FC2ブログ
2019
10.20

スケートアメリカ 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Cheng PENG / Yang JIN(中国)128.16
2 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)127.52 PB
3 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)125.73 PB
4 Jessica CALALANG / Brian JOHNSON(アメリカ)119.25 PB
5 Ashley CAIN-GRIBBLE / Timothy LEDUC(アメリカ)109.34
6 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)100.53
7 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)97.88
8 Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)90.87

ペアリザルト
1 Cheng PENG / Yang JIN(中国)200.89
2 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)196.98 PB
3 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)192.70 PB
4 Jessica CALALANG / Brian JOHNSON(アメリカ)180.52 PB
5 Ashley CAIN-GRIBBLE / Timothy LEDUC(アメリカ)177.54
6 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)155.16
7 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)152.94
8 Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)138.79

ルエウル
2Tw 2T so 2S 3LoTh fall 3STh shaky
昨シーズンと同じプログラムです。ジャンプ系統のエレメンツの精度が年々下がっています。それしか言えない。

ゾーイ組
3T-2T 3Tw 2A so 3LoTh fall 3FTh df
お家を建てるプログラム。子供が3人もいれば大きな一戸建てが欲しくなりますものね。男性の衣装が大工さんの衣装に見えてきました。肌色の袖はよした方がいいと思うんです。

アレウィン
3Tw 3S 3T-2T 3LoTh fall 3LzTh fall
演技冒頭はツイストとソロジャンプです。ここは動きがバラバラで、とりあえずジャンプを降りるために滑っていました。2本のスロージャンプは軸が完全に外れていたし、リフトはまともに上がったものがありません。エレメンツや振付が曲と合っている部分もほとんどなかったです。怪我の影響が大きいのでしょうが、最悪に近い出来でした。ここから復活できるだろうか。

カラジョン
3Tw 3T hd-2T fall 3S fall 3STh 3LzTh so
男性がソロジャンプで転倒しました。リフトは非常によかったです。リフトのGOEを合算すると6点ほど稼いでいますからね。チェルブラもカラシ組もノーミスでも119点を出すのは難しかったのに、3ミスで出せるようになりました。相性のいいコーチに正しい技術を教われば伸びるのです。

デニフレ
3Tw 3LoTh 3S 2A-1Eu-2S 3STh df
ライオンキング(豹柄の布)。確率の低い3Sを成功しましたし、3連続も入りました。途中まで過去のプログラムとリフトやコレオシークエンスの振付が似ていて、焼き直しかと思いましたけど、グループ3の下ろし方やラストのアクロバティックなリフトなど最後の最後で独創性を見せてくれました。スケアメとは本当に相性がいいです。

ケイン髭
3Tw 3S-2T-2Lo 3LzTh fall 1Lo 3STh
昨シーズンめざましいほどの進歩を見せたツイストですが、カナダペアのような質に落ち着いてしまいました。スロールッツ決まりませんね。成功するときってもっと深く踏み込んで力強く降りるんですけどね。アクセルラッソーの崩壊は痛かったです。ペアスピンはアップライトから入ってもいい回転速度とポジションでした。ペアスピンで魅せられるペアはほとんどいないと思います。コレオシークエンスはイーグルやダンスリフトで埋めずにフットワークで魅せていました。大過失が2つあったので、その分PCSも大幅に下げられているのでしょうね。本来8点台が並ぶペアですから。

ダリデニ
3F 3T-2T-2T 3Tw 3FTh fall 3LoTh
夜道でも安心な反射板付き衣装。ソロジャンプの踏み切り位置が遠いのと、ペア要素の準備動作があるので、SPよりはトランジションに課題が見えます。表現力のあるペアですが、どうしてもSPよりは演じられなくなってしまいます。これは昨シーズンと同じです。コレオシークエンス中にジャンプ入れるのは恒例にしていくのかな。アメリカペアが抜かれるから観客が意気消沈してるのが笑えました。

ペンジン
2S 3T-2T 3Tw 3LoTh fall 3STh
最初からサルコウは2回転で跳びました。3T-2Tはなんとか。スローループは珍しく転倒となりました。ちうごくでも失敗することはあるんですね。ペアスピンの出をアイスダンサーのようにリフトでまとめていました。ペンちゃんがチョックさんのように艶めかしいラインで回転していました。ペンちゃんが大人になってしまった。スローサルコウは完璧で、リフトでガンガン乗ってフィニッシュです。尻上がりに調子を上げた演技でした。ペンジンGPS初優勝です。

今大会は世界ジュニアチャンピオンが多かったです。デニフレは2013年、ヤンジンは2015年、アレウィンは2017年、ダリデニは2018年の優勝者です。ジュニアから組み続けているペアが活躍してくれるのは喜ばしいことです。
2015
11.28

NHK杯 2日目 ペアリザルト

ねてた。ダンスは夜に見る。

ペアLP
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)131.68
2 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)124.02
3 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)122.23
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)118.29
5 Vera BAZAROVA / Andrei DEPUTAT(ロシア)117.64 PB
6 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)116.83 PB
7 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)95.07
8 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)83.28

ペアリザルト
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)202.72
2 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)191.02
3 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)190.66
4 Vera BAZAROVA / Andrei DEPUTAT(ロシア)181.70 PB
5 Lubov ILIUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)180.63 PB
6 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)180.20
7 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)150.26
8 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)125.80

ファンシー親父
スロー両方転倒になってしまいました。急遽の出場決定で地球の果てまでやってくるのは大変だったでしょう。ゴーストなのにヘイユーが入っていない。これはカツラの呪いで失敗したんだ。おい、カツラ!!!

カラシ組
ソロジャンプ決まらずなのはやはり男性の怪我の影響もあるのか?インタプリテーションが下げられてるというのは、明確に「表現が足りない」というジャッジの意思表示だと思うので、お互いを意識しないロミジュリから脱却して欲しい。

ヴァネシプ
曲は違えど続くロミジュリ。タイミングはズレましたが3T-3Tを入れてきました。ツイストはいつもの感じですが、リフトがとてもよくなっていて、特にいつも安定感に欠ける落下させかねないキャリーリフトがめちゃくちゃ上達していました。これからは安心して見られそう。ステップがないから、LPは安心して見られます。2番目のエレメンツにコレオシークエンスは珍しくていいな。

イリモー
このプログラムはとても好きなんですけど、ジャンプを失敗して、次のエレメンツ成功しなきゃ・・・とあせってしまうと、抽象的な分何やりたいのかさっぱり分からなくなることが問題。結局スローはフリップじゃなくてクワドもルッツにしたらしいです。今回はやってきませんでしたが。モスコビッチさんのヒゲちょっとなくなってる。

バザデプ
酷いプログラムだなあと思っていた夏でしたが、なんとか酷いから普通にもってこられてきた。バザロワちゃんがんばったなあ・・・。スローは上がってはないけど、回転はしきっているんですね。ツイストはSPより怖かった。上手いのか上手くないのか息合っているのか合っていないのか。イマイチよく分からないペアである。2Aはかろうじて合わそうという気が見えましたが、3Tはどうしてああなる。

ユージン
スローはクワドで転倒。今日はスピードがなく、いつものユージンの力は出せていませんでした。キャリーリフトはキャリーして進行方向を変える、難しいことしてましたけど、あれは「持ってます」感が出てしまいます。だからこそスピードと移動距離欲しかった。

シメクニ
クワドツイストキャッチした!と思ったら着氷ミスった。でも3Sを成功しました。3Tは邦衛さんがシェイキーでしたけど、なんとか2Tでシークエンス。表現うんぬんかんぬんはシメクニに対しては無粋なので、エレメンツをいかに美しくこなせるかですね。だいたい邦衛さんにワイルドな探検家の役なんて無理なのです。田舎の自動車修理工のプログラムにしましょう。そういう映画ないでしょうか。

デュハラド
スロークワドルッツを回避でトリプルにしました。足はつきました。スピンは素晴らしかったですが、今日はメーガンが大不調&ラドフォードさんも最初のリフトちょっと緩かったように思います。今大会は大変な不調に見舞われていた2人ですが、消化試合消化試合。キニスンナ。

NHK杯に出場のみなさん、プログラムの滑り込みは出来ているけど不調という。地方都市でやるから移動で疲れちゃったんですよきっと。ただでさえ日本は遠いのに。

デュハラド、川スミ、スイハン、シメクニ、ストクリ、ユージン。そして特例でセガビロの7組がファイナル進出を決めました。ヴァネシプはまさかの落選。1.51点及ばずでした。カオスな顔ぶれだなー。
2008
08.30

JGP クールシュベール大会 男子最終結果

LP
1 Michal BREZINA(チェコ)119.59
2 Florent AMODIO(フランス)113.39 PB
3 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)112.18
4 Chao YANG(中国)111.34
5 Denis TEN(カザフスタン)109.06 PB
6 Nan SONG(中国)107.20

最終順位
1 Michal BREZINA(チェコ)182.72
2 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)172.64
3 Florent AMODIO(フランス)171.69 PB
4 Denis TEN(カザフスタン)163.87 PB
5 Nan SONG(中国)161.63
6 Chao YANG(中国)161.11

ブレジナが優勝したけど、嬉しくはない。先シーズンの残念プログラムを継続させてきた。あんまり好きじゃない。でも、スケートは上達したと思う。

マーバヌーザデーの演技の時に、解説者が笑ってた。名前が長すぎて言いにくいからかな?
あんまり印象に残らなかった。演技もスケートも。

アモーディオ良かったと思う。ブラジル生まれらしい。男前。
ジャンプのきれも良かったし、何より身のこなしが軽やかで、手の動きがキレイだった。
全体的にボロボロとミスがあったけど、がんばってまとめられたと思う。
ただ、背が低いのがね・・・・・

テンもよかった。カザフスタンということは四大陸にも出る可能性があるということか?15歳だし出れないこともないし。表彰台に乗ったなと思ったら、エッジ判定が出てた。しかもフリップでもれなく、eと!が1つづつ。そして痛いのがスピンの取りこぼし。せっかく柔らかいのにレベルとれなかったもったいないよね。男子の演技で1番好きです。
やっぱり背の低いのは気になった。161センチだからね。伸びたらもっとかっこよくなると思う。

ナン・ソンのアクセル高かった。中国はやっぱりジャンプ跳ばないと。

男子と女子を見て思ったのが、要素が1つ減ったにしても、厳しいダウングレードと厳しいプレゼンテーションがうかがえる。
先シーズン、女子を除く3種目は、歴代のスコアを次々と塗り替えていったから、点数自体を下げようとしているのか?なんにせよ、見ているほうにとって、演技に比例しないスコアの低さは萎える。特に女子のダウングレート。

次はイタリアのミラノ。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top