FC2ブログ
2017
10.28

スケートカナダ 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)77.34
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)73.53
3 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)73.04
4 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)69.00
5 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)64.06
6 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)63.26
7 Cheng PENG / Yang JIN(中国)61.58
8 Sydney KOLODZIEJ / Maxime DESCHAMPS(カナダ)59.06 PB

新デシャン組
3Tw 3S 3LoTh
女性の名前はポーランド系。ポーランド系の名前は読めない!パートナーが変わってデシャンも若干若返りました。ヒゲのせいだけではないでしょう。ツイストはリチャードチームの例の質でした。

ペンジン
3T hd 3LoTh 3Tw
3Tでペンちゃんが手をつきました。スローもツイストも難なく成功ですが、TESの伸びが鈍かったです。夫婦で殺し合う緊迫した空気張り詰めたタンゴなのに、ゆったりのんびりした雰囲気。振付は悪くはないと思うのですがメリハリが少ないかと。ツイズルでペンちゃん失敗しました。衣装は似合っていますが、茶髪は止めようペンちゃん。

デニフレ
3Tw 3LoTh 3S
ツイストの高さとスローの飛距離がペンジンに負けていないです。3Sは女性の回転がギリギリでした。All of meのプログラムですが、そのままの音源ではなく、全米選手権でスタオベのしやすいドラマティックアレンジです。リフトの2つ目のポジションではピュイピュイ指笛が鳴らされそう。見える・・・全米が見える。

ザビエン
3Tw 3T 3LoTh
ザビエン比でそうでもない高さのツイストと2人の距離が開きすぎた3Tでした。前回もSPではそうでもないツイストで、LPでは元に戻ったんでした。そうでもない仕様?ジャンプだけでなく、ステップももっと近い距離で滑れると心情表現を伝えやすくなると思います。技術は高いからそれほど心配はしていませんけどね。

イリモー
3Tw 3T df 3LzTh
高橋由美子風ショートカットのイリ。3T・・・ああ。クール系のプログラムはイリモーが最もしっくりくるジャンルだと思います。次々と方向転換して、2人が近い距離でSBSの動きをとるのがかっこいい。それでリフトでバシッとフィニッシュ。

ヴァネシプ
3Tw 3S 3FTh
ツイストはまあまあ。失敗するよりはまあまあのままで進めていくのかな。デッカい3Sは迫力がありました。ペアスピンでは男性が女性の頭上をハイキックするデンジェラスエントリーを見せました。ステップ中に女性が男性の頭上をキックするのでそのお返しの振付かな。衣装が黒でなくて何よりだけど、シプレの胸元のお乳隠しの青バンドはいらないとおもふ。

サフマソ
3Tw 3ATh so 3S shaky
ツイストの高さに会場がどよめく。他のペアのツイストが前座に思えますレベルです。3Sはかろうじて片足で降りられました。ステップは2人が離れてからぶつかりそうなまでに急激に近づき、ホールド組んでクルクルと移動。このハラハラさせるけど失敗しない技術力がタマランチ会長。片手上げグループ3かっけえ。メラメラ炎の衣装とサフ子のメイクいいなー。マッソーはいい額縁。

デュハラド
3Tw 2Lz 3LzTh
いつもと雰囲気が違うのはコーチが変わったのと振付がジョン・カーだから。ツイストは高さはそれほどではありませんがキャッチが改善されています。3Lzはメーガンがダブル、ラドフォードさんは両足着氷でした。メーガンがエレガントな空気を発している。地平線の向こうまで・・・あなたと一緒に・・・って感じなおしとやかメーガン。ラドフォードさん担当だったのにダブルエレガントになるなんて。勝負のシーズンにいいプロもらいました。LPはエレメンツ成功させて押せ押せドンドンじゃないと。

サフマソはオールレベル4でした。3SはGOEがプラスになっています。サフマソのジャンプのGOEは治外法権?ちゃんと引こうよ!!!デニフレの3Sはアンダーローテーションがつけられました。これは仕方がない。ペンジンはレベル4がリフトのみ。ステップでは±0か+1で収まっています。オリンピックの最終2組に入るにはこれではいけない。メリハリ!八木沼さんの分も言っておく、メリハリ!

明日に備えてスヤスヤ。
back-to-top