2017
11.11

NHK杯 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Wenjing SUI/Cong HAN(中国)155.10 PB
2 Ksenia STOLBOVA/Fedor KLIMOV(ロシア)147.69
3 Kristina ASTAKHOVA/Alexei ROGONOV(ロシア)133.17 PB
4 Julianne SEGUIN/Charlie BILODEAU(カナダ)130.39
5 Alexa SCIMECA KNIERIM/Chris KNIERIM(アメリカ)126.65
6 Miriam ZIEGLER/Severin KIEFER(オーストリア)108.52
7 Sumire SUTO/Francis BOUDREAU-AUDET(日本)104.83
8 Miu SUZAKI/Ryuichi KIHARA(日本)95.15 PB

ペアリザルト
1. Wenjing SUI/Cong HAN(中国)234.53 PB
2. Ksenia STOLBOVA/Fedor KLIMOV(ロシア)222.74
3. Kristina ASTAKHOVA/Alexei ROGONOV(ロシア)203.64 PB
4. Julianne SEGUIN/Charlie BILODEAU(カナダ)194.37
5. Alexa SCIMECA KNIERIM/Chris KNIERIM(アメリカ)192.51
6. Miriam ZIEGLER/Severin KIEFER(オーストリア)171.13
7. Sumire SUTO/Francis BOUDREAU-AUDET(日本)156.52
8. Miu SUZAKI/Ryuichi KIHARA(日本)139.98 PB

海龍
3Lz 3Tw 3LzTh fall 3T-2T-2T 3STh so
3Lz成功しました!わーい。ツイストはSPよりもいい物が入りました。スロージャンプは投げ方がカナダ男子のよう。投げたというか落としたというか。スローはこれから。リフトはパワーアップしていました。ステップインラッソースムースに流れていきました。少しずつ少しずつ前に進んでいます。

すみオデ
3Tw 3S 3LoTh so 2A+2A 3STh
いつものではない質のよくないツイストでした。ソロジャンプはがんばりました。2人としてはエレメンツが決まった演技なのですが、曲が次々に変わってしまう上にボーカルまで変わってしまうので、プログラムとして一貫性がないし、意図も理解しがたいです。ジュリープロのマイナス部分を結集してしまったような出来。

セガビロ
3Tw 3T-2T 3S 3FTh 3LoTh
今日はソロジャンプがクリーンに入りました。時差ぼけ退治お疲れ様です。過去のプログラムがよすぎたので、このプログラムはまだ淡々として見えてしまいます。リフト中のフリーレッグがボトンと落ちてしまう問題は解消されつつあります。

白鳥組
3S so 3Tw 3T fall 3LzTh 3STh fall
最近の彼らでは珍しい崩れっぷりでした。女性の調子が上がっていないのかもしれませんね。スローサルコウは降りられたのに、バランスを崩して転倒しましたし。

シメクニ
3Tw 3STh 3S hd 2T+2T 3FTh
圧巻のツイストと飛距離ビューンなスローから始まりました。ソロジャンプは邦衛さんのミスが2つでした。後半少し滑らなくなったのと、ソロスピンのズレなどクリーンに締められなかったけれど、ゴーストというテーマが合いすぎてね。美しいシメカを見守るお化け邦衛。お化けくんジャンプがんばれ。先生の三つ編みはなかなか。

アスロゴ
3T-2T-2T 3Tw 2S 3FTh 3LoTh
今日もツイストがよかったです。質改善はマグレではなく完全なる物だったのですね。選曲の必然性があるって素晴らしい、そんなララランド。ストーリーが見えてきます。200点超えでオリンピック代表選出にさらなる現実味が。国内評価が気になるところ。

ストクリ
3Tw 3FTh 3T-3T df 3S 3STh
なんとツイストが普通!!!!!今日だとマイナスがつかなくても大丈夫です。やったー。スローの神着氷はまだ戻っていませんが、きちんと+2がもらえる質でした。3T-3Tも戻してきましたし、調子は確実に上がっています。ストルボワが強そうなのに色香を醸し出していない、カルメンプロとしては不思議な物。漕いでいる素振りがないのにいつの間にかスピードが出ているのはすごい。演劇的なカルメンってだけでなく、テサモエのような概念的なカルメン要素も含んでいるのかも。クリモフの演技力はもう少し健闘して欲しいところではあります。

スイハン
4Tw 3T-2T-2T 3S 3FTh 3STh
スイちゃんの天敵3Sを打ち砕きました。やっほおおおおおおおおい。軽々クワドツイスト、楽々スロー、イーグルダンスリフトから狂気のグループ3フィニッシュまで圧巻の一言でした。4年間破られることのなかった歴代最高がついに更新されました。4年前は後半ボーナスがあったので、4年前換算だと157~158ですからね。王者だなあ。SPのリフトの基礎点が高ければ合計点も狙えますのに。

これでスイハンはファイナル確定。ストクリはファイナル確定は出ません。次週ヴァネシプ、タラモロ。最終戦ユージャン、サフマソ(高得点)、デュハラドという順位になれば落ちるからです。行けるとは思いますが。
2017
02.18

四大陸選手権 3日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)144.28 PB
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)137.92
3 Cheng PENG / Yang JIN(中国)136.48 PB
4 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)132.27 PB
5 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)128.20
6 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)124.81
7 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)121.46
8 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)116.06
9 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)106.82
10 Ashley CAIN / Timothy LEDUC(アメリカ)106.29
11 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)98.00
12 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM(韓国)90.80 PB
13 Minji JI / Themistocles LEFTHERIS(韓国)83.38
14 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA(日本)80.37 PB
15 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)77.85

ペアリザルト
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)225.03 PB
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)212.23
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)205.31 PB
4 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)203.40
5 Cheng PENG / Yang JIN(中国)202.92 PB
6 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)193.91
7 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)192.35 PB
8 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)179.45
9 Ashley CAIN / Timothy LEDUC(アメリカ)168.87
10 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU-AUDET(日本)164.96 PB
11 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)154.10
12 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM(韓国)140.68 PB
13 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA(日本)130.85 PB
14 Minji JI / Themistocles LEFTHERIS(韓国)129.19
15 Kyueun KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)118.91

アレウィン
ツイストを下ろすときに男性が少しもたつきました。3Sは抜けました。コレオシークエンスの後に動きが止まってしまったのですが、これはジュニアとシニアの振付けを間違えたとかそういったことなのでしょうか。デススパイラルの位置が高かったり、リフトのスピードが落ちてしまったり、転倒はないにせよ小さなミスがたくさんありました。曲から出る人間のドロドロした部分も表現しきれていないかなと。そもそもジュニアペアが滑るテーマじゃないからな!!!

海龍
このペアの最大の持ち味であるソロジャンプで、女性がパンクしました。演技終了後に涙を流したのはその失敗が悔しかったからでしょう。でも今シーズン驚くべきほどレベルアップしたので、男性の怪我が治ればもっと上に行けると思います。なおれなおれー。

ケイン&ルデュク
女性が168cmもあり、ペア女子としてはかなりの長身。男性は185cmなので高い方ではありますが目立つ方ではありません。正直トリプルツイストをきれいに回せないままなんじゃないか?と思っていたんですけど、すでに克服しています。ソロジャンプが強いので3Loと2A-1Lo-3Sも入れています。あとはスローに高さが出れば。このボーカル曲のみで4分半持たせるエレガンスも見事。カストラ差し置いての派遣はどうなんだろうとも思いましたけど、将来性を見越してのことでしょうか。

すみオデ
澄玲ちゃんのジャンプが成功できるかというのが心配だったわけですが、3Sは成功。3Tはスピードが足りなかったかなと思います。スローの失敗から勢いがなくなってリフトが上がるのかという恐怖がありました。グラつきもありましたし。万全な演技ではないですが、徐々にミスの回数が減ってきました。こうやって少しずつ順位が上がってくるんですよね。だって昨シーズンなら今日の出来=超いい!でしたもん。転倒1回で「まずまずだわ」と思えるってことは、よくなっているってことです。

デニフレ
SPではスピードが足りず、エレメンツをするのがやっとなのかな?という動きでしたが、今日はよく動いていたと思います。前半のジャンプを堪え、転倒後にきれいなスローを着氷。きれいな流れのスローがあるからこそプログラムの後半が盛り上がります。全米よりよさげ。

ペンジン
ミラー2Aをカメラが映してくれず、ペンちゃんの成否しか分かりませんでした。でもTESカウンターを見て基礎点以上になっていたから成功ということになります。役に立つ子TESカウンター。3T-2Tも降りましたし、スローもOKです。ソロスピンは足換えのタイミングや出などは合わないんですけど、回転はNot中国でした。ほぼミスのない美しい演技。ボーカルはなぜ英語なんだ!

モーマリ
2A-1Lo-3Sは転倒。でもジャンプのレベルアップに励んでいる模様です。全後半にソロジャンプとスロージャンプが1本ずつ配置されているのでバランスがよく見えます。せっかくいいプログラムなのに、これで見納めはMOTTAINAI。エキシででもいいからまたやってくれー。

シメクニ
クワドツイストかと思うようなトリプルの高さ、スロークワドかと思うようなスローサルコウの高さ。全体的にふんわりとしていました。リフトを見ると、いつものスピードがないなということが分かります。でもここから上げていきましょう。邦衛さんのシャツに口紅がついてしまったことを指摘する夫人。イチャイチャしおって。

デュハラド
3Lzはコンビネーションに変えたということを忘れていてちょっとビックリする。後半の3連の確率が芳しくないから、3Tから3Sに上げてリスク分散なんでしょうね。メーガンが3Lzで手をついても2Tをつけました。ジャンプ乱れても絶対コンボにするウーマン。いい出来ではなかったけどまとめました。

イリモー
3T-2T普通に成功!!!!!!!!!!!!!キャアアアアアアアアアア!!!3Sは回転不足っぽいけど、なんとか降りられました。コレオシークエンス中のダンスリフトとスローループの前にグラついたり引っかかる動きがありました。こういうときは氷のせいにしておきましょう。イリが大人を超え、ついにマダムのようになってきました。マダムリューバ・・・か。

ユージャン
クワドツイストはキャッチはそれほどではないですが回転ギュルギュル。シャオユーの3Tが抜ける珍しいミス。スローループはマイナスはつくかつかないかぐらいの微妙な質ですが、シャオユーが顔の角度なんかで上手にごまかしました。ソロスピンは中国伝統のズレで、でもソロスピン後のトランジションは美しい。エレメンツの質じゃなくてトランジションや表現に目がいく演技でした。よくはないけど破綻しているわけではない。

スイハン
スイちゃんのSPで見られたマダム感が消滅。スケートのすごく上手い一般女性になりました。いつもクワドを入れているので、スローサルコウが3回転だと余裕すぎて笑ってしまいました。スローフリップはSPよりもきれいでした。+3以外がつくのでしょうか。んで、最初の言葉を翻しフィニッシュはマダム感。髪型のせいですね。コケてもパーソナルベスト。9点台5つですから点数出ますわな。ってかデュハラドとのPCSの差すげえ。

スイハンの四大陸は1位→1位→4位→1位→1位でした。効率いい。来シーズンはオリンピックだから出ないとしても、次優勝すれば最多のパントンに並びます。演技は3Sがアンダーローテーション、ソロスピンがレベル3でペアスピンがレベル1でVマーク。この構成をノーミスで滑ると150点。スロークワドを入れると歴代最高?わーい。

調子がよくも悪くもないデュハラドのPCS=好調のイリモーのPCSとなりました。世界選手権ではイリモーのPCSがどの程度出るでしょうか。

世界選手権にちうごくから2組しか出られないのほんと寂しい。オリンピックの枠のことを考えてみたんですけど、例えばこんな順位

中露加独露中露加仏加米米チェコ伊伊日となると
中露加→3×3=9
独仏米→2×3=6
チェコ→1
これで16枠(残り4枠はネーベルホルン杯)埋まってしまって、イタリアが2枠もらえない可能性あるんです。これがイタリアじゃなくてアメリカのパターンも考えられるし、今から胃がキリキリします。枠決めの世界選手権とオリンピック代表決定の国内選手権は嫌いだーーー。
2016
03.30

小ネタ×13 「ピョンチャンオリンピックの時間帯」など

ワールド直前小ネタ。

*イスラエル移籍に必要なこと
http://www.goldenskate.com/2016/03/alexei-bychenko/
アレクセイ・ビチェンコさんがイスラエルに移籍したのは、ウクライナからの支援がなく、未来が見えないから。その当時のコーチが、チャイトのお父さんである、ボリス・チャイトに話を持ちかけて移籍が決まったそうな。お母さんの家系がユダヤだそうです。これにより、イスラエル移籍に必要なことがわかります。
1.シングルスケーターはユダヤの血がちょっとでも混ざっていること。
2.ペアスケーターとアイスダンサーは、片方がユダヤの血が入っていること。
3.連盟会長のチャイト父と仲良くなること。
こうすれば国籍も取れます。3が割とマジで大事。

*愛のペアでした
http://web.icenetwork.com/news/2016/03/14/167414560
アメリカのペア、エリカ・スミスさんのインタビューを読んでおりました。ネイサン・バーソロメイとのペアを解散した後、4年間競技をしていなかったけれど、競技の場に戻ってきた。韓国から養子にもらわれてきて、2018年のピョンチャンを目指しているとの言葉の中で。"As it happened, she and her boyfriend, Reiss, turned out to be a great match on the ice as well as off." どおりで。どおりで全米で口でチュッチュチュッチュしていたな。愛のペア増えてきた。

*ヨガマスター

As always, had an absolute blast shooting outside today with @dtufino_photo. Wearing @k.deer 🌟

Katrina Hackerさん(@katrinahacker)が投稿した写真 -

アメリカの超美人カトリーナ・ハッカーさん。現在はヨガマスターになっていました。アメリカ人ヨガマスターになりがち。

*独り身あるある早く言いたい

独り身あるある早く言いたい 独り身あるある早く言いたい 独り身あるある早く言いたい 独り身あるある早く言いたい 食器溜めすぎて 水切りそびえ立ちがち。 by マーヴィン・トラン

*タニス・ホワイトさん

ほう・・・・・。

*堂上さんのお食事

Dinner date with Goku! #dragonballz #lovetocook #eathealthy #athleteskitchen #imanerd

Zach Donohueさん(@everezt_91)が投稿した写真 -

ザカリー・ダナヒューさんは、ドラゴンボールを見ながら食事。でもそれよりも、怪しげなオーガニックグリーンティーが気になる。そして、アメリカ人の食事なのに不味そうじゃないことが気になる。

*ナショナルパピーデー

クリス・クニエリムさんの犬。パピー?子犬?アメリカ人の「ナショナルなんたらデー」好きは異常。

*美しさ神域

キャロル・ヘイス・ジェンキンスさんは、1940年生まれの76歳。こんなきれいなばーちゃんは、そこらにはいないでしょう。いじっているとしても、こんなにキープはできないだろうし、すごすぎる。

*すごく出たそう




チームチャレンジカップにすごく出たそうなマキシム・コフトゥンさん。なして?

*動画ゲットだぜ

メーガン・デュハメルさんは、夫が出場した2002年世界選手権の映像が見たいらしく、ツイッター民に映像提供を呼びかけていました。心優しい方が現れ、YouTubeにもアップされていました。ブルーノ若かったよ。髪が黒いよ。

*僕、ビビる

夜遅くにネタ探しに彷徨っており、タイムラインをスクロール。すると、髙橋大輔さんのこの表情がドンと出てきました。深夜にこの表情は反則だわ。ビクンッてしました。

*マディソン・ハベルさんが・・・

マディソン・ハベルさんの3着目か4着目のFDの衣装です。なんと!!!!!普通です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ほらーーーデコルテ出そうって前言ったから、きっと願いが届いたんですよ。まあ襦袢だけどいいんですよ。

ハベドノ19

大抵の衣装が似合わないマディソンの1番似合うのがこれだったので。これはデコルテ出ているでしょう?

*ピョンチャンオリンピックの時間帯
http://www.globetrottingbyphiliphersh.com/home/2016/3/29/exclusive-figure-skating-in-morning-at-2018-olympics
去年でシカゴトリビューンを辞めた、スケートファンにはおなじみフィル・ハーシュによると、オリンピックの競技は朝10時から始まるそうです。これは、アメリカのゴールデンタイムに合わせるためだそう。予想はしていたことですが、本当にそうなるんですね。うわあ。さすがクソアメリカメディア様。選手何時に起きるんです?5時?6時?ないわー。時差のない日本人が仕事休めずに試合見られないのは、どうでもいいんです。選手が万全のコンディションで4年に1度の大会に臨めないのがいけない。1番視聴率が取れるんだから、日本のテレビ局負けんなや。さて、みなさん。2年後の有給申請しといてくださいね。

世界選手権が間もなく始まります。Luce Waldでは、全種目を早めにお伝えします。今シーズンは更新頻度が激落ちしておりますが、大会見るためですんで。ブログはスケートに飽きるまでやめへんでー。
Comment:6
2016
02.20

四大陸選手権 3日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)143.40 PB
2 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)140.35 PB
3 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)122.34
4 Tarah KAYNE / Daniel O SHEA(アメリカ)122.30
5 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)117.70 PB
6 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)113.74 PB
7 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)103.41 PB
8 Vanessa GRENIER / Maxime DESCHAMPS(カナダ)98.75
9 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU AUDET(日本)92.63 PB

ペアリザルト
1 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)221.91 PB
2 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)207.96 PB
3 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)187.33
4 Tarah KAYNE / Daniel O SHEA(アメリカ)182.02 PB
5 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)179.67
6 Marissa CASTELLI / Mervin TRAN(アメリカ)175.08 PB
7 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)157.24 PB
8 Vanessa GRENIER / Maxime DESCHAMPS(カナダ)148.82
9 Sumire SUTO / Francis BOUDREAU AUDET(日本)145.33 PB

デュハラドはメーガンの胃腸炎で棄権となりました。早く体調がよくなって、元気に演技終了直後からペラペラと喋るメーガンに戻って欲しいです。

北の組
普通に上手い。ソロジャンプは3Tがきれいに入りましたし、スローは2本とも成功。世界選手権に出て欲しいなー無理だろうけど出て欲しい。北の選手が将軍様ソング使わないと物足りないかも。最近普通の曲が多くなってきました。

すみオデ
女性の3Sがダブルに、3Tが回転不足でステップアウトになりました。スローループは高さが出ずに手をついての着氷。スローサルコウはいい感じですけど、ループはまだまだタイミングを掴めていないのでしょう。ペアスピンが止まりそうで怖かった。なんとか根性で回りました。オデの小声の「アリガトウゴザイマシター」の発音がナチュラル。

hatsuhinode.jpg

グレデシ
女性が3Sで転倒、3Tがダブルになりました。ツイストはいつものやつよりも怖かったです。キャッチする位置と落ちてくる位置がバラバラで、危うく落下させるところでした。マジでこのチームにはツイスト教えられる人がいないんだろうなあ。

ケイオシ
ソロジャンプが決まり、これはいいぞいいぞーーーーあああああああああああああああああスロールッツかフリップか分からないもの転倒。もったいない。投げ方が悪かったから、バックステージで腹パンな。ダンスリフトが多いからか、トランジションが下げられています。やはりきちんとスケーティングやリンキングフットワークで魅せないと、ポイントが上がりません。

kayne.jpg

カストラ
ツイストをキャッチ時にローリングフォール。ソロジャンプも両方ミスりましたし、スローアクセルで危うくトランコフさんみたいにトランがコケるところでした。引っかかるようなところが多くて、スケーティングが上手いトランですら制御できないのかな。

イリモー
ナショナルのときのようなスピードときらめきが感じられないです。引っかかる選手が多いから、わざとスピードを落として滑っているのか、スピードが出せないような氷なのか、単に調子が悪いのか。まあ、氷のせいにしておこおう。イリのジャンプが両方失敗でした。ソロスピンもイマイチ。全体的にイマイチ。イマイチ・オブ・イマイチ。

チョックさんとフィルスは生年月日が全く同じ

フィルスさんとチョックさんは1992年7月2日生まれで全く同じ生年月日

シメクニ
超絶悪い流れから迎えた最終グループ。邦衛さんのソロジャンプが・・・・・決まったああああああああああああああああああああ!スローも決まった!ツイストも決まった!全部決まった!シメクニの演技の中で史上最高ですよ。演技が終わってあまりにも嬉しすぎて、1人でリンクを駆け回るシメカさん。140点が出た瞬間にシメカさん叫ぶ。全然怒らないシメカさん(2015年国別対抗戦以来)。

ユージン
3Tでお手つき、スローループ転倒。スローサルコウもいつもより質が悪いですし、ツイストも高さが微妙、リフトが全てグラグラ。不思議な音楽の世界が、単に静かなだけに聞こえてしまうぐらいに、音楽表現が乗っていないし、2人の動きもバラバラ。"普通"からも遠い出来だったと思います。本来のユージンじゃない。

スイハン
もうスイハンがスロークワドに挑戦し始めてから何年が経ったでしょうか。ついに片足で立ちましたよ!いぇえええええええええええええええい!!!スイちゃんの3Sの転倒とか、スローフリップのお手つきはありますが、それでもすごかった。ここに3連も入ってノーミスだとTESが83、4あたりまで伸びてきます。ワールドで歴代最高とろうぜ。スイちゃんの化粧が濃すぎて油絵のようでした。演技後半はちょっとガチャガチャとしていたので、洗練された動きになるといいなあ。体調がよくなったらきっとね。

aburae.jpg

suihan.jpg

よくない演技が続いていたところで、シメクニとスイハンがしっかりと締めてくれました。ありがとうシメカさん。反応がおもしろかったよ。スイハンは史上初の1演技2つの4回転のエレメンツを、プラスのGOEで成功させました。シメクニは史上初クワドツイストレベル4を獲得しました。特にシメクニは昨シーズンの時点で、「やるからにはレベル4を狙う」と発言していたので、それが達成できた形になりました。

ワールド楽しみだなあ。でもワールドのこと考えると、川スミがいないことが悲しすぎるから忘れよう。
2016
01.24

全米選手権 8日目 ペアリザルト

ペアとダンスの配信予定がJスポのページに表示されていなくて、早朝からキレる。

ペアリザルト
1 Tarah Kayne, Southwest Florida FSC
Danny OShea, Southwest Florida FSC 211.65
2 Alexa Scimeca, DuPage FSC
Christopher Knierim, Broadmoor SC 196.80
3 Marissa Castelli, SC of Boston
Mervin Tran, SC of Boston 179.04
4 Madeline Aaron, Coyotes SC of Arizona
Max Settlage, Broadmoor SC 157.81
5 Jessica Calalang, DuPage FSC
Zack Sidhu, Las Vegas FSC 156.77
6 Erika Smith, SC of New York
AJ Reiss, Los Angeles FSC 152.18
7 Jessica Pfund, Southwest Florida FSC
Joshua Santillan, All Year FSC 133.79
8 Brianna de la Mora, Texas Gulf Coast FSC
Maxim Kurdukov, Texas Gulf Coast FSC 130.09
9 Alexandria Shaughnessy, SC of Boston
James Morgan, SC of Boston 129.50
10 Cali Fujimoto, Peninsula SC
Nicholas Barsi-Rhyne, Southwest Florida FSC 128.39
11 Caitlin Fields, Indiana World Sk Acad FSC
Ernie Utah Stevens, Indiana World Sk Acad FSC 117.39
12 Elizaveta Usmantseva, Los Angeles FSC
Matej Silecky, SC of New York 105.30
13 Alyssa McDougal, Birmingham FSC
Paul Schatz, Southwest Florida FSC 95.04

スミス&ライス
背中にヘビ、演技前に口にチッスした。ラブいのかな?スミスさんは体のラインがとても美しくて、ポージングがすごく映えます。リフトの着氷姿勢であったり、コレオシークエンスであったり。リバースラッソーすげえ。空中で横向きになって足掴んでキャリー。トップ選手でもなかなかできないかも。ライスさんはさすらいのパートナー巡りやってた方だけど、やっと合う子が見つかったんだなあ。ダヴィドヴィッチさんともやっていて、彼女は上手い方だったけど、上手けりゃいいってもんではなく、相性の良さが必要なのだとつくづく。キスクラでもめっちゃチッスするじゃん。

snake.jpg

カラシ組
ソロジャンプの失敗とスピン離れすぎ以外はエレメンツの質がよかったです。スターリフトのキャリーから回転に戻ったときのポジションを、もうちょっと長く見せて欲しかった。ポジションキープが辛そうだけどきれいだから。スローはこのペアめちゃ上手いから後半でも全然問題ありません。

ファンド&サンティラン
ソロジャンプを両方成功させました。SPで3Sも降りましたし、この2人はソロジャンプ得意なんですね。バックワードラッソーは上げただけで回転ができずノーレベルになってしまいました。アクセルラッソーはポジションが確定できなかったかなあ・・・レベル1になりました。スターリフトは途中で降ろしてしまった。スピンは途中で足をつきました。うおおお・・・・めちゃ尺余り。パフォーマンスとインタープリテーションで3点台の評価をしているジャッジもいました。でもしょうがない。ここまで演技が崩壊すると。どのエレメンツも力で上げているから失敗するし、スタミナが切れて力が使えないと、さらに失敗するという悪いループにハマりました。

マックス・アーロン
ツイストレベルBじゃない!けどジャンプエレメンツ4本全滅でした。スローループは着氷して、次のうごk・・・・・ああという転倒。もったいない。リフトでは1つもレベル4がないという結構ヤバい感じ。コレオシークエンスは本来なら表情でも魅せて欲しいところなんですけど、アーロンの表情が強張ってる。うーーーん。残念だった。けど悲壮感はそんなにない。

カストラ
3S降りたのに!!!3Tで2人とも失敗でスローサルコウで珍しく転倒。3Tはさておきスローサルコウは降りておきたかったなあ、後半の印象としても。その転倒のせいで演技が走ってしまって、キャステリよりもトランの方がガチャガチャしていたと思います。リフトもスケーティングも素晴らしいのになあ。今言えることは「キャステリ、解散すんなよ」ってことですね。ほんとやめてよー。まだまだこれから上手くなるんですよ。

シメクニ
クワドツイストちょっと抱えたけど落とさずでした。3Sは成功しましたが、3Tで男性が転倒。スロールッツでは手をつきました。でもそんなに悪くなかったし、シメカさん表情強くて、自分で戦場行ってスペイン兵串刺しにしそうな勢いがありました。演技後は珍しく笑顔。

ケイオシ
うわああああああああああああああああああああああああああノーミスじゃないけど、スピンがズレまくっていたけど、ジャンプは全部大丈夫だあああああああああああああああああああああああああああ最終滑走できたああああああああああああああああ!!!しかし失敗しなくて見てみると、やはりすさまじいダンスリフトのクドさが。でもいい演技だったからいいや。OMGなキスクラでした。1シーズンに1組だけだといい曲だなあオペラ座の怪人。

goddess.jpg

表彰式あると思ったらなかった。
back-to-top