FC2ブログ
2012
11.18

エリック・ボンパール杯 2日目 女子リザルト

クルッポー

女子LP
1 Ashley WAGNER(アメリカ)127.54
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)121.36 PB
3 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)115.76
4 Christina GAO(アメリカ)112.16
5 Mae Berenice MEITE(フランス)102.75 PB
6 Jenna MCCORKELL(イギリス)92.25
7 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)90.32
8 Joshi HELGESSON(スウェーデン)88.58
9 Elena GLEBOVA(エストニア)88.25
10 Lena MARROCCO(フランス)83.58 PB

女子リザルト
1 Ashley WAGNER(アメリカ)190.63
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)179.62
3 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)179.31
4 Christina GAO(アメリカ)164.71
5 Mae Berenice MEITE(フランス)157.58 PB
6 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)144.82
7 Elena GLEBOVA(エストニア)140.86
8 Jenna MCCORKELL(イギリス)135.40
9 Joshi HELGESSON(スウェーデン)133.77
10 Lena MARROCCO(フランス)132.44 PB

ガオーさん
3F-2T 2A 3Lz-2T 3F 3S 3Lo 3T-2T-2Lo
スケアメに引き続きジャンプにミスはありませんでした。いい演技でしたが、やはりエッジが浅いのでそこまで点数は伸びませんでしたね。それでも7.00もらえれば上出来だと思います。また全米で5位になるのかどうか。そろそろ表彰台に乗っておきたいですね。

グレボワ
1Lz 1Lo 3T-2T 3T 3S-2T 3S-2T-2T 2A
ヒッピーな雰囲気でした。レザーの衣装似合ってるなあ。得点源の2つのジャンプは失敗でしたが得意なジャンプはきっちり成功させました。素敵な雰囲気ではあるんですけど、ちょっと止まる所が気になりました。

コロベイニコワ
2F 2A-3T 3Lo-2T 3Lo so 3S fall 2S df 2A
中盤のジャンプで崩れてしまって、音楽に遅れてしまったのか、ステップでかなりバタついてしまっていました。そのせいでスタンブルもしていました。忙しい終盤になってしまいました。湖に身を投げる白鳥と言うよりも、追い詰められて蹴り飛ばされて溺れ死んじゃうみたいな。

メイテ
3F fall 3Lz 3Lo 2A-3T 3F-2T 3T-2T 2A
最初のジャンプで転倒したもののあとはまとめました。ユロスポ実況がお気に召していらっしゃる。今日もHUGEなジャンプでした。滑っていないと嫌な僕ですが、このプログラムは好きなので、これはこれでもう良いのです。今日はビールマンでグニャングニャンにならなかったのも良かった。地元で良い演技ができて良かったです。

タクタミシェワ
3Lz-3T 3Lz 3F 2A-3T 3S-2T-2Lo 3Lo 2A tano
その背中の開き具合もテンプレですね!衣装が変わりました。3Lz-3Tちゃんおかえりいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!他のジャンプちゃんたちもおかえりいいいいいいいいいいいいい!!!素晴らしいパフォーマンスでした。彼女は終わってないよ!これからがスタートだよ!ここがシニアのタクタミシェワのスタート地点なのです。ジャンプだけでなくインタープリテーションもスケーティングも素晴らしかった。もうちょっと出ても良い気はしましたが、高得点はユーロで出すんですよね。きっとそうだ。

アシュリー
3F-2T-2T tano 2A-2T 3S 3Lo 3Lz 3Lo+2A 3F
今日はドヤ顔じゃなくて笑顔!!!今日もノーミスのクリーンプログラムでした。スケアメの何倍も何倍も良い出来だったように感じました。もうジャンプを失敗する気がしない。そもそも、ジャンプなんて失敗するようなものではなく、歩くのと同じような物だと思わせてくれるような安定感。そして、巧みな音楽表現。ピッタリハマってんなー。トータルパッケージとして揃ってる。あと2A-3Tにすれば、もう130点行きますね。

リプニツカヤ
3Lz-3T 2A-1T 2A-3T-2T 3Lo 3Lz hd 3F td 2S
昨日よりも質のいい3Lz-3Tでスタート、その後3Tが1Tになりましたが即座にリカバリーをしました。すごいですね。後半はジャンプを降りることに力を注ぎすぎたのか硬くなっていました。くるみ割り人形じゃなくて、指を噛み千切られそうな勢いでしたよ。ちょっと怖いから、こんな可愛らしい曲なんだから、もっと柔らかい表現も欲しい。フィニッシュポーズは真似できるから楽しい。信号待ちとかでやってみましょう。

鬼パネルでスピンレベル4を揃えるリプかっけえ。レイバック全ジャッジ+3、コンボは1人が+2だからカットで結局満点。すごすぎる。

今回の結果でアシュリーとリプニツカヤはファイナル進出が決定しました。これでファイナル決定は3名です。真央は4位以内、あっこちゃんは3位以内で確定です。ザワツキーは2位ならファイナル、3位ならタクタミシェワが行きます。ミライは2位以内でなおかつ今回のタクタミシェワのスコア超えならというところですが、現状厳しいでしょうか。ジジュン、今井、ゲデ子の3人は優勝のみ可能性がありますがかなり厳しいでしょう。NHK杯楽しみになりました。

今シーズンは女子が一番面白いかもしれない。女子が一番おもしろいシーズン(あくまで個人のやつ)って4シーズン前が最後だったので久しぶりにきた。当たりプロも多いし。

06/07 女子
07/08 ダンス
08/09 女子
09/10 ペア
10/11 男子
11/12 男子
12/13 女子

自分の中ではこうなってます。
Comment:0
2012
11.17

エリック・ボンパール杯 1日目 女子SP

寝ていたので、順番グチャグチャでごめんなさい。
家のアンテナの接続がブッチーンいって、BSとCS映らなくなって今日は発狂していました。最低でも映るようにできるのが月曜ということで・・・・クッソめんどくさい。
今週末はエリック杯に加え、ワルシャワ杯、メラーノ杯、パベル・ロマンメモリアル、全日本ジュニアと10月初週に次ぐカツカツの週末になります。ストリーミングが無いだけど、助かったと言えば助かりました。あったら見るので。

なんで今日はこんなにストリーミングの画質が良いんだ。

女子SP
1 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)63.55
2 Ashley WAGNER(アメリカ)63.09
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)58.26
4 Mae Berenice MEITE(フランス)54.83 PB
5 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)54.50 PB
6 Elena GLEBOVA(エストニア)52.61
7 Christina GAO(アメリカ)52.55
8 Lena MARROCCO(フランス)48.86
9 Joshi HELGESSON(スウェーデン)45.19
10 Jenna MCCORKELL(イギリス)43.15

マッコーケル
2F<< 3T shaky 2A
今シーズン安定していた3Fで失敗。3Tもランディングがシェイキーでコンビネーションがつけられませんでした。体の動きはキレッキレで調子のよさは見せてくれていたのですが、残念ですね。この衣装ガオーさんのリベルタンゴみたい。

ガオーさん
3T so 2A 3Lo-2T
3-3は成功ならずでした。しかしきちんとリカバリーはしました。丁寧は丁寧ですが、丁寧過ぎてプログラムがもっさりしているのがもったいないなあとつくづく思います。

コロベイニコワ
3T-3T 3Lo 2A
コ ロ ベ イ ニ コ ワ が 初 め て S P で ノ ー ミ ス
彼女は滑りが良いのでジャンプさえ降りればプログラムがまとまりますね。だって、今までノーミスだったことが無いんですから、そりゃこんな間隔になるのは初めてですよね。スピン中の表現もいいなあ。この年齢だからこそ演じられるプログラムです。これを見ると、素敵は素敵だけどパントンのエキシのロミジュリはさすがに・・・って思っちゃいます。望むべくはおぱんつスッケスケスカートはやめて欲しいのと、メイクが歌舞伎みたいになっていることはやめて欲しい。濃いメイクは好きですけど、さすがにすごすぎますよ。

チンクワンタとゲヤゲの並びが確実にマフィアだわ。

リプニツカヤ
3Lz-3T 3F 2A
ジャンプどうなんでしょうね、全体的にクリーンとも言えない出来で自分がジャッジだったら全部0かなーというところ。元々ジャンプが低いので、少し軸が曲がってしまうと、すぐに加点がもらえない物になってしまいますよね。結局、今日も「スピンヌホホwwwwwやっぱすごいわwwwww」ってまま終わってしまいました。棄権の話もありましたが、それを考えると上々の出来ですね。3T-3Tに変えてくるかとも思っていましたけど、ちゃんと3Lzでしたし。

ヨシ子さん
3Lz tano 3S hd-1T 2A
3Lzそんなに無理しなくても・・・というまず回転不足なく降りることが大切ですよ。チャレンジ精神はかっこいいですけど。ただでさえセカンドジャンプが苦手なのに、難しすぎる空中姿勢で後ろに付けるのは彼女にとってはかなりの難題ですよ。この衣装、あっこちゃんと並んで一緒にふしぎなおどりやって欲しいなあ。プログラムとして難度を上げて、彼女としてはもっともっと上に行きたいところなんでしょうね。いろいろ入れたトランジションは曲想を反映していて良かったと思います。

タクタミシェワ
3T-3T so 3Lz 2A tano
ついに型紙からの脱却と思ったらプログラムが戻っていたでござる。ジャンプは3Loが3Lzになっていました。少し待ちがありましたが、マイナスは付かないかな?というレベルですね。プログラムとしては今シーズンのある愛の詩よりも、こちらの方が100倍ぐらい合ってはいると思うので、ジャンプが成功しないのであればこちらの方がPCSで稼げますし戦略としては間違ってない。結局ミーシン組はプルもがっちゃんもタクタミシェワもみーーーんな当初の予定と違うプログラムになりました。PCS辛いなー。トランジションはともかく、もうちょっと出るかと思いました。

メイテ
3T-3T 3F 2A
髪を下ろしたメイテ。初めて見ました。HUUUGEな3-3からスタートでした。ジャンプは全てデカかったです。相変わらずのレイバックスピンがあったものの、自分の得意なものはしっかり見せられた演技だったのではないかと。もっと上手になって!メダルとっちゃっていいのよ。

アシュリー
3F-2T tano 2A 3Lo
ドヤ顔いただきました。オレンジチームの便利なWE LOVE YOUバナーもいただきました。スケアメの時には全然分かりませんでしたが、すごいですねこのプログラム。今までの彼女には無い広いリンクの使い方。次の動きが予想できないような独特な動きですね。音楽はすごく分かりにくいですけど、何回も見ていくうちに魅力を増してきそうなプログラムです。スケアメの時はPCS出過ぎだよなーと感じましたが、今回のスコアぐらい&選手の中ではダントツのプログラムと滑りでした。
Comment:3
2012
11.15

2012-2013 グランプリシリーズ 女子アサイン

http://isu.sportcentric.net/db//files/serve.php?id=3502

11月15日更新

スケートアメリカ
マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
サラ・ヘッケン(ドイツ)
ヴァレンティーナ・マルケイ(イタリア)
今井遥(日本)
アリョーナ・レオノワ(ロシア)
アデリナ・ソトニコワ(ロシア)
ヴィクトリア・ヘルゲソン(スウェーデン)
レイチェル・フラット(アメリカ)
クリスティーナ・ガオ(アメリカ)
アシュリー・ワグナー(アメリカ)

スケートカナダ
アメリー・ラコステ(カナダ)
ケイトリン・オズモンド(カナダ)
エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ(グルジア)
村上佳菜子(日本)
鈴木明子(日本)
クセニア・マカロワ(ロシア)
エリザヴェータ・タクタミシェワ(ロシア)
ポリーナ・シェレペン(ロシア)
グレイシー・ゴールド(アメリカ)
キャロライン・ジャン(アメリカ)

中国杯
アメリー・ラコステ(カナダ)
ビンワー・ジェン(中国)
ジジュン・リー(中国)
イン・ジャン(中国)
キーラ・コルピ(フィンランド)
浅田真央(日本)
ソフィア・ビリュコワ(ロシア)
ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
ヨシ・ヘルゲソン(スウェーデン)
ミライ・ナガス(アメリカ)

ロステレコム杯
キーラ・コルピ(フィンランド)
村上佳菜子(日本)
ヴァレンティーナ・マルケイ(イタリア)
アリョーナ・レオノワ(ロシア)
アデリナ・ソトニコワ(ロシア)
ポリーナ・コロベイニコワ(ロシア)
ヴィクトリア・ヘルゲソン(スウェーデン)
グレイシー・ゴールド(アメリカ)
アグネス・ザワツキー(アメリカ)
キャロライン・ジャン(アメリカ)

エリック・ボンパール杯
エレーナ・グレボワ(エストニア)
レナ・マロコ(フランス)
マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
ジェナ・マッコーケル(イギリス)
ポリーナ・コロベイニコワ(ロシア)
ユリア・リプニツカヤ(ロシア)
エリザヴェータ・タクタミシェワ(ロシア)
ヨシ・ヘルゲソン(スウェーデン)
クリスティーナ・ガオ(アメリカ)
アシュリー・ワグナー(アメリカ)

NHK杯
ジジュン・リー(中国)
エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ(グルジア)
浅田真央(日本)
今井遥(日本)
鈴木明子(日本)
ソフィア・ビリュコワ(ロシア)
クセニア・マカロワ(ロシア)
ミライ・ナガス(アメリカ)
アグネス・ザワツキー(アメリカ)

シズニーはNHK杯を欠場して、ナショナル1本に絞るみたいです。NHK杯の残り1枠は間に合うのか・・・。オズモンドという噂はありますが。
Comment:13
2012
10.28

スケートカナダ 2日目 女子リザルト

感想追記しました。

女子LP
1 Akiko SUZUKI(日本)120.04
2 Kaetlyn OSMOND(カナダ)115.89 PB
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)112.90
4 Kanako MURAKAMI(日本)111.83
5 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)99.72
6 Gracie GOLD(アメリカ)99.38
7 Amelie LACOSTE(カナダ)97.63
8 Caroline ZHANG(アメリカ)96.90
9 Ksenia MAKAROVA(ロシア)95.55
10 Polina SHELEPEN(ロシア)78.11

女子リザルト
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)176.45 PB
2 Akiko SUZUKI(日本)175.16
3 Kanako MURAKAMI(日本)168.04
4 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)168.00
5 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)160.52
6 Ksenia MAKAROVA(ロシア)154.11
7 Gracie GOLD(アメリカ)151.57
8 Amelie LACOSTE(カナダ)151.44
9 Caroline ZHANG(アメリカ)149.87
10 Polina SHELEPEN(ロシア)124.29

シェレペン
3Lz-3Lo、3S-3Tを含んだ5種7トリプル構成。成功すればすさまじい点数を得られますが3Lo以外ほとんど回転不足をとられてしまいました。SPよりもプログラムとしては遥かにこちらの方が良いと思います。と思ったら後半な転調ビックリしました。中盤のあの音楽大好きなのに一気に壊された・・・・・。これだけのジャンプを入れてくるってことは不調ではない(と思いたい)でしょうから、きっと今日が悪かっただけ。そうきっとそう。カナダのリンクが狭いせいさ。シェレペンずっと応援する!

ゴールド
素晴らしい3Lz-3Tからスタートでしたが、3F-1Lo-3Sは入らず。普通ならソロで入れている3Sですから、入れられないとかなりの点数ロスになりますね。3つもジャンプが抜けてしまった&フリップでのeマークは痛いです。完璧にアウトサイドだったので仕方無いのは仕方無いんですが。結構酷い演技を想像していましたが、転倒が無いだけ悲壮感の無い出来。スピンもきちんとレベルとれていますし、滑りも悪く無いです。次戦で力を出して、誰がファイナルに行けるか最終戦まで分からないようにして欲しいです。SPの時より良かった。期待がすごく大きいと思いますが、ジュニアワールドでメダルとってシニアのGPSに出てすぐに結果出せたのって真央、ユナ、タクタミシェワとキャロラインぐらいだと思うんですよね。だから気に病む必要も無いです。

キャロライン
ジャンプの目立ったミスは1Fになってしまったぐらいでした。プラスの大きくとれたエレメンツがコレオシークエンスとレイバックスピンだけというのは点数を重ねていく上で厳しいものがあります。中盤から滑っていなかったですし、ジャンプを降りるよ~という感じだったので、もうちょっとPCSは伸びないかと思っていました。昨シーズンも同じように跳ぶよ~だったので進化が欲しかったです。

ラコステ
綺麗な3Loを降りてからの音ハメトランジションターンからのアクセル素敵(だろうな成功したら)。3Fと得意の3Lo意外は残念ながら失敗。2年連続ピアノだけでのプログラムを滑っていますが、昨シーズンのDon't Cry~よりもこちらの方が良いです。音によく合っていて振付が素晴らしい。今日の出来で7点台は出すぎだとは思いますが、6.75は付けたくなるコレオグラフィーです。衣装をもっと近くで見たい。

タクタミシェワ
既視感のある衣装だと思ったら手袋つけていないだけで前のじゃないですか。鉄板の3Lzさんが。普通に見ると幅も何も変わっていないのに、それからが繋げられないんですね。彼女は助走が要るのでSPでソロジャンプでは入れられませんしね。形の指定無くなったことですし、たまにはリンクの縦使いましょうよ。リンクは縦の方が長いんですよ?狭いところ好むなんて猫じゃないんですから。2Aの前にリンクの端までやってきた時に「おおおおおおおおおおおおおお!!!」ってなりました。印象としては昨シーズンのラテンとそれほど変わらず。衣装も変わっていないので余計に。ジャンプがあまり成功していなかったので、今回は1ミスに抑えられて良かったですね。次戦のエリック杯までは時間がありますし、ファイナルの可能性もこの荒れたGPSなら1位ならもちろん行けますし、2位でもまだ可能性はあるので、ぜひ次に。

あっこちゃん
ジャンプの構成変わりましたね。3Fが2本で3Loは1本に。今度は3Fでeとられたりして。なんだったら1本目の3F危なかったように見えましたもん。ジャンプはそこそこに成功。このプログラムもコレオシークエンス素晴らしいですね。一気にリンクの端から中央の反対サイドへ、さらに端へ、そしてスパイラルっていう。「孔雀は申し訳程度にしか飛べないけど、私は羽ばたいて行くのおおおおおおおおおおおお」的なね。あのコレオシークエンスには+2ですね。昨シーズンとても良くなったキャメルスピンと3Lzがまた元に戻りかけているように見えるので、今一度ブラッシュアップして欲しいです。

佳菜子
3Lz、3Lo、3Fの成功のいつもの流れ。もうここだけは本当にいつも成功するので「今日は調子いいのかなー」って思わせるんですよ。でも後半での回転不足とまた1Aになって3Fよりも低い点数しかもらえなくなってしまうという、こちらもいつもの流れ。ジャンプの回転不足はさておき、良い演技だとは思いますが、あっこちゃんと少ししか違わないPCSがもらえたのにはビックリしました。

マカロワ
マカロワの衣装、芝生の宝石が生えたみたい。この衣装なら黒髪の方が似合っているような気がします。彼女も慢性的な回転不足が今回も出てしまいました。あれだけミスしたのに後半まで全くスピードが落ちずに溌剌としていたのは見事ですが、それもいいけど、せっかくこういうプログラムなので、もっと女性としての味と言いますか、陰陽そういうものも表現して欲しかった。ずーーーっと同じなんですもん。ジャンプの成功等はPCSに反映させないっていうことになっていますけど、エレメンツのGOE基準には音楽表現が入ったり、スケーティングスキルが反映されるんだから、当然その逆のPCS評価がされて然るべきだと思うんです。これはマカロワに対してではなく、ジャッジングシステムに対してね。いや、でもいいプログラムだ。

オズモンド
腹が立つのは彼女の事をポッと出扱いすること。それはあなたがご覧になっていないだけではなくて?っていう。カナダ選手権、世界ジュニア、ネーベルホルンと出ていて、いきなりナショナルSPで首位、3Lz入れられるようになったのか!、ネーベルホルン110点以上出して優勝って、どれか1つぐらいは引っかかるでしょうて。努力してここまで来た選手をそういう扱いって本当に嫌です。
得意のフリップにe、ルッツにもeがついて転倒。3Tも少しミスが出ましたが、大きなジャンプを見せてくれました。SPの時と同じように工夫を凝らしたエレメンツ、豊富なトランジション、リンキングフットワーク素晴らしいです。実績が無いためにPCSが出過ぎた感は否めませんし、9点台はありえないですけど、それでも全体2番目っていう評価に対してはこの演技を見ればおおむね納得は出来ると思います。地元のアドバンテージといえど、全体で0.2ぐらいずつでしょう。正直NHK杯や国別の方がもっときな臭いですよ。点数についてとやかく言うのは良いけれど、また他のファンを馬鹿にしたりとか、そういうことするのは下品だから止めなさい。いい大人でしょう。

ゲデ子
ゲデ子がなんですくんみたいな動きしているように見えてきました。やっぱり同じコーチだと似てくるものなのでしょう。得点源の3Lzを両方失敗しましたが、2A-3Tを入れられるようになって良かった。3Lz-3Tはリスク高いですもん。それとも3Lz-3T失敗のリカバリー用?ルッツがシングルになったために3Tを単独で入れられたのでしょうが、本来はなんでしょうね。3F?ジャンプミスがかなり出ましたが彼女も上手になっているようで嬉しい。表彰台はNHK杯で乗れば良いんですよ。うんうん。

荒れた展開になりましたが、みんな上手くなっている感じはします。
オズモンドはナショナルまで演技が見られないのでしょうか。国際Bでもう1回ぐらい見たいですけど、エントリーはもう締め切っていますかね?

地味に嬉しいのがe持ちでもみんな3Lz入れていること。アカレンジャールッツは必要不可欠ナノデース。
Comment:7
2012
10.27

スケートカナダ 1日目 女子SP

ヴァンガードって全大会スポンサーなのか?

女子SP
1 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)60.80
2 Kaetlyn OSMOND(カナダ)60.56 PB
3 Ksenia MAKAROVA(ロシア)58.56
4 Kanako MURAKAMI(日本)56.21
5 Akiko SUZUKI(日本)55.12
6 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)55.10
7 Amelie LACOSTE(カナダ)53.81
8 Caroline ZHANG(アメリカ)52.97
9 Gracie GOLD(アメリカ)52.19
10 Polina SHELEPEN(ロシア)46.18

オズモンド
3T-3T 3F 2A
ミスの無いクリーンプログラムでした。ジャンプの高さもちろん素晴らしいですが、このプログラムの表現、そして何より豊富なトランジション。ただ滑っているっていうところがほとんど無いんです。イーグル入れたり、レイバックの前にはウィンドミルして入ったり、イナバウアーしたり、レイバックスピンからのトランジションのステップも音楽表現がしっかりしていて素晴らしい。今回の演技は地元だから点数が出たというわけではなく、本当に良い演技だったから評価されたと思います。昨シーズン入れ始めた3Lzも今では3Lz-3Tを練習では降りているので、それも入れられるようになったらさらにすごいことになりますね。

ゴールド
3F-3T so 3Lz shaky 2A fall
全てのジャンプでミスがありました。彼女はジャンプの成功ありきというところもあるのでね。美人ですけど、美人止まりで終わるにはもったいない選手。ジャンプだけではない魅力も身につけて欲しいところ。少し体も大きくなったでしょうか。

キャロライン
3Lo-2T 3F 2A
少しお肉がついてしまったかもしれませんね。ジャンプにミスはありませんでした。でも、3Fはコネクティングステップからととってもらえなさそうです。3Lo-3Loも予定していたとは思いますが確実な戦略で。スピンはいつもよりスピード無かったです。2シーズン目のプログラムで、もうジャンプを跳べればいいというところは過ぎたので、やはり滑りですね。リンキングフットワークも弱い。それがPCSの方にも出ていますよね。因縁のスケカナ。3点台をつけられたスケカナ。

シェレペン
3Lz-3T fall 2A 3Lo fall
2つのジャンプで転倒。スパイラルから3Loまでの軌道をもう少し短くできればなあと思います。そこからすぐにスリーターンに入って3Loをやると思ったら、余計な助走が。シーズン早々にプログラムを変更したわけですが、個人的には失敗だと思います。彼女のヌーーーーっとした動きの滑りにラテンの歯切れの良さは表現しにくいと思います。シュピルバンドいますけど、振付に関わっているのでしょうか?それとも滑り?だとしたら、頼んだシュピル。

タクタミシェワ
3T-3T fall 3Lo 2A
どうしてこうも中の方中の方に入ろうとしてしまうのか。彼女の滑りであればもっとリンクを広く使っても大丈夫でしょうに。せっかくの好評価のスケーティングスキルと相殺されちゃってますもん。3Loから同じところをぐーるぐーると。音楽表現は良かったと思いますし、影のある彼女の雰囲気にマッチしていたとは思います。

ラコステ
2A 3F fall 3Lo-2Lo
ワニステさんの肌の色にブロンドは似合わないのよ。転倒はありましたが、彼女の持ち味の滑りは出ていました。雰囲気も良かったと思います。何よりテンプレと化していた3Lz→1Lzが無かったのが点数に結びつきました。肌の色にマッチさせた見事な襦袢です。さすがキャナダ。

マカロワ
3T-3T 3Lo A
せっかく2つ綺麗に降りたのにノーバリューのアクセルを。プログラムは昨シーズンから引き続きアベさんの素敵なプログラム。LPも素敵なくらーーーいアベさんのプログラム。2Aが入らなかったので3.3点+ぐらいは失ってしまいますが、良い滑りでした。マカロワ史上最も暗い真っ黒な髪。この色にすることによって未亡人感UP。ただ衣装には合っていないんです。だからもっと衣装のトーンも落としていただきたい。

ゲデ子
3Lz-3T 3S 2A
衣装で見えないところは痛々しいテーピングがあるゲデ子。ここ最近に限ったことではなく、彼女はずっとそのバッリバリのテーピングを肩にしています。だから転倒でもして腕を付いてしまうのが怖いです。綺麗な3Lz-3Tの成功を含めジャンプは久しぶりのノーミス。フライングシットすごいですね。シット姿勢であれだけ安定させて、しかも体を固まらせて横を向くって。やっぱり柔軟性は健在でした。回転もここ数シーズンで一番安定しています。とてもとても良い演技でした。いつもの彼女とは違う静かな曲でのこの表現、良いですね。良いですよベテランゲデ子。

佳菜子
2A 3T-3T 3F df
StSq 2A FCSp 3T-3T CCoSp 3F LSpというエレメンツの順番の変わったプログラムです。ジャンプをポンポーンと跳ぶプログラムでは無く、もちろんそれは後半のボーナス狙いということもありますが、これだけ散らしての配置というのは珍しい。作品の中に1つのムーブメントとしてジャンプを入れたような構成でとても好感が持てます。これはコレオグラフィーに7点台が出て然るべきかと。

あっこちゃん
3T-3T df 3Lz 2A
セカンドが両足になりましたが、課題の3Lzは降りました。後ろ向きのハイドロブレーディンクかっこよすぎ。キャメルスピンはね・・・・・がんばれ。レイバックスピンからシュッと出ての振付はすごくかっこよかった。溌剌としたステップも良かった。最後までスタミナも途切れませんでした。NHK杯では手拍子祭りでしょうか。そしてステップのところで付いていけないなりますね。

ゲデ子は3-3のセカンドがアンダーローテーションだったんですね。63点ぐらいは出るだろうと思っていたので、これで納得です。オズモンドはマイナスのGOEが1つもありませんでした。すごい。佳菜子はセカンド3Tがアンダーローテーション、3Fがダウングレード。あっこちゃんはセカンド3Tがダウングレード、3Lzにeという評価を下されました。

先週は何だったの?っていう4人にステップレベル4でした。パネルありきですねやっぱり。

ゲデ子は未だにGPSでメダルを獲得したことがありません。今までの最高成績が5位です。ぜひ彼女には今回、何が何でもメダルを獲得してもらいたいです。こんなにガリガリになるまでがんばっているんですから、そろそろ彼女にご褒美を。3Lz降りられますように。3Sも3Tも。入れるなら3Fも。もちろん2Aも。スピンブレなく、スタンブルなく。祈願!
Comment:2
back-to-top