FC2ブログ
2020
02.13

美少女戦士セーラームーン Prism On Ice キャスト発表

http://sailormoon-official.com/information/_prism_on_ice.php

セーラームーンアイスショーのキャストが発表されました。

キャスト
セーラームーン/月野うさぎ:エフゲーニャ・メドベージェワ
セーラーマーキュリー/水野亜美:宮原知子
セーラーマーズ/火野レイ:ミライ・ナガス
セーラージュピター/木野まこと:アリッサ・シズニー
セーラーヴィーナス/愛野美奈子:ベッキー・ベレスウィル

タキシード仮面/地場衛:アンドリュー・ポジェ

クンツァイト:ジェイソン・ブラウン
ジェダイト:無良崇人
ネフライト:ディラン・モスコビッチ
ゾイサイト:橋本誠也

クイン・ベリル:坂槙眞三子

アンサンブルスケーター:中野耀司、松村成、小林宏一、吉野晃平、河野有香、伊藤高菜

特別ゲスト出演:カート・ブラウニング

特別出演
クイン・セレニティ:ANZA

声の出演
セーラームーン/月野うさぎ:三石琴乃
セーラーマーキュリー/水野亜美:金元寿子
セーラーマーズ/火野レイ:佐藤利奈
セーラージュピター/木野まこと:小清水亜美
セーラーヴィーナス/愛野美奈子:伊藤静

スタッフ
脚本:平光琢也
振付:佐藤有香、ベンジー・シュウィマー
音楽:小坂明子、月蝕會議

まずセーラー戦士のキャスティングは完璧じゃないですかね。知性の戦士マーキュリーが宮原で、愛と美貌の戦士ヴィーナスがベレスウィル。ナイスキャスティングですね、メドベージェワ、ミライ、シズニーもいいですね。まさかこんなにちゃんとしたキャスティングになるなんて思っていませんでした。メドベがセーラームーンの曲滑るだけのショーじゃなかったのね。

ブラウンがクンツァイト様。ここが一番想像できません。橋本くんはゾイゾイ言うのかな。

特別出演のANZAさんはミュージカルセーラームーンの初代セーラームーン役でした。彼女がセーラームーンをやっていた時代のミュージカルを小学生時代にVHSで500回ぐらい観ていました。自分の大好きな物同士が交わるなんてとても嬉しいです。脚本はミュージカルセーラームーンを担当されていた方ですし、"あなた"でおなじみ小坂明子さんもミュージカルの作曲を担当されていました。声は声優さんが当てるみたいなので、ストーリー仕立てになるんですかね。とてもおもしろそうです。
2019
11.17

ロステレコム杯 2日目 女子リザルト

女子も生放送すると思ってたのにおっさんずラブやってる。

女子LP
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)160.26
2 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)148.83
3 Mariah BELL(アメリカ)138.56
4 Satoko MIYAHARA(日本)129.33
5 Yuhana YOKOI(日本)126.17
6 Ekaterina RYABOVA(アゼルバイジャン)123.76 PB
7 Hongyi CHEN(中国)118.60 PB
8 Nicole SCHOTT(ドイツ)114.79 PB
9 Alexia PAGANINI(スイス)114.57
10 Yuna SHIRAIWA(日本)109.46
11 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)102.58
12 Emmi PELTONEN(フィンランド)100.04

女子リザルト
Alexandra TRUSOVA(ロシア)234.47
2 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)225.76 PB
3 Mariah BELL(アメリカ)205.67
4 Satoko MIYAHARA(日本)192.42
5 Ekaterina RYABOVA(アゼルバイジャン)187.77 PB
6 Yuhana YOKOI(日本)182.68
7 Alexia PAGANINI(スイス)179.69
8 Hongyi CHEN(中国)175.77 PB
9 Nicole SCHOTT(ドイツ)172.08
10 Yuna SHIRAIWA(日本)170.03
11 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)156.94
12 Emmi PELTONEN(フィンランド)152.50

ゆは菜
2A 3Lz 3Lo fall 3F 3S-3T 3Lz-2T 2A-3T-2T
ステップシークエンスでレベルを取るためのターンが、女性の心の揺れ動きを表現しているように見えるよ姐さん。このオペラ座ではジャンプも表現のための重要なピースとなっているので、転倒1つあるものの、彼女の持ち味は見せられたのではないかと思います。全日本ではSPノーミスお願いします。SPのコンボ失敗しない呪いかけときますんで。キスクラで120点と点数予想していました。回転不足もないし高い点数出ますね。

コンスタンティノワ
3Lo 3F-3T 3Lz df 2A-1Eu-2S shaky 2Lz 3F df 2A
そういえば友野とコンスタ2大会とも派遣が被ってるのね。ムーランルージュコンビだ。3Loはよかったです。回転不足のジャンプが目立ちました。エッジを倒して滑ろうという意思は見えますが、前ほど進まないです。最後はレイバックスピンを失敗してフィニッシュ。ううむ。

ペルトネン
3T-2T 1Lz 2A-1Eu-3S 1Lo 3Lo-2T 3T so 1A
たくさん抜けました。3T-3Tの予定を3T-2Tにしたので後半の3Fを3Tに変更。それでもステップアウトという。スケーティングだけめちゃくちゃきれいで逆に悲しい。ジャンプが決まれば130点なんて軽々と出せるのに。

ホンイー
3T-3T 2A-1Eu-3S 3Lo 3Lz-2T 3Lz 3F 2A
後半のルッツフリップゾーンはスケーティングが伸びないと、まだ表現面で苦しそうには思うのですが、ジャンプを予定通りに着氷できてよかった。TESは速報から8点ほど下がりましたが、高いスコアではありますし、これを自信に繋げてもらいたいです。

ショット
3F-2T 2A 3F 3Lo-1Lo 3Lo 3S-2T-2Lo 2A
僕のお気に入りのアジアまぜまぜプロ。2Aの流れからそのまま3Fの助走に向かうのがをかし。雄大なボディムーブメントに気を取られていると、いつの間にか宋行きの船に乗って中国に辿り着いてしまうの、てらわろす。3Lo-2Loのセカンドが抜けたぐらいで、きれいな演技を見せてくれました。コレオシークエンスでフラついたので加点は渋めでした。最後までがんばれー。

白岩
3Lz 3S-3T so 3F so 2A 2A-3T so 3S-1Eu-2S 3Lo
まだセカンドトリプルを回りきるのは難しそうです。昨シーズンから、彼女はリンクを広く使って滑ることと、ステップシークエンスでエッジを倒して滑ることへの意識が強くなったと思います。ジャンプは戻せていないけれど、そこは今回の演技でも感じられました。ステップシークエンスの表現もよかったです。あと彼女の選曲は僕の好みを押さえているので、それも素晴らしいです。

宮原
2A 3Lz-3T 3Lo 3S 3F fall 3Lz 2A-3T-2T shaky
2A着氷後の空気の締め方だったり、3S着氷後の手の表現だったり、ジャンプの難易度や高さで勝負できないなら工夫でPCS稼いだろうやんけ!という気概を感じました。3Fで3連続を付けられなかった分は最後に持ってきました。着氷は危かったですが、手を突き上げる振付で失敗していないフリをして誤魔化しました。今日のレイバックスピンの軸は大丈夫です。回転不足で速報から8点下がりました。

パガニーニ
3Lz-3T 3Lz 3S so 2A 3Lo-2T-2Lo 3T-2T A
最高のスタートを切れたのですがね。基礎点の低いジャンプで失敗がありました。前の宮原がミスありで高いPCSを出したので、ノーミスで滑れな高い点数が出やすい土台がありましたのに。ロステレコム杯のLPは2年続けてパガニーニさんの前に立ちはだかるのであった。

リャボワ
3Lz-3T 3Lo 3F 3S 2A 2A-3T 3Lz-2T-2T
火曜サスペンスゴッドファーザーといった風合いの女性ボーカル。マートンだけで終わると思ったのにネタ音源を2つ重ねてくるとはなかなかやりおる。1本目の2Aにコンボを付ける予定でしたが、回りすぎて付けられなかったように見えました。

メドベージェワ
3Lz 3S-3Lo 3F 2A 2A-3T-2T 3F-2T 3Lo
ルナバナーは笑う。それティッシュ入れや。メドベージェワらしい滑りが観られました。少女から大人への成長、まさに今のメドベージェワの状態を投影したかのような演技でした。2A-3T-2Tで曲が変わりますが、ここで一気に深みのある大人の表現に一変するんですね。それをジャンプでも醸し出せています。3Lzのエッジさえどうにかなれば150点に乗せられます。

ベルたそ
3F-3T shaky 3Lo 3S 2A 3F-2T 3Lz-2T 3Lz
さっきリトヴィンツェフでハレルヤ聞いたぞ!今回曲被り多いぞ!前半のジャンプでGOE積みきれなかったのと3連続が入らなかったぐらいで、後半はミスをする気配がまったくなかったです。ボーカルの強弱に滑りを呼応させる姿にうっとりしました。コレオシークエンスのアラベスクスパイラルの後にインアウトでチェンジエッジするところなんて「ああん……」って世界一キモい声出してしまいましたもん。2大会連続で表彰台という最高のシリーズになりました。

トゥルソワ
4S fall 4Lz 4T-3T 2A 4T-1Eu-3S 3Lz-3Lo fall 3Lz
2回コケても3Lz-3Loの時点でメドベのTESを超えてしまう化け物構成。4回転あと2本コケてもTESで上回れそうです。やっていることが別次元なのでそりゃ勝ちます!トゥルソワにはルッツのエッジエラーはありません。フリップにも1回アテンションが付いたことあるだけですし、付け入る隙がないのである。

メドベージェワの大幅な失点は3Lzのeマークでした。宮原は厳しいパネルならザクザク刺されるだろうと予想していましたが、特に厳しくない今回でも5つアンダーローテーションがありました。全日本選手権までに修正できますように。

シェルバコワに続きトゥルソワもGPF進出を確定させました。来週はフランス国際優勝のコストルナヤ、スケカナ2位の紀平、フランス国際2位のザギトワが出場します。

サモドゥロワ・ウンス・アンドリューズの3人は優勝のみGPF進出できます。コストルナヤは5位でもGPF出場が確定します。紀平とザギトワは3位以内で確定。4位でもコストルナヤが優勝すれば紀平は173.28以上、ザギトワは187.54以上で宮原の合計得点を上回れるのでGPF進出が可能です。波乱が起きなければ残り4枠はコストルナヤ、紀平、ザギトワ、テネルとなるはずです。次点は宮原、ベルたそ、リーザかな。
2019
11.16

ロステレコム杯 1日目 女子SP

女子SP
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)76.93 PB
2 Alexandra TRUSOVA(ロシア)74.21
3 Mariah BELL(アメリカ)67.11
4 Alexia PAGANINI(スイス)65.12
5 Ekaterina RYABOVA(アゼルバイジャン)64.01 PB
6 Satoko MIYAHARA(日本)63.09
7 Yuna SHIRAIWA(日本)60.57
8 Nicole SCHOTT(ドイツ)57.29
9 Hongyi CHEN(中国)57.17
10 Yuhana YOKOI(日本)56.51
11 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)54.36
12 Emmi PELTONEN(フィンランド)52.46

ペルトネン
3T-3T fall 1Lo 2A
煌めく美貌。先週ボルボオープンに出て今週でシーズン2戦目ですまだまだ序盤モードなのです。ヴィヴェカもトゥルヴェルもおらず、フィンランド勢はトップチームが心配です。軸迷子の3Tから軸迷子の3Tで転倒。3Loの抜けはフィン女子の定番です。みんな得意だけど抜けます。滑りは相変わらず美しいのですが、音楽には合っておらず、ただ美しいだけでした。いつものペルトネンさんじゃない。

ホンイー
3T-3T 3Lz so 2A
シニカツと同じ連戦。つまり今週もズーリンに聞こえているはず。さあズーリンにG線上のアリアを振付してもらおう。3Lz-3Tを回避した構成ですが、それも不発に終わりました。ステップシークエンスで手足を伸ばしてグングン進む感じは女神感あって素敵なのですが、前半は淡々とエレメンツがこなされるだけなのがなあ。

ゆは菜
3F fall 2A 3Lz-2T
あああああああああああああああああああああああああSPうううううううううううううううううううううううううなんでえええええええええええええ!6分練習から表情がガチガチガチンスキーで明らかに緊張していましたが、それが演技に出てしまったでしょうか。演技前に先生に顔引っ張ってもらったのにそれでも硬かった。

ショット
3T-3T hd 2A 3Lo
いつもロステレコムにいる気がするよショットさん。タめちゃくちゃ悪いというわけでもなくまずまずの出来でした。ショットさんはLPの日中混合プロがいいんですよ。クセになります。

リャボワ
3Lz-3T 2A 3F
気だるいロクサーヌ。サモドゥロワのこういった選曲はあまり滑りこなせていなかったけれど、リャボワさんは意外と板についていますね。芸風幅広い系女子に成長してください。ジャンプもよく決めました。

パガニーニ
3Lz-3T 3Lo 2A
公務員のようにきっちりとしたジャズ。ステップシークエンスでは相変わらずだけど、それ以外の部分では和らいできたかも。演技を終えるとすぐに真顔になるところは変わらないです。SPはいい演技が多いので、LPをまとめられるかです。パガニーニさん本日が誕生日だそうです。自分で自分にプレゼント。

トゥルソワ
2A 3F 3Lz-3T
スタート位置に着く前に転倒して観客とコーチの笑いを誘いました。3Lz-3Loを3Lz-3Tにしたのはファーストがあまりよくなかったからでしょうか。衣装チェンジが地味なので中国杯に派遣だったら歓声受けられないところでした。ロステレコム派遣でよかった。フライングキャメルの入りもイマイチで、完璧とは言えない出来でした。ネームバリューもありますし、大きな影響とは言えないですね。

白岩
3Lz so 2A 3Lo-2T
3Lzがステップアウトなので3Loの後ろにコンボを持ってきました。ラスト2つのスピンの後にピョコピョコ跳ねるのがかわいい。僕はネオクラと下手なボーカル曲に飽きているので、クラシックを爽やかに滑ってくれるだけで嬉しいのです。ありがたやありがたや。

コンスタンティノワ
2A 3Lz fall 3F-2T
2Aは本当によかった。3Lzは回転は足りたけど転倒、3Fは降りたけど回転不足。3回転ジャンプを降りようとすると回転不足にせざるを得ない八方ふさがりの状況。スピンでも失敗しましたし、うーん。3F普通に足りないと思うのですが判定はOKでした。ほお。

メドベージェワ
3F-3T 2A 3Lo
3本ともきっちり成功させました。2Aはかなり慎重な入りでしたが軸が迷子になることなくクリーンに収めています。中盤の2つのスピンはあんまりよくなかったですが、たくさん加点をもらえました。彼女ならもっといいスピンが回れると思います。リンクに上がる際に、オーサーに「Finally(ついに)」と言っていたので、本人も満足な出来だったのでしょう。SPは冒険せずに完成度を高める方がいいですね。3LzさんはLPまでおとなしくしておいて。

ベルたそ
2A 3F-3T fall 3Lz
トゥルソワのときには手拍子上手だったのに、ベルたそになると急に下手になりました。やはり日本人とロシア人のスキルには差を感じます。セカンドジャンプで転倒しましたが、PCSで踏み止まっています。そしてかわいい。

宮原
2Lz df 2A 3Lo-2T
まさかまさかの3Lz抜けでノーバリュー。3Loで足が固まらなくなる呪いをかけるのに集中して3Lzのことを忘れていました。3Loまでの助走は「知子しっかりエッジに乗って滑ってるんやで」アピールで、PCSを出すようにジャッジに圧力をかけているのでしょう。いいよー。レイバックスピンはちょいトラベリングだったので加点がイマイチでした。

GPF進出の可能性があるのはトゥルソワ、宮原、ベルたそ、メドベージェワの4人です。メドベージェワは優勝かつ宮原4位以下、ベルたそ3位以下という厳しい条件が必要です。宮原は3位以内は絶対入りたいところです。
2019
10.27

スケートカナダ 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)166.62 PB
2 Rika KIHIRA(日本)148.98
3 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)146.73
4 Young YOU(韓国)139.27
5 Bradie TENNELL(アメリカ)138.39
6 Marin HONDA(日本)120.06
7 Yelim KIM(韓国)115.70
8 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)113.34
9 Alexia PAGANINI(スイス)105.52
10 Alicia PINEAULT(カナダ)103.78
11 Gabrielle DALEMAN(カナダ)100.40
12 Veronik MALLET(カナダ)95.89

女子リザルト
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)241.02 PB
2 Rika KIHIRA(日本)230.33
3 Young YOU(韓国)217.49 PB
4 Bradie TENNELL(アメリカ)211.31
5 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)209.62
6 Marin HONDA(日本)179.26
7 Yelim KIM(韓国)176.93
8 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)175.97
9 Alexia PAGANINI(スイス)166.20
10 Gabrielle DALEMAN(カナダ)164.34
11 Alicia PINEAULT(カナダ)161.37 PB
12 Veronik MALLET(カナダ)147.79

マレ
3F fall 3T-2T 3Lo fall 2S 3T 2A-2T 2A
3Tと2Aしか決まらなかったです。連戦は難しかったですね。ベテランですし、ここからはカナダ選手権に向けてマイペースに調整してくれればと思います。

真凜
3F 3F-2T 3S 2A 3Lo 2A-1Eu-2S 3T shaky-2T
サポーターを巻いての演技です。3Lzやセカンドトリプルを回避したので基礎点はかなり落ちますが、少し着氷の乱れた3T-2T以外はきっちり着氷しました。最後のコンビネーションスピンはノーバリューになっています。彼女の予定は足換えコンボ、フライングシット、レイバックだったので、最後のレイバックを回転しないと単一姿勢のスピンがないと判定されるためです。フライングシットは別の必須要素なので、単一姿勢とは判定してもらえません。ジャンプ構成を落とすことで彼女本来の華やかな演技を堪能できました。真凜の良さってこういうところだったよなーーー最近楽しんで演技できてなかったよなーーーって。

ピノー
3Lz 2A-3T 3Lo-2T 2T 3Lo so 3S 2A-1Eu-2S
Womanがちょくちょく使われるようになったのはフルソレが使ってからですかね?ジャンプの出来によってはどんよりした雰囲気になってしまうかもしれないのにチャレンジャーだなあ。

パガニーニ
3Lz fall 3Lz-3T 3S so 2A 3Lo shaky 3T-2T 2A
タンゴジェラシーなのにジェラってないですね。"33歳独身司書、毎日職場との往復。これといって不満はないけど、何か変えたいと思ってダンス教室に通い始めました"みたいなんですよ。動きが生真面目過ぎるんです。いっそ笑顔で楽しく滑ってくれれば、男にジェラシー抱かせる奔放な女性に見えるのに。

サハノヴィッチ
3F 2A 3Lz 1A 3S hd 3F-2T-2T 3Lo shaky
3Fと3Sに3Tのコンビネーションが付けられずじまいでした。どうにかリカバリーしようと気持ちが急いて、それが演技にも出ていました。ロシア女子は結果を残さないと次の派遣に結び付かないので、一戦一戦がサバイバルです。こんなんじゃ試合楽しめないですね。

イェリム
3Lz shaky 2A-3T 3F fall 3Lo 2A 3Lz-2T-2Lo 3S
背が伸びているのがジャンプに影響しているのでしょうね。美しい旋律の曲だと、韓国女子特有の滑らないスケーティングが露わになってしまう。でもスケーティングスキルの評価高い。

デールマン
3T-3T so 3Lz 3Lo shaky 3F fall 3Lz df-2T 3S fall 2A
衣装と肌が一体化した衣装じゃなくなった!ジャンプが決まらなかったのとステップシークエンスでも転倒がありました。でも悲壮感はありません。彼女自身が今の状況を理解して試合に出ているように思えるので。だから応援し続けるのみです。

メドベージェワ
3Lz 3S-3Lo 3F 2A 2A-3T-2T 3F-2T 3Lo
意地を見せました。細かいミスはあったし、復活を待っているジャッジの期待値込みの加点なんだろうなーと思いますが、予定構成通り降りられてよかったです。アイスダンスでの冷たさが嘘だったかのように観客がメドベージェワには優しい。カナダで練習しているからなの?そうなの?

テネル
3Lz-3T 2A 3S 2A 3Lz-3T 3F so 3Lo-2T
今週は無事に3Lz-3Tの表示になりました。回転は足りなかったですけどね。3連続予定の3Fがステップアウトになり、3Loを急ぎ足で踏み切って2Tを付けました。直後にコレオシークエンスなので、3連続にする余裕はなかったです。怪我明けで4週間の間に3戦もお疲れさんです。

ヨンユー
3A fall 3Lz-3T 3Lo 3Lz-1Eu-3S 2A-3T 3F 2A
3Aは転倒ですが迫力はありました。残るジャンプは加点を得て着氷できたのでカバーできています。3A成功できれば147点ぐらいはいけそうです。終盤は結構ワイルドに漕いでいますが、野心に満ちたエビータっぽくはあるのでキャラクターを演じることには成功しています。表彰台が決まりました。韓国のメディアちゃんと取り上げてやれよ。

トゥルソワ
4S fall 4Lz 4T-3T 2A 4T-1Eu-3S 3Lz-3Lo 3Lz
転倒1回でTES100億万点wwwwwwwwwwwwwうはっwwwwwwww人類の女子では勝てませぬぞwwwwwwwもちろんLPも総合スコアも歴代最高です。PCSの出方はさておき、彼女はルールの範囲内で許されているジャンプを跳んでいるわけですからまったく問題ありません。勝者こそが正義なのですよ。

紀平
3A so 3A-2T 3F 3S 3F-3T 2A-2T-2Lo 3Lo
2本目の3Aよく降りた!これを決めたのが銀メダル確保に繋がりました。動きはだいぶ板についてきましたが、滑りながら表現できるという領域までには、まだ到達していないように思いました。本当に難しいプログラムです。

トゥルソワは転倒とレベルの取りこぼしがありました。ノーミスなら175出せます。来週はコストルナヤさんとザギトワさんが暴れてくれるでしょう。
2019
10.26

スケートカナダ 1日目 女子SP

女子SP
1 Rika KIHIRA(日本)81.35
2 Young YOU(韓国)78.22 PB
3 Alexandra TRUSOVA(ロシア)74.40
4 Bradie TENNELL(アメリカ)72.92
5 Gabrielle DALEMAN(カナダ)63.94
6 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)62.89
7 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)62.63
8 Yelim KIM(韓国)61.23
9 Alexia PAGANINI(スイス)60.68
10 Marin HONDA(日本)59.20
11 Alicia PINEAULT(カナダ)57.59
12 Veronik MALLET(カナダ)51.90

サハノヴィッチ
3F-3T so 2A 3Lz
サハノヴィッチも今シーズンで20歳になります。大人になりました。体の変化は完全に止まり、スリムながらも健康的な見た目です。ジャンプにはタノなしでもいい気がしますけど、入れなきゃいかんのか。

ピノー
3T-3T 3Lo 2A
ジャンプは好調でした。この調子でカナダ1番手まで上り詰めるかもしれません。ジャンプを余韻たっぷりに降りたので、女性的なプログラムかと思ったのですが、ステップシークエンスで若干エアロビクス成分を帯びていました。カナダ女子伝統の筋肉を受け継いでいますね。衣装がとても素敵でした。スカートにもう少し工夫があれば完璧だった。

マレ
3F shaky 3T-2T 2A
3Fは回転不足で降りたのでコンビネーションを付けられずに次へ。3Tでリカバリーしました。連戦組お疲れさまです。

ヨンユー
3A 3Lz-3T 3F
地味なあずき色衣装なのにキラキラ&ヒラヒラがふんだんで、スカート丈も絶妙です。これは衣装GOE+5差し上げます。いい仕事してますねえ。3A見事に着氷しました。ジャンプだけの選手ではなく、昨シーズン大幅に上達した表現面であったり、改善されたリンクカバーで、ロミジュリをドラマティックに演じました。これが伸び盛りというものなのですね。SP・LP合計220点が見えてきました。実力で日本勢と渡り合えます。

真凜
3Lo-3T 2F 2A
3Lo-3Tはセカンドジャンプの回転が足りていません。6分練習ではいいものを降りられていたのですけどね。交通事故で首と足を負傷したので、滑るので精いっぱいぐらいの苦しい演技を予想していましたが、悪くはなかったです。くれぐれも無理はしないでほしいです。

デールマン
2A 3T-3T 3F shaky
3T-3Tは完璧な着氷の伸びとはいきませんが、十分に加点を得られる質でした。スケーティングも戻ってはいないけれど、今彼女に出せるものを出し切れた演技だと思います。さて問題は4分間体力が持つかですね。

パガニーニ
3Lz-3T 3Lo 2A
体勢を崩した3Lzから3Tに繋げてプラスの質にもっていけました。ジャンプ偏重のプログラムではなく、前半部分はバランスがよかったです。むしろスピン・ステップの方がエレメンツに集中して表現できていなかったように思いました。

トゥルソワ
2A 3F 3Lz-3Lo
衣装チェンジが自然すぎて歓声が上がらない。衣装チェンジは分かりやすくやろう!レベルの取りこぼしや、少し前のめった3Fも見られ完璧ではないにせよ、SPでリードを奪って逃げきりたい選手たちの希望を打ち砕くには十分な演技でした。

イェリム
3Lz-3T 3Lo 2A
背が伸びてかっこよくなりました。昨シーズンまでは、軽さでジャンプを降りて全体の完成度で勝負するタイプでした。そんな彼女が情感を込めて演じられるようになりました。ジュニアも含めて韓国女子始まってますね。

メドベージェワ
3F-3T 2A so 3Lz fall
2Aはステップアウト。3Lzはフラットな踏み切りで、回転不足の上に転倒となりました。そのはずみでフェンスに衝突し、後ろのスピンにも影響がありました。地団太を踏んで自分に怒っていました。

テネル
3Lz-3T 2A 3F
先週3Lz-3Tを3Lz-2Tとコールされてしまった気の毒なテネルさん。今週は間違われないことを願うばかりです。3Lz-3Tは高さがそれほど出ず、セカンドジャンプの回転が不足していました。テネルには連戦の疲れは見られませんでした。

紀平
3A 3F-3T 3Lo
羽生応援団のおかげでカナダ勢よりもホームの雰囲気で演技に臨みました。理想的な3Aで演技がスタート。ジャンプはノーミスです。フライングキャメルでのトラベリングはもったいなかったですし、レイバックスピンも本来ならもっと回転軸が美しいはずです。スピンではもっと点数取れそうです。ボーカルに合わせてよく体が動いていました。難しい選曲でしたが、GPSに見事に間に合わせました。

紀平は3Lz抜きの構成だとノーミスで150前後出せます。トゥルソワはノーミスだと165は出せるので、SPの点差は逆転できます。ヨンユーは当然表彰台を狙っているでしょうし、テネルは2位以内でGPFに近づきたいでしょう。LPもおもしろくなりそうです。
back-to-top