-6日 ロステレコム杯
11月11日-13日 エリック・ボンパール杯
11月18日-20日 中国杯
11月25日-27日 NHK杯
12月8日-11日 グランプリファイナル(フランス・マルセイユ)

山が動きました。3週目から微動だにしなかった中国杯がついに動きました。アジアが連続になったので、中国の上位勢は日本に来る可能性が低くなりそうです。言い換えると日本のトップ勢も中国には出ないってことですね。地上波の放送の扱いが悪くなるかも。

*心配なことはただひとつ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160309-00000000-dal-ent
髙橋大輔さんがフジテレビのスケート中継のナビゲーターをするという話。世界選手権でデビューして、来シーズンから本格的に取材や解説をするそうです。英語も勉強していますし、とてもいいことだと思います。タニスにインタビューされて、たどたどしく答えていた頃の彼からどれだけ進化しているでしょう。でも解説が。滑舌が。こういう時こそデーオタ代表西岡さんの出番ですよ。

*フジのプロデューサーなかなかやりおる
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160309-084.html
「日本勢はもちろん、世界のトップスケーターが集う“ホンモノの世界一の戦い”にぜひ注目してください。こう、発言しているのがフジテレビスポーツ部のプロデューサーの加納さん。いいぞ加納。世界選手権が世界一決定戦なんですから。100%正しいです。残念ながら生放送ではありませんが、その分クオリティーに期待してますよ。振り返り映像も。ちゃんとカップル競技の選手入れてね!!!
2015
08.20

小ネタ×8 「結婚式で一番気になったこと」など

ジュニアグランプリシリーズ始まるよ!久しぶりの小ネタ。

*恋するバリスタ

ダニエル・オシェイさんに恋しているバリスタ君は、タラ・ケインさんの注文した飲み物のカップに自分の名前を書いたらしい。しかもオシェイさんがいないというのに。気持ちは本人に伝えましょうね。

*連続クワド

メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォードの練習映像。LPの曲かけの中でスロークワドサルコウとスロークワドルッツを連続で成功。これを試合でできたとしたら基礎点的に他を突き放すことができます。2本並べるとゴツいなー。

*シマウマ

ステファン・ランビエールさんのシマウマは今、ローザンヌのオリンピックミュージアムにあるらしい。

ジョアニー&ランビ

もしかしてこの当時(2010年)から置きっぱなし?照明で色褪せそう。

*ぶらりモスクワの旅

モスクワ合宿でぶらりをしていた小松原美里さんはダイドーの自販機を発見。すげーーー。でも僕は夜のモスクワをぶらりしていることの方が心配になる。警察も信頼できないと聞くし。

*結婚式で一番気になったこと

ヴォロトラ587

マキシム・トランコフさんが履いているのは双頭の鷲柄の靴。どこでお求めになったんです?

*エレーナ・イリニフさんがかわいい

イリニフ28

http://nevesta.moscow/Derzkijj-obraz-nevesty-dlya-figuristki-Eleny-Ilinykh/

ウェディングドレスのモデルニフさん。イリニフさんこういう仕事多いね。

*応援?

ただの応援なのにおもしろい樋口新葉さん。

*パントンのやつ

パントン401

http://news.xinhuanet.com/sports/2015-08/01/c_128079647.htm

他の競技の人がこういうことやってても単にアートだな、美しいなとしか思わないけど知っている選手がやってしまうと面白くてしょうがない。しかしまあトン兄はこの細さでよくパンちゃん持ち上げていたもんだ。
Comment:0
2013
07.11

小ネタ×11 「真夏の???祭り」など

本格的に集め始めると、1週間で許容量が満タンになってしまいます。

*おめでとう



アメリカの独立記念日ツイートで埋め尽くされた7月4日、その翌日に7月5日を祝ったのは彼女だけでした。僕、こういう変な事する子好きです。

*趣味



ジョン・コフリンさんが趣味を実行しました。ISUのバイオグラフィーにもきちんと掲載されている趣味です。あの風貌で雨の中走るなんて、日本だったら絶対おまわりさんとボーイズトークするハメに。
http://www.isuresults.com/bios/isufs00013629.htm

*名誉日本人



あんぱんを食べるスイス人。日本に来まくっているので、そろそろ入国ゲート日本人と一緒でいいんじゃないですか?

*スケートファン



猫まで夢中にさせてしまうThe Skating Lesson。僕は20分ぐらいのを1本見たら、脳みそ壊死します。メモリの要領低すぎるので。

*今流行りの困り顔

チョート1 U5GLK.jpg


あざとい写真をインスタにアップしたハリソン・チョートさん。これは困り顔っちゅうやつですね。ぱるるですね。もうどっちがチョートさんで、どっちがぱるるなのか見分けつかないですよね!

*アシュリー、可愛いのお知らせ
http://instagram.com/p/bhczLPvY1o/
超可愛い。15回ぐらい見ました。アシュリー史上最も可愛いです。

*ハンヤン、気が付く



中国のファンが、日本の漫画家グレゴリ青山が書いた四大陸観戦記をハンヤンに教えていました。そして、いろいろ反応するハンヤン。
http://www.comic-essay.com/episode/read/352 ここから見られます。

*Ka Wa Saki



ガーヒーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

*wwwww

童貞が許されるのは小学生までだよねー


「えーマジ童貞!?」
「キモーイ」
「童貞が許されるのは小学生までだよねー」
「キャハハハハ」


*America's Got Talent


僕でも知っている番組、アメリカズゴットタレントにキンバリー・ナバーロ&ブレント・ボメントレがチームで出場していました。プラスチックのリンクでアクロバットとエアリアルを披露。勝ち残ってほすぃー。

*?????

ベッキー&ベイツさん


ベッキー・ベレスウィルさん&エヴァン・ベイツさん


グラストリス&イートン


イェオルヤ・グラストリスさん&ダニエル・イートンさん


あまりにもーーーーーこういうのがーーーーー多いのでーーーーーデータフォルダ「カップル」を作りました。
Comment:2
2010
05.28

2009-2010シーズン ステファン・ランビエール

ステファン・ランビエール

ネーベルホルン杯 優勝
欧州選手権 2位
バンクーバーオリンピック 4位

SP:ウィリアム・テル序曲
LP:ブエノスアイレスの秋
LP:椿姫
EX:Ne me quitte pas

 とても印象的なSPです。静かなパートから始まります。1番最初のパートでしょうか。反則的な終曲のパートになるとね・・・もう盛り上がらざるを得ないんですよね。ピョンピョン跳ねざるを得ないと同じぐらい、せざるを得ません。ハイキックとバタフライかっこよすぎですね。フライングシットのコンビネーションスピンも反則レベル。頭上にかざした手の位置がまぁずれないこと。カメラもまぁ動きませんよ。トリプルアクセルがなくても、4-3とソロジャンプきめてたら、SPは90点を超えて1位だったでしょう。男子で史上初の9点台のコンポーネンツを出しましたし、この人はすごいです。

 衣装は紅葉リーマンから白へ。引退をしてからみるみるうちに丸くなっていた体をネーベルホルンやジャパンオープンではかなり絞っていました。前のシーズンがフラメンコだったので、タンゴとはいえ少しエロ成分が足りなかったかもしれません。衣装も白ですし、「君いる意味あるんですか?」というストライプ。もっとコテコテの衣装の方が分かりやすかったでしょうに。ランビはスケーティングで魅せるというより、フットワークで魅せるタイプのスケーターですから、細かいターンを入れるとステップに味がなくなってしまいます。それがストレートラインには出てしまっていたかなと思います。

 椿姫にプログラム変更と聞いたとき、「ランビが椿姫なの?女の子になっちゃうの?」と思ったら違うんですね。サーキュラーステップはアルフレードが告白するシーンでしょうか。ランビならきっと甘い言葉で落とすはず。と、乾杯の歌は最初の方の曲なので、クラシックオタクさんとかはこういう編曲キライなんでしょうね。僕はどうでもいいので。ランビは女の子にいっつもぺたぺたしているイメージしかないので、このプログラムはピッタリですね。
 おねいがヨーロピアンの解説で「バレエダンサーのよう」と形容されていましたね。本当にそう思います。手の動きなんてしなやかで本当に美しいです。試合ではスタミナが最後までもたなかったのか、ちょっとヘロヘロ気味になっていましたが、ダイヤモンドアイスのときのパフォーマンスはステキでした。スポットライトの下というのがまたロマンチックでした。

 通称「ぬぎっぱ」。見果てぬ夢でおなじみのジャック・ブレルのシャンソンです。失恋、しかも女性的な失恋を歌った歌だそうで、未練がましいほど「行かないで」が連呼されています。自分の好きな人のことを思い浮かべつつこのプログラムを見てみると、また一味違うかもしれません。

 ケガがありつつも現役復帰をして、完璧ではなかったにしろ素晴らしい演技を何度も見せてくれました。3月には再び現役を発表し、あらかーさんとのペアを組んだり、アイスショーの活動をしています。これからは振付師としても活躍をしてくれることでしょう。ドキュメンタリー番組では新しいプログラムの振付をしてもらっていました。ジャズのプログラムみたいです。ドリームオンアイスで滑ってくれるでしょうか。
 2回の世界チャンピオン、オリンピックは2位と4位。ヨーロッパチャンピオンにはなれませんでしたが、素晴らしいフットワークとクワドと至高の表現力。そして史上最強のスピナーとして(おまけに顔がレベル4とエロい人とあかぬことして)多くのファンの記憶に残る選手となりました。本当にありがとう。
Comment:0
back-to-top