2017
11.11

NHK杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Sergei VORONOV(ロシア)181.06 PB
2 Adam RIPPON(アメリカ)177.04
3 Alexei BYCHENKO(イスラエル)166.55
4 Jason BROWN(アメリカ)160.59
5 Deniss VASILJEVS(ラトビア)158.29 PB
6 Keegan MESSING(カナダ)155.67
7 Kazuki TOMONO(日本)152.05
8 Nam NGUYEN(カナダ)148.69
9 Dmitri ALIEV(ロシア)145.94
10 Michal BREZINA(チェコ)144.21
11 Hiroaki SATO(日本)123.25

男子リザルト
1. Sergei VORONOV(ロシア)271.12 PB
2. Adam RIPPON(アメリカ)261.99
3. Alexei BYCHENKO(イスラエル)252.07
4. Jason BROWN(アメリカ)245.95
5. Keegan MESSING(カナダ)235.80
6. Deniss VASILJEVS(ラトビア)234.80
7. Kazuki TOMONO(日本)231.93 PB
8. Dmitri ALIEV(ロシア)223.45
9. Michal BREZINA(チェコ)220.45
10. Nam NGUYEN(カナダ)214.51
11. Hiroaki SATO(日本)199.20 PB

ニューエン
2T 2S 3A 4S-3T 3A-2T tano 3Lo 3F 3Lz-3T
2Tが2本になったので、3Fからの3連続での2Fを止め、最後の3Lzに3Tをつけました。な、なんて計算出来る男なんだ。通信簿の算数二重丸あげちゃう!鳥海さんよ、長身を生かしたダイナミックな滑りが持ち味じゃないぞ。滑りは課題だぞ。長身=ダイナミックという思考停止の計算式はいかん。

佐藤
3A shaky 4T so 4T so 3A ot-2T tano 3F fall 3Lz df 3S df 1Lo
全弾失敗に。フィーガロフィガロフィガロスピンをスロー再生。この構成だと体力を使うでしょうし、3Lz以下のジャンプをまとめるのも難しかったでしょうか。

アリエフ
3Lz 3F fall 2T 4T-3T 4T fall 3Lo-1Lo-3F 3A 3Lz shaky
膝くるをしないアリエフのフリップなんて、なんて・・・・・ううううう。1本目の3Aを変更して4Tを跳び直しましたが転倒。しかしながら跳び直しをする前から体力が危険水域に達しておりました。ジャンプを終えてから体力が少し復活。いつか体力の向こう側に行ってください。

ヴァシリエフス
3A-2T 1A 3A 3Lo 3Lz-3T 2A 1F 3Lz-1Lo-3S
アハンアハンと言っているマスターの元で修業しているバーテンダーが、お客さんの物悲しげなOLに恋してしまったみたいなプログラム。そんでもって、生バンドの演奏に合わせて一緒に踊ろうと誘う感じ。予定構成が3A-2T 3A 3T 3Lo 3Lz-1Lo-3S 2A 3F 3Lz-2Tでしたので、抜けた3Aを跳び直してコンビネーションできっちりと点数を稼ぎました。抜けはありますが頑張りました。ガタイがよくなったので、ケンカしたら勝てる自信ないです。ランビ「またね」しょっちゅう日本に来るから。あばよ! by 柳沢慎吾

ミハル
2S 3A-2T 4S fall 3A 3Lo 3F fall 3Lz 3S
3F2本のプログラムを4S2本に変更しましたがミスが続きました。マルフォイの髪形。ミハル・マルフォイ。このプログラムはコレオシークエンスのエッジさばきがかっこいいです。このかっこよさがプログラム中ずっと続けばいいのに・・・のに・・・のに・・・。

りっぽんぽん
4Lz 3F-2Lo 3Lo 3A-2T-2Lo 3A 3F-3T 3S 3Lz
新衣装です。4Lzは回転不足ではありますが着氷しました。2本目の3Aは着氷が詰まりそうなのを、上手く振付と同化させ、マイナスどころかプラスに持ってこさせるテクニックを見せました。見事。コレオシークエンスはコレオエレメンツ史上最高峰の振付だと思います。リンクを羽ばたく美しい鳥です。スピンもいつも通り素晴らしかった。スケーティングがまだ絶好調の彼の時の物ではありませんので、もっとPCSを伸ばせるよー。

メッシング
3Lz 4T td 3A-2T-2Lo 3T 3Lz-3T 3A 3Lo 3F-2T
4Tが3Tに抜けたので3S-3Tを3Lz-3Tに変更してリカバリーしたつもりが、3種類で繰り返してしまって3Aが点数にならないという。結果的に大損。冒頭が4Lzだったら違ったんですけどね。4Tの着氷をスーパーニーで堪えたのは驚かされました。膝死なない?ヤバいスコアになると思ったら結構出た!コンボも入ったし、スピンも速いし、アピール力もありますもんね。

友野
4S df 4S fall 3A-3T 3A-2T-2Lo shaky 3Lo 3S 3Lz-2T 3F
4Sの回転が足りずミスに繋がりました。そこからが強くなった友野!トリプルジャンプ失敗しないマンと化しまして、きちんと着氷しましたし、トランジションにも工夫がありました。ジャッジへのアピール豊富で楽しい演技でした。ジュニア上がりの今シーズン、勢いを表現するのに最適のプログラムとなりなした。リンクサイドで顔なじみの子供たちと話し込む。急遽の出場おつ!

ヴォロノフ
4T-3T 3A 4T df 3A-2T-2Lo 3Lz-2T 3S 3Lo 2A
おっさん!おっさん!おっさん!おっさん!おっさん!おっさん!おっさん!おっさん!うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおやったああああああああ2本目の4Tが抜けがちなので、4444444444と念じながら見守っておりました。1本目のような高さが出なかったですかね。ステップの終盤から疲れが出ていましたが三十路がんばった!おっさん!おっさん!おっさん!おっさん!

ビチェンコ
4T-3T shaky 4T 2Lo 3A so 3A-2T 3Lz 3F-1Lo-3S 2A
少し着氷が乱れる場面はありましたが大きなミスは3Loぐらいです。やはりボレロを滑るのは壁が厚すぎましたね。道化師の方がビチェンコさんに合っていますし盛り上がります。

ブラウン
3F 3A fall 2A 3A fall 3Lz so 3Lo-1Lo-3S 3Lz-3T 2A
4Tは回避し、安全策できましたが思わぬ3A2本の転倒がありました。元々構成していない箇所でコンボのリカバリーを入れたので、そのジャンプだから音楽に合っている!という絶妙なバランスが崩れてしまったようにも思います。

ヴォロノフは今のグランプリシリーズ制度が始まって以来男子シングル史上最年長優勝!続けていればいいことあるぜ。腐らなければいいことあるぜ。平均年齢29歳の表彰台。おっさん!おっさん!おっさん!おっさん!

試合終わった感あるけど、明日はアイスダンスですよ!
2017
11.10

NHK杯 1日目 男子SP

男子SP
1 Sergei VORONOV(ロシア)90.06
2 Alexei BYCHENKO(イスラエル)85.52
3 Jason BROWN(アメリカ)85.36
4 Adam RIPPON(アメリカ)84.95
5 Keegan MESSING(カナダ)80.13
6 Kazuki TOMONO(日本)79.88 PB
7 Dmitri ALIEV(ロシア)77.51
8 Deniss VASILJEVS(ラトビア)76.51
9 Michal BREZINA(チェコ)76.24
10 Hiroaki SATO(日本)75.95 PB
11 Nam NGUYEN(カナダ)65.82

羽生は右足外側靱帯損傷で欠場となります。全日本をスキップしてもオリンピック代表に選考されるでしょうから、まずは治療に専念して欲しいです。

佐藤
3A 4T-2T tano 3Lz shaky
魚や鳥、カエルなどの動物が出るプログラム。ゲロゲーロ。青空球児・好児師匠?3本とも加点を積み重ねられる質ではありませんが、大きな国際大会で4Tを着氷させられました。4項目7点台デター!

友野
4S 3F-3T 3A
やでえええええええええええええええええ!大阪やでえええええええええええええ!急遽のエントリーでしたが力を発揮出来ました。ピョコピョコと動くステップは楽しいし、かわいいし言う事ないです。足を思いっきり痛めつけてから、後半の3Aもきれいにランディング。わーい。

メッシング
4T-3T 3A fall 3Lz
4Tのランディングを驚異の膝で堪え、3Tに繋げました。3Aで転倒がありました。ステップでは少しシェイキーとなりバランスを崩しかける場面が終盤にありましたが、クリーンな3Lzと回転速度の速いスピンで穏やかにフィニッシュ。ロックコーチがNHKニュース後のお茶の間に映った。

ニューエン
4T fall 4S fall 3A
4回転2本で転倒。3Aからは持ち直しました。最後までエネルギッシュで、灰色の空に色を取り戻してやるぜ的な力強さでした。

ミハル
4S fall 3A 3Lz-2T
4S転倒して3Aクリーンないつものミハル状態に。いつものミハルでないのは最後のジャンプが3Lzなところです。3Fじゃないとは!ステップはシュピシュピに滑り込まれていました。パフォーマンスやインタープリテーションで稼げたのもステップの印象がよかったからでしょう。

ヴォロノフ
4T-3T 3Lz 3A
意図を理解出来ない変衣装きたああああああああああああああああああああああああ!最近の若手は良衣装に甘すぎなんですよ!これこれ~~~ロシアはこれだよ~~~。ここ2年ぐらいで一番きれいにジャンプが上がったんじゃないでしょうか。すごく高さが出ていました。おっさんパワーを見せつけました。

ヴァシリエフス
3Lz-3T 3A fall 3F
転倒分を考えるとロステレコム杯から、それ分ピッタリ引かれたぐらいかな?というスコアになりました。3Lz-3Tと3Fはきれいに入りました。珍しくツイズルでバランスを崩す場面がありました。

アリエフ
4Lz fall 4T-2T 3A hd
4Lzは回転不足で転倒しました。カバーするためにも3Aは降りておきたかったですね。最後のスピンは絞り切るように回っていましたがスタミナ大丈夫でした。さあ、問題は明日!

りっぽんぽん
3F-3T 3A 3Lz
車のハンドルグイーンの振付では、ジャッジサイドに座ってる人ちゃんと奇声上げなきゃダメですよ?昨シーズンのスケアメで奇声上げてた姐さん方完璧だった。コンビネーションスピンでコケかけたのをフィニッシュポーズに持っていく誤魔化し上手。眉毛の形を間違えている気が。明日は誕生日。

ビチェンコ
3A 4T 3Lz-3T
オリンピックシーズンということでハバナギラ。イスラエルだなー。いつもの構成だと思って事前に書き出しておいたのですが、コンビネーションが3Lz-3Tなんですね。3Fの方が得意なので意外でした。若手に負けない勢い。まだまだやれるにじゅうきゅうさい。バイオではLPがボレロから道化師に戻っています。

ブラウン
3A so 3Lz 3F-2T
演技前にも愛想ふりまく聖人。3Aステップアウトして、3-3も入らなかったのに魅せられるまさにエンターテイナー。撃ち落としてほしいスパイダーカムに向かって全力で微笑んでフィニッシュ。フラワーボーイズ&ガールズにハグ。観客へどうもアリガトー。聖人か。

ゆずるさんへ
はやくよくなってくださいね!!

惜しい。ゆづる!日本語難しい。弦(つる)に濁点がつくっていう原理を理解しないといけないから。

ヴォロノフもビチェンコもブラウンもりっぽんぽんもGPSを制した事はありません。11人の中でGPS優勝経験はミハルだけです。初優勝をする選手は現れるでしょうか。ヴォロビチェミハのベテラン勢を見ると、得意な3Fや3Loを3Lzに変更して貪欲にハイスコアを狙いに行く姿勢が見られました。ベテランがんばれー。若手も負けるなー。
2016
11.26

NHK杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)197.58
2 Nathan CHEN(アメリカ)180.97 PB
3 Keiji TANAKA(日本)167.95 PB
4 Alexei BYCHENKO(イスラエル)154.74
5 Deniss VASILJEVS(ラトビア)153.23 PB
6 Mikhail KOLYADA(ロシア)147.51
7 Jason BROWN(アメリカ)144.14
8 Nam NGUYEN(カナダ)137.10
9 Ryuju HINO(日本)134.65
10 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)123.09
11 Elladj BALDE(カナダ)119.03

男子リザルト
1 Yuzuru HANYU(日本)301.47
2 Nathan CHEN(アメリカ)268.91 PB
3 Keiji TANAKA(日本)248.44 PB
4 Alexei BYCHENKO(イスラエル)229.87
5 Mikhail KOLYADA(ロシア)225.69
6 Deniss VASILJEVS(ラトビア)223.73
7 Jason BROWN(アメリカ)218.47
8 Nam NGUYEN(カナダ)212.43
9 Ryuju HINO(日本)207.15 PB
10 Elladj BALDE(カナダ)195.32
11 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)191.40

ホックスタイン
4T fall 1A-2T 3T df 3Lo-2T 3Lz-1Lo-3S shaky 3F 3Lo shaky 3Lz
おうふ・・・3Aも4Tも1本ずつの構成だったので、あまり調子が上がっていないのかもしれません。

ヴァシリエフス
3A 3A df-2T 3Lo 3Lz-3T 3Lz 3F 3S-2T-2Lo 2A
ジャンプがよく上がっていました。不安のある3Lzもよかったです。ステップ中のツイズルは足を上下しながらやって、ホップまで入れる凝り凝り凝りまくり。衣装は夏と冬を表現しているらしいですが、僕にはさっぱり分かりません。動脈と静脈にしか見えません。

ブラウン
4T fall 3A so 3A so 3Lz 3F-2T 2A 3Lo 3Lz-1Lo-2S
基礎点の高いジャンプにミスが出ました。3-3と3-1-3の予定構成を止めて安全策でまとめました。攻めないと4位以内には入れなかったので、ちょっと厳しい位置に立ちます。これだけ崩れるのは珍しい。

リュージュ
4T fall 3Lz-1Lo-2S 3A-3T 3Lo 3A 2Lz 3F 3S-2T
3連続の最後が2Sになったので、最後のジャンプを2Aから3Sに変更しました。計算できる子。表現力とは何か、他人の頭の中に潜り込んだら、変な世界にやってきてしまって、てんてこまいじゃーみたいなプログラムでした。

ビチェンコ
3T-3T 4T 3Lo 3A 3A so 3Lz 3F-1Lo-3S 2A
4-3は入らなかったものの、1本は入りましたし後半もまずまずの出来でした。ロステレコム杯のときのような憑依した演技ではなかったです。ビチェンコさんに何かが降りるあの現象は何なんでしょう。名前をつけたい現象。ハイパークライマックス道化師でした。

リンクサイドで無表情でデカの背後に立つ羽生が、デカに痴漢してるみたいでおもしろかった。

コリヤダ
4Lz fall 4T fall 3A 3Lz-3T shaky 1A 3S+2A 3Lo so 2A
柄シャツに墨汁ぶっかけました衣装。2位に入らないとファイナルには行けないので、挑戦しなければならなかったのです。だからこれは正しいんです。構成をいじってなんとか立て直そうとしましたが、ありゃりゃ・・・という感じ。

バルデ
4T df 3A shaky 2Lz-1Lo-3S 3A fall 1F 2Lo 3Lz shaky 2A
転倒、シェイキー、抜け、コンボなしなどすべてのジャンプに失敗が出ました。でもこの何とも言えない哀愁は素晴らしかった。手をもみもみフィニッシュも雰囲気ありましたもみもみ。TESが45.89・・・SPのような点数になりました。

ニューエン
4S 3A fall 3S 1A 3A-3T 3Lo 3F-2T-2Lo tano 3Lz-2T tano
4Sは降りられましたのにカナディアンアクセルの餌食となりました。今大会は3Aは得意な2人が出場してきたから無縁だと思っていたのに、呪いはこんな東洋の島国にまで及ぶんですね。3Lzを変更して3A-3Tを跳ぶすごいことをしていました。無良かよ。ハッピーエンドのプログラムなので、ナショナルでノーミスで滑り、スタンディングメープルオベーションが見えるっ。

デカ
4S hd 4S-2T 3A df 3F-3T 3A-2T-2Lo 3Lz 3Lo 3S
デカはお金のないイタリア人だったのか。3Lzの前にハットを投げてタバコをプカーってする振付があることに今更気がつきました。ほえーこういうことやってたのか。気になる女性には振り返ってもらえたんでしょうか、遊び人っぽいからダメかな?4Sなんとか堪えて、2本目はきちんとコンボつけて。氷が悪い疑惑が出ている中でよくぞここまでの演技を。はい来年もNHK杯派遣な!メダル確定きたああああああああああああああああああああああああああああおっらあああああああああ!

羽生
4Lo 4S 3F 4S fall 4T 3A-3T 3A-1Lo-2S 3Lz
すげええええええええええええええええええええええええ羽生バナーおおいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい500人ぐらい日の丸かバナー持ってそう。4Loはバランスを崩しそうだったのに上手くバランスを取ってプラスのエレメンツに。後半の4Sは絶対成功するやつじゃん!と思ってたら転倒しました。ジャンプの成否がよめねえ。昨シーズンがシュッシュッと空を切るような動きが大半だったのに対して、本人が自然のことを~と言っているだけあって、流れるように動くところが多かったです。昨シーズンの和プロを生かしてともインタで言っていたと思うんですけど、結構違う気がします。お辞儀での「ありがとうございます」はポゴリラヤの「スパシーバ」の演歌歌手度には及ばないです。

ネイサン
4Lz fall 4F-3T 4T so 4T-2T 3A shaky 3Lo 3F-3T-2T 3Lz shaky
4Lz-3Tを6分練習できれいに決めておりましたが転倒。4F-3Tという変態リカバリーは昨日に続いて完璧。後半はちょこちょこっと構成を変えて4クワドになりました。今日もスタミナは切れなーい。クワド界の姐さん、デビューシーズンでファイナル確定。

ISUのスペシャリストのおっちゃんは手塚治虫みたい。ビクトリーランで選手とタッチしていくやつ、羽生はなしでした。肩持っていかれる恐れがあるからな。デカと羽生が情熱的なシマウマさんから祝福受けとる。君がプレゼンターでええんやで。羽生は回転不足はなかったです。ステップがレベル3かー今シーズンは特に難しい。ネイサンは今日も回転不足なし。コケても回転足りさすマン。

ファイナルの顔ぶれはなんですくん、Pさん、羽生、昌磨、ネイサン、りっぽんぽんとなります。技術的におかしい人、スケーティングが神の人、表現が変態レベルの人。バラエティ豊かでおもしろくなりそうです。上位4人はともかく、ネイサンとりっぽんぽんのファイナル進出予想できてた人すごい。

明日は明子の部屋!!!!!大4トリオはまとめて出して欲しい。NHKしくよろやで。
2016
11.25

NHK杯 1日目 男子SP

男子SP
1 Yuzuru HANYU(日本)103.89
2 Nathan CHEN(アメリカ)87.94
3 Keiji TANAKA(日本)80.49 PB
4 Mikhail KOLYADA(ロシア)78.18
5 Elladj BALDE(カナダ)76.29
6 Nam NGUYEN(カナダ)75.33
7 Alexei BYCHENKO(イスラエル)75.13
8 Jason BROWN(アメリカ)74.33
9 Ryuju HINO(日本)72.50 PB
10 Deniss VASILJEVS(ラトビア)70.50
11 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)68.31

コリヤダ
3T so 3A 3Lz-2T
4Tが3Tになった瞬間にコンビネーションが心配になりました。でもきちんと2Tにしてきて一安心。フライングシットスピンがとてもきれいでした。ジャンプを除けば本当に安定していたので、4Tを安定させて欲しいです。

ヴァシリエフス
3A 3Lz-2T 3F
また肩幅と胸板が成長。若くても人種が違うと日本男子とは違いを感じます。体が大きくなった分、ボディコントロールが完全にはできていないようにも思えます。3-3のセカンドの踏み切りは足がもつれそう。

ネイサン
4Lz fall 4F-3T 3A hd
腹と胸を出して海賊風に衣装にするわけにもいかないのでレースにしました。素敵衣装。4Lzは転倒しましたが回転は足りています。ネイサンの辞書には回転不足の文字はないのか?転倒がたたったのか、ステップはフランス杯の方がよかったと思います。

デカ
4S so 3A 3F-3T
4Sはなんとか堪えました。ロステレコム杯の演技ではとてもじゃないけど有閑マダムにはパトロンになってもらえない感じでしたけど、3A降りたあたりの手の表現、そしてステップでの深いエッジワークと肘から先のしなり具合、ふわっとした動きと鋭い動きが幾重にも折り重なって、とても好印象でした。札幌の有閑マダムの皆様、いかがでしたか?地元でなくとも、これだけの評価は得られたと思います。もう毎年NHK杯に出ればいいね。

ブラウン
4T df 3A df 3Lz-2T shaky
4TはスケアメLPで片足で降りたときのような勢いがありませんでした。やはりあのときのようなドーーーンドーーーンバーーーーーン!が必要なのか。3Lzもスピードがなくて、ふにゃりとしたジャンプだったので3Tはつけられませんでした。スピン・ステップは本当に素晴らしい。フェミニンなLPと対照的に、これは男らしくてかっこいい。

ビチェンコ
3A 4T hd 3F-2T
スタートはよかったんですけども、ジャンプが決まりませんでした。スピンがトラベリングしたところがありました。ステップは楽しそうに滑っていたんですけど、グッとバックで滑ろうとするとスリップしてしまうようなところがいくつか見られました。氷が硬くて滑って行かないのかもしれません。ファイナルに進出するには明日200点近く取って3位か、2位以内にならないと。

リュージュ
3Lz-3T 3A 3Lo
謎軸じゃない、謎軸、謎軸じゃないというジャンプでした。落ち着いてマイナスのない演技を披露しました。PCS3項目が7点台に乗ったからよしよし。絵に描いたようなホッとした表情である。

バルデ
3F 3A 3Lz-3T
エラデ・バルジ!エレガントスタイルバルデさんは、とても新鮮でして、きっとジャッジもそう思っていることでしょう。決してトランジションが多いわけではないですが、ジャッジの中にあるであろう「ノリノリの曲で滑る、ジャンプの高いスケーター」という固定観点を凝りほぐして、俺はいろんなことができるんだぜ?というものをアピールしているのだと思います。バルデさんはいろんなことができるんだぜ。

羽生
4Lo so 4S-3T 3A
白からパープル。4Loは軸が曲がりました。でも4-3がきれいに入ったからダイジョーブ。3Aは何の心配もなく見られました。3Aはステップみたいなものです。スケカナより目に見えて元気なので、動きはかなりよかったと思います。ちょっと右回りの動きがぎこちないかな?と思ったぐらいです。この衣装で体仰け反らせるてピチ感強調するの、僕がスケーターだったら絶対にできません。もし僕が羽生ならやります。キャメルスピンのときのおケツもなかなか強烈。コンビネーションスピンの入りで音楽のジャーンジャーンジャーンジャーンに合わせて足をつくのがオシャレ。

ホックスタイン
4T fall 3A shaky 3Lz ot-2T
ホックスタインの今シーズンのこんなだったっけ・・・あ、昨シーズンのやつですね。定番の音源ではないラプソディーインブルーななかなかしっくりきていなかったので、こちらのプログラムの方が合っていると思います。TESだけでなくPCSも伸びずでした。インパクトが弱かったかなあ。フィアンセキャロラインは、LP後半で3Lo-3Lo入れーの、3Lzのエッジ矯正しーので大復活を遂げているので、2人とも頑張って欲しい。

ニューエン
4S-3T 3A 3Lz fall
4-3はしっかりと降りました。タケシ・ホンダいわく、跳びあがるタイミングと回転を始めるタイミングが合わなかったらしいです。3Lzは世界一難しいナー。ジャンプは復活してきました。しかしながら、ビュンビュンとスピードを出して滑る選手と比較すると、止まり気味に見えました。スピンは少し慎重だったので、演技にもっと思いっきりのよさを出して欲しいです。

羽生はオールレベル4でした。8点台をつけたジャッジもいるので、これを9点台にできるかですね。完璧に4Loを降りれば入りと出も考えると+3が近いところが出ると思うので、それを考えると(僕の)夢の111.11点に届きそうです。お願い出して!デカのステップはGOE±0のジャッジが2人いました。なんで!!!ニューエンのジャンプには回転不足なしでセーフ。ブラウンはレベルの取りこぼしが目立ちました。

この順位のままですと羽生とネイサンとりっぽんぽんがファイナルに進出します。3位まであまり差がないのでブラウンにもまだまだチャンスがあります。花の大4トリオがんばるんば。
2016
11.06

ロステレコム杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)201.43
2 Shoma UNO(日本)186.48
3 Alexei BYCHENKO(イスラエル)168.71
4 Max AARON(アメリカ)161.94
5 Keiji TANAKA(日本)155.78
6 Mikhail KOLYADA(ロシア)155.02
7 Gordei GORSHKOV(ロシア)150.14
8 Elladj BALDE(カナダ)149.09
9 Artur DMITRIEV(ロシア)145.46
10 Chafik BESSEGHIER(フランス)143.30
11 Deniss VASILJEVS(ラトビア)141.37
12 Alexander MAJOROV(スウェーデン)124.34

男子リザルト
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)292.98
2 Shoma UNO(日本)285.07
3 Alexei BYCHENKO(イスラエル)255.52
4 Mikhail KOLYADA(ロシア)245.30
5 Max AARON(アメリカ)235.58
6 Elladj BALDE(カナダ)225.45
7 Keiji TANAKA(日本)224.91
8 Chafik BESSEGHIER(フランス)223.98
9 Gordei GORSHKOV(ロシア)223.51
10 Artur DMITRIEV(ロシア)221.52
11 Deniss VASILJEVS(ラトビア)203.77
12 Alexander MAJOROV(スウェーデン)192.14

マヨロフ
4T fall 3A-2T 3Lz 3F fall 1A 2A-3T shaky 3T-2T-2Lo 3S
演技中に鼻血が出てきてしまったマヨロフ。これはティッシュを詰めるために止めた方がよかったのかもしれませんが、レフェリーが即座にストップして、そこから始めさせてくれるとは限らないし、欠陥ルールの下では中断するのが負けなので続けてよかったです。オータムのメッシングや今回のマヨロフの演技を見て、偉いおじさんやおばさんたちがきちんとしたルールを作ってくれることを願います。常識で考えて、トランジションの数秒の間に中断か判断して、レフェリーの近くまで近づけます?無理ですよね。最後までよくがんばった。床屋さんみたいな衣装でがんばった。

デカ
4S so 3S 3A 3Lz-3T 3A-2T-2Lo 3Lz 3Lo 3F
今のところクワドが降りられる気配がない助走。でもそこからが変わりましたね。3Aが抜けなかったというのがデカいです。デカだけにデカいです。2人連続でストライプ衣装・・・バーバーマヨロフの見習い?そのパーマはバーバーマヨロフであててもらったんですね。

ヴァシリエフス
3A 3A-2T 3Lo 3Lz-2T 3Lz 2F 3S 2A
ランビ振付の四季・・・あれこいあれこいあれこい・・・こなかった。でもスケスケの衣装。腕の回し方がいかにもランビなプログラムでした。ジャンプの質がよくないので、中盤乗っていくことができませんでした。PCSはなかなかの評価。NHK杯でキレキレの滑り見せてください。

ドミトリエフ
4T hd 3Lz-3T 3A-2T-2Lo 3A shaky 3Lo shaky 3F shaky 3Lz hd 3S fall
シェイキーランディングの嵐でした。会場に遊びにきているお友達が、指笛ピーピー吹いていたのかと思ったら効果音でした。ロケット花火にも聞こえました。このプログラムの芝居がかったところと動きの硬さが噛み合っておらず、不完全燃焼でした。転倒も微動だにしない客席のセーラームーン。

ゴルシコフ
3Lo 3A 3F 3A-2T 3Lz-3T 3Lz 3Lo-2T-2Lo 3S
ユロスポで見ているとイギリスの歌手の曲を褒めていくからおもしろい。4Loは今日も回避して、きれいな3Loを2本降りました。ジャンプを降りる度に、バン!ババババン!と強くなっていく感じが欲しかったですけど、シーズン序盤ということもありジャンプを慎重に降りました。ゴルゴルはナショナルの男だからこれからだな!

アーロン
4S-2T 4S so 3A-2T 3Lo 3A 3Lz-1Lo-3S 3T 2A
この衣装の問題点。上半身は進撃の巨人、下半身が江頭なこと。リプレイ時はISUが気を利かせたのか、リミックスのところの音楽をかけてくれました。このリミックスのおかげでネタプロとして昇華されるのです。でもリミックスで踊り切れていないなから、昇華されきれてない。子ライオンなの?アーロンは子ライオンなの?

バルデ
4T 3A-2T 3Lz-1Lo-3S 3A 3F 2Lo 3Lz 2A-2T
4Tの後のぽんぽんふわーんって軽い動きがいい。SPでこの軽さを見せて欲しかったけど、壮大なこの曲にも合います。鬱蒼と草木が茂る静かなジャングルに見えるが、その中では・・・みたいな雰囲気が出ます。人間らしい情が生まれて、次第に優しくなっていくディカプリオ演じる兵隊さんの心情表現が本当に事細かに見られて、このプログラムとてもいいと思います。ブラッドダイヤモンドはフィギュアスケートで時々使われる曲ですけど、そのプログラムの中で1番響きました。これ振付ジュリーなのか!ジュリーはボーカル入りの曲より、こういうやつの方が得意なんじゃないか?いいバルデさん、大人のバルデさんでした。そりゃPCSも高くなるってもんだ。

ビチェンコ
4T-3T 4T 3Lo 3A 3A so 3Lz 3F-1Lo-3S 2A
ペロッ・・・これはユーロのときのスーパービチェンコさんと同じチェンコ。4Tはかっ飛ばしたままパコーンと降りました。ビチェンコさんの助走は躊躇がないから成功すると気持ちがいいし、失敗しても気持ちがいい。ハーフループ入りの3連は、犬のフンを避けるようなチョイッとしたものではなく、バーンと跳ぶからかっこいい。演技の終盤で猛スピードからビッグなジャンプだからさらにかっこいい。今年もユーロでメダル獲りチェンコだな!道化師かどうかはよく分からないけどよかった。

リーザも観戦に訪れていました。OLの休日さながら。

ベセギエ
3T-3T 4T 3A hd 3A-2T-2Lo 2Lz 3F 2A-2T 3S hd
1曲目のサラバンド的なもののフィギュアスケート界との癒着は一体。闇に切り込みたい。4T-3Tが3T-3Tになりましたが、繰り返しは4Tと3Aなのでザヤザーヤを心配する展開にはなりませんでした。コーチが戻ったけど、振付師も戻ったので、プログラムが似た感じになってしまうのかな。

コリヤダ
4T ot 3S 3A-3T so 3Lz 3A 3Lz fall 2Lo 2A+1A
1クワドならミスは許されなかったです。左上のカウンターを見ていたらオーバーターンになった4Tに加点がついていたので驚きました。まあ・・・そりゃマイナスつけなくちゃいけないってことはないですけども。プログラムの路線が昨シーズンと似すぎなのはどうなんでしょうね。SPが同じプログラムだから、LPは冒険・・・いや、SPはスケ連に変えさせられて、コリヤダも戦略に困っているかもしれないから陣営を攻めきれない。

昌磨
4F 4T 3Lo shaky 3A shaky 4T fall 3Lz 3A-1Lo-3F 3S
うわああああああああああああああ4F軸曲がったあああああああああああコケええええないんですか?4Fコケないマンへ順調に進化している。前半の4Tはとてもきれいだったので、+2が並びそうです。なかなか後半の4Tが決まらないけど、後半の4Tが当たり前になりすぎたせいで感覚が麻痺していました。後半の4Tは大変なことですし、3A-1Lo-3Fをあんなに後ろの方に入れるのは普通おかしいことなんですよ!3Lzの質いつの間によくなりましたかね。もっと力で倒してギリギリ着氷するジャンプじゃなかったでしたっけ。日本午前零時前の演技でしたー。

なんですくん
4T 4S-2T 3A-2T 4S 3A 3Lz 3F-1Lo-3S 3Lo
ISU GP Rostelecom Cup 2015 Men 1 ESP
ISU GP Rostelecom Cup 2014 Men 1 ESP
ISU GP Rostelecom Cup 2013 Men 3 ESP
ISU GP Rostelecom Cup 2011 Men 2 ESP
ISU GP Cup of Russia 2010 Men 9 ESP
ロステレコムに出まくるマン、また結果を残すの巻。なんだロステレコム杯の恋人だったのか。さらっと3クワドに成功し、3Aも2本入りました。予定通りに入らなかったのはセカンド3Tだけです。とても高難度のジャンプを跳ぶとは思えない余裕のあるトランジション、表情。あーーー演技してるんだなーこれがトップだよなーーーそんな貫禄でした。

ゴルゴル3Loと3Aと3Lz2回ずつ跳んでザヤってるうううう。2Aにしていたら6位になっていたのに。今シーズン3種類の3回転を2回ずつ跳ぶの流行ってます?よーーーく見ますわ。

なんですくんロステレコム杯3連覇。ロシアは植民地となりました。昌磨はファイナル進出を確定させました。男子では1番乗りです。ビチェンコさんはロマン・セロフ以来15年ぶりのイスラエル男子のGPSのメダルです。すげえ。今回コリヤダが4位になりましたし、スケアメではボーヤンが5位。女子同様男子も荒れてますよー。
back-to-top