FC2ブログ
2016
11.13

フランス杯 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)115.24
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)107.81
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)106.04
4 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)98.68
5 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)95.16
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)92.70 PB
7 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)88.78
8 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)85.23
9 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET(フランス)81.94 PB
10 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)68.23

アイスダンスリザルト
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)193.50
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)174.58
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)170.78
4 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)167.40
5 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)158.86
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)150.07
7 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)145.39
8 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)140.92
9 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET(フランス)130.12
10 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)115.04

キャプ翼組
男性のスタンブルやリフトのミスはもちろんですが、スピードも勢いもありません。滑るのが精一杯という感じでした。4点台出るかと思ったんですけど、かなりの評価を受けました。

アレスケ
謎の選曲とタイプライターの効果音つきのプログラム。フランス人はそんなにタイプライターが好きなんですか?ラブアクチュアリーの曲が使われているのは、コリン・ファースがフランスにバカンスに行ってそこで恋を・・・というシーンを、ルイ・アラゴンの恋物語にひっかけて考えているのかもしれない。男性がリードしきれていないのか、女性の停滞が目立つ演技でした。

マリロマ
今日もツイストやデススパイラルをやりそうだった2人。エルトン・ジョンで、選曲としてはマリーさん量産型の香りはしましたけど、後半になるにつれて勢いが増してきてとてもよかったです。SDはシニアの壁に阻まれていたけれど、ヌーーーンと伸びる持ち味の滑りを出せて、シニアのカップルらしい演技を見せてくれました。地元でできてよかった。

マンスール&チェシカ
股通しからの女性が飛び乗るローテーショナルリフトがすさまじい迫力でした。これがこのプログラムのハイライト。あまりにも迫力がある飛び乗りだったので、そのまま女性のこと放り投げるかと思いましたよ。ダイアゴナルは支持ありバレエジャンプからワルツでゴージャスに。エッジがシェイキーですが雰囲気は素敵です。女性の片足支持をして、片足を伸ばしたコレオスピンはよく見るけどあまり好きではないのですが、この組のは女性の足が上の方まできれいに畳まれているからきれい。ファビアン・ブルザさんムーミンTシャツ。

ナザニキ
黒にカラフルなものがくっついている不思議衣装。ユロスポ解説ではちょっとフラットだねえと言われていましたが、ワールドのときと比べたらよくなりましたよ。あのときは本当にフラットだったから。シュピルバンドチームに移ったのに、あまりそういう香りのしないプログラムでした。ナザニキっぽく仕上げたんですかね。2人ともご飯を食べよう。

パイポー
今日もかっこよすぎる2人。ツイズルは美しく決められました。前は何かに憑かれたような鬼気迫る演技でしたけど、今日は抑え目でした。ふと動きを止めるところでの表現、間をどのように表現していくかも重要になってきそうです。でもパイポーってその域にまで到達したんだなと思って嬉しくなります。

トビトカ
やや強引なシュピルバンドらしいプログラムです。でもトビアスさんの「あたしアメリカ人!リトアニアだろうがイスラエルだろうがあたしはやっぱりアメリカ人!」的な明るい雰囲気には、これぐらい強引な方が合うのです。でもアラベスクポジションでやるハイライトのカーブリフトのタイミングが早くなって音楽に合わなかった。長く持ち上げるとエクステンディッドリフト取られるからダンスは難しい。トカチェンコさんの肌着衣装変えませんか?

イリジガ
笑顔でパワフルに滑っていきましたがトランジションで転倒。そこからは動きが一気に悪くなって残念な出来になりました。でも前半はすごくよかったんですよ。コンポジションの評価が高いことから、非常にジャッジの好みであることが分かります。転倒しても満面の笑みキープできるイリニフすげえ。

ハベドノ
カーブリフト前のただのバッククロスですら美しい。滑りのタッチが実に美しい。SDではマディソンがやや不調なのかな?と思いましたけど、今日は大丈夫そうでした。ツイズルの回転がやけにシャープで、おいどうした?っていうぐらいでした。

パパシゼ
最初のヌルヌル跳ねるリフト美しい。サーキュラーステップは滑り出しからシゼロンがワンフットでヌンヌンと滑っていくのが気持ちいい。絡みつくような演技で会場をミステリアスな空気に包みました。ピアノ協奏曲はアンニュイね、昨シーズンのやつは信頼みたいな感じ。これは静かに確かめるように抱きしめて絡みつく感じ。そしてシゼロンの衣装が変態。優しい変態。素晴らしいもの見ると眠気って飛びますよね。

パパシゼはステップ以外はレベル4で、+2以上しかありません。10.00もすでに出ました。ハベドノもレベルはパパシゼと同じです。彼らは+1が6個あります。でもかなり少ないですね。

前回でほぼ確定だったチョクベイですが、パイポーもハベドノもチョクベイを上回れなかったのでファイナルが確定しました。シニカツがまだ出てきていなくて、ひょっとしたら大活躍で中国杯で優勝するかもしれませんが、現状を考えるとシブタニズの優勝が固そうです。ウィバポジェはファイナル進出には優勝しか道がありません。シブタニズは3位でも大丈夫です。

カオス2種目目も終わり、カオス3種目目へと移ります。
2016
10.24

スケートアメリカ 3日目 アイスダンスリザルト

こんな感じで1戦目終わりです。あっという間に12月になりますよ。

アイスダンスFD
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)112.71
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)106.99
3 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)105.85
4 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)100.65
5 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)98.66
6 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)98.56
7 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)93.58 PB
8 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)91.18 PB
9 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)87.12
10 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)85.25 PB

アイスダンスリザルト
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)185.75
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)175.77
3 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)174.77
4 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)165.44
5 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)165.16
6 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)161.99 PB
7 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)151.76
8 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)147.37
9 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)146.10
10 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)141.50 PB

ミンガメ
このニューシネマパラダイスは、チョクベイみたいな振付がたくさん入っているプログラムだったんでした。最初のリフトを見たときにそのことを思い出しました。女性がスパイラルで、男性がそれを支える姿勢で滑るムーブメントはまさにチョクベイ。コレオツイズルで女性がスピンをして、男性が女性の手を持ちながらスピンを解いていくところは素敵でした。ほわわわわん・・・・・ほわっ・・・ってしてる。

gamelin.png

かなクリ
素晴らしい演技でした。ツイズルはまとめました。リフトのポジション移行が見事でした。ショートリフト2つとコレオリフトを3つ続けてやるというかなり攻めた構成でした。昔のクリスなら、持ち上げられるかヒヤヒヤするところですが、今は安心して見られます。見える・・・・・全日本でのスタオベが。国際Aで90点超せてよかった。

muramoT.png

トビトカ
音楽の違反を取られないために、スネアドラムでボレロみたいなジャジャジャジャンを加えています。かなり強引。サーキュラーステップは2人のグリンとしたカーブから入っていくのが素敵です。そこからグイーーーンと伸びていけばさらに素敵なんですけど、そこまではいかないです。終盤は有無を言わさず盛り上がるリフトを連発させます。膝の上でアラベスクスパイラルをするリフトはすごい。トビアスさんの笑顔も相まって破壊力があります。

ポグブノ
クリーンな演技でした。もちろんツイズルも成功しています。前半とてもよくて、曲がフィーリングビギンズになってからも前半のエレガントな雰囲気を引きずりすぎているのかなと思います。もう少しミステリアスな空気も出しつつ終えられると、見ごたえも増したのかなと。ブノワはもっと胡散臭くするために、10cm髪を伸ばしてみよう。中途半端だから髪がなびかない。もったいない。

lift.png

アリアル
すごくカメレンゴなプログラムでした。ズーリンとは全然違います。長身のカップルだからウィバポジェを重ねてしまって、余計にカメレンゴを感じられるのかも。ウチャルさんリフトだったり、女性のリードに一呼吸おかないといけないので、振付を完璧にこなせていないと思います。シーズン頭であるから余計にそうです。いかに男女が近い距離で演技することができるか、エレメンツを準備動作なくできるようになるか、これは2人の課題をクリアするためにも必要な矯正ギプスなのです。左の人、右に座ってるマフィアに撃たれそう。

heart.png

ギニャファブ
ファーストツイズルの後にカーブを描いて少し間を作ってからセカンドツイズルに移る振付がとても素敵です。でもセカンドツイズルが乱れてしまいました。振付や選曲はとてもよかったんですけど、いつもの彼らよりは滑っていないと思います。昨シーズンはきちんとステップが見所になっていたけど、今日は違いました。これから滑り込むことによって変わっていって欲しい。演技中にバーバラの頭越しに2人映すのおもしろかった。100点が出たので、バーバラが低音ボイスでSi。

donguri.png

barbara.png

イリジガ
昨日と同じリフトでイリニフたんの表情を拝めました。アップになっていなくても分かるその迫力。シャーロットポジションのストレートラインリフトつええ。ダンススピンは入りで勢いをつけられなかったのか低速になりました。ステップが女性がスリップしてしまうのと、エッジが浅くなってしまっているので、このままでいいとは言えません。

india.png

ボブソロ
カーブリフトでミスが出ました。ポジションチェンジが多いので、滑りこなせるまでには時間がかかりそうです。もたつきとか停滞があって、表現しているものがすんなり入ってきませんでした。四季の存在が頭に入ってくるのをさらに阻害してもいます。一体四季くんは何の役割を果たしているのか。

bob.png

ハベドノ
好きな曲集めたメドレー。寄せ集めた感じはするんですけど、僕は案外嫌いじゃなかったりします。2人のきれいな滑りを見せてスタートし、ツイズルからギアを上げて、笑顔を浮かべてステップに入っていくという。何かのきっかけで愛しさが加速していくような様が見えます。

シブタニズ
ローリング飛び乗りからのリフトはローテーショナルがお決まりなのに、お決まりを破るステーショナリーでした。うめえ。昨シーズンよりもしっとりとしたプログラムで、暗いです。Fix youは美辞麗句を具現化したようなもの。このプログラムは正攻法・理屈が通用しない中からどう抜け出すか・・・みたいな深い大人の表現や解釈が滑る方に要求されているのかも。ハイライトがないので、魅せるのが難しいと思います。あえての挑戦だと思うので、ファイナル・全米を楽しみにしたいです。

sibs.png

gesu.png

シブタニズはステップがレベル3でした。GOEは+2と3しかありません。PCSでもトランジションで8.75を出したジャッジが1人いるだけで、9点台ばかりです。ボブソロはカーブリフトで時間超過を取られました。これで時間超過を取られていなかったら、同点で3位でした。そのカーブリフトは明らかに停滞しているのに+2をつけているジャッジがほとんどです。いいのかそれで。

USA2.png

USA3.png

JPN1.png

JPN2.png


2016
09.30

オータムクラシック 1日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)77.72 PB
2 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)63.26 PB
3 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)62.70
4 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)59.36
5 Olivia SMART / Adria DIAZ(スペイン)56.10 PB
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)55.46
7 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)48.78 PB
8 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)47.30
9 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)46.76

マリロマ
年齢的にはシニアなのですが、シニアのカップルの中に入ると体つきの子供っぽさが際立ちます。ジュニアカップルがシニアに上がって見劣りするのは、そういうもあるんでしょうね。男性の首のクイックイッとした動きが素敵でした。パーシャルはリズムに合っていたかなあ。ツイストリフトに見せかけエントリーのローテーショナルは今シーズンも健在です。

ロブフェネ
テンポがゆっくりで少し気になるピンクパンサーでした。がおーポーズの後に入るアップサイドダウンのストレートラインリフトが素敵でした。男女の身長差が大きなカップルなので、女性の顔の高さに合わせて男性が背中を曲げたり、前傾になるところが気になりました。顔の高さを合わせることは上位のカップルもやりますが、上位のカップルは切り替えが早く、はいっ背筋伸ばして!はいっホールド!となるんですよね。隙がちょっとずつね。その積み重ねが点数に影響してくるのです。

スマディア
ディアスうま。キメキメにパターンとパーシャルやって、フリーレッグをカチッと止めて伸ばしてくれるから好き。ツイズルが崩壊してしまったけど、ノットタッチで向かい合わせになって、ボーンと爆発したように最後まで爆走していくのは気持ちがいいです。スマートさんのパーマをかけて、銀色のドレスを着た雰囲気とか大好きです。すげーいい。

テサモエ
テッサがトランジションで引っかかったようなところはありました。男性のキーポイントでも引っかかったように見えましたが、もう一度見るとキレよすぎて引っかかったように見えただけでした。カルメン以来の苦行カーブリフトは、軽そうに見えました。いやー圧倒的なダンススキルとスケーティング。スコットはこれでも100%ではないと思うんですよね。チェンジエッジのスムースさは健在ですが、本来はここにグロディープエッジが加わるので。スコットの髪型は寝起きみたいだから、もっときれいにしよ。それでも2年半ぶりの実践とは思えない滑りでした。点数はパーソナルベストですけど、ご祝儀みたいなものです。

トビトカ
The Weekendでヒップホップでした。まずThe Weekendはヒップホップか?ちがくない?そしてトカチェンコさんのミスが目立ったことと、プログラムが合ってないと思うのと、せっかくパンツ衣装なのにインパクトに欠けるところ。すごーーーーーくたくさんのことが気になりました。これからに期待ってことで。

フルソレ
演技中にシャツのボタンが1つ外れてしまい、ソレンセンがすごいエロい人みたいになりました。夏のローカル大会ではフルニエボードリーさんが絶好調でしたが、今回はソレンセンが調子を上げてきて、キレッキレでした。キレッキレでシャツのボタンが外れていたからこそ、余計にエロい人みたいになっちゃってねえ。今まで印象が地味だったので、こんなに弾けられることにびっくり。

寿司酢&フィルス
ハイリハイリハイリハイ。寿司酢さんが弾けて、フィルスが抑えるというスタイル。ショートカットでやけっぱちな感じで滑る寿司酢さんは、中島みゆきをかけて深夜の首都高飛ばしそうです。スカートプレイかっこいい。スタンブルもったいない。

ホワベイ
タンクトップのジャンリュックと、新人SM嬢のようなホワイエクさん。フィーリングッドって、つまりそういうことなのか。ミスのなくていい演技だったと思います。カメレンゴのところは生徒数が減ったから、力を入れて見てもらえるようになったのかな?すごくよかったです。全米トップ3狙ってきてますね。

テサモエはテサモエだった。
2015
11.20

タリントロフィー一言で感想

せっかく見たけど書く時間もない。だから一言だけ。

アイスダンスリザルト
1 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)160.84
2 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)149.56
3 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)142.90 PB
4 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)130.46
5 Katharina MÜLLER / Tim DIECK(ドイツ)128.82 PB
6 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)127.84
7 Victoria MANNI / Saverio GIACOMELLI(イタリア)127.20 PB
8 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET(フランス)125.46 PB
9 Valeria GAISTRUK / Alexei OLEJNIK(ウクライナ)125.30 PB
10 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)119.58
11 Karina UZUROVA / Aaron CHAPPLAIN(カザフスタン)105.26
12 Marina ELIAS / Denis KORELINE(エストニア)97.74
13 Aurelia IPPOLITO / Bennet PREISS(ドイツ)91.14 PB
14 Katarina PAICE / Yuri EREMENKO(スイス)88.80

トビトカ→安定感ありあり。もっと個性欲しい。
テスチェレ→SDのピンクのスカート好き。FDそんなに動きよくないと思ってたのに結構点数出た。
トルンさん→すっげえ演技にフローが出て上手くなってる。フィンランディアより全然上手くなってる。SDはパンチが弱い。
カヌマク→滑りこなせてきたヘンテコベートーヴェン。でも判定に時間がかかった挙句、TESだだ下がりだったよ。
ナザニキ→ニキーチンがコケまくってボロボロ。
ジャコメッリさん→ダンサーっぽくなってた。22歳頭は10年前のペア男子。ぺちぺちしたい。
アレッサンドリーニ→フランスの女になる。オリビエのパンツ赤。
チャップランさん→2人とも脚長すぎ。YouTuberだということが判明したので、チャンネル登録した。
ガジさん→老けた。

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)214.42 PB
2 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)177.04 PB
3 Amani FANCY / Christopher BOYADJI(イギリス)156.72 PB
4 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV(リトアニア)147.08 PB
5 Madeline AARON / Max SETTLAGE(アメリカ)143.78
6 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)138.22 PB
7 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV(ロシア)135.62
8 Alexandra IOVANNA / Filippo AMBROSINI(イタリア)106.92
9 Lana PETRANOVIC / Michael LUECK(クロアチア)106.26

サフマソ→ツイストがヴォロトラよりも高い。スロー以外最高レベル。予想を超えてきた。
マリブロ→試合に出まくりの結果、演技が超板につく。
ファンシー親父→解散宣言からのやっぱしない宣言。演技にまとまりがあった。一体何があった。
リトアニアさん→ストップや方向転換のさせ方がかっこいい。将来有望。3Sが入れられるようになった。2Aも入れられますように。
マックス・アーロン→アーロンさんのウェイトがオーバー気味。セットレージさんの背中の怪我の影響もあるだろうが、リフトがヤバい。
ハーズさん→スポ根SPとまぜまぜロミジュリLP。プログラムは変だけどスピードが出て上手になっている。
シュナピアさん→イタリアの組のキスクラに参上。生え際絶賛後退中。
クロアチアさん→年齢差の上に、男の子がむちむちしているから、犯罪っぽい。

男子リザルト
1 Max AARON(アメリカ)252.16
2 Dmitri ALIEV(ロシア)226.72 PB
3 Deniss VASILJEVS(ラトビア)208.53 PB
4 Artem LEZHEEV(ロシア)205.11 PB
5 Ivan PAVLOV(ウクライナ)202.32 PB
6 Pavel IGNATENKO(ベラルーシ)191.08 PB
7 Kevin AYMOZ(フランス)179.06
8 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)176.55 PB
9 Maurizio ZANDRON(イタリア)167.47 PB
10 Paul FENTZ(ドイツ)166.84
11 Lukasz KEDZIERSKI(ポーランド)164.19 PB
12 Tino OLENIUS(フィンランド)162.47 PB
13 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)150.87
14 Juho PIRINEN(フィンランド)147.93 PB

アーロン→ほとんどの選手に甘いのに1人だけPCSが普通。コーダがないとつまらないLP。安定してきた。
アリエフ→膝くるくるフリップやったのにまた詰まってる。このプログラムはジュニアの尺がちょうどいい。
ヴァシリエフス→ジャンプはほぼ失敗。体うねうね。PCS高評価。
レゼーエフ→ビルが書いてある衣装のウエストサイド。なんだこれ。
パブロフ→3Aがてんでダメな頃のジョリヘンみたいな、ヌタヌタした演技。
イグナテンコ→顔がかっこいいロミオ。LPのミニマム取れたよ。コーチも顔面レベル4。
エイモズ→バテてるのにステップになると元気になっていた。

女子リザルト
1 Maria SOTSKOVA(ロシア)186.30 PB
2 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)174.87
3 Tyler PIERCE(アメリカ)171.72 PB
4 Viveca LINDFORS(フィンランド)157.06 PB
5 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)156.12
6 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)150.75
7 Lutricia BOCK(ドイツ)146.16
8 Da Bin CHOI(韓国)145.92
9 Nicole SCHOTT(ドイツ)144.30
10 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)140.85 PB
11 Eliska BREZINOVA(チェコ)136.76
12 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)128.74 PB
13 Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア)124.65
14 Camilla GJERSEM(ノルウェー)124.22
15 Helery HÄLVIN(エストニア)123.91 PB
16 Hanna KIVINIEMI(フィンランド)118.92 PB
17 Johanna ALLIK(エストニア)112.71
18 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)111.05
19 Maria GOROKHOVA(ロシア)109.54 PB
20 Elzbieta KROPA(リトアニア)104.95 PB
21 Matilde GIANOCCA(スイス)96.79
22 Deimante KIZALAITE(リトアニア)89.10

ソツコワ→貫禄たっぷり&演技に艶と影が出てきた。
トゥルシンバエワ→3Lz転倒もものともせず最後まで演技。SP変えたけどスケアメのエキシと同じじゃん。
ピアース→チャキチャキしたアランフェス。アメリカン。
ヴィヴェカさん→女性らしさがないエビータ。これぐらい振り切っていると気持ちいいってか、むしろエビータの野心的な面が強調されていていい。
クチヴァルスカ→変なプログラムは何度見ても変。
ボック→無理やりコンボの3Tをつけるのを止めた。賢い。できることをやるのが1番。
ダビン→SPの衣装が変わっていた。一応映画やミュージカルに寄せている。
ショット→暗いロミジュリ・・・・・気が滅入りそうなぐらい。
マクスウェル→いつものマクスウェルさん。
ロミジュリ~ロミジュリ~ロミジュリはすごい。滑走順怖い。

注目の表彰式。エストニアはどうか・・・・・ドキドキ・・・・・

女子
ペア
男子
ダンス

透けさせたあああああああああああ!!!男子はヴァシリエフスがいないから不在透け!!!何これ!!!

表彰式にはグレボワが花束プレゼンターとして登場しました。ペアの表彰式ではサフマソにカメラがついていました。テレビ局がニュース用に撮っているのでしょう。オリンピックのメダリストはニュースバリューあるんだなあ。ダンスの表彰式ではパルタネンさんが、それはもうダルそうに握手とハグをしていました。やさぐれダンサー。
2015
04.25

新プロ情報1

今シーズンもぼちぼちと新しいプログラムの情報が入ってきております。

*パトリック・チャン
LP:ショパンメドレー(続行)

SP・LPともにデヴィッド・ウィルソンの振付でグランプリシリーズへの出場を視野に入れて練習を積むそう。LPはジャパンオープンで滑ったものを手直しするそうです。

*イザベラ・トビアスイリヤ・トカチェンコ
SD:シンデレラ
FD:だったん人の踊り

シンデレラはどれでしょう。ディズニー映画?バレエ?最近やっているやつ?だったん人の踊りは最近やる人がいなかったので見るのが楽しみです。

そしてジェレミー・アボットはショウタロウ・オオモリのSPを振付けるそう。有香さん、シズニー、アボットくん。強固なスケーティング強化チームに囲まれております。アボットくんはアシュリー・ケインのプログラムも振付けたようですし、これからが楽しみな振付師の一人になるでしょう。
Comment:0
back-to-top