FC2ブログ
2013
11.01

中国杯 1日目 アイスダンスSD

きてーきてーきてーきてーサンタモニカー

アイスダンスSD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)65.70
2 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)63.60
3 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)56.77
4 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON(アメリカ)52.92
5 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)50.20
6 Yiyi ZHANG / Nan WU(中国)41.79
7 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)41.24
WD Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)

ジャンウー
嫌味の無い滑りでジュニア上がりなのに崩壊することなく滑りきりました。男の子がリーゼントで、女の子はナナ・タケダ似でした。

ちんとんしゃんは棄権となりました。残念です。

ユーワン
フォックストロットの曲のダルさを後半のクイックステップまで引っ張り、動きがこじんまりしたステップになりました。パターンの前半で転倒してストップパートの手前まで滑れませんでした。最初の中国の組よりも雰囲気は良くなかったと思います。162と180で低いわけは無いのに小さく見えました。

アルイー
動きのよろしく無かった中国の2組の後だったのですごくよく見えました。今日は前2大会ほど悪くも無かったように見えましたし。サーキュラーの途中で男性が小さなスタンブルしていたのはアレですけど、それ以外はおおむね良かったのではないかと。

キャロジョン
素敵な雰囲気のおふたり。ツイズルの3つ目で男性がよろけました。まあこれぐらいはなんのなんの。パターンステップの途中で男性のエッジがカクッと詰まるようなところが見られました。点数伸びぬ。

チョクベイ
音響が酷すぎて。スケアメも酷かったですけど、スケカナで復活してまた悪くなったからイライラします。ツイズルで女性の回転が足らずバラバラに、ダイアゴナルでは男性が少しスタンブルをしました。途中で2人が中腰になって指を鳴らす振付がありますが、女性の表情がすご過ぎて、「おうおう・・・おう・・・・」ってなりました。強烈。

ペシャブル
ビッグスペンダーの所はとっても良いと思います。ナタリーの衣装がパーフェクトなエロさ。このエロさが無いとダンスじゃないんですよ。シアータイツもよろしいよ。ナタリーのエッジがやっぱりちょっと浅めなところとか、最後のリフトで降ろした時に、思いっきり足をついて動きが停滞してしまったところとか、完璧では無いものの、プログラムの密度はしっかりありましたし、身のこなしはさすがの上手さでした。編曲はあんまり好きでは無いです。

ボブソロ
観客制作のバナーを画面に映しまくってからのボブソロ。ものすごいスピードでパターンに入っていきましたが最後の最後でスタンブルしてしまいました。ツイズルは移動距離が出せず2人ともバラバラ。ボブソロの方が滑りは良かったのでスケーティングスキルが上に出たのは納得でした。ドレス似合ってます。黒じゃなくてこういうの着れば良いのです。


Comment:0
2013
04.11

国別対抗戦 1日目 アイスダンスSD

今シーズンもこれで〆、はじまりはじまり。

アイスダンスSD
1 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)66.54
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)62.42
3 Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(ロシア)59.47
4 Cathy REED / Chris REED(日本)56.35 PB
5 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)54.73
6 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)45.15

モンハリ
ツイズル1つ目で女性がバランスを崩しました。ミッドラインもいつもならもっとできていたと思いますが、こんな時期の試合なので仕方ないでしょう。シーズンベストなので良かったということで。やっぱり長身カップルは映えますねえ。

ユーワン
ツイズルはややズレでした。パターンのテンポの落とし方が気持ち悪いよ。パターン自体は音楽に遅れないようにというのが精一杯という感じ。その後のリフトとトランジションもあまり音楽に合っていない感じでした。ミッドラインでも3箇所ほどシェイキーで不安定なところが・・・・・いろいろ危ない演技でした。美男美女なんだからベルアゴの衣装パクらずに、もっと独自のカラーで行けばよろしいのに。

リード組
ファーストツイズルでズレかけましたが、セカンドから上手く立て直しました。いつもセカンドが怖いんですよね。サーキュラーはわりかし問題無く、パターンの2つ目は中盤からタイミングを少し外していたように見えましたが、まあまあと言ったところでは無いでしょうか。1つ目は音楽にもあって綺麗でした。クリスガッツポーズ。パーソナルベストが出て良かった良かった。

チョクベイ
本日も輝かしい過剰な顔芸からスタート、非常に安定した演技。ワールドで66点も行ったので、さすがにそこまでは出ないだろうと思いましたが、それに近いスコアが出ました。着々と実力を付けて来ましたよね。シーズン序盤は点数以上に評判が先走っていたように思いますが、本当に良くなった。特にノットタッチのステップの距離の狭さ、あれいいですねえ。どちらも上手く無いと離れてしまいますからね。やっぱりあのスレスレがたまらんのですよ。

日本のすばらしいファ
ンのみなさん
ありがとう!

チームUSA

こちらこそセンキュー。

キャロジョン
ツイズルはいつものようにズレてしまいました。チャンピオンシップスが奇跡だったんやで。今日は明らかにツバメさんが疲れていらっしゃって、後半ヘロヘロでした。レベルもとれていないのでしょうか。キスクラにマリオとルイージがいました。

ウィバポジェ
こちらもお疲れだったのか、いつものような滑りではありませんでした。ツイズルで近づきすぎてしまいましたし、ミッドラインは離れ気味&シェイキーな滑り、さらにはリフトもきちんと持ち上げられないままやや中途半端に回してしまいました。ディダクション付いていますけど、そのリフトなんでしょうね。回りきるために時間が。カメレンゴが髪切っていましたけど、全然似合ってない!

明日ケイトリン誕生日だから!!!
行く人、ハッピーバースデー言って!

Comment:2
2012
12.21

ナショナルまみれ 12月20日

今日からまみれだします。それはもう。

中国
中国はリザルトページが無くて、例年ジャッジングスコアが最後にドーンと出るので上位の結果だけ。

男子SP
1 ボーヤン・ジン 75.84
2 ハン・ヤン 68.77
3 ナン・ソン 65.38
4 ジンリン・グァン 62.47
5 イー・ワン 62.18
6 ペイトン・チェン 57.61

女子SP
1 ジジュン・リー 58.09
2 ジークァン・ジャオ 49.16

アイスダンスSD
1 シャオヤン・ユーチェン・ワン 48.50

男子はフー・ジャン、女子はクーシン・ジャンが出場していません。フー・ジャンはシーズン全欠コースか・・・でもジュニアワールド3枠なので、選手がいないから怪我が治ったら出られるんですよね。
ボーヤンは4Tに成功、ハンヤンは3Aで転倒、ナンソンは転倒とパンクという感じ。中国大丈夫?

ウクライナ

男子リザルト
1 Yakov GODOROZHA ODE 180.20
2 Dmitriy IGNATENKO DNE 178.48
3 Igor' REZNICHENKO KIE 165.40
4 Yaroslav PANIOT KIE 143.02
5 Vladislav PIHOVICH DNE 112.76

女子リザルト
1 Nataliya POPOVA KIE 155.73
2 Alina MILEVSKAYA KIE 136.84
3 Anna HNYCHENKOVA DNE 134.81
4 Anastasiya YALOVAYA DNE 105.32
5 Valeriya KOZINETS KHR 103.44
6 Mariya GAVRILOVA KIE 98.41
7 Kseniya EVDOKIMENKO KHR 85.38
8 Ol'ga BELINSKAYA KIE 82.82

アイスダンスリザルト
1 Shivan HEKEN-KENNEDY / Dmitriy DUN' KIE 143.23
2 Nadezhda FROLENKOVA / Vitaliy NIKIFOROV KHR 122.35
3 Dariya KOROTITSKAYA / Maksim SPODYREV KHR 109.47
4 Anastasiya KABANOVA / Aleksey SHUMSKIY KIE 104.66

男子は去年はイグナテンコではなくて、ペルツォフでしたね。そのペルツォフが出ていないのですが。今回は僅差でゴドロツァの優勝となりました。

ポポワは3回目の優勝。昨年はハイスコアで優勝でしたが、今年も安定したスコアでした。これが国際大会でできればね(って何回言ったでしょうか!)。ポポワたんがんばってポポワたん。

ダンスは危なげなくヒーキン・ケネディさんたちの優勝。

そして、カナダ選手権のエントリーが出ているのですが・・・。
http://results.skatecanada.ca/2012-2013/2013CDNS.cfm?strLang=E
参加人数の改定はあれど、ペアはWikiに残っている1996年以降過去最低、アイスダンスも過去最低タイの出場組数。カナダですらこの現状、ウクライナもフランスもイタリアも、アメリカですらペアはいない(ましてやデニコフも出ない)、中国もペアがいない、これはもう・・・・・ね。本格的にヤバいですよ。

明日からは全日本ですが、明日の20時ぐらいに地球が滅ぶみたいなので、これが最後のエントリーになるかもしれません。みなさん5年半ありがとうございました。個人的には、地球は滅んでいただいても結構なんですけど、全日本の結果は知りたいです。
Comment:2
2012
11.23

NHK杯 1日目 アイスダンスSD

はじまったZEEEEEEEEEEEE!!!

アイスダンスSD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)69.86
2 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)60.84
3 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)59.96
4 Nicole ORFORD / Thomas WILLIAMS(カナダ)49.76
5 Cathy REED / Chris REED(日本)48.33
6 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)46.72
7 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)45.99
8 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)40.92

リード組
可愛らしい演技でNHK杯の始まりに花を添えてくれました。ツイズルはキャシーの方がミスをして回転が合わなかったですが、クリスがミスしなかったから、きっとFDでは成功するはず。ノットタッチは伸びやかに、パターンはカメラワークが酷くて変な映し方で分かりにくかったのですが・・・もうちょっとがんばろう!もうちょっと最後までスピード欲しかったかな?といった演技でした。

オーフォード&ウィリアムズ
この組はどう略せばいいのか、ニコトマ?ツイズルは男性が少し乱れましたがまずまず。パターンはすごく勢いがあったのですが、ちょっと女性のエッジが雑なのが気になりました。ザザザザザって感じでしたから。とにかく若い!って感じでした。この衣装ナタリーがカントリーで着ていたやつに似てますよね。女性誰かに似てるんですよね~渡辺心さんを思いっきり欧米化したら彼女みたいになるかも。豊の部屋でこの男の子とチャーリーで挟ませてみよう(提案)

ユーワン
どう見ても、タニス・ベルビンさんの衣装。でもちうごくはリニチュク先生でもズエワでもないのよね。ツイズルからのパターンの間のモサーーーっとした無の状態で世界観が崩れるので、あそこに何か欲しいです。ちょっとした振付でいいので。1つ目から音楽が変わったところはスイハンが使っていた曲で、ちょうどスローフリップをいっつもするところだったので、脳内では「飛んでけええええええええ」が浮かびました。

ちんとんしゃん
場内アナウンスのいつものお姉さんのシントン・ファンの発音良すぎてワロタ。ややツイズレからのスタート、品のある雰囲気でかっこいいのですが、ちょっと男女の動きがチグハグかな?というパターンでした。彼らも最後までもうちょっとスピードが欲しかった演技です。

ペニコラ
身長差を生かした彼らの得意なアクロバティックな動きもたくさん入ったプログラムでした。パターン明けのあのスーーッと滑って雰囲気を変えるのがいいですね。スコティッシュののどかな雰囲気が浮かんできそうな素敵な雰囲気。もっと滑り込んで、最後まで体力を持たせられれば良いプログラムに仕上がりそうです。でも、ロステレコム杯よりは良かったですよ。

感謝祭なんですね。あと、ブラックフライデーですよね。クリスマス・・・・・・クリスマスなんて知りません。クリスチャンじゃねえし!

イリカツ
ニック氏のツイズルが本領発揮して変なブレ起こした!サーキュラーはエッジ深くてよかったですよ。パターンに入ると急に動きがカチカチになるのは・・・・・見てなかったことにしよう。こう、モロゾフっていうだけでアレルギー反応を起こしてしまうのもあれですね。結構良いプログラムに思えてきました。フリーダンスを手直ししたっていう噂も聞いたので、ぜひ大幅に大幅に大幅に大幅に変わっていることを願います。

シブタニズ
アレックスの鉢巻消滅して良かったです。あれやると、刀鍛冶みたいなんですもん。いつもよりスピードはありmせんでしたが、ツイズルはピッタリで良かったです。パターンダンス中に選手ロストするとかありえん・・・上からのカメラやめい。ヤンキーポルカであるということを頭から排せば、これはこれでいいのかもしれません。いやでも、これヤンキーポルカやないか。やっぱダメですか。

メリチャリ
ツイズルは移動距離が無いものの、ものすごい近い距離でやっていました。すごいですねえ。さすがホームよりファンが多い準ホームでの試合ですね。村娘メリル様は盛り上がらざるを得ません。

リード組はもう1つ上の順位で行ける可能性もあるので、期待しています。今までの最高順位が7位ですから、そこは超えて欲しいですね。自力でのエキシ圏内へ!
Comment:2
2012
11.02

中国杯 1日目 アイスダンスSD

あっという間に11月。折り返しの3戦目です。

アイスダンスSD
1 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)69.15
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)65.59
3 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)64.32
4 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)59.26 PB
5 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)55.57 PB
6 Victoria SINITSINA / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)55.09
7 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)46.76
8 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)42.97

映像がいつ上がるか分からないのでリザルトを見ての感想。

ペシャブルがいちばん。パターンで1つ3、ミッドラインは3ですがレベルはそろえてきました。PCSも9点台をほとんどのジャッジが出すようになりました。インタで「銅じゃなくて、わてら金めざしてまっから。」という発言ありましたけど、本気で狙えそうです。ミスしなくなりましたし。このSDはプログラム自体分かりやすくて、フランスを演じている&カンカンなだけあって彼らにぴったり。衣装も素敵です。デロションにももっとカンカン滑って欲しかった。

ウィバポジェもペシャブルと同じ基礎点でした。衣装を少し変えてきていました。彼らのプログラム、やはりもう少し曲数を減らして滑って欲しいです。楽しくて可愛いくはあるんですけどね。

ボブソロは相変わらずのレベルの取れなさではあるんですけど、加点はウィバポジェよりもらっています。元々コンパルソリーが上手だったのでこういうところはアドバンテージです。ただしルンバのことは忘れた。6点台をつけている厳しいジャッジがいます。9点台ということも無いかもしれませんけども。PCSはウィバポジェより上をもらえました。リンキングフットワークだけ下なのは、まあしょうがないよねーという感じです。

チョクベイとイタリアのギニャール&ファブリはパーソナルベストでした。2組とも衣装が派手派手。チョックがデザインしたんですよねあの変なビラビラがついたやつ。イタリアの方は貴族みたいなひらひらレースがついたやつ。

シニジガは衣装を変えたみたいで良かったです。あまりにも普段着過ぎてエキシビションみたいでしたから。でも前半のテネシーワルツ、あまりにもゆったりとし過ぎて、いまひとつインパクトがなあと思う次第です。後半がすごいのでそれでもいいのかもしれませんが。

ちうごく2組は・・・・・がんばれ!
Comment:0  Trackback:0
back-to-top