FC2ブログ
2014
04.02

シボーン・ヒーキン=ケネディ&ドミトリー・ドゥニ 解散

http://xsport.ua/figure-skating_s/news/ukrainskiy-figurist-na-zarplatu-v-2800-grn-prozhit-nelegko_69580/

ウクライナのシボーン・ヒーキン=ケネディドミトリー・ドゥニが解散を発表しました。ドゥニさんのインタビューが入っております。解散の理由は財政的な問題だそうです。彼はイリーナ・モフチャンと結婚をしてシカゴへ移住したそうです。引退後はコーチになるそう。ヒーキン=ケネディさんはウクライナ所属のままパートナーを探します。このカップルは今シーズンに入ってから技術的に落ちてしまっていたので、解散に対しては驚きはしませんでしたが残念ではありますね。他の女性のインタビューで、ウクライナには全くルーツは無いというのを知ったので、それでもウクライナ所属で頑張りたいというのは愛ですよね。良いパートナーが見つかって欲しいです。前のパートナーともドゥニさんとも世界選手権で20番以内に入った優秀な女性ですから。

Comment:0
2013
11.23

ロステレコム杯 1日目 アイスダンスSD

アイスチャレンジおひげのおじちゃんが(ビール飲みつつ)一人で仕切っている。そして実況席にファイファーも遊びにくる。

iouiouioui.jpg



アイスダンスSD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)68.42
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)61.50
3 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)58.59
4 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)57.80
5 Ksenia MONKO / Kirill KHALIAVIN(ロシア)55.83
6 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)51.14
7 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN(ウクライナ)45.00
8 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)44.49

ヒキドゥニ
果てしなくしっくりこない滑り。なんだろうこのバラバラ感は・・・。案の定点数ヤバい。

モンハリ
2週連続でオエーなテンポ。女性がミッドラインの途中でステップを踏めていませんでした。これはどういうプログラムなんでしょう。踊ってたら可愛い女の子見つけて大好き!もっと踊っちゃおう!ってこと?うーん、おばちゃんが作るパッチワークぐらいミスマッチな仕上がり。

パイポー
パターンダンス以外はとても良い出来でした。2人のコンビネーションが年々よくなっています。パイパーはステゴサウルスみたいだー。TESが悲惨。やっぱりパターンがねえ。

パパシゼ
女性の靴が届かずに1人で練習していたシゼロンさん。ツイズルで失敗。パターンはレベル全然取れずに、フィニッシュで尻餅。パパシゼ史上でも最低の出来でしょうか。良いんですよ、たかだか1試合なんですから。レビューに次ぐレビューですさまじい低得点に・・・。

リャザトカ
トカチェンコさんがセンスの欠片も無かった衣装を変更してくれました。ありがたやー。このプログラム良くも無いけど悪くも無いような気がしてきました。3番手入れ替わりを懸念していましたが、なんだかんだで後続3組とリャザトカの間には結構力の差を感じます。

チョクベイ
チョクベイもレベル取れていないんですけど、僕はこのプログラムが大好きなのでそんなことはどうでも良いんです。エンターテイメントの時間だよ!感。パターンダンスのストップパートでチョックさん腰を振っていらっしゃるのです。それはもうたいそうエロいわけです。PCSは評価されています。当然でござる。

ウィバポジェ
もうぜーんぜんレベルを認定してくれないパネル。でもみーんな認定が厳しいからそれで良いんです。今日はとってもよく滑っていました。スケカナよりも良かったと思いますし、上位カップルのうちでは1組だけ目立って滑りに問題があったので、その変わりように驚きました。チョクベイとは明確に差があるぐらい、今日の滑りは際立っていたと思います。あーダンスだった。

ボブソロ
頭からかっ飛ばしていました。飛ばして飛ばしてとにかく飛ばして、スピード重視の演技でした。ボブソロがグッと垢抜けていてこんなに綺麗だったかな?と。

ボブソロ以外レベル認定がすごいことに・・・こういう試合って見ていて疲れます。ハイスコアが出るとアドレナリンが出て疲れがなくなるんですけどね。良い演技で良いスコア出ないとホントに。
Comment:2
2013
01.13

ネスレネスクイック杯 リザルト

こんばんは、インフルエンザにかかっていました。6年ぶりぐらいにかかりました。本格化し始めたようなので、皆様もお気をつけくださいと言いたいのですが、僕みたいに健康に過ごしていても、かかる時はかかるので、かかった時はとにかく、だらけて治しましょう。
キーラとデュベウルの記事書いている時治ったと思っていたら、その後すぐぶり返したので、治ったと思っても油断せずにだらだらしましょう。

ペアリザルト
1 Elizaveta MAKAROVA / Leri KENCHADZE(ブルガリア)119.56
2 Mariya PALYAKOVA / Nikita BOCHKOV(ベラルーシ)108.17
3 Marcelina LECH / Jakub TYC(ポーランド)105.48
4 Marya KOZINA / Janusz KARWETA(ポーランド)103.63

ブルガリアとベラルーシのペアはユーロのミニマムスコアをクリアしていなかったのですが、今大会で無事に条件を満たし出場を決めました。残念ながらドイツのハウシュ&ウェンデが出場できなくなったので、ユーロは15組で競技が行われることになります。み、みんなLP滑られるね。

アイスダンスリザルト
1 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitriy DUN(ウクライナ)137.00
2 Cathy REED / Chris REED(日本)136.29
3 Danielle O'BRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)128.42
4 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)124.78
5 Justyna PLUTOWSKA / Peter GERBER(ポーランド)124.62
6 Natalia KALISZEK / Michal KALISZEK(ポーランド)110.12
7 Kira GEIL / Tobias EISENBAUER(オーストリア)103.40

優勝はヒーキン=ケネディさんたちでした。SD2位からの逆転、同門対決を制しました。今回の出場者の中では力は抜けている印象を持っていたのですが、さほど点差も付けられず、ツイズルやステップでもミスがあったようで、PCSではリード組よりわずかにしたの点数をもらっています。

反対にリード組はここまで差を詰められたのは何よりです。SDではパターンで1つレベル4をもらっていますし、ノットタッチのステップでレベル3、これは大きいです。ワールドでもこれぐらいのレベルを獲得してもらえれば、ここらあたりからの塊から抜けられるのではないかと思います。現状、北米露伊仏が壁になっているのでトップ10をとるには全くレベルの取りこぼしが無い上に上位のミス待ちにはなるのですが、すごい演技ができれば北米の3番手、伊仏の2番手あたりは全くお話にならないという相手ではありませんから、ミスなく演技をして欲しいです。まずは四大陸までにしっかりと滑りこんで欲しいです。

ちょっと衝撃的な点数になってしまったオーストリアのゲイルさんたちはSDでパターンが1つノーカン、FDではステップが両方1でリフトも1がありました。ユーロまでもうすぐなので、少し心配であります。

ジュニアに出場したゴスヴィヤニは無事にユーロのミニマムスコアをクリアしました。しかし、ワールドに関してはクリアできていないので、全てはユーロの結果次第ということでしょう。ユーロでクリアできなくて、さらに他の大会に派遣して、クリアをさせるってほど連盟からの推しもないでしょうしね。今日ずっとロシアナショナルを見ていたんですけど、着氷が流れずGOEでプラスがもらえないので、演技の印象も悪くなりますよね。滑りの良さや上品さとの対比でそれが余計にプログラムから浮いてしまっているんですよ。なんとかならないものか。

今週末はあと、ボルボオープンとリヨン杯があります。ボルボオープンに関してはあと女子だけ、リヨン杯はリザルトがやる気無いのでやる気待ちです。フランスはどうしてこんなにやる気が無いのか。さすが趣味ストライキだなあ。

先週はインカレがあって、多くの大学生のスケーターのみなさんが引退を迎えられたと思います。本当にお疲れ様でございました。そして、素敵な演技をありがとうございました。堀之内くんも出場できて良かった。
2012
12.21

ナショナルまみれ 12月20日

今日からまみれだします。それはもう。

中国
中国はリザルトページが無くて、例年ジャッジングスコアが最後にドーンと出るので上位の結果だけ。

男子SP
1 ボーヤン・ジン 75.84
2 ハン・ヤン 68.77
3 ナン・ソン 65.38
4 ジンリン・グァン 62.47
5 イー・ワン 62.18
6 ペイトン・チェン 57.61

女子SP
1 ジジュン・リー 58.09
2 ジークァン・ジャオ 49.16

アイスダンスSD
1 シャオヤン・ユーチェン・ワン 48.50

男子はフー・ジャン、女子はクーシン・ジャンが出場していません。フー・ジャンはシーズン全欠コースか・・・でもジュニアワールド3枠なので、選手がいないから怪我が治ったら出られるんですよね。
ボーヤンは4Tに成功、ハンヤンは3Aで転倒、ナンソンは転倒とパンクという感じ。中国大丈夫?

ウクライナ

男子リザルト
1 Yakov GODOROZHA ODE 180.20
2 Dmitriy IGNATENKO DNE 178.48
3 Igor' REZNICHENKO KIE 165.40
4 Yaroslav PANIOT KIE 143.02
5 Vladislav PIHOVICH DNE 112.76

女子リザルト
1 Nataliya POPOVA KIE 155.73
2 Alina MILEVSKAYA KIE 136.84
3 Anna HNYCHENKOVA DNE 134.81
4 Anastasiya YALOVAYA DNE 105.32
5 Valeriya KOZINETS KHR 103.44
6 Mariya GAVRILOVA KIE 98.41
7 Kseniya EVDOKIMENKO KHR 85.38
8 Ol'ga BELINSKAYA KIE 82.82

アイスダンスリザルト
1 Shivan HEKEN-KENNEDY / Dmitriy DUN' KIE 143.23
2 Nadezhda FROLENKOVA / Vitaliy NIKIFOROV KHR 122.35
3 Dariya KOROTITSKAYA / Maksim SPODYREV KHR 109.47
4 Anastasiya KABANOVA / Aleksey SHUMSKIY KIE 104.66

男子は去年はイグナテンコではなくて、ペルツォフでしたね。そのペルツォフが出ていないのですが。今回は僅差でゴドロツァの優勝となりました。

ポポワは3回目の優勝。昨年はハイスコアで優勝でしたが、今年も安定したスコアでした。これが国際大会でできればね(って何回言ったでしょうか!)。ポポワたんがんばってポポワたん。

ダンスは危なげなくヒーキン・ケネディさんたちの優勝。

そして、カナダ選手権のエントリーが出ているのですが・・・。
http://results.skatecanada.ca/2012-2013/2013CDNS.cfm?strLang=E
参加人数の改定はあれど、ペアはWikiに残っている1996年以降過去最低、アイスダンスも過去最低タイの出場組数。カナダですらこの現状、ウクライナもフランスもイタリアも、アメリカですらペアはいない(ましてやデニコフも出ない)、中国もペアがいない、これはもう・・・・・ね。本格的にヤバいですよ。

明日からは全日本ですが、明日の20時ぐらいに地球が滅ぶみたいなので、これが最後のエントリーになるかもしれません。みなさん5年半ありがとうございました。個人的には、地球は滅んでいただいても結構なんですけど、全日本の結果は知りたいです。
Comment:2
2012
12.20

ナショナルまみれ 12月19日

といっても12月19日はウクライナだけです。

アイスダンスSD
1 Shivan HEKEN-KENNEDY / Dmitriy DUN' KIE 57.53
2 Nadezhda FROLENKOVA / Vitaliy NIKIFOROV KHR 48.45
3 Anastasiya KABANOVA / Aleksey SHUMSKIY KIE 42.73
4 Dariya KOROTITSKAYA / Maksim SPODYREV KHR 41.07

男子SP
1 Yakov GODOROZHA ODE 62.15
2 Dmitriy IGNATENKO DNE 60.10
3 Igor' REZNICHENKO KIE 56.87
4 Yaroslav PANIOT KIE 53.73
5 Vladislav PIHOVICH DNE 37.26

ペアSP
1 Yuliya LAVRENT'EVA / Yuriy RUDYK KIE 46.82
2 Elizaveta USMANTSEVA / Sergey KUL'BACH DKH 35.72
3 Aleksandra GOROVAYA / Sergey DEYNEGA KIE 33.26

ウクライナも選手が相当減ってしまいました。ダンスですら4組しかいないです。2シーズンぐらい前には、ナショナル10組以上出ていたんですよ。お金無いから・・・・・。

ガリエタがドーピング違反で解散となったシュムスキーは新たなパートナーと出場です。これからまた上手になっていって欲しいです。

男子は3Aは得意なゴドロツァが1位です。昨年のチャンピオンのイグナテンコはタイトルを守れるでしょうか。

今週末はウクライナ、ドイツ、オーストリア、中国、イタリア、日本あたりがナショナル開催です。ロシアは次週の頭に開催です。
Comment:2
back-to-top