FC2ブログ
2021
01.16

全米選手権 2日目 アイスダンスRD・女子リザルト

アイスダンスRD
1 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 90.10
2 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 89.66
3 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 85.28
4 Caroline Green, Pavilion SC of Cleveland Heights
Michael Parsons, Washington FSC 80.10
5 Molly Cesanek, ION FSC
Yehor Yehorov, Peninsula SC 71.11
6 Lorraine McNamara, Peninsula SC
Anton Spiridonov, ION FSC 65.87
7 Eva Pate, Strongsville SC
Logan Bye, SC of New York 64.37
8 Livvy Shilling, Columbus FSC
Alexander Petrov, Hershey FSC 53.81
9 Hilary Asher, Skokie Valley SC
Ryan ODonnell, SC of Houston 51.38
10 Breelie Taylor, Atlanta FSC
Tyler Vollmer, Los Angeles FSC 39.40
11 Cara Murphy, Arctic FSC
Joshua Levitt, Pittsburgh FSC 36.62

テクニカルパネルにコリン・マクマヌスが入っています。ついこの間まで選手だったのに。

ハベドノ
5分間練習で女性の衣装に衝撃を受けました。透けすぎ&スカート短すぎ。衣装単体で見ると似合っていないわけではないけれど、競技用の衣装としてはあまり歓迎できないです。速報ではオールレベル4でしたが、男性のキーポイントがタイミング違反と訂正されてレベルが1つ下がりました。技術うんぬんよりも衣装のインパクトで脳が支配されてしまった。男性の衣装がダサいことはその影に隠れるのであった。

マクスピ
女性の技術力で引っ張っているカップルです。カップル歴が浅いため、コミカルな演技をするほどの余裕がないと思っていたのですが、巻き戻してみたところ、そういった類の振付や表情は入っているんですよねー。演技中にそれを僕が感じ取れないほどに、音楽に遅れないように必死なのかもしれません。いつかマクナマラさんがハジけられる日を願っています。

ホワベイ
歓声がないから物足りないです。ディスコプロなのにキャーキャーフォーフォーがないなんて出汁取り忘れた味噌汁みたいなものよ。それを差し引いても、今日の演技は元気があったとは言えません。不調なのかたまたまなのか。

グリパー
とてもいい出来でした。特にミッドラインステップが素晴らしかったです。女性がフリーレッグを振り上げるタイミングが絶妙で、上品かつ朗らかに曲想を表現していました。アメリカの20年代の風景が浮かんでくるようです。終始ダイナミックで楽しい演技でした。この調子で国際大会でも活躍してもらいたいです。

セサイェホ
最高の濃さ。二代目グレッグ・ズーライン。男性はこれでもまだ21歳なのです。体のラインが細いので、これから体がガッチリしてくると、さらに妖しさが増してくることでしょう。パターンダンスタイプステップ、ローテーショナルリフトと怒涛の盛り上げでフィニッシュ。ルックスだけでなく、もちろん演技でも魅力を届けてくれました。

チョクベイ
昨シーズンと同じプログラムですが、女性は衣装を新調しました。白ドレスも素敵です。男性はやけに顔がすっきりして若返っています。なんなら5年前よりも若い。フィンステップの最初のキーポイントの男性の滑りが他のカップルとは明らかに違っていました。何の苦労もないように流れていきました。セカンドツイズルで女性がレベルを取りこぼしたものの、その後は立て直してストレスのない滑りで爽やかにフィニッシュ。PCSはハベドノと3項目が同じで、トランジションとパフォーマンスで0.1だけ上回りました。評価はほぼ横一線なので、FD次第で順位は入れ替わります。

2位と3位、3位と4位、4位とそれ以下にはかなり差があるので、順位はほとんど決まったようなものです。それぞれの演技の完成度を楽しみたいです。んんんんんんんんんんんんカレポノいないの寂しいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!せっかくツイズルが普通になってきたのにいいいいいいいいいいいいい!!!

女子LP
1 Bradie Tennell, Skokie Valley SC 153.21
2 Amber Glenn, Dallas FSC 144.50
3 Karen Chen, Peninsula SC 143.99
4 Alysa Liu, St. Moritz ISC 137.03
5 Mariah Bell, Rocky Mountain FSC 127.58
6 Audrey Shin, SC of New York 119.08
7 Lindsay Thorngren, Ice House Of New Jersey FSC 116.35
8 Rena Ikenishi, SC of New York 109.75
9 Gabriella Izzo, Academy at Mitchell Johansson Method 109.44
10 Starr Andrews, Los Angeles FSC 106.20
11 Finley Hawk, ISC of Indianapolis 100.76
12 Pooja Kalyan, Ozark FSC 99.17
13 Gracie Gold, IceWorks SC 95.17
14 Emilia Murdock, SC of San Francisco 87.55
15 Violeta Ushakova, SC of New York 86.50
16 Heidi Munger, Academy at Mitchell Johansson Method 83.94
17 Hanna Harrell, SC of Boston 73.79

女子リザルト
1 Bradie Tennell, Skokie Valley SC 232.61
2 Amber Glenn, Dallas FSC 215.33
3 Karen Chen, Peninsula SC 214.98
4 Alysa Liu, St. Moritz ISC 213.39
5 Mariah Bell, Rocky Mountain FSC 199.95
6 Lindsay Thorngren, Ice House Of New Jersey FSC 178.89
7 Audrey Shin, SC of New York 176.82
8 Gabriella Izzo, Academy at Mitchell Johansson Method 171.76
9 Rena Ikenishi, SC of New York 169.89
10 Pooja Kalyan, Ozark FSC 157.46
11 Finley Hawk, ISC of Indianapolis 152.84
12 Starr Andrews, Los Angeles FSC 152.13
13 Gracie Gold, IceWorks SC 149.05
14 Emilia Murdock, SC of San Francisco 138.80
15 Violeta Ushakova, SC of New York 136.26
16 Heidi Munger, Academy at Mitchell Johansson Method 136.05
17 Hanna Harrell, SC of Boston 130.72

ハイディ・マンガーさんのキスクラの背景映像に登場するロス・マイナーさん(彼氏)。

オードリー
3Lz-3T 2A 3S 3F 3Lz 3Lo-2T-2Lo 2A-3T fall
回転不足が課題の選手なので、かなりのジャンプに回転不足がついてしまいました。完全に回転できた3回転は3Loだけです。それでも、2A-3Tを転倒するまではしっかり演技できていました。物悲しい曲調なのに、コレオシークエンスで満面の笑みを浮かべながらスパイラルしちゃうところが年相応でかわいらしいです。

ハレル
3Lz so 3Lo fall 3Lz fall 1A 2A fall 3F fall 2F
実況の立場なのに千鶴さんが「がんばれ」と言ってしまうほどの遭難っぷり。桃みたいな絶妙な色合いの素敵なピンク衣装なのに。大人になる過程で難しい時期であると思いますが、乗り越えてほしい!

ゴールド
3Lz-3T so 3Lz fall 2A 3Lo 2A 3F fall 3S shaky
ステップアウトと回転不足ではありますが3Lz-3Tを組み込んできました。なかなかうまくいかなかった。キスクラの映像にはレイチェル・フラットやミライやカーリーが映っていました。過去のライバルがこうして応援してくれるのはいいですね。

イケニシ
3F-1Eu-3S 2A ot-3T 3Lz 3F fall 3Lo 3S 2A-2T
「ママよかったね映れて~」はワロタ。ママよかったですね。表現面でもまだまだ伸びしろがありますし、点数はさらに高いものが望めそうです。ジャンプはほとんど降りられましたし、来年はさらに上位に進出してほしいです。

イッツォ
2S 3F-2T 3Lz-2T 1Lo 3F 3Lz 2A
抜けたりコンボが入らなかったりですが、ルッツフリップ決めてくるあたりはさすがです。サンセット大通りのプログラムなので、究極の自己陶酔を見せてもらいたかったですが、ジャンプ中心の構成でした。コレオシークエンスではイナバウアーを2つ連続でおこないました。これは自己陶酔感ありました。屋敷の階段の上から歌い上げていそうな雰囲気でした。

カレン
2A-3T 3Lz 3F 3Lo df 3Lz-2T-2Lo 3S 3Lo-2T
予定構成にジャンプが6本しか入っていませんでした。最後の最後に3Lo-2Tを入れました。スリーターンから3Loを入れている割には、実は3Loのミスが多いカレンさん。今日はどちらも回転不足でした。セカンドトリプルや3Lzは高さも幅もよくて、調子はとてもよさそうでした。実に伸びやかな演技で、スケートリンクに春を運んできてくれました。

グレン
3F-3T 2A 3F 3Lz-2T-2Lo 3Lo-2T 3Lo 2A
3F-1Eu-3Sを入れ損ねた分、直後の3Lzでしっかりリカバリーして失点を最小限に止めました。アンバー・グレン史上最高の演技!うぇええええええええええええええええええええええええええええい!!!コンビネーションスピンからコレオシークエンスのところは、めちゃくちゃノっていました。ハイスコアに驚くのかわいい。

トルグレン
2A ot 2F-2T 3S 3Lo 3Lz-3T 3Lz-2T-2Lo 2A
サムデリでえんじ色の素敵な衣装。これが衣装だからな!黒一色とか白一色はただの布だからな!彼女も予定構成にジャンプが6本しかなくて、最後に2Aが入りました。ステップシークエンスでエッジを倒したときにバランスを崩しました。スケーティングはあまり得意ではないようです。それに緊張もプラスされてしまったのかも。後半のジャンプはよくがんばりました。変なボーカルもビートも入らない、奇をてらわないサムデリでした。現代では貴重です。

アリサ
2A 3Lz 2A-2T 3Lo 3Lz-3T 2F-1Eu-3S 3F
4Lzや3Aがないおかげで、助走が消え去ったので演技冒頭がスッキリしています。ステップシークエンスのターンでの体の処理の仕方とか、腕の使い方は目を見張るほど向上していました。これはローリー振付効果であり、アボットくんスケーティング効果であり、マッシモ表現効果でしょうね。回転不足と抜けの影響で惜しくも首位には立てなかったです。カレンとグレンがいい演技でしたからね。

テネル
3Lz-3T 2A 3Lo 3S 3Lz-3T 2A 3F-2T-2Lo
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!これは素晴らしかった。指先は繊細に動かしているのですが、ステップシークエンスではスケートがドンドン力を増してきて、音楽と一体化していくんですよ。それに鳥肌が立ちましたね。最後の膝をつくフィニッシュは転倒っぽかったですが、ディダクションはありませんでした。彼女としては理想に近い演技ができたと思います。かなりスリムなので、白と黒の衣装で体に奥行きを見せているのはなかなかよいと思います。シェルバコワとかも衣装で奥行き出してるんだよなー。

ベルたそ
3F fall 3Lo df 3S shaky 2A 3F shaky 3Lz-2T-2Lo 3Lz
1つでも失敗すると表彰台が危ない点差だったのですが、まさかの内容となりました。冒頭の3Fをミスするとは思いませんでした。SPでまさかのミスがあった時点で、まさかは二度起こりうるのですね。ABBAメドレーなわけですが、真ん中のマンマミーアがただのBGMになっていました。世界選手権20番台の選手が費用節約のためにセルフコレオで滑って納得できるレベルの振付。振付師・コーチ含めてチーム全体の失策だと思います。

表彰式はリンクサイドでメダルがかかった状態で始まりました。すごい気をつけているのに、外したマスクを入れる箱が同じという抜けっぷり。これがアメリカなのだ。USA!USA!USA!USA!

上位4名の選手は素晴らしかったです。特に感動したのはアンバー・グレンですね。ジュニアクラスに出ていた頃は、あまり個性のない選手で、シニアに上がっても、SPでそこそこまとめてLPで失敗するパターンが多かったです。ジャンプを強化して、表現面でも意図しているものをストレートに伝えられるようになりました。自分のセクシャリティも公にして、一人の人間としてアスリートとして表現者として成長してきました。彼女のがんばりが結実したから、この結果を掴めたのです。実績は他の選手ほどありませんが、世界選手権代表に選ばれるといいですね。

ベルたそは戦略上のミスだったとしか。本来は明るいキャラクターを演じる作品でも、クラシカル寄りな音楽でも演じられる幅広い芸風を持つ選手ですから、もっともっと合う音楽があるはずです。来シーズンもプログラム続行なんてことはしてはいけない。

明日は男子SP観てちょっと寝てペアの途中から観るか。
2020
01.24

全米選手権 3日目 ペアSP・女子SP

TESカウンターがスタイリッシュで見やすい。フジ超え達成。

ペアSP
1 Alexa Knierim, DuPage FSC
Christopher Knierim, Broadmoor SC 77.06
2 Tarah Kayne, Broadmoor SC
Danny OShea, SC of New York 70.35
3 Ashley Cain-Gribble, SC of New York
Timothy LeDuc, Los Angeles FSC 68.86
4 Jessica Calalang, DuPage FSC
Brian Johnson, Detroit SC 67.56
5 Audrey Lu, Dallas FSC
Misha Mitrofanov, Dallas FSC 65.06
6 Haven Denney, SC of New York
Brandon Frazier, All Year FSC 61.33
7 Olivia Serafini, SC of New York
Mervin Tran, SC of New York 61.08
8 Jessica Pfund, Southwest Florida FSC
Joshua Santillan, All Year FSC 58.48
9 Nica Digerness, Broadmoor SC
Danny Neudecker, Seattle SC 57.95
10 Allison Timlen, Columbia FSC (MD)
Justin Highgate-Brutman, St. Clair Shores FSC 55.60
11 Maria Mokhova, Chelsea FSC
Ivan Mokhov, Chelsea FSC 51.50
12 Laiken Lockley, DuPage FSC
Keenan Prochnow, DuPage FSC 50.86

GOE+1、PCS+0.25程度の控えめな盛り。
ルーミト
3Tw 3S 3LoTh
女性の身長が伸びたので限界を迎えそうな気もするが、持ち直してきました。3Sはペア選手としては高さも出ていました。女性はアメリカペア女子で一番ソロジャンプ安心して見られます。リバースラッソーの空中姿勢はいまひとつ締まりがない感じ。Show must go onで通す、ムーランルージュプロとしては珍しい編曲でした。曲が変わらないだけに、助けを借りられないので、緩急の創出が求められます。技術的にはOKな演技です。

シメクニ
3Tw 3T 3LzTh
今回は登録名をアレクサ・クニエリムにしてみました。At lastのリズムとツイストのふんわり感がシンクロしておりました。これぞ技術と音楽表現の融合。なんと3T成功しました!!!!!ユーロ圏の女子選手が好みそうなエレキ音源なのに素敵に滑っています。エレガントシメクニ良いやん邦衛夫人良いやん。国際大会でも74点ぐらい出そう。

デニフレ
3Tw 3LoTh fall 2S
スローループで転倒です。デニフレはスローループで詰まることは時々あるんですけど、転倒はなかなかありません。珍しいミスです。デススパイラはダンスリフトからの入りでした。シルクドゥソレイユの世界観を構成するためですね。ただ、デススパイラル本体がゆっくりになってレベルが取れないまま終わってしまいました。女性のドヤ感が薄めだったのが物足りない要因かも。シプレの例の件は、アメリカ国内のことだからジマーマンが帯同できるか不明だったけど大丈夫なようだ。

カラジョン
3S so 3Tw 3LzTh
3Sは男性が前向き着氷ダウングレードで壁に衝突。-4付けたジャッジはちょっと変。静寂からのスロールッツ、ダンスリフトのトランジションから、女性が足を持った姿勢でデススパイラルに入り、回転中に手を放してフリーレッグを伸ばします。回転速度も落ちることはなかったです。高い技術と独創性を同居させています。そしてカラジョンといえばリフトですね。こんなに軽々上げられるようになるなんて。ゾルコビーすごいな。GPSの演技を観て、4強崩しを確信しておりましたが、予想通りになりました。解散せずにミラノオリンピックぐらいまではやってください。

ケイン髭
3Tw 3S 3LzTh df
シンプルに良いツイスト、停滞も回転不足もなく揃った3Sも決めました。鬼門であるスロールッツは両足ですが、転倒が多いので最悪の事態だけは回避できたということで。デススパイラルがノーバリューになってしまったのは、男性の軸足の固定が外れてしまったからなの……?デススパイラルを半回転したあたりで、男性のかかとが下がって、固定し直しているように見えます。固定したまま最低1回転しないとエレメンツとしては認められません。4点以上の喪失は大きいです。理由を知って自分を納得させるまでに30回巻き戻しして気持ち悪くなりました。

タラダニ
3Tw 3S 3STh
プログラムが月の光になりました。バレエ音楽をたくさん滑っているし、クラシック曲の方が得意ですね。変更して正解だと思います。デススパイラルは柔らかな雰囲気を帯びており、優しく光る月を表現するのにピッタリのスタートになりました。スローサルコウは得意のダンスリフトから入り、着氷後には男性がニースライドをして、プログラムの隙間を華麗に埋めてくれました。3Sこそアンダーローテーションですが、まとまりのある演技でした。タラダニはノーミスでも調子の良し悪しが分からない。

女子SP
1 Bradie Tennell, Skokie Valley SC 78.96
2 Alysa Liu, St. Moritz ISC 75.40
3 Mariah Bell, Rocky Mountain FSC 73.22
4 Amber Glenn, Dallas FSC 73.16
5 Karen Chen, Peninsula SC 70.41
6 Gabriella Izzo, Academy at Mitchell Johansson Method 65.94
7 Starr Andrews, Los Angeles FSC 65.86
8 Paige Rydberg, Broadmoor SC 60.82
9 Courtney Hicks, Broadmoor SC 60.25
10 Maxine Marie Bautista, DuPage FSC 59.47
11 Sierra Venetta, SC of San Francisco 57.98
12 Rena Ikenishi, SC of New York 57.47
13 Gracie Gold, IceWorks SC 54.51
14 Alex Evans, Los Angeles FSC 53.53
15 Emily Zhang, SC of Wilmington 52.48
16 Caitlin Ha, Glacier Falls FSC 51.48
17 Sarah Jung, Columbia FSC (MD) 51.09
18 Alyssa Rich, Dallas FSC 45.25

木曜開催とは思えない埋まり具合。

アンドリューズ
3T-3T 2A 3Lo
ジャンプは3本とも見事です。フライングキャメルから音楽にビートが入りますが、そこで雰囲気をチェンジさせられるのが良いですね。後ろの項目で高い評価を受けました。

カレン
3Lz-2T 2A 3Lo
3Lz-3Tは回避してクリーンに。回転不足になりがちなので、クリーンに滑ってPCSも上乗せしてもらった方がLPに繋がります。レイバックスピンは満点を獲得しました。すべてのポジションが明確で美しいです。NHK杯と同じ流れになりませんように。

ゴールド
3Lz df-2T 1Lo 2A
ギンギラギンにさりげないゴージャス衣装。50万ぐらいしそう。あっこの言葉が沁みるねえ。復帰経験者が語ると重みが違います。ましてやゴールドは世界のトップでやっていたわけですし。アイプッタで呪いかけられるぐらいキレキレになれる日が訪れますように。

ヴィクトール・ファイファー先生かっこいい。

テネル
3Lz-3T 2A 3F
GPSは夏の怪我の影響で得意のスピンがまったり回転になっていたので、まずそのスピンが100%完全に戻ってきたのが嬉しいです。コンビネーションスピンで+5が許されるのはテネルとワリエワだけなのだ。赤白衣装で2分40秒でリンクを統べるなんて、これはもう実質ウルトラマンだな。地球征服完了したウルトラマンだな。

グレン
3F-3T 2A 3Lo
3F-3Tダイナミックに着氷しました。全日本選手権ならアテンションの付きそうな踏み切りでした。感情を爆発さえた演技だけど、フリーレッグが伸び切らず男前なところに性格が表れていました。グレンはSPは良いのでLPですよね。アリサがシニアの大会には出られないので、順位をキープすれば四大陸!

ヒックス
3F-3Lo shaky 2A 3Lz df
24歳ベテランになりました。同世代の選手が次々といなくなる中で続けてくれるのは嬉しいです。ベテランになって襦袢の雑さが緩和されました。インタープリテーションの評価厳しい。

アリサ
3A so 3F 3Lz-3T
3Aをステップアウトしても回転さえ足りていれば2Aよりも美味しいです。もぐもぐ。ステップシークエンスで常に笑顔を浮かべながら滑っていたので、こんな笑顔で微笑みかけられりゃ、ジャッジも+1高くしようって思っちゃいますよね。JGPFから1か月半しか経っていないのに、演技がグッと洗練されて、一つひとつの要素の質が改善したように思います。ジュニア選手は短期間で驚くほど上達しますね。

ベルたそ
2A 3F-3T 3Lz
鬼調子良いです。テキーラでも呷ってきたんじゃないか?というぐらいのテンションブチ上げ具合です。ジャンプも失敗する気がしませんでしたね。ステップシークエンスで思わぬ転倒があったので、転倒と相殺して-3評価のジャッジが多かったです。滑りきっていれば+4はもらえたでしょうね。77点前後が出ていたはずです。

イッツォ
3F-3Lo shaky 3Lz 2A
スカートが長いからめっちゃ空気抵抗受けそう。空気抵抗ヤバそうな衣装や髪型にする選手好き。そうまでして見せたいものがあるということだから。ミッチェルヨハンソンチームの選手としては少し滑りが弱いので、大きく動くことでそれをカバーしようとしている風に見えました。

今週末のデスロードでは、全米女子は優先順位第7位だったので、軽く観ようかなーーーぐらいの気持ちでいたのに、こんなにレベル高いとちゃんと観なきゃいけないじゃないか。

ちなみにデスロード優先順位1位は全米男子。理由はマレーバクの監視。国際マレーバク監視団(International Malayan tapir Observers)の団長を務めておりますので。
2019
11.09

中国杯 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)152.53
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)143.53
3 Satoko MIYAHARA(日本)142.27
4 Young YOU(韓国)130.32
5 Sofia SAMODUROVA(ロシア)121.30
6 Amber GLENN(アメリカ)110.66
7 Marin HONDA(日本)106.36
8 Hongyi CHEN(中国)105.68
9 Yi Christy LEUNG(香港)103.57
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)96.82
11 Yi ZHU(中国)86.44 PB
12 Yujin CHOI(韓国)82.73

女子リザルト
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)226.04
2 Satoko MIYAHARA(日本)211.18
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)209.10
4 Young YOU(韓国)191.81
5 Sofia SAMODUROVA(ロシア)185.29
6 Amber GLENN(アメリカ)178.35
7 Marin HONDA(日本)168.09
8 Yi Christy LEUNG(香港)157.47
9 Hongyi CHEN(中国)155.12
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)149.83
11 Yi ZHU(中国)139.63 PB
12 Yujin CHOI(韓国)131.48

クレイン
3F 3Lz-1T 2A-1Eu-3S 3Lo 3Lz 3Lo-1T 2A
セカンドジャンプが1回転になりましたが、予定した3回転は着氷しました。回転不足やエッジエラーで、TESが速報から12点下がりました。特別厳しいとは思わないです。ジャンプで力を使っても表情は最後まで気を抜きませんでした。おーーーいサマリン、アリエフ、ラズーキンこういうことするんだぞ!OK?

ホンイー
3T-3T 2A-1Eu-3S 3Lo 3Lz so 3Lz-2T 3F 2A
大きなミスはダウングレード3Lzのステップアウトだけです。儚げな表現で彼女の雰囲気に合っています。コンビネーションスピンのスピンのほどき方なんかもなかなか素敵でした。彼女のタノは腕をまっすぐ伸ばすので、わざとらしさがなくて表現の妨げになりにくいです。3つタノが続くルッツとフリップのゾーンはちょっとしつこいかもですね。

ユジン
3F fall 3Lz fall 3Lo 2A 3F fall 3S 2Lo
ユナがシェヘラザードを滑ったのは11シーズン前なので、もう使っても大丈夫でしょう。コンビネーションが入らず、転倒も3度ありましたがよくがんばりました。大きな舞台で滑ることは彼女にとって刺激になったと思います。

クリスティー
3Lz 3F 3Lo 1A df 2A-1Eu-3S 3Lz 3F ot-2T
3Lzが2本とも単独ジャンプになりました。2本目は+REPとなり基礎点が下がります。2本ともコンボ付けられそうに見えたのですが、回転不足だと感覚が違うのかもですね。

ヨンユー
3A fall 3Lz-3T 3Lo 3Lz-1Eu-3S 2A-3T 3F 2A
ガッチガチのSPからカムバックしました。転倒からも立て直せました。ステップシークエンスで足にきてしまったけど、そこからもういっちょ復活して最後まで気高く演じ切りました。デビューシーズンよくがんばりました。金メダルチョコを贈呈します。

イージュー
3Lo 3Lo-2T 1S 3T fall 2F A 2A to
予定構成からジャンプを大きく変更しました。最初の3Lo2本で力を使ってしまいましたね。これも経験です。

サモドゥロワ
3F-3T 3Lz 3Lo 3F 2A-3T 3S-2T-2Lo 2A
呪いをかけてきそうなロクサーヌ。でも相手から呪いをかけ返されて呪われそう。織田さんもコレオシークエンスに言及していましたが、僕はこれがコレオシークエンスだと気付きませんでした。マイナス評価を受けても仕方ないと思います。

リーザ
3A-2T 3A 3Lz so 3F 2A-3T-2T 3Lz+2A 3Lo
昨シーズンのプログラムに戻しました。今シーズンと昨シーズンのプログラムにそれほど差はないので、なぜ戻したんだろうというのが正直な感想です。ジャンプはさすがの一言です。

真凜
3F so 3F df 3S 1A 3Lo 2A-2T-2Lo 3T fall
スケカナほどは上手くいかなかったです。きれいに入ったジャンプは3Sと2Aからの3連続ぐらいです。すべて決まれば125点は狙えますし、SPと合計190点は狙えます。全日本選手権での上位入賞も現実的です。ここで折れてはいけないのだ。

グレン
3F-3T 2A-1Eu 1Lz 3Lo 3Lo-2T 3F 2A
割とまとめた方に思えたのですが回転不足のジャンプがいくつかありました。切ない曲で切ない表現だけどやっぱり1人で生きていけそう。女友達に話したらスッキリしてパンケーキ食べそう。

宮原
2A 3Lz-3T 3Lo 3S 3F-2T-2Lo 3Lz 2A-3T
3Loで足首が固まらなくなる呪いをかけたので今日はいいジャンプが降りられました。回転不足のジャンプもあったので、暫定首位に立てるか心配でしたけどよかったーーーーー。スケーティングや表現に伸び代のある選手が多い大会なので、世界のトップで活躍する宮原の表現は二枚も三枚も上手でした。右手に付いたヒラヒラの飾りは、普通の人間なのに、ただ生きたいだけなのに、それを言葉に表現できない人たちの形にならない声を表現しているようにも思えます。衣装単体として見ると物足りないけれど、プログラムとの調和の面ではシンプルさがいい味を出しています。

シェルバコワ
4Lz-3T 4Lz 2A 2A 3Lz-3Lo 3F-1Eu-3S 3Lz
はい軽々ーーーーー。派手好きな中国人は衣装チェンジが大好きらしい。こんなにいい反応してくれる観客なかなかいませんよ。速報から12点下がりましたが、それでも圧倒的でした。LINEのクマの巨大なぬいぐるみもらいました。巨大ぬいぐるみはもらったときは嬉しいけど、ずっと置いてるとダニは沸くし、お洗濯も業者に頼まないといけないんだなこれが。

シェルバコワは冒頭の4Lzがアンダーローテーションで、4本のルッツすべてにアテンションマークが付けられました。スローで見てみるとたしかにこれはダメなやつですね。エテリ勢のルッツ狙い撃ちされてるのかな。宮原は後半の3回転3本にアンダーローテーションでした。特に厳しくはなく妥当な判定でした。アンダーやロングエッジが3、4本付くのが普通な中で、リーザは無傷でした。教科書ジャンパーすげええええ。

シェルバコワが連勝でGPFを確定させました。宮原は連戦となります。ここでも2位か3位は狙えるのでGPFが現実的になりました。中国杯で2位になったのは大きかった。
2019
11.08

中国杯 1日目 女子SP

女子SP
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)73.51 PB
2 Satoko MIYAHARA(日本)68.91
3 Amber GLENN(アメリカ)67.69 PB
4 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)65.57
5 Sofia SAMODUROVA(ロシア)63.99
6 Marin HONDA(日本)61.73
7 Young YOU(韓国)61.49
8 Yi Christy LEUNG(香港)53.90
9 Yi ZHU(中国)53.19 PB
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)53.01
11 Hongyi CHEN(中国)49.44
12 Yujin CHOI(韓国)48.75

イージュー
3Lo 3S-2T 2A
Yi ZHU。めっちゃ名前短い。3Loのコンボが単独になり、2本目のジャンプは3Lzを回避して3Sからリカバリーしてまとめました。

ホンイー
3Lz fall 3F-2T 2A
ミーシャの前半ゆったり&選手の踊り心に依存した振付は、ジャンプを失敗してしまうと辛いものがありますね。ミーシャは中堅選手以上でないと難易度高すぎなのだよ。成長とともにジャンプの回転不足が目立つようになってきました。G線上のアリアだから、この会場にいるアレクサンドル・ズーリンさんに振付し直してもらおう!

ユジン
2A 3F-2T 2Lo
3Lzを入れない韓国女子。3Lzは韓国女子のソウル!韓国の首都はソウル!動く城はハウル!なのにGPSに出場してくるなんてがんばりましたね。3Loはもったいなかった。

クレイン
3Lo 2A 3Lz-1T
3Lo-3Loにできなかったので、3LzでリカバリーしようとしたもののセカンドがシングルになりGOE-5に。あまり滑ってはいないけれど、顔芸はチョックさんよりも強かったです。

クリスティー
3Lz-3T shaky 2A 3F
ジャンプの回転不足で速報からかなり点数が下がりました。ジャンプはしょうがない!と開き直るとして、ステップシークエンスでテクテク歩いてしまっているところには問題アリです。滑るんだ!!!

グレン
3F-3T 2A 3Lo
普通の選手なら儚く見えるスパイラルのスライドも彼女にかかればワイルドムーブメントに仕上がります。とても男らしかったです。恋愛ソングのはずなのに、年上の彼氏に逃げられて、お腹に宿した命を一人で育てていこうと決意する女性のようでした。アメリカ女子ですからね。

ヨンユー
3A fall 3Lz-3T 3F fall
3Aと3Fで転倒でした。3Aで失敗しても他をまとめられる力を持つ選手なので、GPF進出がチラついて硬くなってしまいましたかね。滑りもスケカナほどはよくなかったです。カメラワークがひどいので分かりにくいのもありますけどね。

シェルバコワ
2A 3F 3Lz-3Lo
スパイラルから2A着氷してキャイーンの決めポーズ。キャイーンでは+4はもらえないようです。シェルバコワがジャンプで+4をもらうには実績を残してネームバリュー加点をしてもらうようにならなければ。

真凜
3Lo-3T 3F fall 2A
3Lo-3Tはセカンドが回転不足でした。6分練習で成功したものは、セカンドジャンプにもっと高さが出て流れがありました。3Fは進藤さんがフラグを立てたので転倒しました。ジャンプを転倒してもステップシークエンスのレベルを取りこぼさなくなったのは成長です。でもスケカナの方が明るく滑っていたように感じました。アドレナリンで逆にキレキレだったのか?

宮原
3Lz-3T 2A 3Lo shaky
3Tと3Loの回転が足りません。3Loは6分練習でも上手く入っていませんでした。ジャンプがさらに低くなったように感じました。演技終盤はもっとオラついた滑りを見せてもらいたかったですが、彼女にしてはリンクの使い方も大人しめでした。世界選手権のSPのようにスピンでガチガチになり、彼女の持ち味は発揮できていませんでした。知子氏への期待値はもっと高いわけですよ。これでは満足できません。絶対にこのプログラム滑りこなしてくれ!

リーザ
3A fall 3F-2T 3Lz
珍しく3Aで転倒しました。3Fはこれでもか!と見せつけるインサイド踏み切りでした。これで違反取るテクニカルがいたらイカれています。ジャンプを完璧に降りられなくなってきたので、じわじわとPCSが落ちてきました。

サモドゥロワ
3F-3T 3Lo 2A
濃い霧の中にいるサモさん。今日はその霞みの向こうから灯台の光が見えました。回転不足はありますが、予定していた3本のジャンプは降りられましたから。

シェルバコワは3Lzにアテンションです。クリーンプログラムならず。宮原は3Tと3Lzでアンダーローテーションでした。リーザの3Fにロングエッジの判定はございません!クリスティーはジャンプ全部回転不足……。今週はジャンプに課題を持つ選手が多く出場しました。

宮原は日露米のトップ勢で最も派遣運に恵まれました。今大会2位以内に入りGPF進出へ望みを繋ぎたいはずです。3Loで足が固まらなくなる呪いかけるとするか。
2019
10.20

スケートアメリカ 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)160.16 PB
2 Bradie TENNELL(アメリカ)141.04
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)138.69
4 Kaori SAKAMOTO(日本)129.22
5 Eunsoo LIM(韓国)120.54
6 Wakaba HIGUCHI(日本)109.56
7 Yi Christy LEUNG(香港)109.43
8 Veronik MALLET(カナダ)105.06
9 Amber GLENN(アメリカ)104.92
10 Karen CHEN(アメリカ)99.64
11 Mako YAMASHITA(日本)96.19
12 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)95.12

女子リザルト
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)227.76 PB
2 Bradie TENNELL(アメリカ)216.14
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)205.97
4 Kaori SAKAMOTO(日本)202.47
5 Eunsoo LIM(韓国)184.50
6 Wakaba HIGUCHI(日本)181.32 PB
7 Amber GLENN(アメリカ)169.63
8 Karen CHEN(アメリカ)165.67
9 Yi Christy LEUNG(香港)163.68
10 Veronik MALLET(カナダ)161.75
11 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)143.39
12 Mako YAMASHITA(日本)142.40

クリスティー
3Lz-3T 3F 3Lo 2A 2A-1Eu-3S 3Lz shaky 1F-2T
今週末3度目のシルクドゥソレイユです。ラスベガス開催ですしね。ミステリアスな演技を目指しているのかもしれませんが、どうしても悲しい過去を持つ悪の女幹部みたいな仕上がりになっちゃうんだなこれが。コレオシークエンスは加点がなかったので改良の余地ありです。イナバウアーの後が大雑把でした。

山下
3F fall 2A 3Lo 2A 3Lz so 3Lz-2T 3S so
転倒ありつつも前半のジャンプは頑張りましたし、肩をよじらせて女性らしい演技を心がけていました。しかしコレオシークエンス辺りから表現がなくなりました。後半部分は滑り込みができていないのだと思います。ステップシークエンスはレベルを取るためだけにターンを踏んでいました。怪我による練習不足がモロに出ていました。当人が一番辛いでしょうね。

コンスタンティノワ
2A-3T 3F-2T 3F 3Lo 2Lz fall 2A hd 3Lz fall
後半のジャンプが崩壊。回転不足もあるのでTESが伸びません。キスクラでは悲痛な表情。

グレン
3F 2A-1Eu-3S 1Lz 3Lo 3Lo-2T 3F fall 1A
良いときと悪いときの差が大きいですね。USクラシックで健闘したので、人材不足のアメリカ女子で活躍できるチャンスでしたのに。点数が発表された際の顔芸がおもしろかったので2点加点したい。

マレ
3F 3T shaky 3Lo 3S df 3T-2T 2A-2T 2A
3人連続でジャンプのミスが多かったので、アメリカ人は転倒がない演技に喜んでいる模様。降りられる種類のジャンプでしっかりとまとめられました。エッジで指を切って血ドバドバ。スケーターにとっては珍しいことではないだろうけど、ピーラーで指切っただけで大騒ぎする僕には信じられない世界。

ウンス
3Lz-3T ot 3Lo 3F+2A 3Lz 3S 3F so 2A
猛烈なスピードから繰り出されるジャンプの迫力よ。オータムクラシックと比較すると所作の美しさが格段にアップしていました。

リーザ
3A-2T 3A 3Lz+2A 3F 2A-3T-2T 3Lz 3Lo
3A軽々と2本成功させました。3Aって簡単なんだね!一方で3Lzがあまりきれいに入らないです。ジャンプはいいけれど、ジャンプ以外の部分がスカスカにも程度があるので、せめて昨シーズンのLPぐらいと同程度には動かないとPCSが出ません。レベルも取りきらないとせっかくの3Aのアドバンテージを生かせませんしね。

カレン
3Lz 3F 2A-2T 3S fall 2A-1Eu-3S df 3Lz fall 3Lo fall
前半はコンボでも無理せず無難にまとめました。3Sからは全ミスでした。ジャンプを全部終えてストリーミングが途絶えたので演技の終盤については分かりません。彼女は技術を戻している最中です。まだまだこれからよ。

シェルバコワ
4Lz-3T 4Lz 2A 2A 3Lz-3Lo 3F-1Eu-3S 3Lz
ぶひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいなんじゃこりゃああああああああSPの出遅れなんて弾き返しましたよ。しかもこれでもノーミスではないというね。

新葉
2A 3Lz fall 3S 2Lo 1A 3F-2T-2Lo 3Lz-2T
SPのようにはいきませんでした。最後はコンボ2つで踏ん張れました。フラメンコの速いテンポと細かい音を拾いきれるだけの体力が最後まで残っていません。このプログラムもまたパワー全開の状態でお目にかかりたいものです。お団子を止めていたピンが外れましたが、衣装の落下による減点はなかったようです。

坂本
2A 2F-3T 3Lz 2S 3Lo-2T 2A-3T-2T 3Lo
抜けぇ……。マトリックスはジャンプを決めまくってスピードに乗らないと厳しいですね。ちょっとミスがあっても取り返せるピアノレッスンは、今思えば優秀なプログラムだったのだな。

テネル
3Lz-3T 2A 3S 2A 3Lz-3T to 3F-2T-2Lo 3Lo
国別対抗戦並みの演技+地元加点があればシェルバコワに勝てましたが、1ミスが出た時点で優勝はなくなりました。怪我があってもこれだけの滑りができるのは素晴らしいです。PCSはもちろん1位ですが現実的なスコアに落ち着きました。プログラムがいいしいずれ9点台も出るでしょう。

シェルバコワは3Loと3Sのアンダーローテーション、ステップシークエンスレベル2がありながらこのスコアを出しました。リーザは3Fにロングエッジなし!もう一生付かないで!

次週はスケートカナダです。時差は15時間なので日本時間の深夜2時~11時過ぎまで競技がおこなわれます。

午後3時過ぎまでフィギュアスケート観たことなかったですよ。現地23時25分ってどういうこっちゃ。選手やボランティアのこと考えて!
back-to-top