FC2ブログ
2013
05.18

小ネタ×8 「あっこちゃん、酸素を放出する」など

もはや、レビューか小ネタしか投稿していない気がする。
でも、やっちゃうよー。

*キャシー、痛恨のミス
http://ameblo.jp/reed-icedance-blog/entry-11530825565.html
キャシー・リードさんがスーパーのセルフレジでお釣りを少なく出そうと思ったら、1セントのミスで9ドル99セントを手にするという痛いミスを犯していたことが判明しました。アメリカってハイテクな振りして、ものすごい古い機械とか使ってること結構ありますもんね。やっぱり日本がいい。僕と日本ゎ、ズッ友だょ!

*おぞましい食べ物

オエエエエエエエエエエエエエ


クリス・クニエリムさんがおぞましい食べ物を作っていました。そう"ドクターペッパーケーキ"オエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ。ドクターペッパー嫌いの僕からしたら考えられない。あのやる気の無い味のするケーキなんて想像できない。なお、ドクターペッパーの味は抜けていたもよう。

*ワイは元気やで



パイパーさんも処世術を身に付けたのだな。これは次の来日でプレゼントいっぱいやで。

*【朗報】険悪ではなさそう



名前長い組のリン・クリンクライラットと、エミリー・サミュエルソンの大学卒業をお祝いするエヴァン・ベイツさん。解散の仕方が仕方だっただけに、実は険悪なムードになっているのではないかと思っていましたが、どうやら大丈夫そう。良かった。

*5周年



ジェナ・マッコーケルケビン・ヴァン・デル・ペレンが結婚して5年。

ケビン&ジェナ


時が経つのは早いものですね。

*あっこちゃん、酸素を放出する



こんな特殊能力があるとは。これが世界選手権のメダリスト(ドヤァ

*ブラウンの4T


シーズンが始まるまでになんとか形にできるでしょうか。バックの音楽が"鼻から牛乳"こと、トッカータとフーガで、妙に曲にハマった降り方をしているのですが、これが来シーズンのプログラムとか?

*ロシアナショナルチーム
http://t.co/oB9XhCSRcs
男子:プルシェンコ、メンショフ、ヴォロノフ、ガチンスキー、コフトゥン
女子:トゥクタミシェワ、ラジオノワ、ソトニコワ、ゴスヴィアニ、レオノワ、リプニツカヤ
ペア:ヴォロトラ、川スミ、バザラリ、ストクリ、アンチポワ&ノダリー、タラモロ
アイスダンス:ボブソロ、イリカツ、リャザトカ、モンハリ、シニジガ、ステブキ
ナショナルの上位5名(サハノヴィッチ、ポゴリラヤ除く)、今シーズンの成績優秀者が選ばれています。順当です。ブッシュ、ビリュコワ、スタリギナ&ボロブエフあたりはリザーブチームにも入っていません。鬼やね。

もう1ヶ月連続のレビューですが、来週には終わります。僕はもう書き終えているのです。GPSのアサインまでには余裕で間開きそうです。というか、今年は一体いつなのか全く情報が入ってこない。いつなんだISU。
Comment:4
2012
09.11

ケビン・ヴァン・デル・ペレンが・・・




ケビン・ヴァン・デル・ペレンがペアのトライアウトを考えているそうな。きっと「やってみよっかなー」ぐらいのことですよね?
ベルギーはずっとペアがいないので、出ることになればすぐ出られると思います。期待せずに待ちましょう。
Comment:0
2012
01.27

ヨーロッパ選手権 4日目 男子SP

約1名に対しての心配は的中。

男子SP
1 Artur GACHINSKI(ロシア)84.80 PB
2 Evgeni PLUSHENKO(ロシア)84.71
3 Tomas VERNER(チェコ)81.14
4 Javier FERNANDEZ(スペイン)80.11
5 Florent AMODIO(フランス)78.48
6 Michal BREZINA(チェコ)76.13
7 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)71.05
8 Jorik HENDRICKX(ベルギー)68.98
9 Alexander MAJOROV(スウェーデン)68.33 PB
10 Brian JOUBERT(フランス)67.92
11 Samuel CONTESTI(イタリア)66.86
12 Chafik BESSEGHIER(フランス)63.12
13 Peter LIEBERS(ドイツ)61.08
14 Sergei VORONOV(ロシア)60.88
15 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)60.12 PB
16 Kim LUCINE(モナコ)57.64
17 Paolo BACCHINI(イタリア)55.77
18 Justus STRID(デンマーク)54.71 PB
19 Alexei BYCHENKO(イスラエル)54.69 PB
20 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)54.17
21 Viktor PFEIFER(オーストリア)53.58
22 Viktor ROMANENKOV(エストニア)52.24
23 Paul FENTZ(ドイツ)51.74 PB
24 Dmitri IGNATENKO(ウクライナ)51.61 PB
25 Jason THOMPSON(イギリス)51.42 PB
26 Pavel KASKA(チェコ)51.34
27 Vitali LUCHANOK(ベラルーシ)48.32
28 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)45.75 PB
29 Ali DEMIRBOGA(トルコ)45.54 PB

プルシェンコ
3Lz-3T 3A 3Lo
クワドは回避してきました。SPから回避してくるのは珍しいですね。でも、ここで出遅れてはお話にならないので仕方無いのかもしれません。ミーシンは確実な物しか入れないという方針ですし。
ジャンプはソリッドでした。3Lz-3Tと3Aは+2がつきそうな高さと幅がありました。
スピンは予選でレベル1が目立っていましたが、今回は格段調子が悪いようには見えませんでした。回転速度もありましたし、シットがキツそうという印象もありませんでした。ステップはいつもにも増して荒ぶっていました。特に後半ですね。もうわけの分からんほど動きまくっていて、ここはいつもの彼だと感じました。
やっぱりプルシェンコはプルシェンコ。プログラムの流行り廃れはあっても、プルシェンコはずっとプルシェンコです。
クワドレスでこれだけのテクニカル稼げば、五輪シーズンの50点ぐらいのことを思えばステップ分と基礎点分引けば、上々の出来ということなのでしょう。

ファイファー
2A 3Lz fall 3S-3T
ジョニーのバンクーバーのシーズンのLPの音楽でした。
彼は3Aが無いですし、4Tも成功はしないのでミスは許されないのですが、3Lzで転倒。リカバリーでは綺麗な3S-3Tを入れられましたし、スピンはさすがのポジションを見せてくれましたが、今日はスケートがいつもよりも滑っていなかったです。音楽も相まって、暗く暗くなっていました。
ギリギリLPは滑ることができそうです。良かった。

ヴォロノフ
4T-2T 1A 3Lo
スピードが無かったように見えましたが4T-2Tは綺麗でした。アクセルは助走が雄大すぎて跳ぶタイミングを逃してしまったのかもしれません。他は悪くなかったと思います。ヤマトにまでサッカーボールと突っ込まれる衣装。

ミハル
3A 3F-3T so 4S< fall
SPから4Sを入れてきました。3Lzがそれほど得意ではないので、4Sも両足やお手つきぐらいなら入れる意味はありますが、ちょっと成功率よくないですね。なんかこう、完成度の間と基礎点から上回って、なんとしてもメダルを獲らないといけないという考えの間でいろいろ葛藤があるんでしょうね。
もうちょっお肉つけないか?
ヤマトに3回目に跳ぶ必要が無い言われてて・・・(´・ω・`)メノマエデイワレタラココロクダケル

リーベルス
3F-2T 3A 3Lz
ジャンプはまとめられましたが、スピンがいただけなかったです。フライングキャメルで軸がぐわんぐわんになって回れず。他の2つのスピンもポジションの保持が中途半端でイマイチ迫力が無かったです。
生え際が昨シーズンよりも後ろになりました。3年ぐらいで急激に来ました。ドイツ人って多いですよね。とぅるとぅる。
ヤマトに4回転を跳んでいたことを忘れられている。そもそもヤマトは彼のことを覚えているのだろうか。

なんですくん
4T 3Lz ot-3T 3A so
ヨーロッパ選手権最有力候補と目されていましたが2ミスでした。ヤマトが回りすぎていると言っていましたが本当にそんな感じですね。3Lzの成功率低すぎますし、もう4Sでいいじゃないと思ってしまいます。ヤマト曰く止めることが大切らしいです。止めて!

トラ
4T df 3A 3Lz-3T
4Tは両足でした。3Aとリカバリーを入れた3Lz-3Tも良かったです。ミスは少なかったですが、今回は覇気と言いますかそういうものが感じられなくて、カルミナ・ブラーナの音楽に負けてしまっていたように思います。それでも滑りはクリアでよかったですけどね。プログラムを表現するのがフィギュアスケートですから。
この衣装は安藤さんの悪の幹部のお友達になれそう。

ジュベール
4T fall 3A so 3Lz
スケスケテカテカしているジュベールさん。体が少し大きくなっているような。
4Tも3Aもミスしてリカバリーは入れられませんでした。3Lzは綺麗でしたよ。3Fにeマークついたジャンプを堂々とSPから入れていたナショナルよりは良いですって。
プログラムは「彼」って感じですよね。でも昨シーズンのSPよりは100%良いと断言できます。昨シーズンのプログラムはあまりに駄プロすぎました。
メダルは厳しいですね。

アモディオ
4S so 3Lz-2T 3A
ステップアウトと3Tにしたかったのが2Tになりました。
プログラムを変えましたがSPは前のやつでも良かったかも。むしろLPの方を変えた方が良かったように思います。変えないにしてもいじるぐらいのことは欲しいですよね。明日に注目。エレメンツの質は良かったです。GPSでは絶不調だったので調子を戻してこられたのは嬉しいです。

ヨーロッパチャンピオン3人兄弟、両足&回転不足、転倒、ステップアウトと4回転のミスをそれぞれ担当してるみたいになってる。

ジョリヘン
3A so 3Lz hd-3T 3Lo
今までは2A止まりでしたがトリプルにしてきました。3Lzはお手つきでかなり斜めでしたが3Tをつけてきました。3Loはとても綺麗。
滑りがよく伸びて気持ちが良いですし、スピン・ステップでもGOEで+をもらえる選手ですね。ワールドの時も書いたと思いますが、ケビンさんよりスケーティングスキルいいですよ。
大幅にパーソナルベストを更新ですね。

がっちゃん
4T-3T 3A 3Lo
4Tの成功ついに来ました。来ましたよおおお!!!3Aはいつもの質ではありませんでしたがマイナスはつかない質でした。昨シーズンのワールドでは評価が爆上がりしすぎて、ちょっとあれでしたけど、今シーズンの滑りではこれぐらいの評価をされて然るべきだなと感じます。
僅差ですが首位に立ちました。素晴らしかったです。

コンテ
3Lz-3T 3A fall 3F<<
最初の3-3は良かったですがあとの2つ、特に3Aの転倒が痛そうでした。プログラムに関してはもう何度も見ているので特に感想は無いですが、ジャンプで足換えはレベルアップの要件にはなりますが、回転速度が落ちて曲の盛り上がりには合わないように思います。

マヨロフ
3A 3Lz-3T shaky 3F
最初の表情がなぜかムカつかせるという絶妙な表情。見ている方を引き込ませます。
久しぶりにジャンプで大きなミスは無く、スピンも良かったです。
お父さんかっこいいですね。ナイスミドル。

ケビンさん
3F-3T 3A 3Lz fall
3Lzの転倒が残念でしたが、フライングシット以外のスピンは良かったと思います。彼がワンフットでステップを踏むなんて・・・・・後半は猛烈にペースダウンしていましたけどね。
引退をワールドに先延ばしにしたそうですが、さらに先延ばしとかしそうで。もう言わなくていいんじゃない?w

バッキーニ
2A 3Lz fall 3Lo-2T
ピノキオというか7人の小人のようなバッキーニさん。ジャンプの軸がいつものようにかなりブレて、失敗が出てしまいましたし。
スピンもいつもならもっと速く回れているような気がします。


上位勢のミスが目立ったSPとなりました。
その中でノーミスの2人と言いますか同門の2人が1位と2位になりました。がっちゃんは全GOEで-1が1つあるだけであとは0以上。ステップは安定のレベル4。ここは取りこぼしません。1つ3のスピンがありますがパフォーマンスで9.00もつけたれています。すごいです。

プルシェンコはレベル3を並べました。1がなくて何よりです。3Aと3-3はほとんどのジャッジが2をつけています。加点に関していうとがっちゃんよりはるかに多いです。ステップは9人中7人が+3ですし。9点台が10個もあって1人のジャッジが全て9点台。9.25~9.50という評価をしています。
復帰のロシアナショナルを見たとき、なんですくんと同じぐらいで収まると思っていましたが、さすがですね。それだけの滑りでしたし。

ベルギーの2人はレベル4と3でそろえています。他の上位選手がかなり取りこぼしているのですが、ケビンさんって苦手な割りにレベルはとってくるんですよいっつも。レベル4でスピンを揃えることも結構ありますしね。ジョリヘンは5点台の選手だったのに、今回は4人のジャッジが7点台をつけるようになりました。上手になりましたもんね。

ジュベールは4Tがアンダーローテーションでしたが、ステップ3、スピンは3が2つで、もう1つが4。悪い内容ではないです。コンポーネンツはまあ実績点と言われてもしょうがないと思います。

スピンでレベル4を揃えたのはキム・ルシーヌだけでした。

今シーズンステップレベル4が増えそうだという見解でしたが、以外にもみんなとれませんよね。結局固定のダイスケ&Pに加えて、がっちゃんが固定されて、他の選手がたまーにとるぐらいで。

ジュベール耐えて!それだけ。
Comment:4
2011
10.30

スケートカナダ 2日目 男子リザルト

ねーむーくーはない。

男子LP
1 Patrick CHAN(カナダ)170.46
2 Javier FERNANDEZ(スペイン)165.62 PB
3 Daisuke TAKAHASHI(日本)153.21
4 Adam RIPPON(アメリカ)145.08
5 Ross MINER(アメリカ)141.53
6 Denis TEN(カザフスタン)140.99
7 Andrei ROGOZINE(カナダ)126.12
8 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)115.20
9 Alexander MAJOROV(スウェーデン)112.70
10 Elladj BALDE(カナダ)95.58

男子リザルト
1 Patrick CHAN(カナダ)253.74
2 Javier FERNANDEZ(スペイン)250.33 PB
3 Daisuke TAKAHASHI(日本)237.87
4 Adam RIPPON(アメリカ)217.97
5 Denis TEN(カザフスタン)212.39 PB
6 Ross MINER(アメリカ)202.36
7 Andrei ROGOZINE(カナダ)193.40
8 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)179.21
9 Alexander MAJOROV(スウェーデン)177.84
10 Elladj BALDE(カナダ)151.57

バルデ
3A so 3F-3T 3Lz fall 3A fall&crash 3Lz fall 2S 3T 2A so
アクセルは両方失敗。転倒と壁激突が痛そうでした。マイコーメドレーなのにキレが無い。曲をいろいろ集め過ぎて散らかってしまっていました。

マイナー
3A 3A hd-2T 3Lz-2T 3S-2T-2T 3Lz 3Lo 2A 3F
アクセルのお手つき以外はジャンプはほぼミスが無し。クリーンなジャンプが多かったです。3-3が入らなかったのは残念ではありますが。滑りが綺麗なので、とても見ていて気持ちがいいです。
アンタッチャブルの音楽ですけど、そんな感じがしませんね。衣装も意味が分からない。この曲を使う必然性が分からない。

ケビンさん
4T 1A 3Lz 2S-3T-3T 2F-2T tano so 3F 2Lo 3S
いっぱい抜けました。公式練習の時は結構ディープエッジでターンを踏んでいたのに、あのターンはどこへ行ってしまわれたのかレベルの通常運転でした。やっぱり体力使うんですねジャンプって。ましてやベテランですから。

マヨロフ
3A-2T 1Lz 3A ot 3Lz-3T 3F-2T so 3Lo hd 3S shaky 2A
顔にあっていない、わがままボディ。そして酷い音源のボレロ。振り付け自体は悪く無いとは思うんですけど、こういうのは世界選手権のメダリストクラスの選手がやってこそ魅力的なプログラムだと思うんですよね。ちょっと背伸びし過ぎかなと。

ロゴジン
3T eagle 3A<< eagle 3A 3S 3Lz-2T 3F-2T-2Lo 3F 3Lo
ランビのフラメンコの後半部分の音楽と、誰か忘れましたけど何度も聴いたことのあるフラメンコでした。こういう路線の方が彼に合っていますし、上方も昨シーズンのものより前髪をクッと上げたこういうやつの方が合っています。ジャンプは最初の3Tを最終的には4Tにしたい感じでしょうか。ミスはアクセルが途中で開いてしまってぐらいで、あとのジャンプはクリーンでした。カナダ人なのに(実質ロシア人ですけど)アクセルが得意という珍しい選手ですね。
まだまだフラメンコの情熱、ねっとりした感じはないので、これからですね。チャッキーとの2番手争い熾烈ですYO!

ロシアの実況さん、ダイスケタカナシ言うた。小鳥遊大輔か。

テンくん
4T hd 3A 3Lz-3T 2A-2T-2T 3F 2Lz 3Lo fall 3S
せっかく前半良かったのに、後半のジャンプ残念でした。いやでもこのプログラム本当に良いですね。哀愁を感じるアディオスノニーノ。人生を振り返るみたいな感じ。僕が死ぬ間際にはこの音楽流して欲しい。葬式ではなくて、死ぬ間際に。ノーミスの演技はワールドで見られれば良いです。それか四大陸でノーミスで表彰台に乗るとか!
ノーミスなら155ぐらい出るということが分かったデース。

りっぽんぽんぽんぽん
4Lz df 3A so 3Lo 3A fall 3F-3T 3Lz-1Lo-3S 3Lz tano 2A
クワドルッツを入れてきましたが回転が足りていません。アクセルは両方失敗。助走長いですね。マヨロフより長いんじゃないでしょうか。ルッツはさすがに得意なので、ポンポーンと成功させています。
この年齢で昔使った曲をすでに使うという。そういうのはベテラン選手がするものだと思っていましたが。アクセルの失敗率がかなり高いので、チャラリー鼻から牛乳のところがあまりにも悲劇的で。この曲から悲劇性を感じとるのは日本人だけかもしれないんですけど。合っているプログラムではあるのでジャンプミスだけどうにかなれば・・・ですね。
衣装はヘソ透けサービスでした。ヘソフェチのみなさんおめでとうございます。

Pさん
4T fall 4T-3T 3A stumble(fall) 3Lz so 3Lo 3F 3Lz-2T 2A
衣装が赤すぎる。ここまで赤いと変変変。アランフェスってもっと大人のイメージなのに。Pさん比でジャンプミスは多い方ではありませんが、後半のジャンプの着氷がかなり荒れました。ルッツのハーフループコンボはスタンブルがあって、上手く準備ができませんでした。2本目のクワドを決めるのはさすが、アクセルはクリーンでした。さほどミスは多くないのに、あまりにもあっさりしすぎて印象に残らないです。まるでお茶漬けのよう。お茶漬けプログラムです。あられがないお茶漬け。要するに物足りない。後半3項目の高さは理解できない。りっぽんぽんまで妥当な付け方してたのに、たがが外れました?
これもあれですか、持ち越しするんでしょうかね。来シーズンに今から期待しますか・・・。
ショックだったんですけど、スタンブルの綴りが分からないほど英語力が落ちていました。

ダイスキタカハシ
4F<< df 3A shaky 3S hd 3A fall 3F-3T 3Lo 3Lz-2T 3F
前半4つのジャンプは失敗の見本市みたいになっていました。転倒、シェイキー、両足、回転不足、お手つき。後半は持ち直しました。アメリで入れていたあの素敵なフリップのエントリーも見られました。大輔さんのアクセルは帰って来ないんですか?カナダだからダメなんですか?
ジャパンオープンの時から、衣装のキラキラ増えてますか?それとも僕が気付いていなかっただけ?はてなだらけになりました。日本から来たオタさん、ちょっと自重しませう。

りっぽんぽんはルッツマスターに、大輔さんはフリップマスターに。ループマスターとかは現れない?

フェルナンデス
4T hd 4S 3A fall 3A-3T 3Lz-3T 3Lo 3F-2T ot 2S
彼はあれですか、クワド2本入れるにはアクセル1本を生贄に捧げなければならないんですかね。後半の難易度の低いジャンプはメタメタではありましたが、高難度のジャンプ構成なので後半には疲れが出てしまうのでしょう。昨シーズンまでの路線とは違った路線、良いと思います。

最後の3人だけリミッター解除。

ちなみに、なんですのスコア250.33がどれぐらい高いかと言いますと。
1 Patrick CHAN 280.98 2011WC
2 Daisuke TAKAHASHI 264.41 20084CC
3 Takahiko KOZUKA 258.41 2011WC
4 Evgeni PLUSHENKO 258.33 2006OWG
5 Evan LYSACEK 257.67 2010OWG
選手単位で言うと、歴代6位のスコアです。ちなみに複数回ランクインを考えても12位。Pさんの今回のスコアは10位。いっぱい出ましたねー。

今日はルッツ、フリップ、サルコウ、トゥループいろんなクワドが見られました。いやー楽しかった。次は成功が見たいです。

ペアや女子はすごくいい塩梅だったのに、どうなさったのか。9人中5人は女子と同じジャッジなのに。
ンマー所詮スコアはスコアですからね。順位をつけるためのものでしかありませんから。順位には全て納得していますし。

GPSの展望エントリーのところで、スケカナのところにフェルナンデスが2位とかになったら、おもしろいなーって書いたら本当にそうなりました。最終戦のロシアのことを考えるとファイナル行く可能性は十分にありそうです。

男子は来週、潰し合い第1ラウンド。有力選手がわっしょーーーーい。
Comment:4
2011
10.29

スケートカナダ 1日目 男子SP

こ・・・・れ・・・・は・・・・

男子SP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)84.71 PB
2 Daisuke TAKAHASHI(日本)84.66
3 Patrick CHAN(カナダ)83.28
4 Adam RIPPON(アメリカ)72.89
5 Denis TEN(カザフスタン)71.40
6 Andrei ROGOZINE(カナダ)67.28 PB
7 Alexander MAJOROV(スウェーデン)65.14
8 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)64.01
9 Ross MINER(アメリカ)60.83
10 Elladj BALDE(カナダ)55.99

なんです
SPからクワドを組み込んできました。コンボではなく単独ジャンプです。彼はコンボがとても苦手ですもんね。と言いつつも苦手なセカンドトリプルが入った3Lz-3Tもクリーン。昨シーズンとは質が全然違うように見えます。入ったジャンプ3つ全て加点が素晴らしいです。スピンは取りこぼしがあったので完璧な出来とはいえませんね。
選曲からして、フランス開催を意識した物になっています。ステップでは+3を出しているジャッジがたくさんいましたが、ちょっと、たがが外れてしまったのかな?と。9点台を出している人もいましたし。

大輔さん
日本からの応援団もたくさん。
ジャンプがここまでクリーンに入ったSPは久しぶりでした。昨シーズンの四大陸よりも良いと思います。キャメルスピンがレベル1で低評価だった以外、ルッツで1人のジャッジが0をつけていますが、あとは全て+の評価をもらいました。プログラムは難解だと思いますが、このプログラム見るとチベット仏教の僧侶が体から気を発しているみたいな、わけの分からん情景が浮かびます。熱は感じるけど冷たいみたいな。赤い炎じゃなくて、青い炎みたいな。なんだったら、あの軸ブレキャメルスピンすら、ミステリアスな振り付けに感じるぐらい。って、そんなことはないんでしょうけど、それぐらい空気をしめるプログラム。いいですねー。
9点台を全項目につけているジャッジもいました。さすがにやりすぎかなと思いますが、出したくなる気持ちも分からんでもないような、そんな演技でした。

Pさん
彼のフルパワーで滑ったときの点数が93~94ぐらいだと考えると、このスコアは計算していくと妥当な形にはなりますね。ルールと気持ちというものは一致はしないんですけど。
とにかく今回も滑りがすごい、1人だけ異次元でした。素敵なチェンジキャメルにポジションチェンジを入れてしまったので、あのキャメルスピンの好き度が100から20ぐらいに下がりました。
このプログラムはノーミスありきですよね。ミスがあってもおもしろいプログラムを滑られるようになって欲しい。

りっぽんぽん
アクセルさんの助走がどんどん長くなっていく。あのロシアのジュニアの子ぐらい長くなっていったらどうしよう。アクセルだけではなくて、フリップもまぁまぁの助走の長さでしたし・・・。
スピンは良かったです。ステップはコロブチカの音楽に合わせて、きっと後半あたりは派手にステップ踏みまくるんだろうなと期待していたのですが、期待しているままに終わってしまいました。バレエジャンプは確かにすごいんですけど、もっと見せて欲しかったです。+3を5人も出していたので期待値上げすぎたかも。
実はりっぽんぽん、全米では4位以内に一度も入ったことがないんですよね。アメリカの国際大会で何年も活躍している選手でそんな選手は近年、彼ぐらいしかいないのではないでしょうか。ぜひ乗ってください・・・。

テンくん
アクセル着氷・・・からのふらつき。残念でした。前の時も言いましたが良いプログラムなのでミスだけが残念です。前回よりは良い演技だったので、また次の試合ではさらに良くなることを願います。彼にはラフマニノフ合いますよね。真央のショパンみたいに、テンくんもラフマニノフマスター目指しません?

ロゴジン
ジャンプは無難に成功。しかしレベルが悲しいほどにとれていない。
たぶん自分のスタイル、演技のタイプとプログラムのテーマが合っていないんだと思います。だから彼の演技にはあまり興味が持てない・・・・ごめんなさい。

そうですね。眠いので、この辺にしておきましょう。ダンスまで持ちません。
眠くなるとロスマイナーとロゴジン見間違えません?
Comment:2
back-to-top