FC2ブログ
2015
12.15

イリーナ・シュトルク&タービ・ランド 引退

http://sport.delfi.ee/news/suusatamine/eesti/ullatus-iluuisutajad-irina-stork-ja-taavi-rand-lopetavad-tippspordi-karjaari?id=73162681

本当に引退なのかな?と思いニュース検索をかけてみましたら、そうでした。イリーナ・シュトルクタービ・ランドが、競技から退くことになりました。9月末に話し合いを始めて、2ヵ月半後、引退するという決断に至ったと書いてありました。

2人の名前が広まったのは、お兄ちゃんとマロリーちゃんが国籍の問題でバンクーバーオリンピックに出られなくて、彼らに枠が回ってきたとき。ジュニアの大会ばかりに出ていて、急にシニアの放り込まれ、難しいタンゴロマンテカを滑り、ODでもFDでも心配になる滑りをして、日本中のダンスファンをヒヤヒヤさせました。ジュニアグランプリでメダルを取ったときは、上手になってよかったなあ・・・・・と誰もが思ったことでしょう。でもやはり、見るたびにヒヤヒヤはさせてくれる、ユーロとワールドのヒヤヒヤ担当。ワールドはFD進出ラインの上なので、そういう意味でもヒヤヒヤ担当でした。そんな2人も22歳と23歳。引退セレモニーで滑った最後のTime to say goodbye。シュトルクは演技の最後、涙を浮かべておりました。弟はいつものような、空気の抜けたような笑顔でした。

その功績を称え、名誉ヒヤヒヤを贈呈いたします。もう「おい、弟しっかりしろや!」を言うことも無くなります。
2014
12.21

国内選手権ウィーク 12月21日

地獄も今日で終わり。中途半端に更新が止まれば、こらまたネットの問題。

イタリア
女子リザルト
1 Giada RUSSO ITA 162.42
2 Roberta RODEGHIERO ITA 141.55
3 Micol CRISTINI ITA 141.14
4 Sara CASELLA ITA 138.11
5 Chiara CALDERONE ITA 133.57
6 Sara FALOTICO ITA 128.83
7 Guia Maria TAGLIAPIETRA ITA 126.12
8 Ilaria NOGARO ITA 123.79
9 Carol BRESSANUTTI ITA 119.49
10 Bogdana SEMYRYAZHKO ITA 113.12
11 Briley PIZZELANTI ITA 109.40
12 Naomi DE SIMONE ITA 93.91
13 Martina ZOLA ITA 91.50
14 Elettra Maria OLIVOTTO ITA 85.09
15 Alice LUCCISANO ITA 81.01
16 Mariangela CASSETTA ITA 79.79

新しいイタリアのチャンピオンはジャダ・ルッソさんになりました。彼女はループまでの選手ですが、大きなミスをせず、ジャンプも抜けがなかったというのが大きいです。コンボもしっかり-2Lo-2Loがつけられました。At LastはLPに使うには尺不足なので、他の曲を足しておりました。美人な選手なので素敵に生えますが、手足をもっと伸びやかに使えれば曲想をさらに反映できそうだと思いました。伸びが足りなくて忙しそうに見えます。優勝候補最右翼だったロデギエーロさんはミスがあいつで点数が伸びませんでした。

男子リザルト
1 Ivan RIGHINI ITA 206.80
2 Matteo RIZZO ITA 185.80
3 Carlo Vittorio PALERMO ITA 169.08
4 Giorgio SETTEMBRINI ITA 150.24
5 Mattia DALLA TORRE ITA 148.43
6 Dario BETTI ITA 133.78

元バリさんが優勝ですが今回も3Aは転倒でした。回転ができていないような形ですし、他のジャンプもスピードが足りないのか回転不足になってしまわないかと心配になります。スタミナも最後まで持っていないように見えます。3位のパレルモさんはエクソジェネシスでした。ボーカルOKになった影響は大きい。パレルモさんのブルーの衣装は素敵でした。6位ではありましたがダリオ・ベッティさんのスワロフスキーをふんだんに使われた女子よりキラキラした衣装は大変ゴージャスで素晴らしかったです。イタリア男子は総じて衣装のセンスが素晴らしい。イタリアンファッションを他国も見習おう。

ペアリザルト
1 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 173.76
2 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 158.14
3 Alessandra CERNUSCHI / Filippo AMBROSINI ITA 127.86

マルホタが優勝でした。ペアとしての息だったり、リフトのスムースだったりというのはデラモデルの方が組んでいる期間が長い分、分があります。デラモデルのリフトがスムースになったと発言できることに感動する。マルホタは個々の能力の高さ、男性の経験量で押しきったという演技です。LPになると、どうしてもトランジションの部分で穴は見えてきてしまうものです。3Lzや3S-2T-2Tはさすがでした。スローサルコウはきれいですが、スロールッツの高さが足りないので、それは今後の課題ですね。

アイスダンスリザルト
1 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 190.16
2 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 169.74
3 Misato KOMATSUBARA / Andrea FABBRI ITA 140.43
4 Ekaterina RIAZANOVA / Simone VATURI ITA 136.00
5 Federica BERNARDI / Saverio GIACOMELLI ITA 129.39
6 Sofia Lucrezia SFORZA / Leo Luca SFORZA ITA 128.80
7 Victoria MANNI / Benjamin NAGGIAR ITA 96.19

コマファブは最後のリフトの前に弟が転倒しました。これはバーバラ直伝の睨みがくるぞ・・・と期待したのにそんなことはなかった。睨みなし。どうしてこんなにマンズマンズワールドが被るのか。もしフェミニストがいたらブチ切れてるぞ。

カペラノの死の舞踏はおどろおどろしく、ダークにダーティーなものをテーマに滑っているようには思えないです。墓場に集まった幽霊が楽しく踊って、朝になったらポーンと消えてしまうようなイメージ。エレメンツにそこまで特別なものはないので、滑りと完成度で勝負ですかね。インタープリテーションで10点出ました。イタリアはこうでなくっちゃ。

ギニャファブの最初のリフトの降り方はいいなあ。崖の上の鳥が谷の底へバサーっと降り立っていくような感じで。今日の演技はとてもよかったと思います。スケアメの頃とは同じプログラムに思えないぐらいに。彼らの本来の持ち味であるスピード感、止まらずにグングンと進んでいく爽快感、これが余すところなく見られました。ノクターンになってしっとりするところも、アップテンポなリバーダンスと対照的で、祭りが夜が更けて静まっていくみたいな感じで。コレオスピンから、また朝になって祭りが再会されるような感じがよかった。よかったよー国内だから102点出て当たり前だよー。

白シャツと普通の黒ドレスなのに顔の濃さがアクセサリーのようだ。ブラックダイヤモンドのような濃さ。一箇所言葉にできないムーブメントの引っかかり方をしたところがありましたが、あとは・・・うーん。リャザノワの滑りがトカチェンコさんの時よりも浅くなっていると思います。上手い人に引っ張っていてもらった分、それがなくなってしまったのは大きいかな。

リャザバトはリャザノワが昨シーズンのユーロに出ているので、1年経過していないために3位に入っても出場は叶いませんでした。2月の試合は送ってもらえるでしょうか。ユーロ代表は問題なく上位3組になると思います。コマファブはJスポが放送してくれるでしょう。イタリアはキャラクターが濃くていい。

ベラルーシ
アイスダンスリザルト
1 Viktoriya KOVALEVA / Yurij BELYAEV BLR 140.94
2 Kristina KAUNATSKAYA / Yan LUKOVSKIJ BLR 106.38
3 Violetta SHOSTAK / Pavel SOKOLOV BLR 69.44

女子リザルト
1 Yanina MAKEYENKA BLR 144.06
2 Elizaveta AVSYUKEVICH BLR 118.80
3 Dar'ya BATURA BLR 107.62
4 Mariya BAKUSHEVA BLR 101.74
5 Kristina ZAKHARANKA BLR 101.70
6 Anastasiya ZAJTSEVA BLR 100.85
7 Alina SUPONENKO BLR 93.59
8 Dar'ya MAL'TSEVA BLR 82.65

ペアリザルト
1 Mariya POLYAKOVA / Nikita BOCHKOV BLR 144.79
2 Tat'yana DANILOVA / Nikolaj KAMENCHUK BLR 133.88

男子リザルト
1 Pavel IGNATENKO BLR 167.96
2 Anton KARPUK BLR 157.81
3 Vitalij LUCHENOK BLR 155.69
4 Aliaksei MIALIOKHIN BLR 152.65
5 Artem TSELUJKO BLR 125.94
6 Il'ya SUNTSEV BLR 98.64

各カテゴリー順当に1番手が収まりました。イグナテンコは3Aが一つ降りられたので、それだけでもよかったけど、eつきフリップを2本入れるのはなあ・・・抜け地獄からはまだ抜け出せていないようです。

フィンランド
アイスダンスリザルト
1 Olesia KARMI / Max LINDHOLM HL 130.42
2 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN HL 129.00

男子リザルト
1 Valtter VIRTANEN KELS 180.90
2 Tomi PULKKINEN JTL 171.87
3 Viktor ZUBIK HSK 154.43
4 Matthias VERSLUIS MTK 150.40
5 Bela PAPP KUTA 134.55

女子リザルト
1 Kiira KORPI TAPTL 168.00
2 Jenni SAARINEN TAPTL 157.00
3 Viveca LINDFORS ESJT 147.08
4 Emmi PELTONEN JTL 137.73
5 Hanna KIVINIEMI TAPTL 129.02
6 Beata PAPP KUTA 125.14
7 Emilia TOIKKANEN HL 119.00
8 Seidi RANTANEN HL 116.97
9 Timila SHRESTHA JTL 115.98
10 Sera VÄISTÖ TAPTL 114.35
11 Nelma HEDE HL 112.05
12 Olivia TUUVA LRL 109.25
13 Justiina NIEMI ESJT 104.20

キーラはジャンプを5つ成功しました。構成に3Tが入っていませんが、2Aにつけるのかもしれませんね。そうなってくると120点台中盤を狙えるようになります。彼女は得点源のジャンプの抜けがとても多いので、それは無きようにユーロでの奮闘を期待したいです。彼女の持ち味の滑りが1ヵ月後ではさらに戻っていればと思う次第。

エストニア
女子リザルト
1 Gerli LIINAMAE EST 130.79
2 Helery HALVIN EST 122.96
3 Diana REINSALU EST 117.42
4 Sinikka PAUKKU EST 112.18
5 Kristina SHKULETA - GROMOVA EST 109.69
6 Elizaveta LEONOVA EST 109.55
7 Erna Anna HUSKO EST 105.11
8 Natalja GORDEEVA EST 102.97
9 Sindra KRIISA EST 96.81
10 Brita Paula PODER EST 95.89
11 Eike LANGERBAUR EST 84.30
12 Jelizaveta SHMELJOVA EST 78.02

男子リザルト
1 Samuel KOPPEL EST 152.91
2 Daniil ZURAV EST 137.27
3 Aleksandr SELEVKO EST 111.79

アイスダンスリザルト
1 Irina SHTORK / Taavi RAND EST 143.40

スペイン
男子リザルト
1.- Javier Fernández 255.11
2.- Javier Raya 209.28
3.- Felipe Montoya 191.91

女子リザルト
1.- Sonia Lafuente 157.48
2.- Marta García 143.71

アイスダンスリザルト
1.- Sara Hurtado / Adrià Díaz 161.15
2.- Celia Robledo / Luis Fenero 127.89

ペアリザルト
1.- Marcelina Lech / Aritz Maestu 110.85

うおうおうおうおうおうおうおうおうおうお。ラフエンテが国内選手権とはいえ157点というスコアを出したのは嬉しい。なお、スペイン選手権のリザルト、すでに出来ております!!!スペインなのに!!!!!

リザルトリスト
イタリア http://www.fisg.it/upload/result/3593/index.html
ベラルーシ http://www.figure.skating.by/competition/championship-20141219/index.htm
フィンランド http://www.figureskatingresults.fi/results/1415/YLJTSM15/index.htm
エストニア http://www.uisuliit.ee/tulemused/EestiMV2015/index.htm
スペイン http://www.fedhielo.com/images/resultados/CamEsp2014/index.htm
フランス http://www.csndg.org/resultats/Elites/
オーストリア http://www.skateaustria.com/ergebnisse_201415/staatsmeisterschaften2015/elite/
ウクライナ http://skating-online.at.ua/index/pdf/0-103

四国選手権はリンクが死んでいる。シニアの結果に行ってもジュニアに飛ばされる。いみふ。
2013
10.05

フィンランディア杯 1日目 アイスダンスSD

スオミ!スオミ!スオミ!モイモイ!

アイスダンスSD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)67.23
2 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)53.34
3 Justyna PLUTOWSKA / Peter GERBER(ポーランド)51.25
4 Henna LINDHOLM / Ossi KANERVO(フィンランド)49.46
5 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)48.89
6 Irina STORK / Taavi RAND(エストニア)48.46
7 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)46.11
8 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN(ドイツ)44.98
9 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)38.52
10 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)37.81

トビスタ
すごく勢いがありました。ツイズルは移動距離が素晴らしかったのに女性が回転数足りませんでした。フィンステップのところで、だいやーもんどいずがーるずべーーーすとふれんど!の所を使っていました。すごく自然で良かったと思います。最後のリフトも良かった。今シーズンでもトップレベルで違和感の無い選曲でした。偉いぞシュピル!

テサモエ
衣装がまだ前のSDの衣装。もったいぶんなよケチー。ミッドラインは2人の距離がたいそう近かったです。他のカップルとは明らかにレベルが違い過ぎるスピードとキレでしたがパターンの後半は少しバタついていたかなあ?と。ツイズルではテッサが2つ目で失敗でした。それでも十分圧倒的な演技ではありました。ミスはここだけにして、仕上げていってくださいませ。

エルゼナー&ロースト
公式サイトの写真が気合入りすぎてお洒落なお2人。燕尾とドレスで正統派でした。ワタシタチハコウイウノヲマッテイルノヨ。スイステップいいよー。ツイズルも非常によろしく、歯切れの良い表現でした。みんなこういうのやって!!!!!踊るリッツの夜はいらないの!沢口靖子じゃないんだから、リッツパーティーしなくていいの!

チョクベイ
演技スタートして腰クネクネのチョックさん。ホールド組んでステップしてから自然にパターンに入りました。トランジションでたくさん振付を入れています。ベイツさんがツイズルで転倒しましたが、そんなことはどうでも良いんです。ダイアゴナルステップも良かった。何か1つのミュージカルを見たような気分になりました。盛り上げ方も素晴らしい。衣装も素晴らしい。今までの全てのショートダンスから見ても、自然で素晴らしいプログラムだと思います。アメリカ2番手固定くるかなあ。悲惨なTES・・・。

リンドホルム&カネルヴォ
純正フィン人カップルのフィンステップです。このプログラムは昔のダンスの雰囲気を出しているように思います。その時代意識したのかもしれません。途中のムーブメントで失敗していました。特に問題は無い箇所ですが。この組はFDが素敵なので、ネーベルホルンを凌ぐ演技を期待です。

フィンランドの新結成のカップル、女性がシングルからの転向なので、いきなりのフィンステップはしんどかったですね。

マスターズは映像がカックカクカクカクなので見られません。
Comment:0
2013
01.14

ボルボオープン リザルト

今シーズンから国際Bに格上げとなったボルボオープンです。JGPSでボルボ杯というのがありましたが、そういう感じです。ラトビア開催ですから。

男子リザルト
1 Denis TEN(カザフスタン)204.33
2 Mikhail KOLYADA(ロシア)199.66
3 Ronald LAM(香港)177.90
4 Romain PONSART(フランス)176.70
5 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)175.99
6 Javier RAYA(スペイン)170.41
7 Paul PARKINSON(イタリア)163.80
8 Viktor ROMANENKOV(エストニア)145.48
9 Vitaly LUCHANOK(ベラルーシ)141.28
10 Maverick EGUIA(フィリピン)129.54
11 Andrew DODDS(オーストラリア)121.76
12 Bradley MCLACHLAN(オーストラリア)88.02
13 Charles PAO(中華民国)85.13

優勝はテニス・デンくんでした。しかし4回転入らず、ほとんどのジャンプで失敗をしています。レベルもとれていません。四大陸に向けてかなり心配な内容です。

ラムだっちゃとMCMの同じ試合にいつも出ている感すごいなあ。この2人は僕の頭の中でセットになってます。

女子リザルト
1 Li ZIJUN(中国)160.10
2 Zhao ZIQUAN(中国)139.62
3 Dasa GRM(スロベニア)129.17
4 Svetlana ISSAKOVA(エストニア)128.76
5 Sonia LAFUENTE(スペイン)123.10
6 Anine RABE(ノルウェー)121.68
7 Valentina CHERNISHOVA(ロシア)118.14
8 Anna AFONKINA(ブルガリア)117.99
9 Alina FEDOROVA(ラトビア)117.50
10 Camilla GJERSEM(ノルウェー)116.97
11 Melissa BULANHAGUI(フィリピン)116.72
12 Michele COUWENBERG(オランダ)112.93
13 Helery HALVIN(エストニア)112.54
14 Reeta ROMPPANEN(フィンランド)105.56
15 Julia STARIKOVA(ロシア)101.03
16 Stephanie ZHANG(オーストラリア)100.06
17 Crystal KIANG(中華民国)97.48
18 Tiffany PACKARD YU(香港)91.53
19 Kai - Jing LEONG(シンガポール)89.99
20 Chaochin LIU(中華民国)82.54
21 Mercien VENZON(フィリピン)70.20

ジジュンが圧勝でしたが、得意なはずの3Fを両方失敗し、回転不足もたくさんとられています。彼女はジャンプの回転がギリギリなので、1つとられると連鎖的にポロポロととられてしまいますね。四大陸・ワールドがんばって。

ジークァンはシニアに行くのか、それともジュニア残留なのかは分かりませんが、中国に選手がいないのでジュニア残留でしょうか。SPでは3T-3Tでしたが、LPでは3Lz-3Tと2A-3Tを入れて、3Lzが2本の構成でした。世はまさに3Lz-3T時代じゃのう。あと3年後ぐらいが楽しみだなあ女子は。きっと3Lzまみれなんだろう(願望)

フィリピン代表になったブランヘイギーはジャンプのミスが相次ぎ11位に止まりました。

オージーのステファニー・ジャンは中国出身のオージー代表なんですね。なんとソルトレイクシティ五輪代表ですよ。そこから10シーズンぶりに復帰というすごい経歴。年齢は27歳でジャンプは跳べる年齢なのですが、10年間競技をしていなくて、4種トリプル入れられるというのはなかなかですよね。

ルッツとループばかりを入れることで有名な台湾のクリスタリ・キアンちゃんは、フリップとサルコウを入れていました。相変わらずすごいダウングレード率だ。

アイスダンスリザルト
1 Viktoria SINITSINA / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)162.44
2 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)150.72
3 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO(ドイツ)145.28
4 Anna NAGORNYUK / Viktor KOVALENKO(ウズベキスタン)142.24
5 Lesya VOLODENKOVA / Vitaly VAKUNOV(ベラルーシ)121.49
6 Hanna LINDHOLM / Ossi KANERVO(フィンランド)117.54
7 Gabriela KUBOVA / Matej NOVAK(チェコ)116.53
8 Katharina MULLER / Justin GERKE(ドイツ)104.29

シニジガがぶっちぎり優勝でした。FDではステップ3、他は4を揃える素晴らしい内容でした。ここで国際大会は今シーズンは終わりでしょうか?だとしたら、良い締めくくりになったと思います。

そして衝撃のランド弟組、SDで60点・FD90点という今までから考えるとかつてないほど高いスコアが出ています。今シーズンはハイスコア出ることも多かったのですが、ここまで出るとは。レベル取りこぼしてない。がんばったがんばった。

先週は取りこぼしの多かったコルベ&カルーゾたちもレベルの取りこぼしはありませんでした。

ナゴコバも今までは60点台のFDが多かったですが、一気に86点というハイスコアになりました。FDはワールドのミニマムスコアをクリアできましたが、SDは足りていないので、なんとか四大陸で獲得できれば良いのですが。ジャッジ!盛って!

ジュニアではヤノモズがハイスコアで優勝、2位のベラルーシのカップルも良い得点がもらえました。ベラルーシの組はJGPSでトップ10ぐらいのカップルなのですが、この結果を弾みにして欲しいなあ。

ということで、ダンスはかなーーーーーり点数が景気良く出たイベントになりました。これがアベノミクスの影響だな(適当)

テレ東のSOIの放送、ファンキーですねえ。
2012
10.27

ニース杯 2日目 ペアSP・男子SP・アイスダンスSD

ストリーミングゆるいわー。
ということで、1時間寝てニース杯~スケカナ臨みます。
おっりゃああああああああああああああああああああああああ!!!

ペアSP
1 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM(アメリカ)59.01
2 Vasilisa DAVANKOVA / Andre DEPUTAT(ロシア)50.38
3 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV(ロシア)48.32
4 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)44.52
5 Julia LAVRENTIEVA / Yuriy RUDYK(ウクライナ)42.07
6 Stina MARTINI / Severin KIEFER(オーストリア)34.85
7 Ronja ROLL / Gustav FORSGREN(スウェーデン)29.53

1位はアメリカのアレクサ・シメカ&クリス(トファー)・クニーリムでした。なんかカニクリームみたいな名前。どこかで見たことのある名前だったのですが、男性の方は別のパートナーと昨シーズンのアイスチャレンジで優勝していました。演技の方は大きなミスなくといった感じ。ジャンプもツイストも綺麗でした。もう少し2人のユニゾンがとれていたらなーと思います。月光なのでユニゾンがとれていないとお葬式みたいになるので。

ダワデュプとストクリは見られませんでしたけども、ストクリ・・・・・。ソロジャンプもステップもスローもツイストも。ツイストに関しては今シーズンからトリプルを入れ始めたので仕方ないですかね。彼氏のソロビエフさんもがんばっているので、ストルボワさんもがんばろうよ(震え声)

NHK杯へのエントリーも決まったデラモデルは4位。3Sで転倒がありました。ステップでホールドを結構組んでいるんですけど、やっぱり上手い組じゃないと、ホールドを組みながらステップ踏むのは厳しいな~と感じました。相変わらずモデルくんはすごい存在感。

男子SP
1 Keegan MESSING(アメリカ)80.61
2 Max AARON(アメリカ)75.95
3 Vladislav SEZGANOV(ロシア)67.36
4 Peter LIEBERS(ドイツ)66.86
5 Jorik HENDRIX(ベルギー)66.16
6 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)64.18
7 Mark SHAKHMATOV(ロシア)59.11
8 Ivan BARIEV(ロシア)58.27
9 Chafik BESSEGHIER(フランス)57.93
10 Christopher BERNECK(ドイツ)53.39
11 Vitaly LUCHANOK(ベラルーシ)53.28
12 Denis WIECZOREK(ドイツ)52.76
13 Ondre SPIEGL (スウェーデン)51.43
14 Patryk MYZYK(ポーランド)51.32
15 Zhan BUSH(ロシア)50.59
16 Valtter VIRTANEN(フィンランド)49.83
17 Jamie WRIGHT(イギリス)47.78
18 Mario Rafael IONIAN(オーストリア)46.26
19 Saverio GIACOMELLI(イタリア)46.00
20 Nicolas DUBOIS(スイス)45.73
21 Daniel AGGIANO(イギリス)44.83
22 Pavel IGNATENKO(ベラルーシ)44.68
23 Justus STRID(デンマーク)44.24
24 Yakov GODOROZHA(ウクライナ)40.78
25 Andrew DODDS(オーストラリア)35.39

ベルネック
2A 3Lz-2T 3F
非常にしなやかな演技でした。衣装を見たら、ジョニーのノートルダムドパリにそっくりだったので、そうかと思いましたがトゥーランドットでした。スピンが上手でキャメルでお尻がよく上がって脚が伸びていて良かった。スピンの回転はそこそこですがポジションが綺麗な選手です。コレオシークエンスかよって言いたくなるようなイナバウアーとY字スパイラルも見られました。

ミジック
3F-2T 2A 3Lz fall
一瞬ポンちゃんに空目の子音ばかりの苗字の彼。背中にサソリ。ポンちゃんに似ているだけあってスピードはビュンビュン出していました。特にステップ良かったです。

ベセギエ
4T df 1A 3Lz-2T
4Tは両足(多分)、アクセルはシングルになりました。スピードに乗った良い滑りだったんですけどジャンプがねーという感じ。

メッシング
3A 3Lz-3T 3F
ノーミスのクリーンプログラムでした。3Aの着氷後にすぐつなぎのジャンプを入れたり、最後の3Fは大きなバレエジャンプから入ったりと工夫が見られました。よくスピンでトラベリングがある選手ですが、今日は問題なくて、GOEでプラスをたくさんもらえそうです。動きがこじんまりしているのだけが難点でしょうか。やはり滑らないので。もう少し大きな動きができたらなーと思います。でも素晴らしかった。

カルーザ、エントリーしてないのにエントリーされて、しかも滑走順まで抽選されているって一体。

ケレメン
3A 3F-3T 3Lz
3Aに成功。他の2つは少しシェイキーでしたが降りられました。今シーズンすでに3試合目ですが、今回は力を出せました。最後のスピンは速くて良かった。14個花が書いてある変な衣装もなかなか似合っています。

リーベルス
3F-3T 3A 1Lz
2つのジャンプが綺麗に入ったのにルッツのミスが残念。ダニエル・ウェンデさんを彷彿とさせる鎧衣装ですが、やはりウェンデさんの方が10倍ぐらい出来が良い。もうちょっと光沢出して、パンツも気合い入れて欲しかった。よく滑っていました。ステップ中、めっちゃ上見てんな~って思いながら見ていました。どんだけ仰ぎ見んねん!って。

ブッシュ
1A 4T<< fall 3Lz fall
ジャンプ全滅でした。変な曲を使わず&変な衣装では無かったのが良かったです。でもまあこれだけミスればね・・・・・。

バリエフ
3A hd 3Lz tano so-1T 3F tano
2本もタノるとは。衣装に♪って高橋大輔さんのようだ。にしてもモロっぽかった。立ち止まり嫌だなあ。

シャクマトフ
3A fall 3Lz-3T 3F
めっちゃ声が入っていました。ボーカルでは無いですけど、ここまで入れるとさすが「うわあああああ」ってなります。もっと減らして欲しい。お花畑でスキップしそうな前半部分から、後半はジャズみたいなよく分からないプログラムでした。でも衣装はスケスケ。余計に意味分からない。

セズガノフ
3A 3Lz-3T 3Lo
ステップが終わってから、嵐の影響で停電して演技が10分も中断となってしまいましたが、再開して3Loを成功して演技を終えました。こんなこともあるんですね。ビックリしました。

アーロン
4S fall 3Lz-3T hd 3A
メカメカしいアーロン。最初は骸骨かと思いました。2つ失敗はありましたが、勢いのある良い演技でした。今までの荒々しさとは違ったステップ中の踊り、良かったと思います。最後のスピンまで勢いが落ちなかったです。U.Sクラシックの時みたいに、LPで盛り返して欲しいです。

ジョリヘン
3A fall 3Lz-3T 3Lo
転倒と、最後のコンビネーションスピンだけ残念でした。チェンジシットの足換えですごく腕を上に上げて、振りを付けて足換えをしていました。こういう小さな工夫が素敵です。良い選手なので、3Aさえ安定すれば上に行けます。

アギアノ
3Lz so hd 3S-2T 2A ot
イギリスの選手です。本日トゥーランドット2人目でした。トゥーランドット男子はみんなしなやかだこと。彼はフライングレイバックスピンを入れていました。今まで入れたのが、韓国の女の子とダイスケさんのたった2人だけだったので3人目ですね。

停電やで



アイスダンスSD
1 Valeria STARYGINA / Ivan VOLOBUEV(ロシア)56.49
2 Ksenia MONKO / Kirill KHALYAVIN(ロシア)54.88
3 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)50.08
4 Frederica BERNARDI / Christopher MIOR(イタリア)46.30
5 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)46.24
6 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)46.00
7 Anastasia ZVORYGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)44.70
8 Nadezhda FROLENKOVA / Vitaly NIKIFOROV(ウクライナ)44.39
9 Charlotte AIKEN / Joshua WHIDBOURNE(イギリス)41.08
10 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)39.94
11 Natalia KALISZEK / Michal KALISZEK(ポーランド)36.62
12 Corenne BRUNHS / Ryan VAN NATTEN(メキシコ)35.21
13 Sarah May COWARD / Georges KENCHADZE(ブルガリア)34.69

スケカナと被ってしまいました。

モンハリ
ジュニアの時に滑っていたパダムパダムとそんなに印象が変わらないし、むしろあっちの方が良い。そんなプログラム。PCSはズバ抜けて高い評価をもらえたのにそれを打ち消してしまったレベルの取りこぼしですね。うーん残念。印象に残らない。

スタリギナ&ボロブエフ
モンハリとの滑りの差を考えれば、これぐらいの差は妥当でしょう。真夜中に動き始めた人形のような不思議な動きからの、いかにもヤンキーポルカ滑るよーーーっていう音楽。彼らは国際Bで結果を出し続けているので、今シーズンもロシア選手権で良い結果を残して、さらに次のシーズンのGPSに出場して欲しいと思っているのですが、ステブキが上がってきてロシアは枠がパンパンになってしまうでしょうか。

ベルナルディ&ミオール
28点と、出場カップルの中で一番基礎点を稼いでいますが、最終的なTESも28点で積み上げられていません。いやこんなの狙ってできることでも無いのですごいですよ。変な音楽の切り方だなあ。

シュトラン
ランド弟のすることには全て無理が見えてしまう。にしても下半身立派になったな弟。今回もワールドのミニマムスコアは超えられませんでした。出られるかなー。

ポーランドの名前長い方の彼が遠目でシャバリンに見えました。ヒゲスケーター少ないので応援してますよ。あと貴重な髪しばりしてますしね。

ブルガリアの組の女性はお兄さんか弟かと組んでイギリス代表で出ていた選手でしょうか。

鼻歌歌ってた更新係さんお疲れ様でした。
Comment:0
back-to-top