2017
03.16

世界ジュニア選手権 2日目 男子リザルト

人生で1番「歴代」という言葉を使った日。

男子LP
1 Vincent ZHOU(アメリカ)179.24 PB
2 Daniel SAMOHIN(イスラエル)165.63 PB
3 Dmitri ALIEV(ロシア)163.83 PB
4 Alexander SAMARIN(ロシア)163.30 PB
5 Alexander PETROV(ロシア)162.18 PB
6 Jun Hwan CHA(韓国)160.11
7 Kazuki TOMONO(日本)143.16
8 Kevin AYMOZ(フランス)141.39 PB
9 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)136.54 PB
10 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)134.97
11 Matteo RIZZO(イタリア)128.94
12 Conrad ORZEL(カナダ)128.20
13 Koshiro SHIMADA(日本)125.33
14 Graham NEWBERRY(イギリス)120.98
15 Nicolas NADEAU(カナダ)119.43
16 Sihyeong LEE(韓国)119.16
17 Chih-I TSAO(中華民国)118.72
18 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)112.82
19 Petr KOTLARIK(チェコ)112.13 PB
20 Daniel Albert NAURITS(エストニア)112.04
21 Mark GORODNITSKY(イスラエル)111.32 PB
22 Tangxu LI(中国)111.00
23 Roman SADOVSKY(カナダ)110.26
24 Thomas STOLL(ドイツ)96.58

男子リザルト
1 Vincent ZHOU(アメリカ)258.11 PB
2 Dmitri ALIEV(ロシア)247.31 PB
3 Alexander SAMARIN(ロシア)245.53 PB
4 Alexander PETROV(ロシア)243.47 PB
5 Jun Hwan CHA(韓国)242.45 PB
6 Daniel SAMOHIN(イスラエル)232.63
7 Kevin AYMOZ(フランス)218.63 PB
8 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)211.47
9 Kazuki TOMONO(日本)211.28
10 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)208.57 PB
11 Matteo RIZZO(イタリア)197.47
12 Nicolas NADEAU(カナダ)196.63
13 Conrad ORZEL(カナダ)194.41
14 Koshiro SHIMADA(日本)194.10
15 Graham NEWBERRY(イギリス)191.78
16 Sihyeong LEE(韓国)186.67
17 Roman SADOVSKY(カナダ)186.53
18 Chih-I TSAO(中華民国)181.89 PB
19 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)178.98 PB
20 Daniel Albert NAURITS(エストニア)178.48 PB
21 Tangxu LI(中国)173.08
22 Mark GORODNITSKY(イスラエル)170.59 PB
23 Petr KOTLARIK(チェコ)168.79 PB
24 Thomas STOLL(ドイツ)153.68

コトラリク
3Lz-3T 3Lo 3F 3Lz 3F-2T 2A 3S 2A-2T tano
1番滑走でノーミスwwwwwSPはミスをして、この順位にきた選手だったので、そりゃそうか。とも思える結果ですが、素晴らしかったです。ジャンプに集中をしている演技なので、それ以外にも気を配れるといいですね。

ゴロドニツキー
2A-1Lo-2F tano 3F-3T 3Lz-2T 2Lo 3F 2S 3Lz shaky 2A
抜けてしまったエッジジャンプ2本は力みが見えました。3Fの踏切が気持ちいいです。はーーーーーーほーーーい!って感じ。スリーターンのフリップの方がリズミカルだけど、彼みたいなモホークのフリップの方がかっ飛ばし感があって楽しい。そしてアイアンマンにも合っています。2A直後のフィニッシュも、空中で急停止するアイアンマンっぽくていいのではないかと。衣装が赤じゃないのは・・・と思うけど、全身赤はおかしいのでグリーンでいいのです。

オドヴォルボー
3Lo 3Lz 3S-3T 1F 1F 2A-2T 3S 2A-2T
今大会のオドボルボエは羽が生えたように動きがエアリーなのですが、ひょっとして天使になったんですかね。1本目の抜けた1Fが軽やかだから、GOEでプラスついていいぐらいです。上下の動きがとても美しい。水面ギリギリを滑空するツバメのような滑り。

シヒョン
3Lz-3T 3F 3S 2A-3T 2A 3Lz df 2Lz-2Lo-2Lo 3Lo df
やはりジュニアのプログラムはジュニア尺の方がしっくりきます。ボーカル入りの曲なので、後ろに足してしまうと間延びした印象になってしまいますもの。韓国男子に珍しいフリップのエッジがクリーンなタイプだけれど、そうなると3Aがという。すべてを完璧に習得するのは難しい。

友野
4S so 3A-3T so 3F-2T-2Lo 3A hd 3Lo 3S 3Lz-2T 3F
大量加点とお友達になれる3Aさんはクリーンに入らなかったですが、抜けがないのが大きいのです。変わったところといえば、着氷後のオーバーターンが今回は1つもなかったですね。昨シーズンまではそのミスがとても多かったので変わりましたよね。3Lz以下のジャンプは安心して見られます。イーグルから即座に3Loに入るあたりからは、夢がひろがりんぐーーーといったように、希望が満ち溢れてくる感じでした。力は発揮できたのでは?

オーゼル
3A 4T 1A-3T 3Lz 3A-1Lo-2S 3Lz-2T 3F 3Lo
3Aが得意な選手です。ケベック出身の選手は3A得意なイメージあるんですけど、オンタリオ出身の彼が得意だなんて、カナダも時代が変わっているんでしょうね。4Tも降りました。トランジションや演技力はこれから。TESで稼げるのでPCSがついてくれば怖い存在になりますよ。

サモヒン
4T-3T 4S 3A-2T 3A 4T fall 3Lz-1Lo-3S 3Lo so 2A
ユーロSP落ちからの、連覇がかかった世界ジュニアSP失敗からの、うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!めちゃくちゃジャンプを跳びにきた演技だったので、曲想表現という面では昨年の方がよかったと思いますが、素晴らしいカムバックですよ。いい演技だと不思議挨拶が映えます。これが30年前の漫画だったら逆転優勝する展開。第2グループでフリーの歴代最高なんて、今まで出たことあるのだろうか。ヤバババン。

ノウリツ
3A-2T 3A shaky 3Lo-2T 2A 3T hd 2Lo 3Lz-1Lo-3S ot 1A
ジャンプミスが続いたので、エレガントすぎて劇画タッチになる表現力が発揮されなかったです。特に後半部分はそうでした。うーーーん残念。

リッツォ
3A-2T 3T 3Lz-2T tano 3A so 2A-1Lo-2S 3Lz 2F 3Lo
まずまずジャンプをまとめられました。かなクリのSDみたいなプログラムです。アイスダンスはジャンプがないので、フットワークで展開を作りやすいです。でもシングルなので、せかせかしていて、音楽に追い込まれるような印象を受けました。でもお茶目なプログラムはイタリア男子っぽくていいですね。ラノッテさんばりの顔芸やってみましょう。

パニオット
4T hd 4T so 3A 3F-3T 3Lz tano-2T-2Lo 3F 3Lo shaky 3S-1T
ジュニアグランプリで4Tを成功してあとがボロボロということがありました。今回は失敗は少しずつ。ミューズの音楽を選んでいるのに、果たしてその有意性があったのかどうか。なんとなくシリアスな雰囲気にさせるのに向いている曲でもありますのでね・・・ジャンプ以外でももっとアピールが欲しい。キスクラにタミー先生がいるのはなぜ。

島田
2A 3Lz-3T hd 3Lo 3Lz 2F 2A-2T-2Lo 3S-2T 3S
普段では3Lz-3Tでのお手つきはやらないのですが、らしくないミスが出ました。スピンでの技術点の伸びが芳しくなかったので、得手不得手はあるにせよ、それを減らしていければいいですね。

日本勢の順位がこんがらがっていて、ニューベリーのジャンプの種類見分けられなかったです。前半の基礎点が高いジャンプは暴れ軸が出たものの、後半はまとめていました。

ナドー
1A-3T 3Lo 2T 3Lz 1A 3F 3Lo-2T shaky 3S
最初のポーズで「え?演技止めた?怪我?」と毎回騙されます。豪快なカナディアンアクセルからスタート。でもプラスはもらえそう。後半にもまさかのカナディアン。抜けだけで30点飛びました。滑りはよかったんですけど。

サドフスキー
4S df 3A fall 3A fall 1Lo 3Lz-3T 3F 3Lz 2A-1Lo-3S
カナダ男子の3Aについて論じた途端に全部ミスしている・・・コメントしてすみません。立ち姿が美しいロミオさん。でもジャンプでへばっているからジュリエットのもとに辿り着く前に息絶えてしまいそう。

クラスノジョン
4Lo 3S 3F 3A 3A-2T 3F-2T-2Lo tano 3Lz 2A
4Loの前に壮大な助走タイムがあったので、いくぞいくぞいくぞおおおおおおおいったああああああああああああああああどおおおおおおおおおん!でも回転が危ないやつ。3-3のコンボが入らなかったですが、いい演技だったと思います。テンションが上がりすぎて、酔っ払ったように見えました。酒酔いでのブルライディングはお控えください。

ヴィンセント
4Lz 4S-3T 3A-2T 4S 3A 3F 3Lo 3Lz tano-3T
むっほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおwwwww4Lz文句なしの完璧ぺきぺきぺきのやつじゃないですか。こんなに簡単に跳んでええのか?ええのか?PCSが爆発していないのにこの点数。歴代最高をぶち破っていきました。アメリカはジャンプ最弱の立ち位置だったのに、すごいことになりました。Make America Great Againするのは白人じゃなくてアジア系。

エイモズ
3A-2T 3A shaky 2Lz 2Lo 3Lz-2Lo 3Lz 3Lo 3T hd-2T
おめでとう エイモズは リアルガチにスタミナはいぶんをおぼえた。3Aで力を放出しきらず、後半までしっかりと動いていましたし、滑りやジャンプのランディングが大雑把になってもいません。

ペトロフ
4T 3A-3T 3A 3Lz-2T tano 3F-1Lo-3S 3Lz 3Lo 2A
回避回避回避・・・とずっと回避するかと思われた4Tさん。国際Bで1回ぐらいやったことあるだろうと思い調べてみると、抜けは分からないけれど挑戦したのはこれが初めてのようです。へーーーーーーーーーーーーすごくないですか?タマゴ温め続けたらちゃんと孵化しました。

サマリン
4T-3T to 4T 3A 3Lz-1Lo-3F 3A-2T 3Lo 3S 2A
力技でジャンプを降りる降りる。もし解説をミローヌ・サノがやっていたら自信満々で力強く、「男っ!」と言っているところでしょう。

ジュンファン
3Lz-3T 4S-2T 3A 4S fall 3A-1Lo-3S 2A 3F 3Lo
昨日やたらとカメラに抜かれていたジュンファンさん。多分明日からも抜かれまくるでしょう。ジャンプ構成上げてくるとは。スケーティングで描かれる線と指先で描き出す線が、見えないのにスーーーっと通っているように見えます。シンプルに「ああ、きれいだなあ」と感じます。モノが違います。

アリエフ
4T so 3A-2T 3A 3Lz-3T 3Lo-1Lo-3S 3F 3Lz 2A
最終滑走なんて、ロボドロに続いてフラグ立ちまくりで怖かったです。4Tは1本にして安全策で。ここで安全策をとるということは、あまり確率がよくなかったのかもしれません。My sweet 膝くるフリップはあまり高さが出ていなかった・・・・・質の高い膝くるが見たい!!!音楽表現は今日1番でした。4T1本にしたことでスタミナも大丈夫でした。

ヴィンセントはマイナスの評価が1つもないクリーンプログラムです。4Lzの認定を受け、+1.86の評価。ジュンファンは回転不足がなければメダルに届いていたかもしれません。ペトロフも惜しかった。友野は初めて3連続を降りたらしいです。やったぜ!クラスノジョンの4Loはダウングレード判定でした。サドフスキーのLP23位・・・・・Oh・・・・・いやまてよ23位で110点というのがまず異常。レベル高い。

トップ5がジュニア総合得点歴代トップ5のスコアというハイレベルすぎる大会でした。サモヒンはSP16位からゴボウ抜きで、スモールメダルを獲得。ネクストシーズンはベターにするとキスクラで言っていました。よろしくベター。

来シーズンの枠は
3枠 アメリカ・ロシア
2枠 韓国・イスラエル・フランス・日本・ウクライナ・カナダ
となります。日本は2枠キープ。ジュニアグランプリは国別で6位に入ったので7大会に1人ずつとなるでしょう。いい選手がたくさんいるので、派遣の機会があって安心しました。上がごっそり抜けるであろう来シーズンの男子の戦いはどうなるのでしょう。

2017wjcmen.png


2017
03.15

世界ジュニア選手権 1日目 男子SP

日本人でも水曜日の台湾は埋められない。

男子SP
1 Q Dmitri ALIEV(ロシア)83.48 PB
2 Q Jun Hwan CHA(韓国)82.34 PB
3 Q Alexander SAMARIN(ロシア)82.23 PB
4 Q Alexander PETROV(ロシア)81.29 PB
5 Q Vincent ZHOU(アメリカ)78.87
6 Q Kevin AYMOZ(フランス)77.24 PB
7 Q Nicolas NADEAU(カナダ)77.20
8 Q Alexei KRASNOZHON(アメリカ)76.50 PB
9 Q Roman SADOVSKY(カナダ)76.27 PB
10 Q Yaroslav PANIOT(ウクライナ)72.03 PB
11 Q Graham NEWBERRY(イギリス)70.80 PB
12 Q Koshiro SHIMADA(日本)68.77
13 Q Matteo RIZZO(イタリア)68.53
14 Q Kazuki TOMONO(日本)68.12
15 Q Sihyeong LEE(韓国)67.51 PB
16 Q Daniel SAMOHIN(イスラエル)67.00
17 Q Daniel Albert NAURITS(エストニア)66.44 PB
18 Q Conrad ORZEL(カナダ)66.21 PB
19 Q Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)66.16 PB
20 Q Chih-I TSAO(中華民国)63.17
21 Q Tangxu LI(中国)62.08
22 Q Mark GORODNITSKY(イスラエル)59.27 PB
23 Q Thomas STOLL(ドイツ)57.10
24 Q Petr KOTLARIK(チェコ)56.66 PB
25 Andrew TORGASHEV(アメリカ)55.42
26 Basar OKTAR(トルコ)54.17 PB
27 Donovan CARRILLO(メキシコ)53.92
28 Yuheng LI(中国)53.76
29 James MIN(オーストラリア)53.72 PB
30 Luc ECONOMIDES(フランス)53.52
31 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)52.42
32 Artur PANIKHIN(カザフスタン)51.72
33 Yakau ZENKO(ベラルーシ)50.92
34 Nurullah SAHAKA(スイス)50.58
35 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)48.66
36 Jakub KRSNAK(スロバキア)48.60
37 Ivo GATOVSKI(ブルガリア)48.05
38 Aleix GABARA(スペイン)47.82
39 Glebs BASINS(ラトビア)45.70
40 Ryszard GURTLER(ポーランド)45.41
41 Alexander BOROVOJ(ハンガリー)45.41
42 Kai Xiang CHEW(マレーシア)44.23
43 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)44.14 PB
44 Benjam PAPP(フィンランド)43.51 PB
45 Matthew SAMUELS(南アフリカ)41.68 PB

トルコのオクタルは、ブノワ・リショーの振付だけあって個性的なダンスが見られました。スイスのサハカはスイス人だけあってスピンが上手です。第2グループで、彼ほどのきれいなキャメルスピンが見られるとは。ターザンのプログラムなので、雄たけびアップライトスピンもなかなかのものでした。

カリーヨ
3Lo 3Lz-2T 2A so
マンボなのに背骨が描いてある衣装。意味不明レベルが高いので加点です。もっとアクセントがあると、さらに楽しいマンボになりそうです。かわいいのは分かったから、分かったから。という笑顔攻勢をしかけられるマンボでした。

ドイツのストールのスピン上手。衣装は木こりっぽい。こんなに細い木こり・・・肉を食べましょう肉を。

オーゼル
3A 3Lz-3T 3Lo
本日初の3Aでした。はやく後ろのグループに行きましょうという滑りでした。スピンはよくてもスピンの出の表現であったり、エレメンツに入る際に視線が足元に向くので音楽表現が見えなくなる箇所がいくつかありました。16歳なので伸び代は十分です。

友野
3F-3T 3Lo 3A fall
3-3は6分練習よりもクリーンに入り、回転にも問題はなかったです。その前のステップから少し勢いがなかったので、3Aはスピードが足りなかったでしょうか。アチャーという表情でした。でもコケありで68点出れば上出来ですよね。白岩が持っていた友野かずき人形が、いつの間にかキスクラに渡っている。

kansaijinyade!.png

中国男子は、2人ともジュニア時代のハンヤンっぽい動き。腕の角度なんかがそっくり。コーチは松尾スズキことナンソンの先生なのに。

イラクリ
3A fall 2Lz 2Lo
去年はギリギリでSPを通過できましたが、ここまでミスが続くと・・・。2Loか3Loが単独ジャンプの指定なので、いっそのこと2Lzを単独の違反要素にして、2Loを別の種類のジャンプ変えるぐらいのことをしてもよかったのか・・・?キスクラで頭を抱えてしまいました。

チーイー
3A fall 3F-3T 3Lo shaky
地元の期待を背負っているマン。ファンが配ったと思われるバナーがたくさん揺れています。3Aは転倒ですが回転不足が減ってきました。安定するまでもう一息です。今日はブーブレをよく聴く日です。まだ最初の種目ですのに。アンソニー・リュウの髪型が古臭くなくなってる!よかった。

ノウリツ
3A fall 3Lz-3T 3Lo
3Aはコケ、3Lzは軸が曲がったのを堪えてコンボをつけました。小さいように見えて以外と175cmもあります。ユーロでも滑っておりまして、そのときは前のグループでの滑走だったのですが、この辺のグループでは際立つエレガントさです。恍惚とした表情と大人っぽさ。表情に立つと風格が出ます。氷から上がるとかわいい僕ちゃんです。6点台のPCS評価にも頷けます。

オドヴォルボー
3Lo 3T-3T 2A
3F-3Tは回避しましたが、致命的なミスが1つ出てしまうことが多い彼としてはかなりまとまった演技だったと思います。エド・シーランの歌声に乗せて、長身を生かしたスケールの大きな動きも見られました。フライングキャメルの着氷のことは記憶から抹消しよう。サーーーーッ。こんなにいい演技初めて。

島田
3Lz-3T 3Lo 2A
日本女子&友野 with glasses feat. アザラシのぬいぐるみの応援の中飛び出しました。ジャンプを上から映すから幅が分かりにくい。きいいいいいいいっ!ジャンプはクリーンに。眉間にしわを寄せて激しい感情表現を出しました。掌の表現はいいと思うんですけど、肩から手の甲にかけてのエレガントラインの表現には課題がありそう。それができると、演じられる幅がさらに広がりそう。

ジュンファン
3Lz-3T 3A 3Lo
唯一不安のあった3Aも楽々と成功です。数ヶ月前は定められているから、振付に従って演技するという雰囲気でしたが、それが大幅に改善されました。楽しいから、体が自然と動いちゃう!みたいな。今の年齢だからこそ演じられる、かわいあざとさも十分にアピールできました。

クラスノジョン
3Lo 3A 3Lz-3T
彼は滑りが粗いときと滑らかなときの差が極端なのですが、今日はいいクラスノさんでした。4Loを跳ぶだけあって3Loはターンからたやすく。3Lzは詰まったものの3Tを美しく流しました。ジャンプ力が高いです。

シヒョン
3Lz-3T 2A 3Lo
四大陸でもその細長さに、口がポカーンとなりました。今回もやっぱりなげーーーという感想が第一に浮かびました。身長が高い選手は高さで跳ぶよりも幅で跳ぶ選手が多いです。彼もそう。3Lz-3Tは迫力がありました。3A習得が高身長であるがゆえ、壁になるかもしれません。おかっぱを揺らしながら、ハイスコアに拍手。かわいい。

パニオット
3F-3T 3A 3Lo
3Aの着氷からフライングキャメルまで、するっと繋がりがありました。それぞれの質はすごくいいわけではないけれど、相乗効果でPCSを押し上げそう。胸を張って、堂々と滑るステップが勇ましいです。一族郎党やれそう!ミルズさんが振付となっているから、胸を張って滑ることが特に目に留まったのだと思います。バレエダンサーの振付は、スケーターのものと違いを感じます。

ヴィンセント
3A 3Lo 3Lz tano-3T
3Aの踏み切りが簡単モードになっていませんか?構えが解消された気がしますし、質も上がりました。クワドルッツァーだけあり、3Lzはタノを入れようと何のストレスもありません。灰色の空を仰ぎ見るような、哀愁漂う演技でありました。すべてにおいてレベルアップしています。ブロッコリーのぬいぐるみ・・・入れた人どういう気持ちで購入をしたのか。

ナドー
3A 3Lz-3T shaky 3Lo
3Lzの軸が傾き3Tをなんとか。4Loを入れている選手なので、後半の3Loは助走がほとんどなくピョーンと。ステップでバランスを崩しそうになっても、立て直してコミカルな動きに繋げるのが、このクラスの選手の力。まだ万全とも思えないですが、悪くはなさそうです。

サドフスキー
3Lo 3A shaky 3Lz-3T
天敵の3Aを片足で着氷。荒れ気味だった3Lzをセカンドに繋げられました。まだこの身長でジャンプを降りることに慣れていなのでしょうか。フライングキャメルがトラベリングするので、本来の加点は得られにくいでしょうし。リーチは伸びたので、大きな滑りがさらに大きく、リンクを広く使った滑りでした。う~んカタルシス。

ニューベリー
3A 3Lz-3T 3Lo
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおガチ覚醒!!!ここ最近の試合本当に軸が安定しています。まぐれじゃなくて、直したんでしょうね。伸び率がとんでもないです。大人になってきて、ますますお父さんと顔が同じに。

トルガシェフ
1A 3Lz-1T 3Lo fall
ノーバリュー、要素抜けGOE-3、転倒あああああああああああああああああああああああああああああああステップは素晴らしかったけどこれでは。ここからSP落ちが出るとは思ってもみなかったです。

ペトロフ
3A 3Lz-3T 3Lo
何かいつもと違うと思ったらソロジャンプが3Loだからだ。パンツがふわっと広がるので、鳶に見えてきました。祭りのために櫓を組むオシャレな鳶。ジュニアに混ざると、緩急をつけた動きが一層美しく見えます。指先までビシッと張って演技しますね。安定感パネエです。ジュニアに戻るのは、負けてしまうと印象が悪くなるから賭けなんですけど、PCSもいい評価ですし成功ですね。

アリエフ
3A 3Lz-3T 3Lo
3Aはクリーン。残りのジャンプはまずまず。3Loは着氷してからフリーレッグと手を残して余韻を作り出したので、ジャンプそのものの質以上によく見えました。なんでしょうね、体を預けて子守唄を聞かされ、忘却の彼方に旅立たされそうな演技。包み込むような暖かさ、でも触れてはいけないような危うさもあります。すごいねえ。

サマリン
3A 3Lo shaky 3Lz-3T
このアヴァンギャルド横断歩道衣装も見納めですか。3Loの着氷が前のめりになりましたけど、他の2本は見事です。若いのでこれぐらい弾けちゃってもいいんですよね。生き急いでいない感じがしていい。

サモヒン
3Lz fall 3Lo so 3A so
おうふ・・・・・全弾外れてしまいました。でもサモヒンの本番は明日だから!明日大逆転だから!!!元々SPあんまり得意じゃないから!!!失敗が続いて曲の尺が足らずに、最後すごい急いでました。

リッツォ
3A shaky 3F-3T 3Lo
ジャンプの質がいまひとつだったでしょうか。3-3のセカンドの回転が怪しいので、予定していたよりはここでインパクトを出せなかったのかも。もっとオラオラしていいと思います。

エイモズ
3A 3Lz-3T 3Lo
フランス選手はどうしてこういった曲が好きなんでしょうね。LPとの差がつけにく・・・くもないか。あれはもっとシリアスな雰囲気ですし。去年はSPがよくて、LPで沈んでしまったので、今回はどちらも揃えられるといいですね。最後の顔すごかった。

アリエフはレベルの取りこぼしがなく、3Lz-3Tをクリーンに降りていればジュニア歴代最高いけましたね。惜しい。ロシア男子が3人最終グループに入り、JGPFからロシアの時代が続いていることを証明しました。果たして優勝は誰になるでしょうか。去年もアリエフ確実か?という中でサモヒンが逆転かましましたからね。ほんとレベル高いですけど、SPの足切りは去年と同じぐらいでした。日本勢もがんばれー。
2016
09.24

JGPリュブリャナ杯 2日目 アイスダンスSD・男子リザルト

アイスダンスSD
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)62.60
2 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)56.80
3 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)55.60
4 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER(フランス)51.06
5 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)50.52 PB
6 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)47.70
7 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)46.42 PB
8 Leticia MARSH / Anton SPIRIDONOV(イギリス)42.40 PB
9 Sarah Michelle KNISPEL / Maximilian VOIGTLAENDER(ドイツ)39.56 PB
10 Elvira NIKOLOVA / Ricards EVELINS(ブルガリア)37.06 PB
11 Ashley KLOTZ / Ilias FOURATI(ハンガリー)35.34
12 Marie Louise LEUPOLD / Christof Michael STEGER(スイス)32.08 PB
13 Elizaveta ORLOVA / Stephano Valentino SCHUSTER(オーストリア)30.30

ステアーズ&ロイヤー
初戦のサンジェルヴェにも出場したカナダのカップルです。バイオでは女性が175cm、男性が173cmとなっていますが、2人が並ぶと男性の背の方が高いです。身軽で明るくてかわいらしいダンスでした。ファーストツイズルのスピードがよかったです。

マクカー
セカンドツイズルで男性が少しバランスを崩したところはありますが、ガタガタに失敗したところはありませんでした。それでも62点しか出ず、取りこぼしがあったことが分かります。いつもに比べるとカーペンターさんがバランスを崩すところがありまして、本調子ではないのかと思いました。

ナターシャ&コレンタン
男性のふくらはぎの細さで覚えているカップル。今は女性が細いから支えられているけど、ウェイトトレーニングしないとヤバそう。チャーシュー8枚乗ったチャーシュー麺おごりたい。男性が後ろ向きでチェンジエッジしたときにスリップしそうになるところが気になりました。怖い。

サラマリーヌ&ジョフリー
歯医者さんで「口そのまま開けといてください」って言われた時ぐらい、スタート時から笑顔をキープし続けるジョフリーさんハンパない。デプタトさんとオシェイさんの真ん中ぐらいの顔。ツイズルで女性が失敗したので、バーバラがおでこをペチン。おぱんつがデカパンなのは、スカートがミニすぎるから、ショーパンみたいな扱いなのかな。フラットな箇所を少なくしていけると、さらに点数を伸ばせそう。

egao.png

スコアレ
アリョーシン19歳ですと?顔が中学生に見えちゃう。ブルースからスウィングになった瞬間の表情はジガンシンに近いものを感じます。もっとイラッとさせるようになっていいんですよ。ノリノリウキウキな感じは好き。このときは19歳っぽく見えました。演技が終わると中学生になりました。中学生みたいだけど、身体は預けられるスキルはあります。ふしぎなきりる。

ハンガリーのイリアスさんの髪型強い。玉置浩二進化させたみたい。もしくはロイヤルの社長。

kaminovolume.png

ポリヴァク
恍惚の表情を浮かべながら熱唱しつつパターンダンスを滑るポリシュチュクさん。リフトで男性の左足のブーツに乗り損ねる大失敗がありました。5点ぐらいブーーーーーン。失敗してもまったくめげずノットタッチサーキュラーを爆走するポリシュチュクさん。完全に女性主体のカップルなんでしょうね。女性がミスったのに男性の方が落ち込んでます。

マクカーはツイズルがレベル2。パターンではタイミング違反が3つもつけられました。不調だなあ。

男子LP
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)139.20
2 Ilia SKIRDA(ロシア)138.96 PB
3 Kazuki TOMONO(日本)133.61
4 Kevin AYMOZ(フランス)133.32 PB
5 Joseph PHAN(カナダ)127.39
6 Ivan PAVLOV(ウクライナ)123.48
7 Dmitri ALIEV(ロシア)122.88
8 Matteo RIZZO(イタリア)122.17
9 William HUBBART(アメリカ)117.29 PB
10 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)110.51
11 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)104.28
12 Se Jong BYUN(韓国)101.54
13 Harrison Jon-Yen WONG(香港)100.13 PB
14 Nurullah SAHAKA(スイス)99.91 PB
15 Nika EGADZE(ジョージア)96.47 PB
16 Thomas STOLL(ドイツ)91.48 PB
17 Micah TANG(中華民国)89.15
18 Jakub KRSNAK(スロバキア)85.06 PB
19 Luc MAIERHOFER(オーストリア)84.63
20 Josh BROWN(イギリス)82.30
21 Mate BOROCZ(ハンガリー)78.08 PB
22 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)67.72

男子リザルト
1 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)211.18
2 Ilia SKIRDA(ロシア)208.28 PB
3 Kazuki TOMONO(日本)202.57
4 Dmitri ALIEV(ロシア)200.91
5 Joseph PHAN(カナダ)197.72 PB
6 Kevin AYMOZ(フランス)194.81
7 Ivan PAVLOV(ウクライナ)185.19
8 Matteo RIZZO(イタリア)178.08
9 William HUBBART(アメリカ)171.51 PB
10 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)168.76
11 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)164.35
12 Nurullah SAHAKA(スイス)154.55 PB
13 Se Jong BYUN(韓国)150.41
14 Nika EGADZE(ジョージア)149.29 PB
15 Harrison Jon-Yen WONG(香港)147.59 PB
16 Thomas STOLL(ドイツ)141.43 PB
17 Micah TANG(中華民国)131.14 PB
18 Jakub KRSNAK(スロバキア)126.63 PB
19 Luc MAIERHOFER(オーストリア)125.83
20 Josh BROWN(イギリス)124.38
21 Mate BOROCZ(ハンガリー)121.53 PB
22 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)103.66 PB

フーバート
3Lo 3F-3T 3Lz 3S 3F 3Lz-2T 2A-2T-2Lo 2A
ジャンプをすべて降りました。3Lzにアテンションがついたぐらいで、ミスはありません。ステップがまだまだ発展途上の選手です。メガネコーチのシングルの生徒なんて珍しいなー。

リッツォ
1A 3T 3Lz-2T 2A-1Lo-3S 3F 3Lz 3Lo 2A
4Tを狙ったわけではなく、最初から3Tの高さや回転でした。3A以外はミスなくこなしました。昨シーズンのイタリア寄せ集めプログラムは、クソ編曲ですがインパクトは超あったので、普通のメドレーになってしまうと物足りない。普通では生きられない体になってしまったんです。

エイモズ
3A-2T 3A fall 3Lz-2Lo 3Lo fall 2A 3Lz 3T 3S-2T-2Lo
サンジェルヴェは前半で体力を使い果たし、後半がバテバテフェスティバルと化し、+REPやコンボ不足でわけ分からん演技でした。今週はペース配分を覚えたのかバテバテフェスティバルはお開きになっていて、最後まで元気でした。エレメンツの順番変えたのかな?と思うぐらいに元気だったので、プロトコルを確認しましたが、eつきの3Fを3Tに変えただけでした。コンボもきちんと3つあります。命がけで演技している感じは失われました。良くも悪くも普通に近づいた。

emozu.png

オドボルボエ
2A tano 2Lz 3S-2T 3Lo 3F shaky 3F 3S-2T 2A
トゥジャンプでポロポロとミスが出ました。Bring him homeボーカル優しめ(ジョシュ・グローバン)の音源は、今の彼のスケートに見合うものです。背伸びしすぎて本業の人の選んじゃうと曲負けすると思います。グッドチョイス。それでももうちょっとパワーがあった方が、さらに曲想を表現しやすいと思いますし、スケーティングスキルの評価が伸びるのではないでしょうか。

イジー
3Lz-2T 2A 3F 3T so 3Lz 3Lo-2T tano 3Lo 2A
単なるベートーヴェン蹂躙プロに見せかけて、マキシムまで混ざってくるやつだったんでした。3T-1Lo-3Sが上手く入らなかったところとスピンでバランスを崩したところを除けば、演技はまとめました。もうちょっと抑揚つけて滑るられるといいなと思います。ジャンプの前に一呼吸入ってしまうので「やるぞやるぞ」と見えてしまうのも、点数が伸び悩む要因かな?イジーのフェイスブック見に行ったら昔の写真もあったんですけど、4~5年ぐらい前が今のマティアスにそっくりでした。だからマティアスが19歳になると、今のイジー(17歳)になるはず。

スキルダ
3Lz-3T 3F-2T tano 3Lz 3F 3S-2T-2Lo 3Lo 2A 2A
スピンオールレベル4、コンボも使い切り、1つのマイナスもないクリーンプログラムでした。夜景つきの衣装。夜景のように美しい僕を見て!ってことか。ジュニアはビュンビュンスピード出したもん勝ちなところもあるし、このチームは勝ち方分かってるなーと思います。

kubi.png

パブロフ
3A-1T 3Lz-3T 3Lo 3A fall 3Lz-1Lo-3S 2A 3F so 2A
悪ぶったというか粗野というか、そういう役柄を演じていると思うんですけど、にじみ出るいい子っぽいところとか、お上品さがそれを打ち消そうとする。でもなんとか悪い方に見えます。SPと同じく、いい子からの脱却を図ろうとしているのか?最後はいい人になって死んじゃうんですけど、このプログラムでも最後は死にました。ニヒルな笑みの1つでも浮かべてくれたら、アクセントになって素敵になりそう。青春のお肌が早く終わるといいですね。

友野
4S ot 3A-3T shaky 3F-2T-2Lo shaky 3A ot-2T 3Lo 3S shaky 3Lz 3F
このプログラムに手拍子は無理ですね。やろうと思ってもステップの真ん中でズレてしまうから、会場全員の意思統一を取ることができない。ジャンプの着氷が乱れることが多かったです。3Fと2Loがアンダーローテーションですが、eはないですし、抜けもありません。抜けない is 素晴らしい。200点超えで、低いと思えるぐらいに成長してくれたのが頼もしい。ジュニア男子のエースですわ。

tomono.png

ジョセフ
3Lz 3A fall 2A-1Lo-3F 2A-3T 3Lz-2T 3Lo 3F fall 3S
大技の3Aとプログラムの1番の盛り上がりで入れる3Fが決まりませんでした。3Fで転倒したのは、盛り上がりを殺ぐ意味で大きな失敗でした。美しい音楽で世界に入っているのに現実に引き戻されてしまいますので。少々トランジションでゴニョゴニョと帳尻合わせしながらエレメンツに入っているように思えました。この音楽のパートにはこの振付しかない!ということではないので、まだ余力がありそう。まだレベルアップできます。前髪は何か違う気がする。

アリエフ
4T fall so 4T 3A fall 3F 3A-1Lo-3F 3Lz-2T 3Lo 2A
遭難しました。得点源の基礎点が上から4つのジャンプが全滅です。3Aのコンボも3Aステップアウト3Fみたいなジャンプでした。3Fは回転が足りません。中盤のコンビネーションスピンからバテバテで、1戦目よりも体力の消費が激しかったです。この仮面の男は確実に殺されます。膝くるフリップは無事。フィニッシュのときの「やっちまった・・・・・これアカン」の表情かっこいい。「やっちまった・・・・・でも俺の彼女はアリサ」ってアテレコするの楽しい。

nekonobf.png

aka-n.png

クラスノジョン
4Lo so 3S 3F 3A-3T 3A 3F-2T-2Lo tano 2Lz 2A
4Loは回転が足りていました。GOEのマイナスを食らって9.37の点数をもらったので、後半に3Aを1本跳ぶのと同じぐらいの点数です。2Aを跳ぶよりかなり美味しいです。タノは1つだけで2Loでタノりました。シェー型の低い位置のタノではありますが、カウボーイのプログラムですので、投げ縄を持っているように見えてセーフ。バキューン!とかブルライディングみたいなそういった動きはあまりないので、もっと振付増えてほすぃー。先生の星条旗柄スカーフおされ。優勝&ファイナル決定で喜ぶクラスノさん。移動が大変&体調不良でしんどかったらしいです。その中でよくこの演技をしました。ファイナルではこの100倍ぐらいのパワーでよろしくお願いします。JGPFのことジェイジーピーファイナルって言ってました。なんかかっこいい。

sonohigurashisan.png

ohmygodtogether.png

hosonagai.png

dannshi.png

クラスノジョンがファイナル確定。

来週6戦目にサマリン(1位)、ヴィンセント(2位)、島田(3位)、グメンニク(4位)、サドフスキー(5位)。再来週7戦目にジュンファン(1位)、トルガシェフ(2位)、エロホフ(3位)という顔ぶれになっています。この組み合わせでサヴォシンの1位+3位の組み合わせを超える選手が5人以上出ることはないので、サヴォシンも初めてのファイナルが確定しました。これで残る席は4つ。

来週ヴィンセントか島田1位、サマリン2位か3位。再来週トルガシェフかエロホフ1位、ジュンファン2位か3位の組み合わせになれば、これで4人決まるので2位+2位のスキルダはファイナル確定が出ません。

アリエフはランキングが4位なので、他の選手の大崩れがないとファイナルには行けません。ロシアからはヴィンセントとトルガシェフとジュンファンが総崩れすると5人出られますが、それは考えにくいです。現実的にはサヴォシンとサマリンの2人で、+スキルダになる可能性が半々ぐらい。

ジュニアグランプリも佳境に入ってきました。

別記事で紹介したヤシェムさんの投票数が激的に伸びて、3000あったトップとの差が1日で1000に縮まりました。ガンガンいこうぜ!
Comment:2
2016
09.23

JGPリュブリャナ杯 1日目 女子SP・男子SP

女子SP
1 Alina ZAGITOVA(ロシア)68.09 PB
2 Rika KIHIRA(日本)65.93
3 Alisa LOZKO(ロシア)59.78
4 Marin HONDA(日本)57.79
5 Ashley LIN(アメリカ)57.08 PB
6 Eunsoo LIM(韓国)55.88 PB
7 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)52.43 PB
8 Sarah TAMURA(カナダ)51.42 PB
9 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)49.77 PB
10 Liubov EFIMENKO(フィンランド)49.62
11 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)48.43 PB
12 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)47.33
13 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)44.60
14 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)41.94
15 Alisa STOMAKHINA(オーストリア)41.42 PB
16 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)39.29
17 Daria JAKAB(ハンガリー)38.59 PB
18 Polina USTINKOVA(スイス)37.42 PB
19 Anna LITVINENKO(イギリス)36.53 PB
20 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)35.02 PB
21 Haley YAO(中華民国)34.60 PB
22 Lucrezia GENNARO(イタリア)33.95
23 Elizabete JUBKANE(ラトビア)33.05 PB
24 Hana CVIJANOVIC(クロアチア)32.70 PB
25 Nina POLSAK(スロベニア)32.41 PB
26 Natalie SANGKAGALO(タイ)30.30 PB
27 Lara GUCEK(スロベニア)28.99 PB
28 Xin Yi LOKE(シンガポール)28.39 PB
29 Joyce Selina CHAN(香港)28.07 PB
30 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)27.85
31 Marusa UDRIH(スロベニア)26.67
32 Gulzhan ZHUMADILOVA(カザフスタン)26.25 PB
33 Leona ROGIC(セルビア)26.03 PB
34 Florencia LIN(アルゼンチン)20.65
35 Daniella Vanessa IPSARIDOU(キプロス)18.75 PB

ロスコ
3F-3T 3Lo tano 2A
3Tは分かりやすく回転が足りていませんでした。この暗黒白鳥の湖風バレリーナプログラムは、まるで暗闇の中で練習を積むような雰囲気がたまらんですね。誰もいないホールの中で「あたしにスポットライトを当てなさい!」と言わん勢いの変態ビールマンでのフィニッシュ。これは何回見ても引き付けられます。

真凜
3F-1T 3Lo 2A
3F-1Tだから、1TがノーバリューになってGOE-3です。あああああ・・・。3Loは2週前よりよかったですが完璧な質とは言えませんでした。風を起こすように入っていくレイバックスピン、そして落ち着いて滑れていたのはよかったです。まだなんとか堪えられそうな点数で収まりました。

ユンスー
3Lz-3T fall 3Lo 2A
安定のコリアン3Lzでした。スピードがありましたが、3Tがフェンスに寄りすぎたのが原因か、転倒しました。降りられていてもフェンスにフリーレッグが激突していたでしょうが。13歳なのにベサメムーチョ連呼。キスしてキスしてって。ユナっぽい美しい腕の使い方でした。スケーティングはもっとインアウトにきれいに倒して滑られるようにがんばれー。おはたか子コーチ。

紀平
2A 3Lz-3T 3Lo
ジャンプの質すばら!村主さんっぽいという話を聞いて意識したら、本当に村主さんっぽく見えてきました。顔が似ているだけではなく、股の開きとか笑い方なんかも。ジャッジ席の前で分かりやすくスタンブルをしてしまったので、GOEにマイナスの作用を与えやすいでしょうね。

エフィメンコ
3Lo 3F tano-2T tano 2A tano
ダバダーダバダーダー違いの分かる女ネスカフェゴールドブレンド。エフィメンコさんがついにロシア人力を発揮しました。タノるタノる。最近ジャンプを上手く降りられない試合が続いていたので、今日は悲しくない顔で演技が終えられてよかったです。

アルゴットソン
3Lo 3S-2T 2A
ジャンプの難度は高くないもののクリーンに入れました。レイバックスピンはキャッチフットの後に回転速度の増加。スウェーデン女子伝統の体の硬さはありますが、その分シャープで明瞭な回転でした。軸もよかったです。ハンガーゲームの曲なので、エッジ効かせた方が女性らしすぎるよりいいです。とてもいい演技。

リン
2A 3F-3T 3Lo
ジャンプがビヨーンと上がる選手です。最近のアメリカ女子はジャンプが高い選手が増えましたね。だからといって回転が充足するとは限らないという。2つ回転不足がありました。笑顔で過去の栄光を懐かしむメモリーでした。それはもう笑顔笑顔笑顔。この子は上手いこといけば日露と戦えそうな気がします。ジャンプの流れや滑りもいいですし。日露ばかりはつまらないので育ってくれよー。

フェギン
3T-3T 3Lo 2A
ジャンプをしっかりと降りる演技でした。昨シーズンのリプニツカヤのSPと出だしの曲が同じだったので、いつLook like an angel...となるか楽しみにしていたのに、ならなかった!!!ルタイの嫁に裏切られた。ジャンプ以外は発展途上。連続アラビアンで勢いをアピール終盤はかっこよかったです。

タムラ
3Lz-2T 3Lo 2A
カナダ女子で3Lzを跳べるのは期待できます。とてもきれいなエッジの3Lzです。彼女のポーズの決まらなさだったり、姿勢の問題は一昨シーズン~昨シーズンのJGPSの坂本に似たものを感じました。

ダスティシュさんとても大きくなって。

ザギトワ
3Lz tano-3T 3Lo tano 2A
右手についているヒラヒラは、演技の最初と最後に口を覆って、イスラムの女性の目だけ出してるベールを表現するためのものだったのか!なるほどね。ヒレじゃないのね。ジャンプ3つ連続で入れるとせわしなく見えるのもありますが、サムデリをSPにまとめてしまうのも無理がありますよね。1曲だけ使うにしても最初にハイライトを持ってこないと苦しいから、3つのジャンプとの兼ね合いが難しいし。バイオがシェヘラザードになってるけど違うからな!!!書き換えとって!

ハンズリコワ
3T-2T 3Lo 2A
ジュニアグランプリで結果を残す女ハンズリコワさん。ジャンプ3つがきれいに入りましたし、ポジションがきれいなレイバックスピン、傘のような独創的なポジションも入ったコンビネーションスピン、楽しそうに踊るステップ。トランジションも小刻みに動いて、全体的に印象がとてもよかったです。ミントアイスみたいなメッシュ入りの髪すげえ。

なんだ35人て。ザギトワがさすがの安定感を見せました。ザギトワと真凜の差が大きすぎるので、2抜けはしないと逆転はなさそうです。真凜のSPの失敗ループは、一時の真央のSPスランプみたい。

男子SP
1 Dmitri ALIEV(ロシア)78.03
2 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)71.98
3 Joseph PHAN(カナダ)70.33 PB
4 Ilia SKIRDA(ロシア)69.32 PB
5 Kazuki TOMONO(日本)68.96 PB
6 Ivan PAVLOV(ウクライナ)61.71
7 Kevin AYMOZ(フランス)61.49
8 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)60.07 PB
9 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)58.25
10 Matteo RIZZO(イタリア)55.91
11 Nurullah SAHAKA(スイス)54.64 PB
12 William HUBBART(アメリカ)54.22 PB
13 Nika EGADZE(ジョージア)52.82 PB
14 Thomas STOLL(ドイツ)49.95 PB
15 Se Jong BYUN(韓国)48.87
16 Harrison Jon-Yen WONG(香港)47.46 PB
17 Mate BOROCZ(ハンガリー)43.45 PB
18 Josh BROWN(イギリス)42.08
19 Micah TANG(中華民国)41.99
20 Jakub KRSNAK(スロバキア)41.57
21 Luc MAIERHOFER(オーストリア)41.20
22 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)35.94 PB
WD Roman GALAY(フィンランド)

エイモズ
3A 3Lz df 3Lo<< so
3Aもクリーンとは言えなかったし、このジャンプで61点出せたことを称えたい。世界が終わったように落ち込んでいる。

イジー
3Lz-3T 2A hd 3Lo
髪切ったマンだけど、梳かないの?毛量を見せ付けたいの?いい演技に思えたのですが、点数は伸びませんでした。サフリデュオのテンポの速い音楽なのに、ずっと同じように滑っていた感じはありましたしね。きれいなだけでは点数はもらえないと。

jiri.png

オドボルボエ
2A tano 3F-3T 3Lo shaky
今回こそノーミスで滑れそうという時に失敗が出てしまう。今回は3Loの着氷とフライングキャメルがマイナスの箇所でした。シニアで戦っている年齢ということもありますが、体の使い方がシニアっぽくて魅せられました。スピンからスピンに移るトランジションのトゥの動きなんかもとてもよかったです。すべてが上手くいけばワールドのミニマム34点もいけそうなんですけど。今年はギリ隣国のフィンランドなので出て欲しい。

odoboruboe.png

ガライさんの棄権残念。

リッツォ
3A fall 3Lz-2T 2Lo
予定していたジャンプが入りませんでした。本人もやっちまったという表情。ハイウェストですっきりとした衣装かっこいいです。マラゲーニャとしては特段個性的なプログラムではないですけど、若さがほとばしっていましたよ。スピンもよかったです。お肌が青春&急激にとーちゃんの顔に似てきた。

アリエフ
3A 3Lz-3T 3Lo
点数を見たぼく→1人だけPCSたけえなおい。演技を見たぼく→そりゃ1人だけ高いわ。リンクを広く使ってじっくりと見せるステップは雰囲気がありました。激しさに任せてGOEを稼ぐものではなくて、滑りの美しさできちんと点数を取りました。出るところが時計回りのツイズルだったんですけど、時計回りの動きとなると弱点が見えるので、音楽に溶け込ませられるようになると、3Lz-3Tまでステップのいい流れがキープできそうです。3Loは回転不足でだと思ったんですけど足りていました。早くシニアにいきなはれ。

aliev.png

スキルダ
3Lz-3T 3Lo 2A
真顔で力強く軽快な音楽を滑っていくスキルダさん。演技始まって1秒から違う気がする。真顔だからMr. Bojanglesという名前のおじさんの愉快なお葬式ソングかもと思ったのですが、おじさんは生きていました。キスクラでは真顔ではなかったので、若さゆえのやつですね。ビュンビュンスピードを出して踊る選手なので、そこまで気が回らないのか。

クラスノジョン
3F-3T 3A 3Lo
とても上手になったクラスノさん、今回もお上手でした。+2が狙える3Aはいつもの質ではなかったですが、きちんとまとめました。点数への反応が陽気なアメリカ人。よう喋るわ。

sonohigurashi.png

友野
3F-2T 3Lo 3A
3Fが完璧ではなかったので無理せず2Tにしました。後半の3Aはお茶の子さいさい。3A簡単に跳べるマンという日本男子正進化を遂げられたのはデカいです。キャメルスピンでどうしてもGOEも引かれてしまうので、その分他で稼がないといけませんからね。騒音おばさんも真っ青なぐらいバンバンバンバンと布団叩けそうなリズム感。

888888.png

ジョセフ
3Lz-3T 2A 3Lo
カナダにはPさんがたくさんいるなあ。スケーティングがいいだけではなく、彼はスピンもとても上手ですし、トランジションの工夫もあるからジャンプのGOEもしっかり稼げます。3Aが入っていないのは、カナダだからこれからで大丈夫です。クラスノさんよりPCSが上になるとは思わなかった。みんなPさんっぽいから覚えられないのが難点。韓国女子と同じ問題。ロシア女子は結構違うから覚えられる。4戦終わってメダル0、空前の人材不足にあえぐカナダの救世主となれるか?

パブロフ
2A 3Lz-3T 3Lo
曲名のところにBad Boysって書いてあるから悪い男なんでしょう。でも全然悪い子に見えないし、子供の頃から通ってる床屋のおっちゃんに切ってもらってそうな髪型。悪い子に憧れて悪ぶってみる高校生と考えたらしっくりくるかな。PCSの評価があまり伸びず驚きました。

アリエフはレベル4が1つ。3Lz-3Tと3Loは微加点でした。スキルダはスピン3つがレベル4の優秀な内容。と者は3Loにほとんど加点がありません。ステップからは難しいですね。キャメルスピンは-0.13で済みました。もっとがっつり引かれるものかと。エイモズは3Aに1.43も加点がつきました。映像の角度でシェイキー気味に見えただけなのかな・・・スピン3つがレベル4というのも大きかったです。3Lzも3Loもダウングレードで61点はほんとすごい。男子カオス。

カメラの映像が首からってのが複数ありました。推測なんですけど、カメラマンがドラキュラだと思うんですよね。血吸おうとしてるから気をつけた方がいいですよ。
Comment:4
2016
09.04

JGPチェコスケート 3日目 女子リザルト・男子リザルト

女子LP
1 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)122.08 PB
2 Rika KIHIRA(日本)118.73 PB
3 Alisa LOZKO(ロシア)102.18 PB
4 Yuna AOKI(日本)99.19 PB
5 Hanul KIM(韓国)98.17 PB
6 Megan WESSENBERG(アメリカ)94.91 PB
7 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)89.34
8 Diana NIKITINA(ラトビア)87.16
9 Heloise PITOT(フランス)80.58 PB
10 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)80.54 PB
11 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)80.34 PB
12 Elzbieta KROPA(リトアニア)79.05 PB
13 Alicia PINEAULT(カナダ)78.55 PB
14 Lutricia BOCK(ドイツ)77.70
15 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)77.03
16 Amanda STAN(ルーマニア)76.50 PB
17 Natalie KRATENOVA(チェコ)74.91 PB
18 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)67.91 PB
19 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)65.57
20 Sophie Davida ABRAMS(イスラエル)63.28 PB
21 Emma JANG(中華民国)61.99 PB
22 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)61.50 PB
23 Lara ROTH(オーストリア)58.17
24 Jiayin LI(中国)56.64 PB
25 Priscilla June CHAU(香港)49.95 PB
26 Agnes Dis BRYNJARSDOTTIR(アイスランド)49.88
27 Alua MUKHAMETKALIYEVA(カザフスタン)46.82 PB
28 Agnieszka REJMENT(ポーランド)45.44
29 Komila FARADJAEVA(ウズベキスタン)42.01 PB
30 Yekaterina TYAN(カザフスタン)33.90 PB

女子リザルト
1 Anastasiia GUBANOVA(ロシア)185.59 PB
2 Rika KIHIRA(日本)185.51 PB
3 Alisa LOZKO(ロシア)162.28 PB
4 Yuna AOKI(日本)155.79 PB
5 Hanul KIM(韓国)149.25
6 Megan WESSENBERG(アメリカ)148.82 PB
7 Diana NIKITINA(ラトビア)139.61
8 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)128.96 PB
9 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)125.89
10 Alicia PINEAULT(カナダ)125.21 PB
11 Heloise PITOT(フランス)124.86 PB
12 Lutricia BOCK(ドイツ)124.58
13 Elzbieta KROPA(リトアニア)122.36 PB
14 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)121.23
15 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)113.65 PB
16 Amanda STAN(ルーマニア)113.01 PB
17 Natalie KRATENOVA(チェコ)111.52 PB
18 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)104.96 PB
19 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)100.74
20 Lara ROTH(オーストリア)99.70
21 Emma JANG(中華民国)96.31 PB
22 Sophie Davida ABRAMS(イスラエル)95.63 PB
23 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)95.14 PB
24 Jiayin LI(中国)88.22 PB
25 Agnes Dis BRYNJARSDOTTIR(アイスランド)78.36
26 Agnieszka REJMENT(ポーランド)75.43
27 Priscilla June CHAU(香港)70.86
28 Alua MUKHAMETKALIYEVA(カザフスタン)70.86 PB
29 Komila FARADJAEVA(ウズベキスタン)66.71 PB
30 Yekaterina TYAN(カザフスタン)50.49 PB

ピノール
3Lz fall 2A-2T fall 3S so 3Lo 3T-3T fall 3S-1T 2A
3つすべてのコンビネーションの回転を始めるタイミングだったり、足をつくところがおかしかったです。ああああああああミスるううううううううで、案の定失敗してしまう。素敵なヴァイオリン音源のサムデリでエレガントスタイルでした。ジュニアですがすでにカナディアン女子の貫禄あります。

ウコロワ
3Lo td 3Lz 3S-1Lo-2S 2T 2A 3Lz 2A-2T
回転不足が怖いジャンプの数々。3Lzは一応2本降りられました。後半は前半よりきれいに入れられたのに、コンボをつけなかったから0.7掛けになってしまってもったいない。ステップ中のウィンドミルがデカくて迫力がありました。さすがは173cm。巨匠とマルガリータはロシア選手の課題曲ですが、この選曲をするところから、ロシアン魂を失っていないことが分かります。あとは変な音源と衣装ね。

エロイーズ
3Lz-2T 3Lo 3Lo fall 2A-2T 2A so 3Lz fall 2F ot-2Lo
タガメに体液吸われて死にかけているオタマジャクシのようなものが描かれている衣装。ジャンプの種類がめちゃ偏っています。トリプルを増やせないと厳しいです。曲名がピエロと記してあるので、元気のなかったピエロさんが、舞台の上で躍動する様を演じているのでしょうか。3Loが繰り返しになりましたが、その分のコンボを後半で取り戻したのは賢いです。

ボック
3Lz fall 3Lo 3F-2T 3F ot 3Lz fall 2A-2T 2A
3Lzは同じようなミスになりました。軸を調整する力も残っていなさそうなほど細いです。エッジに乗せる体重もないのか、ステップはエッジが浅かったですし、後半のアップテンポな音楽にまったくついていけませんでした。これは痩せすぎだと思います。17歳とは思えません。

ハンガリーさん
3T 3Lo-2T 2A so 1A 3Lo fall 3S-1Lo-2F hd 1S-2T
大きな3Tからいい感じで演技が始まりました。ジュニアでYo Soy Mariaを使うのはどうかと思いますが、このハンガリーさんは随分と大人っぽいから選ばれたのかもしれません。スタミナあるのはいいことです。

ハヌル
3Lz-3T 3Lo 3F so 2A-3T 1Lz 3S 2A-2T-2Lo
3Fはエッジがアウトになっていました。やはり韓国女子はルッツにスキルを全振りしている。と思ったのに何もついていなかった。韓国バイアスがかかっている。脳みそを空にして見なければ。ロミジュリでフランスのミュージカルのやつを使う選手が最近少なかったので喜んでいたら、違う曲が混ざって殺戮ジュリエットに変わってしまいました。あの殺戮ソングをネットで探したら、ロミジュリとはまったく関係ない処刑からの逃走シーンが出ましたよ。別の映画とは知ってたけど、ここまで関係ないとは。

滑走順がSPの順位の逆になった最終グループ。これはグランプリシリーズでしょうか。

ニキティナ
3Lz-3T 3F 3Lo ot 2A-2T 2Lz 2A-3T fall 3S
出だしは素晴らしかったですが、狙ったところで3Tのコンボが入れられず、焦ってしまったのでしょうか。アリスインワンダーランドでしたが、心なしか映画のアリス役のお嬢さんに似ている・・・似てないか。ジャンプの間のトランジションが極端に薄いのと、体の動きもジャンプの助走に集中しすぎてしまい、ワンダーランドではなく、超現実世界でした。

ウェッセンバーグ
3Lo 2F 2A-2T 2A 2S 3T-2T-2Lo 3S so
エッジジャンプが得意そうなのですが、抜けが残念でした。3Loや2Aは間違いなくプラスが得られる高さと流れのあるジャンプでした。アメリカ女子の伝統に逆らっています。コントロールできるようになるといいなー。

青木
3Lz fall 3S 2A-2T 3Lz-3Lo df 3F 3Lo shaky 2A ot-2T-2Lo
ステップ中のバレエジャンプめちゃ好き。いいアクセント。3Lz-3Loが冒頭に入らなかったので後半に入れましたが、成功とはなりませんでした。失敗してもコンボ消費しきったのはえらいです。あーーーーー彼がおらんとアカーーーンどうしようもあらへーーーアラモアナーーーの歌詞のとこでコンビネーションスピンをやっているのは、歌詞を反映していて素敵だと思いました。僕がこの曲を歌いながら1人でレミゼごっこをやっているのバレたからこの選曲にしたんだ。きっとそうだ。

ロズコ
3Lz fall 3F tano 2A-1Lo-3S 3Lo ot 3F tano+2A 3Lo tano-2Lo 3T
3Lzさんは転倒の上、エッジも変わっていました。ジャンプの回転不足が多い選手なので、タノさんをする前にきちんと回ることを優先して欲しいです。少々ジャンプに難があっても、スピンで押しきってしまう反則フィニッシュ。ランビ=シズニー戦法と呼ばれています。

グバノワ
3Lo 3Lz-3T fall 3Lz-3T-2T 2A 3F-2T tano 2A 3S
3-3にミスが出ましたが、ジュニアデビューシーズンの選手なのにかなりスケーティングがいいです。ゆっくり見せるところでもっさりしない。もっさりしないから立ち止まって振付をおこなうところにお休み感が出ない。こういった選手は長い目で見守っていきたいです。身長伸びたらスケーティングにグライドが出て、さらに素敵になりそうです。

紀平
3A<< fall 3Lz-3T 3Lo 2A-3T 3F-2T-2Lo so 3S 3Lz
うわああああああああああああああああああああああ怖いいいいいいいいいいいい3A前向きでコケるの怖いいいいいいいいいいいいいいい。試合の中で成功させるというのは大変です。3Fの高さが出なかったので失敗するかと思ったのですが、3つ目まで繋げたのはえらいです。2Tの基礎点分ほどの失点で済みます。夢の8トリプルもお預けになりました。彼女は表現力もあるし、姿勢も美しいですから、ジャンプだけの選手ではありません。2戦目も期待できます。あまり気負いすぎないで。

kihira.jpg

現在の女子のメダルはロシアと関西がデッドヒート。来週はエクストリームオシャレ港町横浜開催です。ロシアが3連勝するのか、日本が盛り返すのか、イェリムが食い込むか。

男子LP
1 Dmitri ALIEV(ロシア)155.38
2 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)148.50 PB
3 Roman SAVOSIN(ロシア)134.74 PB
4 Ivan PAVLOV(ウクライナ)134.47
5 Mitsuki SUMOTO(日本)129.41 PB
6 Joseph PHAN(カナダ)127.40 PB
7 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)121.57 PB
8 Kevin SHUM(アメリカ)119.43 PB
9 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)115.56 PB
10 Lukas BRITSCHGI(スイス)109.49 PB
11 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)108.16 PB
12 Samuel TURCOTTE(カナダ)106.02 PB
13 Tangxu LI(中国)102.68
14 Glebs BASINS(ラトビア)101.11 PB
15 Se Jong BYUN(韓国)99.59
16 Radek JAKUBKA(チェコ)97.91 PB
17 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)97.58 PB
18 Ryszard GURTLER(ポーランド)81.56 PB
19 Daniil ZURAV(エストニア)81.22
20 Jakub KRSNAK(スロバキア)80.77 PB
21 Chih-Sheng CHANG(中華民国)79.71 PB
22 Daniel TSION(デンマーク)75.64 PB
23 Samuel MCALLISTER(アイルランド)67.44 PB
24 Johannes MAIERHOFER(オーストリア)54.44 PB

男子リザルト
1 Dmitri ALIEV(ロシア)232.83 PB
2 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)223.60 PB
3 Roman SAVOSIN(ロシア)207.64 PB
4 Ivan PAVLOV(ウクライナ)199.38
5 Mitsuki SUMOTO(日本)193.13 PB
6 Joseph PHAN(カナダ)189.78 PB
7 Kevin SHUM(アメリカ)178.92 PB
8 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)178.38 PB
9 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)169.67 PB
10 Lukas BRITSCHGI(スイス)163.03 PB
11 Samuel TURCOTTE(カナダ)162.04 PB
12 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)155.75 PB
13 Se Jong BYUN(韓国)155.75
14 Glebs BASINS(ラトビア)152.91 PB
15 Tangxu LI(中国)149.31
16 Radek JAKUBKA(チェコ)148.26 PB
17 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)146.00 PB
18 Daniil ZURAV(エストニア)132.93
19 Ryszard GURTLER(ポーランド)129.10 PB
20 Jakub KRSNAK(スロバキア)122.35 PB
21 Chih-Sheng CHANG(中華民国)120.71 PB
22 Daniel TSION(デンマーク)113.65 PB
23 Samuel MCALLISTER(アイルランド)106.39 PB
24 Johannes MAIERHOFER(オーストリア)88.55 PB

マスリアンコ
3Lo-2T 3F 3T 3Lo 3S 3T-2T 2A-1Lo-2S 2A
月の絵の入った夜空衣装のマスリアンコさん。どこかにありそうマスリアンコ。岐阜にある老舗の和菓子屋にありそう磨擦餡子。ものすごく繊細な味がしそう。予定していたジャンプがすべて成功したのでいい演技になったのではないでしょうか。LPのパーソナルベスト77点からいきなり108点に。これはすごい。

マティアス
3F 3Lz 3Lo 2A 1Lz 3T-3T 2A-2T-2Lo fall 3S
ジャンプが高い。失敗はありますが、2Loの転倒の仕方までかわいいという反則。ピンクパンサー、トマシュ・ベルネルさん。なぜハチマキを持ってきていないのですか?本日ってやらないとダメですよ。それにしてもよく動いて気持ちがいい。のびしろがいっぱい。

kodomo_20160904031034bda.jpg

タルコット
3S-3Lo 3F-2T tano-2Lo tano 1Lz 2A 3Lo fall 3F 3T 2A-2T tano
ショーン・ソーヤーさんの衣装に布が酷似している衣装。振付のよしみで衣装屋を紹介されたのでしょうか。彼のタノジャンプは、ダブルジャンプでも高さを出しているので、あまり嫌らしさなくていいと思います。プシゲレの常軌を逸した衣装のSDやナタリーの茎タイツが過ぎるシルクドゥソレイユプロでした。バテて投げやりっぽくなっちゃうのはいかん。

スイスくん
3Lz-2T 3Lo 3Lz fall 2A 3F-2T 3S 3T hd 2A-1Lo-2S
大きなミスは3Lzの転倒1つに留めました。アーティストは演じやすいですし、耳残りも非常にいいので観客が乗りやすいです。だから乗れなかったときの演技たるや。彼は細かい振付は入れていません。細かい振付を入れてこなせなくなるぐらいなら、大きく音楽を捉え、それを完璧にやろうという。そういった意図が振付から感じられました。そしてそれは成功しました。

イジー
3Lz fall 2A 3F 3T-1Lo-3S 3Lz ot-2T 3Lo ot-2T 3Lo 2A
月光~マキシムのピアノ曲~ロックオペラのベートーヴェンのやつ。これはなかなかの編曲でした。これもトマシュ・ベルネルさんが振付をおこなったのでしょうか。これはデコピンしたい。兄もジャンプの質いい。兄弟揃って3-3苦手なのは、ファーストが高すぎるのが原因かもしれません。ベルネルさん頼むよ。

otona.jpg

セジョン
3Lz 3F fall 2T df 3Lz-2T 3Lo hd 2S-2T 2A-1Lo-2S 2A hd
加点を得られそうなジャンプが見当たりません。不調の演技でした。2T3本になっていますねえ・・・。ノートルダムドパリだし、ここで提案なのですが、背中に大きな十字架を背負ってみるのはどうでしょうか。斬新なアイディア。

シャム
2A 3Lz-3T 3Lo-2T-2Lo 3F 3Lz 3Lo 3S 2A-1T
サウンドオブサイレンスの前に、博士と彼女のセオリーを入れていたのですが、バイオの曲欄に入っていないんです。これはきっとまさーちゅーせっちゅ工科大学の秀才だから、嫌らしくなると思って入れなかったんですね。ジャンプはほぼきれいに。きれいにまとまりすぎ、大人しすぎな気もする。メッセージ性(があるかは知らないけど)を込めた静かめな曲の中で、もっと強く出るところがあれば、その1つメッセージを一層強調できたりするんじゃないかなーーーと思ったりもします。んーーーまあよくわかんねえや。

須本
2A 3T 3S 3Lz-3T 3F-2T 3Lo 2A 3Lz-2T-2Lo
後半に基礎点の高いジャンプをまとめました。ベートーヴェンさんの悲愴を変ないじりなして、さっきメチャクチャにされたベートーヴェンさんも草葉の陰で喜んでいるよからのスクリャービンの悲愴でガクッとするはず。こういうクラシックの方が似合いますもんね。意外と後ろの方の項目の評価も悪くない。

oyendan.jpg

パブロフ
3A fall 3Lz-3T 3Lo 3Lo-1Lo-2S 3Lz-2T 2A 3F 2A
ディカプリオが「Huh」てめっちゃ言う映画のプログラム。映画の内容をそれしか覚えていないという。パブロフさんはワイルド系統にシフトしていく途中なのでしょうか。いい仕上がりになったらいいなあ。

ジョセフ
3Lz 3A fall 2A-1Lo-3F so 2A-3T 3Lz-2T tano 3Lo 3T 3S hd
主人公の繊細さと彼の繊細な滑りがマッチしていると思います。船上でラリパッパなバカ騒ぎをするであろうところは、もう少し思いっきりよくやって欲しいです。誰にでも好かれるプログラムですね。後半がすごくいいんです。沈みゆく船と共に・・・ブクブクブク・・・って。

アリエフ
4T-2T 4T 3A 3F 3A-1Lo-3S 3Lz-3T 3Lo 2A
おぴょぴょぴょぴょwwwwwwwwwwwwwwwwwwww初戦でこの内容wwwwwwwwwwwww膝くる3Fを続行してくれてよかった。あれがないと生きていけない。後半の3Aから疲れが出まくっていましたが、どうにか堪えました。スタミナがんばれスタミナ。仮面の男死にそうでしたよ。

nekonoBF.jpg

サヴォシン
4T fall 3A-2T 2S 3Lz 3A 3F-2T tano 3Lo tano 2A-1Lo-3S
アリエフの後に滑ってしまうと、より一層滑らなく見えてしまいます。普通に見たらきれいに滑っているのですけどね。アリエフが盛り上がる曲だったので、サヴォシンの演歌・歌謡曲感も増幅されました。

クラスノジョン
4Lo fall 3S 3F 3A-3T 3A 3F-2T-2Lo tano 3Lz-3Lo 2A so
ロシア人がアメリカ所属でカウボーイのプログラムを滑り、ロシア人と競い合うという展開。4Loは残念でした。ジャンプの質のよさに加えて、スケーティングも大幅に向上し、改善の成果がSPだけに留まらなかったことを証明しました。演技の終盤はお疲れモードで少し荒かったですが、でも全体を見れば素晴らしかった。本人が嬉しそうだからOKです。アイスネットワークのプロフィールを見たら、ご両親の職業がお医者や研究職っぽかったので、多分いいとこの子なんでしょうね。英語は普通にしゃべれてました。子供のとき周りの子はコンボで3Tやってたけど、僕は3Loやってたーだって。テッドに3Aをとても褒められるノジョン。

tednozhon.jpg

アリエフは冒頭の4Tがアンダーローテーション、3連の1Loがダウングレードで3Sがアンダーローテーション。コンビネーションスピンがレベル2だったので、165点を出せる力はあります。チャレンジャーシリーズにでも出れば170点も見えますね。出せ出せ。クラスノジョンの4Loはダウングレードした。サヴォシンは1位3位なのでファイナル世界最速確定ならずでした。

RUSSIA_20160904031103678.jpg

digitalagain.jpg

来週はいよいよ横浜!日本に選手たちがやってきますよ。このブログの訪問者は関東の方が2/3なので、現地観戦される方もいらっしゃると思います。楽しんできてくださいね。前のめり禁止!香水や柔軟剤の使いすぎに注意!演技後の拍手とフォーは盛大に!OK?
Comment:10
back-to-top