FC2ブログ
2018
11.10

NHK杯 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Rika KIHIRA(日本)154.72
2 Satoko MIYAHARA(日本)143.39
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)142.85
4 Mariah BELL(アメリカ)135.99
5 Mai MIHARA(日本)133.82
6 Eunsoo LIM(韓国)126.53
7 Alena LEONOVA(ロシア)125.93
8 Courtney HICKS(アメリカ)118.97
9 Maria SOTSKOVA(ロシア)116.24
10 Mae Berenice MEITE(フランス)112.09
11 Angela WANG(アメリカ)98.54
12 Kailani CRAINE(オーストラリア)96.01

女子リザルト
1 Rika KIHIRA(日本)224.31
2 Satoko MIYAHARA(日本)219.47
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)219.02
4 Mai MIHARA(日本)204.20
5 Mariah BELL(アメリカ)198.96
6 Eunsoo LIM(韓国)196.31
7 Alena LEONOVA(ロシア)194.15
8 Courtney HICKS(アメリカ)178.07
9 Maria SOTSKOVA(ロシア)176.99
10 Mae Berenice MEITE(フランス)162.58
11 Angela WANG(アメリカ)159.36
12 Kailani CRAINE(オーストラリア)154.22

クレイン
3F 3Lz-2T 3Lo 2A 3Lz so 3Lo-2T 2A
基礎点の高い3Lzや3Fで回転不足が見られました。ジャンプをミスしても後半きちんと曲想にマッチした表現をできるのが彼女の強みです。キスクラにはカンガルーもコアラもいない。二大政党から距離を置いているのか。

メイテ
3Lo-3T 3F 3Lz-2T-2Lo fall 2A 2A-3T 3Lz 3S
3Lo-3Tの後のモモをクイクイッと上下させる振付を見るだけでも、彼女が振付を自然にこなし、女性らしい表現力が身に付いていることが分かります。3連続の最後は回転が足りず、上手くグリッとできなかったので転倒に繋がりました。高さ系のジャンパーはグリるの苦手です。残りはきっちりまとめています。好調です。

ヒックス
3F-3Lo 3T 2S+2A 3Lz-2T 2Lz 3F 2A
3F-3Loすげえ。3Loの幅が垂直飛び状態なのに降りられています。今回の成功をこれからも続けられたらいいですね。バネがあり、柔軟性のあるスケーターでおもちゃ箱から飛び出したような存在なので、くるみ割り人形の選曲は合っていると思います。

ベルたそ
2A-3T 3Lo 3F-2T 2A 3Lz-2T-2Lo 3F 3Lz
ベルたそ~~~~~~~~~~~~~!!!手首や肘から動かせない選手が多いですが、彼女は肩からしっかりグリンと捻じって表現しているので見応えがあります。コレオシークエンスが消化エレメンツにならず、しっかりとエッジを倒して、ゴージャスなスパイラルも見せてくれました。ガッツポーズの出る素晴らしい演技でした。後半にルッツフリップを固めるのは博打ですが、今日はそれが上手くいきました。採点に時間がかかったので、回転不足ザックザクかと思いましたよ。

ソツコワ
3Lz-3T 3Lo-2Lo 2A 2A 2F-1Eu-3S 3F fall 3Lo
熱い風が地面を撫でるよステップシークエンス素敵。手足の長い彼女ならではのダイナミックさを感じるエレメンツです。後半の3連続の前あたりから徐々にスピードが落ちてきました。それが3Fの失敗に繋がっています。スピードビュンビュンな状態でのコレオシークエンスが見たいです。ソツコワの新たな一面を見られるプログラムです。いつまでも淡白じゃないよ。

アンジェラ
3F so 2Lz 3T hd 2A-2T 3F fall 3T 3S
今シーズンはクワン姉妹が振付に入っているからか衣装までクワンっぽい。ソルトレイクシティ観てスケート始めたってぐらいですから当然影響は受けますよね。3番目~6番目のジャンプ構成を大幅に変更し、自信のあるものを持ってきたのでしょうが、それも失敗してしまいました。悲しい表情でフィニッシュ。

ユンスー
3Lz 3Lo 3S fall 3Lz-3T shaky 2A 3F-2T-2Lo 2A-2T
6分練習で三原と接触して転倒しました。嫌韓のアホが騒いだらバカにしよーっと。黒&スケという素材的にはよくある感じですが、ギランギランした華やかな衣装です。おい、世界の人々!黒衣装ならこれぐらいのやつを着てくれ!彼女の持ち味のスピード感や表情の豊かさはアピールしきれなかったですね。同門のベルたそがコケティッシュなロキシーになりきっていたので、コツを聞くよろしよ。ユンスーは本国ではゼニガメに似ていると言われているらしいです。だからゼニガメのぬいぐるみもらいました。

紀平
3A-3T 3A 3Lo 3Lz-2T 3F 3Lz-2T-2Lo 3S
3A1本で4回点ジャンプに相当する点数を稼いでいます。恐ろしい。予定構成では3A-2Tでしたが、3A-3Tに変更しました。3Lz-3Tを練習したのは3A転倒した時のリカバリー用なんですね。いやあああああああああああああああああああああ全部降りたぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおすげええええええええええジャンプもスピンもコレオも素晴らしい。2Aの場所がそのまま3Aになって、加点幅も高いわけですから、3Lzまでの選手とは出せるTESが10点違いますね。151は出るかな?と思いましたがPCSもここまで伸びるとは。これはメディアが煽るぞおおおおおおおおおお!潰されないように周囲の大人がガッチリサポートしなければ。そして我々もジャンプの成否のみに注目せず応援し続けなくては。

レオノワ
3T-3T 2A 3Lz 2A 3F-2T 3F-2T-2Lo 3S hd
27歳にして全盛期が再びきましたか。3Sで手をついて、終盤は足にきていましたけど、強い気持ちと表情で魅了してくれました。レオノワはレオノワだなあ。NHK杯の恋人であることを証明する演技です。次はGOEのプラスの高い部分を目指すのが目標になるでしょう。

三原
3Lz-3T 2A 3Lo 3F 2A-2T 3Lz-2T-2Lo 3S
この紫がかった青は日本人が世界のどの民族よりも着こなせる色です。だからこれは日本人の天使。この衣装で大正解。今までの三原の衣装で一番好き。後半の最初のジャンプ2A-2Tのところは、いつもよりスピードがなかったので、うわっ!3Tでコケるうわああああああああああああああ2Tにした・・・セーフ。と安心しました。後半の3Lzの回転が充足する呪いをかけていたので、呪いがきちんと働いてくれました。速報から3点ほどTESが下がりました。三原の不運はGPSのくじ運がトップ勢で最悪だったこと。

リーザの演技前にフラワーガールが氷上の虫撤去。お姉さん虫を素手で持って偉いよ。

リーザ
3A ot 3Lz-3T 3Lz 2A-3T 3Lo 3S 2A-2T-2Lo
リーザこんなにきれいな両方タノ入り3Lz-3T降りられるならSPで導入してもよさそう。導入すると3Lzまでの選手ではザギトワでかろうじて超えられるかどうかのスコアになると思いますよ。トランジションは相変わらずですが、より自信を持って滑るようになったので、あまり気にならなくなってきましたね。世界選手権で優勝したシーズンの無敵オーラを帯びてきました。GPFも楽しみです。

宮原
3S 3Lz-3T 3Lo 3Lz 2A-3T 3F-2T-2Lo 2A
衣装を変更しました。黒と緑?苦手だと判明した天敵3Sはこの2シーズンで一番きれいに入ったのではないでしょうか。SPで完璧ではなかった3Loもよかったです。最後の2Aの前の足クイッとかマジかっこいい。後半のあんな場面でもトランジションガンガン入れてくるんですよ。そりゃPCS出ますよ。絶対にノーミスでないと優勝できない場面で、よくこの演技を見せてくれました。ジャンプの回転不足があってTESが77点台から下がりました。これはGPFまでの宿題ですね。

紀平のっプロトコルはほとんど+3以上です。全ジャンプに1点以上の加点をもらっています。宮原は2つの3Lzでアテンション、2Aと2Loでアンダーローテーションでした。まさかのアテンション。3Fは無傷。三原は3Tがアンダーローテーションでした。

これで宮原とリーザがGPF確定です。坂本は2位3位で24ポイントで暫定3位。

ロステレコム杯 ザギトワ(1位)、山下(2位)、サモドゥロワ(3位)、白岩(4位)
フランス国際 紀平(1位)、コンスタンティノワ(2位)、メドベージェワ(3位)、三原・テネル(4位)

残り4枠がこの中から決まります。このままロシアと日本で表彰台が占められるのでしょうか。
2017
10.29

スケートカナダ 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)136.85
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)126.42
3 Marin HONDA(日本)125.64
4 Ashley WAGNER(アメリカ)122.37
5 Courtney HICKS(アメリカ)118.51
6 Rika HONGO(日本)114.74
7 Karen CHEN(アメリカ)108.63
8 Laurine LECAVELIER(フランス)107.35
9 Kailani CRAINE(オーストラリア)88.07
10 Anna POGORILAYA(ロシア)87.84
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)87.66
12 Larkyn AUSTMAN(カナダ)81.77

女子リザルト
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)212.91
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)192.52
3 Ashley WAGNER(アメリカ)183.94
4 Courtney HICKS(アメリカ)182.57
5 Marin HONDA(日本)178.24
6 Rika HONGO(日本)176.34
7 Karen CHEN(アメリカ)170.40
8 Laurine LECAVELIER(フランス)166.43
9 Anna POGORILAYA(ロシア)156.89
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)143.03
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)134.17
12 Larkyn AUSTMAN(カナダ)123.56

真凜
3Lz 3F-3T 2A-3T 3F 3S-2T-2Lo 3Lo 2A
1番滑走wwwwwwwwwwwwwwwwwくわっwwwww速報よりもTESが6点下がりました。トランジションとコンポジションの評価が伸びていません。トランジションが少なく、ハイライトになるはずのコレオシークエンスのスパイラルとイナバウアーの間の助走も長いと思います。コレオが連続していない。でも1番滑走でこれだけの滑りが出来るメンタルに感服です。「本田はメディアに取り上げられるけど実力不足だから、ピョンチャンではなく北京目指せばいい」との言葉をよく聞きますが、それは選手とコーチが決める事。フィギュアスケーターの4年がどれだけ大きいか。

シャルトラン
3Lz fall 3F 2A-1Lo-3S 3Lz 3Lo fall 3S-2T so 2A-2Lo
転倒やe判定の3F、回転不足などのジャンプのミスが続きました。後半の転倒のせいで、コレオシークエンスが忙しなく終えられてしまったのは表現の面においてもマイナスに。速報より10点ほどTESが下がってこのスコアに。リカバリー能力まる。

オーストマン
1F 2A-3T 2Lz 2T 3S-2T-1Lo 2A fall 3S
左肩の紐がペロンと垂れ下がってなかったら、スカートの短さも相まって30年前の衣装に見えるデザイン。このショートカットはレミゼのファンティーヌを演じるためなのか!

クレイン
3Lz-2T 3F 3Lz 3Lo 3Lo-1T df 2A-2T 2A
エッジの危なげなルッツとフリップがポンポンポン。3Fはアテンションを取られるので、3Lz2本にしたんですね。速報から13点もTESが下がりました。決して悪い演技ではなかったですが、シェイキーな滑りだったのが印象よくは映らなかったのかな?またオーストラリアの代表争いが分からなくなりました。

ルカヴァリエ
3Lz-3T 3F 3S 2A-2T 2A 3Lz so 3Lo
クレインの演技終了後からリンクサイドから発せられるロヒーンのパワー。ロヒーンにかかればポケモンキャップもオシャレアイテムに。ステップでのセリフに合わせた演技がハマっていました。スカートの翻りもきれい。スパイラルはもう少し足が上がればと。音楽がプツンと消えるので、会場から戸惑いが見えました。「え?お、終わったのか パチパチパチ」

アシュリー
2A 3F-3T 2A-2T tano 3Lo shaky 3F 3Lo-2T df 3Lz
本日2人目のムーランルージュ。3年目のムーランルージュぐらい多めに見ろよ。アシュリーはまだまだシーズン序盤モード。3Lo-1Lo-3Sは回避しました。サティーンが板についてる。美しさがほとばしっている。スコアが伸びずに無表情になる様も美しい。

カレン
3Lz-2T 3F 2A-1Lo-3S 3Lz 2Lo 2A 3S df
パッションからのパッションでパッションパッションづくしなカレンでしたから、カルメンをやめてダイナミックなスローダンスを2人でに変えて正解だと思います。JOから3週間ですがセルフコレオなので対応出来ます。似たような構成にはなりますけどね。これは全米が涙するプログラム。TESが・・・おうふ。

本郷
3F-3T 3S tano 3Lz so 2A-3T-2T tano 3Lo 3F-2T tano 2A tano
頭のお花が少ない・・・リンクサイドに上がって衣装にぴったりの花束プレゼントしたお客さんセンスあるわー。ジャンプは見られたのにステップに入るとカクカクするストリーミングちゃん。コレオシークエンスはかっこよかった!SPからPCSが伸びました。

ヒックス
3F-3Lo so 2A 2A-2T 2Lz-1Lo-3S 3Lz 3T 3F
まとめられたのでは。3-3の間にオーバーターンは入らなかったけれどステップアウトに。一息入れるためにオーバーターンマスト説。やけに情緒溢れていたのはロヒーン振付プロだったからかー。必殺トゥジャンプ攻めの終盤がきれいに決まると盛り上がりそうです。コケなしでパフォーマンスが伸びないという珍しい点の出方。

ソツコワ
3Lz tano-3T tano 3F tano 3Lo 3F tano-1Lo-3S tano 3Lz tano 2A tano-2T tano 2A tano
タノ3Fから着氷で前手で両手を重ねる振付素敵。ステップは振付からターンに入って、きちんと動きに連続性が見られました。後半のジャンプに回転不足がありそうです。ジャンプを降りるよー感もあったので、演技後半をどう演じるかがこれからの鍵になりそうです。

オズモンド
3F-3T so 2A-3T 3Lz 3Lo 2F 3S-2T-2Lo tano 2A fall
安定した不安定さ。どの種類のジャンプも安心して見られません。敵こと3Loはきれいに降りられました。今更だけどオズモンドは黒鳥よりも白鳥を王道に演じた方が素敵になりそう。陽が強い。陽キャ!でもそれだとSPと被っちゃうのかーーーダメか。150点ベースの点数の出方。なぜなら後ろの滑走に黒鳥を演じるためにいるスケーターがいるから。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 2A 3Lo-1Lo-3S df 2Lz 1F 2Lo-2T tano 2A fall
やはり腰の怪我が。2Aでいつもの痛々しい転倒をして、スピンの入りでは腰を打つ転倒。リンクから上がって痛そうにはしていないのは幸いです。生気を感じない冷たい妖しさが黒鳥を演じるに相応しい。リップの色が素の唇に近いのも妖しさを増幅させています。万全な体調でこのプログラムの完成形を滑って欲しいと心から思います。お大事に。

アシュリーがSP7位から台乗り。スケートカナダでSP7位から優勝したシマウマが昔いたな。

ソツコワはアンダーローテーションが3つ、真凜は2つ、アシュリーは3つとe、本郷は5つと!、カレンは3つとダウングレードとeが1つずつ、クレインはトリプルにすべて刺さりました。アタタタタタタアターと刺されたジャンプたち。全員に厳しいからフェア。
2017
10.28

スケートカナダ 1日目 女子SP

80代のような起床時間。

女子SP
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)76.06 PB
2 Anna POGORILAYA(ロシア)69.05
3 Maria SOTSKOVA(ロシア)66.10
4 Courtney HICKS(アメリカ)64.06
5 Karen CHEN(アメリカ)61.77
6 Rika HONGO(日本)61.60
7 Ashley WAGNER(アメリカ)61.57
8 Laurine LECAVELIER(フランス)59.08
9 Kailani CRAINE(オーストラリア)54.96
10 Marin HONDA(日本)52.60
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)46.51
12 Larkyn AUSTMAN(カナダ)41.79

オーストマン
3S ot-1T 3F fall 2A
スタイルが悪い選手がやってしまうと公開処刑になるショートカット。よく似合っています。前も3F転倒していた覚えがあります。ジャンプだけでなくてフライングシットのディフィカルトでスピードが落ちていたり、なかなかクリーンとはいかず。

クレイン
3F 3Lo-3Lo 2A
速報の時点ですでにマイナス評価だった3Fさん。ステップをもっと入れなきゃですね。セカンドトリプルにして攻めましたが、セカンドはかなりの回転不足でした。速報から7点TESがダウン。アップテンポの音楽に乗って次々とエレメンツが繰り出されていく様は気持ちがよかったです。ドーナツスピンうめえ。

ヒックス
3F ot-3Lo 3Lz 2A
オーバーターンからでも3Tつけられる師匠から、オーバーターンからでも3Loつけられる師匠へと転職。回転が足りないとステップアウトや転倒する選手なので、降りたなら大丈夫。オータムクラシックでも絶対つけられそうにない体勢から繋げていました。3Lzは「eマーク取れるもんなら取ってみろ!」なアウトサイド踏み切り。いいカメラ位置。ターンと共に上体を上手く使って、物悲しい音楽表現が非常に明確になされておりました。繊細な動きが上達しました!

シャルトラン
3Lz fall 3Lo-3T 1A
3Loに3Tをつけてリカバリーしました。3Tはちょうど1/4足らない回転でした。2Aのえんとりーがギュインギュインのカーブを描いているので、これが決まればめちゃくちゃかっこいいんですけどね。ジャッジ席の前でバックのディープエッジから身を翻す振付がスーパークール。リズミカルなリベルタンゴの音源チョイスがバチコンハマってます。スタンダードなリベルタンゴではシャルトランの魅力は生きなかったでしょう。

ルカヴァリエ
3Lz-3T shaky 3Lo 2A
ロンバルディアで見たはずなのに記憶から抹消されている。とても素敵なプログラムです。3Tの回転はギリギリです。このプログラムはスピンの使い方が効果的です。アップライトから始まるコンビネーション、そしてレイバックへの流れに危うさを感じて胸がきゅるきゅるさせられます。いいきゅるきゅるです。スカートも夏のあの日の危うさ・・・という感じのふわふわ素材でプログラムに合っています。いい!

真凜
3Lz-3T fall 3Lo 1A
アイメイク控えめの真凜さん。眉毛の描き方はこれでいいんか?少女から女性へと成長する心情を包み隠さずさらけ出すわ~みたいな感じがいいなと思います。タンゴがいまひとつしっくり来なかったし、シニアで滑るスマイルが超薄味だったので、曲変更をして良かったです。3Lz-3Tに構成を上げて転倒。昔の彼女なら直後のステップがシャローエッジの連続になってレベルを取りこぼすところでしたが、大丈夫になりました。両足滑走気味だったのが、スピードが出しやすい半面、雰囲気重視でノーミスで滑らない限り点数が伸びない形になっているのではないかと。

本郷
3F-3T 3Lz tano 2A tano
6分練習でもそうでしたが、3F-3Tはセカンドよりもファーストの回転が怖いです。レイバック、フライングキャメルと苦手なエレメンツを先にやっておいて、後半で畳みかけるスタイル。ステップは炎がメラメラを燃えたぎるような仰々しさがありました。後半項目7点台中盤までは伸びていい気もするけれど、平均でこれだけだから出してるジャッジもいるか。

カレン
3Lz so 3Lo-2T tano 2A
今大会1発目のムーラン・ルージュ。文句なしのカレン印なパッション路線。スパーーーーーーーイラルはアメリカ女子らしさムンムンでした。ジャンプの確実性が落ちてきているのをPCSやスピンでしっかりカバーしています。今は耐える時期。釣り目強調メイクかっこいい。アジア人である事をプラスにするメイク。

アシュリー
3F-3T td 2A 3Lo ot
やたらとスケートカナダに出場しているイメージがありますが、意外と4回目でした。シニアも11シーズン目ですって。ひぷひぷちんちん復活。3Tはフリーレッグが少しタッチしています。タッチ癖・・・。フライングキャメルスピンで手拍子をして客を煽る様子、これはどこかで見た事がある・・・水族館のセイウチ!美人なセイウチだなあ。終わり方が尻すぼみになってしまった印象。

ソツコワ
3Lz tano-3T tano 3F tano 2A tano
この衣装の襦袢の色が好みではありませんが、ここを肌に近い色にしてしまうと背中がザックリなので違反が取られてしまうんでしょうね。苦肉の策だ。まったくケチケチすんなよーーーーーおげふぃんじゃないのにーーー。タノ族に嫁ぎ、しっかりと習得しました。3回転の回転不足の心配はありません。2Aはバランスを崩して危なかったです。終盤パワー不足が出てしまいました。フリーレッグまで神経届かせてレイバック回せばパーン!と白鳥プロが決まっただろうなと思います。トランジションがガクッと低い評価。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo 2A
3Lz-3Tの着氷でリンクに近づきすぎたので、3Tで足を引いて接触を回避しました。回避はしましたが、ジャンプの質を損ねてはいません。ポゴリラヤにしてはスケートがフラットで進んでいかなかったです。腰の怪我を抱えているのが響きましたね。フライングキャメルの着氷でグラつき、レイバックスピンはキャッチフットすら入れられない状況。ロシア選手権でトップ3に入る事が重要なので無理はしないで欲しいです。4年連続で世界選手権に出場出来てオリンピックに出られないのはせつないから・・・。衣装素晴らしい。ゴージャスなポゴリラヤがさらにゴージャスになります。

オズモンド
3F-3T 3Lz 2A
はい強い!プログラムが完璧に滑り込まれていて、日常を見せられているような物ですから、何の問題もないです。パリのーーー風景が見えるーーー。パリっ子に塩撒かれてキョドってる日本人観光客を尻目に颯爽と街を駆け抜けるオズモンドの姿が見える。前の席に座っている観戦歴半世紀クラスのおば様方大喜びの素晴らしい出来です。腐女子様の対抗馬はやはりオズモンドだな。さあ、問題はLP!ジャンプのコントロール!

オズモンドは2Aの加点が少ないのと、ステップでレベル3なのでまだスコアが伸ばせます。77.50辺りまで望めそうです。ソツコワは2Aがアンダーローテーションでした。本郷は3Tがアンダーローテーション。マジかーーー。3Lzは何もマークなし!やったー。全体的にGOEのプラスが少ないので、これからどれだけ稼げるかですね。アシュリーはアンダーローテーションが2つ。真凜は3Tがアンダーローテーションで、多数のレベル取りこぼしがありました。テクニカルコントローラーに岡部さん。特別厳しくも優しくもない判定でした。ここ最近は試合の途中でPCSがリセットされたり、似たようなPCSが並んでインフレ傾向にありましたけど、今回のジャッジは選手ごとに明確な差が見られました。順位点化していなくて分かりやすい。
2017
09.22

オータムクラシック 1日目 女子SP

女子SP
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)75.21
2 Mai MIHARA(日本)66.18
3 Courtney HICKS(アメリカ)59.77
4 Brooklee HAN(オーストラリア)57.65 PB
5 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)56.62
6 Alaine CHARTRAND(カナダ)55.21
7 Olivia Josephine SHILLING(アメリカ)53.00
8 Mae Berenice MEITE(フランス)49.65
9 Rin NITAYA(日本)46.83
10 Chloe ING(シンガポール)44.87 PB
11 Hyunsu JANG(韓国)40.02
12 Sarah TAMURA(カナダ)39.49
13 Anastasia KONONENKO(ウクライナ)35.82
14 Amanda STAN(ルーマニア)32.03
15 Michelle LIFSHITS(イスラエル)31.65
16 Natalie SANGKAGALO(タイ)30.02
17 Sung Hyun YUN(韓国)27.42

ヒックス
3F ot-3Lo<< 3Lz 2A
3F-3Loに挑戦しましたが3Loが回転不足というか2回転ほどしか出来ていないのではないかと。3Tならオーバーターンからでも回転充足させられる力があるんですけどね。3Lzはクリーン。2Aはあぶあぶ。ラ・カリファの音楽で、ヒックスの力強いスタイルを生かせるエレガントプロ。衣装の縫製おかしくなかった!

ブルックリー
3Lo-2T 3Lz 2A
おおおおお3Lz入れてクリーンプログラムに!オフショル衣装お嬢様っぽくてピッタリ。彼女のいい演技を見たのは久しぶりです。ドラマティックな夢やぶれては、アメリカンの血を滾らせますね。

黒江さんの笑顔は仏さんのようだ。

トゥルシンバエワ
3Lz-3T 3F tano 2A
ズンチャカカルメン。昨シーズン苦労していた3Lz-3T降りました。3Fはタノで失敗しそうに成功。ルッツとフリップの軸がえらく傾いているような。トゥルシンバエワには忙しないズンチャカぐらいの方が滑りやすいのかも。

新田谷
3F fall 3Lz to 2A
まさかの二者連続カルメン。滑るのが難しそうなゆったりカルメン。3Lzの後に2Tをつけましたが、足をついたのでコンボとしてはカウントされません。プログラムによる滑りや表現の違いが正直なところあまり出ていないのではないかと思います。

三原
3Lz-3T 2A 3F
さすがのジャンプでした。リベルタンゴですので、もっともっと女性らしい表情や鋭さを出せるといいなと思います。今の上品さだけですと、ジャッジも「彼女らしい上品なタンゴだな、うん8点台祭り!」と簡単に出してはくれないでしょう。新ジャンルに挑戦し、吸収もしていくのが大事さーきっと彼女自身が分かっているでしょうけどね。衣装なんですけど、丸襟に違和感があります。首元まで覆ってしまった方がいいのでは。腰みの風スカートも相まって、夫の実家での法事でエプロンつけて親戚にお茶出ししてる若嫁みたいに見えてしまって。

オズモンド
3F-3T 3Lz 2A
3F-3Tは少し詰まったけれど、すぐに次のスケートに繋げました。3Lzはモンスター。結局昨シーズンのピアフメドレー続行になりましたけど、勝負のシーズンにこれは最適ですもん。3Loちゃんとか後半の3Fちゃんとか決まるかなー3連の途中でコケないかなー怖いなー。

シャルトラン
3Lz-3T 3Lo 2A
珍しく足りてそうなセカンドジャンプを降りましたのに、ステップの序盤で転倒しました。リズミカルなリベルタンゴで展開が作りやすそう。今はまだまだ。鋭いというよりもカチカチで硬い。自国なのに55点という低スコアに。

メイテ
3Lo-3T 3Lz<< 2A
あたしんちのお母さんみたいな髪形。昨シーズンと同じプログラムです。少女から大人になるって感じですね。3-3は回転がギュルギュルでかっこよく決まったのにい。

オズモンドは加点のみ。ステップだけがレベル3でした。三原は3Fにeがついて基礎点がダウンしGOEもマイナスに。e評価でなく、クリーンに降りれば70点届くか届かないかあたりのスコアになります。ヒックスの3Loは2Loの評価になりました。死ぬほど回転の足りない3Lo<<ではなかったです。足りているように見えたトゥルシンバエワの3-3はファーストもセカンドもアンダーローテーション、同じく足りているように見えたシャルトランの3Tはダウングレードでした。今回のパネルはかなり厳しく感じました。その一方でジャッジは普通。三原への点数が辛く感じるのは気のせいだと思います。昨シーズンまでよりもプログラムを滑りこなせていないし、そもそもシーズンの序盤です。オズモンドとは現状かなりの力の差があります。それにPCSは順位点ではありません。三原に8.5出すと、オズモンドが9点台後半になりますよ。スコアに惑わされず冷静に見ましょう!
2016
11.18

中国杯 1日目 女子SP

女子SP
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)72.20
2 Elena RADIONOVA(ロシア)70.75
3 Mai MIHARA(日本)68.48 PB
4 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)64.88
5 Ashley WAGNER(アメリカ)64.36
6 Rika HONGO(日本)63.63
7 Zijun LI(中国)61.32
8 Courtney HICKS(アメリカ)59.86
9 Karen CHEN(アメリカ)58.28
10 Ziquan ZHAO(中国)58.20 PB
11 Xiangning LI(中国)54.55 PB
12 Joshi HELGESSON(スウェーデン)49.25

ヒックス
3F-3T 3Lo so 2A
なかなかまとめられないヒックスさん。高さのあるジャンプですし、スピンも速いですけど、今シーズンは少し動きが重そうで、バネのある動きを存分には見せられていないようにも思えます。勢いづいて欲しいというところで停滞してしまう感じ。

オズモンド
3F-3T 3Lz 2A ot
3F-3Tの勢いがありすぎて3Tで足をつきそうになり、3Lzの軸が曲がってから着氷、2Aはオーバーターンという安定した不安定感でした。1本2本降りたぐらいではオズモンドの調子は計れないのです。それを改善して欲しくはあるんですけども。今週はケイトリン・オズモンドセレクション金賞受賞も狙えます。

ジジュン
3T-3T 3F 2A
めっちゃきれいに3F-3T決めたと思ったら3T-3Tでした。つま先が僅かにタッチしていたかも?ステップの前半はフォアでの動きが多いので、音楽に合わせやすいのですが、後半はバックでターンを踏むので音楽からズレ気味。ここが残念だった箇所です。それと、スピンが曲と合っていないように思います。コンビネーションスピンで特にそう感じました。

アシュリー
3F shaky 3Lo-2T 2A
よくない演技でした。ジャンプのミスはもちろんですが、スピンの回転速度が落ちてしまったのことや、ステップのツイズルでスタンブルをしかけて、その後の動きがとても小さくなってしまったことも印象に悪い影響を及ぼしました。スケーティングの伸びがないので、パキパキ踊ってそれをカバーしないといけないのに、今日はそれができなかった。アシュリーの持ち味は見られませんでした。オズモンドよりスケーティングスキルが僅かながら低いです。格付けが上なのに、スケーティングスキルで下回ったということは「よくなかった」と言われているようなものです。明日に期待。

カレン
3Lz-3T 3Lo fall 2A
手がクジャクの顔になっている衣装。セカンドトリプルが回転不足になりやすい選手ですが、頑張っております。この静かな音楽でステップの時間をたっぷりと確保するのは、表現力に自身がないと自己陶酔に浸るだけのエレメンツになるので大変です。水辺で求愛するくじゃくのような華やかだけど優しい表現だったと思います。

本郷
3F 3T-3T 2A
スケカナの衣装に前腕の飾りがプラスされました。前の真鍮みたいな色の衣装の付属品でしょうか。僕としては真鍮っぽい色の衣装の方がおどろおどろしさがあって好きだったんですけども。これじゃ人間っぽすぎ。もっとバケモノの女王ぐらいになって欲しい。最後の最後でバッククロスでガッツリとスピードつけてからフィニッシュなんですね。あれは印象としてはどうなのでしょう。PCSは前より上がったからOK。

リーザ
3T-3T ot 3Lz 2A tano
体調不良が心配されたリーザですが、演技をまとめました。そこからあまり練習する時間がなかったんだろうなというキレの足りなさでした。2、3回「変えるな変えるな」と言ってきたクレオパトラは予想通り変更となり、ペール・ギュントに戻ります。また表現面で足踏みか・・・。

ヨシ子さん
3F so 2Lz 2A
音響がおかしく、演技が始まってすぐにやり直しを求めました。そこからジャンプは2つミス。ジャンプで乗っていかないと、後半がなあ。

ラジオノワ
3Lz-3T 3Lo 2A
入りのスピードがなかったのでセカンドトリプルがどうだろうか・・・という微妙な回転でした。ステップ中の大きな動きと表情はとても印象的でした。対して小さな動きとなると、大きくなった体が対応できていないように感じました。綿花じゃなくてひじき収穫しそうな衣装。若い人にもひじきを食べてもらうにはどうしたらいいか苦心する少女の物語。

シャンニン
3F-3T 3Lz 2A
セカンドトリプルの加点は足りませんが、高さのあるジャンプに迫力がありました。2Aの前は構えが長めでした。音楽に合わせるにはおれぐらいの構えが必要だったのかも。速報よりTESが8点も下がりました。アチャー。

三原
3Lz-3T 2A 3F
リンクを8の字に滑って2Aの助走へと繋げるところの導入の顔の角度とかスムースな入りに、ほーーーっと思わされます。着実に上達してるな、ほーーーーっと。最後の最後に3Fがあるからスピードを落とすわけにはいかない。だからさらにビュンビュンとスピードが出ます。やったぜマイ・ミハラ!68点だぜ?すごいぜ?

ジークァン
3T-3T 3Lo 2A
ゆったりとしたOver the rainbowでジャンプをポンポンと決めていきました。終始ゆったりだったので、甘い味のドロップだけじゃなくて、たまには薄荷味も加えて爽やかさがが欲しかった気はします。でも選曲は外していないです。

ラジオノワ、本郷、ジジュン、ヒックス、カレン、ジークァンのセカンド3Tがアンダーローテーションで、シャンニンのセカンド3Tはダウングレードでした。怪しいところはつけられていて、特別厳しくも優しくもない判定です。

ロシアもフランスも上手いこと祝日に当てはまったのに中国は平日なのでスカスカです。日本男子が出ないから、日本人の渡航も期待できません。
back-to-top