2018
01.05

全米選手権 7日目 男子SP

平日なのにお客さんがそこそこ。さすが100万都市。

男子SP
1 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating 104.45
2 Adam Rippon, SC of New York 96.52
3 Jason Brown, Skokie Valley SC 93.23
4 Grant Hochstein, SC of New York 92.18
5 Vincent Zhou, SC of San Francisco 89.02
6 Ross Miner, SC of Boston 88.91
7 Timothy Dolensky, Atlanta FSC 85.06
8 Aleksei Krasnozhon, Dallas FSC 82.58
9 Andrew Torgashev, Panthers FSC 81.32
10 Alexander Johnson, Braemar-City of Lakes FSC 79.60
11 Jimmy Ma, SC of New York 75.28
12 Max Aaron, Broadmoor SC 74.95
13 Sean Rabbitt, Glacier Falls FSC 73.22
14 Emmanuel Savary, University of Delaware FSC 64.65
15 Tomoki Hiwatashi, DuPage FSC 63.48
16 Sebastien Payannet, Los Angeles FSC 61.29
17 Scott Dyer, All Year FSC 60.17
18 Daniel Kulenkamp, FSC of Southern California 60.15
19 Ben Jalovick, Centennial 7k SC 56.12
20 Jordan Moeller, Northern Ice SC 55.35
21 Kevin Shum, SC of Boston 52.04

アイスネットワークのリアルタイムスコア表示見ながらだと楽しい。

モーラー
4S fall 1A 3Lz-3T fall
ジャンプ全ミスは大きい。彼は曲と表現の乖離が非常に大きな選手でして、一見ジェレミー・アボット風ですが、かなり違っています。今回はその乖離が見られず、きちんと曲に合った動きをしていたので、ジャンプをポポポンと降りる時よりも、むしろいいと感じました。強い曲には強い表現!よし。

アーロン
4T so 4S hd 3A shaky
4Tでステップアウト、4Sでは両手をついてコンボに繋げられず、加点ガッボリのはずの3Aでバランスを崩しました。加点の得られるジャンプがない・・・。高基礎点のネイサンヴィンセント、高PCSのブラウンリッポンに対抗するには攻めるしかないのです。今の心理状況は共感しようもない・・・辛い。

ラビット
3F-3T 2A 3Lz
もおおおおおおおおおおおおおやめてよおおおおおおおおおお僕の好きな曲だし、ノーミスだから褒めるしかないじゃんんんんんんんんん超いいじゃんんんんんんんんんんんんん。イナバウアーもイーグルもスピンも滑らかできれいじゃんんんんんんん。

セイヴァリー
3F-3T tano 2S 2A
大谷翔平くんみたいな頭身。タノったコンビネーションは質がよかったです。皆がこれぐらい美しい両手タノを出来たらいいんですけどね。それはそれで個性がなくなってつまらないか。連続ツイズルや腕グルングルンで観客が非常に沸いていました。ジャジーな選曲がドチャンゴにハマっています。コンビネーションスピンの質もよかった。

クラスノジョン
3Lz 3A 3F-3Lo
4Loは回避して3Lzに。クラスノさんは今後4Lo以外の安定して決められる4回転を身につけるのが課題になりそうですね。ジュニアの大会だとシニアに見えるけど、シニアに混ざるとまだまだ幼く見えます。高校生ダナー。

ドレンスキー
3Lz tano 3A so 3F-3T
3Aがステップアウトになっていなければ88点ぐらい出ていたという事になります。そのミスを除くと素晴らしい出来でした。ウォーレイからのタノルッツは物語の始まりを告げるのに非常に効果的。体の位置の上下だったり、重心から体をかなり外してみたり、今のルールでは長くなりがちなステップを飽きさせない構成。それでもって得意の高速スピンでフィニッシュ。絶対盛り上がるやつ。今日も元気に逆三角形ボディ。

ジョンソン
3A 3Lz-2T 3F
3Lzでバランスを崩したため、3Tを付けられず約3点の失点。彼は元々コンビネーション苦手ですからね。キャメルスピンの入りでグラついたのはもったいなかったです。お尻がクイッと上がって、キャメルそのもののポジションは美しかったのです。1つ前に滑走したドレンスキーもそうですけど、お尻クイッなキャメルは正義。フリーレッグがへにゃって、お尻と腿が一体化したキャメルはいかんぞ!こんな謎のお香が漂ってくるような怪しげな演技は、若者には出来ないな。

ホックスタイン
4T-3T 3A 3Lz
4回転がずっと決まらずにいたのに、引退を決めた年の全米で決めてくる強さですよ。これはテンション上がります。ジャンプを成功させた事で、彼自身も乗っていきました。乗りすぎてスピンの出弾んじゃったぐらい。オペガードが喜んでいたけど、コリちゃんとロヒーンも喜んでいました。優しいなあ。前評判なんてドッカンドッカンぶち壊せー。

マイナー
3Lz 3A 3F-3T
ステップからのソロジャンプが少し心配な部分あったんですけど、3Lzはイーグルから入って加点モリモリでした。3Fはアテンションがついたので、その分GOEが出なかったですけど、おかしな場所でのスタンブルもなくきれいにまとまりました。PCSはホックスタインと競っています。さて問題はLPだ。4S抜けるなー3A抜けるなー。

ヴィンセント
4Lz-3T tano 4F 3A fall
コンビネーションは完璧でした。細い軸でシュルルルッと降りて、セカンドのタノもいいアクセントとなっています。4Fの回転は少し足りない、3Aは分かりやすく足りない感じです。ヴィンセントはジャンプ以外のステップやスピンでも点数を伸ばせる余地があるので、これからじっくり成長するよろしよ。

ジミー
3Lz 3A 3F-3T so
昨シーズンと同じヒプホププロ。アメリカジャッジはこういった革新的な物は好きではないと思っておりましたが、かなりの高評価を得られました。そして立ち止まって踊った分はトランジションで引くという。アメリカらしい。

ネイサン
4F-3T 4T 3A so
縦長効果のあるライン入りの衣装。この白いラインは暗闇で光るのか?毛刈りしておる。中間管理職っぽさが消えて年相応になる残念使用。くるくる毛を生かさなくては。4Lzが休憩して4Tが後半に入りました。3Aをステップアウトすると-2で、羽生や昌磨は満点を取るので5点差になりますからね。でも強い。3Aのミスを一旦リセットして印象塗り替えました。はい!ジャンプ終わったからステップ見て!と画面からでも伝わってくる圧。

ダイヤー
3F-3T 1A 3Lz df
姿勢の良さが仇となって動きを制限しているという杉田さんからの厳しいご指摘。今年も顔かっこいい。ロシアダンスのイリヤ・ジミンさんと対決出来る顔。

トルガシェフ
3A 3F 3Lz-3T so
雄ーーー大な助走からの3A降りたアアアアアアアアアアアアアアアア!リンクサイドでクリスティ・クラールから「おい3A決めたやんけ!!!」と驚かれる。今日は3Aの成功に尽きます。

りっぽんぽん
3F-3T 3A 3Lz
カリフォルニアなので東部の大会よりも奇声人口が高くて助かります。このプログラムにはキエエエエエエエエエエエエエエイという奇声は不可欠なのです。1つミスすれば最終グループから落ちてしまうかもしれない場面でシーズン1の出来ですよ。素晴らしい。固さも見られませんでした。GPFで回転不足になった3Lzも余裕綽々。

ブラウン
3A df 3F-3T 3Lz
今シーズンはいずれのジャンプも安心して見られない状況でした。3Aこそ両足着氷でしたが、続く2本は彼のベストな質で着氷しています。体もよく動いています。今回の滑りを見ると、GPSの滑りは本来の彼のそれではなかった事が分かります。

ヒワタシ
4T fall 3A ot 3Lz-2T
4Tは回転が足りずに転倒。トランジションのイナバウアーの存在感が圧倒的で、何度見ても「おおおおお」となります。あのイナバウアーから3Lzに入れば「ホギャー」と唸りますが、それはそうもいかないのかな。リンクの幅があと20m長かったらいけます?

さすがはオリンピックシーズンの全米選手権。ほとんどの選手の動きがキレキレ。非常に見応えがありました。3強が順当に上位にきましたが、安全圏とは言えません。調子のいいホックスタインが4Tを2本決めれば、順位を上げるでしょう。ネイサンは重力との対話。重力を捻じ曲げて4回転を跳ぶのです。
2017
12.08

ジュニアグランプリファイナル 2日目 アイスダンスSD・ペアリザルト・男子リザルト

アイスダンスSD
1 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)65.87 PB
2 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)64.10 PB
3 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)63.17 PB
4 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)60.52
5 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)60.10 PB
6 Arina USHAKOVA / Maxim NEKRASOV(ロシア)58.53

今日は解説ゲストにキャシーが登場。

ウシャネク
パターンダンスでのレベルの取りこぼしがTESに響きましたが、終始エネルギッシュな動きで魅せました。シニアのトップカップルに匹敵するツイズルの加点がありました。ベテランはこれほど速く回れないですよね。初めから新採点だった選手ってすごい。

チェンコメンコ
ストレートラインリフトの回され方上手。将来的にチョックさんやテッサみたいな、いいライダーになれそう。少し粗さはありますが、女性のパワーを感じるダイアゴナルが印象的でした。

ラジュラガ
ラガが笑うところをスロー再生してくれてありがたい。今回のスタッフは分かってるな!ラガのリードに無理がないので、パターンダンスがスッキリと見られます。ポーカーフェイスでホールドチェンジが下手だったらモヤモヤしますもん。

5分練習中
テッドおじさん「弟の活躍にジェラってる?」
キャシー「哉中ちゃんと滑ってるのめちゃくちゃ誇りに思ってるよ!」

ポリヴァク
ツイズルはズレそうでズレずにまとめました。ラテンの楽しい部分が詰め込まれていました。リズミカルというよりは、ライトな感じでパターンダンスを楽しそうに踏んでいました。

スコアレ
スコップさんが更にダイナマイト美女に進化。レッドカーペット歩いてもらいたい。こちらのカップルもズレそうでズレないツイズルです。ミッドラインの距離感素晴らしかったですね。パワーでは前に滑走したカップルたちの方がありましたけど、距離を詰め、大人のダンスを意識していたようにも思えます。ジュニアカップルのノットタッチは最初の距離が近くても結局離れてしまうので、彼らほどキープ出来ていると、ムフフとなります。

カレポノ
チャチャコンゲラートというパターンダンスの意義は「選手たちの発展の初期段階でラテンアメリカンリズムを紹介し、彼らに足元だけでなく体をも使ってリズムを認識する事を促す」事らしいのです。カレポノのパターンダンスはまさにその意図を汲み取っていて、滑らかな足元とリズムを刻む上体の動きが見られました。シュピルバンドらしいよなーと思いました。ツイズルはレベル取れなかったけど、コケなかったからOK。

JGPFはインフレしたJGPのスコアがスンッ・・・と落ち着く事も多いですが、パーソナルベストを出した組が多かったです。

ペアLP
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)113.59
2 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)113.43 PB
3 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)112.20 PB
4 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)105.56 PB
5 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)104.88
6 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)103.19

ペアリザルト
1. Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)173.85
2. Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)173.01 PB
3. Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)172.94 PB
4. Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)165.03 PB
5. Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)160.80
6. Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)160.47

ボイコズ
3Lo fall 3T-1Lo-3S 3Tw 3LoTh 3STh so
3Loは転倒。3-1-3のコンビネーションなんてペアではなかなか見られないので調べてみたところ、3-1-3のコンビネーションを跳ぶペアがボイコズしか存在しない事が判明。旧採点時代は分からないんですけど、現行採点では彼らだけです。素晴らしい柔軟性がありますし、くるみ割り人形の乗りやすい音楽なので、インタープリテーションが伸びてきたらなあ。

ポルソポ
3T-2T-2T 3Tw 2A 3LoTh 3STh
ソロジャンプはバザラリのようなズレ方。男女の高さが違うとこういった問題が生じます。ツイストはSPに続きキャッチがいまひとつ。2本のスロージャンプは申し分のない飛距離でした。グループ3の回転に何か違和感があって、他の大会の物と見比べたけれど理由が分からない。リフトは発展段階という事にしておこう。

ガオシエ
3Tw 3S 3LoTh 2T ot-2T 3STh
演技が終わって男性がすごく喜んでいて、女性の頭をポンポンしたのは、女性が3Sを降りられたからでしょうね。きれいに決まりました。ダウングレードがデフォじゃなくなった!レベルの取りこぼしを改善すれば今年も世界ジュニアの表彰台争いが出来そうです。

パブホディ
3T+3T 3Tw 3S ot 3FTh hd 3LoTh
3T+3Tは1本目で男性の降りるタイミングが遅くて、男性が降りるまで女性が待ち、そこから準備動作に入って2本目をクリーンに着氷しました。転向組なだけあってソロジャンプ上手いです。コレオシークエンスがステップシークエンスっぽく2人でサイドバイサイドで滑り、消化エレメンツになっていなかったのは僕的にポイント高いです。そしてスローループ降りて、コレオシークエンスと同化したようなトランジション。構成いいわー。

アレウィン
3Tw 3S fall 3T-2T-2T 3FTh 3STh
男性の3Sは着氷して少し経ってからの転倒なので、-2でもいいのかな?と思います。直後の3連続は落ち着いて着氷。リフトのダイナミズムが他のペアとは違いました。暫定1位でみんなで大喜び。

パンリロ
3Tw 2A 3LoTh 2F-1Lo+2Lo 3FTh
男性の衣装の靴下が消滅。変に攻めてたのに。投げ技には安定感がありました。コンビネーションは3連続の最後が2Sで予定構成が提出されていましたが、実際には最後は2Loになりました。真ん中はハーフループなので、この場合は基礎点の高い2つのジャンプが採用されてシークエンス扱いです。不思議の国に迷い込んだアリスの心情をペアのエレメンツで追体験出来るようなプロですね。未だにデュハラドのアリスの仕上がりに疑問が残っている。

トップ3が1点差以内にひしめく混戦となりました。アレウィンは同時期開催の国内選手権をすっ飛ばしてこちらにやって来たので、結果が残せてよかったです。ロシアは3組しか世界ジュニアに出られず、この4組以外から代表が出る事も考えられます。サバイバルだなー。

男子LP
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)155.02 PB
2 Camden PULKINEN(アメリカ)146.20 PB
3 Mitsuki SUMOTO(日本)137.35
4 Makar IGNATOV(ロシア)136.21
5 Alexey EROKHOV(ロシア)128.65
6 Andrew TORGASHEV(アメリカ)95.76

男子リザルト
1. Alexei KRASNOZHON(アメリカ)236.35 PB
2. Camden PULKINEN(アメリカ)217.10 PB
3. Mitsuki SUMOTO(日本)214.45 PB
4. Makar IGNATOV(ロシア)211.99
5. Alexey EROKHOV(ロシア)207.04
6. Andrew TORGASHEV(アメリカ)160.49

トルガシェフ
3A fall 4T fall 1Lz 1F 1Lo 3F-3T df 3Lz-1Lo-3S fall 2A
3本の転倒に3本の抜け・・・・・おおお・・・。これが全米じゃなかっただけよかったとプラスに捉えましょう。絵に描いたような落胆。

プルキネン
3Lz-1Lo-3S 3A-2T 3F-3T 3A 2A 3Lo shaky 2F 2A
クリーンな3Aが2本!3A-3Tにならなかったのを直後のコンビネーションでカバーし、2回転になった3F以外は予定通りに降りられました。LPはコンビネーションスピンが2つなので、低速スピンになるリスクは軽減されます。単一姿勢と足換えが苦手なんだなー。男らしいショパンでした。墨汁で楽譜書いてるみたいな。なんでんかんでんプルキネン頑張った。

イグナトフ
4T fall 3A 3Lz-3T 3Lo 3A-1Lo-3S shaky 3Lz 2F 2A-2T
後半に入ってから急激に体力が落ちてくるのはJGPから同じ課題。体力といえばア・・・待てよ、アリエフもコーチがルカヴィツィンじゃないですか!特訓だー修行だー!麦茶とおにぎりの用意は任せろ。

エローホフ
4T-2T shaky 4S fall 3A so 4T so Lz fall 3Lo shaky 3F-1Lo-2S 3Lz 2Lz
4回転がクリーンに決まらなかったけれど大正義基礎点があります。3Lzからのコンビネーションの踏み切りで足を引っ掛けて無回転となりました。ステップの後に急遽2Lzを跳んでリカバリーを図りました。エローホフが台落ちするとは予想だにしていませんでした。

クラスノジョン
4Lo 3S 3A-3T 3F-2T-2Lo tano 3A 3Lz-3Lo 3Lz 2A shaky
4Loは回転不足で着氷。そこからはほぼクリーンに降り、2本目の3Lz着氷でガッツポーズ!でもこの位置でのガッツポーズは危ない。なぜならフランスの某世界チャンピオンの前例があるから。そして2Aああ・・・。でも全体的にはよかったです。ボーカル曲で1本通しているので、どうしてもノーミスでないとストーリーが作りにくいです。それが今日は適っていました。

須本
3A fall 3F-2T 3Lo 3Lz-3T 2A-1Lo-3S 3F 2A 3Lz so
演技中盤に僕のパソコンのストリーミングがお逝きになってのでステップは分からなかったけれどジャンプは立て直しました。最後の3Lzを転倒していたら危なかった。3Fと2Aの間の手を上にバン!と上げる振付がありまして、いいコレオシークエンスだなと思いました。こんなに感情表現出来るんだなと。でもジュニアにコレオシークエンスは無かった。だから、トランジションでも表現出来る選手に成長した事に改めて感動。先生「やったねー」「予想外だな」「立って挨拶!」

クラスノジョンの4Loはアンダーローテーションの評価でした。プルキネンのスピンはオールレベル4!!!超頑張った。エローホフの足を引っ掛けたルッツはジャンプの準備動作に入ったと判定されず、ラストの2Lzはジャンプとしてカウントされました。
2017
12.07

ジュニアグランプリファイナル 1日目 ペアSP・男子SP・女子SP

ナゴーヤジャパーン。

ペアSP
1 Apollinariia PANFILOVA / Dmitry RYLOV(ロシア)60.81 PB
2 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)60.26
3 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)59.51
4 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)59.47
5 Anastasia POLUIANOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)57.28 PB
6 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)55.92

ガオシエ
3Tw 3LoTh 2Lz
ちうごく伝統の投げ技は余裕。2Lzはどうにか降りられました。しかし踏み切りがインサイドになっていたと思います。エッジが浅いのは、特にペアのジュニアの女子選手にとっては共通の課題です。ペアらしさを兼ね備えたペアなので今後に期待。

ボイコズ
3Tw 2Lz tano 3LoTh fall
ツイストのキャッチの余裕さと着氷姿勢の美しさが際立ちました。スローループは飛距離は十分でしたが、上手く回転出来ずに転倒となりました。伸びやかなエッジワークを見せようという意図が見える演技でした。

ポルソポ
2Lz 3Tw 3LoTh
ツイストはキャッチがあまり美しく決まらなかったです。高さは十分でした。ステップでのミラーの動きが、男女のエッジの深さにかなりの差があり、軌道が丸っきり別に見えてしまいました。スローループのランディングの伸び素晴らしい。デススパイラルはしっかりと男性の腰が落ちており、回転速度にも問題はなく、いい実施となりました。

アレウィン
3Tw 2Lz tano 3LoTh hd
スローループのお手付きはありますが、貫禄と風格を見せ付ける演技でした。デススパイラルは男性のポジションも女性のアーチも決まっていました。ここはニーナ先生のチームなのでペアスピンが心配になるところではありますが、アップライトを最後に持ってこない戦略!これは有能。ウィンザーが「かーちゃんとーちゃんブレンダン!」とメッセージ。ブレンダン・ケリーさんのポジションたけえ。

パンリロ
3Tw 2Lz 3LoTh
スタート位置に着く直前にハラリと落ちるお下げのリボンを解雇し、ポニーテールにリボンを巻き付けました。リボンは欠かせないらしい。他ペアほどの飛距離はないですが、スローはしっかりと着氷。カントリーらしさ溢れる楽しいステップとマジ意味不明な高難易度のワンハンドリフトも決まりました。

パブホディ
3Tw 2Lz tano 3LoTh fall
本日最高峰のツイストでした。エレメンツの前後の工夫はもちろんの事ですが、ミステリアスな音楽に絶妙な配置がなされています。ステップからの2Lzの流れとか、プログラムの構成がシニアっぽいです。転倒はありますがPCSが1位評価なのも当然と言える内容でした。

点数の出方が妥当も妥当も妥当なので何も突っ込みどころがないです。

男子SP
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)81.33 PB
2 Alexey EROKHOV(ロシア)78.39
3 Mitsuki SUMOTO(日本)77.10 PB
4 Makar IGNATOV(ロシア)75.78 PB
5 Camden PULKINEN(アメリカ)70.90 PB
6 Andrew TORGASHEV(アメリカ)64.73

トルガシェフ
3A so 3Lz 3F hd-2T
3Aは恐る恐るの助走でした。前向いたまま長く助走していましたけど、恐怖心が煽られそう。3Fの後ろの2Tはコンビネーションとして認められずに+COMBOの扱いとなります。ステップはフラットな部分が少なく、きれいに流れていって気持ちがよかったです。スピン2つの間でスタンブルしたのが、演技の印象をプラスにするのを阻害しました。

イグナトフ
3A 3Lz 3F-3T hd
ジョシュ・グローバンという選曲も、LPの無蹂躙スクリャービンからもロシアを感じない。北米っぽい。顔を見ればロシアだなーと思うけど、別の国の代表と言われても信じそう。目元がブランドン・フレイジャーに似てるからかな。クリーンな3Aから入って、お手付きはあるものの演技をまとめました。ステップの最終盤、3F-3Tに気持ちがいったのか、動きが緩んでしまったのが惜しい。

須本
3A 3Lz 3F-3T
3Aをここぞという時に決めてくれました。スーパーメンタルマンか!演技中に少しですが笑顔が出るようになってきました。もっと!もっと笑うんだ!感情の表し方が素直になり、表現で伝わる物が大きくなってきました。よき!

プルキネン
3A 3F ot-2T 3Lz
散髪してトーテムポールの最上部のような髪形に。3Aはいつもの氷を串刺しにする着氷。3Fはフリーレッグのタッチを免れ2Tに繋げました。脳内でシブタニズがフォローしてくれるステップは感情豊かに。でも後半で逆回転するところでバランス崩していました。苦手のスピンはチェンジキャメルのチェンジフットでバランスを崩しました。フライングシットはポジションチェンジで急激にスピードが落ち・・・なかった!練習を積んだ成果が表れたのでしょうね。

クラスノジョン
3Lz 3A 3F-3Lo
攻めの構成を見事成功。演技後半のリズミカルな3F-3Loは盛り上がります。チェンジキャメルの上向きポジションの気だるさが、そこからアップテンポになるプログラムのスパイスになっていました。スイカの塩みたいな物。当然1位。

エローホフ
3A 3F-3T 3Lz
力強くも優しい3Aの着氷。フライングシットもチェンジキャメルもきれいに入れなかったのがもったいない。トラベリングもありましたし、今日はスピンに苦労しました。ふいにスッと滑る様が、仄々とした空の下歩いている時に、遠くの灯台から照らされたような、そんな感覚にさせてくれました。

トルガシェフ以外はPCSが1点以内に集まって横並びです。ジャンプを決めた選手が表彰台に乗るよ!

女子SP
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)73.25 PB
2 Alena KOSTORNAIA(ロシア)71.65 PB
3 Anastasia TARAKANOVA(ロシア)67.90 PB
4 Rika KIHIRA(日本)66.82 PB
5 Daria PANENKOVA(日本)65.65
6 Sofia SAMODUROVA(ロシア)65.01

紀平
2A tano 3F-3T 3Lz tano
微動だにしない回転軸のレイバックスピンでスタート。3Lzは直前のステップが不十分なので、タノを付けても加点が伸びていません。これだけで1点の差がついてしまうので、ステップは大事です。所作が美しかった。

タラカノワ
3F-3T 3Lz tano 2A tano
衣装のヒラヒラの隙間に手を入れてからスタート。意味不明だぜ。チョクトーからタノ付きでスパイラルイグジットのこれでもかとてんこ盛り3Lzは迫力がありました。盛りすぎで血糖値上がるわ!動きが洗練されてくると、もっとPCSが伸びるのでしょうね。

パネンコワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 2A tano
明日15歳。中3なのにSPもLPも選曲が絶望的である。暗いぜ。めっちゃタノる族なので、せかせか成分は前の2人よりも高め。振付も結構ワイルドにこなす派なので、さらにせかせかして見えます。緩やかなパートが作れたらいいなー。

コストルナヤ
3F-3T tano 3Lz 2A
ネームバリュー抜きでシットスピン系統で+2以上を並べられる数少ない選手です。質パネエ。1つしかないタノが効果的でした。ジャンプのチェック姿勢ですら表現出来ていて、穴がないなと思います。僕がジュニア初期のうちに好きになるロシア選手はハードな怪我しちゃうか身長伸びすぎちゃうから、薄めの期待に留めておこう・・・。ジュニアの歴代最高を更新しました。

サモドゥロワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 2A
イスラエルのプログラム。時事プロか!この「え?あたしこの曲日常的に聴いてるし、毎年お祭りで踊ってるよ?」感は何なんでしょうね。もうちょっと出てもよかったなーと思うPCSですけど、かと言って他の選手を低くしろとも思えないし、同じレベルの選手が集まると困る。きっとジャッジはもっと困る。

トルソワ
3F tano-3Lo 3Lz tano 2A
6人の中では一番見た目が子供。でもマダムみたいなプログラムを滑る。ジャンプに高さがありますし、なんと言っても流れが素晴らしいです。リプ~メドベでエテリが作り上げた、ジャンプの流れ評価の採点傾向に上手く乗っかっているなと思います。さきほどコストルナヤが更新した歴代最高をさらに更新。ザギトワの歴代最高が70.92だったんですよ。このスコアがいかに高いかと申しますと、シニアに入っても歴代14位。アシュリー、デールマン、ソツコワ、三原のパーソナルベストよりも高いです。もうシニアじゃん!

6人全員が名字も名前もAで終わる。紀平もロシア人みたい。ロシアに挟まれているから、オセロならひっくり返る状況ですね。トルソワとコストルナヤが抜けた形になりました。紀平はここから挽回出来るでしょうか。失う物はないのでガンガンいきませう。サモドゥロワの3Lzがアテンション評価で-0.2の評価になった以外は、±0.00以上のエレメンツしかない激熱の展開。ソチでのジュニアグランプリファイナルを思い出す楽しさ。

ジュニア1年目 トルソワ・コストルナヤ・タラカノワ
ジュニア2年目 紀平・パネンコワ・サモドゥロワ
ジュニア3年目(シニア1年目)

シニア年齢の選手が1人もいないのを見ると、ロシアの早熟っぷりが分かりますね。
2017
09.30

JGPクロアチア杯 2日目 アイスダンスSD・ペアリザルト・男子リザルト

アイスダンスSD
1 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)62.89 PB
2 Ksenia KONKINA / Grigory YAKUSHEV(ロシア)60.16 PB
3 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)59.97 PB
4 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER(フランス)53.43
5 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)52.16
6 Ellie FISHER / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)49.08 PB
7 Chiara CALDERONE / Pietro PAPETTI(イタリア)47.52 PB
8 Olga GIGLAVA / Yegor YEGOROV(ウクライナ)47.08 PB
9 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)46.89
10 Emily ROSE BROWN / James HERNANDEZ(イギリス)45.58 PB
11 Villö MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)44.39 PB
12 Wanqi NING / Chao WANG(中国)40.49 PB
13 Sophia ELDER / Christopher ELDER(アメリカ)37.17 PB
14 Megumi TSUTSUMI / Devin DICKEY(メキシコ)33.86 PB
15 Malene NICHITA-BASQUIN / Jaime GARCIA(スペイン)30.72 PB

ナタコレ
男性が191cmもあるので、パターンダンスの時に体を持て余してますよね。長身でもきちんと処理できてるポジェって偉大だわ。初戦では女性のふともも見せすぎスカートに気を取られていたけど、細かいリズムを取る事にも苦労が見えます。何気に女性も167cmもあるので大変。北米選手の小型化で、これからそれが進行していく気もするので、長身ユーロ勢には頑張って欲しい。リヨンとは思えないツイズルは堪えました。

イタリアからカップルが!!!!!!!!!!頼むからもっと増えて!少子化に負けないで!

チェンコメンコ
変態ツイズルチームの変態ツイズルじゃないカップル。プログラムの内容を、滑らか回転上げリフトで思い出しました。グレープフルーツのように健康的なパッションのチェンコさん、その後ろで動きが少しねちっこいメンコさん。バランスいいよいいよ。グレープフルーツがまだ甘くなかった時代に砂糖かけて食べてたじゃないですか。多分メンコさんはそんな感じですよ。

グロサマ
ノットタッチの滑り出しで男性が本域で滑ってしまったのか、女性との移動距離の差が半端なかったです。コントロール大事。男の子って大変。

コンヤク
曲のチェンジが2回あって、その2回目で最初に戻るのは過去2シーズンの流行りだったわけですが、この組は最初と最後の雰囲気を変えているのがいいと思います。同じになっちゃうと、ただルールで必要だから変えただけに見えますもん。最初はサンバなのにツルツルと滑って技術アピール。最後のサンバでは、近年珍しいシンプル高速ツイズルで元気さアピール。いいよー。

ラジュラガ
深瀬も似たようなバフバフスカートだったけど、先生こういのが好きなの?ラガのニヒルな笑みからスタート、アイライン引いたのか?ってぐらいに目力倍増。演技中に笑顔が伝わってくるよ。昨シーズンまでなぜ笑わなかったの。おもしれえ。点数出たときに足を小突くラジュワさんを見て「あ、この人もカナダの姉貴だ」と察しました。

カナダ2番手の男の子はモデルらしい。178cmでモデル出来るのか?


ペアLP
1 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN(ロシア)105.80 PB
2 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)104.97 PB
3 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)101.98
4 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)101.20 PB
5 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW(アメリカ)90.51
6 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO(ロシア)86.59 PB
7 Sarah FENG / Tommy-Jo NYMAN(アメリカ)83.56 PB
8 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA(中国)80.14 PB
9 Jiaying SUI / Yunzhi GUO(中国)80.02 PB
10 Olivia BOYS-EDDY / Mackenzie BOYS-EDDY(カナダ)77.03 PB
11 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL(スペイン)70.33 PB
12 Chloe CHOINARD / Mathieu OSTIGUY(カナダ)66.13

ペアリザルト
1 Polina KOSTIUKOVICH / Dmitrii IALIN(ロシア)165.48 PB
2 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)164.96 PB
3 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)163.21 PB
4 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)150.32
5 Laiken LOCKLEY / Keenan PROCHNOW(アメリカ)141.99
6 Daria KVARTALOVA / Alexei SVIATCHENKO(ロシア)138.97 PB
7 Yuyao ZHANG / Ziqi JIA(中国)129.85 PB
8 Sarah FENG / Tommy-Jo NYMAN(アメリカ)125.98 PB
9 Jiaying SUI / Yunzhi GUO(中国)124.50 PB
10 Olivia BOYS-EDDY / Mackenzie BOYS-EDDY(カナダ)123.42 PB
11 Isabella GAMEZ / Ton CONSUL(スペイン)113.21 PB
12 Chloe CHOINARD / Mathieu OSTIGUY(カナダ)108.08

ウォルミショ
男性の3T-2Tの間にターンが入ったのと、ソロスピンのチェンジフットで男性がミス。でもLPは得意で、今回も100点を超えてきました。ピンクを着たっていいじゃない16歳だもの。

クバスビ
美しい宇宙衣装でエクソジェネシス。懺悔っぽくはないです。何もない宇宙を旅して、遥か彼方の未開の星に何十年もかけて旅をする過程のよう。ツイストのキャッチミス、スローフリップ転倒、3Sシンクロ転倒、3T-2Tステップアウトなど冒頭4連続ミス。コレオシークエンスでは男女が大きく距離をとって演じました。女性はスパイラル、男性はイーグルです。でも2人ともそれほどポジションが美しくはないです。この構成はもっとそれらに自信がある人がやらないと。ミス多発の演技でした。

コスイア
トリプルツイスト並みの軽いキャッチでクワドツイスト。クワドってこんなに簡単に決めていいのか!スローループは転倒。3S-1Lo-3Sでも転倒ですが、攻めまくった構成。転倒してディダクションを受けても、成功した3T-2Tよりも点数が高いです。3Tも失敗しましたが、圧倒的な基礎点!大正義基礎点!つえええええええええええええええ。パンツ衣装とはいえ、股を開いたフィニッシュは品が・・・。

ガオシエ
ソロジャンプで2Aが入れられないので、3Sと2T-2T。ソロジャンプの基礎点だけで、コスイアとは8点もの差があります。一歩ずつですね。ジャンプ以外のパートは素晴らしかったです。投げ技は伝統の質。そしてコレオシークエンスがよかった。男性に抱きつきながらの女性のイナバウアーが、何ともロマンティックでした。ジュニアのペアでコレオシークエンスが見せ場にするとは、やりおるな!男性が女性のおでこにキス。ちうごくの抒情性がロシアやカナダの上になる時代。今更だけど、兄さんがコーチなのに帯同ボー・ルアン先生じゃん。元生徒だから他の子のついでに見てもらってるのかな。

ボイコズ
3Loはステップアウト、3連続は決まりました。その次がツイストです。このエレメンツは冒頭に集められがちで、コンパルソリーみたいなもんですけど、ソロジャンプとツイストの間に素敵なダンスリフトを加えて、テンプレ防止を図っています。そういったところからもコンポジションの評価の高さが窺えます。スローで足をつくミスもありましたが、将来性はすごく感じます。解散しないでね?

パンリロがすでにファイナルを決めており、ここではボイコズが確定させました。次週は初戦優勝のパブホディとコスイア、2位のガオシエとポルソポ、4位のアレウィンが出場します。ファイナルが確実になるのは優勝組は4位以内、2位組は3位以内、アレウィンは2位以内です。その他にも条件がありますが、ロシアいっぱい!には変わりはないですね。

男子LP
1 Makar IGNATOV(ロシア)147.22 PB
2 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)145.22
3 Joseph PHAN(カナダ)144.98 PB
4 Mitsuki SUMOTO(日本)134.36
5 Koshiro SHIMADA(日本)131.87
6 Yan HAO(中国)130.54 PB
7 Basar OKTAR(トルコ)127.31 PB
8 Artur DANIELIAN(ロシア)127.05 PB
9 Adam SIAO HIM FA(フランス)122.18 PB
10 Nika EGADZE(ジョージア)109.09
11 Geon Hyeong AN(韓国)105.97 PB
12 Nik FOLINI(イタリア)105.81
13 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)99.51 PB
14 Guko ENDO(アメリカ)94.08 PB
15 Micah Kai LYNETTE(タイ)91.08 PB
16 Josh BROWN(イギリス)87.44
17 Charles Henry KATANOVIC(クロアチア)76.93
18 Aleix GABARA(スペイン)74.97
19 Chadwick WANG(シンガポール)71.00 PB
20 James THOMPSON(オーストラリア)68.31 PB
21 Jakub KRSNAK(スロバキア)63.41
22 Elliot JANG(中華民国)61.38 PB
23 Muhammad Dwi Rizqy APOLIANTO(インドネシア)51.91 PB

男子リザルト
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)225.48 PB
2 Joseph PHAN(カナダ)221.07 PB
3 Makar IGNATOV(ロシア)219.22 PB
4 Mitsuki SUMOTO(日本)207.54 PB
5 Koshiro SHIMADA(日本)196.72
6 Basar OKTAR(トルコ)194.39 PB
7 Artur DANIELIAN(ロシア)188.36 PB
8 Yan HAO(中国)187.48 PB
9 Adam SIAO HIM FA(フランス)183.46 PB
10 Geon Hyeong AN(韓国)164.33 PB
11 Nik FOLINI(イタリア)157.46
12 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)154.25 PB
13 Nika EGADZE(ジョージア)153.17
14 Guko ENDO(アメリカ)147.38 PB
15 Micah Kai LYNETTE(タイ)141.64 PB
16 Josh BROWN(イギリス)133.56
17 Charles Henry KATANOVIC(クロアチア)119.95
18 Aleix GABARA(スペイン)114.90
19 Chadwick WANG(シンガポール)108.93 PB
20 James THOMPSON(オーストラリア)106.97 PB
21 Jakub KRSNAK(スロバキア)106.52
22 Elliot JANG(中華民国)98.26 PB
23 Muhammad Dwi Rizqy APOLIANTO(インドネシア)77.59 PB

ヤンハオ
3A so 3Lz-3T 3Lo-2T 3Lz 3F 3Lo 3S 2A-1Lo-2F shaky
3A以外はしっかりと。柔らかいスケーティングが持ち味。SPではハンヤンっぽい気がしましたが、LPではそうは思わなかったです。プログラムによって変わるんですね。カラーを変えられるのはいい事です。中国のエースさんかあ。

ダニエリアン
3A fall 3Lz tano 3F-1Lo-3S 2A 3Lz -2T 3F-3T 3Lo 2A
こんなにかわいいぼくがノートルダムドパリだなんて。3Lzは片手タノを入れていて、着氷してから両手を上げました。腕をバタンと下ろすのは美しくないので、こういった振付の工夫はいいですね。こんな美少年もゴツゴツする日がやってくるのかな。

アダム
4T fall 3Lz-1Lo-3S 3T-3T 3Lo so 3Lz hd-2T shaky 3F hd 2A 2A
ああ~~~~~ハーフループ上手い~~~ルンルンハーフループ。ルンルンしているから4回もリピートしちゃいました。コフトゥンも使ったスピーチの存在感の強い曲。ロシアよりもフランスっぽい選曲だったのかもしれないコフトゥン。この演技はハーフループに尽きる。ジュベールの指抜き手袋。こういうの小学校の時に使ってましたわ。男子小学生あるある。

島田
3S 3Lz-3T 3Lo 2A-2T 3F 3S-2T 3Lz 2A
ステップ中の片膝をつく振付はいかにもランビエール。体の入れ方がランビっているので、立派なランビチルドレンさ。3Aや4Sが入っていないために振付を入れやすいのはありますが、ジャンプ1本ごとに何かしらのトランジションが間に入っているので、ジャンプが続いてもダラダラして見えない。終盤には荘厳な音楽へとチェンジしますが、しっかりと音楽を感じ取って演じ分けられています。5項目の評価が横並びの珍しい点数の出方です。いい出来。ランビに「お疲れ様でした」通じるの。

オクタル
3A hd 3Lz-3T 3F-2T-2Lo 3Lz 3Lo fall 3S ot-2T 3F 2A
ルッツフリップが得意なのか自信を持って跳んでいます。前半は表情に緊張が見えました。ステップとチェンジシットを終えてから表現する余裕が出てきました。ジャンプで曲想表現をし、GOEとPCSの一挙両得を狙うタイプかな。衣装はフォーマルな方が華麗なるギャツビーっぽい。

イグナトフ
4T 3A 3Lz 3Lo 3A-1Lo-3S 3Lz hd 3F-2T 2A
ロシア人なのにロシア人作曲家の曲を蹂躙せずに滑る異端児。世が世なら宗教裁判にかかって火あぶりですよ。前回は演技半分超えないぐらいでスタミナがなくなり、後半でアンダーローテーション判定を受け点数が伸ばしきれませんでした。今回はスタミナが切れる地点が少し後ろにきたので、バテてはいたもののまとめられました。スタミナ!ロシア男子たちスタミナ!

須本
3A so 3A so 3F shaky 3Lz-3T 3Lo to 2A-1Lo-3S 2A-2T 3Lz
3Aとは友達になれず同じようなステップアウトに。3Aでつけられなかったコンビネーションは、きちんとリカバリーしています。今の時代に織田信成さんがいたらきっと結果を残せていただろう・・・。ファイナルを確実にするには失敗出来ないポジションでしたが、イグナトフの構成強いですおおん。

ジョセフ
4T fall 3A 3Lz 3Lz-3T 2A-1Lo-3S 3F 3T 3Lo
4Tは回転不足で転倒。カナダの敵はクリーン。カナダの敵は降りられればガッツリ加点なので2本に増やせればですね。マフィアの脱税工作の肩棒を担がされる税理士の悲哀を演じているっぽくてよかったです。清涼感のあるカナダスケーティングでした。カナダ選手が活躍するとテッドおじさんが饒舌になります。

クラスノジョン
4Lo td 3S 3A-3T 3F-2T-2Lo 3A 3Lz fall 3Lz-3Lo 2A
USA応援団が元気。USA応援団の中から、後半の3A着氷でサンシャイン池崎が降臨。4Loはアンダーローテーション。2本目の3Lzは着氷が前のめったのに力技で3Loをつけました。これもアンダーローテーションではあるのですが、この力技感がかえってグラディエーターっぽさを増幅させました。連勝でファイナル確定です。今シーズンはケイン夫妻の生徒大活躍。

ここまで唯一の連勝でクラスノジョンがファイナル確定。須本1位+4位、イグナトフ2位+3位、ジョセフ4位+2位なので須本がクラスノジョンに次いでポイント2位に立ちました。

6戦目は初戦優勝のエローホフとプルキネン、2位のエコノミデス、3位のエフィンチュク、おまけにリッツォも出てきます。最終戦には初戦2位のトルガシェフ、3位のヒワタシとムラショフ、連戦でリッツォが出場します。来週出場する選手が潰し合うので、もったいない気もしますね。

リ ッ ツ ォ の 酷 使

1位+4位の須本のポイントを上回る選手が5名以上出る組み合わせは存在します。ですから須本のファイナル確定は出ません。彼がファイナル進出の確率・・・今のところ20%といったところでしょうか。

ネーベルホルン杯の展開で脳汁溢れ出してしまい、ジョリヘンの演技終了と共に一切の感情を喪失しました。スーパー賢者タイムですね。JGPの映像を見ても何も感想が出てこなかったので諦めて寝て、起きて復活。賢者タイムが長かったので、ブログ閉鎖してパソコン壊して外に飛び出しそうでしたね。あぶねえ。
2017
08.25

JGPブリスベン 2日目 アイスダンスSD・男子リザルト

アイスダンスSD
1 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)61.08 PB
2 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)58.55
3 Elizaveta KHUDAIBERDIEVA / Nikita NAZAROV(ロシア)57.25 PB
4 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)52.40 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)52.26
6 Natalie D'ALESSANDRO / Bruce WADDELL(カナダ)47.70 PB
7 Sasha FEAR / George WADDELL(イギリス)44.93 PB
8 Jessica PALFREYMAN / Charlton DOHERTY(オーストラリア)33.53 PB
9 Joanne CHO / Jake MEYER(オーストラリア)26.22 PB

6シーズンぶりの課題チャチャコンゲラードです。6年前・・・はて・・・誰が出ていたのか。

ポリヴァク
ツイズルは美しく。パターンダンスでは恒例となったちょっと気持ち悪いテンポの変化がありました。FDでもSDと同じリフトを使っていますが、SDでは普通だなーと思うのにFDでは音楽に映えています。曲に合わせることの大切さが分かります。女子が黒ではなくピンクということに好感が持てます。あと2歳上なら両方黒のはず。

ルイス&バイ
若々しい短めのスカートがいいですね。このカップルを見て思うのが雄大な滑りはきれいなのに、それに合わせた振付があまり美しく処理できない。パターンダンスのそれなりに早い滑りはそうでもないけれど、振付は処理できている。それとあまり色気がないのもプログラムの印象にはマイナスプロモーション。特に男性に対してそう感じます。

クダナザ
19歳で濃厚風のダンサーのナザロフですが、体つきはまだまだ子供。背中の反り具合とか腰回りとか、何だか女装子みたいだ。これからもっとゴツゴツしてください。女性の滑りが大きく伸びる感じではないので、男性の技術力で引っ張っているカップルですが見せ方が上手だと思います。ローテーショナルリフトは出で停滞しました。

グロサマ
出だしですごく滑っています。だがしかし、2人の滑る間隔はかなり開き気味で、きれいな滑りとGOE相殺されてしまったのかな?と思います。ストレートラインリフトは入りがスムースでしたが、男性の腿の上でのポジションでの女性の脚の形があまり美しくなくて、上手いけど課題あるけど上手いけど課題あるなーというカップルですね。

ラジュラガ
ラジュワさんのスカートは食虫植物みたいで攻めてますね。トランジションに工夫が見られて、ツイズルの入りも素晴らしかったです。セカンドツイズルで回転がズレてしまったのが残念。152cmの女性なので、少しでも大きく見せようと、えぐれるほどに体を動かしていたのが印象的。ラガさんちょっと笑った!!!!!

男子LP
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)134.33
2 Egor RUKHIN(ロシア)127.61 PB
3 Roman SAVOSIN(ロシア)127.52
4 Yuto KISHINA(日本)122.49 PB
5 Donovan CARRILLO(メキシコ)121.80 PB
6 Eric SJOBERG(アメリカ)116.85
7 Joseph PHAN(カナダ)114.37
8 Daniel GRASSL(イタリア)112.58
9 Taichiro YAMAKUMA(日本)99.16 PB
10 James MIN(オーストラリア)92.34 PB
11 Darian KAPTICH(オーストラリア)89.24 PB
12 Harrison BAIN(ニュージーランド)70.86 PB
13 Giuseppe TRIULCIO(オーストラリア)68.41 PB
14 Pagiel Yie Ken SNG(シンガポール)67.42 PB
15 Yamato ROWE(フィリピン)60.98 PB

男子リザルト
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)209.37
2 Roman SAVOSIN(ロシア)196.20
3 Egor RUKHIN(ロシア)185.12 PB
4 Joseph PHAN(カナダ)183.67
5 Yuto KISHINA(日本)182.48 PB
6 Daniel GRASSL(イタリア)174.93
7 Donovan CARRILLO(メキシコ)173.41 PB
8 Eric SJOBERG(アメリカ)170.54
9 James MIN(オーストラリア)154.80 PB
10 Taichiro YAMAKUMA(日本)149.21
11 Darian KAPTICH(オーストラリア)139.23 PB
12 Harrison BAIN(ニュージーランド)111.34 PB
13 Giuseppe TRIULCIO(オーストラリア)106.96 PB
14 Pagiel Yie Ken SNG(シンガポール)103.75 PB
15 Yamato ROWE(フィリピン)95.91 PB

山隈
3A df 3Lz-3T fall 3F 3Lo 3F fall 3Lz fall 3S-1T 2A
3Aは惜しかったです。3-3はフェンスに近づきすぎて転倒でした。3本の転倒は痛かった。降りたジャンプはガシッ!としているので、加点が望めるはず。この大会でもすでに3度目?のララランドでした。今シーズン多いのでチェックしておきましょう。

カリーヨ
2A 3Lz tano-2T-2T 3F-3T ot 3Lz tano 3Lo-2Lo 3Lo 3S so 2A
昨シーズンブレークしたカリーヨさん。同じプログラムを続けて使っています。3F-3Tが回転不足になったことを除けばかなりよかったのではないかと思います。膝くるフリップならぬ膝くループはマーベラスに成功!膝くる最高。121点!!!!!やったぜ。すでにシニアの試合に出場していますが、メヒコ連盟はどの程度派遣をくれるのか。

ショーベルグ
3F 2A 3Lo 3F-3T 2A-1Lo-3S so 3Lz-2T tano 3Lz fall 2F
ジャンプで腕を締めずに突っ張ってるので、長身と相まって駒のようにクルクル回転。背が高いのに低空ジャンプにならず、高さが出ているので加点がしっかりもらえそうです。腕が長いので、スパルタカスプロおなじみの後半の忙しいテンポに動きが付いて行かず。編曲ミスった気はしなくもないけれど、若いから矯正ギプスということで、今のうちに速い動きに慣れとくれー。エレガントなパートは美しかった。

木科
3A fall 3Lz 3F 3S 3Lo-3T 3F-1Lo-2S 3Lo 2A-2T
3Aは惜しかったですけど、あとはまとめられたと思います。特に良かったのがスローパートから後半のジャンプに移るところ。くるっと回ってから助走に入っていくんですけど、恋する気持ちを高ぶらせる映画の主人公になりきっているなと。ステップのジャズっぽいところは音を取るのがとても難しそうなので、シーズン中に磨き上げて欲しい。

ルヒン
3A fall 3Lz-3T 3F-2T-2Lo 3Lz tano-2T 3Lo 3F 3S 2A
こ・・・これはっ!エテリ!ジャンプの前後の工夫もまさにエテリ。そして3Loの跳び方はメドベ。後の動きもそっくり。今は言われた通りにしているという雰囲気。13歳でこれだけできれば十分ですけどね。

グラゼル
3A fall 3Lo 2A 2A 3F-1Lo-3S 3Lz fall 3Lo-2T 3Lz-2T
2本目の2Aを跳ぶ頃にはすでに体力が切れかかっており、押して滑り、よっこらせとジャンプを踏み切っておりました。ペシャブル→ドムシャバ→プシゲレというダンスファン的には楽しい編曲。

ミンくん
3F-2T 3A so 3Lz fall 1Lz 1A df 3Lo 3F fall 3S fall
冒頭のジャンプから判断するに、これは120点コースきたあああああああ!と思ったのですが、成功したのは冒頭のコンボと3Loのみでした。うーーーーーーーん残念。でも今大会で伸び代がたくさんあることを証明してくれました。次戦に期待。

サヴォシン
4T-2T 4S 2A-3T 4T 3S 2A-1Lo-3F 3Lo shaky 3Lz tano
3Aが不調なら3クワドにすればいいじゃないの精神?おそろしい。4Sと単独の4Tは回転不足なのですが、それでもコケずに降りてくるところがすごい。このプログラムはまさにジャンプ!とにかくジャンプ!基礎点とるぜとるぜ!GOEはちょっと伸びないかもだぜ・・・と案の定TESがもらえなかった。

クラスノジョン
4Lo fall 3S 3A-3T 3F-2T-2Lo 3A 3Lz 3Lz fall 2A
昨シーズンのカウボーイがとても展開が分かりやすくていいプログラムだったので、グラディエーターのボーカル入りの曲で4分間通しきるのは淡々と滑っているように見えました。曲調が変わらないから体力切れが分かりやすいですしね。ステップきちんと踏めてなかったんじゃないかなと。4Loは惜しかった。声が高い。

ジョセフ
4T fall 3A so 3Lz fall 3Lz-2T 3F-2T 1A df 3T-1Lo-2S 1Lo
ああああ・・・メダルがかかった・・・ああ・・・これではゴッドファーザーの手先に真っ先にやられるキャラに。滑りがいいのでPCSは出ましたがTESが伸びず。まずは降りることを最優先にしないとですね。

初戦らしい試合でした!本来こういうものですから!クラスノジョンの4Loはアンダーローテーション。ルヒンは回転不足もeもなかったのがTESを伸ばせた大きな要因です。サヴォシンはジャンプの加点を全て足すとマイナスになるんですね。4T2本目はダウングレード判定でした。

russiangaippai.png

スーパー銭湯で5時間お風呂に入ったら熱出ました。良い子は真似しない方がいいです。バキバキ更新するって言った矢先にもう。
back-to-top