FC2ブログ
2012
06.18

サミュエル・コンテスティ引退

http://www.gazzetta.it/Sport_Invernali/Pattinaggio/15-06-2012/contesti-parabola-argento-europeo-un-addio-inatteso-911540602542.shtml

イタリアのサミュエル・コンテスティが引退を発表しました。

引退後はコーチの仕事をしていくそうです。また、2人目のお子さんもできたそうで、おめでとうございます。


全く予期していないことだったので驚きました。まさか、国別対抗戦が最後の試合になるとは。あれが最後だと分かっていたなら、日本の観客諸手を挙げて大応援いたしましたのに。

彼はトリノの選考で不運な目に逢い、その後イタリアに移籍し、結婚しヨーロピアンで2位、ワールドで5位という素晴らしい成績を残しました。ヘンテコで面白いプログラムをたくさん見せてくれましたし、ワールドではパーソナルベストの演技も披露してくれました。

ユーロは今シーズンだけで偉大なベテラン2人を失ったわけですね。

コンテと嫁と息子とお腹の子に幸あれ
Comment:6
2012
03.11

チャレンジカップ 男女リザルト

一回書いたのに消えた。
全てこのパソコンのせい。このパソコン捨てるとき、粉々に砕いてやる。
つか、書いてるうちにカーソルが枠内から外れて、なぜか枠外でクリックされて、文字直そうと思ってバックスペース押したら編集画面に戻されるという。欠陥商品ですか?これ。イラつく。マジイラつく。割りたい割りたい割りたい!

男子リザルト
1 Brian JOUBERT FR227.28
2 Jeremy ABBOTT USA 223.78
3 Samuel CONTESTI ITA 221.97
4 Jorik HENDRICKX BEL 213.39
5 Peter LIEBERS GER 209.52
6 Ivan BARIEV RUS 205.51
7 Ryuichi KIHARA JPN 183.72
8 Kim LUCINE MON 174.06
9 Paul FENTZ GER 167.20
10 Laurent ALVAREZ SUI 164.55
11 Stéhane WALKER SUI 161.99
12 Julian LAGUS FIN 136.63
13 David RICHARDSON GBR 132.10
14 Taras RAJEC SVK 123.73
15 Viktor ZUBIK FIN 121.97
WD Florent AMODIO FRA

アモディオは朝の練習で怪我をしたそうです。怪我の程度は分かりませんが、この時期ではワールドに向けてかなり痛いですね。なんとか良くなるといいですが。

優勝はジュベール。冒頭の4Tに成功でしたが、3Aはオーバーターン。他はトリプルでセカンドトリプルも無しの安全策で来ました。彼は滑る度に構成を変えるので、どれが本来の構成なのかよく分からない。
3Fが2本だったのが3Lz2本になったり。前3Lz抜いてたのに。3Fもエッジ矯正したのかeマークがつかなくなっていますし。
動きはむちむちだったヨーロピアンのときより良かったように思います。

2位はアボットくんですが、3A-2Tと3Lz-2T以外のジャンプが全滅という内容でした。それでも140点を超えるというのがさすがと言いますか。ジャンプ低いなあ。上がらないのかなあ?オランダは低地だからきっとそのせい・・・にしよう。

コンテは3Lzが2Lzになったのが大きなミスですが、それでもこれぐらいしか点数が伸びないのかーという。ずっとこの辺りのスコアから抜け出せていないような気がします。クリーンに滑れば150点はいけるのに、なかなかねえ。コンボを後ろに固めるとか工夫はしているのに。

表彰台が27歳、26歳、29歳。なんかすごい。


女子リザルト
1 Carolina KOSTNER ITA 197.73
2 Valentina MARCHEI ITA 171.00
3 Alissa CZISNY USA 152.74
4 Viktoria HELGESSON SWE 142.47
5 Kerstin FRANK AUT 137.28
6 Lena MARROCCO FRA 133.85
7 Kana MURAMOTO JPN 130.63
8 Romy BÜHLER SUI 128.42
9 Haruna SUZUKI JPN 128.24
10 Fleur MAXWELL LUX 125.65
11 Myriam LEUENBERGER SUI 122.41
12 Cecillia TÖRN FIN 118.54
13 Belinda SCHÖNBERGER AUT 118.07
14 Anne Line GJERSEM NOR 116.54
15 Henriikka HIETANIEMI FIN 115.13
16 Manouk GIJSMAN NED 113.15
17 Isabel DRESCHER GER 109.35
18 Jennifer URBAN GER 104.58
19 Rosaliina KUPARINEN FIN 103.15
20 Ami PAREKH IND 98.64
21 Eva LIM NED 97.99
22 Dasa GRM SLO 96.96
23 Sandy HOFFMANN GER 96.89
24 Michelle COUWENBERG NED 95.05
WD Kaat Van DAELE BEL

カロリーナぶっちぎり優勝でした。ジャンプ構成を上げてきました。ついに3F2本が復活。すごい久しぶりです。2A-3Tもまた入れてきましたし、この構成なら世界チャンピオンになってもらっても全然構わないです。いくら滑りがよくとも、3Tと3Sが2本ずつで、セカンドトリプル無しって20年前のチャンピオンみたいですし。あまりにも調子が良すぎて、ワールドが怖いんですけど。

マルケイが2位に入りました。2Aが1Aになるミスがありましたが、得意な3Lzが2本入りましたし、いい出来。この出来であればトップ12入りも見えてきます。まずは出てくれ!

昔のシズニーおかえりどころではないシズニーの出来でした。ジャンプ7本全部ミスとは・・・。ピーキングうんぬんがあるとはいえ、これじゃシーズンオフ明けの最初の練習みたいではないですか。なんともコメントしづらい。精神的にまいっていないといいなあ。これはいくらなんでもヤバいですって。

25歳、25歳、24歳。アダルトだわー。男女そろってアダルトなかほりがプンプンな大会でした。

もぐもぐ


ワールドではこんな感じで笑っていて欲しいよう・・・・。
Comment:4
2012
03.10

チャレンジカップ 男女SP

ワールド前の国際Bその1
昔はエイゴンチャレンジ杯って名前だった大会ですね。スポンサーを降りたので名前が変わっています。

男子SP
1 Florent AMODIO(フランス)82.48
2 Brian JOUBERT(フランス)78.79
3 Jeremy ABBOTT(アメリカ)77.97
4 Samuel CONTESTI(イタリア)77.15
5 Jorik HENDRICKX(ベルギー)75.97
6 Ivan BARIEV(ロシア)71.47
7 Peter LIEBERS(ドイツ)69.76
8 Laurent ALVAREZ(スイス)61.17
9 Ryuichi KIHARA(日本)59.32
10 Kim LUCINE(モナコ)56.00
11 Paul FENTZ(ドイツ)55.14
12 Stéhane WALKER(スイス)54.28
13 Julian LAGUS(フィンランド)54.18
14 David RICHARDSON(イギリス)50.92
15 Taras RAJEC(スロバキア)40.65
16 Viktor ZUBIK(フィンランド)38.56

アモディオが首位でした。フェイスブックでリアルタイム風味で実況というか、そういうことしていました。4Sも3Aもミスしていますが、コンポーネンツが高かったです。レベルの取りこぼしが多いのは痛いです。モロゾフなのに。

2位にはジュベール。4T-2Tと4Sを入れてきました。失敗ではありますが回りさえすれば、なんかもういいような気が。にしてもですよ、スピンレベル4が2つ。あとは3でステップも3という彼としては素晴らしい内容。これはワールドでも続けて欲しい。そして、トランジションが6.08。すごいですねー。なんか正直なジャッジだ。

アボットくんは4Tも3Aも転倒でした。4TはSPで回避した方がいいかもしれませんね。回避しても85ぐらいは出るでしょうし。彼だけ全て8点台でした。ここで絶好調でワールドで絶不調だったら、それはなんか違う気がしますけど、LPではまとめられるといいですね。

コンテは3Aでミスがありました。彼はSPなかなかクリーンにまとめられませんね。彼のプログラムに1812年が使われていますけど、今年ってそれからちょうど200年ですよね。作曲された年は違うにしろ。ナポレオンが敗北してから200年、フランスのワールドでフランス人がこの曲滑るとか斬新すぎてバロッシュwww
※追記 プログラム変えてました。僕が「スピンあんまり得意じゃないのに、長ったらしいフィニッシュに合わせるとかアカン」って言いまくったからか・・・。新しいプログラム、別に悪いわけじゃないですけど、LPとあんまり路線変わらないような。

ワールドに出ないジョリヘンはこれがシーズン最後の試合になるかもしれませんが、彼は3A成功させましたね。男子選手ってこの年齢になってもジャンプが伸びてくるから本当に分からない。21、22ぐらいまでは分からない。だからこそおもしろい。ステップ3、スピンオール4。マイナスのないプログラム。来シーズンからますます楽しみです。

スイスのアルバレスは3Aを降りて、マイナス評価は受けていません!スイス人なのに!SUGEEEEEEEEEEEEE

女子SP
1 Carolina KOSTNER(イタリア)64.89
2 Alissa CZISNY(アメリカ)59.82
3 Valentina MARCHEI(イタリア)57.55
4 Myriam LEUENBERGER(スイス)48.31
5 Lena MARROCCO(フランス)47.76
6 Kerstin FRANK(オーストリア)47.66
7 Haruna SUZUKI(日本)46.44
8 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)45.63
9 Manouk GIJSMAN(オランダ)45.31
10 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)45.14
11 Romy BÜHLER(スイス)43.84
12 Cecillia TÖRN(フィンランド)42.92
13 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)42.06
14 Henriikka HIETANIEMI(フィンランド)40.07
15 Rosaliina KUPARINEN(フィンランド)38.90
16 Belinda SCHÖNBERGER(オーストリア)37.72
17 Kana MURAMOTO(日本)37.16
18 Isabel DRESCHER(ドイツ)36.98
19 Eva LIM(オランダ)35.29
20 Jennifer URBAN(ドイツ)33.64
21 Sandy HOFFMANN(ドイツ)32.47
22 Michelle COUWENBERG(オランダ)30.83
23 Dasa GRM(スロベニア)30.19
24 Ami PAREKH(インド)29.40
WD Kaat Van DAELE(ベルギー)

カロリーナは3-3ではなく、3T-2Tになったものの1位でした。3Fは入れないのですか・・・?なんかワールドで突然入れて、また転倒とか嫌よ?んで感じ悪い人たちから、あれは回転不足だったのに救済されて最終グループ入れられたとか嫌よ?それは感じ悪い人たちが嫌なんだけど。

シズニーはジャンプ入りませんね。調子が戻っていないのかピーキングの途中なのか。でも2ミスはちょっとなあ。アボットくんと仲良く2ミスなんて。スピンは相変わらずすさまじいですけどね。

マルケイのノーミスはなんだかすごく久しぶりのような気がします。ワールドでもこの調子で行ってほしい。でもノーミスだったのに、最後に音楽にハメて尻もちついたりはダメですよ?

ヴィッキーは3Tで転倒、最後のスピンがノーカン、ステップはレベル4をとれていませんでした。3TをSPから投入する有意性をあまり感じないのですが、もう3Fでいいんじゃないですか?ってシーズン初めから幾度となく。でも、彼女の中で確率うんぬんあるんでしょうね。またワールドでトップ10入れますかね?


Comment:4
2012
01.29

ヨーロッパ選手権 6日目 男子リザルト

すごかったですねスケートチョットデキル人。

男子LP
1 Evgeni PLUSHENKO(ロシア)176.52 PB
2 Artur GACHINSKI(ロシア)161.47
3 Florent AMODIO(フランス)155.70 PB
4 Michal BREZINA(チェコ)153.17
5 Samuel CONTESTI(イタリア)145.46
6 Tomas VERNER(チェコ)144.22
7 Javier FERNANDEZ(スペイン)142.15
8 Brian JOUBERT(フランス)139.91
9 Jorik HENDRICKX(ベルギー)135.65 PB
10 Sergei VORONOV(ロシア)135.01
11 Alexander MAJOROV(スウェーデン)124.85
12 Kim LUCINE(モナコ)121.69 PB
13 Chafik BESSEGHIER(フランス)118.73 PB
14 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)117.90 PB
15 Paul FENTZ(ドイツ)117.66 PB
16 Peter LIEBERS(ドイツ)115.67
17 Viktor PFEIFER(オーストリア)115.34 PB
18 Paolo BACCHINI(イタリア)114.34
19 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)112.69 PB
20 Dmitri IGNATENKO(ウクライナ)103.27 PB
21 Justus STRID(デンマーク)101.62 PB
22 Alexei BYCHENKO(イスラエル)86.50 PB
23 Viktor ROMANENKOV(エストニア)82.85

男子リザルト
1 Evgeni PLUSHENKO(ロシア)261.23 PB
2 Artur GACHINSKI(ロシア)246.27 PB
3 Florent AMODIO(フランス)234.18 PB
4 Michal BREZINA(チェコ)229.30
5 Tomas VERNER(チェコ)225.36
6 Javier FERNANDEZ(スペイン)222.26
7 Samuel CONTESTI(イタリア)212.32
8 Brian JOUBERT(フランス)207.83
9 Jorik HENDRICKX(ベルギー)204.63 PB
10 Sergei VORONOV(ロシア)195.89
11 Alexander MAJOROV(スウェーデン)193.18
12 Chafik BESSEGHIER(フランス)181.85
13 Kim LUCINE(モナコ)179.33 PB
14 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)178.02 PB
15 Peter LIEBERS(ドイツ)176.75
16 Paolo BACCHINI(イタリア)170.11
17 Paul FENTZ(ドイツ)169.40 PB
18 Viktor PFEIFER(オーストリア)168.92
19 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)166.86 PB
20 Justus STRID(デンマーク)156.33 PB
21 Dmitri IGNATENKO(ウクライナ)154.88 PB
22 Alexei BYCHENKO(イスラエル)141.19 PB
23 Viktor ROMANENKOV(エストニア)135.09
WD Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)

ファイファー
3Lz tano 2Lo 3F 3Lz-2T 2A 3S-3T 3T-2T-1T 1A
脱 臼 ス ピ ン に う な る 美 恵 子
センドインザクラウンズから曲調が変わった時、あまり表現の方法が変わらなかったように思いました。コレオステップはかなり動きがシンプルで物足りない感じがします。
ジャンプはミスが少し抜けてしまいましたが、脱臼スピンが見られたのでよしとしましょう。彼の衣装のベスト好きです。プリシラの髪の色が大阪のおばちゃん。

リーベルス
3F-3T 3A fall 3Lz 3A so-2T 3Lz-2T so 3Lo 3S 2A
ジャンプはまあまあでした。スピンは良くなかったです。あまり音楽に特徴が無いといいますか盛り上がりが無いので、これぐらいの選手だと表現するのが難しいのではないかと思います。
SPもLPも衣装がつまらないです。

ヴォロノフ
4T 3A fall 3A-2T 2F 2A-3T-2T 3Lo-2T 3Lo 3S
ジャンプはまずまず成功しました。サーキュラーステップのところの音楽表現がお留守になっていて、BGM化していたと思います。エッジも浅かったですし、後半のジャンプまでのお休みに見えました。最後のステップは上半身をよく使えていると思いますが、あそこだけ上半身を使いまくってハイライトになるどころか、プログラムから浮いているように見えます。インタープリテーションの評価がスケーティングスキルと比べて低いですよね。

ゾルたん
3A-2T 3Lz-2T 3A 1Lo 3F so 2Lz 3S-2T-2T 2A
中盤のジャンプがグダってしまいましたが3Aが2本入りました。3A-3Tも予定していたようですが、6分練習で失敗していたので回避してきました。
音楽の良さもあると思いますが音楽を捉えた表現は素敵でしたし、トランジションの動きも良かったです。トランジションはヴォロノフより上をつけられているんですよね。インタープリテーションも上が付くと思っていましたが6点届かずでした。

ケビンさん、右手首のケガのために棄権ということです。
最後のヨーロピアンと意気込んでいたのでとても残念です。
これはあともう1年・・・しようぜ。

ジュベール
4T 3A 3F 4T so 3S 3Lz so 3Lo so 3F
ケビンさんの棄権で滑走が早まってしまいました。最初に4Tを成功させて意地を見せてくれました。クリーンだったのは4T 3A 3Sの3つだけで3Fにはeもつきますし、シークエンス扱いがありますし、コンビネーションが入っていないです。元気が無かったです。パンツを固定する靴の下のテープが外れてしまってペラペラしてしまって集中もできなかったと思いますね。
トランジションがスカスカでしたけど、なんかこれで良いような気がしてきました。7.46という評価は高いとは思いますけどね。
紐がとれたついでに演出しちゃった☆てへぺろとは・・・。

マヨロフ
3A-2T 3Lz fall 3A 3F-1T-2T 2A 3F shaky 2S-1T 2A
えらくアクセルが多い構成でした。メンショフのトゥループ、ラコステのループと並ぶ偏り。
ボレロは難しい音楽ですがGPSの時に比べるとだいぶ良くなってきたのではないかと思います。ボレロを滑るので細すぎるよりは、むっちむちで肉感的で彼のスタイルはいいのかもしれません。

ジョリヘン
3A so 3Lz-3T 3F 3Lo-2T tano-2T 3Lz 3Lo 3S 2A+2A so
アクセル2つでステップアウト以外はミスがありませんでした。昨シーズン入れていなかった3Aもだいぶ成功に近づいてきました。ワールド・・・はどちらが出るの?
全後半の音楽が変わったときのトランジションとか、イーグルやイナバウアーなどきちんとつなぎを工夫していますし、表現の方も盛り上がりに合わせてがんばりました。

コンテ
3A 3F 3Lz hd 3A-2T-2T 3Lo 2A 3S-3T<< 3T+2A
成功したジャンプの軸がとても綺麗でした。3Aや3Fは加点がたくさんつきそうです。
彼のスピンの足換えでの回転速度の低下、ジャンプしてシットポジション、そこからアップライトのトラベリングが頻繁にあるので、こういうところは直して欲しいです。
コレオステップの前に「You? Me?」みたいなの言ってますね。たぶん。たぶんね。
コンテの嫁、昔はもうちょっと老けていた印象があったのにすごく可愛らしくなってる。
インタープリテーション高いですね。

ベセギエ
3T-3T 3A so 3Lz 3A shaky-1T 2Lo 2A-2T-2T 3S 2A so
ほとんどのジャンプがシェイキーでした。軸の太さの問題は女子も男子も変わらないですねフランス。
滑り自体も少しガタガタとしていて、滑りに定評があるような選手たちと比べなくても、少し寂しいところです。

トラ
4T fall 3Lz 1A 3A 3Lo 3F-3T so 3F 3S-2T-1Lo
4Tの転倒と片方の3Aの抜けのミスはデフォルトと化しているような。プログラムはかなり滑り慣れてきたような気がしますがジプシースイング滑っていたときのような弾けるようなエネルギーがもっと欲しいです。コレオステップもっともっとがんばってほしい。
コンテよりパフォーマンスが低いとは・・・。なんかしょうがない気もします。

プル
4T 3A 3Lo 3A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lz 3S+2A 2A
うはぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwプルシェンコだわwwwww
なんでバンクーバーシーズンよりスケーティング良くなってんのwwwww
さすがのさすがの安定感。3つのジャンプが終わった後の顔がムカつくwww
3A-3Tの後に千鶴さんが小声で「すばらしいっ」ともらすのがマジすぎて笑ってしまいました。
29歳でパーソナルベストなんて。

ミハル
3A 4T fall 2S 3A-3T 3F-3T 3Lo 3Lz 2S+1A-2T
6分練習でスーパーな4Tを降りていたので残念でした。ジャンプの高さ足りませんでしたね。2Sになってしまいましたが高さとランディングが良かったのでプラス付いていても良さげ。課題であるセカンドトリプルは2本入りましたし、苦手な3Loや3Lzも入りました。3Aも2本揃いましたし悪くは無かったですよね。
そして快挙!新採点で2S+1A-2Tを初めて見ましたよ。今のルールだとこういうシークエンスって全く意味が無いんですよね。基礎点が高い2つのジャンプだけ採用されるので、1Aは跳ぶ意味がない上にシークエンス扱いですから。
このプログラム、GPSの時より思ったより悪くないような気がしてきました。今日は良く滑っていたのもそう思わされた要因かもしれません。ジャンプでミスしまくらないと印象も良くなりますしね。

がっちゃん
4T-2T-2Lo 4T 3A 3A-2T 3Lz 3S 3Lo so 2A+2A
前半が基礎点の暴挙。4回転からの3連続を入れる選手を久方ぶりに見ました。入れるメリットが今は一切ありませんもんね。2クワドで疲れてしまっていたのか、中盤から終盤まであまり動きはよくなかったですね。特に後半はもう滑っているだけという感じで。
170近くは出してくると思ったのにパーソナルベストすら届いていないのには驚きです。

なんですくん
4T ot 4S A 2A-2T 3Lz so-1T 3S 3F so-2T-2Lo tano 3Lo shaky
クリーンだったのが2つのサルコウぐらいでした。他は抜け、ステップアウトがたくさん。特に3つ目のアクセルはハーフアクセルですからね。0点ですしおすし。
苦手なフリップやルッツは今日もでしたし、ループまでもミスが出ました。ここ数年で最悪の出来と言ってもいいかもしれません。ヨーロピアンメダルは確実、あとは誰がとるかと言われていたのに・・・。

アモディオ
2S 3A-2T tano 3A 3Lz-2T-2T tano 3S-2T 3Lz 3F 1A
まとまったのか散らかったのか分からない中間の出来でした。最初のミスはさておき、3Sのセカンドは3Tにしたかったでしょうし、最後も残念でした。ただ成功したものはとても質が良かったのでそれは評価されそう。
SPは変更しましたが、LPはプログラムをかなりいじってきましたよね。明るさのゴリ押しではなくなりましたし、ストップしまくるのが無くなって良かったです。サーキュラーの後のスローな音楽があまりにもノスタルジックすぎて「ああ・・・・あの頃に戻りたい」と感傷に浸ってしまったのは内緒。
モロゾフはアモディオが可愛くて仕方無いんでしょうね。アドバイスするときの顔が女子選手より近距離すぎですもん。

インタでプルシェンコは手術をすると発言していましたね。また来シーズン、フルで出てきて4回転2本入れて欲しいと思います。
ロシア国歌で一番ニヤニヤしているアモディオさん。
みんな黒衣装でつまらん(´・ω・`)

来シーズンの枠は
3枠 ロシア・フランス・チェコ
2枠 イタリア・ベルギー・スペイン
となりました。複数枠だったドイツは1枠に減少。スウェーデンはあと3ポイントあったら2枠でした。
ロシアとフランスは来シーズンはすべてダイレクトエントリーになります。

楽しかった。クワド成功はロシア人たちとジュベールとなんですくんだけでした。
ミハルは安定の4位。この位置は誰にも譲らないということか。

次は女子です。ここまでロシアが9つのうち7つのメダルを獲得しています。女子も久しぶりのメダル獲得はなるでしょうか。
Comment:4
2011
11.13

NHK杯 3日目 男子リザルト

さっむ

男子LP
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)169.32
2 Takahiko KOZUKA(日本)155.25
3 Samuel CONTESTI(イタリア)145.86
4 Ross MINER(アメリカ)141.24
5 Tomas VERNER(チェコ)133.67
6 Tatsuki MACHIDA(日本)123.19
7 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)122.06
8 Konstantin MENSHOV(ロシア)121.21
9 Brandon MROZ(アメリカ)110.00

男子リザルト
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)259.75
2 Takahiko KOZUKA(日本)235.02
3 Ross MINER(アメリカ)212.36
4 Samuel CONTESTI(イタリア)209.69
5 Tomas VERNER(チェコ)196.63
6 Konstantin MENSHOV(ロシア)195.88
7 Tatsuki MACHIDA(日本)195.45
8 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)185.58
9 Brandon MROZ(アメリカ)184.83

トラ
4T 3F ot 3Lo 3A fall 2A 3Lz-2T 3F 3S-2T-1Lo
クワドを成功したのは良かったですが、アクセル入らず、抜け、今日もステップ転倒とミスのパラダイスみたいになっています。eのつくフリップを2回入れざるを得ないのも、ジャンプが限界なのかなと思ったり。楽しいプログラムではありますが、楽しいものばかりですし、トランジションが無いし、方向性に変わりがなさすぎて、うーむ。

アーミン
3T 3A 3Lz 3Lo so 3A-2T 3F-2T 3S 3Lz fall
転倒は残念でしたが、かなりまとめられた演技でした。ジャンプの回転不足がある選手なので、それが失敗につながってしまいますね。

コンテ
3A 3F 3Lz 3A-2T-2T 3Lo hd 2A 3S-2T 3T+2A
1時半なのにヒゲ伸びすぎだよコンテスティさん。ミスはループのお手つきと、セカンドの3Tが入らなかったことぐらいでしょうか。このSPがgdgdでLPで良い演技パターンはなんでしょう。
フランスでのワールドということで、異様なまでにシャンソンを選ぶ選手が多いのに、ラヴェルやドビュッシーはほとんどいないという悲しさ。

マイナー
3A 3A-2T 3Lz so 3S-2T-2T 3Lz-2T 3Lo shaky 2A 3F
この衣装の意図は未だに理解できません。あれですかね、禁酒法時代のアメリカで、動きやすいためにボディスーツを着用した酒泥棒とか。それなら超納得。
ストーリーというよりも、音楽の強弱を体で表現していくタイプのプログラムですよね。ライサみたいな演技タイプのプログラムでした。
演技終了後の顔まっかっかはおなじみ。

ブロックノイズがエグいレベルになりました。アンテナ変えたのになんで・・・・(´;ω;`)

まっちー
4T so 3A-3T 2Lo so 1A 3Lz-2T 2F 3Lz 3S
腰に手をあてるところ、投げキス、ターンの組み方、ホップを多様・・・・・・嗚呼まさにランビエールwwwあまりにもランビエール。ジャンプ抜け祭りになってしまいました。表彰台を狙える位置でしたし、SPでの評価も高かったのでチャンスだったのでしょうが・・・。ジャンプの成功はさておき、彼のルッツ好きなんですよね。THE LUTZ!!!なアウトに乗る跳び方が好きです。
スピードがあって、もっと雰囲気をムンムン出せていけるようにならないと、ランビエリスティックな演技は目指せないです。

メンショフ
4T-2T左足 2Lz fall 4T fall 2A 3S 3Lo 3T-2T-2T 2A-1T
クリーンに成功したジャンプが下の方のトリプルだけでした。せっかくクワドは1本目成功だったのに、左足で着氷というもったいないミスでした。
このプログラム、どこをどうもって音楽解釈をするのか分かりにくいです。キルビルと月の光ってどうすれば・・・。

ムロズさん
4Lz fall 3A hd 2A 3F 1A 3Lz+1Lo? 1A 1Lz
基礎点がものすごく高いジャンプ構成になっていますが、クリーンに成功したジャンプがフリップしかありません。かなりの成功率を誇る4Tを外すことも無かったと思うのですが・・・。
ジャンプの失敗もさることながら、カルメンのプログラムなのに、雰囲気が全くと言って良いほど感じられませんでした。

こづ
4T< df 3A 3Lz-2T 3A-2T-2Lo 3F 2Lo 3S 3Lz-2T
ジャンプのミスがそれほど無かったのに、あまり印象に残らなかったです。ナウシカはフィギュアスケート向きではないなーとつくづく思います。シニアに上がってからのプログラムでは、個人的には一番好きではないです。
おねーさんたちはフィギュアスケートを見に来ているのか、ハグしに来ているのか。

ブロックノイズ酷すぎてテレビ観戦断念。NHKもっと電波飛ばしてこい。

ダイスキタカハシ
4F fall 3A 3S 3A-2T 3F-3T 3Lo 3Lz-2T 3F
6分練習で良い4Fを降りたので期待していましたが、残念ながら転倒でした。入りのスピードがあったのでいけるかなと思っていましたが。スケカナよりもだいぶよくなってきましたよね。スケーティングは昨日に比べると、それほどディープなエッジに乗っているとは思えませんでした。
応援するのはいいんですけど、汗を拭いたオバハンはちょっとやりすぎ。あれは正直気持ちが悪い。応援マナーとかじゃないですよ、人としておかしい。世界中に醜態晒すんですから・・・。
何しに会場来てんの?

せっかくのハイパーインフレ大会だったのに、みんなそれを生かせなかったですね。ジンバブエドルぐらいインフレだったのに。スケカナが可愛いレベル。

ダイスケさんはファイナル進出決定。がんばれー!
トラはレベルとれなさすぎが悲しい。

客席のおねーさんたちは、もう少し良識のある行動を心がけていただきたく思います。アイスショーではないですし、彼らはプロスケーターでもないですよ。
Comment:15
back-to-top