FC2ブログ
2014
07.02

ステファニア・ベルトン&オンドレイ・ホタレック 解散

http://www.gazzetta.it/Sport-Invernali/02-07-2014/ghiaccio-berton-hotarek-favola-finita-c-progetto-marchei-hotarek-801105454382.shtml

グランプリシリーズのエントリーがあったので安心していましたが、残念ながらステファニア・ベルトンオンドレイ・ホタレックも解散となったようです。2010年の世界選手権でデビューして着実に力をつけてきましたが、一つのサイクルとして、これから続けていくことを難しく思ってしまったようです。オシャレな衣装と、手抜きのないエキシビション、長身の美男美女ペアは煌びやかで華がありました。イタリアペア初のGPS、ユーロでのメダル、そしてGPSの優勝という風にイタリアの歴史をたくさん作ってきました。それぞれのパートナーと結婚するのかなど、分からないことだらけですが、まだまだ見ていたかったです。マルケイと組むってのはさすがにどうなんでしょう。ありえないレベルの話だと思うのですが。
Comment:6
2014
02.09

ソチオリンピック 団体ペアLP

ニッポンコールに乗るアシュリーとチョックさんとメリルかわいい。

ペアLP
1 STOLBOVA Ksenia / KLIMOV Fedor(ロシア)135.09
2 MOORE-TOWERS Kristen / MOSCOVITCH Dylan(カナダ)129.74
3 BERTON Stefania / HOTAREK Ondrej(イタリア)120.82
4 CASTELLI Marissa / SHNAPIR Simon(アメリカ)117.94 PB
5 TAKAHASHI Narumi / KIHARA Ryuichi(日本)86.33

成龍
衣装にベストが加わっている、これがメガシンカした木原か。3Tは両足ですがコンビネーションを付けられました。3Sは頑張った!スローは両足とステップアウトでした。スローの時に構えすぎてしまって勢いが無くなっているのと、そもそも投げ切れていないのと、いろいろ問題は多いです。いくらか経ってスローが上手になるペアは少なくないので、まだまだ。スタミナもまだまだ。

カスピア
今日は3Tに成功、3Sで女性が転倒しました。今日も男性が3Sを降りるという、これは・・・これは天変地異の前触れだろうか。スロークワドは両足でしたが今までのスロークワドの中でも一番良い感じだったと思います。スロートリプルサルコウの方はダンスリフトから素敵でした。ペアスピン揃う気がしないのはいつもの彼らでした。コレオシークエンスにもう少し男性の動きが豊富に入っていればいいなと思いました。リバースラッソーであそこまで距離出してスムースに下ろす事ができるのは体格の差のアドバンテージ生かしまくっています。

木原がインタで上手な事を言えない事に「ごめんなさい、上手くなくて」って言っていました。これはあれでしょ?男の人が女の人に言われるとキュンとするやつですよね。

ベルホタ
3Sで今回も失敗がありました。そのままソロスピンに入ったのでかなり2人の距離が空いたまま、回転もズレてしまいました。その後の動きがいまひとつパリッとしなかったのは、女性が転倒した時に左脚を痛めていたからなんですね。デススパイラルもめちゃくちゃ位置が高かったですし、どうしちゃったんだろうって思いました。個人戦に向けて大事に至らない事を願います。

モーモー
3T+3T成功の後の詩ちゃんの素晴らしいには♪マークが付くぐらいの軽快さ。3Sは女性がステップアウト。ツイストがナショナルよりも良かったです。コレオシークエンスが流れの中で行われていたのが好印象でした。後半全く流れが留まるところが無いのが良いです。でもモーモーで8.2点台にしか上らないのね。彼らがもう一段上に行くために「予期しない」動きを入れて欲しいです。とても勢いがあって良いのですが、彼らが国際大会に出るようになってから、だいたいドラマティックにたくさん動いてリフトでガーーーっという同じような構成なので、もっともっと難度の高い滑りのものに挑戦して欲しいなって思います。

ストクリ
ヤバい、ストクリのツイストが「高さのある」ツイストになってる。超上手くなってるじゃないか。3-2-2が3-1-2になりました。それでも1回転になった後に2Tつけられる事自体がすごいわけですが。スロー2本はユーロより質が上でした。+2は絶対に並ぶような。印象的な振付がいくつもあるので、ストーリーを知らない人でも演技に入って行きやすいですよね。ヴォロトラもサフゾルも出ない世界選手権で優勝するんとちゃいますの?

現在の順位
1 Russian Federation 47
2 Canada CAN 41
3 United States of America 34
4 Italy 31
5 Japan 30

かりやんが言いたいことありすぎて、うずうずしてる感じが面白い。明日で団体終わり。ちょうど愛子が滑ってた。わーい。3時半の時点で普通の日の1日分訪問者来てて五輪の力にビックリ。
Comment:4
2014
02.07

ソチオリンピック 団体ペアSP

PJは今大会も場内アナウンス頑張ってるなあ。3大会連続?

ペアSP
1 RUS Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV 83.79
2 CAN Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD 73.10
3 CHN Cheng PENG / Hao ZHANG 71.01 PB
4 ITA Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK 70.31 PB
5 USA Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR 64.25 PB
6 GER Maylin WENDE / Daniel WENDE 60.82
7 FRA Vanessa JAMES / Morgan CIPRES 57.45
8 JPN Narumi TAKAHASHI / Ryuichi KIHARA 46.56
9 UKR Julia LAVRENTIEVA / Yuri RUDYK 46.34 PB
10 GBR Stacey KEMP / David KING 44.70

成龍
3Sはなんとか堪えました。ツイストリフトは溜めが減って、高さに少し余裕が出るようになりました。シーズンの最初の方はほとんど上がって無かったので比べれば一目瞭然かと。結成から1年経ったので気になったところも普通に言うようにしますね。ステップインラッソー出る時は良かったですけど、上げ方がもう少しスムースになればなと思います。滑り自体は滑らかですけどトランジションがほとんど無くて、エレメンツとプログラムのマッチが足りない。
成美はソチオリンピックに出場する全選手で一番身長が低いらしい。

ケンプキング
トリプルツイストはいつも・・・よりはでした。肩に乗っていなかったので。2Aは女性が回転不足、得意なはずのスローは転倒でした。今シーズン得意なスローの成功率がかなり低いです。後半のステップは音楽のフレーズから外れまくっていました。点数が伸びてきません。PCSでは成龍よりも下の評価になりました。

ラウレンティエワ&ルディク
2Fでステップアウトがありました。エレメンツ1つ1つの構えが長いですね。特にデススパイラルが長くて長くて。ステップで2人が別々に滑っていた所の女性のエッジがもの凄くシェイキーで気になりました。ペアはステップレベル4とって当たり前になっているなので、レベル2で加点0というのは厳しいものがあります。

ウェンデズ
とても良い演技でした。ここから2段ぐらい滑りの質が上がりますね。彼らは復帰前はそれほど滑りが良いスケーターだとは思っていなかったのですが、今シーズンの息の合い方はすごいなあと思います。ジャンプも前より安定してきました。ソロジャンプもスロージャンプもです。スローフリップがスロールッツに見えるけど、あれはどうなんだろう。基礎点は変わらないからどっちでも良いですけどね。ステップでの余裕のある感じが気持ちよかった。良い画質で見ると衣装のキラキラが目立ちますね。素敵。ネーベルホルンがオーバースコアだったと思います。僕はこちらの方が好きです。

ペンジャン
3Tは完璧です。デススパイラルは雪組風ですが、それにプラスして腕を伸ばしたクリエイティブなポジションでした。ペアスピンは逆回転から入って、女性の腕の表現が素晴らしい。ツイスト、スローも完璧。女性のフリーレッグ、腕の動きはプログラムの最初から最後まで美しい音楽に映えていました。そこに男性の高い技術力がマッチ。本当に素晴らしい。個人的にはステップとリフトは+1という感じ、あとは+2!!!見る度に技術も表現も滑りも全てが進化していく今シーズンです。

カスピア
3Sで女性がステップアウト。男性じゃなくて女性がですよ。全米からシュナピアさん調子良い?スローの前のこねくり回したダンスリフトすごかったですけど、もう少し音楽に合わせていられたらさらに良かったのかもしれません。ステップはスピードに乗っていて良かったです。テンポの取り方、特に前半部分が良かったです。ちょいちょい少し物足りないなーというところがありました。
進藤さんがチャーリーの事を「ホワイト」って言った事に違和感。チャーリーはチャーリーだから。

ヴァネシプ
男性のツイストの失敗は手首をやってしまった事が大きいでしょうね。今シーズンはずっとツイストが不調です。3Tは女性が転倒でした。スローはとても良かったです。滑る度に動きが洗練されてきてとても良いペアに成長していますね。そして2人とも美しくなっている。自信が美しさを育むのかな。

デュハラド
魅せるねえ。彼らの今までの全演技の中で一番良い演技だったと思います。今日は男性の滑りがものすごく良くて、課題のスタミナも最後まで切れることが無かったです。ステップの最初の方で女性が少しシェイキーだったこと、デススパイラルが潰れてしまったことなど、課題はありますが心揺り動かす演技でした。詩ちゃん感動して喋れなかったんですね。チームカナダは仲良いなあ。

ベルホタ
ツイストはいつもより良かったです。グチャーとならなかったのでね。3Tは素晴らしい確率ですね。3Sも決まりますように。クリーンな演技でした。良いスコア出たのに観客の無視が酷い。フェンスが水色だから黄色の衣装は目立ちますね。あっ・・・・・トランコフさんのイエローパンツってもしかしてこのために。ラノッテさんヒゲを伸ばし倒していたけれど、SDはあのまま滑るのか?SDはシアターの支配人だから合わなくは無いですが。

ヴォロトラ
ソロジャンプもスロージャンプも完璧では無いものの、それでもプラスが付くであろう質でした。今日はペアスピンが良くて、いつも最後のアップライトポジションでトラベリングするのが今日は美しい回転で、いつものやつじゃなくて、こういうのに+2付けようよって思いました。コレオグラフィー、インタープリテーション9.86wwwwwテサモエとメリチャリとのPCS勝負で勝ちそう。ミーシン、モロゾフ、ズーリン、プル、もじゃもじゃさん、モロゾフ2、モザーさん。何この胸焼けしそうな布陣。

今日の時点の順位
1 ロシア 19
2 カナダ 17
3 中国 15
4 日本 13
5 ドイツ 10
6 フランス 10
7 アメリカ 10
8 イタリア 8
9 ウクライナ 5
10 イギリス 3

ダンスは米加露伊仏英独の7カ国が日本より上位に行くでしょう。力的にも同ポイントで並んでいるドイツはフランスとアメリカには抜かれます。アメリカはフランスより両種目で上に行くでしょうから、確実にフリー種目を滑ることになるでしょう。大変失礼に当たりますが、日本がメダルを取る可能性を考えると絶対フリー種目に行くロシア、カナダ、アメリカ。もう1カ国はフランスではなく中国が望ましいです。中国にはダンスで勝てる力がありますし、シングルでは上回ります。もしフランスが行くとペシャブルが確実にトップ3なのでそこで差が付きます。女子SPの時点で真央の首位は絶対、2位と3位がロシアとカロリーナ(出るか知らないけど)、カナダがアメリカを上回ればなお良い材料になります。
これで露加米日中がフリー種目に進出したとして、ペアと男子は今の順位堅持。でも中国に抜かれる可能性があるから、女子とダンスは最下位。さらに複数種目でアメリカのミス待ち。日本の男女シングルは両方首位。これぐらいやると、銅メダルに手が届きます。無くは無いですけど、どうなるでしょうか。一スケートファンとしては、他国の選手がボロボロになってまでして日本にメダルをとは思ってないです。あくまで日本がメダル取れるとしたらの話。

とにかく怪我無く演技ができますようにと。これにて1日目終了。明日は開会式です。探すでー。
Comment:0
2014
01.18

ヨーロッパ選手権 3日目 ペアSP

アンチさんのブログで汚らしい言葉で選手を罵っていらっしゃるような方は、このブログへのコメントは止めていただきたいです。アクセス数が減っても良いので、こちらまで立ち入ってこないでください。魔窟でどうぞ。

ペアSP
1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)83.98 PB
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)76.76
3 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)71.70 PB
4 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(フランス)70.90 PB
5 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)69.22
6 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)63.23 PB
7 Andrea DAVIDOVICH / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)55.32 PB
8 Maylin WENDE / Daniel WENDE(ドイツ)55.19
9 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)53.65 PB
10 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)52.40
11 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)52.36
12 Natalja ZABIJAKO / Alexandr ZABOEV(エストニア)50.12 PB
13 Maria PALIAKOVA / Nikita BOCHKOV(ベラルーシ)48.18 PB
14 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)47.79 PB
15 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)44.79
16 Stacey KEMP / David KING(イギリス)43.98
17 Alessandra CERNUSCHI / Filippo AMBROSINI(イタリア)40.29
18 Elizaveta MAKAROVA / Leri KENCHADZE(ブルガリア)39.94
19 Julia LAVRENTIEVA / Yuri RUDYK(ウクライナ)37.96
20 Veronica GRIGORIEVA / Aritz MAESTU(スペイン)34.97 PB

ザビアコ&ザボエフはとても良い演技でした。3Tがピッタリでスローも飛距離あった。五輪に出られないのが残念です。ケンプキングは2回の転倒、PCSも厳しい評価でした。パリアコワ&ボチュコフは女の子が21歳と思えないぐらいに細くて小さいです。男の子はあのスタイルで良くジャンプ降りられるなーと。エレメンツはとっても良かったのでPCSの方を上げられるようにがんばって欲しいです。

ウェンデズ
滑り出しからスケートがよくシンクロしていました。なので、今日は良い演技になるのかな?と予想したのですがソロジャンプで男性が転倒、スローで女性がお手つきといういつもの彼らのやるような失敗になってしまいました。プログラム全体にすごく流れがあって良かったです。デススパイラルからのスピンが良かった。

デラモデル
ツイストを抱えてキャッチ、ソロジャンプはシンクロしてステップアウト、スローは両足着氷。失敗は多かったですけど、モデルさんの滑りがさらに上達していました。リフト降ろしてからステップに入るまで危なげなく加速を付けられていましたし、勢いがありました。前までの彼はどうしても繋ぎのスケーティングがフラットで勢いに乗り切れないところがあったんですよね。今日はメチャクチャ張り切ってたように見えました。

ドイツ応援団の、ぐるぐる回す楽器持ったおっちゃんはヨーロッパの試合どこでもいるような気がする。

マリタイ
トリプルツイストを入れてきました。質は問題無いぐらいでした。3Tは男性が転倒、これはいつもほとんどなので驚かないです。滑り出しが良かったですけど、後半の滑りが芳しくなかったです。特に男性のスケートが伸びていなくて、ステップではスタンブルもありました。ジャンプの成功率がとても低いので、それ以外で稼げないとしんどいですね。

サフゾル
男性が白い衣装から紺にしてきました。スローフリップは珍しく両足着氷でした。3Tはとても良かったです。失敗はありましたがGPFよりもさらに調子を上げてきました、さらに滑りが洗練されています。もう少しペアスピンの最後を綺麗に回転できればなお良かったですが、スピン全体で見ればプラスの質です。9点台が2つですか。GPFの影響で評価を取り戻しましたか。

ベルホタ
3Tの安定感は素晴らしいものがありますね。3Sも決まりますように。今日はエレメンツの質がいまひとつでした。ツイストは抱えていましたし、スピンの足換えで振付するところでもたついたし、出でもバタバタ。ステップの中盤で女性が前方に少しバランスを崩すような動きが見られました。彼らのPCSの評価が上がりきらないのは、スケーティングスキルに係る部分が大きいです。実績を積んでGPSよりもPCS評価は上がりましたが、本当の意味でこのスコアに見合う選手になって欲しいです。

ポポマソ
中国杯で見たはずなのにメチャクチャ久しぶりな気がする。スピンは回転速度が全く落ちずに安定した回転でした。ツイストはとても高かったです。慎重に入った3Tは両方が転倒、スローサルコウは両足着氷です。リバースラッソーで上に上がる時にツイストのように一回転を加えていました。地味だけどすごい工夫だなあ。出来如何でポポマソは五輪出場させてもらえないようなので、LPでは頑張って欲しいです。怪我明けで出てきてこれだけ出来れば十分派遣に値すると思いますけどね、ねえゲヤゲ。

バザラリ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああバザラリの3Tがちょっと合ってるううううううううううううううこれは事件です。女性の3Tの高さが少し戻ったんですね、ナショナルは史上最も低い3回転ジャンプでしたから。ミスの無いクリーンプログラムでした。

ヴァネシプ
ツイストは抱え込みました。3Tはものすごい飛距離でした。シプレさんの3Tは高さが上がり過ぎでした、シングルの選手でもあんな綺麗な3T降りへんでってぐらい。時々失敗のあるスローフリップは大丈夫でした。ジャンプ以外のエレメンツの質はまだまだのように感じました。特にステップ、フランス選手らしいと言えばそうなんですけど、ちょっと流れが停滞してしまっていて。それでも音楽表現ができていれば良い部分もあるんですけど、±0かなーというようなステップでした。ツイストは練習から苦労していたので仕方無いかもしれません。

ヴォロトラ
失敗が無さ過ぎて何の感慨も無くなってしまいました。TES45点台ンンンンンンンンンンンンンンンンwwwww5大会連続でノーミス&80点台とはこれ如何に。ソチが終わったらプログラムの密度を上げて、成績もスコアも技術も史上最強のスケーターになって欲しい。ペアスピンのアップライトポジションだけは変えられないかなあ。さらーっと歴代最高です。

ストクリ
ツイストの上げ方が昔なつかしのやつになっている。でもこれで安定しているなら良いのか。スローもソロジャンプでも+2の取れるいつものような完璧な質では無いですがマイナスの付かないものを入れてきました。全てのエレメンツに安定感がありますね、揺らぎが本当に少ないペアだと思います。ステップはものすごいディープエッジを使っていたのでコケるんじゃないかとハラハラしておりました。体の使い方が綺麗だった。PCSはストクリ>バザラリに。順位は4位ですが、2番手の座を射程圏内に捉えました。

もっとバザラリに高評価が与えられると思ったのにこれはどうしたことでしょうか。彼ら以外のトップ5以外の点数の出方を見ると、決して渋いパネルではないと判断できますが、今までが過大評価だったということ?

あーおもしろかった。
Comment:0
2013
12.22

国内選手権 12月21日分(オーストリア、スペイン、四国、イタリア)

スペイン・・・・・。

オーストリア
男子リザルト
1 Viktor PFEIFER EVD 203.44
2 Mario-Rafael IONIAN ESF 158.98
3 Severin KIEFER EIS 153.85
4 Manuel KOLL EVG 152.49

女子リザルト
1 Kerstin FRANK WEV 144.79
2 Christina GRILL WEG 101.03
3 Jenny LIN CEV 95.92
4 Ines WOHLMUTH WEV 95.51
5 Sabrina SCHULZ EIS 81.74
WD Miriam ZIEGLER GEV

ペアリザルト
1 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER GEV 142.96

ファイファーさんは3Fが抜けた以外全部入っております。2位になったのはイオニアンさん。初めてのユーロ代表になるでしょうか。フランクさんは3Tと3Sの構成でずっといっておりましたが、久しぶりに3Lzを成功しました。しかもすごい加点を受けています。仕上がってますねえ。

スペイン
http://www.fedhielo.com/index.php/noticias-patinaje-artistico/1674-javier-fernandez-y-sonia-lafuente-campeones-de-espana-de-patinaje-sobre-hielo-2013
男子リザルト
1.- Javier Fernández Ice Leganés
2.- Javier Raya SAD Majadahonda
3.- Felipe Montoya La Nevera Majadahonda

女子リザルト
1.- Sonia Lafuente SAD Majadahonda 90,25 140,27
2.- Marta García CH Bipolo 77,26 119,21

ペアリザルト
1.- Veronika Grigoreva / Aritz Maestu CH Txuri Berri 73,52 112,74

アイスダンスリザルト
1.- Sara Hurtado / Adrià Díaz SAD Majadahonda 91,18 150,88
2.- Celia Robledo / Luis Fenero 62,72 103,44

この出場人数、全カテゴリー合わせても大していないのに、男子の点数よく分からないってどういうこと?メインイベントだろ。リザルト未だに無いってどういうこと?どういうこと?どういうこと?日本スケ連以下かよ!

四国(チェコ、スロバキア、ポーランド、ハンガリー)
女子SP
1 Elizaveta UKOLOVA USK P CZE 51.45
2 Eliska BREZINOVA StaBr CZE 48.38
3 Monika SIMANCIKOVA AKO P SVK 48.07
4 Alexandra KAMIENIECKI POL 44.91
5 Ivett TOTH HUN 44.11
6 Nicole RAJICOVA BAP SVK 43.41
7 Alexandra KUNOVA BAP SVK 43.37
8 Agata KRYGER POL 43.28
9 Bronislava DOBIASOVA NMV SVK 42.36
10 Jana COUFALOVA BK LR CZE 41.86
11 Klara SVETLIKOVA SKK U CZE 41.60
12 Dominika MURCKOVA BAJ SVK 36.40
13 Miroslava HRINAKOVA KEK SVK 35.18
14 Marcelina LECH POL 34.62
15 Ada WAWRZYK POL 32.63
16 Bernadett SZAKACS HUN 32.16
17 Coco KAMINSKI POL 30.84
18 Anastasia VASILIEVA POL 28.36
19 Eszter SZOMBATHELYI HUN 28.27
20 Elzbieta GABRYSZAK POL 27.48
21 Agnieszka REJMENT POL 27.26
22 Anna SIEDLECKA POL 26.76
23 Walerija BAKUNOVA POL 25.46
24 Aleksandra KOSOWSKA POL 25.11
25 Anna NAWROT POL 23.82

アイスダンスSD
1 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY BAP SVK 56.54
2 Dora TUROCZI / Balazs MAJOR HUN 48.36
3 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN KR BV CZE 46.97
4 Justyna PLUTOWSKA / Peter GERBER POL 46.92

男子リザルト
1 Tomas VERNER BK CB CZE 237.40
2 Michal BREZINA StaBr CZE 209.40
3 Maciej CIEPLUCHA POL 204.05
4 Petr COUFAL BK LR CZE 191.13
5 Pavel KASKA USK P CZE 169.22
6 Krzysztof GALA POL 154.88
7 Tomas KUPKA BK Hr CZE 149.00
8 Marco KLEPOCH BAP SVK 136.82
9 Marton MARKO HUN 136.65
10 Kristof FORGO HUN 133.54
11 Marco ZAKOURIL BKVar CZE 132.04
12 Kamil DYMOWSKI POL 122.68
13 Michael NEUMAN SWE 120.16
14 Wiktor WITKOWSKI POL 118.53
15 Jiri BELOHRADSKY SKK K CZE 115.79
16 Martin KRHOVJAK KK OR CZE 113.29

ペアリザルト
1 Magdalena KLATKA / Radoslaw CHRUSCINSKI POL 123.01

女子はスロバキアの五輪代表争いが気になるところです。シマンチコワの方が上に来ましたが、今シーズンの調子を見るとラジコワの逆転の可能性は大いにあります。

男子はやはり4Tを回避してきたベルネルさんが優勝。3Aは両方失敗ですが、まあまあまとめました。でもやっぱりコンビネーション入れないですよね。入れようで。ミハルはボロボロとミスが出ています。レベルも取れていないですし。クーファルさんがノーミスの演技でチェコ3番手に。だがしかし!ユーロ2枠しかないんだなこれが。

イタリア
男子リザルト
1 Ivan RIGHINI ITA 199.49
2 Paul PARKINSON BONIFACIO ITA 194.82
3 Paolo BACCHINI ITA 178.05
4 Maurizio ZANDRON ITA 160.42
5 Antonio PANFILI ITA 148.88
6 Giorgio SETTEMBRINI ITA 142.89
7 Dario BETTI ITA 141.84
8 Carlo Vittorio PALERMO ITA 138.91

女子リザルト
1 Valentina MARCHEI ITA 162.49
2 Francesca RIO ITA 146.65
3 Roberta RODEGHIERO ITA 146.13
4 Carol BRESSANUTTI ITA 134.76
5 Giada RUSSO ITA 127.43
6 Micol CRISTINI ITA 120.45
7 Ilaria NOGARO ITA 112.98
8 Caterina ANDERMARCHER ITA 105.52
9 Martina ZOLA ITA 102.32
10 Naomi DE SIMONE ITA 90.35
11 Mariangela CASSETTA ITA 83.60

ペアリザルト
1 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 203.43
2 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 155.85
3 Giulia FORESTI / Luca DEMATTE' ITA 143.44

アイスダンス
1 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 183.35
2 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 157.40
3 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI ITA 148.55

微妙に見ていたイタリア選手権。バリエフ、パーキンソン、バッキーニの順番となりました。優勝はバリエフなのですが、LPはかなり崩れました。プロトコル上ではジャンプ2つの転倒以外はそこそこのように見えるんですけど、レベル取れていないですし、何より一番滑って無さ過ぎる。インタビューによると体調が万全で無かったようですけども。止まる止まるスピードが出ない。濃いでもスピードが出ない。全体的にモターっとした印象。パーキンソンは3Aをクリーンに2本着氷したってことに驚きました。いつもではありえないですからね。LPではぶっちぎりの1位でした。バリエフと比較して全然PCSでもらえていないというのもよく分からない。パーキンソンはパーキンソンで音楽の変化で雰囲気が変わらず常に同じように漕いで跳んでいた印象はありますけど、それでもバリエフよりタッチは随分柔らかくて綺麗でした。よく分からない。
http://www.artonice.it/?q=it/node/14927 この記事によるとバリエフが五輪行く気満々なんですけど、選考方法の国際大会2戦と国内選手権のLPのスコア合計というものではパーキンソンが勝っているので、それは無いんじゃないかと。バッキーニさん12年連続メダルだけど優勝は出来ず。
バッキーニさんは3Fにeマーク、パーキンソンさんとザンドロンさんは3Fが嫌い、パンフィリさんは入れてすらいない。イタリア人はフリップが嫌い、と。女子もみんな3Lz派ですもんね。

女子はマルケイさん優勝でしたが回転不足も出て残念な出来に。SPで3S-3Tに挑んだのでLPでは2A-3T入れて欲しかった。ロデギエーロさんは3Tが1つステップアウトだった以外ジャンプは高さがあってクリーンでした。滑りがややガサツなところは気になりました。それから彼女のノートルダムドパリは盛り上がりのみを繋げて無理矢理過ぎるので、もう少し考えた方が良いのでは無いかと思ったり。ブレッサヌッティさんはこれでもかというぐらいにスパイラルを入れていました。長い脚を嫌味かっていうぐらいに見せ付けるプログラム、またパンツ衣装だから余計に長く見える。

ベルホタは昨年のナショナルでノーミスの素晴らしい演技でしたが今年も良かったです。スローループ両足でしたけど、3Sも入りましたし。もっとてんこ盛りにして全部8点台だと思ったのに手加減したなあ。デラモデルはジャンプは全滅でした。デラモデルと1番滑走の組の採点時間がすーーーーーーーっごく長かったです。あれは何だったんだ。

カペラノはFDでもすさまじいスコアが出ております。いやーこうじゃないとナショナルじゃない。ギニャファブもすごいPCSを出しました。

イタリア代表はすでに内定しているカロリーナ、マルケイ、ベルホタ、デラモデル、カペラノに加え、選考基準通りだとパーキンソンとギニャファブになるはずです。
Comment:0
back-to-top