FC2ブログ
2018
08.01

新ペア結成 ウスティムキナ&ロゴノフ

http://tass.ru/sport/5418911

アレクセイ・ロゴノフに新しいパートナーが見つかりました!お相手はアリーナ・ウスティムキナです。つい今朝、ニキータ・ボロディンについてJGPSの記事で言及したばかり。そのボロディンの元パートナーです。

7月18日にウスティムキナと練習をし始めて、約10日での発表となりました。この短期間のことなので、まだ出場する試合などは決まっていないそうです。

ロゴノフが1988年6月生まれの30歳、ウスティムキナが2000年9月生まれの17歳。13歳差(ロシアの教育制度でいうと12年差)て。干支一回りしちゃった。マルちゃんが7歳差、アスタホワが9歳差(ロシアの教育制度でいうと8年差)で、年齢差がどんどん開いています。ロシアで20代のパートナー探し中か、シングルから転向する女子選手なんてほとんどいないでしょうしね。仕方ないんですけどね。

バイクに新パートナーを乗せて颯爽と登場。ツイストはダブル、リフトは一通りこなし、スロートリプルループを降りています。ロゴノフの練習拠点に移ったので、コーチはアルトゥール・ドミトリエフです。
2018
06.25

クリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ 解散

Мне очень сложно писать этот пост. Но и промолчать я не могу. По всей видимости, этот Олимпийский сезон станет для нашей пары с Кристиной Астаховой заключительным. Кристина приняла решение уйти из спорта. Я был настроен кататься ещё как минимум 4 года. Но переубедить или уговорить Кристину продолжить кататься не получилось ни у меня, ни у тренера, ни у Федерации фигурного катания. И её можно понять. Все эти изматывающие тренировки, травмы, нагрузки, неудобное расписание с 10:00 до 22:00, хореография 6 раз в неделю, постоянное безденежье, стресс на соревнованиях, ответственность за Страну...да ещё этот неугомонный Рогонов, готовый терпеть вот это всё ещё 4 года😄 Нас назвали КристАлики... И я был бы рад ещё посиять на льду, но, похоже, решение Кристины окончательное. Возможно, когда-нибудь вы увидите нашу пару в ледовых шоу. Но сейчас я чувствую в себе силы, и непреодолимое желание продолжать расти как спортсмен и соревноваться. Поэтому в данный момент рассматриваю все возможные и невозможные варианты... Спасибо нашему тренеру Артуру Дмитриеву за его поддержку и крепкое плечо. Спасибо хореографу Сергею Комолову за веру и крутые программы. Спасибо Кристине Астаховой за терпение, труд и невероятный талант! Спасибо нашим болельщикам за поддержку и любовь! Спасибо Федерации фигурного катания России за понимание и этот замечательный видеоролик! Это было круто, но лучшее, конечно, впереди! #АлексейРогонов #ффккр #inSkate

Alexey Rogonovさん(@rogonov_alex)がシェアした投稿 -

クリスティーナ・アスタホワアレクセイ・ロゴノフの解散が、ロゴノフのインスタグラムやvkで発表されました。

ペア解散の理由はアスタホワの引退。アスタホワは引退しますが、ロゴノフはあと4年間競技を続ける意向があります。アスタホワに対しての説得は、ロゴノフからも、コーチからも、連盟からも上手くはいきませんでした。

でもそれは、ロゴノフも理解できるところ。怪我、朝10時から12時間の練習、週に6回の振付、慢性的な金銭問題、大会のストレス、国を背負う重圧に疲れ果ててしまうからです。でもロゴノフは、それに4年間耐えていく準備があります。

いつか2人でショーに出ることはあるかもしれないけれど、ロゴノフは今、強い気持ちを持っていて、アスリートとして成長し競技を続けていくという抑えきれない願いを持っています。

コーチ、振付師、パートナーのアスタホワ、ファン、連盟に対しての感謝を述べ、挨拶を締めくくりました。

21歳と若いアスタホワの引退は寂しい限りですが、彼女自身がやりきったと感じるのであればそれで正解です。ロゴノフは現在30歳。次のオリンピックまで戦うと33歳まで現役を続けることになります。家族を持つロゴノフが、その選択をすることは勇気が必要だったはずです。

シーズン越しにプログラムの続きを演じるという、ややこしい選曲は我々を大いに驚かせてくれました。ロゴノフが9歳も年下のパートナーを連れてきて、一時はどうなるかと思いましたけど、リフトやツイストを少しずつ改善して、繰り上がりではありますが、オリンピックや世界選手権の出場も果たしました。2人のこれからを応援したいです。

お偉いさんの反対にあって、イメージビデオまで作ったのに競技用としては没にされてしまったオネーギン。でも実際エキシビションで観てみると、ボーカルがうるさくて「あれ?」となったオネーギン。新しいパートナーもこういうノリができる女の子でありますように。

引退・解散・休養ラッシュには、ボブソロを除くとあまり関係なかったロシア。これ以上はいらないですよ。
2018
06.05

アスタホワ&ロゴノフ 来シーズンは休養

https://rsport.ria.ru/figure_skating/20180605/1137663126.html

クリスティーナ・アスタホワアレクセイ・ロゴノフの休養が発表となりました。昨日、コーチのアルトゥール・ドミトリエフから「アスタホワが休みたいと言っている」発言がありました。今日出た記事では、アスタホワが「リラックスしてフィギュアスケートから離れたい。どのくらいの期間かは分からないけれど、1シーズンは休養すると思う」と発言しました。

まだ21歳のアスタホワからの発言なので驚きました。6月6日で30歳になるロゴノフの方ではなくです。ロゴノフはコーチ業をしていて、スケートのキャンプもおこないました。それからバンドでドラム叩いて楽しそうにしています。ロゴノフはいつでもロゴノフ。親友のノダリー・マイスラーゼがファンタジーオンアイスから戻ってきたら、夏の間は2人でアホなことをするのでしょう。

オリンピックも世界選手権も繰り上がり出場で、タフなシーズンを送りました。体をゆっくり休ませてほしいです。
2018
03.23

世界選手権 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)162.86 PB
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)144.24
3 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)143.04
4 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)133.84 PB
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)133.53 PB
6 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)133.50
7 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)132.05
8 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)130.65
9 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)130.54
10 Cheng PENG / Yang JIN(中国)130.09
11 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)123.31 PB
12 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)122.45
13 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)121.57
14 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)119.09 PB
15 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)112.49
16 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)112.44

ペアリザルト
1 Aljona SAVCHENKO / Bruno MASSOT(ドイツ)245.84 PB
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)225.53
3 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)218.36
4 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)207.88
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)206.06 PB
6 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)204.33 PB
7 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)203.36
8 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)202.16
9 Cheng PENG / Yang JIN(中国)202.07
10 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK(イタリア)202.02
11 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)189.60 PB
12 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)188.77
13 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)184.83
14 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)184.30 PB
15 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)182.04
16 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)177.46

アレウィン
3Tw 3S 2T-2T-1T 3FTh shaky 3STh
ウィンザーが大変お疲れで、3連続が抜け、スロージャンプの投げ方が雑になり、デススパイラルをきれいに回せずよろけるなど細かいミスが重なりました。コレオシークエンスが入っていたはずなのですが、加点なしでいつの間にか終わっていました。あまりよくない出来。

白鳥組
3S hd 3Tw 3T-2T-2T 3FTh 3STh
ツイストはかなりもたれかかっています。-2ぐらいの評価です。3連続は安定。リバースラッソーは助走が長く、上げてからの回転がゆっくりでした。今にも落としそうだったのでヒヤヒヤ。リフトは3つとも怖かった。プラスを大きくは積み重ねられませんが、5回目の世界選手権で初めてLPを滑り、パーソナルベストを更新できて何よりです。

ホッケ組
3Tw 3T-2T-2T 3LoTh 2A 3STh
ほぼノーミスの演技でした。3連続のタイミングが少しズレたり、グループ3のレベルの取りこぼしがあったぐらいです。それから演技中盤のソロで滑る部分で離れているのが目立ちますかね。ソロで滑る方がむしろ生き生きしている不思議なロミジュリ。思春期ってデートするより同性の友達と遊ぶ方がおもしろいしな。

アナマル
3T 3Tw 3S-2T-2T 3LzTh hd 3STh
ビダージュの胸板が激厚に。女性の身長が伸びているので、その分自分が大きくなるスイハン方式ですね。男性のツイストの投げ方やリフトの捌き方があまりにも上達しすぎたせいか、女性のポジションチェンジのスピードと伴わず、消化不良を起こしているような。女性が必死になっていてリフトが不安定になっていますし、レベルが取れていません。イジーとアホ動画撮ってたのに今シーズン覚醒したのか!いいよー。

リョムキム
3Tw 3T-2T 2A 3STh 3LoTh
SPであまりよくなかったツイストがクリーンに入りました。加点もりもりです。2Aの回転が足りなくなるのはこれからも課題です。大きなミスなく演じました。シャンソンのプログラムですが、これを演じる下地というのがまったくないと思うんですよね。海外の情報なんて得られない国の人に、これを振付けるなんて完全に戦略ミス。BGMという感じ。2人はよくがんばった。チームの大人の問題。

シメクニ
3Tw 3STh so 3S df 2A+2A 3FTh fall
クワドツイストは回避。トリプルに高さはありましたがキャッチがいまひとつ。3Sは女性が両足着氷。デススパイラルは足が引っ掛かって潰れて転倒、スローフリップは堪え切れずに転倒。女性の不調が目立つ内容です。シメカが泣いてしまったので、演技が終わった途端フォローに入る邦衛。そう・・・今回邦衛はソロジャンプを失敗しなかったのである。

ユージャン
2S 3Tw 3T-2T 3LoTh 3STh
シャオユーの3Sが2回転に。スロージャンプはいつもの質です。ですがリフトが3本ともよくなかったですね。滑らないので女性の回転と噛み合わずに、グオングオン振り回されています。ハオジャンがこんなリフトをするってことは、確実に氷の問題でしょう。インタープリテーションが低いですが、SPと違って今日は同意です。来シーズンはウィルソンの振付が見たい。

モーマリ
3Tw 2A-1Lo-3S 3LoTh shaky 3T 3STh
3連続のタイミングが少しズレました。スローループで詰まるモーマリには珍しいミスもありましたが、そこからは安心して見られました。日曜のちびまる子ちゃん~サザエさんぐらいの安心感。カナダは2枠獲得です。来シーズンからはセガビロとの2強なので、自分たちの枠を確保する意味で大事な演技でした。

アスロゴ
3T-2T-2T tano 3Tw 3S fall 3FTh 3LoTh ot
3Sの着氷が音楽の「ジャンッ!」という部分に重なっています。そこで転倒して、場内から「Oh.....」の声が漏れたので、アメリカのホームドラマっぽくなってしまった。ミスはありますが、今日も楽しいララランド。リバースラッソーが進まないのはいつものことなのであまり気になりません。グループ3の移動が止まりかけて、加点がほとんどもらえなかったので、これは氷が悪いのかロゴノフの体力がないのか。どちらもか。

マルホタ
3Tw 3T shaky 3S fall 3LoTh 3FTh
ツイストに成功して最高のスタート。マルケイが連続でジャンプミスをしてああ・・・。その横で冷静に2Tをつけて、+REPになるのを防ぐホタレック。ふざけているように見えてちゃんとしているホタレック。スロー安定。リフトが超絶不安定なペアばかりでしたが、マルホタは上手でした。危険なおまたリフトも難なくこなしています。

ペンジン
3T-1T 2S 3Tw 3LoTh 3STh df
ペンちゃんのセカンドジャンプが1回転に。2Sは2人ともなので大きな失点にはなりません。パントンみたい。スローサルコウが両足着氷になりました。高さ出しすぎ?美しいプログラムではありますが、印象に残りにくいです。でも思ったよりPCS高く出ました。パンチくれパンチ。そうだ、来シーズンはズエワ振付にしよう(シェヘラザードはNO)。

デラモデル
3S 3Tw 3T fall 3LoTh td 3STh
3Tでデラモニカが転倒。モデルはきれいに降りたのにコンビネーションを付けていません。これで+REPになります。止めちゃダメーーー。スローはなんとかこらえました。質の高いリフトとピッタリ揃ったソロスピンで感動的にフィニッシュしたので、ジャッジへの印象はいいと思います。

ザビエン
3Tw 3T-2T-1Lo 3S so 3FTh 3LoTh hd
3連続でエンベルトが抜け。3Sはザビアコが回転も大丈夫できっちり着氷したのにいいいいいいいいいいエンベルトおおおおおおおおおおおお!鉄板のスローループではお手付き。なかなか噛み合わない。立ち止まって衣装チェンジしたけれど、会場から歓声のひとつも飛ばない悲しみ。白いから分からない。

ヴァネシプ
3Tw 3T-2T tano-2T 3STh fall 3S 3FTh
3連続めちゃんこピッタリ。スロークワドは回避しましたが、トリプルは高さがありすぎたのか転倒。クワドのような高さでした。3Sでこらえ、スローフリップはパーフェクト。SPと同じくジャンプ以外でガンガン加点を積み上げました。シプレ今日は調子に乗ってもOK。ヴァネッサは両親の目の前で結果を残せて嬉しいでしょうね。

サフマソ
3Tw 3FTh 3S-2T-2T 3T 3STh
はい完璧。オリンピックのさらに上をいく完璧な演技です。スローサルコウの流れのあれはまあ!まあね!オールレベル4で取るところまで取りきり、GOE+3連発させました。オリンピックの再現してくれ!と言ったものの、まさか本当にやってくれるとは。マッソーが泣くのはいつものことですが、今日はサフ子も感極まっていました。来シーズンからルールが変わります。今のルールでやれることはやりきったそんな演技でした。めでたしめでたし・・・。

タラモロ
4Tw 2S 3STh 3T-2T-1T 3LoTh
と終了の気分になりましたがタラモロがいるのです。クワドツイストで大きく貯金を作り!モロゾフが2回転に。3連続でもモロゾフ・・・ああ・・・。スローループでは立て直しました。ここで転倒してもまだ銀メダルは獲得できますが、当然降りた方がいい。序盤中盤終盤でメリハリがつけられるようになるといいんですけどね。キャンディマンの滑りのままセクシーパートに入るから違和感がね。オリンピック最終滑走で表彰台から落ちてしまったので、今回は涙にならなくてよかった。

来年の出場枠
3枠 ロシア
2枠 ドイツ・フランス・イタリア・カナダ・中国

ロシアのみが3枠キープ。カナダと中国は枠を減らします。アメリカは2枠から1枠へ。この選手層の厚さなので、枠を減らした国は「そうなっちゃうよね」という感じ。スイハンが復活すれば中国はすぐに戻すでしょう。カナダは・・・分からないです。カナダは男子シングル以外のカテゴリーで次世代への引き継ぎができるのか不安です。

サフマソはもちろん歴代最高を更新。6つのエレメンツで満点の評価です。パフォーマンスとインタープリテーションで10.00満点。22個の10.00をもらいました。最も低いPCSで9.50です。1シーズンでのGPF、オリンピック、世界選手権制覇はペア選手初。サフ子は2006-2007シーズンから表彰台記録を継続し、世界選手権ペア歴代最多&全スケーター歴代3位のメダル記録を樹立。やることなすことレジェンド。

タラモロは悔しさの残るオリンピックから立て直しました。ヴァネシプはフランスペア18年ぶりの表彰台。ついにやってくれました。ヴァネシプが9点台安定になる日が来るなんて。デラモデルが自力エキシ圏内の5位に入ったのも嬉しい。エキシではデラモデルもマルホタも見たいからありがたい。

ハオジャンは今回15回目の出場でして、来年パントンの歴代最多出場記録に並びます。このペースでいくと単独記録作りそうです。彼の辞書に「衰え」の言葉はあるのか。

氷がおかしいのか、リフトのミスをするペア続出でした。滑っていかないのかなあ・・・と。製氷係がんばれ!明日からはやっとアイスダンスが始まります。かなクリが最終前のグループの最終滑走。かなクリって本当にくじ運がいい。いつもいいところで滑ります。

2018wcpairs.png


2017
12.23

ロシア選手権 3日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV M/T 147.98
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS 139.23
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR 132.51
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS 128.76
5 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB 127.60
6 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN MOS 126.54
7 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALIAMOV SPB 121.98
8 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV PER 118.54
9 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT PER 118.02
10 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN SPB 113.19
11 Tatiana LYIROVA / Maksim SELKIN PER 108.71
12 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV SPB 92.39

ペアリザルト
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV M/T 223.34
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS 215.55
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR 207.51
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS 198.41
5 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB 195.80
6 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN MOS 191.61
7 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALIAMOV SPB 185.83
8 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV PER 181.18
9 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN SPB 176.63
10 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT PER 174.12
11 Tatiana LYIROVA / Maksim SELKIN PER 164.22
12 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV SPB 144.73

パンリロ
3Tw 2A 3LoTh 2F-1Lo-2S 3FTh
今日も靴下を履いていないリロフ。あのダサさがよかったのに。ツイストでヒラヒラのスカートが開くの美しい。ジュニアとシニアではリフトの数が1つ増えますが、3つ目のリフトは一息ついて、せーの!で持ち上げ、ゆっくりとした回転でした。当たり前の事ですけど、リフトは力が必要!

ミシガリ
3Tw 3LoTh 3T-1T-2T 3S 3STh
組み立てなので、まだまだ2人のコンビネーションはそれほどではありませんがエレメンツはしっかり。音楽に先んじてフィニッシュしたので、持て余して曖昧な締めになりました。

エフィコロ
3Tw 2A 3S hd-1Lo-2S 3STh 3LoTh
エフィモワが3Sで手を付きました。回転は足りていて、頑張ってハーフループを跳びコンビネーションに繋げました。今回もコロヴィンのスロー投げて、お手手パチパチが見られました。バリューの一番大きなリバースラッソーを持ち上げられなかったので、TESに大ダメージです。

ボイコズ
3Lo 3T-1Lo-3S shaky 3Tw 3LoTh so 3STh
ソロジャンプ強いです。少しミスはありましたし、ボイコズも3つ目のリフトは少しスピードが落ちました。それでもなかなかの演技でして、コズロフスキーが氷をバンバン叩いて喜んでいました。小顔の見納め。来年も小顔でいてください。

ポブホディ
3T+3T 3Tw 3S 3FTh 3LoTh
ソロジャンプを堪えました。これぐらいのロシア幼女が出てくると大抵ソロジャンプが跳べないのに、彼女は大丈夫。グループ3のリフトでプルプルしておりました。これもやはり3つ目のリフト。ジュニア勢には負担が大きいようです。このシカゴ楽しい。

アスロゴ
3T so 3Tw 3S<< df 3LzTh td 3LoTh td
この大会でジャンプ全滅は厳しい。でも、オリンピック代表に入れるかも?というところまで実力を伸ばせてこられた事が嬉しいです。ララランドプロではベストだから、大きな舞台でも見てみたかった。

ザビエン
3Tw 3T-2T-2Lo 3S fall 3LzTh hd 3LoTh fall
自爆というか、不発弾見つかったから避難しましたぐらいの崩れ方。演技前半のバレエレッスン部分が淡泊な分、エレメンツを成功させて、レッスンやってます感を出せないといけないのですけどね。

ストクリ
3Tw 3FTh 3T-2T-1T 3S fall 3STh fall
ツイストはSPよりは改善。3連続はなんとか。そこからですよね・・・特に神着氷スローサルコウで転倒したのは印象が悪いです。国内選手権だから、その程度でPCSは下がりませんけど、国際大会ならどうなるか・・・ですよ。

タラモロ
4Tw 2S 3STh 3T-2T-2T 3LoTh
クワドツイストはもたれかかっていました。きちんとGOEでプラスをもらえてこその武器なのでね。タラソワの3Sが2回転になって以降は、いつものタラモロでした。今シーズンはソロジャンプのミスが目立っていたので、1本に抑えられてよかったです。念願の初優勝となりました。ミスありのストクリがPCS3項目上位だったので、国内格付けではまだ勝てない模様。

ロシアは結局順当に3組が決まりました。男子が壮絶な内容で、ダンスもポポモズ以外パキッとしない演技だっただけに、優勝のタラモロが締めてくれてよかったです。スパシーバ。
back-to-top