FC2ブログ
2012
06.03

ジャーリン・ウー引退

http://sports.sina.com.cn/o/2012-06-03/11046085354.shtml

中国のベテランがまた1人リンクを去ります。
ジャーリン・ウーが引退を発表しました。

これからはコーチとして子どもたちを指導してくそうで、すでにコーチ業は始めているとか。いつか彼が育てた生徒が試合に出てきてくれることを楽しみにしています。でも、衣装のセンスはダメよ?3Aはバシバシと。中国の若手、3Aが苦手ですもん。

彼の引退で、中国は代替わりですね。
ナンソン、ハンヤン、ジンリン・グァン、それにフー・ジャン。男子も女子もペアも中国は変わりつつあります。ダンスも垢抜けましょう。

うーくんの最高の演技は、2010年の四大陸でした個人的には。東京ワールドのSPも良かったですね。すさまじい3A。
Comment:0
2011
11.05

中国杯 2日目 男子リザルト

ご飯手抜きになるんですよね。
間隔が狭いから。

男子LP
1 Nan SONG(中国)154.03 PB
2 Nobunari ODA(日本)149.46
3 Jeremy ABBOTT(アメリカ)149.17
4 Yuzuru HANYU(日本)145.16
5 Richard DORNBUSH(アメリカ)142.34
6 Artur GACHINSKI(ロシア)140.90
7 Kevin REYNOLDS(カナダ)140.10
8 Jialiang WU(中国)117.43

男子リザルト
1 Jeremy ABBOTT(アメリカ)228.49
2 Nobunari ODA(日本)227.11
3 Nan SONG(中国)226.75 PB
4 Yuzuru HANYU(日本)226.53
5 Artur GACHINSKI(ロシア)222.54
6 Richard DORNBUSH(アメリカ)205.27
7 Kevin REYNOLDS(カナダ)204.41
8 Jialiang WU(中国)182.49

ドーンブッシュ
4T hd 3Lz 3A-3T so 3A 3S+1A 3Lz-2T-2Lo tano 3F 3Lo
つまり気味のジャンプはいくつかありましたが上手く演技をまとめました。保安官殿プログラム、良いと思いますが昨シーズンのLPがとても良かったので、それと比べるとイマイチかなーと。トランジションで前向きで滑るところがありますが、あまり良いとは思えないです。ターンを入れるならともかく、腕を動かしているだけなので。

チャッキー
4S 4T 3A fall 4Lo fall 3F-3T-3Lo 2A 3Lz-3T 3S-2Lo
ジャンプ構成強すぎwww3クワド7トリプルって人間じゃないですよ。もう1つトリプル増やせるじゃないですか。もうあれですよね。ジャンプがすごすぎてプログラムのこと覚えてないっていうアレですよね。

うーくん
3A-3T 3S 3A fall 3Lz so 3Lz-2T 3Lo 2A-2T-2Lo so 3F so
昨シーズンと同じプログラムでした。昨シーズンはこのプログラム、四大陸で素敵な演技を見せてくれましたね。その時もそうでしたが今回も後半になるとスタミナが切れて、スピードだけではなくジャンプの精度が落ちてしまいました。スピンが得意ではないのでジャンプで点数を稼ぐしかないので、なかなか厳しいかなあと。
この衣装、まさに中国ですよね。なぜ中国はオレンジを使いたがるのか。オレンジってフィギュアスケート向きではないような気がします。ましてやこんな蛍光オレンジ。

ナンソン
4T-3T 4T 3A 3A-1T 3F 3Lz 3S 2A-2T
無表情で喜ぶ松尾スズキ似のコーチ。
素晴らしい演技でした。無関心っぽい中国の観客が手拍子をし始めるということは、相当盛り上がっているということですよね。昨シーズン成功の無かった4TをLPで2本成功。アクセルでシェイキーなランディングになりセカンドが1Tになった以外はミスはありませんでした。苦手のループは抜きましたが、この構成であれば問題ないです。ジャンプを成功させる度に気持ちがノって、体もすごく良く動いていました。課題のスピンも今日は良かったです。ジャンプを成功させる度にピッ!と振りを決めるものかっこよかった。そして珍しく衣装も良かった。今日はいいことずくしでした。
ナンソンいいよ!ナンソン!ナンソンがちうごく1番手だよ!

ノブナリ
3A-2T-2Lo 3Lz-3T 3Lo 3F fall 3A 3S 3Lz-2T 2A
アクセルのコンボやルッツは軸がブレていましたが、軸調整すごいですね。普通の選手なら絶対ステップアウトしているでしょうね。彼ってステップアウト少ないですよね。ステップアウトよりも転倒が多いイメージです。今回は怪我のこともあってクワドは無しの構成でしたが、まとまった演技だったと思います。
たしかこのプログラムは悲しいところは演じないというテーマだと思うのですが、楽しそうにも見えませんでした。使っていたのもI will wait for youのところばかりでしたし、全体的によく分からなかったです。うーむ、次戦に期待です。

アボットくん
4T fall 3A 3F 1A 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S-2T 2A
2つミスがありました。クワドは入れている割には彼ってそんなに成功はしたことないんですよね。したときのインパクトがすごいだけで。
元々この音楽は贖罪がテーマなので、これぐらいシンプルな衣装の方が良いと思います。彼の美しいスケーティング、緻密なトランジション素晴らしいですね。安易にGOEを取りにくるために、腕振り回して、蹴り入れまくるコレオステップが多い中、プログラムの調和を大切にしたところが素晴らしいと思います。評価されて然るべきのコンポーネンツです。3シーズン連続良いLPです。

羽生
4T 3A 3F 3Lz 3A-3T fall 3Lz fall 3Lo 2S
ルッツの決まらなさが留まることを知らない。もうルッツルッツああルッツ。ルッツが一番怖い。
ジャンプの前にトランジションが増えたことは良いですが、それでもまだ少ないかもしれません。前向きに滑るところ少しだけだとアクセントになりますが、あまりに多すぎると印象が良くないかも。まだまだ行ける選手ですよ。まだまだ。

がっちゃん
4T fall 3A so 3A-2T 2S 3Lo 3Lz 3Lz-2T-2T 2A+2A
ジャパンオープンの時と同じく4Tは転倒でした。その他にも2つミスがありました。前の2人に比べるとプログラムが見劣りしますし、ジャンプミスがあっても光っているとも感じませんでした。サーキュラーステップの後のトランジションはいただけない。突っ込まれるほどエッジは浅くないとは思いますが、伸びは無いんですよね。コレオステップはもう少しインパクト欲しかったです。

ミスをした選手が多かったですが、それでも見応えがある良いイベントになりました。
ナンソンは文句無しで素晴らしかった。次は地獄のエリック杯。こちらでもがんばって。
ノブナリは表彰台厳しいかと思われましたが2位になりました。彼もエリック杯。ファイナルに行って欲しいです。
アボットくんは優勝なので、次戦4位でもよほどのことがない限りはファイナルへ行けそうです。今回一緒だった羽生とがっちゃんもロシアですね。羽生優勝狙って!

次週はNHK杯、トラの登場です。今さらですけど、トラっておもしろい。トラって呼ばれるスケーターが面白い。
Comment:8
2011
11.04

中国杯 1日目 男子SP

テレ朝みよったら、事前情報10分とかwwwwいらねぇwww
んでもってストリーミングが切れてしまう。

男子SP
1 Artur GACHINSKI(ロシア)81.64 PB
2 Yuzuru HANYU(日本)81.37 PB
3 Jeremy ABBOTT(アメリカ)79.32
4 Nobunari ODA(日本)77.65
5 Nan SONG(中国)72.72
6 Jialiang WU(中国)65.06
7 Kevin REYNOLDSカナだ64.31
8 Richard DORNBUSH(アメリカ)62.93

ナンソン
4T-2T 3A 3Lz
Youtubeに上げてくださっている方がいたので見られました。SPからクワドを入れてきて成功。4-3とはいきませんでした。着氷が微妙だったのもありますが、彼はあまりコンビネーション得意ではありませんね。キャメルスピンは質は良くないですが昨シーズンのものに比べれば全然いいです。昨シーズンと同じプログラムですが、昨シーズンのどの演技よりも良かったです。復活してくれるといいですね。

チャッキー
4S-3T 3A 3Lz
4-3は入りましたが、今回もアクセルで失敗がありました。彼自身はアクセルは苦手ではないようですが、試合で成功しないことを苦手というのでは・・・・。プログラムは昨シーズンまでのSPと同じようにシェイリーン。滑りがよく伸びていていいステップだと思いましたが、今シーズンもステップの時間が少し長すぎだと思います。
日本人のオタクゾーンやばい。

6分練習中に現地のおばちゃん、大あくび。カメラに抜かれて赤面。おもしろかった。

羽生
4T 3A 3Lz-3T
( ゚д゚)ポカーン
( ゚д゚)ポカーン
( ゚д゚)ポカーン
すげーわ。クワドもすごいですけど、アクセルすごいですよね。ステップから跳ぶにも限度があるほど準備動作無さすぎる。あのアクセルに全員+2以上しないと許さない。むしろ課題がルッツっていうのがすごい。からだの動かし方、強いエッジでドドドドドドドドドドドドドド。かっこいい。羽生さんかっこいいっすよ。クワドはステップから跳ばないと駄目ですけどね。
羽生「今日はすごい流れたねー」先生「ランディングの後の動き良かった」

アボットくん
3F-3T 3A 3Lz
さすがのおとなしいチャイニーズでも盛り上がらざるを得ないプログラム。ジャンプはこらえた!という感じでした。スピンは昨シーズン、ルールの改正でかなり影響を受けていましたが今回の演技でのスピンは回転速度もポジションも五輪シーズンの水準で、とても質が良かったです。トランジションにたくさん入っているトゥステップで、プログラムの印象もいいですね。前方向の客席に向けて楽しいプログラムです。スピードもリンキングフットワークも素晴らしい。評価されて当然という素晴らしいプログラム。

がっちゃん
4T-3T 3A 3Lo
ファーストジャンプが少々シェイキーでもセカンドつけてきました。ブルースのプログラムでしたが、そんな感じもしなかったかなという。音楽表現の面では前に滑った2人には劣りますね。コミカルな表現もあるので、真顔ではなくてもう少し楽しそうに滑って!・・・と思ったら結構出ました。

ノブナリ
3A 3F-3T 3Lz
本来は4T-3T 3A 3Lzという順番での構成のようですね。ユロスポの解説があらまぁと驚いていました。今回はクワドは無しの構成で試合をするそうです。怪我もありましたから作戦としていいですよね。GPSで飛ばしすぎなかったら、きっとシーズン後半で良い演技が待ってる・・・はず。
いつもは3Lz-3Tを入れている彼ですがフリップから、ルッツもいつもと跳び方が違いました。
よく分からない曲でした。一度も聴いたことのない曲だったので、いきなりだと分からないです。彼のこの衣装の布はどこに売っているんでしょう。こんなテカってカラフルな布は。
スケーティングスキルの評価が高いのに、他の評価が低いのが・・・・・しょうがないけど・・・。

スピンレベル4を揃えたのがナンソンとドーンブッシュ。ナンソンが揃えると何か違和感を感じてしまう。取りこぼしをしている選手が多かったので、LPではないように気をつけて!!!ちょっとの点数で変わりますよ。
上位4人、LPではどのように入れ替わるか分からないですね。8人しか出ておらず寂しいですが、レベルの高い試合になりました。

ジュベールさんは怪我治してください。
来シーズンから試合に出るとしたら、重役出勤みたいな出場にするんですよね?ゲヤゲがそこまでジュベールに対して寛容だとは到底思えないのですが。
Comment:4
2010
10.24

NHK杯 男子リザルト

男子LP
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)156.75
2 Florent AMODIO(フランス)143.76 PB
3 Jeremy ABBOTT(アメリカ)143.57
4 Yuzuru HANYU(日本)138.41
5 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)134.10
6 Takahito MURA(日本)128.65 PB
7 Jialiang WU(中国)125.52
8 Shawn SAWYER(カナダ)123.65
9 Jeremy TEN(カナダ)122.00
10 Ross MINER(アメリカ)121.77
11 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)119.23
12 Denis TEN(カザフスタン)102.94

男子リザルト
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)234.79
2 Jeremy ABBOTT(アメリカ)218.19
3 Florent AMODIO(フランス)213.77 PB
4 Yuzuru HANYU(日本)207.72
5 Shawn SAWYER(カナダ)193.80
6 Takahito MURA(日本)191.85
7 Jialiang WU(中国)189.58
8 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)189.41
9 Ross MINER(アメリカ)186.62
10 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)181.47
11 Jeremy TEN(カナダ)176.48
12 Denis TEN(カザフスタン)171.68


テンちゃん
3A 3Lz-3T 3F 3A-2T 1Lo-2T 3Lz 2A 3S
アクセル2本入りました。珍しいですね。というか見たこと無い気がします。ふーうぉーんつとぅりーぶふぉえばー。なかなかステキな構成でしたね。たぶんこれって前も滑っていたプログラムだと思いますが、振り付けはかなり変えてきていますね。最後のスピンはGOE+2がついてもいいようなステキなスピンでした。サーキュラーステップはステキでしたが、ストレートラインはそうでもなかったと思います。2009年の四大陸以来のいい演技でした。

ケビンさん
4T 3A 3F-3T-3T!!!!!!! 3S 3Lo 3Lz 3F 2A+2A
ジャンプ素晴らしい!!!!!ストレートラインお茶汲みステップでした。ここまで来ると、もはやすがすがしいです。フライングシットこコンビネーションスピンのスピード、もはや踏んでいるかも怪しかったコレオステップは気にならないです。もうジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!
会場からも「キエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!」という奇声が沸いていました。

シュル太
3F-2T 3A-2T 2A 3Lo 3S 2A 3F 3Lz fall
オンドレイ・ネペラでも滑っていたのを見たのですが、このビートを刻んだ音楽の意味が全く解せない。スピンのポジションがヘンテコだ~。ロミオがマキューシオと戦っているところと、最後死んだというところだけはわかりました。ニーノ・ロータ→プロコティエフ→ニーノ・ロータ→プロコティエフって編曲する意味・・・解せぬ。2回目のロミジュリで止めておけばよかったのに。
誰がヘビ入れたし。

むらむら
4T 3A 3F 3Lz-2T 3A-2T 3Lo 3S 3Lz
クワドきめた!サーキュラーステキです。男らしいしなやかさがあります。ストレートラインのお芝居、ストーリーが分からないとなんのこっちゃか理解できません。2年前はトリプルアクセルだけの選手だったのがずいぶん変わりました。ジャンプは着氷が危ないものはありましたが、全てトリプルは入りました。でもそれよりも、サーキュラーが良かった。
低くね?

うーくん
3A-3T 3S 3A 3Lz 3Lz-2T 1Lo 3Lo-2T<< 3F
なぜ、このジャンプ構成にしたんでしょうか。アクセル2回、ルッツ2回、ループ2回ですよ。クリーンに滑っていたらザヤってたところです。危ない危ない。2本目のアクセルはすごく高くてよかったです。ムーディーな音楽で前半はステキでした。衣装もよくなったと思います。アボットくん、大輔さん超えの胸の開き具合でした。雰囲気は良かったですが、ちょっとスピードがなさ過ぎました。

マイナー
3A 3Lz-2T 3F-2T 3Lo 3Lz 3S fall? 3F 2A
19歳の雰囲気は無いので、カサブランカが似合っています。サーキュラーステップからとは珍しい。
時は1940年代のモロッコ。本国で待つ家族のためにがんばる父親、働けど働けどお金は一向にたまる気配はなく、酒場でウイスキーを暴飲。しかし、戦争は終わった、俺は家族の元に帰るんだと喜びにうちひしがれる31歳であった。っていうストーリーを思いついた。映画と妄想がごちゃまぜ。

テンくん
3A 3Lz 3F fall 2A-2T 3Lo 3Lz fall 3S 2A
クリーンにきまったジャンプはループしかありませんでした。なかなか厳しい。曲はリストの死の舞踏でした。マキシムアレンジのではなくて、ホンマもんの方。こちらの方が100倍重々しくて迫力がありますが、表現が難しいですね。コレオステップでやっといいステップ踏むな~という選手が出てきたのに、スタンブルはもったいなかったです。
演技時間オーバーじゃなくね?

きのこ
4T 3A 3F 3Lz-2T 3A-3T 3Lz 1Lo 3S
ジョニーデザインの衣装びみょう・・・。
クワドキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!フリップはインサイドっぽく見えたのですがどうでしょうか。後半になるにつれて、スタミナ不足が顕著に見えてきましたね。音楽自体がアップテンポなのと、振りがたくさん入っているので体力をたくさん使うんでしょうね。まだジャンプが安定しているとはいえないので、がんばってほしいですね。
こづより先に完璧なクワド跳んでしまった。本格的にこづがヤバイ。期待値とかじゃなくて、普通に。

アモディオ
3A 3A-2T 3Lo 3S-3T 3Lz 3F 3Lz-2T 1A
衣装テカりすぎワロス。そしてサスペンダーとハイウエスト。楽しくていいんですけど、音楽の転調がちょっと急すぎないか?そして、今シーズンの禁止曲のマイコーきました。
まだまだ もうひとつ 最後に とかこういうのやめてほしい。緊張感がそがれる。
アモディオのステップはコレオステップの正しい使い方。スピンも全て美しいです。気になるのは音楽のつなぎ目とエレメンツに入る前に棒立ちになるところです。全然動きが無いので、トランジション下げられちゃうよおおおおお。
わああああああああああああああああああああああ
今回のジャッジのコンポーネンツの点け方、ちゃんとしてるな~。ジャンプや格付けに流されてない。

ショーン
3A 3F fall 3Lz 3S 3Lo 3F+3Lo 2A 2A-2T
マリパト振り付けのプログラム。アクセルはいつもどおり両足でした。安定してますねぇ。得意のフリップで転倒したのは残念でした。ループはいきなり跳んでビックリしました。そしてフリップとループはもともとシークエンスですね。ホラ吹きは失敗だのなんだと言ってましたが、最後のアクセルが得連続だったのと、最初がいつもどおり3-3する予定だったのなら、やっぱりそうですね。結構お得になります。スピンやトランジションは素晴らしかったです。もっともっと磨いてほしい。

アボットくん
3Lz 3F 3A-3T 2A 1A 3Lo-2T-2Lo 3Lz-2T 3S
サーキュラーかわいすぎます。主人公が行進してるときみたい。スケーティングがいいから、動きがすごく映えています。あそこがひとつのハイライトですね。プログラムの構成がとても優れています。大変すぐれています。卓越しています。音楽表現が卓越しています。映画のストーリーが頭を流れていきます。メインのテーマで滑った最後のステップが素晴らしい。もう素晴らしいという言葉しか出ないです。
アモより全然高いと思ったのに。アクセルミスが大きかったかな?

大輔さん
4T 3A 3Lo 3F-2T 3A-2T 3Lz 1S 3Lz-2Lo fall
ここでクワドミスするのが大輔クオリティーなのに、クワド3兄弟完成!
アクセルは両方がんばりました。サルコウとコンビネーションは残念。最後のほうにはジャンプに入る前のスピードがイマイチだったかな?と思います。昨シーズンのシーズン前半のほうはプログラム後半のジャンプはグチャグチャだったので、シーズン後半には滑り込んで、大丈夫になってくれると信じています。サーキュラーはジャパンオープンよりずいぶんよくなっていたと思います。哀愁と情感のこもっていたと感じました。
点数は高すぎのような。ま、地元ですしね。

鳥海たんのインタが的確。森中氏は名前とかエレメンツとか間違えすぎ。何年やっとんねん。

あーおもしろかった。ジャッジングはプロトコルを見たらおおむね納得できました。コンポーネンツの評価も演技に則してつけられていたと思います。
豊の部屋を楽しみにしつつ、おーしマイケル。
Comment:10
2010
10.23

NHK杯 男子SP

男子SP
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)78.04
2 Jeremy ABBOTT(アメリカ)74.62
3 Shawn SAWYER(カナダ)70.15 PB
4 Florent AMODIO(フランス)70.01
5 Yuzuru HANYU(日本)69.31
6 Denis TEN(カザフスタン)68.74
7 Ross MINER(アメリカ)64.85
8 Jialiang WU(中国)64.06
9 Takahito MURA(日本)63.20
10 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)62.24
11 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)55.31
12 Jeremy TEN(カナダ)54.48

テンちゃん
3A 3Lz fall 3F
振付師にジェフが入っているそうですね。テンちゃんとジェフと言うと、ツイッターでMr.バトルって、テンちゃんがよそよそしく言ってたような。ジャンプは通常運転・・・・・でもアクセルがきまって良かったと思います。確率があまり良くないので。スピンはさすがに上手だなと思います。

ロス・マイナー
3A 3Lz-3T 3F
ほぼ1年ぶりに見ます。3-3の後にながーーーーいイーグルがありました。イーグル友の会としては萌え萌えにならなれければならないんですが、なぜかイマイチ。無理矢理キャッチフットでスピンしているのがアレですね。ホント、スピンの改正いらなかった。ピーター・ヨハンソンも久しぶりに見ました。

むらむら
4T-3T 1A 3Lz
きたあああああああああああああああああああああああああああああああとおもたら、アクセルとルッツがああああああああああああああああ。まさにベルネル状態。サーキュラーの状態の使い方が大きくてかっこよかったです。3回も4回も5回も父の紹介はいらん。コンポーネンツは・・・・・こんなものでしょうか?

うーくん
3Lz-3T 3A 3Lo
あれ?うーくんの衣装が垢抜けてきているぞ。着氷はともかくジャンプが高いです。イーグルから、ターンしてループを跳ぶ流れがキレイでした。スピンといい、ステップといい随分と昨シーズンに比べてよくなっていると思います。髪型も衣装もどうした。もっとミラクルなほどにダサかったのに。

アモディオ
3A 3Lz-3T 3F e
衣装変わって本当に本当に本当に、あぁ本当に良かったです。今まではサルコウからの3-3でしたが、今回はルッツからでした。フリップも入れています。モロゾフの上半身わやくそ振り付け、アモディオとの相性いいですね。ジュベと完璧に選曲が被っていますが、それぞれが違う持ち味を出しています。スピンはルールにやらされている感が無くて、回転速度も軸も良くて。ステキでした。
ニヤニヤモロゾフ。ニヤニヤ。

きのこ
3A美しすぎる 3Lz-3T 3F
アクセルがキレイすぎて笑ってしまいました。3-3はあまり得意ではないのに、こらえてセカンドもがんばりました。コンビネーションスピンでのシットポジションのフリーレッグの位置が低すぎて、ポカーンでした。キャメルはイマイチ。スピンは単体で見ていけば美しいですが、どうしてもポジションチェンジのときにグラッとしてしまうので、そこを改善できれば、GOEで+3も出るようになるのではないかと思います。
このアレンジでの白鳥の湖良いですね。日本人男性らしい柔らかな雰囲気を表現するのに非常に合っています。どうしても原曲のチャイコフスキーだとドラマチックすぎますからね。
先生が持ってた紙?って、たぶん予定構成と予定GOEが書いてあるメモですよね。昨シーズンもいっつも持ってました。The KINOKO note
インタの発言が大人びてますね。若いのにしっかりしてます。

ショーン
3A 3F-3T 3Lz
アクセルは毎回同じミスですね。言いすぎではなくて、本当に毎回同じという。キャメルスピンは昨シーズンもずっとやっていたので、本当にキレイです。キャメルスピンは足がピッとして、尻がグッと上がっていないとダメなんですよね。それが完璧。カナディアンはキャメルがステキ。表現をすることが本当に上手な選手ですし、ステップもかっこいい。昨シーズンと同じプログラム、このプログラムステキですね。今シーズンはカナダが3枠なので、ぜひワールドに来て欲しいです。4年8ヶ月ぶりにパーソナルベストです。

テンくん
3A 3Lz-3T 3F
キャロルとの組み合わせが新鮮。いつぞやのこづみたいな衣装です。アクセルは残念でした。コンビネーションスピンでビールマンポジションを入れていますが、昨シーズンよりポジションがキレイになっていると思うのは気のせいでしょうか。ランビの振り付けということで、首を後ろにパッと動かすような振り付けとか、腕の動きとかランビってました。Lambielisticですね。これ、こないだまでランビも滑ってませんでしたか?紅葉リーマンで。
身長、3センチぐらい伸びてるんですね。ライサが「足がでかかったら、背も伸びる」って言っていたらしいので、きっともうちょっと伸びるのでしょう。170センチぐらいは欲しいです。迫力も違いますし。

シュル太
3Lz-3T 3A 2F
ADSLとか会場で叫んだキチガイはおらんやろうな?スピンとスピンの間の動きがうねうねしていました。ウミヘビっぽい。スピンを全て終わらしてからのサーキュラーステップの構成は良かったと思います。ストレートラインをして、端っこで終わるっていうのは結構ありますが、サーキュラーでジャッジの正面で、かめはめ波みたいなポーズでフィニッシュはなかなかありませんから。

ケビンさん
2A 3Lz-3T 2F
振り付けに自分の名前が入っています。ジャンプは失敗でしたが、いつものケビンさんの演技を見せてくれました。このステップを見ないと男子は始まりません。アレンジされた曲ですがロミジュリです。ロミジュリなのに、こんなに男らしくて、元気で、真っ赤な衣装を着ているなんて。アンビリーバボー。

大輔さん
3F-3T 3A 3Lz
胸の襦袢が秀逸です。遠目からだと襦袢をつけているようには見えません。襦袢が無かったらMUNAGEが出てます。曲聴くだけで笑える。
うっ!
ルッツの跳び方おもしろかったです。これ、ルッツって言われなかったらフリップと間違えてしまいそうです。会場、「うっ!」のタイミング分かりすぎだろwwwステップいいわー。アクセルだけは残念。3-3は久しぶりにこの質のものが見られてよかったです。
放送席からのおねいの熱視線が気になるうっ!
この時点で8.46か。シングルも天井知らずなPCS出してくる気か。

アボットくん
3F-3T 3A 3Lz
だれ?????????????????と思いました。髪の毛が短くて、小顔すぎて不自然です。何頭身?この衣装なんでしょうね。THE センターマンですかね。胸の出し方もあいかわらずでした。キャメルが残念。ジャンプはいつもよりは高さが無かったように思えたのですが、きめてきました。アボットくんらしさは出ていませんが、新しいところを見せてくれました。
ミナサンアイシテマース(小声)
スピンノーカンがきやがった。スピン(´・ω・`)ションボリン

鳥海たん「本田選手にはどうですか?」
テケ「・・・・・・・あっ」
鳥海たん「橋選手にはどうですか?」
がおもしろかった。

試合前の予想では、大輔さん、アボットくん、きのこ、ショーン、アモディオ、テンくんという予想だったので、僕けっこういい線いってるかも?

60点台で多くの選手が詰まっているので、いい演技をした選手が表彰台に乗るという形になりそうですね。アボットくんのスピン・・・・・。
Comment:4
back-to-top