FC2ブログ
2014
01.22

小ネタ×10 「ジェナ・マッコーケルの幕引き」など

*ニコラス・バックランドさんの手術跡が結構な件
http://www.dailymail.co.uk/sport/othersports/article-2533948/Sochi-Winter-Olympics-Nick-Buckland-needed-surgery-save-life.html

article-2533948-1A6C309000000578-991_634x352.jpg

手術で心拍数を安定させるために胸に機械を入れているバックランドさん。体の上から分かるぐらいにくっきり見えている。これって転倒した時に壊れないのか?彼の手術前の心拍数は270もあって、成人男性の正常値の倍ぐらいあったそう。運動するとさらに上がりますから本当に命の危機だったわけですね。
記事の中でクームスと付き合っていることにも触れられていますが、ケンプキング婚約中で、マッコーケルは既婚者。五輪ではマシュー・パーさんはぼっちになるのか。パーさん応援するわ。

*ゾルタン・ケレメンの現役生活
http://www.efsc2014.com/kelemen-zoltan-svajc-sokat-segitett-a-korcsolyazasomnak/?lang=en
ゾルタン・ケレメンさんは今シーズンが終わってからの事はまだ決めていないけれど、続けて行きたいとは思っている。とのことです。また引退したとしても練習しているスイスに留まりたいとも思っているそう。

*イリカツVSカペラノ
2010年NHK杯 イリカツ
2011年世界選手権 イリカツ
2012年ヨーロッパ選手権 イリカツ
2012年世界選手権 イリカツ
2012年国別対抗戦 カペラノ
2012年グランプリファイナル カペラノ
2013年ヨーロッパ選手権 イリカツ
2013年世界選手権 カペラノ
2013年NHK杯 カペラノ
2014年ヨーロッパ選手権 カペラノ
5勝5敗で競ってるんだなこれが。

*ジマーマンがやってきた


圧倒的なルックスキープ力である。

*一人足りません


メーガン・デュハメルさんに同じやつを着てもらって、どこぞの盗賊3姉妹みたいなやつやって欲しいですね。

*ジェイソンのポニーテール


3番煎じ4番煎じ。

*ジェナ・マッコーケルは今シーズンで引退
http://www.efsc2014.com/jenna-mccorkell-nagy-britannia-el-sem-hiszem-hogy-mar-10-ev-el-is-telt-2/?lang=en
ジェナ・マッコーケルがインタビューの中で今シーズン限りで引退すると発言しています。ソチオリンピックの後もさいたまでの世界選手権には出場するということで、彼女の現役最後の試合は日本で迎えることになります。現地さんは応援よろしくおねがいします。

*セルゲイ・ヴォロノフさん(26)

1505389_620177128018930_357092741_n.jpg

ウッディウッドペッカーが私服。そうだ彼はロシア人だったんだ。ロシア人にセンスなんてものを求める方が間違いだ。いや、これがソ連時代生まれのセンスなんだ。

*ダリア・ポポワのフランス国籍取得ならず
http://www.lequipe.fr/Patinage-artistique/Actualites/Popova-massot-n-iront-pas/433973
フランス国籍取得を目指していたダリア・ポポワが国籍の取得が出来ずに、オリンピックの出場が出来ないことになりました。国籍取得は楽観視しているとは何だった。フランスの方もこんな直前にまで発表しないなんて、意地悪だわ。出場枠はオーストリアに移って、ツィーグラー&キーファーが出場することになります。ツィーグラーさんは前回シングルで出場して、今回はペア。すごいなあ。

*ロシアのオリンピック代表
http://fsrussia.ru/news/1051_sostav-olimpijskoj-sbornoj-rossii-po-figurnomu-kataniyu/
男子:エフゲニー・プルシェンコ
女子:ユリア・リプニツカヤ、アデリナ・ソトニコワ
ペア:ベラ・バザロワ&ユーリ・ラリオノフ、タチアナ・ヴォロソジャル&マキシム・トランコフ、クセニア・ストルボワ&フェドール・クリモフ
アイスダンス:エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ、エレーナ・イリニフ&ニキータ・カツァラポフ、ヴィクトリア・シニツィナ&ルスラン・ジガンシン

補欠
男子:マキシム・コフトゥン、セルゲイ・ヴォロノフ
女子:アリョーナ・レオノワ
ペア:ユリア・アンチポワ&ノダリー・マイスラーゼ
アイスダンス:エカテリーナ・リャザノワ&イリヤ・トカチェンコ

団体のベストなメンバーは女子はSPがソトニコワ、LPがリプニツカヤ。ペアは両方ヴォロトラ。ダンスはSDがボブソロ、FDがイリカツ。これでメダリストいっぱい、わーい。

枠返上もあったノルウェー女子、ベルギー男子もそれぞれ派遣が決まり出場国、選手が揃いました。
Comment:0
2013
05.18

小ネタ×8 「あっこちゃん、酸素を放出する」など

もはや、レビューか小ネタしか投稿していない気がする。
でも、やっちゃうよー。

*キャシー、痛恨のミス
http://ameblo.jp/reed-icedance-blog/entry-11530825565.html
キャシー・リードさんがスーパーのセルフレジでお釣りを少なく出そうと思ったら、1セントのミスで9ドル99セントを手にするという痛いミスを犯していたことが判明しました。アメリカってハイテクな振りして、ものすごい古い機械とか使ってること結構ありますもんね。やっぱり日本がいい。僕と日本ゎ、ズッ友だょ!

*おぞましい食べ物

オエエエエエエエエエエエエエ


クリス・クニエリムさんがおぞましい食べ物を作っていました。そう"ドクターペッパーケーキ"オエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ。ドクターペッパー嫌いの僕からしたら考えられない。あのやる気の無い味のするケーキなんて想像できない。なお、ドクターペッパーの味は抜けていたもよう。

*ワイは元気やで



パイパーさんも処世術を身に付けたのだな。これは次の来日でプレゼントいっぱいやで。

*【朗報】険悪ではなさそう



名前長い組のリン・クリンクライラットと、エミリー・サミュエルソンの大学卒業をお祝いするエヴァン・ベイツさん。解散の仕方が仕方だっただけに、実は険悪なムードになっているのではないかと思っていましたが、どうやら大丈夫そう。良かった。

*5周年



ジェナ・マッコーケルケビン・ヴァン・デル・ペレンが結婚して5年。

ケビン&ジェナ


時が経つのは早いものですね。

*あっこちゃん、酸素を放出する



こんな特殊能力があるとは。これが世界選手権のメダリスト(ドヤァ

*ブラウンの4T


シーズンが始まるまでになんとか形にできるでしょうか。バックの音楽が"鼻から牛乳"こと、トッカータとフーガで、妙に曲にハマった降り方をしているのですが、これが来シーズンのプログラムとか?

*ロシアナショナルチーム
http://t.co/oB9XhCSRcs
男子:プルシェンコ、メンショフ、ヴォロノフ、ガチンスキー、コフトゥン
女子:トゥクタミシェワ、ラジオノワ、ソトニコワ、ゴスヴィアニ、レオノワ、リプニツカヤ
ペア:ヴォロトラ、川スミ、バザラリ、ストクリ、アンチポワ&ノダリー、タラモロ
アイスダンス:ボブソロ、イリカツ、リャザトカ、モンハリ、シニジガ、ステブキ
ナショナルの上位5名(サハノヴィッチ、ポゴリラヤ除く)、今シーズンの成績優秀者が選ばれています。順当です。ブッシュ、ビリュコワ、スタリギナ&ボロブエフあたりはリザーブチームにも入っていません。鬼やね。

もう1ヶ月連続のレビューですが、来週には終わります。僕はもう書き終えているのです。GPSのアサインまでには余裕で間開きそうです。というか、今年は一体いつなのか全く情報が入ってこない。いつなんだISU。
Comment:4
2012
12.03

イギリスフィギュアスケート選手権リザルト

イギリス選手権、参加人数は少ないですけど、ノービス~シニアの全クラスとシンクロはアダルトクラスまで4クラス一気にやるので、日程としてはかなり長い大会になっています。

男子リザルト
1 Matthew PARR DDE 160.35
2 Harry MATTICK BRD 155.86
3 David RICHARDSON NOT 154.36
4 Phillip HARRIS COV 145.31
5 Jono PARTRIDGE LVL 138.18
6 Jamie WRIGHT SHE 133.53
7 Daniel AGGIANO NISA 124.90

優勝はマシュ・パーでした。なぜか昨シーズンは試合に出ていなかったのですが今シーズン出てきて、3年ぶりの優勝となります。イギリスは同じぐらいのレベルの選手が多いので順当に彼がチャンピオンシップスに派遣でしょうね。

女子リザルト
1 Jenna MCCORKELL DDE 123.91
2 Karly ROBERTSON DDE 115.08
3 Katie POWELL SHE 103.79
4 Kelly HARRISON HUL 94.72
5 Lucy-Anne WALKER SHE 81.60
6 Kirsty RICHARDSON LVL 78.34
7 Jodie TATE AUC 74.26
8 Sarah Jane SMITH DDE 70.29
9 Rowena MACKESSACK - LEITCH MOR 69.91
10 Stephanie RIGLEY NISA 66.03
11 Darcy-Adele LLOYD SOL 49.50

国内大会なのに点数の付け方が妙にシビアな女子。マッコーケルでも普通に4点台とか付いてます。SPはそれなりにまとめていますがLPは完全に流しですね。ダブルジャンプがほとんどですし、3Tが入っているもののソロジャンプでトゥループが3回もあるので最初からダブルを入れるってことですからね。今シーズンは調子がいいので、ユーロは過去最高の成績期待しています。

ペアリザルト
1 Stacey KEMP / David KING NISA 94.64

こちらはマッコーケルよりさらに流し。半分のエレメンツしか行っていません。ジャンプやツイストは1つも入れていませんし、リフトですらレベル4が一つもないという状況。相当怪我が長引いているということでしょうか。せっかく昨シーズンバレットについて、停滞していた技術力が少し向上し始めたところだったので、戻ってきて欲しいです。

アイスダンスリザルト
1 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND NOT 153.65
2 Charlotte AIKEN / Josh WIDBORNE LVL 120.31
3 Louise WALDEN / Owen EDWARDS DEE 111.97
4 Carter JONES / Richard SHARPE NISA 107.98
5 Sophie JONES / Jordan BROWN GIL 101.60

ペニコラだけ点数が暴走していました。はってんだいwwwwwwwwこれはwwwwwww+3祭りwwwwwwwこれはwwwwwwwナショナルといえどレベル4がとれたのは何よりです。ステップはレベル2でしたけど、多分4の構成ではないので、3でOK、2で問題なしという感じでしょう。プロトコル開いた瞬間、ファッ!?ってなりましたわ。

ついにウォルデン&エドワーズが2番手の座から陥落しました。どうしてこうなった・・・今シーズン不調すぎますよ。そしてONMで銅メダルをとって好調のエイケン&ウィッドボーンが2番手に。ユーロ派遣もらえるでしょうし、ぜひあの変な雨に唄えばを藤森さんに解説していただきたい。

さて、いよいよ今週はNRW杯とグランプリファイナルですが、NRW杯に関しては出場人数がとんでもないことになっていますね。男子は33人、女子は39人。ペアはGPSより多い(ボソッ)。なぜこんなに多いのかと思ったのですが、ナショナルに重ならなくて、ミニマムスコアをとれる良い時期の大会って、もうここぐらいしか無いからなんですね。エフゲニー氏が出ないのは残念です。でも、彼が「~の大会に出る」発言は全く信じないようにしてるから、そこまでショックでは無いですよ。
Comment:0
2012
11.18

エリック・ボンパール杯 2日目 女子リザルト

クルッポー

女子LP
1 Ashley WAGNER(アメリカ)127.54
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)121.36 PB
3 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)115.76
4 Christina GAO(アメリカ)112.16
5 Mae Berenice MEITE(フランス)102.75 PB
6 Jenna MCCORKELL(イギリス)92.25
7 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)90.32
8 Joshi HELGESSON(スウェーデン)88.58
9 Elena GLEBOVA(エストニア)88.25
10 Lena MARROCCO(フランス)83.58 PB

女子リザルト
1 Ashley WAGNER(アメリカ)190.63
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)179.62
3 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)179.31
4 Christina GAO(アメリカ)164.71
5 Mae Berenice MEITE(フランス)157.58 PB
6 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)144.82
7 Elena GLEBOVA(エストニア)140.86
8 Jenna MCCORKELL(イギリス)135.40
9 Joshi HELGESSON(スウェーデン)133.77
10 Lena MARROCCO(フランス)132.44 PB

ガオーさん
3F-2T 2A 3Lz-2T 3F 3S 3Lo 3T-2T-2Lo
スケアメに引き続きジャンプにミスはありませんでした。いい演技でしたが、やはりエッジが浅いのでそこまで点数は伸びませんでしたね。それでも7.00もらえれば上出来だと思います。また全米で5位になるのかどうか。そろそろ表彰台に乗っておきたいですね。

グレボワ
1Lz 1Lo 3T-2T 3T 3S-2T 3S-2T-2T 2A
ヒッピーな雰囲気でした。レザーの衣装似合ってるなあ。得点源の2つのジャンプは失敗でしたが得意なジャンプはきっちり成功させました。素敵な雰囲気ではあるんですけど、ちょっと止まる所が気になりました。

コロベイニコワ
2F 2A-3T 3Lo-2T 3Lo so 3S fall 2S df 2A
中盤のジャンプで崩れてしまって、音楽に遅れてしまったのか、ステップでかなりバタついてしまっていました。そのせいでスタンブルもしていました。忙しい終盤になってしまいました。湖に身を投げる白鳥と言うよりも、追い詰められて蹴り飛ばされて溺れ死んじゃうみたいな。

メイテ
3F fall 3Lz 3Lo 2A-3T 3F-2T 3T-2T 2A
最初のジャンプで転倒したもののあとはまとめました。ユロスポ実況がお気に召していらっしゃる。今日もHUGEなジャンプでした。滑っていないと嫌な僕ですが、このプログラムは好きなので、これはこれでもう良いのです。今日はビールマンでグニャングニャンにならなかったのも良かった。地元で良い演技ができて良かったです。

タクタミシェワ
3Lz-3T 3Lz 3F 2A-3T 3S-2T-2Lo 3Lo 2A tano
その背中の開き具合もテンプレですね!衣装が変わりました。3Lz-3Tちゃんおかえりいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!他のジャンプちゃんたちもおかえりいいいいいいいいいいいいい!!!素晴らしいパフォーマンスでした。彼女は終わってないよ!これからがスタートだよ!ここがシニアのタクタミシェワのスタート地点なのです。ジャンプだけでなくインタープリテーションもスケーティングも素晴らしかった。もうちょっと出ても良い気はしましたが、高得点はユーロで出すんですよね。きっとそうだ。

アシュリー
3F-2T-2T tano 2A-2T 3S 3Lo 3Lz 3Lo+2A 3F
今日はドヤ顔じゃなくて笑顔!!!今日もノーミスのクリーンプログラムでした。スケアメの何倍も何倍も良い出来だったように感じました。もうジャンプを失敗する気がしない。そもそも、ジャンプなんて失敗するようなものではなく、歩くのと同じような物だと思わせてくれるような安定感。そして、巧みな音楽表現。ピッタリハマってんなー。トータルパッケージとして揃ってる。あと2A-3Tにすれば、もう130点行きますね。

リプニツカヤ
3Lz-3T 2A-1T 2A-3T-2T 3Lo 3Lz hd 3F td 2S
昨日よりも質のいい3Lz-3Tでスタート、その後3Tが1Tになりましたが即座にリカバリーをしました。すごいですね。後半はジャンプを降りることに力を注ぎすぎたのか硬くなっていました。くるみ割り人形じゃなくて、指を噛み千切られそうな勢いでしたよ。ちょっと怖いから、こんな可愛らしい曲なんだから、もっと柔らかい表現も欲しい。フィニッシュポーズは真似できるから楽しい。信号待ちとかでやってみましょう。

鬼パネルでスピンレベル4を揃えるリプかっけえ。レイバック全ジャッジ+3、コンボは1人が+2だからカットで結局満点。すごすぎる。

今回の結果でアシュリーとリプニツカヤはファイナル進出が決定しました。これでファイナル決定は3名です。真央は4位以内、あっこちゃんは3位以内で確定です。ザワツキーは2位ならファイナル、3位ならタクタミシェワが行きます。ミライは2位以内でなおかつ今回のタクタミシェワのスコア超えならというところですが、現状厳しいでしょうか。ジジュン、今井、ゲデ子の3人は優勝のみ可能性がありますがかなり厳しいでしょう。NHK杯楽しみになりました。

今シーズンは女子が一番面白いかもしれない。女子が一番おもしろいシーズン(あくまで個人のやつ)って4シーズン前が最後だったので久しぶりにきた。当たりプロも多いし。

06/07 女子
07/08 ダンス
08/09 女子
09/10 ペア
10/11 男子
11/12 男子
12/13 女子

自分の中ではこうなってます。
Comment:0
2012
11.11

アイスチャレンジ 5日目 女子リザルト・ペアリザルト

僕たちの嫁がついに。

女子LP
1 Jenna MCCORKELL(イギリス)106.37
2 Isabelle OLSSON(スウェーデン)98.83
3 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)86.44
4 Sandy HOFFMANN(ドイツ)84.61
5 Gerli LIINAMÄE(エストニア)84.00
6 Dasa GRM(スロベニア)75.78
7 Kerstin FRANK(オーストリア)75.10
8 Nicole RAJICOVA(スロバキア)74.15
9 Anna AFONKINA(ブルガリア)73.09
10 Anita ANDERBERG MADSEN(デンマーク)71.01
11 Henriikka HIETANIEMI(フィンランド)67.47
12 Nika CERIC(スロベニア)67.22
13 Belinda SCHÖNBERGER(オーストリア)66.94
14 Mirna LIBRIC(クロアチア)64.85
15 Karly ROBERTSON(イギリス)64.03
16 Michelle COUWENBERG(オランダ)62.56
17 Reetta ROMPPANEN(フィンランド)61.99
18 Timila SHRESTHA(フィンランド)61.38
19 Patricia GLESCIC(スロベニア)60.61
20 Justiina NIEMI(フィンランド)60.17
21 Kaat VANDAELE(ベルギー)59.56
22 Christina GRILL(オーストリア)57.56
23 Angelika DUBINSKI(ドイツ)55.85
24 Tiffany Packard YU(香港)54.77
25 Ines WOHLMUT(オーストリア)54.41
26 Laura RASZYKOVA(チェコ)48.74
27 Victoria KAFOL(オーストリア)47.89
28 Nastasiya LOBACHEVSKAYA(チェコ)43.00
29 Vanda KOVACS(ハンガリー)41.16

女子リザルト
1 Jenna MCCORKELL(イギリス)161.10
2 Isabelle OLSSON(スウェーデン)149.63
3 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)129.79
4 Sandy HOFFMANN(ドイツ)125.99
5 Gerli LIINAMÄE(エストニア)124.82
6 Kerstin FRANK(オーストリア)121.27
7 Nicole RAJICOVA(スロバキア)120.41
8 Dasa GRM(スロベニア)120.03
9 Anita ANDERBERG MADSEN(デンマーク)111.73
10 Anna AFONKINA(ブルガリア)110.60
11 Belinda SCHÖNBERGER(オーストリア)108.45
12 Mirna LIBRIC(クロアチア)104.66
13 Karly ROBERTSON(イギリス)103.56
14 Nika CERIC(スロベニア)103.23
15 Henriikka HIETANIEMI(フィンランド)101.38
16 Patricia GLESCIC(スロベニア)100.51
17 Michelle COUWENBERG(オランダ)99.02
18 Kaat VANDAELE(ベルギー)97.75
19 Reetta ROMPPANEN(フィンランド)97.74
20 Laura RASZYKOVA(チェコ)93.72
21 Timila SHRESTHA(フィンランド)92.46
22 Justiina NIEMI(フィンランド)90.26
23 Tiffany Packard YU(香港)88.08
24 Angelika DUBINSKI(ドイツ)84.85
25 Christina GRILL(オーストリア)83.98
26 Ines WOHLMUT(オーストリア)81.64
27 Victoria KAFOL(オーストリア)71.87
28 Nastasiya LOBACHEVSKAYA(チェコ)71.55
29 Vanda KOVACS(ハンガリー)63.25
WD Regina BORBELY(ハンガリー)
WD Chelsea Rose CHIAPPA(ハンガリー)

僕たちのジェナ・嫁・マッコーケル・ヴァン・デル・ペレンが、この長いキャリアの中で始めてのLP100点台をマークしての優勝でした。もう26歳になって、大ベテランの部類に入ってきたのに今シーズンはジャンプの安定感を増しています。これはユーロでも期待して良いってことですよね。トップ10への返り咲きあるで。点数が出てOMG状態。

オルソンはニース杯に引き続きの2位。スウェーデンもユーロ3枠ください。いやでも、これ国内戦でヨシ子さん食っちゃうってことも考えられますよね。ナショナルも注目ですよスウェーデン。

ペアLP
1 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR(アメリカ)114.42
2 Gretchen DONLAN / Andrew SPEROFF(アメリカ)94.07
3 Danielle MONTALBANO / Evgeni KRASNOPOLSKY(イスラエル)91.04
4 Stina MARTINI / Severin KIEFER(オーストリア)77.09
5 Elizaveta MAKAROVA / Leri KENCHADZE(ブルガリア)68.62

ペアリザルト
1 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR(アメリカ)174.86
2 Gretchen DONLAN / Andrew SPEROFF(アメリカ)135.43
3 Danielle MONTALBANO / Evgeni KRASNOPOLSKY(イスラエル)133.91
4 Stina MARTINI / Severin KIEFER(オーストリア)114.32
5 Elizaveta MAKAROVA / Leri KENCHADZE(ブルガリア)100.29

スペロフさん雑だよ。投げ方が酷いよスペロフさん。もうちょっと上手に放り投げて!

ぶっちぎり優勝のキャスシュナ。ソロジャンプは両方失敗で、今回もスロートリプルアクセルは回避してきました。世界ジュニアでメダルを獲った時はモサかったのに、シュナピアがどんどん男臭くなっているのがいいなあ。でも2人の見た目年齢がどんどん開いてきてます。近くで見たらキャステリも顔立ちが濃いからあれですけど、遠目で見るとね。今シーズンはアメリカ2番手にはよほどのことが無ければ落ち着くでしょうし、もっともっとプログラムの濃度を高めて、棒立ちが無くなっていくといいなあ。

ちなみに2009年世界ジュニア出場組で、今でも解散せずに残っているのはこことマルロゴ、ロースウィ、高トラのたった4組だけなんです。どおりでペアも衰退するわけよ。でも残っているペアは着実に上手になっているのが嬉しい。
Comment:0
back-to-top