FC2ブログ
2015
01.17

メダルウィナーズオープンの感想

土曜日のエントリーラッシュ

女子
1 Joannie ROCHETTE(カナダ)64.67
2 Sarah MEIER(スイス)54.89
3 Miki ANDO(日本)54.10
4 Laura LEPISTO(フィンランド)52.94
5 Irina SLUTSKAYA(ロシア)50.63
6 Kimmie MEISSNER(アメリカ)45.56

サラさん
2A 2A-2T 2Lz
全盛期に比べるとスケーティングのスピードは少し遅くなってしまったように思えますが、久しぶりに見たこのアメリ、また素敵でした。レイバックスピンのヘアカッターの後の腕へにょってねじるって回るやつ好きなんですよ。アップライトスピンのチェンジエッジ・・・はあ・・・今のルールでやってもレベル取れないからもう見られない。見たいんだよおおおおおおおあれが絶品なんだよおおおおおおおお。

レピスト
2A-2T 2A 2Lo
まだ2Aを跳ぶ技術力をキープできていた。よかった。オルゴールを持って滑り始めたから、フレンズのオペラ座群舞がよぎって緊張したけど、よかったオペラ座じゃなくて。滑りは昔のままで嬉しい。シャープさは少し失われてしまったかもしれないけど。衣装素敵だなあ。

キミー
3T fall 3S 2A-2T
キミーがめっちゃ痩せてる!!!でも乳は全然ない!!!大人になったけど可愛いままのそんなキミーが大好きだ。この衣装も昔使っていたやつですね。2008年の全米選手権で着ていました。体が硬い、レベルも取れてない、でもいいんだ。それでいいんだ。

イーラ
3Lo so 2A shaky 2A hd
35歳イーラ、スリーターンからのループ。あたし一人ぼっちなのずっと一人なの・・・な歌詞の曲をめちゃくちゃ楽しそうに元気に滑り上げるイーラ。さすがに少し滑りは苦しくなったきたけど、この見た目の若さですよ。こんな35歳ロシアにはちょっといないでしょ。イーラは魔女にならないで、ずっとチャーミングなままでいてください。キスクラはスノーなんたらとかいう面白い格好したアイスショーメンバーのプルとジョニーと一緒に。昔から仲良しだなあ。

ジョアニー
3F 3T+2S 3T
こwwwwwれwwwwwはwwwww現役の大半の選手より3Fも3Tも質がいいじゃないですか。なんだこの幅とキレは。滑りもなんだったらアマチュアの時よりも流れが出て美しくなっていますよね。これもまた現役の大半の選手よりも上手ってか、誰よりも上手と言ってもいいかもしれない。ルッツ入れられればすぐにでも競技に出られるぐらいのレベルです。滑ると筋肉が浮き出てきて逞しいかっこいい。そして美しい。あああああああああジョアニー好きだあああああああああああ。

安藤さん
3S-2Lo 3Lz fall 3S
ピアノ協奏曲のと型紙が似ている。ルッツとステップの転倒は残念でした。ショパンは彼女から考えるとかなり挑戦的なプログラムでありました。やはり少し練習不足もあるのかな?とは思います。12月1月テレビやらアイスショーやらで疲れがあったかもしれません。子供産んで2年近く経つとお乳は萎んでしまうものだな。

男子
1 Evgeny PLYUSHCHENKO(ロシア)86.95
2 Nobunari ODA(日本)85.15
3 Jeffrey BUTTLE(カナダ)77.28
4 Johnny WEIR(アメリカ)75.14
5 Evan LYSACEK(アメリカ)73.32
6 Takeshi HONDA(日本)50.41

テケ
3A fall 3S 3T df
親の言うことを聞いて別れたロミオとジュリエット、10年後に両家が和解した後に子供の運動会で再会。互いにバツイチでいいところを見せようと奮闘するロミオ33歳。みたいなプログラムとして見ると、スピンのノーカンもすごく微笑ましく見えてくる。娘に「お父さんかっこ悪い!」と言われてテヘヘと照れるけど、ジュリエットはそれを見て微笑んでくれるのですよ。良いお話でした。-完-

ジョニー
3Lz-2T tano 3A fall 3T
うわあああああああああああああああああああ何このヒラヒラあああああああああああ変だけどスピンでめっちゃ綺麗じゃないですか。シットスピンのいり方すげえ。計算しつくされた素敵なジュディ・オングでした。女は海でした。好きな男の腕の中でも違う男の夢を見そうでした。ジョニーはプロ向きだなあ。後半3項目はしっかりもらえそうな演技。お花の冠似合うわ、お姉さん粋やわ。日本語の発音上達しすぎやわ。

ジェフ
3T-3T 3Lz hd 2A fall
アウトサイドからインサイドにイーグルをチェンジエッジする時の顔の動きたまらん。これがねイーグルですよ。単にイーグルでトランジション埋めるので点数なんて出てはいかんのだ。コレオシークエンスのツイズルの余韻の残し方たまらん。脳内から幸せ物質出まくりです。あああなんでこんなに美しいスケーティングなんだ。いい感じで老化してきた。かっこいい。至福の時間でした。まだハゲそうになくて嬉しい。屈強なつむじ。

ライサ
3F-2T 3Lz 3F
インサイドイーグルした時脚長すぎて内側にボキッて折れるかと思った。ライサは昔から全く変わっていなくて安心する。現役の最後の方はずっとオールバックだったけどライサには似合っていないと思うから、最近はずっと下ろしてくれてていいわ。ロクサーヌなのに、あの魚河岸みたいなグレーのハイウエストパンツじゃないのか。

織田さん
4T-3T 3A so 3Lz fall
3Aはリンクが狭くなかったら成功していたでしょうね。運営側もこんなジャンプ構成で来る選手がいるとは思わなかったのか?あれだけバラエティーに出ていて、生活も不規則だろうに滑りまくってる。アディオスノニーノも違和感なく入ってきました。現役時に滑っていてもよかったかもしれない。点数出た時の反応がバラエティーに染められすぎてる。

プルシェンコ
3A 3A-2T 3Lz
3Aきれいすぎんぎんギラギラソーセージ。予定構成変えてくるなんてすげえ。また今回もマートンの四季のやつだったらどうしよう、さすがに飽きてるよ。と思ったけど、これもまた見飽きたJe Suis Maladeだった。だがしかし、そんな曲でもやっぱり目を奪われてしまうのがプルシェンコ。はいラスボスー。

今年の1月12日で、ジェフリー・バトルさんの「渇望のチョコレートアイスクリーム」から5年だったのに記事書くの忘れていました。年末から気合入れてたのに一生の不覚。


2014
05.11

3Lz-2T-2Lo

女子の3Lz-2T-2Loが絶滅の危機に瀕しています。3連続のジャンプといえば3L-2T-2Loです。3Lzのドーンに2T-2Loの小気味良さ、これがこのコンビネーションの魅力。だがしかし今シーズンにこのコンビネーションを施行した選手がたった5人で、回転不足やeマーク無しで成功したのはオゴレルツェワ、ウコロワ、あっこちゃん、ソヨンの4人で合計5回のみ。これは由々しき事態。今一度3Lz-2T-2Loの素晴らしさを見るエントリー。

この10シーズンの中でISU主催の大会にて、3Lz-2T-2LoのコンビネーションでGOE+1以上を得られたもの(2009-10シーズンまでは+1.00、それ以降は+0.70)はたった15本。

2006年グランプリファイナル サラ・マイアー 1.00
2007年世界選手権 サラ・マイアー 1.00
2007年中国杯 ユナ・キム 1.00
2007年中国杯 ユリア・セベスチェン 1.00
2007年ロシア杯 ジョアニー・ロシェット 1.20
2008年欧州選手権 ユリア・セベスチェン 1.00
2008年四大陸選手権 ジョアニー・ロシェット 1.14
2008年世界選手権 ユリア・セベスチェン 1.43
2008年エリック・ボンパール杯 ジョアニー・ロシェット 1.00
2008年ロシア杯 ユリア・セベスチェン 1.00
2008年グランプリファイナル ユナ・キム 1.00
2008年グランプリファイナル カロリーナ・コストナー 1.00
2009年世界選手権 ユナ・キム 1.00
バンクーバーオリンピック ジョアニー・ロシェット 1.00
ソチオリンピック 鈴木明子 0.70


3つのバランスがとても良いです。フィジカル的に絶頂期だった2シーズンのうちの1シーズンの世界選手権の、そんなに出来が良くなかった時の演技。この頃は助走に無理が無くてジャンプが全体的に高さがありました。優勝はしたものの最後のユーロはかなりいっぱいいっぱいでしたから。腰高シットスピンとアップライトのチェンジエッジが懐かしい。今だと何も評価されないこのスピンたち。大好きだったのにルールのせいで。

彼女のジャンプは3-3は3F-3Tで3連続は3Lzからが一番落ち着きます。2A-2T-2Loじゃダメなんです。2A-2T-2Loのイメージはキミーだから。彼女の3Lzはものすごいスピードの中で跳ぶので、3Lzのインパクト加点という方が大きいでしょうか。着氷の流れはそれほどは無いです。バンクーバー前の彼女は片方の3Lzを失敗するのがものすごく多かった記憶があります。

ジョアニーのプログラムの中で一番好きなのが、何を隠そうともしていないけれど、このドンファンなのです。2番目がサマータイム。ジョアニーの3Lz-2T-2Loは高さ系では無くて回転がシャープでリズムがある系。小気味の良さで言うとジョアニーの3連が一番かな。このプログラムは結局最後まで2つのシークエンスが揃うことが無かったんだった。クリーンプログラム見たかった。

そして3Lzの女王セベスチェン。最高加点を得られていた世界選手権は映像が無いんです。彼女は第1グループで滑ったからそのせいでしょう。お手元にDVD等で映像を残されている方は、ぜひご確認ください。3Lzが高くてセカンドサードが低い、このバランスの悪さ。バランスが悪すぎて清清しい。理想とされる親子ジャンプ理論をぶち破る加点です。ここからずっとヤバい編曲のプログラムばかり滑っていたんだった。

これだけ加点が少ないのを見て分かる通り、3-2-2はそもそもが成功率が低いですし、降りても流れをなかなか作りにくいので3Lzからできるような選手は3Lz-3Tを入れて、3-1-3にしたりということが多いです。3Lz-2T-2Loは過去の選手の遺産となってしまうのでしょうか。僕はここに"3Lz-2T-2Loを守り隊"を結成し、跳んだ選手を称えまくります。3Lz-2T-2Lo界のホープ、チェコのエリザヴェータ・ウコロワさんには出来るだけ長い間跳び続けてもらいましょう。男子はそれなりにいるから保護対象外。

解散記事じゃなくて、こういうユルいエントリーでシーズンオフは穏やかに過ごしたいものです。
Comment:8
2013
10.06

ジャパンオープン感想

1 Team JAPAN 544.85
2 Team North America 528.89
3 Team Canada 477.84

男子
1位 ハビエル・フェルナンデス(スペイン)176.91
2位 小塚崇彦(日本)158.42
3位 ジェレミー・アボット(アメリカ)157.70
4位 高橋大輔(日本)149.12
5位 ジェフリー・バトル(カナダ)127.43
6位 ミハル・ブレジナ(チェコ)125.74

女子
1位 浅田真央(日本)135.16
2位 ジョアニー・ロシェット(カナダ)123.99
3位 アシュリー・ワグナー(アメリカ)119.77
4位 アデリナ・ソトニコワ(ロシア)105.95
5位 村上佳菜子(日本)102.15
6位 イリーナ・スルツカヤ(ロシア)69.24

ミハル
衣 装 が ま と も !ジャンプがボロボロでしたが、それでも3A1本目は失敗しない。衣装的にホームズなんですけど、ミハルはきっとワトソンくんの方が似合うと思いますよ。銃構える動きいっぱいありますけど、えの映画のホームズは銃よりも肉弾戦のイメージの方が強い。

ジェフ
おうじ、さんじゅういっさい。ショートサイドにサトウカエデ柄のセーターと思われるカナダのおばちゃんが。おばちゃんら遠征?プロになってもステップレベル4とは素晴らしいですねえ。彼はルッツもループもアクセルも苦手なんだから、これぐらい失敗するのが普通!!!来年もジャパンオープン出てくれるのかな。というか、ジャパンオープンは存在するのかな。

こづ
インナーアージ改じゃないのかこの衣装は。赤が明るすぎて曲のイメージに合わない。せめて赤系統にするならえんじ色とかにすれば良かったのに。4Tが両足で、3Aが抜けましたが全体的には良い出来ですね。安定感ありました。物価で言うと、バナナぐらいの安定感。

なんですくん
この衣装亀甲縛りみたいだよなんですくん。クワドを3本降りてからスタミナが無くなってしまいました。ましてや苦手なトゥジャンプさんたちでしたから。レベルがすさまじいほどにとれていませんでした。昨シーズンも1回全然レベルとれていない試合がありました。せっかくクワドで稼いでも、3Aが1本なのと、2本のジャンプが3Sなのと、取りこぼしで他の選手と同じようなTESに収まってしまうので、もったいない失敗が無くなって欲しいです。チャップリンが良かっただけになー。

アボットくん
クワドとフリップで失敗でした。彼は4Tを試合で抜くことはしない方がいいと思います。だって回避して3Fや3Lzにしても失敗する可能性かなりありますもん。代打出場でこれだけ滑られれば御の字ですね。全然本調子では無さそうです、キレが無くて終始もっさりでした。

大輔さん
ステップ素敵でした。首の使い方が上手い。彼は首の使い方が現役選手で一番上手ですから。コレオシークエンスはリンクの使い方広くてよかった。ジャンプはさておき、振付は良いと思います。ただ五輪シーズンに選ぶような曲か?とは思います。弱い、果てしなく弱い。しっとりした曲を選ぶのであれば、1曲ないし2曲をアボットくんのエクソジェネシスとか、シズニーのオーシャンウェーブみたいな感じで滑ればいいのに。なんか・・・まあ、よくなるかな。ママーーーキャクセキガコワイヨー。

ジョアニー
キレ有り過ぎwwwwwアクセル一本ミスっただけで6トリプルも降りているじゃないですか。カナダの現状を見ると、もう戻って来てとは思いませんが、今戻って来ても代表になれるし、五輪入賞も可能なぐらいですね。ここに来てまさかの新プロでもありました。ああ美しかった。カジモドになって、ジョアニーとノートルダムドパリごっこやりたい。

佳菜子
磐石なはずの前半ジャンプが成功しませんでした。中部選手権は体調が悪くて出なかったので、練習があまりできていなかったのでしょうか。3F-3Tを構成に入れてくるんですね。少し弱い構成でしたし、後半の3F+2Aは失敗が多かったので変えてくれて良かったです。でもまたアクセル抜けてるわ。雰囲気を出す前にジャンプミスで、そこまで手が回らなかったです。きっと次戦は仕上げてくれるはず。彼女も今シーズンで引退する発言をしているので、悔いの無い演技が出来るようにと願います。でも大学ってスポーツ推薦とかちゃうの?普通の入試?AO?大丈夫なん?っていう疑問。大輔氏「最低イェーーーイ」

イーラ
ジャンプは最後の2A以外成功しませんでしたが、こうやって出場してきてくれたことが嬉しいです。最後にタンゴアモーレでピアソラの雰囲気が崩壊。魅せるスケーティングを貫いて!

アシュリー
3F-3Tを入れてきました。セカンドトゥや3Loで回転不足があったものの安定感は健在でした。プロコフィエフだけでプログラムを構成しているってところが良いですね。それが普通なのにみんな安易に全ロミジュリの有名なところ繋げたがるんですから。繋げてマトモなプログラムだったののサラさんぐらいですよ。後半はスタミナ切れでしたが、昨シーズンもGPSの時点で既に仕上がっていたので、きっと今年もそうしてくることでしょう。アルトゥニアン、もっとステップをビシバシとお願いします。衣装は本当に素敵。襦袢全然目立たないですし。

真央
良かった乳当て衣装じゃなくて。はいもう変えなくていいです!3Aはオーバーターンですが回転が足りていて良かったです。低空化が深刻だった3Fにはきちんと高さが出て加点が得られるものになっていて良かったです。3Loも同じく。ステップはこれでもかというぐらいにドヤドヤドヤドヤドヤアアアアアアアアアアアアア。コレオシークエンスの移動距離分かりにくいカメラワークだったなあ。五輪シーズンなので、これぐらいベタで良いんです。五輪は胸焼けするぐらいベタで構わない、その気概でこっちも見ているので。シーズン頭の試合は相性が悪いですが、今年が1番良いですね。ぜひスケアメ優勝してGPS6戦制覇してください。女子はまだいませんもんね。

ソトニコワ
ダンスの選手が入れるビート的なウザさを持ち合わせた音源。キャメルスピンのポジションが今年も変わりました。真央もそうですけど、タラソワは変えたがりなのかな。ルールによって同じようなスピンばっかりになってしまいましたが、本来なら曲に合わせて変えるのが自然なんですけどね。今回のキャメルもすさまじかった。ジャンプの相次ぐ失敗での疲労からか、いつものような男らしいスケーティングが見られず後半は急激な減速でした。そうだなあ・・・音源普通のにしません?

今週末、復活プロと続行プロを数え切れないぐらい見て、お腹いっぱいになりました。
Comment:8
2012
10.05

メダルウィナーズオープン

女子
1位 荒川静香(日本)64.80
2位 ジョアニー・ロシェット(カナダ)63.47
3位 イリーナ・スルツカヤ(ロシア)61.97
4位 サラ・マイアー(スイス)54.53
5位 ラウラ・レピスト(フィンランド)52.98
6位 キミー・マイズナー(アメリカ)51.90

ジャンプは3つ、スピン3つ、コレオステップが規定のエレメンツです。
それぞれが降りたのは
あらかーさん 2A-3T 3T 2S
ジョアニー 3T-2T 3T 3S
イーラ 3F 3Lo-1T 2A
サラさん 2Lz 2A-2T 2A
レピスト 1A 2A hd 2T-2T
キミー 3T 1Lo 1A+2A hd

イーラは33歳にして3Fと3Loを降りるという。やっぱり彼女は構造が違うんですね。とても盛り上がったようで、早く映像が見たいものです。地上波無いのが悲しい。

男子
1位 ジェフリー・バトル(カナダ)83.40
2位 カート・ブラウニング(カナダ)71.57
3位 イリヤ・クーリック(ロシア)69.93
4位 本田武史(日本)69.32
5位 アレクセイ・ヤグディン(ロシア)69.10
6位 フィリップ・キャンデロロ(フランス)51.63

ジェフ 3Lz 3T-3T 2A
カート 3S<< 3T-2T 2A
クーリック 3F<< 3Lz 3Lz-2T
テケ 3F-2T 3A 2T
ヤグディン 3T 3S 3T-2T
ロロ 3Lz fall 2T-2T 3T fall

10.00多いですね~。もうここまできたら10点満とか6点満点でいいですね。ジェフは基礎点からしてぶっちぎっています。このルールである限り、引退した直後の選手とかランビぐらいしか勝てなさそう。

カナダは全員メダルでした。私にくださいメープルの勇気。
Comment:4
2012
05.04

ジョアニー・ロシェット競技復帰

http://www.winnipegfreepress.com/sports/other/rochette-pondering-return-to-olys-149967575.html?device=mobile

2010年バンクーバーオリンピックの銅メダリスト、ジョアニー・ロシェットが競技復帰の意向を表明しました。ソチオリンピックを目指しての復帰です。

彼女は「参加」が目的ではなくて、「前回よりも良い成績」を目指しているそうです。

彼女はエリジブルを維持していましたが、そちらの方が金銭的に良いことがあるからで、復帰するとは微塵も思っていなかったので、かなり驚きました。

来シーズンはカナダでのワールド、そして五輪枠も懸かっているので、復帰にはもってこいです。これで女子もまた楽しみになってきました。
Comment:3
back-to-top