FC2ブログ
2013
11.25

アイスチャレンジリザルト

アーカイブで映像見られるので、気になる演技はチェックしてみましょう。

男子リザルト
1 Denis TEN(カザフスタン)261.38
2 Viktor PFEIFER(オーストリア)198.41
3 Gordey GORSHKOV(ロシア)194.23
4 Justus STRID(デンマーク)184.06
5 Vladislav SEZGANOV(ロシア)178.86
6 Petr COUFAL(チェコ)178.06
7 Simon HOCQUAUX(フランス)153.19
8 Kristóf FORGÓ(ハンガリー)150.71
9 Severin KIEFER(オーストリア)149.93
10 Valtter VIRTANEN(フィンランド)149.81
11 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)148.25
12 Manuel KOLL(オーストリア)140.15
13 Mario-Rafael IONIAN(オーストリア)137.66
14 Gaylor LAVOISIER(フランス)122.63
15 Luis HERNANDEZ OLEA(メキシコ)118.76
16 Sargis HAYRAPETYAN(アルメニア)116.57

ヴィルタネンさんはどうしてこうもストリーミングのある試合ある試合に出場してくるのか。すごすぎる。この鎧衣装も何度見たことか。

ストリードさんの演技が素晴らしかったです。3Tで1つステップアウトがあったものの、オーバーターンがデフォとなっている3Aを今日は収められました。ステップの躍動感本当に素晴らしいです。コレオシークエンスはちょっと気持ちが乗りすぎてセカセカして見えたので落ち着いて滑って欲しいです。SPの時も怒涛のダメ出しでうるさかった兄コーチですが、今日は嬉しすぎてもっとうるさかった。いやー面白かった。今シーズンはレミゼを滑っている選手が10組(アボットくんのエキシも入れると11組)ですが、このプログラムが一番好きです。スケートには一番Do you hear the people singが似合うなあ。ワールドのミニマムスコアを満たしました。すでに今シーズンは出られることが確定していましたが、来シーズンの分ってことで。衣装の変更も良かった。半袖はさすがに合わなかった。

苦手のアクセルジャンプ、2Aではありますが今日は2本ともシングルになりました。脱臼スピンはもうちょっと綺麗に回れたらなあ。そんなに調子は良さそうには思えませんでした、まだまだシーズン頭という雰囲気の滑りでした。昨シーズン痩せすぎだけど調子は良かったですが、これぐらいの方がいいなあ。ファイファーは歳食ってかっこよくなった。

2週連続の試合のテンさん。冒頭の4T、3A-2T、3Aを綺麗に成功させました。このプログラムのステップ素敵です。音楽のフレーズに動きがピッタリ合っていて気持ちが良いです。しかもそれが自然に感じられて、劇っぽいけどそれが自然というか。ミュージカル映画の中盤になってミュージカルっぽい言い回しに慣れてきた時に覚えるような感情。ジャンプはループ込みの3連の最後が2Sになった以外全部入りました。怪我や病気はもう全く問題ないようです。バテてもいないです。

女子リザルト
1 Courtney HICKS(アメリカ)166.33
2 Miki ANDO(日本)150.90
3 Nicole RAJICOVA(スロバキア)137.81
4 Roberta RODEGHIERO(イタリア)129.56
5 Anita MADSEN(デンマーク)128.78
6 Dasa GRM(スロベニア)125.83
7 Miriam ZIEGLER(オーストリア)122.26
8 Reyna HAMUI(メキシコ)121.33
9 Anna OVCHAROVA(スイス)116.20
10 Michelle COUWENBERG(オランダ)115.75
11 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)110.40
12 Jana COUFALOVA(チェコ)109.06
13 Nika CERIC(スロベニア)108.68
14 Nea VIIRI(フィンランド)102.18
15 Katie POWELL(イギリス)88.77
16 Kelly HARRISON(イギリス)87.97
17 Georgia GLASTRIS(ギリシャ)80.42
18 Justiina NIEMI(フィンランド)79.02
19 Alina MAYER(ドイツ)75.52
WD Kerstin FRANK(オーストリア)

ヒックスは3-3の転倒やダブルになったところがあるものの、高いジャンプはさすがでした。

安藤さんは衣装を青と赤い炎のものから、黒や紫っぽい色の衣装に変更しました。デザイン的にはこちらの方が好きです。3Lzを2回の構成に上げてきたものの2本目で転倒。コンビネーションは1つしか入らず、後半の2Aは体力的な問題なのか飛ばしました。かなり辛そうだったので、やっぱり体力は大きな課題なんでしょう。痛めたのかアイシングが必要だったみたいで、ゴールデンスピンまでによくなることを願います。それにしてもこんなところまでスポンサリングする高須クリニックすごいなー。

ペアリザルト
1 Gretchen DONLAN / Andrew SPEROFF(アメリカ)162.59
2 Maylin WENDE / Daniel WENDE(ドイツ)160.92
3 Tarah KAYNE / Daniel OSHEA(アメリカ)157.65
4 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)138.16
5 Caitlin YANKOWSKAS / Hamish GAMAN(イギリス)125.72
WD Marie VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)

ドンスペは今シーズンは昨シーズンと比較して随分好調なようです。彼ら得意のバレエのプログラム。男らしいルックスなのにもっこり白タイツ風衣装を臆することなく着用する姿勢が素晴らしい。飛距離がすさまじいスローは成功すれば加点がたくさんもらえるので、ぜひ成功率上がって欲しいです。

ウェンデ夫妻はジャンプ系統が壊滅。スローフリップだと思っていたのにスロールッツを入れていたのか。

アイスダンスリザルト
1 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)142.33
2 Laurence Fournier BEAUDRY / Nikolaj SØRENSEN(デンマーク)139.09
3 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO(ドイツ)138.46
4 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)132.71
5 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)125.77
6 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)123.42
7 Henna LINDHOLM / Ossi KANERVO(フィンランド)121.67
8 Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)116.93
9 Federica BERNARDI / Christopher MIOR(イタリア)111.06
10 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)110.40
11 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)97.93
12 Charlotte AIKEN / Josh WHIDBORNE(イギリス)96.47
13 Sarah ROBERT SIFAOUI / Oleksander LIUBCHENKO(フランス)94.10

ライアンおつやでー

54ec13ee-7868-42bd-885e-33e1d164ed94.jpg


Comment:4
2012
10.22

スケートアメリカ 3日目 アイスダンスリザルト

もう終わりです。

アイスダンスFD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)104.89
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)97.04
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)91.53
4 Lynn KRIENGKRAIRUT / Logan GIULIETTI-SCHMITT(アメリカ)87.52 PB
5 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)80.27
6 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)75.38
7 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)74.39 PB

アイスダンスリザルト
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)176.28
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)159.95
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)157.32
4 Lynn KRIENGKRAIRUT / Logan GIULIETTI-SCHMITT(アメリカ)141.41 PB
5 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)132.57
6 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)125.74
7 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)122.37

カヌマク
なんともアメリカらしい特徴のな(ryスタンダードなプログラムでありました。ちょっと男性の腰が引けてしまう時があるのが気になりました。SDの時も素敵だったローテーショナルリフトはFDでも入れてきました。難しすぎず分かりやすいプログラムなので、シニア2年目の彼らには合っていたと思います。あまり背伸びし過ぎて足踏みするのもよくない。

アレバツ
アレッサンドリーニちゃんの頭の飾りのお花が可憐。ふくらはぎリフトは落下の心配が無さそうなのが良いです。でも間違えて男性のエッジにグサッてなるかも・・・。お気に召さないジャッジもいたみたいです2名ほど。滑りの技術は発展途上ですし、トランジションでまだまだ甘い所はありますが、ダンサブルで楽しいプログラムでした。
アーティストのDVD発売したみたいなので買いたいんですけども3000円はハードル高いし、レンタルはしたくない。とりあえず年明けまで待ってみましょう。

ジガガジ
FDでもオーバーな顔芸からスタート良いですねえ。メイクがすごすぎます。ガジなんて思いっきりゾンビですもん。3シーズン連続で変なプログラム(ロミジュリも変なプログラム)を滑ってくれて、こういうのは深夜に助かります。なんでもかんでも綺麗に済ませるばかりがフィギュアスケートではありませんから。ぜひトップのカップルにもイロモノ滑って欲しいところなんですけど、ズエワは絶対そういうのはさせなさそう。アベさんGJのプログラムでした。

名前長い組
第1子を出産されたアデルメドレー。なんてタイムリーな。歌詞の意味は知ったこっちゃ無いというか、アデルの歌詞はそんなに好きでもないんですよね。楽曲は素晴らしいですけど。ラインの美しいカーブリフトからサーキュラー。このサーキュラーステップ、リンキングフットワークが良いですし、それを挟むトランジションの配置も絶妙です。得意の吊り上げたカジキマグロリフトも入っています。確実に上手くなっていますね。チョクベイが上手くなりましたし、ハベドノも雰囲気あるプログラムだったので、どうなのかなーと思っていたんですけど、3番手争いがとてつもなく熾烈になりそうで、すごく嬉しい。メリチャリもシブタニズも来なくていいから、四大陸には4番手~6番手が来て欲しい。

ボブソロ
ボブソロがステップレベル3両方とっていて、他はオール4だなんてにわかに信じがたいような出来。いつもいつもいつもいつも取りこぼしてTESが40点台前半だというのに。元々コンパルソリーは得意な方だったカップルですけど、それに呼応するほどステップが上手いわけでは無かった(ペシャブルと逆な感じ)ので、ここに来ての技術の向上は嬉しいです。昨シーズンより明らかに滑っていますね。今まで1歩滑って、落ちて詰まって詰まって漕いで落ちて詰まってみたいに、徐々にスピードの落ちていく独楽みたいなスケーティングでしたから。トスカをマートンじゃなくしてくれたら、なおいい。今シーズンは両方ともプログラムが良い。ズーリンのチームに入ってよかった。

ウィバポジェ
サーキュラーステップからローテーショナルリフトまでの相補的な動きのムーブメントがとても良かったです。彼らはダンスステップというよりも、ムーブメントメインなんですね。それでも素敵なんですけど、もうちょっとダンスステップ入れてくれた方が見ごたえがあるかもしれません。レベルがとれていないのは次戦への課題ですね。またボブソロと当たるので、今回の彼らを超えるスコアで2位にならないとファイナルが無くなります。でもボブソロもがんばれ。

メリチャリ
最初のスピンの足換えからまた難しいことやってますね。身軽すぎてメリルがくのいちみたい。珍しくツイズルでミスをしましたが、あれだけガクッとなってマイナスをつけたジャッジが1人しかいないんですね。セカンドでカバーして+1をつけられるなんて信じられない。せめて0でしょう。ネームバリュー加点は本当にやめて。やはり彼らは滑りの質もエレメンツの質もムーブメントもトランジションも土リフトも段違いでした。チャーリーみたいな服装のDQN、深夜のドンキホーテによくいますね。

ライブでは見られませんでしたけど、ダンス面白かったです。
Comment:2
2012
01.29

全米選手権 アイスダンスリザルト

あらまあすごい。

アイスダンスリザルト
1 Meryl Davis, Arctic FSC
  Charlie White, Detroit SC 191.54
2 Maia Shibutani, SC of NY
  Alex Shibutani, Arctic FSC 178.84
3 Madison Hubbell, Detroit SC
  Zachary Donohue, Detroit SC 151.60
4 Lynn Kriengkrairut, All Year FSC
  Logan Giulietti-Schmitt, Ann Arbor FSC 148.55
5 Madison Chock, All Year FSC
  Evan Bates, Ann Arbor FSC 145.08
6 Anastasia Cannuscio, University of DE FSC
  Colin McManus, SC Of Boston 137.37
7 Anastasia Olson, Detroit SC
  Jordan Cowan, All Year FSC 137.08
8 Emily Samuelson, Ann Arbor FSC
  Todd Gilles, All Year FSC 135.99
9 Isabella Cannuscio, University of DE FSC
  Ian Lorello, University of DE FSC 130.35
10 Charlotte Lichtman, Arctic FSC
  Dean Copely, All Year FSC 129.22
11 Ginna Hoptman, IceWorks SC
  Pavel Filchenkov, IceWorks SC 114.88
12 Brittany Schmucker, Tulsa FSC
  Adam Munday, Highland SC 113.54
13 Meredith Zuber, University of DE FSC
  Kyle Herring, University of DE FSC 109.29
14 Carina Glastris, DuPage FSC
  Kevin Allison, Skokie Valley SC 60.46

メリチャリがとんでもないスコアで優勝です。インタープリテーション10.00ついに出てしまいました。ジャッジのうち1人が9.75でしたがカットされて10.00になりました。45個のうち25個が10.00で9.50が2個、あとが9.75でした。おもしろーい。すごいじゃなくておもしろい。
ちなみにリフトは全てGOEが満点です。

シブタニズも素晴らしいプロトコルになっています。んーとにかくすごいですね。

3位には今シーズン結成したばかりのマディソン&ドノヒューがSDの順位をキープして入りました。ステップで2と3がありますが、他は全て4を獲得できました。ワールドも派遣されるでしょうし、また彼らの演技を見られるのが楽しみです。マディソンの気迫に負けていないといいなドノヒュー。

4位には初めての表彰台となる名前長い組こと、リン・クリンクライラット&ローガン・ジュリエッティ=シュミットが入りました。ステップレベル3以外、レベル4でした。FDだけだとマディソンたちと僅差になっています。四大陸に派遣されるといいですけど、アメリカだから無いかな。

あらまあな感じな全米になりました。
演技が早くみたいです。あらまあ。
Comment:2
back-to-top