FC2ブログ
2019
06.21

2019-2020シーズン グランプリシリーズ 男子シングルアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2019-20/grand-prix/series-files-27/entries-4/21486-entries-men-2019-20-all-6-events/file

GPSのピークってアサインが出た瞬間ですよね。

スケートアメリカ
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ロマン・ポンサール(フランス)
島田高志郎(日本)
友野一希(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
ニコラ・ナドー(カナダ)
ナム・ニューエン(カナダ)
ロマン・サドフスキー(カナダ)
パウル・フェンツ(ドイツ)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)

フランス国際
ニコラ・ナドー(カナダ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
ロマン・ポンサール(フランス)
TBD(フランス)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
宇野昌磨(日本)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
アントン・シュレポフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

中国杯
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ハン・ヤン(中国)
TBD(中国)
チーイー・ツァオ(台湾)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
田中刑事(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

ロステレコム杯
ウラジミール・リトヴィンツェフ(アゼルバイジャン)
ナム・ニューエン(カナダ)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
友野一希(日本)
宇野昌磨(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
TBD(ロシア)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

NHK杯
コンラッド・オーゼル(カナダ)
ロマン・サドフスキー(アメリカ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
山本草太(日本)
TBD(日本)
アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

男子の派遣は特に偏った感じもなくバランスがいいです。

スケアメにはもちろんネイサンが。ミハルもポンサールも出場するのでアルトゥニアン先生は大忙しです。ブラウンはついにアメリカ男子の最年長になりました。今年の12月で25歳になるのでベテランですね。ブラウンがベテランなんですよ。信じられます?男子の派遣はバランスいいですが、比較的ここがしんどいかな?と思います。ブラウンはトップ選手で派遣運が一番悪かったです。友野のミルズ振付プロがすごく楽しみです。TBDはクラスノジョンの2枠目か、うさぎさんのどちらかですかね。

スケカナには羽生が出場するので黄色い雨が降り注ぎます。今回はさすがにいけるだろーーーーーと思ってコリヤダが優勝したりするんですよね。フェンツさんがまだ現役を続けてくれるようで安心しました。

フランス国際はネイサンVS昌磨です。直接対決では昌磨が連敗しているのでそろそろ勝ってほしいぞ!普通にいけばロシア勢が3位に入ると思いますが、エイモズやサモヒンにもチャンスはあります。レオノワの夫シュレポフもエントリーがあります。フランスは3枠目を使うでしょうか。フランスだからなーーー返上するかなーーー。

中国杯にはハン・ヤン!!!!!!!!!本当に戻ってきました。コミカルではないプログラムを振付けてもらえますように。チーイーという意外なエントリーがありました。中国の試合だから客席で赤と青の国旗掲げたら怒られたり、しばかれたりするのだろうか。素朴な疑問。

ロステレコム杯には連戦でヴィンセントが出場。シニカツと宮原と4人でチーム中露連戦で記念撮影してください。昌磨はエテリのところに移ることになれば移動が少なくて済みますね。期待の若手リトヴィンツェフのエントリーもあります。ロシア勢よりもロシアスケーターっぽいイメージなんだよなあ。

コリヤダはシード選手なのに地元の大会ではなくNHK杯に。ロシア連盟のやることは毎度よく分からない。そして2大会とも羽生と当たってしまうという。みんな大好きなおじさんたちもいますよ!セルゲイ・ヴォロノフさんはNHK杯の頃には32歳!ビチェンコさん31歳!フォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!! 日本からは草太が出場します。表彰台あるぞ?あるぞあるぞ?TBDは島田なのかダイスケさんなのか。樋渡は、なんとかの部屋があれば絶対にインタビュー受けるでしょうね。そしてあのゴリゴリの関西弁が披露されるのだ。

北米勢は代替わりしました。ユーロ勢はおじさんたちががんばっています。若い子たちも早くおじさんになりましょう。おじさんスケーターは最高なんです。選手たちが4分間の演技に慣れて表現に費やす余裕が生まれてくると嬉しいです。Because I'm not a ジャンプ厨。
2019
03.21

世界選手権 2日目 男子SP

男子SP
1 Q Nathan CHEN(アメリカ)107.40
2 Q Jason BROWN(アメリカ)96.81
3 Q Yuzuru HANYU(日本)94.87
4 Q Vincent ZHOU(アメリカ)94.17
5 Q Matteo RIZZO(イタリア)93.37
6 Q Shoma UNO(日本)91.40
7 Q Kevin AYMOZ(フランス)88.24
8 Q Michal BREZINA(チェコ)86.96
9 Q Boyang JIN(中国)84.26
10 Q Mikhail KOLYADA(ロシア)84.23
11 Q Andrei LAZUKIN(ロシア)84.05
12 Q Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)82.67
13 Q Nam NGUYEN(カナダ)82.51
14 Q Keegan MESSING(カナダ)82.38
15 Q Daniel SAMOHIN(イスラエル)82.00
16 Q Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)81.46
17 Q Alexander MAJOROV(スウェーデン)79.17
18 Q Junhwan CHA(韓国)79.17
19 Q Keiji TANAKA(日本)78.76
20 Q Alexander SAMARIN(ロシア)78.38
21 Q Brendan KERRY(オーストラリア)78.26
22 Q Alexei BYCHENKO(イスラエル)77.67
23 Q Deniss VASILJEVS(ラトビア)74.74
24 Q Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)73.63
25 Peter James HALLAM(イギリス)66.06
26 Luc MAIERHOFER(オーストリア)65.78
27 Aleksandr SELEVKO(エストニア)63.25
28 Paul FENTZ(ドイツ)63.24
29 Ivan SHMURATKO(ウクライナ)62.99
30 Burak DEMIRBOGA(トルコ)60.79
31 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)60.66
32 Valtter VIRTANEN(フィンランド)55.73
33 Donovan CARRILLO(メキシコ)54.99
34 Lukas BRITSCHGI(スイス)54.58
35 Igor REZNICHENKO(ポーランド)50.15

ジュリアン爺
3A 3Lz 3F-3T
お家建て建てソング。埼玉に家建てても都内への通勤は大変だと思いますよ。かといってタワマンも意外と不便だから気をつけてください。加点の取りきれていない部分はあるものの、大きなミスなくまとめました。

マヨロフ
4T hd 3A 3Lz-3T
コンビネーション降りてかーちゃん大喜び。これが最後の試合なので、絶対に降りてLP滑ってほしかったのでしょうね。びろ~んびろ~んしているステップシークエンスはなんとレベル4。ヘンテコでありながらレベルを取りこぼさない。えらい!

リトヴィンツェフ
4T 3A 3F-3T
4Tも3Aもクリーンな着氷です。キレがいいですね。予定を変更してコンボを後半に付けたのでボーナスゲットでさらに点数が伸びます。ポテンシャルの高い選手が実力を発揮できると、こんなに美しいのですね。古めかしい少女漫画の王子様、バレエ教室の憧れの先輩(病弱)って感じ。

ラズーキン
4T 3A 3F-3T
急遽のエントリーとなりましたが、いつも通りジャンプをまとめて、いつも通り最後のスピンで体力が尽きていました。うんうんいつものラズーキンだ。とてもがんばったので、ミーシンがラズーキンの腕を持って観客席に向かってドヤ顔。ここがハイライトでした。やっぱりミーシンって孫の運動会に来てるおじいちゃんだ。

サモヒン
4T-3T 4S fall 3A
転倒はありますが、情熱ほとばしる男らしい演技でした。すごくよかったので、キャメルスピンがまったり回転なのは記憶から消しておきますね。4Sは転倒からの起き上がりを振付のようにおこなっていました。コレオスライディングかな?っていうレベルの起き上がりでした。転倒ですけどGOE-4でもいい気分になります。ジャンプはダイナミックだし、起き上がりおもしろいし、成熟した部分見せてくれるし、情報量の多い2分40秒でした。

マイアーホーファー
3Lz-3T 2A 3F
はっ・・・ブノワが白い服着てる。日本が想像以上に暖かくて厚着できなくなったんだな。よくやった高気圧。ブノワ振付プロは癖が強いパクチー的な作品が多いですが、このプロは好きです。踊り狂うってわけでもなく、少しコミカル成分も入ったマンボが楽しいです。かわいさもあって年齢にも合っています。上位進出には3Aが必要ですね。3Aがないと世界選手権でSP落ちしてしまう時代か。

美青年ケリー
4T shaky 3S-3T 3A
4Tにコンボを付けられなかったので、安全策で3S-3Tに変更しました。そして3Sに変更して体力の消費を抑えられたので3Aは加点付きのクリーンな着氷に成功です。4クワド降りてバテて3A失敗のパターンができているのです。さらにさらにステップシークエンスを滑る体力も残っていたので、モロゾフだかアモディオが振付けた、いかにもなエレメンツも完璧にこなせていました。全体的にはよかったと思います。

エイモズ
4T 3Lz-3T shaky 3A
4Tには加点モリモリ。3Lz-3Tは踏ん張りました。会場にはエイモズを知らない方もいらっしゃると思うので、このアクロバティックな演技で名前を覚えられたことでしょう。ハイスコアに喜んでいました。子供だなあ。ヒゲ子供だ。

クヴィテラシヴィリ
4S fall 3A 4T-3T
4Sで転倒後、後半の4Tに3Tを付けてリカバリー。今シーズン和解した3Aと4回転2本の両立は難しいですね。本妻と第二夫人みたいなものなのかな。

ミハル
4S-2T 3F 3A shaky
ミハルさん今大会も4S着氷しました。昨シーズンまで一切信頼できなかった4Sがこれだけ信用できるようになるとは。今シーズン全大会で必ず1本は成功してプラス評価を受けています。他はなんとかまとめました。

ジュンファン
4S 3Lz-3Lo 3A
4Sと3Aがアンダーローテーションの評価となりました。大会前に記事を読んだのですが、ジュンファンはシンデレラに出てくる王子様を演じているそうですね。夜の闇じゃなかったのか!王子様そんな服着ないから、軍服みたいなの着てるから!!!ちゃんとかっこいいやつ着て!シィンデレーーールァーーーーって叫び声を入れれば王子様って分かると思うの。

デカ
2S 3Lz-3T 3A
鬼門の4Sがパンクして0点。3Lz-3Tと3Aは決まりました。特に3Lz-3Tはふんわりと上がってよかったです。このふんわり加減が、ハードなステップシークエンスとの対比になって、激しさが際立つのです。ああああああああああああクワドおおおおおおおおなんでえええええええええええええ。

ニューエン
4S-3T 3A df 3F
いがったいがった。助走の長い4S-3Tですが決まればこっちのもんだ。はい加点!眩しい笑顔と緩急のついたステップシークエンスもいいですね。スケーティングを磨けば、伸び悩んでも再び上を目指せるという好例。

ボーヤン
4Lz fall 4T-2T 3A
4Lzは転倒です。転倒しても回転さえ足りていれば加点付き3Sぐらいの点数はもらえます。3Aはいつもよりよかったです。今日の3Aがいつも降りられればいいですね。ステップシークエンスは足が動かなくなっていました。最後の方は動きがカクカクして、ほとんど滑れていなかったです。彼の本来の魅力は出しきれなかったです。PCS伸びないのも納得せざるを得ません。

ヴァシリエフス
3F 3A fall 2Lz-3T
予定では4Tを構成していました。しかしながら4Tが抜けてしまうとそれがSP落ちの要因になりますから回避して正解です。後半3グループの選手でも1コケ&1転倒をするとSP通過が危ないというハイレベルな争いです。PCSで通過圏内に入ったーーー。

リッツォ
4T 3A 3Lz-3T
4Tを初成功してからあっという間に安定させました。宇野昌磨さんかな?ユーロから4本連続で成功させています。この記録をどこまで伸ばせるでしょうか。心が洗われるような演技でした。んでもってLPは絶対に盛り上がるじゃないですか?これは表彰台・・・ある?

ビチェンコ
4T hd 3A 3Lz shaky-2T
堪えるベテランビチェンコさん。感情の高ぶりとレベルの取りこぼしが融合したビチェンコさんらしい演技です。TESカウンターにレベル4が表示されないと逆に安心しますね。コンビネーションスピンだけレベル4か。いや、喜ばしいことですよ!

ヴィンセント
4Lz-3T 4S 3A
がんばるぞう!ことヴィンセント・ジョウさん。がんばるじょう!にしちゃうと、ちびまる子ちゃんの山田みたいになるから、がんばるぞうで我慢してください。東南アジアのお金持ちの息子(アメリカ在住)みたいな雰囲気だったけれど、髪形を変えて垢抜けました。人には言えない悩みを抱えた文学青年って雰囲気でいいよ~。4Sはグリっとしたので回転不足の判定です。それでも4Lzの威力で暫定首位に。

サマリン
2Lz 4F-2T 3A
4Lz抜けてよく4Fに挑めますよね。堪えてコンボ付けました。普通ならあそこは4Tとか3Lzから無難にコンボ付けると思いました。かっこいいぞサマリン。高難度4回転のためにトランジションを犠牲にしているので、トランジションはがっつり下げられました。

羽生
2S 3A 4T-3T
4Sは抜けて0点。加点含めて13~14点が消滅します。ステップシークエンスでレベル4を取れましたし、3Aの質はよかったです。4T-3Tは一瞬グラつきましたけど、イーグルと手の振付で「グラついてないっ!黙れっ!」と口を塞がれました。すみませんグラついてません。最終グループには入れたので一安心。ステップシークエンスは空気踏んでますよね。空気踏んで空中歩いてますよ。

昌磨
4F fall 4T-2T 3A
3S-3Tではなく4Fにしました。フジテレビのキスクラ配信を聞いていたんですけど、4F悪くはなかったらしいです。何かが違ったのでしょうね何かが。回転不足での転倒になりました。ステップシークエンスは今シーズン最も印象に残りました。温めた空気を掴んで、観客までブワッ!と投げてくる感じです。キレ半端なかったです。

ブラウン
3F 3A 3Lz-3T
完璧だったフランス国際の演技をさらに超えてきました。フィギュアスケート競技の美しさの神髄を伝えてくれます。クワド抜いていると、ほんともう何も指摘する部分がないですよね。僕もスタオベしに行きたい。

コリヤダ
3T so 3Lz-2T 3A
抜けるミスが多すぎる・・・ロシアがカルメンを迎えるまでもなく呪われている。4Tが3Tになったので、リカバリーするには3Lz-2Tか3Lz-4Tしかないんですねえ。3Lz-4Tなんかできるかーーーい。

メッシング
4T fall 3A 3Lz
4Tの転倒で着座するのはめちゃくちゃかわいいのですが残念ながらGOE-5です。3Lzに3Tを付けなかったのは、タイムバイオレーションを防ぐためでしょうか。それでも付けた方がよかったです。今日の髪形は、婚約した彼女の実家に挨拶に行くときのスタイル。

ネイサン
3A 4Lz 4T-3T
3Aをマスターしたネイサンの前に壁はナイノデース。もうね、何でこんなに小刻みに体動くんでしょうね。チェンジキャメルの出のアップライトポジションの表現とか、4T-3Tに向かうまでの細かい爪先の動きとか、見れば見るほどその緻密さに圧倒されます。いいラスボスでした。ネイサンは最終滑走に強いからずっと最終滑走で滑ればいいですね!心が穏やかなまま眠れます。マレーバク業界に身も心もファッションセンスも売り渡したことは忘れない。

SP通過に73点が必要というとんでもない時代になりました。順位がカオスです。アメリカが1位2位4位につけました。半世紀前のような光景ですね。この点差だと、自力でネイサンに勝てる選手はいません。完璧な演技をして、ネイサンが複数回すっぽ抜けるのを待つしかありません。ネイサン連覇なるでしょうか。僅差の争いなので銀・銅メダル争いも楽しみです。

フジテレビが期待すればするほどそれが外れます。だから明日と明後日は煽らなかったら日本人選手活躍できますよ。これアドバイスね。
2019
02.10

四大陸選手権 3日目 男子リザルト

男子LP
1 Shoma UNO(日本)197.36
2 Boyang JIN(中国)181.34
3 Keegan MESSING(カナダ)179.43
4 Jason BROWN(アメリカ)172.32
5 Vincent ZHOU(アメリカ)172.04
6 Keiji TANAKA(日本)167.61
7 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)159.84
8 Junhwan CHA(韓国)158.50
9 Brendan KERRY(オーストラリア)147.63
10 Nam NGUYEN(カナダ)136.94
11 Nicolas NADEAU(カナダ)135.21
12 Kazuki TOMONO(日本)132.25
13 Sihyeong LEE(韓国)127.95
14 June Hyoung LEE(韓国)123.91
15 Andrew DODDS(オーストラリア)119.49
16 Micah Kai LYNETTE(タイ)116.99
17 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)112.87
18 He ZHANG(中国)112.51
19 Micah TANG(台湾)111.64
20 Donovan CARRILLO(メキシコ)103.54
21 Leslie Man Cheuk IP(香港)96.20
22 Harrison Jon-Yen WONG(香港)92.27
23 Nikita MANKO(カザフスタン)87.25
24 Mark WEBSTER(オーストラリア)76.17

男子リザルト
1 Shoma UNO(日本)289.12
2 Boyang JIN(中国)273.51
3 Vincent ZHOU(アメリカ)272.22
4 Keegan MESSING(カナダ)267.61
5 Jason BROWN(アメリカ)258.89
6 Junhwan CHA(韓国)255.83
7 Keiji TANAKA(日本)251.54
8 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)236.79
9 Brendan KERRY(オーストラリア)224.44
10 Nam NGUYEN(カナダ)216.49
11 Nicolas NADEAU(カナダ)209.65
12 Kazuki TOMONO(日本)206.41
13 Andrew DODDS(オーストラリア)191.40
14 June Hyoung LEE(韓国)188.10
15 Sihyeong LEE(韓国)183.98
16 He ZHANG(中国)179.89
17 Donovan CARRILLO(メキシコ)174.70
18 Micah TANG(台湾)174.59
19 Micah Kai LYNETTE(タイ)174.44
20 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)174.10
21 Harrison Jon-Yen WONG(香港)148.54
22 Leslie Man Cheuk IP(香港)146.60
23 Nikita MANKO(カザフスタン)138.40
24 Mark WEBSTER(オーストラリア)126.41

ジュンヒョン
3A fall 2A 3F 3F-3T 3S 3Lz-2T-2Lo 3Lo
冒頭は3Aを連続で予定していました。この演技構成は、ジャンプの成功ありきで組まれているので、冒頭3Aを失敗すると、2本目に気持ちを立て直す時間がありません。だから2Aにしたのでしょう。次の3Fまでも時間がカツカツですしね。ランナーズハイなのか、演技が進むほどにスピードが出ていました。

ジュリアン爺
A 3A hd 3F hd 3S-2T 3F-1Lo-3T 3Lo 2Lz-2T
4Sは回避。3Aが半回転になりノーバリュー。ミスがいくつかあるのと、繰り返しのジャンプがエラー持ちの3Fだというのも痛いです。

ドッズ
3Lz 3F-2T 3F 1Lz 2A 3S hd 2A
体力面の不安が大きい上に、アイスダンスとの掛け持ちで試合は3日目です。2本目の3Fを降りてバテました。明日もドッズです。ドッズ!ドッズ!ドッズ!ドッズ!

カリーヨ
3A fall 3Lz fall 3F-1Eu-3S ot 2A 3Lz so 3F fall 3Lo so
成功した3回転が1本もありません。要素こなしている感は割とある方ですけど、しなやかさとラスト2本の質の高いスピンのおかげで、そこまで悲劇的な出来には感じなかったです。抜けがないのも大きいです。観客からソンブレロをもらっていました。マリアッチごっこができますね。

ふーちゃん
4S df 1A 3Lz-3T shaky 2A-1Eu-3S 3Lz so 2F 2A shaky
4Sは着氷というよりも着地。忍者のようにシュタッと両足着氷しました。国際大会に派遣もされず、スケート界から忍んでいるのでしょうか。ステップシークエンスがとてもよくて、ふーちゃんの表現力の向上を感じられましたが、1本目の2Aの助走からリズムを無視して滑りました。途中で人格が入れ替わったのでしょうか。

ナドー
3A-3T 3T 3Lo+2A 3A hd 2A-2T-2T 3F so 3S
4Tが3Tになったので、ジャンプの構成を変えました。2種クワドを入れられないと、トリプルを1種類クリーンに跳べないだけで構成が厳しくなります。

美青年ケリー
4T hd 4T hd-2T 2A 3A-2T 3A 2Lz-1Eu-3S shaky 3Lo hd
4Tは2本とも片手をタッチしました。リプレイ映像かと思いました。でも3A2本降りられましたね。4回転と3A2本ずつが抜け&転倒なしに両立させられるのは珍しいです。そして体力が尽きて残りのジャンプで失敗する・・・と。このミスの仕方はいつも通りでした。このプログラムの欠点は、グリースなのにダサくないというところです。グリースとダーティダンシングはダサくないとアカンのや。

友野
4S fall 2S 3A-1Eu-3S 3Lo 1A 3F-3T df 3Lz-2T
4Sは転倒と抜け。2本目の3Aも抜けました。リカバリーで3Fに3Tを付けたものの、これも失敗です。3Lzから2Tに繋げて、最後まで勝負を捨てなかったのは素晴らしいです。コレオシークエンスで魅力は発揮してくれました。少しでも世界ランキングのポイント取って、来シーズンに繋げることが大切です。

樋渡
4T-3T 3A-2T 3A shaky 3S 3Lz 3Lz-1Eu-3F 3Lo
全米から2週間の選手とは思えない出来。これが若さの回復力なのか?全米選手権に匹敵する素晴らしいパフォーマンスでした。回転不足はありますけど、魅せる力は申し分ないです。平成31年にこんなに堂々とした喜びのダブルピースを見るなんて。かわいらしい見た目ですが、もうジュニアラストイヤーなんです。だから、来シーズンのGPS派遣に向けて結果を残すことは重要でした。

ニューエン
4S-3T 4S fall 1A 3A 3Lz to 3F-1Eu-3S hd 1Lo
いいスタートだったのですけどね。ララランドでは、ジャンプを小気味よく成功させて「僕たちにはこんな幸せが訪れていたのかもしれない、こんな楽しいことがあったかもしれない」と受け手に想像させなくてはなりません。だから、ジャンプの停滞がリズムを崩していました。インタープリテーションはジャンプミス5本で7点台半ばまで出たので、評価としてはそれほど悪くなさそうです。ジャンプ降りれば必ず高評価に繋がると思います。

デカ
4S-2T 4S 3A-3T 3A 2F 3Lz-1Eu-1S 3Lo
4Sと3Aの成功に免じて、3Fと壁近すぎてリカバリー不可だった3連続のことは記憶から抹消しておきましょう。転倒ないとコレオシークエンスもガンガン進みますね。気持ちよかったーーーーー。確実にジャッジにプラスの印象を植え付けましたし、世界選手権へ向けての好材料になります。抜け2つありますし、3Aで加点を取りきれていませんから、170点台後半出せます。ったくヒヤヒヤさせやがって。

昌磨
4F 4T 3Lo 4T-2T 3A 3A-1Eu-3F df 3S-3T
動きがやけに軽くて、簡単にフリップを踏み切ったので「3Fで安全にいくのな、よすよす」と思って3Fと打ち込んだらTESカウンターに加点モリモリの4Fが表示されました。すっごいリラックスした演技に見えます。だから僕もまったく緊張せずに見られました。演技を終えて氷に膝をついたので、本人は緊張していたのかな?でもリラックスして見えたんだよなあ。速報からTESも動かずでした。世界選手権まで捻挫しませんように。過去の四大陸ではSPから順位を落としてばかりでしたが、今回は初めての順位アップなんですね。

メッシング
3Lz 4T 3A-2T 3Lo 4T shaky-2T 3S-3T 3A
アメリカ凱旋のアラスカ人がんばりました。1本目の4Tは元々単独ジャンプの予定だったのに、2Tを付けようとして踏み止まりました。ジャンプを降りられて大満足だったのでフィニッシュポーズが超雑に。今日はSPで持ってくるのを忘れた帽子を被っています。

ブラウン
4S so 3A-3T 3S 3Lo 3A shaky 3F-3T 3Lz-2Lo-2Lo
4Sはステップアウトですが、ようやく抜けないところを見られました。抜けないって素晴らしい。3Loの着氷でスパイラルに繋げることにより、詰まった着氷を見事に誤魔化してプラス評価にしました。2本目の3Aはタイミングが狂って危なかったです。ステップシークエンスでは珍しく小さなスタンブルがありました。GOEを1段階下げられてしまうかな?というぐらいですが。

ヴィンセント
4Lz-3T 4S 3F 4T 3A ot-2T 3A 3Lz-1Eu-3F
SPでは微妙なラインは認定されていたのですが、今日はかなりグサグサと刺されまして、TESが14点下がりました。SPや全米よりも動きが悪かったですね。体力的に後半は厳しそうでした。左上のTESカウンターがなぜか消されず、点数発表前に首位に立てないことが分かってしまい切ない。透明人間になって、着氷する寸前に空中でかかと回してあげたい。

ジュンファン
4T so 4S 3Lz-3Lo 3A-2T 3A 3F-1Eu-3S 3Lo
ジュリエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエット!でキャーーーーーと悲鳴を上げる、韓国人ファンと思われる人ワロタ。「キャーーーーーおもしろーーーい!」なら同調します。TESが速報から20点近く下がりました。回転不足の恐ろしさを思い知りました。まさかの暫定5位になり、3位力は発揮できませんでした。

ボーヤン
4Lz to 4T-2T 3A-1Eu-3S 4T 3A 3Lz-3T 3F
今シーズンのボーヤンではかなりいい出来でした。ミスは4Lzでバランスを崩しただけですね。パッション溢れるコレオシークエンスに魅せられました。ボーヤンも大人になったんですね(しみじみ)。世界選手権の表彰台争いに絡んでくる滑りでした。1ヶ月後が楽しみです。

ブラウンは4Sと3Aがアンダーローテーションでした。ブラウンは4Sアンダーローテーションでも2Aの点数ぐらいはもらえました。ヴィンセントは3T、4S、4Tがアンダーローテーション。ジュンファンは2本の4回転、2本の3A、オイラーと3Sがアンダーローテーションでした。心臓に悪い点数の下がり方でした。

宇野昌磨さんは5位4位3位2位1位と登りつめ、見事に優勝フラグ回収に成功しました。こんなにきれいに回収するなんて。シルバーコレクターと化していましたが、それからも卒業のようです。金ピカたくさん獲ってください。ボーヤンは復活の銀メダル、キスクラで悲しそうな顔をしていたヴィンセントが表彰台に踏み止まりました。
2019
01.28

全米選手権 10日目 男子リザルト

~Survival of 我々 感動のフィニッシュへ~

男子リザルト
1 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating 228.80 342.22
2 Vincent Zhou, SC of San Francisco 284.01
3 Jason Brown, Skokie Valley SC 273.08
4 Tomoki Hiwatashi, DuPage FSC 253.28
5 Aleksei Krasnozhon, Dallas FSC 234.52
6 Timothy Dolensky, Atlanta FSC 228.94
7 Andrew Torgashev, Broadmoor SC 225.97
8 Sean Rabbitt, Glacier Falls FSC 217.84
9 Alexander Johnson, Braemar-City of Lakes FSC 216.48
10 Jimmy Ma, SC of New York 206.92
11 Emmanuel Savary, Broadmoor SC 202.45
12 Camden Pulkinen, Broadmoor SC 199.87
13 Jordan Moeller, Northern Ice SC 197.82
14 Kevin Shum, SC of Boston 196.11
15 Daniel Kulenkamp, Coyotes SC of Arizona 188.93
16 William Hubbart, St. Moritz ISC 186.02
17 Sebastien Payannet, Los Angeles FSC 169.14
18 Ben Jalovick, Centennial 7k SC 167.51
19 Tony Lu, North Jersey FSC 144.99
20 Andrew Austin, Skokie Valley SC 131.39

モーラー
3A-2T 3A so 3Lo 3F shaky 3Lz-1Eu-3S hd 2Lz 3T
冒頭の3A-2Tは上手くいきました。セルフコレオなので、振付として挑戦的な部分は少ないかもしれませんが、選曲いいですし、ジャンプ降りやすそうで、なかなかの出来でした。後ろ3本のジャンプは体力的に厳しいものがありました。

ハバート
2A df 3Lo 3F-1Eu-2S 3Lz 3F-3T fall 3Lz-2T 2A shaky
冒頭の2Aはかなり高さがありました。降りられれば+3は堅かったでしょう。氷を踏みならすようにクロスをするので、ポスチャーの美しさは不足していました。しかしながら、エンターテイメント性の高い構成で最後まで楽しめました。Y字スピンでの手の振付もよかった。メガネコーチが振付師なので、こういった全米観客対策抜群な構成になっているのですね。

セイヴァリー
2A 4S 3S 3F-1Eu-3S 3F fall 1Lo 2A
1本目の4Sはクリーンに成功しました。彼といえば4回転なので、2本揃えたかったでしょうね。衣装の選択いいですね。裾がフワフワするので、動きが生まれます。滑りに長けているタイプではないので、ちょっとだけ誤魔化せますね。でもPCS高いな。宣教師っぽかったー。

ジョンソン
3A hd 2A-3T 3Lz df 3Lo 2A ot-3T 3F 3S
スコット・モイアさん的側面スケスケ衣装。このプログラムめちゃくちゃいいですね。Woodkidの楽曲をここまで効果的に演じられるスケーターいたでしょうか。氷に油撒いたようにヌメヌメとリンクをカバーしたステップシークエンス。そしてコレオシークエンスでのスライドしながらのスパイラルから、コンビネーションスピン。窒息しそうな世界から解放されるように気持ちのいいエレメンツでした。キスクラでは悔し涙なのか惜別の涙なのか。これが最後の全米選手権なので、いい形で締めくくりたかったでしょう。

トルガシェフ
3A so 4T so 3Lz 3F ot-3T 3Lz-1Eu-3S 3Lo so
おお・・・・・3Lz以外のジャンプが壊滅的な状態。これはスケーティングだけでは取り戻せないです・・・と思ったらめっちゃ点数高い。なんだ、スケーティング大正義か。

ジミー
4T so 3Lo 1A 3Lz-3T so 1A 3F-1Eu-3S 3F
ラフマニノフを聞かないと全米選手権という感じがしませんね。ロシア人よりアメリカ人に愛されています。壮大な音楽からも隠しきれないイケイケオーラ。ツインカナディアンアクセルは痛いですね。これだけで15点近くなくなります。名誉カナディアンになれそう。3Fの後ろの首を振る振付かっこいい。ジミーはかっけえんだよなあ。かっけえしジャンプ力もあるのにまとめられなくてなあ。

ドレンスキー
3Lo fall 3A-2T 3S 2A 3F-3T 3Lz shaky 3F hd-2T
まさかの転倒スタート。美しいジャンプも多かったですし、スピンでは加点モリモリのはずです。SPのキャメルスピンは失敗していたんですね。ディフィカルトがないので、あれ?ってなったんですけど、ポジションがきれいだからシンプルなスピンに変えたようにも見えて疑問に思っていました。後半のズンドコはユーロっぽいです。飽きさせないようにしてくれたんですね。ユリア・ザウターさんみたいな存在。

ラビット
3F-3T 3Lo fall 2Lz 3F 3S-3T 2A 2A-2T-2T
彼の過去最高順位は8位で、3Aを持っていなくてもGOEとPCSがあれば、それを超えられる可能性は十分にありました。しかし転倒と抜けが1つずつという・・・。今日も嬉し涙が見たかった。ラビットさんこんにちは、日本は今年も朝です。

プルキネン
1A 2Lz 2Lo 3A fall 3A-3T 3F-2T-2Lo shaky 3Lz fall
リカバリーを見せましたが大崩落。まさかこんなことになるなんて。我ここにあらずでした。

クラスノジョン
3F-3T fall 3A-2T-2Lo 3A 2A 3F-3Lo 3Lz 3S
転倒という今日の男子の流れを汲んだ幸先の悪いスタート。だがクラスノは違ったのだ。ほいほいほいと成功させて、2本目の3Aでは彼の本来の飛距離が戻ってきていました。GPSで見られたような後半の動きの停滞もなく、いいリズムで最後まで滑れました。ミニマムを持っていますし、昨年は棄権という経緯があります。世界ジュニア選手権に出場する意向はあるでしょうか。

樋渡
4T-3T 3A-2T 3A df 3S 3Lz 3Lz-1Eu-3F 3Lo
良演技が多い全米選手権ですが、今年は近年稀に見るほどミス連発する選手が続出。そんな悪い空気を払ってくれるスーパーな演技でした。後半のジャンプでは少しスピードが落ちたように見えましたが、ジャンプを終えてから、またふんどし締め直してパワフルな動きを見せてくれました。ヒワターシがついに全米選手権のメダリストですよ!

ブラウン
2S 3A-3T 1S 3Lo 3A 3F-3T 3Lz-2T-2Lo shaky
153.27出せばトップ3に入れるので、全米選手権というこれ以上ないプレッシャーにさらされながら4回転に挑むというのは大切です。今シーズン挑んだ4Sは全て抜けています。まずは4S回るところが見たいです。美しさはいつも通り。クワドーーー入れーーー四大陸で入れーーー。

ネイサン
4Lz 4F 4T 3A 4T-3T 3Lz-3T 3F-1Eu-3S
4回転の質は安定、3Aの質は改善、4回転を複数いれてもトランジションは美しく、曲想から乖離していない。体から音を奏でながら滑っているとでも申しましょうか。今までのネイサンの演技の中で一番きれいにジャンプが入りました。何物も触れられないオーラ発してるから、宗教興したら信者いっぱいつきそう。

ヴィンセント
4Lz-3T 4F 4S 4T fall 3A-2T 3A 3F-1Eu-3F
回転不足のジャンプもありますが、これだけの構成ですから、滑りきるだけでも大変です。ネイサンの後に滑ると、さすがに4回転連続の前半パートは課題を感じます。後半パートはいいですね。TESは13点下がりました。すごすぎて忘れていますけど、まだ18歳ですからね。

今日はネイサンの日でした。アメリカ選手が学業両立うんぬんって普通成績落とすんちゃうんかい!上達しとるやないかい!

世界ジュニアの派遣が最も気になります。男子の派遣が決まったら他のカテゴリーのと一緒にブログに書きますね。

それではみなさん、サバイバルおつ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2019
01.27

全米選手権 9日目 男子SP

男子SP
1 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating 113.42
2 Jason Brown, Skokie Valley SC 100.52
3 Vincent Zhou, SC of San Francisco 100.25
4 Tomoki Hiwatashi, DuPage FSC 84.05
5 Aleksei Krasnozhon, Dallas FSC 82.53
6 Timothy Dolensky, Atlanta FSC 81.10
7 Sean Rabbitt, Glacier Falls FSC 79.66
8 Camden Pulkinen, Broadmoor SC 78.39
9 Andrew Torgashev, Broadmoor SC 76.95
10 Jimmy Ma, SC of New York 74.84
11 Alexander Johnson, Braemar-City of Lakes FSC 74.07
12 Kevin Shum, SC of Boston 71.13
13 Emmanuel Savary, Broadmoor SC 69.89
14 Jordan Moeller, Northern Ice SC 66.15
15 William Hubbart, St. Moritz ISC 65.34
16 Daniel Kulenkamp, Coyotes SC of Arizona 64.64
17 Sebastien Payannet, Los Angeles FSC 61.55
18 Tony Lu, North Jersey FSC 59.81
19 Ben Jalovick, Centennial 7k SC 58.51
20 Andrew Austin, Skokie Valley SC 45.68

ラビット
3F-3T 2A 3Lz
ちょっとぶりのエデンの東。ごぶさたしてました。美しい空間でした。3Aがなくても自分の持っているものを磨き上げればいいスコアはもらえるのです。心のお洗濯タイムでした。そりゃこの出来なら涙も出ますわ。

ジミー
2T 3A 3F-3T
4Tが抜けてしまったので、点数どうなんだろう?という表情でしたが、思いのほか高評価で嬉しそうでした。超陽キャ演技です。

ジョンソン
3A so 3Lz-3T 3F shaky
Don't stop the musicのジャズアレンジ?フィギュアスケート関係者の不思議アレンジサーチ力はどうなってるんだ。ステップシークエンスは、観客に指笛でピューピュー持て囃されて気持ちよくなっているシンガーのように見えました。しかしながらジャンプが伴わなかったので、TESは伸びません。

ネイサン
3A 4F 4T-3T
天敵をちゃちゃっと片付けておいて、4Fも4T-3Tもいい質の物を降りました。はい加点ドッサリパラダイス。それでこの衣装は一体・・・まーーーたマレーバクの衣装ですか。しかもニュータイプ。マレーバク業界から宣伝料もらってて、マレーバクの知名度と好感度を上げようとしているのではないですよね?この闇は徹底的に暴かなくてはいけない。フィギュアスケート界の未来のために~続く~ あ、いい演技でしたよ!113点ですもん!

プルキネン
3Lz shaky-2T 3A 3F
3Lzでバランスを崩し、ちょっと堪えてから2Tへ。3Aは膝を深く使ってまとめました。ジャンプで焦ったかもしれないですが、ステップシークエンスは落ち着いて、ジュニア選手とは思えない陰のある表現を見せました。フィッシュのポーズは失敗したのか、それでいいのか。

クラスノジョン
3F-3Lo 3A 3Lz
このプログラムを滑っていた記憶がないので、調べてみたらGPSでもこれでした。あれ?GPSでの彼が仕上がっていなかった影響で、別物に見えたのかもしれません。アップテンポな曲から遅れることなく、非常に気持ちのいい爽やかな風を届けてくれました。ジャンプの質もGPSより向上しました。

ドレンスキー
3Lz 3A 3F hd-2T
3F-3T降りて華麗にハイスコア叩き出すと思ったのにいいいい。背筋胸筋が半端なく目立つ衣装。衣装というか白Tシャツ。仕事が嫌になった消防士が、訓練中に抜け出して電車に飛び乗るみたいな。署から鬼電が来るから、川に携帯電話投げ捨てるみたいな。それで知らない街で、運命の人に出会う的な。妄想がはかどります。

ブラウン
3F 3A 3Lz-3T
フランス国際が完璧でしたけど、それを上回る出来でしたね。完璧の上限を引き上げました。4回転1本で100点を出すのも大変なのに、クワドレスで100点到達です。全てを磨き上げるとここまでできるんだという証明ですね。

ヴィンセント
4Lz-3T 4S 3A
うおおおおおおおおおおおおお!!!"はいはい高難度ジャンプ跳びますよー観ててねー"プログラムじゃない!ジャンプがエクソジェネシスの旋律にきちんと溶け込んでいるではありませんか。回転不足で、TESが6点ほど下がってはしまったのですが、それでも100点台です。彼はシーズン中に表現面が劇的に改善されます。だからある意味通常運転なのかもしれません。おもしろいなあ。不安で仕方なかったのか、点数を聞いて倒れ込みました。

樋渡
3A shaky 3F 3Lz-3T
3Aを堪え、男らしく残り2本も成功させました。フィニッシュポーズで気持ち入りすぎてバランス崩したのがかわいらしい。先生に「最終グループ入りやんけ!」と言われても特に驚きません。よし、このまま平常心をキープしましょう。

トルガシェフ
3A so 3Lz so 3F-3T
怪我でJGPFを欠場し、今回に懸けていたと思います。ジャンプは思ったようなものは降りられなかったでしょうが、動きの無駄がなくなって、ダイナミックな振付とスケーティングが調和するようになりました。少し前の彼って振付に振り回されながら滑ることが多かったので。

ネイサンが抜けて、それに続くのがブラウンとヴィンセント。差が開いて点数が団子状態です。通常であればトップ3は堅いと言うところですが、今週はハプニングが続いているものでね・・・。

ネイサンには10.00が16個、ブラウンには10個与えられました。ヴィンセントの4Lzはアンダーローテーション判定です。オールレベル4がたくさんいました。
back-to-top